老人の寝言

頭の体操

終末期治療 

2016-10-16 10:08:50 | 日記・エッセイ・コラム
私も最近はこの終末期治療と言うやつを 考えるようになった、自分が意識があればいいが、意識が薄れてくればどうすればいいのか、前以て無駄な終末期治療はしないよう 子供達と話はしているが、

ここら辺が難しいところだろう、どうにも治療不可能な状況であったり、また治療しても回復が難しい場合など、医師がどうとるか、難しいだろうと思う。

家族とも事前によく話し合い、無駄な治療は省きたいものだ、家族の気持ちもあるから、よく事前に相談をしておくことだ、相当高齢になり、思う事もない場合はいいのだが、各人其々考えの違いがある、

高齢の方の治療費が年々増えてきている、場合によりけりだが 無駄な治療もなきにもあらずだ、こういった事は事前に家族共々、よく相談をして間際のトラブルは避けるべきと考えます。

生きている価値はそれぞれによって違う、この辺もよくよく相談を繰り返し、間際に遺漏なきよう 心配りを怠ってはいけない。 永い 短い人生だ、後顧の憂いのなきようしたいものだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卒寿の祝い | トップ | 雑感 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。