★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

消されたヘッドライン

2009-05-25 13:42:15 | 映画【か行】

観ようか、、、観まいか、、、悩んだのよ~コレ。
・・・・・ラッセル・クロウったら、、、
太り過ぎじゃないポヨ~ン
 
いや、、、笑顔はキュートだけどサ

【story】
ワシントン・グローブ紙の敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、旧友の国会議員コリンズ(ベン・アフレック)と亡くなった女性とのスキャンダルを調べるうちに、もう一つの殺人事件との奇妙な関連性を発見する。カルは、編集長(ヘレン・ミレン)の指示のもと、後輩記者デラ(レイチェル・マクアダムス)とともに事件の真相を探るが―

     監督 : ケヴィン・マクドナルド 『ラストキング・オブ・スコットランド』
    *イギリスBBCのテレビドラマを映画化―

【comment】
なかなか面白かったで~す
派手さはないけれど引き込まれるサスペンスでした~
でも、、、これといってスゴイところはなかったかも・・・・・
どこかで観たような、ちょっと古臭いような、そんな感じはしましたね
 
さてさて、、、物語は、“一見何の関係もない2つの事件が一つに繋がった
                  
        “しかも巨大な力が裏に見え隠れする
                  
        “オマケに新聞記者と国会議員、議員の妻の関係には何かある
                  
        “真実のため、そして友情のために危険を顧みず戦う新聞記者

ってな展開に、曰くありげな暗殺者、私腹を肥やす悪徳業者や政治家、キュートで一生懸命な駆け出し記者、鬼編集長などが色を添え、退屈することなく楽しめま~す♪
 
だけどなぁ~チラシで、“巨大権力VS新聞社”とか“現代アメリカ最大の闇”とか謳っていて、結構それらしい展開だったんだけど、、、
ラストのどんでん返しのせいで、“超~こじんまりとした個人的な闇”に落ち着いちゃったような気がしたのは残念かも(汗)
それに、中盤から“裏の裏がありまっせー”ってのが見え見えだったなぁ~
個人的には、チープなどんでん返しを持ってこないで、ちゃんとアメリカの闇に迫るラストを迎えた方が重厚な映画になったと思うわ~
 
それはそうと、ラッセル・クロウの体型と髪型が気になってねぇ~
役がら的にはハマリ役だったんだけど、、、もっと痩せた方がいいんじゃーないかなぁ~
演技よりも“コートのボタンがはち切れそう”とか“二の腕太っ”とか“体が重そう・・・”とか、そんなことばかり気になっちゃったわ~    (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (46)   Trackbacks (60)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 重力ピエロ | TOP | 天然コケッコー »
最近の画像もっと見る

46 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
あたしも (miyu)
2009-05-25 14:24:55
でっぷりラッセルがどうしてもイヤだったなぁ。
なんか皆さんは結構ラッセルに対する評価が
良かったから由香さんがあたしと同じ意見で
ほっとしちゃいました♪
映画自体は結構面白かったんだけどね。
キャストがどうもあたしはハマりませんでした。
途中までの (sakurai)
2009-05-25 15:50:59
はらはらどきどきの展開は、手に汗握りましたね。
なかなか見ごたえありました。
「大統領の陰謀」へのオマージュと言うことで、レッドフォードのなつかしの映画を思い浮かべながら、ジャーナリズムのあり方をといた、力作だったと思います。
さすがの脚本だったのですが、最後のもう一ひねりと言うか、真っ向勝負でもよかったかな・・というのは同感です。
次出る頃には、もうちょっとスマートになってもらったラッセルに期待しますかな。
きっと、スマートになってたら、評価も上がりそう・・・。
どっちなのかなー (KLY)
2009-05-25 21:13:43
ラッセルの恰幅のよさはベテラン記者役としてはピッタリでしたけど、実際はどうなんでしょうねー。「ワールド・オブ・ライズ」から“痩せなかった”のか“痩せられなかった”のか…。後者ならちょっとがっかり。^^;

元々英国のドラマだとのことで、日本でも放送してたらしいですが、DVDが出たらドラマ版を観てみたいです。^^
TBありがとうございます。 (KGR)
2009-05-25 21:42:44
大風呂敷を広げた割には、
こじんまりと収束しちゃったなって感じでした。

黒幕と思われた部分を叩いたと思ったんだけど、
どっこいしぶとく生き残ってやがった、
(「マックス・ペイン」「ザ・バンク」のような)
と観客に思わせるでもなく、
ごまめの歯ぎしりと言うか、
ベン・アフレックの独り相撲的でした。
こんばんわ! (かいこ)
2009-05-25 21:49:37
終盤まですごい楽しめたんですケド・・
ラストのひとひねりが・・やっぱりでしたよネ^^;

私もラッセルの体格が気になって気になって~
役作りなのかダイエットに失敗したのか
はっきりして欲しい(笑)
せめて髪型くらいスッキリしてれば・・アワアワ


飲み会ついでで、、 (Anderton)
2009-05-25 23:31:01
ちょっと、あれぇ??な感じで、頭で整理が出来ない感じでした。
ラッセルを見て、自らを戒めました。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-05-25 23:34:47
巨大な陰謀はどこへいったんじゃーーー?って感じでしたよね。
ベン・アフレックはやっぱり(ココ強調!)脇が甘かった!

