投資家への道・・・FX,株式,投資信託,不動産,賃貸・・・資産運用の落とし穴が分かる

日本に流れる「嘘」の情報を徹底解明します!






↓お問合せはメッセージから↓

あなたは常識を塗り替えることができるか!! 本物の新興国投資法を伝授!!

投資家への道総合サイト  特選メルマガ配信中!!

?????????????????????  3????????????????????!!
??????????????


????????????????????

海外投資の節税対策は必ず専門家にご相談下さい!当サイトご利用者には特典があります!

インドネシア金融・不動産現地視察会開催!

2016年09月25日 | インドネシア金融・不動産
●インドネシア金融・不動産現地視察会のお知らせ 当サイトでは、現在インドネシアにおける年10%の高利回り預金商品や、買取保証付きという不動産投資、しかも3年で倍返しという他社ではまねのできない投資情報を提供しておりますが、このような一見信じられないメリットの提供がなぜできるのかについて、現地バリ島にあるパートナー企業本社にて現地視察会を企画し、皆さんに詳細をお伝えする機会を提供致します! 圧倒 . . . 本文を読む

近々ペイオフの高利回り預金を公開します!

2016年09月18日 | インドネシア金融・不動産
近々インドネシアの大きなペイオフ保証のある外貨預金情報を、下記メルマガで公開します! 日本で外貨預金をしても、銀行破たん時の保証は全くないのをご存知ですか? そもそも、日本で取り組める外貨預金の実質手取りの利回りは年何%でしょうか? 現地にて新規銀行買収を行ない、日本人も高利回り預金が簡単に取り組める提案です。 利回りは日本の数百倍! ペイオフの保証額も日本の倍近 . . . 本文を読む

インドネシアを舞台にした新たな提案をさせていただきます!

2016年09月11日 | インドネシア金融・不動産
先月からフィリピンサブリースのユニットオープンがまとまって行われたので、その準備で大忙しでした。 何をやっても日本では考えられない手間がかかるフィリピンで、我ながらよくもここまでやれたなあと思ってしまうのですが、気が付けばブログも1か月ぶりの更新となりました…。 この1か月間で、サブリース案件とは別に節税案件や投資案件の打ち合わせも行っておりましたが、先日東京に出張して、イン . . . 本文を読む

相続税を消し去る方法はいくらでもある

2016年08月12日 | 知らないと損するお金の話
今年はいろんな方向から、日本の税金対策で海外のスキームをどう使うかという点に焦点を当て、いろんな研究をしています。 このサイトでも、投資相談と同じくらい税金面でアドバイスが欲しいという方が非常に多いのです。 以前までは、私も税関職員という経歴から、ある程度分かる範囲で対応していましたが、国内の税金を減らすということに関して、責任ある対応ができるのは税理士しかいないため、詳細な点については税務署 . . . 本文を読む

現地の専門家も不動産バブルに気付いてないんではなかろうか…

2016年08月06日 | 海外不動産投資
最近フィリピンコンドミニアムのサブリース運用の準備で大忙しの毎日です。 実際には多くが運用担当のパートナーが一日中頑張ってくれているのですが、日に日に管理することが多くなって、本業もままならなくなってしまいそうで怖い…。 そんな中、マニラ中心部の人気エリアに絞った情報収集のため、いつもご協力いただくマニラの重鎮から不動産関係の実業家とミーティングする機会をいただきました。 ご夫 . . . 本文を読む

個人面談やります!東京7/25~27

2016年07月22日 | 海外いろんな情報
突然ですが!またまた突然の帰国でゲリラ個人面談やります! 先日より、フィリピン不動産サブリース運用が爆発的な人気を呼んでおり、今月中旬から現地で毎日てんてこ舞いしております。 本当にありがとうございます! また、これまで発信してきたフィリピン不動産の分析を、新興国不動産に興味がある方たちから大きな支持をいただいており、徐々にではありますが悪徳不動産業者の毒牙から免れた方から感謝のメールもいた . . . 本文を読む

日本の銀行が海外進出の後押しをする訳とは

2016年07月19日 | 海外不動産投資
今日はちょっと日本の地方版ニュースに驚いてしまった。 日本では今、海外に進出する企業や個人を後押しする政策が盛んに行なわれているようだが、いよいよ銀行も海外不動産の購入に融資をつけるようになっていくのかも知れない。 クールジャパン構想だとか海外支援なんとかだとかいう国が後押しする施策は、本来国益に叶うモノに対してのフォローだと認識しているが、金融機関が絡むとちょっと大丈夫なの?と心配になってく . . . 本文を読む

