和色ムーブメント ● J-color movement ●

街的興趣 / 造形憧憬 / 昭和懐古 / ・・・ etc.

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

初心を創らなければ ・・・

2014年01月17日 | 造形憧憬




「 開店から1ヶ月が経過 」

新たなビジネスで独立開業 ・・・ そんな若い事業家のようなスタンスで開業したわけではない。
ただ、置かれている立場は趣味の域では収まらないものとなっている。すべて借入での開業。
まあ、それは昔からの持論 「開業する時は、すべて借金で!」 を貫いたと言えるのだが ・・・ 。

後悔は何もない。ただ、気持ちが乗り切らない。カラダが動かない。・・・ 悪い癖である。
若い頃から世の中の動き、あるいは周囲の動向からヒントを得て、自分なりに噛み砕いて
アイデアを膨らませオリジナルな行動をしてきた。そんなパターンが今、全く追いついていない。

開店から1ヶ月が過ぎ、そろそろ動かさないと、このまま消えてしまう可能性がある。
"どう分母を拡大させるか" という戦略イメージばかり考えていたことに気付いた。もちろん、
私のパターンではない。いつの間にか、世の中に合わせていたのかもしれない。

分母(絶対数)を増やす。という一般的なビジネスパターンに頭が傾斜していた。
個人で小さな店舗を立ち上げた時、やはり、分子(実際に来店頂いたお客様)を大事にするという、
当たり前の基本的なポイントを常に意識し、そこに力を集中しなければならない。

こんな初歩的なことすら忘れていた自身に愛想が尽きる。
今一度、「初心に帰る!」 いや、「初心を創る!」 でしょうね!


■ 第五大成丸 ■

街を街として見過ごしている
建物や道、木々の移ろいや
鳥たちの囀り、流水の音
そこに人の生活が相まって
街を形成していることに気づく

全てが繋がっている
凡てに流れがあること
そこに総てのKOTAEがある

造形憧憬

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新たな船出に戸惑い

2013年11月15日 | 楽時々益




「 新たな船出に戸惑い 」

この扉から始まる新たな船出。
これまで35年、数多くの店舗と出会ってきた。新規OPENのお店も少なくなかった。
ある外食事業部では、自身が企画構成してオープンさせたお店も数店あったが、
今回は正真正銘、自分自身のお店をオープンさせる運びとなった。しかし、しかし、
イマイチ気持ちが乗らない。イマイチエンジンが繋らない・・・。

何か理由があるわけではない。
ましてや、20代で嫁いでいく花嫁のマリッジブルーとも違う。
もう半世紀以上生きている人間にしか味わえない虚しさかもしれない。
周りで華やかに感じる人が居れば居るほど、
その虚しさは増幅している気がする。

あと何年、ガンバれるのか ・・・
あと何年、ガンバらないといけないのか ・・・


■ 楽時々益 ■

人の目線や気持ちより
時間の無さに虚しさを感じる

もっと言えば、

人間の儚さに苛立ちを覚え
姥貝ている中年の憐れさが
垣間見えることだろう

第五大成丸

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日、姫路へ行きました。

2013年11月10日 | 街的興趣




『 昨日、姫路へ行きました。 』

もう姫路に住んでいるのですが、
姫路では姫路の市街地へ行くことを 「姫路へ行く(出る)」 と言います。
昔は何の違和感もありませんでしたが ・・・ 大阪の人が梅田や難波へ行くことを
「大阪へ行く(出る)」 と言っているようなもの。やはり違和感があると思います。

久々に電車(JR)で行動して新鮮な感覚でした。
駅前の 「展望デッキ」 からはメイン道路の先に姫路城(大天守保存修理工事中)が
見えています(写真)。街もどんどん綺麗になり、新しいスポットが誕生しています。

