チャンス・ボール

類するもののない、タイル イラストの世界にようこそ。

制限付き個性 ------- (7/12)

2017-07-12 15:44:15 | 誰も知らない探査の旅。


制限付き個性 ------- (7/12)

好きな物事でも、敗北を恐れぬ挑戦行為で、致すのかもしれませんが、力ない自分を知っているからこそ、敗北を恐れてしまうのです。同じ機会が二度と、扉を叩いてくれることはないと思い、ここで必ずゲットしませんと、取り逃してしまうのではないかと、人は物事に踏み込んでいくのです。しかし物事は、誰からも特に怒られることはありませんが、褒められることもなく、自己管理の範囲内ということです。

必ず訪れる盛期の後退前に、踏み出すのです。限定された短い期間が存在し、二度と訪れませんから、この時を逃さず展望を開いてください。発想から物事を掴み行う事は、自分が一番よいポジションを、得られるものなのですから、先頭走者は一番いい椅子に座れるのです。偶然は自分で意識して、偶然に自分を誘導させる事ができないのです。偶然から判る発想も、意識して掴む事はできないのです。偶然です。

希望で難題が解決する訳ではありませんが、希望は人の心を変えるほどの、力を持っているのです。致す物事も、グループになりますと力がありますが、類例ない一人ぼっちにはこれという力はないのです。好き勝手な趣味状態の中に、死ぬまでいるのです。金満病になりたいと物事に努力をいたしますと、夢と現実の違いから、金満病より先に金欠病になってしまいますから、自分の生活の範囲内で、致すのです。

キラキラした眼を持っている若者のときに、物事には踏み出すのです。この時に踏み出せば、白内障の時にはどうにかなっております。どんな物事でもその道の専門家は、素人ではありませんから、素人が対抗しても勝つ事はできませんが、専門家を素人に落とす物事を探すのが正解なのです。人の運命は、自分は変わりたくないと思っていても、自分を取り巻く環境の変化から、意外な方向に変わってしまいます。

憧れても一人ぼっちの物事は、比較がありませんから、作者本人も甘いのか辛いのかの判断がつかないのです。この状態では神任せしかないのです。自分のプランは、世界初の画期的システム作りなのだと言っても、理解する人がいなければ、ただのゴミですから、ゴミに値打ちが出るのには、気の遠くなるような時間が掛かるのです。この時間に耐えられる人は、若者だけになっております。老人ではありません。



--------------------























































































































アイデアは常識の中にあります。
発想は非常識の中にあります。

固いタイルの操作はこちらに記してあります。

http://www4.plala.or.jp/tairuzin/

ホームページは10年以上更新しておりませんから、
研究用とした新ページを作りましたが、
それを削除したいのですが、
更新や削除の仕方を忘れ、現在動きがとれません。

過去のページをご覧ください。
ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たそがれる街  (7/12) | トップ | 自分の世界   (7/13) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。