不動産仲介業 仕事日記 業界ニュース 読んどくニュース(有)Taisei21   

店舗開発 事業用地 収益物件 不動産仲介業をしています、東京より西の物件を取り扱っております。

農薬

2017年07月12日 | 食品 添加物

https://hbol.jp/17431

欧州連合(EU)で3種類のネオニコチノイド系農薬(クロチアニジン、イミダクロプリド、チアメトキサム)の使用が一時禁止になった。

ネオニコチノイド系農薬(アセタミプリド、イミダクロプリド)の2種類について「低濃度でも人間の脳や神経の発達に悪影響を及ぼす恐れがある」

アメリカのオレゴン州では2013年にワシントン州シアトル市議会では2014年9月、ネオニコ系農薬の使用と購入を禁止する決議が全会一致で可決した。

韓国はネオニコチノイド系農薬3種について、「EUの評価が完了するまで国内の新規および変更登録を制限する」と発表。

中国でもネオニコチノイドと性質が似ている浸透性農薬、フィプロニルの使用を規制している。

現行の日本のクロチアニジンの残留基準値ですら、EUと比べて高い品目が多い。例えばキュウリはEU基準値の100倍、茶葉は71倍、トマトは60倍となっている。

『東京都』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンビニで食べない方がいい商品 | トップ | 足の水虫 »
最近の画像もっと見る