ラッセルは太ったオジサンキャラでこれからも邁進するのかしら~?
こんばんは。 (ミスト  (MOVIEレビュー))
2009-05-26 00:05:10
何となく、楽しめたのは楽しめたんですけどね・・・(^_^;)
前半はでっかい山が見え隠れしていたのに・・・
後半はゴシップネタでごまかして、巨悪はスルーですかっ!?(苦笑)
面白くは観れたけど、記憶に残っているのは、
ラッセルのポッチャリ体型のみって悲しいぃ!
miyuさんへ^-^* (由香)
2009-05-26 13:45:25
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました。

>でっぷりラッセルがどうしてもイヤだったなぁ
ですよね・・・
お話がどうのとか、演技がどうのとか言う前に、どう~してもそれが気になって・・・(滝汗)
ランニング姿を見た時にゃ~~~「きゃ~~~やめて~~~」って思いましたよ(笑)

miyuさんはオリジナルをご存じだったんですね~マカヴォイ君が出るなんて、、、面白そう!!そちらのドラマが観たいなぁ~♪
こんにちは~ (hito)
2009-05-26 15:23:19
急ぎ足すぎて、ちょっと物足りない部分もありましたが面白かったですね!

ラストは・・私も「あれ?そっちのオチにいっちゃうの?」とちょっとありきたりな展開にビックリでした。

ラッセル・クロウはやっぱり太りすぎでしょうか??ちょっとメタボとは思ったのですが、私のイメージではアメリカの記者さんって何となくふとっちょさんが多いような感じで、合ってるのかな~って思っていました。
でも・・やっぱりあまりにも重そうですよね。
こんにちは。 (たいむ)
2009-05-26 21:14:16
由香さん、こんにちは。
>ちゃんとアメリカの闇に迫るラスト
そうそう、予告編でもなんでもソレを期待して見に行ったのに・・・という肩透かし感は否めませんよね。
だけど、私はその肩透かし感が久しぶりに新鮮だったかも。グレーなばかりで結局結論がなくてウジウジするのも疲れますしね。
しかし、巨大な闇のその後が気になりますね。対抗馬はあっさり自滅しちゃったし(笑)
Unknown (yukarin)
2009-05-26 21:20:37
確かに派手さはないですけど、最初から引き込まれるお話でした。
でもでも・・・ストーリーよりもラッセル・クロウの体型やら髪型やらが気になって仕方なかったですゥ(笑
でしょう! (オリーブリー)
2009-05-27 13:23:54
由香さん、こんにちは~TB、ありがとう!

>チープなどんでん返し

これ酷いでしょう!
ドラマ見てましたが、はあ??!ってなったもの。
私はドラマも面白くなかったので、
ブラピとノートンが降板して、リメイクには期待してなかったけど、このオチは絶対に変えるべきだよね。
マカちゃんはキャメロンの息子役で一緒に調査するのよぉ~。
出番は多くは無かったけど、可愛かったわん(笑)
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2009-05-27 14:11:31
こんにちは~♪
ラッセル・・・次に見る時は別人のように痩せて欲しいですぅ~
あまりにもボッテリして、、、見ていて悲しくなっちゃう。

『最後のもう一ひねりと言うか、真っ向勝負でもよかったかな・・というのは同感です』
ですよね~
途中までの展開はなかなか面白かったですものね~
あの終わり方にはちょっとガックリでした。
KLYさんへ^-^* (由香)
2009-05-27 14:15:55
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました。

>「ワールド・オブ・ライズ」から“痩せなかった”のか“痩せられなかった”のか…。
ダイエットに失敗したんじゃーないでしょうか
なんとかして痩せて欲しいわ~
アメリカン・ギャングスターの時も結構ポッチャリしていたし、痩せにくい体質なのかもねぇ~

ドラマは見てみたいですね♪贔屓のジェームズ・マカヴォイ君も出てるようなので、、、気になる!
KGRさんへ^-^* (由香)
2009-05-27 14:19:38
こんにちは~♪
コメントありがとうございました。

>大風呂敷を広げた割には、
こじんまりと収束しちゃったなって感じでした
やはりそう感じられましたか~
ラストはあのまま終わらない―とは思いましたが、、、あれには驚きよりも肩透かし感がありましたよねぇ~
何だか安っぽい終わり方だなぁ~って思ったなぁ~
かいこさんへ^-^* (由香)
2009-05-27 14:23:00
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました。

かいこさんもラストにはちょっとガックリでしたか?
落としどころはイマイチでしたよねぇ~

それにしてもラッセル!!太り過ぎ!!(汗)
髪型もねぇ~ムサイんだもの・・・
記者役にはハマっていたけど、、、早くスッキリした体型になってもらいたいわん
Andertonさんへ^-^* (由香)
2009-05-27 14:26:38
こんにちは~♪
コチラも鑑賞されましたか~
頭が整理出来ない感じでした?
ラストには「あれ?」って気持ちになっちゃいましたよね~

