★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第9地区

2010-04-13 16:02:55 | 映画【た行】

第82回アカデミー賞で4部門もノミネートされた話題作
評判も良さそうなので楽しみにしていた。
がっ・・・
【story】
正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が突如南アフリカ上空に姿を現し、攻撃もしてこない彼らと人間は共同生活をすることになる。彼らが最初に出現してから28年後、共同居住地区である第9区のスラム化により、超国家機関MNUは難民の強制収容所移住計画を立て、ヴィカス(シャールト・コプリー)を責任者にするが―
     監督 : ニール・ブロンカンプ
     製作 : ピーター・ジャクソン

【comment】
  ある日、宇宙人が巨大宇宙船でやってきたら?
  その宇宙人が地球で難民として暮らすことになったら?

ってな発想をドキュメンタリー風に観せるなんて、斬新で面白かったんですよ。食い入るように見入ったところも多々あったし。
だけど、、、何だろうなぁ~恐らく少数派意見だとは思うけど、ど~~~うも生理的に受け付けなかったんですぅ~色々と
 
ある日、南アフリカ上空に宇宙船が現れた。
そしてそのまま動かない・・・
何故だ?攻撃もしてこなければ、接近遭遇もしてこない。
業を煮やした人間たちは、宇宙船内部に入り込んでみた。
そこには、宇宙船故障のため成す術を失い、飢えて疲れ切ったエイリアンが何百万人もいた―
 
人間たちは悩んだ挙句、とりあえずエイリアンを宇宙船真下に作った第9地区に難民として住まわせることにした。
凶暴性のある不衛生なエイリアンたちは、その容姿から“エビ”と呼ばれ蔑まれ、第9地区はあっという間にスラム化する。
 
そこで、エイリアンを取り締まるMNUは、新たに作った第10地区にエイリアンを移住させることにした。
責任者のヴィカスは、一軒一軒エイリアンの家を回り、立ち退き書にサインをさせたが、あるエイリアンの家で謎の黒い液体をかぶってしまった。
 
その時から体に不調をきたしたヴィカスは、やがて自分の体が変身していくのを知る。
―もしかして俺は“エビ”になってしまうのか?
MNUに、人間とエイリアンのDNAを持つ唯一の人間として、実験台として使われ、解剖されそうになったヴィカスは、逃亡し、第9地区に向かうが―

 
お話も、見せ方も、展開も、、、新しいっちゃー新しく、目を離す暇なんてなかったですね。
ただ、、、残念ながら好きじゃーなかったんです、この作品。

私がダメだったのは何でだろうなぁ~面白がりながら不快感がずーーーとあったのよ
今回珍しく観に行く前にTV番組などで得た情報があって、『舞台を南アフリカにすることで、アパルトヘイトを彷彿とさせる差別問題を揶揄している―』とか、『エイリアンと人間の友情に感動する―』とかいう先入観を持っちゃったからかなぁ~
だって、、、そんな風に感じなかったんだもの~
 
まず、第9地区で起こっていること―ギャングの横行、MNUの横暴が不自然に思えちゃった。
20年以上地球で暮らしていて、あの扱いはないだろう―と。
個人的には、これは差別云々とはチト違って、恐怖と欲が齎すカオスって感じちゃって、それを必要以上に悪趣味に見せているように思えちゃった~
だって、、、あんなに人間って醜いかなぁ~?
未知のものに出会い、恐怖に慄き武力で訴えるのは分かる。
相手が自分より下と分かると、虫ケラのような扱いをする輩も残念ながらいるだろう。
知的好奇心から、多少良心が痛もうが、実験に明けくれる者だっているだろうし、お金大好きで、儲けに目が眩む者、混乱に乗じて、何かしらの地位を確立しようとする者だって出るだろう。
だけど、、、あんなにエイリアンに対し酷い扱いをして、もしエイリアンが大艦隊で地球に復讐にきたらどうする?って疑問を持つ者だっていていいと思う。
エイリアンのの武器や科学力が強力なら尚更で、、、あんな頭の悪い難民政策する人間ばかりとは思えない。

で、、、エイリアンなんだけど、中心となるエイリアンと他のエイリアンの知能の差が気になったわん。
というか、、、エイリアンに団結力が無さ過ぎ・・・地球から脱出するためエイリアン同士で必死こくとか、人間と交渉するとか出来なかったものかしら?

あと、、、ヴィカスとクリストファー親子(エイリアン)の交流に、、、あんまり友情みたいなものを感じなかったですぅ~
ヴィカスはスッゴク可哀想だったし、エイリアンも頑張ったけど、、、どこか「何やってんの?アナタ達」的な想いが・・・私って冷たいかしら?(汗)

 
それにしても、、、我ながら理屈っぽ~い

こんなへ理屈こねてたら、楽しむことなんて出来やしないですよね、あはは、、、(笑ってごまかす・汗)
やっぱり私には合わない映画だったようです。

 
さて、開き直って言うと、この映画に子どもが興味を持ったので、観せに連れて行こうと思ったんだけど、止めておいて良かった―って思っちゃった。
エイリアンと差別と紛争の入り乱れた映画なんだろうけど、これを観せるんだったら、『プレデター』や『ホテル・ルワンダ』『ハート・ロッカー』の方を観せたい―そんな風にママとしては思った次第です。
SFだからこれでいいんだろうけど、社会派SFっていうには薄いかなって思ったもので・ああ~自爆
 
