高麗人参の泰盛社 あきない日誌

このブログでは高麗人参産地の様子や加工法などをご紹介したり、食べ方、エピソードなどをご紹介できればと思います。

会津の高麗人参 視察 2011

2011年07月22日 | 東北地方太平洋沖地震被災者 応援
7/13-15にかけて長野県と福島県に今年のセンブリや高麗人参の状況を確認と会津地方の農家の方と放射能除去や分析の問題で
話し合いをしに行ってきました。



名古屋から中央道を抜けて長野へ行きました。午前中から夜にかけて農家を数軒回り、夜は取引先の社長の招待で食事を頂戴して
その後、夜八半に長野を出発し一路、福島の会津へ行きました。

上越自動車道を通り新潟周りで磐越自動車道で会津に行きました。約五時間くらいかかるのですが何分、夜遅くて朝早く出発で眠いのです。
一応ブラックコーヒーをたくさん購入して、ガムもたくさんあるので頑張って運転しました。



綺麗な月が見守ってくれてます。山間部では夕立が多くこの日も長野県側ではかなりの雨が降っていました。
途中何度かトイレ休憩に入り、夜中2時くらいに会津へ到着。

毎度おなじみの車中泊で、、、意外に心地よく眠れるんですね。僕は枕が変わると眠れないので短期出張は車中泊の方がリラックスできます。

次の日、朝8時半に起きて会津郊外にある 芦ノ牧温泉にある芦の牧お土産センターで400円で温泉に入れるので
一番風呂を僕がいただき農家の方に合う前に綺麗にして行ってきました。
http://www.ashinomaki.com/?facilities

農家の方に今年の掘り起こす予定の畑を見してもらい

今後の対策を話してきました。

現在、会津では自治体が独自に分析をするように対策を進めている。機材は揃えれるが分析の技官の確保ができていない。
そういったことで整うのは8月中ではとの話。

今後は収穫時に分析を行い証明書を発行する。

今後も当社では会津の情報を発信し災害復興と地域産業の復興を応援していきたいと思います。

仕事とは別ですがせっかく福島まで行ったので綺麗な風景や
戊辰戦争で有名な鶴ヶ城や白虎隊が眠る飯盛山へ行ってきました。

街はいたって平静で通常の生活は問題なく
レストランや観光地も問題ないです。
古き良き日本がある会津や喜多方などぜひ遊びに行ってみてください。
素晴らしいところです。


高麗人参の泰盛社より報告でした
ジャンル:
東日本大震災
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州産高麗人参の注文について | トップ | 名古屋城 宵祭り 2011 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。