ふふふ・・・十分戒めて下さい(笑)
飲み会の時のお食事には気を付けて・・・厳禁(笑)
ミチさんへ^-^* (由香)
2009-05-27 15:29:49
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました。

巨大な陰謀はどうなった?って思いますよねぇ~

ラッセルはかなり太っていたので、痩せないと役柄が限らちゃうかも・・・頑張ってスリムになって欲しいわ~

ミストさんへ^-^* (由香)
2009-05-27 15:35:55
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました。

巨悪がスルーでしたねぇ~
社会派ドラマかと思ったのですが、、、最後は火曜ワイド劇場のようでした(汗)
ラッセルの体型はインパクトありましたね~かなりの肥満体なんだもん
こんばんは (まりっぺ)
2009-05-27 22:15:13
とはいえ、あまり風呂敷を広げすぎても、実感がなくなるし難しいところではありますよね。
hitoさんへ^-^* (由香)
2009-05-28 12:22:23
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました。

途中までは結構面白かったですよね~
どうなるのか・・・とハラハラしましたもの。
でもラストはありきたりで・・・ちょっとガッカリ。

ラッセル・クロウは記者という役柄、あの体型は合っているとは思いましたが、、、あまりにもメタボでしたよねぇ~
たいむさんへ^-^* (由香)
2009-05-28 12:27:45
こんにちは~♪

>肩透かし感が久しぶりに新鮮だったかも。グレーなばかりで結局結論がなくてウジウジするのも疲れますしね。
おお~!!そういう見方もありますね。
だって結局いつもグレーなだけで思わせぶりな終わり方になるから・・・
新鮮と言っちゃー新鮮かも♪
yukarinさんへ^-^* (由香)
2009-05-28 12:29:57
こんにちは~♪
ラッセル・クロウの体型は気になりましたね~
ワールド・オブ~の時よりも太っていたような気が・・・
あのままじゃーマズイでしょう・・・ダイエットして欲しいなぁ~
オリーブリーさんへ^-^* (由香)
2009-05-28 12:42:38
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました。

>これ酷いでしょう!
ドラマ見てましたが、はあ??!ってなったもの。
・・・・ドラマもああいうオチですか・・・それはそれは・・・
マカちゃんが出るので興味があったんだけど、、、イマイチかなぁ~
ブラピとノートンの共演が実現したら、ファイトクラブでしたね~
あの映画、結構好きでした♪
まりっぺさんへ^-^* (由香)
2009-05-28 12:44:56
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました。

大風呂敷を広げても、、、収まりどころはグレーだったりしますからね~
難しいところですね。
Unknown (豆しば)
2009-05-28 20:18:31
 んー
 クロウさん。
 太ってましたがワールド・イズ・ライズの
あとだったんでしょうか?
 あの会議室の人(笑)から更に肉がつきまし
たね
 なんとなく、この人敏感肌っぽいですよね

 やせれるかしら?
Unknown (mig)
2009-05-28 21:29:50
由香さん
こんばんは☆
結局おちって、ベンが悪い奴だったってことですよね?

なんか途中からどうでもよくなってきて、けっこうボーっと観てたんですよ
つまらないとまではいかないまでも
どうにもフツウとしか言えない作品でした~

もうちょっと惹き込まれるなにか面白いシーンが欲しかったんですケド、、、、

ラッセルの厚みはこの数年ずっとなのでもう慣れて来ちゃいました(笑)
スリルは楽しみました (おむすび)
2009-05-28 22:45:34
皆様仰るとおり、前半の気を引くスリル感とラストのアレレっ…ていうので、一挙にシュシュッ…と引きました。

おまけに、ラッセル・クロウの何だかむさくるしいの、実は某女子大の某教授にたたずまいが似て、そっちが気になりましたワ。

忘れそうになっていた課題提出の事をふと(というよりかなり強引に)思い出さざるを得ず…、思わず本日は図書館で資料読みしてしました。
豆しばさんへ^-^* (由香)
2009-05-29 08:17:33
こんにちは~♪
コメントありがとうございました。

ラッセル・クロウ・・・太っていましたね(汗)
ワールド・オブ~の時よりも更にブヨブヨに見えました
聞いた所によるとダイエットに失敗したとか・・・

でも!!!最近痩せたようですよ~
次回作でスリムな体型を見せてくれそうです

敏感肌・・・確かに肌が弱そうですねぇ・・・
migさんへ^-^* (由香)
2009-05-29 08:21:36
こんにちは~♪
>結局おちって、ベンが悪い奴だったってことですよね?
そうみたいですね(汗)、、、
私は途中までは結構引き込まれたんです。でもあのオチは・・・
migさんは全体的にイマイチだったようですね~