最後に、ヴィカスを演じた方ですが、TV情報によると、本当は本作のディレクターを務めるつもりが大抜擢されて主役になったそうで、、、セリフも全てアドリブだそうで、、、凄く良かったですね。
かなり迫真の演技だったんじゃーないかなぁ~
脚本に指示だけ書かれていて、あんなにセリフがスラスラ出てくるなんて、、、政治家になれる!って思っちゃった・またまた自爆  (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (46)   Trackbacks (109)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シャッター・アイランド | TOP | アリス・イン・ワンダーランド »
最近の画像もっと見る

46 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
それでも3点!w (rose_chocolat)
2010-04-13 17:52:30
由香さんお優しいじゃないですかぁ~。
自分は何の情報も得ずに鑑賞しましたけど、いっぱい矛盾点があり過ぎて、ちょっとねー。

>中心となるエイリアンと他のエイリアンの知能の差
これは本当に感じました。
他があれだけ粗暴に描かれているのに、主人公近くのエイリアンだけやたらインテリジェント。
エイリアンの方が強いんだから、とっくに人間滅ぼしちゃっててもおかしくなかったのに、そうじゃないことの理由付けがどうにも弱い。
個人的にはどうにも理解しがたい作品でした。
うわー、由香さん遠い・・・ (ノルウェーまだ~む)
2010-04-13 18:58:47
由香さん、こんにちは~♪
この映画苦手な方が何人かはいらっしゃるみたいね…
私は大好き!!
英語鑑賞だったせいか、矛盾点にも気付かず…(笑)
まあ、SFで矛盾のないものなんて無いと思うし、そこは人間の醜さをクローズアップするための映画だったわけで、こんなもんかな…って。
「プレデター」は確かに名作だよね~大好き!
なるほど~。 (にゃむばなな)
2010-04-13 22:20:26
あのエイリアンの風貌とか映像がダメな方もいらっしゃるでしょうね。

でも私はこの映画で描かれているエイリアンへの差別は南アフリカで白人が黒人に行っていた差別をそのまま描いたものだと思いました。

アパルトヘイトは20年以上続いた制度でしたし、人間の差別ってなものは想像以上に恐ろしいと思いますよ。
Unknown (りら)
2010-04-13 23:18:02
由香さんはダメでしたか~。
結構、好き嫌い分かれる作品ですもんね。ツッコミどころも結構あったし
でも、勢いがあったのでみてるうちに気にならなくなりました。
最後はちょっと切なかったですね。
私も (KLY)
2010-04-13 23:21:40
エイリアンの外見はダメです。ヴィカスが変わっていく過程が「ザ・フライ」を思い出しちゃいまして、あれ系は生理的に好きになれないです。だから友情は感じたけどでもね。。。(苦笑)
ただ、このアイディアの秀逸さに驚嘆しました。上手いなぁって。作品的には変化球かなと思うんです。この監督の直球が見てみたいです。
賢いエビちゃんも (PPK)
2010-04-14 06:28:06
「エビちゃん」の世界には階級があって、
蜂で言えば働き蜂だけが残った状態で発見され
頭良男ちゃんグループが亡くなっていたために
帰れなくなったって話だったかと思います。

だから生き残っていたあのクラスが
故郷へ戻ったら報復が・・・
「そして2nd」みたいなノリでしょうな。
人類危うし、Oh~怖!
コメありがとです。 (mig)
2010-04-14 09:36:10
おはようございます。
由香さんダメだったんですね~。
どんな映画もそうだけど、
これはニガテな人ももちろんいるでしょうね
矛盾点というか、つっこみどころが気にならなくなっちゃうほど面白く惹き込まれちゃった!こういうの、大好き~
理屈っぽい解説ではワタシが一番でしょうね(≧∀≦) (よろ川長TOM)
2010-04-14 17:58:15
思うに、マスコミを通じての映画評は営利目的の宣伝ですので、観た人が好みに合わなかろうが門外漢であろうが褒めないといけないから、ちゃんと内容を把握してないままに思い込みで宣伝文句書いてる場合が多いように思います。しいて褒めるならこれはビジュアル系SF。

そもそもこの作品は毒だけでできてます。社会に対する皮肉、既製の似た設定のSFに対する揶揄を野心でくるんで作ってあるので、ナイーブな人にはそれだけでも不愉快の元になってる。
友情どころか主人公は助かりたい一心であの異星人を利用してるだけですし、異星人は何も考えてない(友情はもちろん親子の情や復讐心さえない)から、それも観ていて気分が悪くなる要因。
つまり偽善を描いている。これもこの映画の毒のひとつ。兵士もテレビも自分のことしか考えてないんですよ。愛情らしきものと言えば主人公を心配する奥さんくらいでしょうね。

仇敵の異星人同士との友情を描いてるのは『第5惑星』くらいです。これは由香さんのお気に召すと思いますよ、てかオススメCinemaです。
ギャグだと思ったんですけど。 (tamacat)
2010-04-14 19:55:22
由香さんこんばんは。TBありがとうございます。

僕はこれ、なんの予備知識もなく観に行って、最初ギャグだと思ってたんですよ。ヴィカスが感染したあたりから真面目になったけど、それまではずっと爆笑してましたね。
でも色んな人のブログ読んでると、この映画で爆笑したって人は僕だけみたいで、「あれ、オレおかしいのかな……?」なんて。
まあ、僕の感想が人とズレるのはいつものことですけど。
ダメだった? (マリー)
2010-04-14 20:25:45
こんばんは~~♪

あまりの展開に、なんにも考える余裕もなく観てました~。
一番考えたのが、あの奥さん愛する旦那さまよりやっぱり父の言うこと信じるの~?
血の繋がりって強い・・・。。。なんてこと。
まぁ最終的には信じたのかな?
だったらいいな。なんて乙女ちっくすぎ?(笑)