ある意味、
活性化しない街に嫌気がさして大阪へ出た私にとってはカルチャーショック。
と同時に、今はこの街のために何かできないか ・・・ と考えたりもします。


■ 街的興趣 ■

人には
その人の匂いがある

街にも
その街の匂いがある

大きく言えば
生きている証拠である

街を好きになれるか
その街の匂いで決まる
そんな気がする ・・・

第五大成丸

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ブログのアップが億劫に

2013年09月10日 | Weblog




「ブログのアップが億劫に」



もっと軽い気持ちで
マメにアップすれば良いのでしょうが
元々、“自分が納得したい” という性格ですから
中々ブログに手がいかない日が続いて
気づけば、2ヶ月経過 ・・・

ということで、
入力文字数に制限がある
ツイッターをいまさらですが始めました。
ブログはブログで何とか
継続します。




第五大成丸

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕立

2013年07月07日 | 昭和諳心




夕立 / 井上陽水


夕立 そこまで来ている 雷 ゴロゴロ ピカピカ
情け容赦 ないみたいだ
誰もが一目散へと どこかへ走る
カエルは嬉し鳴きをしてる

洗濯物が濡れるから 女はひきつった顔で
喚きまわる 転びまわる
男はどうした事かと 立ちつくすだけ
空の水が全部落ちてる

Wah・・・ 夕立だ

泥濘に はまったバスには 乗客ひしめき合ってる
抜け出せない 立ち往生
旅人荷物をかばって 体が濡れる
強い雨がみんなを襲う

計画は全部中止だ 楽しみはみんな忘れろ
嘘じゃないぞ 夕立だぞ
家に居て黙っているんだ 夏が終るまで
君の事もずっとおあずけ

Wah・・・ 夕立だ
Wah・・・ 夕立だ


作詞 作曲 / 井上陽水
編曲 / 星 勝

1974




スライドショー / kantaro&kanna



■ 昭和譜心 ■


たぶん
小学校2年の頃
ある日の学校帰りだった
暗雲立ち込め、ピカピカゴロゴロ
“ドッシャーーン!” という大爆音が鳴り響いた
ほんの数メートル前の家を雷直撃
屋根からは煙が、そして
ウソみたいな穴が
開いた



“ 情け容赦ないみたいだ! ”


第五大成丸

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の高校野球 「95回 全国高校野球選手権大会」 予選

2013年07月06日 | こんたく堵




「 95回 全国高校野球選手権記念大会 」

暑い、暑い、「夏の甲子園」 を目指して各地方で予選が始まっています。
大阪府、そして我が母校のある兵庫県も今日6日から予選が始まりました。
今年は95回の記念大会のようですね。大いに盛り上がればと思います。


「 暑くて、熱い想い出 」

何年経ってもこの季節になると、あの頃の夏の日々を思い出します。
もう40年近く前のことを昨日のように ・・・ 歳を重ねても "あの頃" に
戻れる気持ちは何にも代えがたくいいものです。よく考えれば、そうした
感慨に浸れる想い出は、学生の頃のものばかりです。(笑)

まだまだ "熱く" 生きて、数年後に "あの頃も熱かった!" と言える
時代を作らなければなりません。球児に負けず気張りましょう!!


「 さて、母校は ・・・ 」

一回戦、神戸市にある私立の強豪校です。
非常に苦しい試合になると思いますが、一回戦頑張って突破してほしいものです。



■ こんたく堵 ■

野球部を辞めて
自暴自棄になり
毎日街を彷徨ってた

サッカー部のツレが
"サッカー部に来いや!"
って誘ってくれた

楽しい部活やった
上の人もやさしかった
言えば、今風の部活?

甲子園を目指してた
野球部はキツかった
カラダよりも精神的に ・・・

でも、今もう一度
やれるなら、野球部を選ぶ!
"やり残したことがある" から

人生、
悔いを残さないように
生きるべきや!ってこと
最近、しみじみ感じる

それで、やりたいことは
何歳になってもやる!!