ラッセル・クロウは、このまま膨らんでいったらどうしよう、、、と思ったのですが、どうやらダイエットに成功したみたいですね。
ホッとしました
おむすびさんへ^-^* (由香)
2009-05-29 08:25:28
こんにちは~♪
お勉強大変ですね~
ここのところ涼しい日が続きますから、今のうちに頑張って課題に取り組まれて下さいね~

>某女子大の某教授にたたずまいが似て
ラッセルみたいなオジサンは結構いますよね・・・太っててむさ苦しい感じ(汗)

映画は途中までは良かったんですけどねぇ~
ラストがなんともチープでした
Unknown (ぷくちゃん)
2009-06-03 07:34:18
こんにちは。あのオチはないですよね。国家の闇に潜む悪!ってな感じでドキドキして観ていたのですが、自己保身に走った・・・・ってな小さなスケールに落ちたのには愕然。

企業のトップが辞任したのがエンドロールの新聞印刷で出てきましたが、英語読めないからよくわからない人、ってのも多くいそうです。

勧善懲悪でベテラン議員が逮捕されたという方がすっきり見れたような気がします。
ぷくちゃんへ^-^* (由香)
2009-06-03 22:23:25
こんばんは~♪
師匠!ご無沙汰しておりました~お元気ですか?

あのオチはねぇ~ドンデン返しというよりも肩透かしでしたね(汗)
私は中盤までは結構面白く観ていたんです。
なかなかナイスなサスペンスだと思ったんだけどなぁ~
妙にこじんまりした終わり方でガックリでした。
Unknown (Mary)
2009-06-04 15:33:31
こんにちわ(*´∀`)
この映画は、未だに見るか迷ってる作品です。。。
ラッセル・クロウはホントいつになったらやせるんでしょうねぇwww
DVD鑑賞になりそうですが、もし観にいったらTBさせてもらいますねぇ♪♪
あと、よくTBさせてもらっているのでリンクはらせて頂きます。
もしよければ相互リンクお願いします。
また遊びに来ます♪♪
Maryさんへ^-^* (由香)
2009-06-05 13:45:45
こんにちは~♪
いつもお世話になっております。
この度はリンクをどうもありがとうございました。
コチラの方もさせて頂きたいのですが、gooはリンクの件数が50件と決まっていますので、もう少しお時間を下さいね!
リンクさせて頂きましたら、ご挨拶に伺います!!

ラッセル・クロウ・・・この映画ではスッゴク太っていました!(笑)
映画の内容よりも彼の体型が気になったくらいです(汗)
でも近頃痩せたようですよ~スリムになった写真を見ました!ちょっとホッとしました(笑)
こんばんは (えめきん)
2009-06-06 21:41:50
この映画、もっと小難しい話だと思ってたんですが、思っていた以上に解かり易くてすんなり物語に引き込まれました。最近、民間軍事企業=PMCを題材にした作品にいくつか触れる機会があったので、PMCを問題にしていたのもポイントが高かったです。

ラッセル・クロウのメタボ体質は、役作りなのか地なのかが気になります(笑)。
えめきんさんへ^-^* (由香)
2009-06-07 15:29:24
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました。

もっと社会派なドラマだと思いましたが、わりと観やすかったですね。
最後は社会派とはかけ離れていましたし(笑)

ラッセル・クロウ・・・太っていましたねぇ~
どうやら役作りというよりも地だったようですが(笑)、現在はダイエットに成功したようですよ~健康のためにも良かったです(笑)
こんにちは! (こでまり)
2009-06-09 21:19:04
ラッセル、まん丸ですよねー・・・
役の為に・・・なんていって太ってるうちに元に戻れなくなったりして・・・
でもダイエットに成功したようで、次回作ではスリムな彼に期待します。

<ラストのどんでん返しのせいで、“超~こじんまりとした個人的な闇”に落ち着いちゃった
そうなのー!あのラストのせいで、それまで楽しめてた気分が台無しになっちゃいましたよ。
あの部分、なくても良かったなぁ。
こでまりさんへ^-^* (由香)
2009-06-11 09:42:39
こんにちは~♪
まんまるでしたね~ラッセル
ずっとあのままだったら大変だと思いましたが、ダイエットしたみたいなので安心しましたよ(笑)

この映画は中盤までは面白かったんですけどねぇ~結構緊迫感あったし。
ラストが、、、ガックリものでしたよねぇ~陳腐なオチだったなぁ~
おはようございます! (みすず)
2009-06-13 07:42:53
おもしろかったですね!
由香さんがおっしゃるように、ラストのどんでん返しがイマイチだったかも^^;
でも、それまでは良かったし、ラッセル・クロウのメタボっぷりも、この役では合ってるのかと思うことにしました^^
次回の映画ではきりっとした姿のラッセルが見れるかな^^
みすずさんへ^-^* (由香)
2009-06-13 23:12:45
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました!