最後の方、不覚にも涙が・・・
この映画で胸きゅんするとは!ってカンジです。
でもやっぱり映画にはイケメンが欲しいよね~~~(最後はそこか?!)
わーい (たいむ)
2010-04-14 23:54:34
由香さん、こんにちは(^^)
こぞって高評価が多いのですし、不愉快をコメントするのもなんなので、積極的によその感想を見てないのですよー。
なので、由香さんのコメントに飛んできちゃった(笑)

私もズバリ「友情?はぁ?ちゃんちゃらおかしい。利用しているだけじゃん」ってね。最後こそちょっとばかり情がわいた?って感じだけど、そんなくらいでこれまでの所業がチャラになんかできなかったです。

人間の残酷さは重々承知しているつもりだし、自分自身も偏見とか差別とかしていないとは言い切れないって分かってます。映画の演出とかパフォーマンスと分かっていても、やっぱりここまでのイジメは笑えません。もちろん面白がっている方々が、上っ面だけみているとは思ってないですけどー。

よろ川長TOMさんの言葉を借りて言うなら、完璧に毒に中った感じで気持ちが悪かったです。
あ゛あ゛ (yukarin)
2010-04-15 12:41:52
由香さんはダメでしたか~残念。
でも斬新な作品ではありましたよね。
ヴィカスを演じた方はアドリブだったとはビックリです。迫真の演技で素晴らしい~っ
こんにちは! (kenko)
2010-04-16 15:53:11
そっか、由香さんダメだったんですね~
でも☆3つってことはまあまあって感じ?

これはもう好き要素満載で、ベスト入り決定の
お気に入りムービーです
お子さんには確かに毒が強過ぎるかな~
「プレデター」は子供のころ大好きな映画でした。
(今度リメイクがありますね)
それと私も「第5惑星」オススメです♪

ヴィカスを演じた人、アドリブだったんだ!
すごいですね!
rose_chocolatさんへ^-^* (由香)
2010-04-17 18:14:31
こんにちは~♪

rose_chocolatさんもダメだったようですね~これ。
皆さんの評価が物凄く高いので肩身が狭いよね?(笑)

私の点数が3点なのに疑問をお感じになりましたか?(笑)
信じられないかもしれませんが、結構面白いと思ったんですよ。最後までハラハラしたし。
ただ生理的に合わなかったので、ところどころに感じた???点を許せなくなっちゃったの。

知能の差もねぇ~どうもしっくりきませんでした。
知能の高いエイリアンがほとんど死んでしまったにしても、もう少しエイリアン側もやりようがあったのでは?って思っちゃった。
ノルウェーまだ~むさんへ^-^* (由香)
2010-04-17 18:20:10
こんにちは~♪
TB&コメントどうもありがとう^^

あはは(汗)、、、ダメでした~この映画。
色々ブロガーさんのところを回ってみたけど、ほとんどの方が大絶賛なので物凄く焦りましたよ。どこにもコメント出来ないし(涙)

ノルウェーまだ~むさんもお好きなんですね~
ううむ・・・面白い映画だとは思うのよ、私も。ただ好きじゃないだけで。
「いい男だけど、惚れないぜぃ」ってのと同じ感覚かな?(笑)
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2010-04-17 18:24:21
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございます^^
それも、、、かなり辛口感想を書いたのに、コメント頂きスミマセン(汗)

>エイリアンへの差別は南アフリカで白人が黒人に行っていた差別をそのまま描いたものだと思いました。
そうですか~
私も多分そうなのかもしれない―とは思うのですが、、、どう~~~も何だか拒否反応みたいなものがありました、、、残念ながら(涙)
楽しい感想ありがとうございます! (おかゆ)
2010-04-17 19:46:59
変わった感想ですね。うーん、さすが人気ブログだけあって独創的な感想ですね。

前情報なしで見に行ったんですが、始まって5分で「あ、アパルトヘイトの話なのね」って思いました。白人による熾烈で長い人種差別とエイリアン差別を重ねている見事さに感激しました。愚鈍で粗暴なエイリアンという描写も、白人が黒人に抱いている(いた?)イメージそのものだと思います。

アクションもストーリーも見事。笑いもあったし、途中までは打算と利己主義によってエイリアンと行動をともにするヴィカスが、最後はヒューマニズムに目覚めて戦った時は感動しました。


>『舞台を南アメリカにすることで、

判ってると思いますが南アフリカですね。

>だって、、、そんな風に感じなかったんだもの~

うーん、感じられませんでしたか。なんで?

>まず、第9地区で起こっていること―ギャングの横行、MNUの横暴が不自然に思えちゃった。

???ヨハネスブルグのスラムってあんなもん、もしくはもっと酷いイメージなんですがそんなに不自然ですかね。要は地元のギャングと警察の関係なんでしょう。わたしはヨハネスブルグに行ったことはありませんが、世の中には日本人が理解できない世界もあるのかと。NHKで見ましたが、南アフリカで商売をする架橋は要塞みたいな街を作り、門にはマシンガンを持った傭兵を配置してましたよ。なのでかなりイメージ通りのヨハネスブルグでした。

>20年以上地球で暮らしていて、あの扱いはないだろう―と。

最初は丁重に扱ってたけどあっという間に持て余した、みたいな描写があったように思います。記憶違いでしょうか。

>だって、、、あんなに人間って醜いかなぁ~?