と、決意した夏の始まり ・・・ 。


第五大成丸


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ペニーレインでバーボンを

2013年06月29日 | 昭和諳心




ペニーレインでバーボンを / 吉田拓郎


時がたってしまうことを
忘れてしまいたい時があるよね
すべてのものが何もかも
移り変わってはいるものの
何となく自分だけ意地を張り通して
逆らってみたくなる時があるよね

* そんな時 僕はバーボンを抱いている
どうせ力など無いのなら
酒の力を借りてみるのもいいさ
こうして今夜も原宿ペニーレインで
原宿ペニーレインで飲んだくれてる
ペニーレインで バーボンを
ペニーレインで バーボンを
今夜もしたたか 酔っている

恋人の顔なんて思い出したくない事があるよね
まして逢いたくなるほどの気持ちも湧かない一日なら
自分一人で歩いていたい表参道なら尚いいさ

* repetition

テレビはいったい誰のためのもの
見ているものはいつも聾桟敷
気持ちの悪い政治家どもが勝手なことばかり言い合って
時には無関心なこの僕でさえが腹を立てたり怒ったり

* repetition

あまりに外は上天気すぎて雨のひとつも欲しくなり
こんな天気は僕には似合わないんだと
肩を窄めて歩くとき
陽気に生きていくことが何だかみっともなくなるよね

* repetition

みんなみんないいヤツばかりだと
お世辞を使うのが億劫になり
中には嫌な奴だっているんだよと
大声で叫ぶほどの勇気もなし
とにかく誰にも逢わないで
勝手に酔っ払っちまった方が勝ちさ

* repetition


作詞 作曲 / 吉田拓郎

1974






■ 昭和譜心 ■


Shyな
心を大人ぶって
自己主張しようとしている
若者の叫び、空虚感や遣る瀬無さを
独自の感性で表現し、力強いが淡々と謳いあげる
そんな拓郎にハマってしまう日常が有り
当然のように感慨に浸り影響を
受ける奴等が存在する

もちろん自分も
だった



ただ、
今は人生を語らず


第五大成丸

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

老眼進行中!・・・2つ目は JINS PC

2013年05月30日 | 造形憧憬




「 老眼が思いのほか進行しております! 」

40歳になった頃から新聞や雑誌の字が ・・・
小さい頃から目が悪くなかっただけに戸惑いがありました。

当初は、1,000円均一で買ったその場凌ぎな老眼鏡を使っていたのですが、
ここ3年ほど前からは、なんと名刺にある電話番号や薬の注意書きなどが
ほとんど読めなくなったのです(凹みました)。

家族のすすめもあり、
ちゃんと、メガネ屋さんで検眼してもらい作ることにしました。
それが約1年前 ・・・

今年に入って、そのメガネ(写真上)をかけても見えにくくなったのです。
気づけば、メガネをかけているのに目を細めて見ています。挙句の果てには
メガネをかけた上で虫メガネを使って ・・・

1つ目より、少し度の強いメガネ(写真下)を作りました。PC用だということです。
★ブルーライト約35%カット ★可視光線約98%透過 ★UV99.9%カット

今、この2つのメガネが必ずバッグに入っています。
歳を重ねると、人間以外にもいろいろと付き合いが多くなるものだと実感します。



■ 造形憧憬 ■


子どもの小学校の運動会
父兄リレーでコケそうになった
まだ40歳にもなってなかった

昔ずっとスポーツしていて
運動神経には自信があった

会社の慰安旅行の観光
坂道を上るだけで息が切れた
途中でリタイヤ、40歳過ぎ

ほんまに最近
体力の無さに へこむ へこむ

歯も ・・・ 眼も ・・・
悪いとこだらけで へこむ へこむ

足腰は自身の不徳の致すところ

それにしても
歯や眼に纏わる技術の進歩に
感謝! 感謝!


