老人の寝言

頭の体操

雑感 (12)

2016-10-29 09:33:47 | 日記・エッセイ・コラム
国連で核兵器禁止条約が結ばれました、これに日本は反対票を投じました、何か矛盾を感じます、それらしい言い訳はしていますが、何か釈然としません。

核兵器は持たないのが我が国の生き方です。 そう言っても世界中にはごまんとあります、現に北朝鮮は持っています、ミサイルもあります、これに載せて一発打てば どうなるでしょうか。

毎度言うようですが、常任理事国は持っています、その他の国が持とうとすると それはけしからんと言います、これはどうした事でしょうか。 言う事が支離滅裂です、

常任理事国の方達が まず率先して核兵器を廃止すべきではないでしょうか、俺は持ってもいいが お前は駄目だ、なんと得手勝手な論法でしょうか。 どだい自分達の間違いを どう思って言いるのでしょうか。

老人の自動車運転を罪悪視していませんか、一人暮らしの老人が田舎で暮らすには、これがなくなれば餓死してしまいます、足の悪い一人暮らしの老人が 田舎で生きていくには これが無いと飢え死にです。

そういった事情を考えられたことがありますか、闇雲に老人の運転を取り上げてしまうのは、死活問題です、飽く迄能力の低下をよく噛み締めて運転すれば、危険ではありません、

老人の自動車事故を殊更に騒ぎ立てるのは、如何なものでしょうか、誰しも年食えば運動神経が衰えてきます、安全第一とばかり 道路の真ん中をゆうゆうと走るのは改めて頂きたいものです。

何才が危険とは 言えません、正確な運転技術と周囲の状況を判断できる事が、可能ならば、いくつになっても大丈夫ではないかと思われます。 如何でしょうか、
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑感(11) | トップ | 雑感 (13) »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事