幸せな人生だったんですね。良いことです。もっと世界史(特に近代史)や世界のニュースを見た方がよろしいかと思います。BSで放送してる海外ドキュメンタリーなんかおすすめ。

>エイリアンのの武器や科学力が強力なら尚更で、、、あんな頭の悪い難民政策する人間ばかりとは思えない。

全世界から頭の悪い政策と思われたアパルトヘイトを続けてきた南アフリカ出身の監督ならではの映画と思いました。1994年に撤廃されるまで続いてたんですよ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%98%E3%82%A4%E3%83%88


>で、、、エイリアンなんだけど、中心となるエイリアンと他のエイリアンの知能の差が気になったわん。

作中でも説明されてますが、あれはほとんど働き蟻ですね。統率者がすべて死んでしまった(実際はクリストファーが生きてたけど)ために有象無象の集団になってしまったのだと思われます。

作中に出てくる唯一の統率者がクリストファーで、彼は20年掛けてエネルギーを集めてたと、そういう事だと理解しました。統率者なら働き蟻を統率してクーデーターを!とか考えるかもしれませんが、クリストファーは基本的に平和主義の様ですからなかなか他のストーリーにはならないかと思います。もしかしたらガンジーをイメージしてるのかもしれません。

>あと、、、ヴィカスとクリストファー親子(エイリアン)の交流に、、、あんまり友情みたいなものを感じなかったですぅ~

というかそもそも友情は描かれてないですよね。テレビでそういってましたか?ヴィカスがクリストファーに抱いているのは打算ですね。最後に助けるのはヒューマニズムです。自分が差別される側になって、ようやく理解できたのでしょう。ヴィカスの気迫に感動しました。


ついでだからコメントにも。

>作品的には変化球かなと思うんです。この監督の直球が見てみたいです。

これがこの監督の直球かなと思います。作りたい映画を余計な口出しされず作りきった!という感じがします。変化球ってどんな映画なんだろう。

>そもそもこの作品は毒だけでできてます。

愛やヒューマニズムも描かれていたと思うので毒だけというのは見方に悪意を感じます。

>異星人は何も考えてない(友情はもちろん親子の情や復讐心さえない)から

クリストファーは最初の方で殺された友人の死に落胆していましたし、親子の情も感じました。仲間が実験で解剖されてる様子を見てショックを受けていたり、人間くささすら感じました。統率者層はある程度感情があるかと思います。

>つまり偽善を描いている。

ヴィカスが最後奮闘するのは偽善なんですかね。確かに自分の体を治してもらう為というのもあるでしょうが、それ以上の迫力を感じました。


>ギャグだと思ったんですけど。

ギャグ部分も面白かったですよね!猫缶が好物とか猫缶詐欺とか、治すのに3年かかるとか、何度も吹き出して笑ってしまいました。劇場からも笑いが漏れていたので、そう感じたのはあなただけじゃないと思いますよ!大丈夫!みんなそう感じてますから普通です。


>まぁ最終的には信じたのかな?

奥さんから電話掛けてくるシーンがありましたよね。そこで語られていましたよ。


>そんなくらいでこれまでの所業がチャラになんかできなかったです。

チャラにはなってないですよね。エビで3年過ごして、更に本当に治るかどうか判らない刑ですし。友情ってホントにテレビで言ってたんですかね。友情は描かれてないと思いますが。


>私も多分そうなのかもしれない―とは思うのですが、、、どう~~~も何だか拒否反応みたいなものがありました、、、残念ながら(涙)

他の映画感想もそうですけど、よくわかんないと抽象的な事書きますよね。あはは。



いやー、楽しい感想でした。ありがとうございます。これからも個性的な感想をよろしくお願いいたします。

私は第9地区を面白い映画と思いました。あなたと感想が違うから長々書いた訳じゃないのですが、いろいろ、第9地区以上に突っ込みどころがありすぎて突っ込み待ちのボケに見えたのでつい突っ込んでしまいました。面白くなかったらすみません。
Unknown (おかゆ)
2010-04-17 19:52:53
あ、華僑を架橋って書いちゃった。
中国人のことです
Unknown (おかゆ)
2010-04-17 19:59:49
自己突っ込みすみません。

>もしかしたらガンジーをイメージしてるのかもしれません。

っていうかマンデラさんですね。インビクタス見ると重なって見えます。あれもいい映画だったなー。
Unknown (FREE TIME)
2010-04-18 09:16:19
TBありがとうございます。
面白いと書かれているブロガーさんが多い中で、批判的な意見を書かれていますね。
実は私も作品内に出てくる人間の醜さに、あまり気分良く観る事が出来なかった一人です。
まぁ、インパクトの強い作品であった事は確かです。
感想は百人百様 (ボー)
2010-04-18 09:21:00
いいと思います。
映画に感じる思いは、個人それぞれのものですからね~。

やはり監督が南アフリカ出身だからこその発想で始まった、あんなこんなの設定作りが、抜群にいいです。
ツッコミどころを笑って楽しめるといいのですが、どこかで引っ掛かるとダメかもしれないですね。
りらさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 13:36:30
こんにちは~♪りらさん^^
コメントどうもありがとう!
お返事が大幅に遅れてゴメンネ~

面白かったんだけど、どうも好みじゃなかったんですよ~これ。
皆さんの評価が高いでしょ?少数派意見の私としては肩身が狭いですぅ(笑)

あ!!りらさんのオススメの「ショーン・オブ・ザ・デッド」を観たんですよ♪面白かったですぅ~気に入っちゃった^^
KLYさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 14:09:37
こんにちは~♪
TB&コメントどうもありがとうございます~^^

KLYさんも生理的に受け付けない部分がありましたか?(笑)
私はエイリアンの造形は、まぁ~許せたのですが、ベシャベチャと殺していくあたりなど、、、ちょっと気持ち悪くなりました(泣)

>アイディアの秀逸さに驚嘆しました。上手いなぁって。
そうですよね!アイデアは良かったと思いました!だから辛口感想なんだけど3点なのよ(笑)
PPKさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 15:48:55
こんにちは~♪
コメントありがとうございます^^