第五大成丸

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

もうじき夏がくる

2013年05月28日 | 昭和諳心





もうじき夏がくる / 井上陽水


もうじき夏が来る
まぶしい夏が来る
アスファルトにかげろうがゆれる
夏には恋をする
一度は恋をする
しゃぼん玉とミルクセーキがとける

もえる夏に、ゆれる夏にひとり
このままじゃ、やりきれないみたい

もうじき夏が来る
想い出つれて来る
浮き袋と貸し切りバスに乗って
夏にはふるさとが
ひび割れふるさとが
おまつりへとカネやタイコで誘う

もえる夏に、ゆれる夏にひとり
このままじゃ、やりきれないみたい

もうじき夏が来る
汗ばむ夏が来る
ひまわりにはミツバチが眠る
エナメルサンダルが
水辺で切れた時
花火が咲き星空を飾る

もえる夏に、いつも夏にひとり
このままじゃ、やりきれないみたい
もえる夏に、こんな夏にひとり
このままじゃ、やりきれないみたい


作詞 作曲 / 井上陽水
編曲 / 安田裕美

1981



スライドショー / kantarooka


■ 昭和譜心 ■


もうじき
まぶしい夏がくる
そんな時節に自分はひとり ・・・
盛る三伏の候にあれこれ思念をめぐらせ
而して終極までイメージしてしまう
案の定、このままじゃ
やりきれない
気配


第五大成丸

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

御免

2013年05月04日 | 昭和諳心




御免 / 井上陽水


なんにもないけど 水でもどうです
せっかく来たのに なんにもないので
御免

いつぞや手紙と 家族の写真
笑って見たけど 返事を出さなくて
御免

よく来てくれた僕の家に
ありがとう
ありがとう
ありがとう

あいにく家内は 里へ帰っていて
目玉焼くらい 僕がつくりましょう
御免

重ねてTVも 調子がおかしくて
そうですか あなた 野球が好きですか
御免

あなたも運の悪い人だ
とにかくなんにもないです

なんにもなけど 又 来て下さいね
家内が帰れば なんとかしますから
御免

よく来てくれた僕の家に
ありがとう
ありがとう
ありがとう


作詞 作曲 / 井上陽水
編曲 / Gene Page


1975




スライドショー / kantarooka



■ 昭和譜心 ■


結婚
したての頃
テレビが無かった
みかん箱がテーブル代わり
その頃、さほど貧しくは感じなかった
今じゃ想像もできない環境
お金持ちには理解
できない生活
だった



だから
当然、相方には
「御免」 という気持ちだけは
たくさんあった
わけで




第五大成丸

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

後輩から試行錯誤な10年?の詰合せ

2013年04月29日 | 楽時々益




「 後輩から送ってもらった詰合せ 」

独立(飲食&物販)して10年目になる後輩夫婦がいます。

彼(旦那S)は、栃木から大阪へ ・・・
私がまだ外食事業部にいた頃に、店舗スタッフとして採用しました。

彼女(奥さんA)は、その後の新店舗オープニングスタッフとして入店しました。
失礼な言い方ですが、まだまだ幼く可愛い女の子だった印象です。

その店舗で二人は出会い結婚したわけですが、
大阪への気持ちもありつつ、彼の実家の事情もあり、彼女を連れて
栃木へUターンしてから、もう10年以上になるのでしょうか。

家業の酒屋も残し(守り)つつ、自分たちがやりたいことを一つでも形にする
為には何が必要で、何から始めれば ・・・ といった試行錯誤の繰り返しの
10年だったことは、遠く離れた大阪にいる私でもある程度は想像ができます。

しかし、その後の二人の動き(活躍)については、
想像以上にアグレッシブなものでしたので、私自身、人一倍嬉しく感じた
のも事実でした(性格的に中々褒め言葉を面と向かって言えませんが・・・)。

そんな二人から
それぞれの役割(イタリアン・カフェ・ベーカリー)で手造り、販売している
商品の詰合せが送られてきました(私が送ってくれと言ったのですが・・・)。

"商品に対しての苦情・苦言などの感想は穏便に ・・・” というコメントの
文面が添えられていました(笑)。

でも敢えて言わせてもらいます!

