高麗人参の泰盛社 あきない日誌

このブログでは高麗人参産地の様子や加工法などをご紹介したり、食べ方、エピソードなどをご紹介できればと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011年度 信州産生人参 第一陣発送

2011年09月30日 | 4代続く 泰盛社の商品とこだわり
先日、ご注文いただいたお客様向けに信州産の生人参土付きのLLサイズ250g前後の物を
出荷いたしました。

土付きの人参をご注文される方は主に料理屋さんや韓国食材店さんが多いです。
高麗人参は洗うのに手間がかかるうえ、無理に洗うとせっかくの足を折ってしまい
見栄えの悪い人参ができてしまうからです。




参考までに高麗人参酒の作り方を書いときますね(ナツメなどはお好みで増やしても減らしても問題ないですよ)

1. 瓶をよく洗って乾燥させます。

2. 25度くらいのホワイトリカーを瓶に入れます。

3. 高麗人参の足が折れないように瓶の中に入れます。次にニッキの皮、
 ミカンの果皮、ショウガ、ナツメ、クコの実を入れます。

4. 3ヶ月ぐらい経つと黄みが出て、アルコールが飛ぶので味が
 まろやかになります。

ただし、あまり置きすぎると高麗人参本来の苦みが出てまいります。苦くなりすぎた場合は蜂蜜などを加えてお客様のお好みに合わせてお飲みください。

泰盛社 代表 依田安生が報告いたします
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国人参産地出張の様子 | トップ | 2011年10月 癒しマーケット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。