チャンス・ボール

類するもののない、タイル イラストの世界にようこそ。

制限付き個性 ----- (3/21)

2017-03-21 16:29:11 | 誰も知らない探査の旅。



制限付き個性 ----- (3/21)

通常の技は磨けば深みを増すものですから、こんなものはと思いながらも致しておくのです。いつか訪れる関連項目で力を発揮します。物事も長い期間いたせば、其れに見合う思い出が残ってしまうのですから、作品からその頃の情景を思い出させてくれます。物事も時間が掛かると、ドロップアウトしようかと思うが、軽く続けていると基礎技術が上がり、大きな変化が現れますから、又ここに戻ってしまいます。

報酬を放棄して行うフリーランサーは、生活の防護服だけは、絶対に着ていなければならないのです。足は仕事で手は趣味で、この状態で長い期間にわたって物事を致すのです。俺はこんな事に、結構頼っているなと感じたら好きな事ですから、好きな物事はなぜか頼りがいがあるのです。頼れるから継続できるのです。物事はどんなに打ち込まれても、先発完投を目指すのです。どうせやるなら、世界の頂点です。

この広い世の中に存在してない、類例がない事を致してみたいのです。人には発酵の時間が必要ですから、人も植物も一気に成長しないように、物事も最初から一気にはできないものなのです。そのために不毛の時間を費やすのです。致す物事には、独自の冴えた気持ちを表現できればよいのですが、冷静よりも熱くなりますから、ここが原因でコースを踏み外すのです。気付けばまだよい方で、通常気付きません。

熱中できないのは、している事が凡庸だからです。人の真似だと思われる事は心にとげが刺さり、熱中できないのです。至極当たり前の事だが、何かをする人としない人がいるのです。遺伝よりもヤル気と言う意思が、そのモノを優先するかどうかなのですから、発想から踏み込んだものは、意外と我慢強く頑張れるのです。人は心の惹かれるところに、飛び込んでいくと言うよりも、引き込まされてしまうのです。

発想から致す物事は、選択されたのが自分なのですから、最善の努力をして報いることを考えてしまうのです。致す物事も、アメリカに憧れを持つのであれば、自分の論理を優先させるのです。アメリカの論理は俺の言う事を聞けですから、簡単明快なのです。人は皆自分の中に、重いパンチを持っているのです。人はどなたも誰にも負けない特殊能力を、皆持っているのですから、それを強く活かしてみるのです。















































































































ooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooooo

物事は、大きな犠牲を伴いますが、将来の事など考えないで行うことです。
いつか人工頭脳が、判定してくれる日が来ます。

固いタイルの操作はこちらに記してあります。

http://www4.plala.or.jp/tairuzin/

ホームページは10年以上更新しておりませんから、
研究用とした新ページを作りましたが、
それを削除したいのですが、
更新や削除の仕方を忘れ、現在動きがとれません。

過去のページをご覧ください。
ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たそがれる街  (3/21) | トップ | 自分の世界 (3/22) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。