そうでしたね~確か頭のいいエイリアンたちが死んじゃった―ってセリフがあった覚えがあります。
それにしてもクリストファー親子と他のエイリアンの知能の差が気になっちゃった(汗)別にそのまま受け入れれば良かったんだけど(笑)、、、

>生き残っていたあのクラスが
故郷へ戻ったら報復が・・・
報復があるかしら?(笑)
評判がいいので続編の可能性もあると思うけど、、、また思いもよらない展開を見せてくれるかもしれませんね!
migさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 15:57:59
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

>矛盾点というか、つっこみどころが気にならなくなっちゃうほど面白く惹き込まれちゃった!
私もそうだと良かったんだけど、、、何故かコチラは色々と不快感がありました~

皆さんの評判がいいですね~
またまた少数派の意見になってしまいました(涙)
よろ川長TOMさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 16:03:48
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^
お返事が遅れて申し訳ありません!

>この作品は毒だけでできてます。社会に対する皮肉、既製の似た設定のSFに対する揶揄を野心でくるんで作ってあるので、ナイーブな人にはそれだけでも不愉快の元になってる。
おお~!!私はナイーブなのでしょうか?(まずそこに反応・笑)
作品は毒だけで出来ている―そうですか~そのせいなのかなぁ~面白いんだけど観ていて不快感のようなものがあったんです。その勧角はまさに感覚でしかないので、うまく言葉に出来ませんが・・・

>『第5惑星』
未見です!!オススメ頂いたので、早速TSUTAYAで探してみます♪
tamacatさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 21:10:52
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^
お返事が遅れてスミマセン!

>最初ギャグだと思ってたんですよ
そうですか~ギャグだと思われたのですね?(笑)
こ・この映画で爆笑した―って話は聞きませんね。人それぞれの感覚ってありますね~
私はイマイチ合いませんでした~これ。
皆さんの評判は高いですね~
年末ベストにも入ってきそうだなぁ・・・
マリーさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 22:09:14
こんばんは~♪
TB&コメントどうもありがとう~^^
それにしても・・・春休みが終わって一安心だったはずなのに、怒涛の忙しさは何だったんだぁ~!!!
DVDも観てないし、本も読んでないし、ブログもあまりやっていない・・・
ええ~い!!これから挽回するぞ~~~(大丈夫か?私?・笑)

さて、映画ですが、、、皆さんが高評価なのに、私ったら辛口感想になっちゃったわ~
例によって感想アップの前に心臓が痛くなった・・・でも嘘の感想は書けないし・・・

イケメンは一人もいなかったね~
そのせいかしら?のれなかったのは?(違う、違う・笑)
ちょっと肌に合わなかったけど、結構面白く観れたのよ~
たいむさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 23:05:23
こんばんは~♪

皆さん高評価ですよね~
ハマれなかった私は、他の方のところにコメントしに行けませんでしたよ(泣)たいむさんもそうだったんですね~
色々見て回りましたが、辛口感想だった方は僅かに3~4人・・・少数派ですよねぇ・・・

>完璧に毒に中った感じで気持ちが悪かったです。
うん、、、気持ち悪かったです。
エイリアンの造形がどうの―ってことではなくて、何だか悪趣味だなぁ~なんて思いがありました。
結構面白かったのですが、好きではない作品だなぁ~
yukarinさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 23:10:35
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

残念ながらダメでした~
面白いとは思ったのですが、好みではなくて(涙)

どうやらアドリブだったようですよ~
TVのインタビューでそう答えていらっしゃいました。
TVでも急に振られた設定で映画のCMをしていました。才能ですよね~
kenkoさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 23:15:05
こんばんは~♪
TB&コメントどうもありがとう^^
お返事が遅れてゴメンネ!

>ベスト入り決定のお気に入りムービーです
kenkoさんはお気に召したようですね~
何度もボーボー燃えながら観たようで(笑)

私は好みではなかったのですが、3点ということで、なかなか楽しめた映画ではありました。
ハラハラしたもの~どうなっちゃうの?!って。

ヴィカス役の方はアドリブだったそうですよ~凄いですよね!
おかゆさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 23:42:27
こんばんは~♪
貴重なご意見をどうもありがとうございました^^

>他の映画感想もそうですけど、よくわかんないと抽象的な事書きますよね。あはは
あれ?バレましたか?(笑)
映画や本で自分が感じたことを上手く言葉にする才能がないくせに感想なんかを書いているので、行き詰って抽象的な表現で誤魔化してばかりおります。いやはやお恥ずかしい・・・
いつも思うのですが、感じたことをそのまま感想として表すのは難しいですよね~
自分の言いたいことと読んで下さる方の受け取り方に微妙なズレを感じることが多々あります。ひとえに私の力不足ですが。

さて、この映画に関してですが、一応退屈することなど一切なく、最後までガッチリと見入りました。
ただ観ている間にどうにもならない不快感があったんです。
その正体を探り切れずにグダグダとクダラナイ感想を書いてしまいました~

>『舞台を南アメリカにすることで、

早速訂正させて頂きました。ご指摘ありがとうございます。

>だって、、、そんな風に感じなかったんだもの~

どうして感じられなかったんでしょうね~私。
う~~~ん、、、上手く言えませんが、人種差別とエイリアン差別を重ね合わせていること自体に不快感があったようで、、、
何だか差別を受けていた人々に失礼なような気がしました。

>幸せな人生だったんですね。良いことです。もっと世界史(特に近代史)や世界のニュースを見た方がよろしいかと思います。BSで放送してる海外ドキュメンタリーなんかおすすめ。

