高麗人参の泰盛社 あきない日誌

このブログでは高麗人参産地の様子や加工法などをご紹介したり、食べ方、エピソードなどをご紹介できればと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

国内産の高麗人参

2017年04月25日 | 営業日誌
今年も長野から始まり会津産の加工品が仕上がりお客さんの注文に応じてサンプルを確認する時期になりました
泰盛社では国内外のお客様に向けた商品を扱っておりますが卸で出荷される分は姿物がほとんどです



最近は大きさなどで分けてますが昔は等級が膨大にあり労働集約産業的側面が強かった高麗人参加工ですが
サプリメントなどの商品が主流になり形や色具合よりも成分が入っているか?農薬分析などの科学の目を通して
商品開発される時代になりましたのでそこまで等級分けする意味がなくなってきた今ではかなり簡略化されてきました

会津の最高級 東洋参を検品している様子です
綺麗な色具合と形状です




サンプルを少し使い高麗人参のお茶を作り風味を楽しみます
高麗人参も産地で風味がみんな違うのでこういったテイスティングができるのも高麗人参屋さんである
役得みたいなところでしょうか?



春を過ぎてくると皆さん夏バテ防止のために今から準備する生人参を買われるお客様も多いのでその出荷をしながら僕は高麗人参栽培セミナーに
向けた下準備をしております!!

本物の高麗人参 混じりけのない純粋な商品を取り扱う泰盛社でした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今年も楽しく高麗人参セミナーを開催いたします!!

2017年04月17日 | 営業日誌
長らくご無沙汰しております!
去年台湾より帰国してから産地周りや新しくお客様に頼まれた海産物の産地周りとで
バタバタしておりました

なかなかブログ更新もせず皆様には退屈な日記になってしまい申しわけないです
一番早い情報はfacebookだったりするんですね(笑)

言い訳というよりも事実としてfacebookがスマホとかとの連動も早いので
産地や仕事の内容など更新がリアルタイムにできるので遅くなってしまうんですね、、、、、

ですので栽培や人参のホットな情報を知りたい方には泰盛社のフェイスブックが一番良いと思います

今回で通算四回目を迎えます高麗人参栽培セミナーを今年も頑張って開催していきたいと思います
趣味の方もいれば商業ベースに乗せるために頑張っている方様々なジャンルの方が受講されます

受講特権としては参加の様子のDVDをお届けしておりますので何度でも復習して勉強できます


facebook泰盛社⇚クリックするとfacebookに行きます!!!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾出張2016 (澎湖島)

2016年09月09日 | 営業日誌
澎湖島はどこにあるの??
多分みんなそういう感じから始まると思います

台湾と中国の間にあり台湾本島から西に50kmのところにあります
本島からは飛行機と船があります
船は猛烈な揺れのために体調不良になるといけないので今回は飛行機をチョイス


澎湖島は母方、祖父の出身地で親戚も住んでおり今回僕は初上陸ですが
いろいろと感慨深いものがありました


僕の従兄がここで民宿を建設中で(規模が大きいので民宿という範囲を越していると思うのですが、、)以前、彼が日本に来たときに{安生、叔母さんたちから聞いてるけど不動産の管理やアドバイザーをしてそこそこ実績あげてるようだな!!って聞かれて、僕の管理している物件では実質利回り8%を切るところは無いし、シェアハウスに至っては15%位かなという話をしたので従兄はそれであれば一度、台湾に帰省がてら一緒に島に行こうと誘われたので見に来ることに。



写真見るとわかるように結構な大きさのものを建設しています。(従兄の金持ちぶりは半端ないでしょ。僕とは大違いです

今回のレポートを書いて提出しますけど、僕は結構辛口ですから従兄が怒らなければいいのですが(笑)不動産や民宿などは立地やそのあと提供するサービスによりリピーターや長期客の取り込み、特に島には海外路線が中国以外飛んでいないのでかなり、お客の誘導に苦労する気がします。(日本のお客様で興味ある方はぜひ連絡をください)