私も終盤までは結構楽しめました~
ハラハラして、どうなるんだろう?って思って。
だけどなぁ~ラストがなぁ~ちょっとガッカリ・・・

ラッセルは太っていましたね、、、役柄としては合っていましたが、ウエスト付近のお肉が気になっちゃった(笑)
でもダイエットに成功したそうですね~
スリムな姿を見るのが楽しみ♪
TBありがとうございました! (小米花)
2009-06-19 11:01:37
今日は、小米花です。
いつもTBを送りっぱなしで、コメントできずに
読み逃げててスミマセン。<(_ _)>

今回、私の不注意でgooの禁句にひっかかり
gooブログへのTBが送れてない事に気がつかなかったのです。(^_^;)

今回は送れているの確認しました。。。

映画はとても面白かったですが、
最後は肩透かし食らっちゃいましたね~。
「ワールド・オブ・ライズ」では、役作りに太ったと言われてますが、今回はダイエット間に合わなかったんですね(笑)。



小米花さんへ^-^* (由香)
2009-06-22 10:48:21
こんにちは~♪
何だかお手数をお掛けしたようで申し訳ないです。
禁止用語はウッカリしちゃいますよね~
私もよくやりますよ~

映画は中盤までは結構面白かったのですが、いかんせんラストがいただけなかったですぅ~
ラッセル・クロウは太っていましたね(汗)
次回作ではスリムな姿が見れそうなので期待しています(笑)
こんばんは (David Gilmour)
2009-12-08 02:04:48
たしかに、変などんでん返しをもってくるより、アメリカの闇に迫るといった内容の方がよかったですよね。
それと、なんかコリンズ議員の犯行動機がすっきりしないというのも不満でした。
David Gilmourさんへ^-^* (由香)
2009-12-08 16:23:55
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