ありがとうございます!幸せな人生を送っているかどうかは分かりませんが(笑)それこそ、「実は私・・・」ってことがあるかもしれません(笑)
一応ニュースなどには目を通しているつもりですが、明らかに勉強不足ですね~お恥ずかしいです。

>で、、、エイリアンなんだけど、中心となるエイリアンと他のエイリアンの知能の差が気になったわん。

>作中に出てくる唯一の統率者がクリストファーで、彼は20年掛けてエネルギーを集めてたと、そういう事だと理解しました。

私も一応そこは分かっていたつもりですし、多分マンデラ氏をイメージして―ってこともあると思っていますが、いかんせん映画に引いちゃってて、、、

>というかそもそも友情は描かれてないですよね。テレビでそういってましたか?ヴィカスがクリストファーに抱いているのは打算ですね。

フジテレビとTBSの番組で、この映画の宣伝をしている時に紹介者がそう言う風に言っていました。多分その方々は友情と理解して観たのでしょうね。

他の方のコメントにも目を通して下さって、どうもありがとうございました。
皆さん色んな視点で映画を楽しんでらっしゃるので、それでいいと思います~♪

今回沢山のご意見を伺いましたが、映画への理解度が低いまま辛口感想を書いた私に、温かなお言葉を頂き恐縮しております。
今後もトンチンカンなことを堂々と書いてしまうと思いますが、、、どうぞ宜しく~♪
FREE TIMEさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 23:45:18
こんばんは~♪
TB&コメントどうもありがとうございました^^

FREE TIMEさんも私と同じような感想を持たれたようですね~

インパクトのある作品でしたし、最後まで飽きずに観ましたが、ちょっと不快感がありましたね~

もうそれは好き嫌いの問題なので仕方ないですが・・・
ボーさんへ^-^* (由香)
2010-04-19 23:49:33
こんばんは~♪
TB&コメントどうもありがとうございました^^

>ツッコミどころを笑って楽しめるといいのですが、どこかで引っ掛かるとダメかもしれないですね
これが、、、どのツボでツッコミどころがOKになり、どのツボでダメになるのか、、、未だに自分でも分からないんですぅ~
まぁ~その時の気分ってのもありますよね(笑)
今回受け付けなかったけど、次回観たら好きになっちゃうかもしれないし(笑)

ボーさんは結構面白く観れたようですね~

『シャッター・アイランド』は観ないんですか?原作を読んでいても楽しめちゃうかもしれませんよ~私はそうでした。
こんにちはー (hito)
2010-04-21 10:31:31
由香さんはダメだったようですねー
私は好きなジャンルじゃないのですが、結構楽しく惹き付けられて見ちゃいました。

とはいっても色々気になる点は多かったですね。

あれだけの知能を持ったクリストファーなのにどうして最初の時点で母艦動かせなかったのかなーって疑問で。
栄養失調だったから?
攻撃的だったりもするくせに弱弱しすぎるのも気になって・・

馬鹿馬鹿しいんだけど結構リアルで、実際人間こういう対応とるかも・・・と思えました。


hitoさんへ^-^* (由香)
2010-04-22 22:58:10
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

hitoさんは惹きつけられて鑑賞されましたか~
私も一応惹きつけられました!!ちょっと好みではなかったのですが(汗)、やっぱり斬新で面白さのある映画でしたよね~

ツッコミどころは気になっちゃうところですが(笑)、そんなに違和感なく観れましたよね~とか言いながら辛口感想の私だったんだ(汗)結局好みじゃないと後から文句が噴き出しちゃうんだわ~
社会派? (ともや)
2010-04-24 17:41:02
こんにちは、由香さん♪
多分なんですけど、この監督はSFを通して難民問題を語ろうなんて気はこれっぽっちもないと思いますよww。
インタビュー記事で読みましたけど、監督は「アップルシード」や「攻殻機動隊」の士郎正宗のファンみたいですからね~♪
ああいう世界観が大好きなんですよ。

でも映画ってそういう細かい部分が引っかかっちゃうとダメですよね~。
たまには伊勢海老とか食べたいですよね (SGA屋伍一)
2010-04-26 20:13:40
由香さんこんばんは。わたしはこの映画大好きですが、こんなにも評判がいいことに首をひねっております
だってエビと人間の友情物語ですからねえ。感動しかけるものの、寸前で涙がひっこんでしまうようなところはありました

個人的にはプラカードもって「エイリアンたちにも人権を!」とデモってる団体がいるあたりに笑っちゃいました。あー、いかにもいそう、こういう人たち、みたいな

南ア政府はエイリアンを隔離するのではなくて、第9地区に広大なテーマパークとかこしらえてしまえばいいのにねえ。きっと世界中から物好きがやってくると思うんですけど
ともやさんへ^-^* (由香)
2010-04-26 23:18:10
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>この監督はSFを通して難民問題を語ろうなんて気はこれっぽっちもないと思いますよww。
監督は「アップルシード」や「攻殻機動隊」の士郎正宗のファンみたいですからね~♪
おお~!!そうですか~
私が下手に構えて観たのがいけなかったのかしら?どうもピンとこなかったというか、ちっとも好みではなかったんですよ~
きっと「アップルシード」とか「攻殻機動隊」を知らないってのもイケナイんでしょうね~
リアル (de-nory)
2010-05-05 17:30:29
由香さん。こんにちは。

残念な結果に終わった作品のようですね。
私は、斬新さにすっかり見入ってしまいました。
SFとはいえなんともいえないリアルさが、すごく面白かったと思ってます。

アバターと一緒で人類側が優位に立っている設定もまたリアルでしたね。

SGA屋伍一さんへ^-^* (由香)
2010-05-07 00:00:23
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^
お返事が大幅に遅れて申し訳ありません!