フィリピン新投資法「サブリース」ユニットはこうして生まれる

2016年07月18日 | 海外不動産投資
先日マニラに戻りまして、この1週間はサブリース物件の選定と新規運用ユニットのスタート準備で大忙しでした。このエアビー運用の委託を受け始めたのは先月からで、それまで当方で対応していたユニットオーナー様の物件や、新規購入していただいた方のユニットを運用開始する準備と、新規ユニットの検索など、本当に忙しい毎日です。ここフィリピンでは、日本では簡単にスケジュールできることも、未熟なインフラと就業意欲のない . . . 本文を読む

不動産業者の実態は「売ってなんぼ!」

2016年07月17日 | 海外不動産投資
今日は若くてきれいなフィリピン不動産会社の日本マーケット担当者と情報交換しながらランチをしました。 こういうランチは毎日でもうれしいですね~! 彼女は日本語がかなり上手で、本当は私のフィリピン不動産事業で手を組めないかなあと思いミーティングしたのですが、それはどうやら無理だという事が分かりました。 そしてその無理だと思う理由が、日本人としてはかなり悲惨な状況になっているのが分かったので、フィ . . . 本文を読む

マニラに帰ってサブリース始めます!

2016年07月10日 | フィリピン情報
日本の一時帰国も終わり、今日の夜中にマニラに到着です。 今回の出張では多くの方と面談することができ、また新たなビジネス展開を迎えることができそうです。 今回特に気が付いたのは、フィリピン不動産に関する相談が非常に多かったことです。 当サイトでは、新築物件を業者から買っても全くメリットなどないという一貫したお話をしておりますが、その情報にかなりの方が同意するようになっていることを非常に強く感じ . . . 本文を読む

関東地方で個人面談を行います!

2016年06月21日 | 海外いろんな情報
突然ですが、6月22日より2週間ほど東京に滞在します。海外極秘情報による日本マーケット開拓のためかなり時間を取っているのですが、この間、できる限りの時間を調整して、サイト利用者と個人面談をさせていただこうと思っています。 日時:6月22日午後から7月3日までの間場所:東京都内にて調整(遠隔地は別途相談) ※必ず下記内容をお読みいただき予約をお願いいたします。※スケジュールの都合上、メール・電話 . . . 本文を読む

フィリピン不動産の新たな投資法はとんでもない利回りになる!

2016年06月15日 | 海外不動産投資
先日フィリピン不動産の新たな取り組み方法として、サブリースのお話を公開しました。 その後、みなさんからの回答用に予想収益を試算していて、ちょっとやばいなあと反省してしまいました…。 予想収益は20万円そこらの初期投資で、年利30~40%以上などとお知らせしておりましたが… 申し訳ありません!計算間違えしてました! 年利40%以上なんて…そん . . . 本文を読む

資金20万円で年利40%の家賃収入を狙おう!

2016年06月13日 | 海外不動産投資
毎日のようにフィリピン不動産の問い合わせが寄せられています。こんなしょぼいサイトに毎日問い合わせがくるんだから、日本ではかなりフィリピンのコンドミニアムの売込みがされてるんだろうなあと驚きます。実は今、マニラの家賃相場は下降気味です。日本の業者は、今買えば将来高く売れる家賃は毎年上がるからどんどん儲かるそんなセールストークをマジで信じて相談に来るのですが、もうこんな話で売込みしてる奴らは、詐欺師で . . . 本文を読む

下落するマニラの家賃を高値で確保するには

2016年06月08日 | 海外不動産投資
マニラへの引越しがどうにか落ち着きました。 私も2010年からマニラに住んで家賃相場を見ていますが、日本のカモられた投資家が洗脳されている「毎年家賃が上昇する」という話は都市伝説もいいところです。 はっきり言ってそのような実態はマニラにはありません! 上昇するどころか、賃貸継続の場合は据置が基本。年払いなどで交渉すれば10%以上値引きは普通にしてくれます。 今回私がレンタルしたお部屋。 . . . 本文を読む

フィリピン不動産の適正価格を知らずになぜコンドを買うのか

2016年06月04日 | 海外不動産投資
日本では、やはり投資できるお金のある人相続や財産をどのように分散するのか悩んでる方が大変多くいらっしゃいます。そのような方が、特段の知識を持たなくても割と簡単に、安全だと感じて、すぐに大金をはたいて買ってしまう。それが海外不動産。特にマンション型のコンドミニアムです。ここで書いてることは、振興アジア諸国ではどこでも同じ状況だと思いますが、私が住んでるフィリピンにも、毎週大勢の方が不動産視察と称して . . . 本文を読む