これは肩透かしなオチだったなぁ~という記憶があります。
もう少しアメリカの闇に迫る!系の映画だと思ったのですが、、、ちょっと残念でした~

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

60 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
消されたヘッドライン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:STATE OF PLAY。ケヴィン・マクドナルド監督、ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン。ラッセル・クロウの主演する映画はどうも水が合わない、というか、この作...
消されたヘッドライン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『そのスクープが、時代を揺るがす。』  コチラの「消されたヘッドライン」は、2003年にイギリスBBCで放送された大ヒットサスペンスドラマをハリウッドで映画化した5/22公開の社会派サスペンスなのですが、早速観てきちゃいましたぁ~♪ちなみにオリジナルのドラマ...
『消されたヘッドライン』 (2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:STATEOFPLAY監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ジェイソン・べイトマン試写会場 : 一ツ橋ホール公式サイトはこちら。<Story>ワシントンD.C.で相次いで起こった二つの事....
『消されたヘッドライン』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【STATE OF PLAY】 2009年/米・英/東宝東和/127分 【オフィシャルサイト】 監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン
消されたヘッドライン (迷宮映画館)
2時間に収めるのは、やっぱもったいない。
映画「消されたヘッドライン」@スペースFS汐留 (masalaの辛口映画館)
今回の試写会は劇中に登場する新聞社“ワシントン・グローブ社”日本支社に登録した市民ジャーナリストを招いた試写会で、なんとマスコミ試写より早いブロガー試写会だそうだ。上映前には「鑑賞の心得」、超簡単な「カルトクイズ」があっての上映となった。客入りは満席。...
消されたヘッドライン (LOVE Cinemas 調布)
イギリスの大人気サスペンスドラマをハリウッドでリメイクした作品。主演ラッセル・クロウをはじめ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレンと実力ある俳優がそろったサスペンスムービー。監督はドキュメンタリー映画の鬼才ケヴィン・マクドナルド。...
消されたヘッドライン (勝手に映画評)
元はイギリスで製作されたTVドラマ「ステート・オブ・プレイ ~陰謀の構図~」。元となったドラマは、全6時間の作品であったのですが、映画化に際して、2時間の物語に再構成されています。 6時間を2時間にしたわけですが、それが功を奏したのか、ちょっと小忙しい感は若...
試写会「消されたヘッドライン」(写真追加) (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/4/26、スペースFS汐留での開催。 プロガー限定。 最初に登壇したスタッフの言によれば、マスコミ試写より早い、とのこと。 本当かどうかは分かりませんが、「早く見せてあげる」というフレーズには滅法弱い。 映画本編開始前の出来事は別記事に書いた。 ...
「消されたヘッドライン」 (かいコ。の気ままに生活)
イギリスBBCテレビの人気ドラマを映画化したサスペンス。「消されたヘッドライン」公式サイト終盤までぐいぐいひきこまれて楽しめました!社会派モノが好きな方はお好きなんじゃないかとベテラン新聞記者にラッセル・クロウ。この体格は役作りなのか、ワールド・オブ・ラ....
消されたヘッドライン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] たった一言、口が滑ったことも見逃さない敏腕記者。
「消されたヘッドライン」 (てんびんthe LIFE)
「消されたヘッドライン」よみうりホールで鑑賞 久々に面白いサスペンスをみたと感じました。 新聞社、政治家、闇の組織、殺人…。 おいしいとこ取りな感じもするけれど、それなりに緻密になれらた原作がなければ成り立っていかないと思のです。 ラッセル・クロウは...
消されたヘッドライン (だらだら無気力ブログ)
イギリスのBBCテレビのテレビドラマを舞台をアメリカに変更して リメイクしたサスペンス。 関係のない2つの事件から巨大な陰謀を嗅ぎ取った新聞記者が真相を めぐって奔走する様をスリリングに描く。ワシントンDCでドラッグ中毒の黒人少年が射殺される事件と。 国...
映画 【消されたヘッドライン】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「消されたヘッドライン」 イギリスBBC製作ドラマ「ステート・オブ・プレイ~陰謀の構図~」(全6話)の映画化。 おはなし:国会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)の愛人ソニアが地下鉄のホームで不可解な死を遂げる。コリンズの友人でワシント...
映画レビュー「消されたヘッドライン」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
◆プチレビュー◆巨大な権力にペンの力で挑むポリティカル・サスペンス。終盤、ひねりすぎるのが惜しい。 【70点】 ワシントングローブ紙の敏腕記者カルは、黒人少年の射殺事件と、国会議員コリンズの部下で愛人の女性が突然死した事件に、奇妙な共通点を嗅ぎ取り調べ...
映画「消されたヘッドライン」の感想です。 (MOVIE レビュー)
この映画の原作は2003年にイギリスのBBCで放送された全6回のTVシリーズで、英国アカデミー賞などを受賞した大ヒットドラマだそうです。日本でも2008年にNHKのBSで放送されていたらしいけど、うちはスカパーしか加入していないのでこのドラマは知りませんでした。...
消されたヘッドライン   試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
暴くのか、逃げるのか──。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 巨大権力VS.新聞社 果たして、本当にペンは剣よりも強いのか。 何の関係もない2つの殺人事件がひとつの糸で結ばれた時、”現代アメリカ最大の闇”がその姿を現す。 2009年 ...
消されたヘッドライン - STATE OF PLAY - (個人的評価:★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
ラッセル・クロウ×ベン・アフレックということで興味を持った消されたヘッドラインを観てきました。 CMとかキャッチコピーで煽ってた割...
消されたヘッドライン (Peaceナ、ワタシ!)