>南ア政府はエイリアンを隔離するのではなくて、第9地区に広大なテーマパークとかこしらえてしまえばいいのにねえ
あはは、、、何だか汚そうなテーマパークになりそうですねぇ~(あれ?差別かしら?私の発言・汗)

この映画、SGA屋伍一さんは好きだろうなぁ~って思います。
で、、、世間で物凄く高評価で、アカデミー賞作品賞にもノミネートされて、、、ってのはチョイ疑問(笑)
私も一応面白く観れたんですよ~言い訳がましいけど。ただ生理的にね~苦手だったんですぅ~
de-noryさんへ^-^* (由香)
2010-05-07 00:02:35
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

はい~残念ながらどうも好きになれない作品でした(泣)
リアルな感じはあったし、斬新だったし、見所はいっぱいあったのですが、、、

この映画でもアバターと同じく人間の醜さが描かれていましたね~嫌な奴ばかりで腹が立ちますよね~
こんにちは (ディープインパクト)
2010-09-30 19:10:35
 由香さん、こんにちは。由香さんはあんまりお気に召さなかったみたいですけれど、僕は面白かったです。
 僕が推測するには、由香さんには人間が醜く、そして逆に醜悪だと思っていたエイリアンが人間らしくなっていくところに違和感があったのではないでしょうか?
 感覚的に嫌いというのわかります。ちなみに僕も殆どのミュージカルの名作は嫌いですからね
ディープインパクトさんへ^-^* (由香)
2010-10-04 09:45:31
こんにちは~♫
TB&コメントありがとうございました^^

ディープインパクトさんは面白かったですか~
私はダメでした・・・これ(泣)
実はDVDを借りて再度挑戦したんです。
で、、、面白く見せてはくれる映画だとは思うのですが、やっぱり“えげつなさ”みたいなものが苦手で・・・

ミュージカルがダメなんですか?
私も以前はそうだったのですが、最近は結構好きになってきました♫
風変わりだけど好きです (メビウス)
2010-11-14 21:15:23
由香さんこんばんわ♪こちらにもお邪魔します。

エクスペンダブルズに続いて由香さん的に『う~ん・・』な作品だったみたいですが、自分は好きになれました。アパルトヘイト云々や色んな社会問題も揶揄していた風変わりな作品ではありましたけど、SFなとこはあんまりズレてなかったように思えてしまい、後半のロボットアクションなどに凄い興奮していた男の子がここに1人いたりします・・(笑


ヴィカスとクリストファーは友情と言うよりも利害の一致という感じで行動を共にしていただけですもんね。ヴィカスなんて自分勝手な意見ばっかり言ってましたし・・^^;
最後は一体どうなってしまったんでしょうね~?3年後にちゃんとクリストファーが来るのか心配です(汗
メビウスさんへ^-^* (由香)
2010-12-05 21:53:43
こんばんは~♪
ゴメンナサイ~お返事が遅れて(汗)

メビウスさんもお気に召しましたか?この映画。
結構評判が良かったんですよね~これ。
辛口感想の私は少数派でした。
・・・という事で、DVDで再見したんですよ。
そうしたら面白いのよ、やっぱり。で、、、やっぱり生理的に合わないのよ(笑)

3年後にどうなるんでしょうね~
続編を作ったら、どういう続きになるんだろう?

