投資家への道・・・FX,株式,投資信託,不動産,賃貸・・・資産運用の落とし穴が分かる

日本に流れる「嘘」の情報を徹底解明します!






↓お問合せはメッセージから↓

フィリピンの日系不動産業者って要注意だよ!

2015年08月17日 | フィリピン情報

当サイトでは、フィリピンコンドミニアムの売りたい買いたい情報を集めて、ご希望の方にご紹介しています。

日本人の海外不動産投資熱は冷めることがなく、毎月大勢のフィリピンにはほとんど縁のない方々が、海外不動産視察と言われるマンション買いツアーに参加されています。

これがフィリピン経済が潤う元になるなら私としては大歓迎なんですが、問題はそうではないのです。

買ってる本人たちは全く脳みそを使わずに、儲かるという言葉を信じて買わされているため、儲かるのはエージェント企業ばかり。こんな状況ではコンドミニアムバブルになるだけでフィリピンが潤う訳はありません。

ちなみに価値を正式に認める土地に関しては、市場の需給バランスで緩やかな上昇で、コンドミニアムのようなクレイジー相場ではありません。

ですから如何にコンドミニアム価格がバブル状態であるかという事は、現地に住んでいればすぐに分かる事なのです。


そんな中、当サイトにある投資家さんから物件の売却依頼が入りました。

物件は、マカティにあるコンドホテル。購入する際は分譲で買って、その後ホテル形式で貸し出して利益を管理会社とシェアするという、最近ではよく聞かれる利用方法です。

この利用方法は結構日本人にはウケてまして、中には引渡後は数年間家賃保証するという会社もあり、かなり人気のある販売手法です。まあ、これにはいろいろ裏がありますが、それはまた他のページでご確認くださいね。


実はこの売却依頼の投資家さんは、物件を240万ペソで売りたいと言われておりました。

私はその情報を、マッチングした投資家さんにそのまま取り次ぎ、興味を持たれて現地視察することになりまして、最終的には売主買主双方で220万ペソという価格で検討するというところまで行ったのです。

ところが思いもよらぬ報告が届いたんです。

視察時には、管理会社でもある日系の販売業者が対応したのですが、そこで視察対応した業者がいった言葉に驚愕!

この物件を購入するなら、売主が220万ペソと言っても、うちが今後も管理するなら売価は300万ペソくらいにはなりますよ。
その他に売買手数料は売り手から5%、買手から3%の両手取り。内装工事費は別途必要です。

はあ~?何それ?

もう情けないったらありゃしない!

この物件は売主がクリーンタイトルで、管理会社は単なる顧客管理だけ。そんな上乗せ転売する条件など全くないのです。内装工事って既に賃貸中なんですけど…。

私は早速、くだらない上乗せ価格と手数料など払う必要はないから、現地の真面目なエージェントを用意するので実費で売買するようアドバイスしました。

何ともお粗末なボッタクリ現場を目の当たりにして、これは早く日本人にメリットある情報を落とさなければと再認識したところです。


これがネットでは、現地の安心できると言われる日系業者の実態です。

ここはクウォータービザなどきな臭いビジネスをやってるみたいですが…。きれいなサイトと映像情報が好きな日本人はいちころなんでしょうね。本当にご愁傷様です…。

不動産の売買情報がありましたらご相談下さいね。


 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Iphoneからの脱却 | トップ | これから弊社トラックはイベ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。