老人の寝言

頭の体操

News それぞれ

2017-04-05 11:53:57 | 日記・エッセイ・コラム
北朝鮮から弾道ミサイルがまた発射された、総理は断固として抗議を申しれたと言っている、野党はこれに対しだんまりを決め込んでいる、政府が何か言えば必ず何かのコメントを発表しているのが常なのだが、

これに対し直ぐ様の反論が聞けない、何だろう、何かと言えば反論が聞けるのだが、北朝鮮からのミサイル発射に関しては 何時ものような景気の良い発表がない、これはどうした事か。

総理も断固としてと言っているが これはどういう事を指しているのか、断固として 何をやろうとしているのか、口先だけの言い草か、もう何回やってきたのか、実際ミサイルが来てからでは遅い、

段々と性能も良くなっているようだ、気違いに刃物と昔から言っている、本当に日本には到達が可能なのだ、も少しきっぱりした態度を示せないのか、撃ち落とすべく対空ミサイルは日本にはあるではないか。

日本海上空で撃ち落とすことは出来る筈、もう痺れを切らす事も限界ではないか。口だけでのジェスチャーではない、もう実行に移す事も仕方がないのだ。 世界に発表して実行に移していく場合だろう、

ロシアでも地下鉄でテロがおきた、日本は何時まで安心しているのか、野党も我が国の事だ、だんまりは可笑しい、きっぱりした態度を示す事も必要ではないか、他人事ではない、どうするのか発表して欲しい。

駐韓大使が戻った、これなどももっとしっかりした態度を示して欲しいものだ、尤も今は大統領選挙が優先される、何方になっても対日政策は断固とした政策を 堅持して欲しいものだ。

慰安婦銅像の大使館前に建てるのは 日本国として許せない、慰安婦問題は疾うに決着済みなのだ、何時までも繰り返しているのは如何なものか。 国同士の信義にも拘わることではないか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« News それぞれ | トップ | News それぞれ »

コメントを投稿

日記・エッセイ・コラム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。