 ★手造りドレッシング
 ★那珂川産イワナのリエット
 ★那須鳥白レバーのパテ
 ★焼き菓子(スコーンなど4種)

Cucina Vegetale Maruyoshi & Rhythble

栃木の食材にこだわりながら作っているこれらの商品には、
料理に対してはシッカリとした方向性が表現されていると感じます。
そして何より、二人のやさしさがそのまんま味わいに溢れています。

やさしいタッチだが、味わいに幅や奥行きのあるワイン、
柔らかい香りだが、シッカリしたコーヒーや紅茶が似合います。
時間をかけゆっくり楽しめる時間、気の合う仲間や家族と ・・・
そんなイメージの味わいです。

うちの家族はゆったりと楽しんでます。
ありがとう!



■ 楽時々益 ■


何かにこだわりを持てば
凛とした空気と鋭さが生れる

こだわることは悪くはない

ただ世の中、
こだわっている自分が好き
という人が多いのも事実

勘違いや自己満足だけでは
鋭さが思いもよらぬ角を生む

悩みながら、ひと回りすると
角が取れてやさしさが表れる

すると、
"こだわることにこだわらない”
という境地にようやく達する

本当の 「こだわり」 の
方向性が見えてくるものだ


第五大成丸

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

雨降りの日はキライ

2013年04月24日 | 心根篇什




■ 心根篇什 ■


ザンザンと地面を
叩きつける雨がフル

物悲しく憂鬱になる
雨降りの日はキライ

もう寒くないはずの
晩春に冷たい雨がフル

物悲しく憂鬱になる
雨降りの日はキライ


昔をオモイダス

突然、篠突く雨が
小さな傘を容赦なく叩く

何か温かい言葉で
現下を埋めなければ ・・・

また、
昔をオモイダス。


第五大成丸

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

「勝沼ワイン」 想像以上に旨し!

2013年04月12日 | 楽時々益




「 今、思うこと 」

このワイン、職場(店舗)の常連様から戴きました!!

当然、普段はお客様にワインを提供する(売る方の)人間なのですが ・・・
お客様から私がワインを戴きました。恐縮です!ありがとうございました。

元々、地元のお客様が差し入れをしてくれることが多い店舗なのですが、
その職場で働いていることで多くの方々(お客様や業者さん)と出会い、
最初は商品や商売の話から始まり、だんだんプライベートな話まで ・・・

やはり自分自身、
こういった流れの中にいることが好きなのだと改めて感じると同時に、
今更ですが、もっと沢山の人と交流を持ってみたいという思いが高まっている
と再認識します。

できれば、
もっと人の生活や地域への貢献といった範疇で活躍できる仕事をしたいと ・・・ 。


「 オリジナルワイン 」

このワインは、K崎さんというお客様からの戴き物なのですが、
国産ワインで有名な山梨県甲州市勝沼町にある 「かつぬまワインクラブ」 で
『 ワインオーナー制度  : 自分だけの葡萄畑とオリジナルワインが作れる 』
というシステムで作ったオリジナルワインの1本だそうです。

農園(ぶどう栽培農家)を訪問して農家の方とコミュニケーションを取ったり、
醸造家(醸造メーカー)も6社ほどからオーナーが好みの醸造を行うメーカーが
選べるようです。ラベルもオリジナルで作れるようです。


「 ワインの感想 」

K崎さんからは、
"ちょっと酸が強いかも” と聞いていたのですが、そんなことはありませんでした。
私はある意味、若くて薄くて刺々しいそんなワインを想像していたのですが、
このワイン、少し淡いピンク色が入っているような色調の白ワインで、しかも
香りはフルーティー、しかし味わいはその優しさとは裏腹に、確かに少し
酸味や苦みを感じるのですが、そのバランスで逆にしっかりした骨格のあるワイン
といった印象に変えてくれているように感じました。とても美味しく味わえました。