従兄の建設現場を見て工事の具合や設計図などを見てレイアウトから割り出す部屋の雰囲気を見たりして、イメージをふくらまします。

現場でいろいろと話を聞いた後、夜は初めて会う親戚たちと会食し、お互いの仕事の話や家族のことなどを話しました。
台湾は親戚が多いというか、結構日本では遠すぎて普段交流が無い親戚も台湾南部や田舎は含まれるので従兄の紹介でみんなで楽しく食事ができ、帰国後もビジネスの話やほかの話でも現在は交流をするようになりました。

そんな一日目と二日目をすごし澎湖島の馬公からほかの離島、七美へ
馬公から船で二時間近くかかる結構遠くの離島ですが人も少ないせいか海や風景は綺麗です

今見ている写真を見て気づいた方もいらっしゃると思いますが、澎湖島は沖縄の石垣島のような感じで家の周りを石垣が囲っています。それは畑でも同じです。この地域は冬になると風が強く壁で遮らないと砂埃がすごいのでそのような作りになっております

最終日は飛行機の時間が夕方なのでこれまた船で七貝と呼ばれる珊瑚のビーチがある島へ移動します
船で40分ほどですが、途中にたくさんの島がありところどころにビーチがあります。



残念なことに女性がいない僕はこの素晴らしいビーチに親父の友人と二人でいるという、ロマンのかけらもない感じですがゆっくりとした時間を過ごしました

澎湖島は中国との間にある島なので防御する役目もあり島には大きな基地もありますし、島の浜辺などにはトーチカがあります
そんな島ですが台湾一治安も良く穏やかな時の流れで台北や高雄の様な騒々しさは微塵もないです

台湾に行った時には時間が取れる方は澎湖島に行ってみてください
(親戚たちから澎湖島の良さを広めてくれと言われておりますので頑張ります)



高麗人参と台湾をこよなく愛する 依田がレポートしました
(高麗人参、栽培法など情報のブログにつながっています)

泰盛社のフェイスブックページです
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾出張2016 夏 (高雄 台南)

2016年09月02日 | 営業日誌
今回はひさしぶりに台湾出張に行って来ました。最近は東南アジア方面に力を入れていたこともあり、そちらに集中してました。

あと、ここ数年は台湾の親戚が遊びに来ることも多く帰省資金がそちらに振り分けられたと言うことも(^_^;)))
台湾のお客さんも日本に仕事や遊びに来るのでビジネスも日本で済んでしまう現実‼

そんこんなで、長らく台湾出張はしていませんでした。

台湾に今回は仕事もそうですが、泰盛社が運営しているシェアハウスの留学生や台湾イベントで知り合った台湾の友人達に会いに行く事、ベトナムで工場見学した会社の本社工場に行ったり、親戚達が澎湖諸島で行っているリゾート民宿を視察してシェアハウスの運営経験があるので意見をしてほしいと言われ行きました。

今回は10日間台湾にいました。
初日は夜台北に到着して台北で仕事している従弟が飛行場に迎えにきてもらい、車で桃園高速鉄道の駅へ、週末で激混雑している車両。従弟の手配ミスで今回は僕だけでなく、取引先で退職された方と一緒に❗亡くなった親父が生前、元気に成ったら一緒に行くと約束していたので、僕が代わりに引き継ぎ一緒に来たのですが、、、
初日から高速鉄道を座れずに台中まで立って行く羽目に(笑)

高雄に着いたときには現地時間夜10時半過ぎ。ホテルに行きコンビニで飲み物や軽く食べ物買って就寝。

二日目は朝ゆっくり起きて、昼に約束している親戚達との会食の準備。
昼食が行われるホテルに移動し食事
台湾ですが北京ダックです(笑)


食べ終わった後に、今回の一番の目的である、家族のお墓参りに行きました。高雄から車で一時間ほどの山奥にある場所でなぜか大学が多い場所です。
従姉に聞いたら町は土地が高いし、田舎は何もないから勉強が良くできるじゃないと言っていました。(>_

