チャンス・ボール

類するもののない、タイル イラストの世界にようこそ。

制限付き個性 ------- (8/13)

2017-08-13 17:25:15 | 誰も知らない探査の旅。


制限付き個性 ------- (8/13)

アートは、聖と俗が生々しく蠢く世界で、ギャンブル的であり、人間の根源的なものを持っているから、覗いてみたい衝動に駆られるのです。人生は自分の正念場の前に、いつか立とうとしているのです。俺は何に立とうとしているのか、自分に問うてみたいと若い時には思っておりました。ブランドは、人材や志など良ければよいと言うものでもなく、正解はあったりなかったりで、自分でブランドを作るのです。

思っている事が必ず叶うものではないが、望めば、ほぼ同じような事が叶う可能性が高いかもしれません。人は自分で描くほど多才ではありませんから、色々な情報から自分に適したものを探し出すしかないのです。人の知恵も自然に入っていける部分があるのですから、自分の知らない積み重ねによって得た膨らみが、いつか爆発するものなのです。それで自分だけが持っている、意外な新ファンドを作るのです。

病気で物事は致すのです。それも慢性病を選択しているのと同じです。人それぞれに程度の差があるが、金喰い病にお金を使い利益がないのです。今の自分に何かが足りないために、現在このような状況になっているのだと思うが、それが分らないのです。それを知り前進したいのですが、なんとしても其れが判らないのです。物事は自分では解決できない謎なのです。同じ素材でも人が違えば、発想が異なります。

今その気で頑張りませんと、次に現れる発想に簡単に敗れてしまいますと、加圧しても、ライバルがいなければ、糠に釘となってしまうのです。不安定な物事には、手を出さないことが最善と信じていたのですが、前に出るにはショックが不可欠と思い、致しているのです。年寄りは、そのショックには耐えられません。ショックを軽く受け止められる若い時に、ショックを体験することを、特にお勧めいたします。

人間は希望がないと、生きられない厄介な生物なのです。その希望も自分で作ったり捨てたりする、ヘンな生物です。自分の中に作った自分の都合のよい事も、他人から見れば都合の悪い事かもしれず、その辺に正解はないようです。私はこの物事ではどなたの夢や希望を、奪っていないと思っておりますから、この辺だけは凄く良かったと思っております。類例のない事を探して、人の愛の領域を侵さない事です。






























































































アイデアは常識の中にあります。
発想は非常識の中にあります。

固いタイルの操作はこちらに記してあります。

http://www4.plala.or.jp/tairuzin/

ホームページは10年以上更新しておりませんから、
研究用とした新ページを作りましたが、
それを削除したいのですが、
更新や削除の仕方を忘れ、現在動きがとれません。

過去のページをご覧ください。
ジャンル:
芸術
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たそがれる街  (8/13) | トップ | 自分の世界   (8/14) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。