老人の寝言

頭の体操

運・不運

2016-12-24 11:21:10 | 日記・エッセイ・コラム
前の自民党幹事長谷垣氏が怪我をされて久しい、安倍さんの信頼も厚かった方だ、運悪く自転車で転び大怪我をなさった。 運の切れ目に嵌ってしまった、幹事長を二階氏に代わってしまい 党内人事も一人しか閣僚が居ない。

もしあのまま健康でいれば 幹事長は勿論 その他の役員も二つや三つは獲れたでしょうに、怪我の為に運が何処かに行ってしまったようだ。

その方のちょっとした怪我がこれからの行く道を替えてしまったようだ、人間の運なんて判らぬものである、たかが自転車事故とは言え、こうまで替ってくる来るとは思いもしなかっただろう。

元気な方が突然の事故で役職から外れ、党内から見向きもされなくなってしまった、幹事長と言う職は党内では一番上位ではないか、それが見向きもされなくなってしまった、変われば変わるもんだと、思った次第です。

運と言うものは こうまで道筋が替って来るもんだ、とつずく思いをしたものです、少しでも早い回復を祈っています。


 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天皇誕生日 | トップ | 特ダネ »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事