New Weekly ta!sixun

店主の日々の生活~
長らくダラダラと続いたOCNブログ閉鎖に伴い引っ越してきました。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-03-21 17:49:16 | 日記
皆様、お元気ですか?
三連休、お天気も良く楽しんだ方も多いのでは。
店主も、日、月と連チャンで
Ban.kと札幌国際で春スキーを楽しんで来ました。
春の訪れが嬉しいやら淋しいやら…。
さてさて、そんな今週末3/24(金).25(土)に御提供予定は
ブルゴーニュ名門自然派生産者が造る7年熟成のブルゴーニュ・ルージュ。
ローバジェット&ハイクォリティーな一杯間違いなし!!

LADOIX2010/Dom.Parent
ラドワ2010/ドメーヌパラン
1glass SpecialPrice ¥1600/80cc



1803年パラン家のドメーヌはポマールに設立されました。
今日、ドメーヌはパラン家の姉妹であるアンヌとカトリーヌによって運営され、
17世紀に始められた一族のワイナリーの伝統を継承しています。
畑はおよそ10ヘクタールに渡り、
その大部分はコート・ド・ボーヌの赤ワインを産出します。
パランが最も力を入れているのはポマールのワインですが、
コルトン、ラドワ、ボーヌ、モンテリーといった
アペラシオンも生産されています。
葡萄は、酸化鉄によって赤色に染まった粘土石灰質土壌で育てられます。
この土壌によって、ピノ・ノワール種の特性が充分に引き出されるのです。
畑では一貫して有機栽培を採用しています。
2009年よりビオロジック栽培に転換し、
2013年からはECOCERTの認証を受けています。
除草剤は一切使いません。
生産量を抑えるためコルドン・ロワイヤ仕立て
( http://vieillevigne.jp/blog-entry-14.html )を採用していますが、
樹齢・区画に応じてグイヨ仕立て
( http://newtimes-inc.com/wine/guyot/ )も採用します。
全て手で収穫します、それは偉大なブルゴーニュ、ピノ・ノワールを
造り上げるために最も重要なことです。
収穫の開始は、数週間かけて葡萄、畑の衛生状態から判断します。
収穫された葡萄は、最初に振動式選果台で、そして伝統的な選果台で
6~8人の手によって厳しく二度選果します。
除梗した後、破砕、数日の低温マセラシオン後、
天然酵母でアルコール発酵します。
29~32度に温度管理をした状態で10~21日間の発酵を行います。
その間、ワインの力強さ、フィネス、エレガンスのバランスを重視し、
畑の個性を尊重してピジャージュとルモンタージュを施します。
そしてワインは重力でフランス産のオークに移され熟成されます。
マロラクティック発酵後、澱引き、ステンレスタンクに移してアッサンブラージュします。それぞれのワインは天体の動きに沿って果実の日に瓶詰めします。
アンヌ・パランは地元に密接な関わりを保ち、
高い評価を受けています。
現在はBIVB(ブルゴーニュワイン委員会)のコミュニケーション部門長を務めています。 ドメーヌ・パランのワイン造りの信条は、ピュアで複雑な構造を持ち、
エレガントで力強い味わいを備えていることです。
その卓越したワインの質は、
一族に受け継がれた厳格な仕事の結晶だと言えるでしょう。
上記のワインは3/24(金).25(土)各一本です。
皆様、お誘い合わせの上お越し下さい。
心よりお待ちしてます。













ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ≪明日3/19のリコメンドです≫ | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む