暴くのか、逃げるのか-。 それは、一人の新聞記者が見た“現代アメリカ最大の闇”。 週末『消されたヘッドライン』の試写会へ行ってきました! なんと! 「ブロガー限定」の試写会だったんです! (マスコミ関連の試写より早いんだって…) わ~、招待されるとは光栄だわ...
消されたヘッドライン (だめ男のだめ日記)
「消されたヘッドライン」監督ケヴィン・マクドナルド出演*ラッセル・クロウ(カル・マカフリー)*ベン・アフレック(スティーヴン・コリンズ)*レイチェル・マクアダムス(デラ・フライ)*ヘレン・ミレン(キャメロン・リン)*ジェイソン・ベイトマン(ドミニク・フォイ....
いろんな題材がてんこ盛り。『消されたヘッドライン』 (水曜日のシネマ日記)
殺人事件を切っ掛けに新聞記者の目線を通して様々なアメリカの闇の部分が見えてくるサスペンス映画です。
【消されたヘッドライン】 (日々のつぶやき)
監督:ケヴィン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ロビン・ライト・ペン、ジェイソン・ベイトマン      暴くのか、逃げるのか―。 「ワシントンで起きた二つの事件。 黒人の少年がド
「消されたヘッドライン」みた。 (たいむのひとりごと)
予告編やキャッチコピーから、またしても余りに強大な闇の力と圧力に屈するしかない・・といった後味のスッキリしないラストを思って観ていたのだが、どうしてどうして(^^)「えー、新聞がはみ出て折れてるんです
[消されたヘッドライン] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:STATE OF PLAY公開:2009/05/22製作国:上映時間:127分鑑賞日:2009/05/23監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ジェイソン・ベイトマン、ロビン・ライト・ペン、ジェフ・ダニエルズ...
【映画評】<!-- けされたへっとらいん -->消されたヘッドライン (未完の映画評)
辣腕新聞記者がアメリカ軍需産業の闇を暴くサスペンス映画。
映画「消されたヘッドライン」 (Andre's Review)
  state of play アメリカ 2009 2009年5月22日公開 試写会鑑賞 先日、試写会に当選して観にいってきました。 舞台はワシントンD.C.。あるとき、黒人少年が何者かによって射殺され、現場に居合わせたピザの配達員も撃たれ重症になるという事件が起きる。同じ頃、国会議員...
消されたヘッドライン (心のままに映画の風景)
ワシントンDC。 ドラッグ中毒の黒人少年スタッグが何者かに射殺された。 時を同じくして、国会議員スティーヴン・コリンズ(ベン・アフ...
消されたヘッドライン (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ/イギリス 監 督:ケヴ
レビュー:消されたヘッドライン (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[サスペンス][友情][報道][実写][洋画][スコープ] ハラハラ度:★★★☆☆ どんでん返し度:★★★★☆ 難解さ:★★☆☆☆ 出演: ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン ある日、一人の女性が死亡する事件が起き...
『消されたヘッドライン』 (・*・ etoile ・*・)
'09.04.26 『消されたヘッドライン』(試写会)@スペースFS汐留 yaplogで当選。映画の中で主人公が勤める新聞社、ワシントン・グローブ社の日本支社がweb上で発足。ブロガー記者の記事をピックアップしていくのだそうで、この試写会もブロガー限定。ワシントン・グローブ...
消されたヘッドライン (ダイターンクラッシュ!!)
5月24日(日) 17:00~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『消されたヘッドライン』公式サイト 薄汚いデブが似合うラッセル・クロウと阿呆面ベン・アフレック競演の政治スリラーかつ企業...
消されたヘッドライン◆STATE OF PLAY (銅版画制作の日々)
暴くのか、逃げるのかーーーー。 それは、ひとりの新聞記者が見た“現代アメリカの最大の闇” 5月25日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。ラッセル・クロウ、また一段とでかくなりましたね。そのうえロングヘアーです。少しきもい感じもありますが・・・・。 実はラッセル...
消されたヘッドライン 戦争とはお金儲けのためのものなのか・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【 31 -8-】 スタートレック{/m_0058/}がどうしても観たくて{/m_0084/}、で、見に行くなら日曜日になるんで、少しでもお安く{/m_0186/}観るために、公開日{/m_0167/}前日ギリギリで前売り券{/m_0065/}をゲットしてきた。 するとちょうど「消されたヘッドライン」がまもな...
消されたヘッドライン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
真実を求めて取材を続ける新聞記者がつかんだのは、衝撃の真相! 立ちはだかる巨大な権力を前に、彼らはヘッドラインを守れるのか?・・・意地と執念を見せるジャーナリスト魂を感じて! 物語:ある朝、駅のホームで25歳の女性ソニア・ベーカーが転落死する。そして...
消されたヘッドライン/State of Play (いい加減社長の映画日記)
更新が、遅れておりますが^^; 先週の土曜日は、レイトショーのはしご。 ほんとは、金曜日の公開日に観たかったんだけど、またしてもミーティングが長引き、間に合わず。 ということで、1本目は、「消されたヘッドライン」。 ラッセル・クロウ演じるジャーナリストが、巨...
消されたヘッドライン (ぷち てんてん)
インフルで、マスクないよね~~。でもマスクだけで、防ぎ切れないもんね。それにしても、こうして毒性の弱いインフルがはやることで、日本の感染に対する対策の弱点が分かってよかったのかもしれないね。このインフルも毒性が強まる可能性があると言うし、また鳥インフル...
消されたヘッドライン (犬・ときどき映画)
消されたヘッドライン[State of Play] ストーリー 冒頭、黒人の青年が銃で撃たれて殺される、そこを偶然通りかかったピザの配達人も撃たれて重体。 そして翌日の朝、コリンズ議員の助手のソフィアが謎の死をとげる。 コリンズとソフィアは不倫関係にあったのだ、そしてそ...
消されたヘッドライン (Movies 1-800)
State of Play (2009年) 監督:ケビン・マクドナルド 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン 2003年にイギリスで放映され好評を博したTVシリーズ(全6話)をハリウッドで映画化した作品で、ワシントンを舞台に、射殺と転...
消されたヘッドライン (もののはじめblog)
一筋縄にはいかぬ筋立て。よく練り込まれたサスペンスに仕上がっている。 一級のサスペンスと思うものの、違和感は残る。 それは、おそらく広告のキャッチ・コピーのせいと思える・・・。 主演はラッセル・クロウ。 太っちょクロウに注文をつけるブログも散見するが、監...