僕の年齢で深い信仰をしている人も台湾でも少数派、高校時代に関帝廟に来て廟に入った瞬間に不思議な感覚が体や心に走ってから、信仰するようになりました❗
安心してください、僕は高麗人参は薦めますが、関帝信仰はしないので心配無用です(笑)

関帝の前に膝間付いて30分ほど、ご無沙汰していたお詫びと最近の出来事やビジネスの事、友人達の事等、伝えることが多く長くなってしまいました❗(^_^;)


廟には関帝以外にもたくさんの神様がいらっしゃいます。その中の一柱、月下老人がいらっしゃいます。日本で言う赤い糸を管理している神様です❗
従姉が前々から台湾に帰ったら、必ず連れて行くと言われ廟にある月下老人に祈りなさいと。離婚して7年親戚から最近言われるし、従弟も兄が結婚しないと僕も結婚しにくいと言われている(+_+)従弟は30にしたいから僕の猶予時間は2年ほど。頑張らないと

月下老人に生年月日を旧暦で伝え住んでる場所を伝え祈ります。
でも、月下老人の物語は天命で定まった人がいて赤い糸で繋がってる男女は例え敵でもその時が来ると一緒になる話。しかも、僕は一度切れてるから、、、と屁理屈を思いながらもかなり必死な祈りを捧げました。



夕方は従兄が迎えに来て、ベトナムで見学した会社の本社工場に行きました。高雄から車で一時間少し海沿いの田舎町にあり工場は夕方、定時で終わった工員は帰宅し、残業中の工員がお客さんの注文をこなしていました。
工員が少ないので逆に工場をゆっくり見学でき、写真もゆっくり撮影できました❗
工場見学のあとは従兄と工場のオーナーと我々で地元の人が行く海鮮レストランへ行き、仕事の話や台湾で最近流行っているものや不動産の話などしました。食事あとは高雄に戻り翌日の台南に備えました。


台南に七日朝、高速鉄道で高雄からわずか13分です。本当、便利になりました❗
駅に昨日一緒だった従姉が迎えに来てくれて街中に朝は台南で有名なお粥のお店に行った後で孔子廟に。

台湾で一番古い孔子廟でいろんな祭祀が行われております。


廟を後にして門前町で腸詰めを食べたり、飲み物も買ったりして過ごし、そのあとは台湾の腸詰め工場に行きました。黒橋と呼ばれるブランドで台湾では肉製品が有名です❗腸詰めは子供の頃からここのばかりでした❗
僕自信は台湾イベントで手作り腸詰めを作ったりするほど腸詰めは熱く語れますので、従姉が気を利かせて連れて来てくれました。
工場に併設するミュージアムで日清食品のミュージアムに似た雰囲気。体験は出来ないですが、腸詰めがフードコーナーにあります❗

工場見学したあとに台北の従弟も合流し屋台街を歩きながら時間を潰し、夜は廟の脇にあるレストランで食事しました。
カッコつけて言うとオープンカフェ見たいな感じ。露天なだけですが(笑)
8日からは従兄と一緒に澎湖諸島へ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高麗人参栽培

2016年07月20日 | 営業日誌
泰盛社が行う高麗人参栽培の様子です

高麗人参の栽培をしっかり学びしっかり育てる、高麗人参の栽培を数年間研究しても大きくならない、しっかり育たないと考えている方は絶対に参加した方が良いと思います。有料ですがそのもとは十分取れるはずです。(絶対とはいいませんが)

巷では自己啓発セミナーや資産運用の有料セミナーに比べ投資効率はいいはずです!!

高麗人参の最初の小屋作りやそのやり方管理法

初期投資の押さえ方

通年の管理などなど

高麗人参栽培は頭で考えるより、意外に難しい作物ですよ!!(簡単なら野菜並みに栽培されてます)

せっかく数年育てても管理の仕方がわからず枯れてしまう、病気になる。

失った時間はプライスレスです。失った高麗人参は栽培者からしたらお金以上に精神的にストレスになります

そんな疑問が一度に解消できる栽培セミナーいかがでしょうか??




コメント
この記事をはてなブックマークに追加