話は一変しますが、子どもはどこか親に似てくるものですよね~。
まあ、何でもそうなのですが、一生懸命に育てたり、何かを大事に思う本人の
気持ちというものは、不思議と伝わるものだと感じます。このワイン、何となく
オーナーのK崎さんの性格が味に出ているように感じてしまいました。(笑)

ご馳走さまでした(ありがとうございました)!



■ 楽時々益 ■


何気に思う

人と出会い
人と縁ができる

何気に
楽しいものである

何気に
嬉しいものである

そして、その
出会いを大事にしたい

と、本気で思う


第五大成丸

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夜のバス

2013年04月08日 | 昭和諳心




夜のバス / 井上陽水


夜のバスが 僕をのせて走る
暗い道を ゆれる事も忘れ
バスの中は僕一人
どこにも止まらないで 風をきり走る

バスの中は とっても寒いけれど
君の嘘や 偽り程じゃない
君のくれた青いシャツを
今日は着ていないだけ まだ暖かいよ

君なら一人で明日を
むかえる事も出来る

夜のバスが 僕をのせて走る
広い窓も ただの黒い壁だ
なにもかもが闇の中に
ただ、夜のバスだけが 矢の様に走る


作詞 作曲 / 井上陽水
編曲 / 深町 純


1972




スライドショー / kantaro&kanna



■ 昭和譜心 ■


1人称?
それとも 2人称?
たぶん、1.5人称の世界観
しかも、主役は暗い夜道を走るバス
そうはお目に掛かれないこのシチュエーション
さてバスはいつどこに停まるのだろうか
そんなこと考えていると、いつの
間にか陽水の世界に
どっぷり填って
しまう





第五大成丸

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東へ西へ

2013年03月25日 | 昭和諳心





東へ西へ / 井上陽水



昼寝をすれば夜中に眠れないのはどういう訳だ
満月 空に満月 明日はいとしいあの娘に逢える
目覚し時計は母親みたいで心がかよわず
たよりの自分は睡眠不足で だから
ガンバレ みんなガンバレ 月は流れて東へ西へ

電車は今日もスシヅメ のびる線路が拍車をかける
満員 いつも満員 床にたおれた老婆が笑う
お情無用のお祭り電車に呼吸も止められ
身動き出来ずに夢見る旅路へ だから
ガンバレ みんなガンバレ 夢の電車は東へ西へ

花見の駅で待ってる君に やっとの思いで逢えた
満開 花は満開 君はうれしさあまって気がふれる
空ではカラスも敗けないくらいによろこんでいるよ
とまどう僕にはなんにも出来ない だから
ガンバレ みんなガンバレ 黒いカラスは東へ西へ

ガンバレ みんなガンバレ 月は流れて 東へ西へ
ガンバレ みんなガンバレ 夢の電車は 東へ西へ
ガンバレ みんなガンバレ 黒いカラスは 東へ西へ

ガンバレ みんなガンバレ 月は流れて 東へ西へ
ガンバレ みんなガンバレ 夢の電車は 東へ西へ
ガンバレ みんなガンバレ 黒いカラスは 東へ西へ


作詞 作曲 / 井上陽水
編曲 / 星勝

1972




スライドショー / kantaro&kanna



■ 昭和譜心 ■


情緒
不安定で
何かにつけ文句を
言いたかった頃、敢えて正論を
完全否定してアウトローに振舞っていた
しかし、独りになればどんどん追い込まれていくもの
己を客観的に見てるもう一人の自分が
“ガンバレ” いや “ガンバルな”
交互にエールを飛ばす

虚しさだけが
東へ西へ




第五大成丸

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加