消されたヘッドライン (観劇★感激★カンゲ記)
JUGEMテーマ:映画最初に言っておくと、私、もともとラッセル・クロウが嫌いです。ビジュアル的に。なんていうか、あご・耳・首のラインに肉が余ってるような感じで。今回のこの映画でのラッセル・クロウは、それに輪をかけたように太ってたーーー。役作りなのかしら。で...
陰謀の構図~『消されたヘッドライン』 (真紅のthinkingdays)
 STATE OF PLAY  ワシントンDC。新進気鋭の若手代議士スティーヴン(ベン・アフレック)の秘書 が地下鉄で事故死する。マスコミは不倫...
「消されたヘッドライン」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「State of Play」2009 USA/UK/フランス 新聞記者カル・マカフリーに「プロヴァンスの贈りもの/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」「ワールド・オブ・ライズ/2008」のラッセル・クロウ。 下院議員スティーヴン・コリンズに「ハリウッドランド/2006」の...
消されたヘッドライン (5125年映画の旅)
民間軍事会社の調査を進めていた議員・コリンズの秘書が謎の死を遂げた。さらにその秘書はコリンズと不倫関係にあり、事件は一大スキャンダルへと発展する。コリンズの友人でもある新聞編集者のカルは、自分が追っていた殺人事件がコリンズの事件と繋がっていることを発...
消されたヘッドライン (シネマ日記)
やたらとテレビCMやってたんで、ちょっと怪しいかなぁとも思いつつ、それでもちょっと面白そうだと思い見に行くことにしました。ラッセルクロウとベンアフレックというデブとアゴのむさくるしいコンビはそんなに気になるキャストではなかったんですが、ヘレンミレンとレイ...
●消されたヘッドライン(27) (映画とワンピースのこでまり日記)
ラッセルの体型はもうあれで定着・・・?
「消されたヘッドライン」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/アメリカ、イギリス  監督/ケヴィン・マクドナルド  出演/ラッセル・クロウ      ベン・アフレック      レイチェル・マクアダムス  元はイギリスのBBCがミニシリーズとして放送し、英国アカデミー賞などに輝いたドラマだそうです。ラッ...
消されたヘッドライン (みすずりんりん放送局)
 『消されたヘッドライン』を観た。  1人の女性の死亡記事。  ワシントン・グローブ紙の記者達は、被害者女性と国会議員のスキャン...
「消されたヘッドライン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                         「消されたヘッドライン」 ラストの解りにくさを除けば素晴らしい作品ですね! コンピューターなどに押されて情報媒体としては斜陽的な位置づけにある「新聞」というメディアを扱ったクライム・サスペンスであります...
消されたヘッドライン(アメリカ/イギリス) (映画でココロの筋トレ)
なんとなく観てみよっかな。と、「消されたヘッドライン」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン、ジェイソン・ベイトマン、ロビン・ライト・ペン 上映時間:127分 ...
「消されたヘッドライン」 (再出発日記)
ラッセル・クロウのぶくぶく太りは何か深い意味があるんでしょうね。監督:ケヴィン・マクドナルド出演:ラッセル・クロウ、ベン・アフレック、ヘレン・ミレン、レイチェル・マクアダムス、ジェイソン・べイトマンジャーナリズムの現場を描いて三分の二までは軽快に見せて...
消されたヘッドライン (シネマ名画座)
今日は、「消されたヘッドライン」を見てきました。 ブログを書くならBlogWrite
消されたヘッドライン (こんな映画見ました~)
『消されたヘッドライン』 ---STATE OF PLAY--- 2009年(アメリカ/イギリス) 監督:ケヴィン・マクドナルド 出演: ラッセル・クロウ、ベン・アフレック 、レイチェル・マクアダムス、ヘレン・ミレン 、ロビン・ライト・ペン 、ジェフ・ダニエルズ イギリスBB...
09-157「消されたヘッドライン」(アメリカ・イギリス) (CINECHANの映画感想)
ブラッディ・ニュースペーパー  ワシントンDC。時を置かずに発生したある2つの事件。ひとつはドラッグ中毒の黒人少年スタッグが何者かに射殺された事件。もう1つは、国会議員スティーヴン・コリンズのもとで働く女性職員ソニア・ベーカーが出勤途中の地下鉄で不可解...
消されたヘッドライン (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[消されたヘッドライン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:7.0/10点満点 2009年50本目(46作品)です。 国会議員のスティーヴン・コリンズ(ベン・アフレック)のもとで働く美人職員のソニア(マリア・セイヤー )が、出勤途中に駅の...
『消されたヘッドライン』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
地下鉄構内で一人の女性が事故死した。 その被害者ソニアは、民間軍事企業ポイント・コープ社と国防総省との癒着を追及する調査委員会を主導している気鋭の若手議員コリンズのスタッフで、かつ愛人関係にあったことからマスコミはスキャンダルに飛びついた。 しかしワシ...
「消されたヘッドライン」(STATE OF PLAY) (シネマ・ワンダーランド)
英国BBCが製作したTVドラマシリーズ「ステイト・オブ・プレイ~陰謀の構図~」を舞台を米国に移しかえ劇場版としてリメイクした社会派サスペンス「消されたヘッドライン」(2009年、英米、127分、ケヴィン・マクドナルド監督)。この映画は、関連のない2つの...
「消されたヘッドライン」 抑制された作りに好感 (はらやんの映画徒然草)
劇場公開時見逃してしまった本作、ようやくDVDで観賞しました。 本作はジャンルと
mini review 10433「消されたヘッドライン」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
イギリスのBBCテレビの人気ドラマを『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルド監督が映画化したポリティカル・サスペンス。あるスキャンダルをきっかけに、巨大な陰謀に巻き込まれていく記者たちの戦いの日々を描く。粘り強いベテラン記者を演じる...
「消されたヘッドライン」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
新聞記者モノってたまに映画になるけど、 今回のは、出演者もストーリーもスケールがでかそう。
消されたヘッドライン (いやいやえん)
全く関係ないように見えた2つの事件が重なるとき、軍需産業の絡んだ陰謀、政治家と企業の癒着など、政治の暗部がみえてくる…と思ったような思ってないような作品。 結末のどんでん返しは捻られており、オチがまさ