老人の寝言

頭の体操

老人医療

2017-05-17 11:29:24 | 日記・エッセイ・コラム
最近高学歴への政府補助をするよう安倍さんが言っている、結構なことですが その前に遣りたい事があるのではないか、援助するのは良い事だが、予算が金余りなら良いが、これだけ国債発行に頼っている時、考えて貰いたい、

政府補助は取りも直さず 税収があればいいが、今の状況ではちょっと無理ではないか、どんどん国債発行が増えるだけで その遣り繰りが苦しくなるだけです、も少し税収が増えるまでは、矢鱈補助を出さないことです。

貰う方の受けは良いだろうが、国民への負担は増すだけになってしまう、もっと税収を考え、それが出来た時にやるようにする事が肝心ではないか、まして高学歴への期待は 現行の中で考えるべきです。 

決して世界に比して劣っているとは思いません、唯進学すればいい結果が出るとは思えません。 学業は確かに落ちています、ここを工夫すればもっと業績は上がる筈です、東大卒の各国との比較を見れば一目瞭然です、

大学は出たけれど、と言う戯れ句がありました、今は程度が落ちています、現行の中で考え努力すれば もっといい結果が期待出来る筈です、何も金を賭ける事だけが上げる手立てではありません、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミサイル | トップ | 老人介護 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。