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

109 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「第9地区」 (日々“是”精進!)
 「第9地区」を鑑賞してきました南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロンカンプ監督が、ピーター・ジャクソンの全面バックアップで長編デビューを飾り全米でサプライズ大ヒットを記録するとともに、その独創的なストーリーが絶賛されたSFアクション。巨大な宇宙船が漂着し...
第9地区◆DISTRICT 9 (銅版画制作の日々)
 さて第9地区って? 南アフリカヨハネスブルグにある架空の難民キャンプの名称だそうです。そしてこの場所に収容されているのは、何と人間ではなくエイリアンでした!! MOVX京都にて鑑賞。あの「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の世界的成功で、ハリウッドで最も注...
第9地区 (だめ男のだめ日記)
「第9地区」監督ニール・ブロンカンプ出演*シャールト・コプリー(ヴィカス)*デヴィッド・ジェームズ[俳優](クーバス大佐)*ジェイソン・コープ(クリストファー・ジョンソン)*ヴァネッサ・ハイウッド(タニア)内容ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の....
[映画『第9地区』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆母親が暇そうだったので、一緒に観に行ったのだが、70歳近い母親なれど、かなり夢中で観ていました。  私も、「こりゃ、傑作だなあ^^」などと思いつつ、興味深く見た。  この作品の魅力は何なんだろう?  先ずは、ヨハネスブルグと言う、作り手の通(つう)な...
映画感想『第9地区』 面白いですね (レベル999のマニアな講義)
内容1982年。突如、南アフリカ・ヨハネスブルク上空に“宇宙船”が姿を現した。その瞬間“地球人”となった人間たちは、彼ら“異星人”の次の行動を待った。侵略なのか?それとも。。。。。友好関係を築こうとしているのか?だが、、、、何も起こらず。仕方なく南アフ...
第9地区 (そーれりぽーと)
低予算SFカルト映画がアカデミー賞にノミネートされたとかなんとかテキトーに耳にして、興味深い設定も随分前から気になってた『第9地区』が公開されたので観てきました。 ★★★★ どこが低予算なの?と完璧な作りの映像に驚いて観てたら俺の勘違い。 「無名監督と無名...
第9地区・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
映画史の中では、過去にもの凄い数のエイリアンたちが地球にやって来ている。 彼らの来訪の目的は、侵略だったり、科学調査だったり、あるい...
「第9地区」 原題(District 9)これぞリアル (ノルウェー暮らし・イン・London)
リアルを追求するなら、CGも3Dも必要ない。 これぞリアル!と呼ぶべき、低予算ドキュメンタリー風SF。(勿論CGをつかっているけど) これは面白いったら☆
第9地区 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
今までのSF映画と違い、ドキュメンタリータッチのリアルな映像と全く新しい物語が新鮮だ。ヨハネスブルグ上空に飛来した巨大宇宙船は動けなくなり、宇宙人を難民として受け入れる。全く違う文明が交錯すると、当然ながら摩擦が起きる。その衝突の様子をかつての人種差別の...
映画「第9地区」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『第9地区』を本日午後観て来た。客席は80人程度でかなりの人気とみた。 採点は★★★★☆(5点満点で4点)。85点くらい付けても良い。 ざっくりストーリー 南アフリカのとある都市の上空に20年以上不気味に浮かぶ宇宙船。そこから降りてきたエイリアンたちは難...
第9地区 / District 9 (勝手に映画評)
舞台は、今年ワールドカップサッカーが開催される南アフリカ共和国のヨハネスブルグ。突如姿を表した異星人の乗る宇宙船。宇宙船は、一向に立ち去る気配を見せず、宇宙船に乗っていた異星人達は、「難民」として“第9地区”に隔離・収容される。そしてそれから28年後、ス...
『第9地区』 ('10初鑑賞53・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 4月10日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:55の回を鑑賞。
第9地区/シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ (カノンな日々)
劇場予告編の映像からは全くそんな風には思いませんでしたけど、これってローバジェットの作品なんだそうですね。といってもいったいいくらからがハイバジェットになるのかよくわからないんですけど、先日のアカデミー賞でもノミネートされてたこともあって期待の話題作と...
『第9地区』 (ラムの大通り)
----これって、どういう映画ニャの? 2009年、世界を最も驚かせた映画と言われているようだけど…。 「そうだね。キャストはノーネーム、 監督は新人、舞台は南アフリカ…と、 ヒットの要素はまるでないのに、初登場?1を記録。 しかもオスカーレースでは、 作品賞を含む...
『第9地区』・・・3年後の約束 (SOARのパストラーレ♪)
コイツは参った。今年のアカデミー賞ノミネートの中にこんな傑作が紛れていたとは! (ノミネート作品すべてを観ないうちに言うのもなんだが)少なくとも作品賞争いは『アバター』と『ハート・ロッカー』の一騎打ちなどではなく、本作『第9地区』を含めた三つ巴の様相を...
『第9地区』 (めでぃあみっくす)
予想通りにはいかない展開の連続。大筋ではセオリー通りの展開なのに、転換点は全て観客の予想を裏切るというこの脚本の巧さに思わず唸ってしまう映画でした。 あえてアメリカではなく南アフリカを舞台にすることで、人間のエイリアンに対する差別をアパルトヘイトとリン...
「第9地区」 自覚がない差別 (はらやんの映画徒然草)
南アフリカの都市ヨハネスブルグに、巨大UFOとともにエイリアンが現れてから20年
第9地区 (小部屋日記)
DISTRICT 9(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームズ 人類、立入禁止。 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソンが製作、全米でサプライズ大ヒットを記録。 ドキュメンタ...
第9地区 (りらの感想日記♪)
【第9地区】 ★★★★★ 映画(祭) (18)ストーリー 巨大な宇宙船が漂着し、難民となった異星人を隔離するための収容キャンプを抱えることに
第9地区 (りらの感想日記♪)
【第9地区】 ★★★★★ 映画(祭) (18)ストーリー 巨大な宇宙船が漂着し、難民となった異星人を隔離するための収容キャンプを抱えることに
映画レビュー「第9地区」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆社会性と娯楽性をブレンドした斬新なSF。ジャンルの垣根を越えた展開は先読みできない面白さだ。 【80点】 南アフリカ共和国のヨハネスブルグ上空に、突如巨大な宇宙船が現われる。船内には難民と化した無数のエイリアンがいた。困った南...
映画「第9地区」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 毎月10日は109シネマズの“109シネマズの日”で鑑賞料金が¥1000だ、と言うことで初日を迎えた「第9地区」を上映するシアター1は最前列以外満席である。    映画の話 ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空...
第9地区 (だらだら無気力ブログ)
宇宙船が故障したために、地球に漂着し難民として特別居住区に生活する ことになったエイリアン達が地域住民との間に軋轢が生まれたために、 新たな居住区に移動させることになり、その担当者となった男の身に起こる 出来事をドキュメンタリータッチで描く。 監督は、こ...
第9地区 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】 『クローバーフィールド』『トランスフォーマー』『ターミネーター4』
奇抜な話をこれ以上ないリアリティで映像化した前代未聞の映画「第9地区」 (てんシネ探検隊)
実にパワフルで面白い映画でした。 予告編で観た印象は、シリアスな映像のコメディ映
「第9地区」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「第9地区」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド、他 *監督:ニール・ブロンカンプ *プロデューサー:ピーター・ジャクソン 感想・評価・批評 ...
第9地区 (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す。攻撃もしてこない彼らと人...
第9地区 (描きたいアレコレ・やや甘口)
こんなの描いたの ↓ 初めて (  ゜ ▽ ゜ ;) 南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年製作の自作短編「Alive in Joburg」を長編と...
第9地区 / District 9 (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 同じアカデミー賞作品賞ノミニーだったら「アバター」、「ハート・ロッカー」よりもわたしは断然こっち{/atten/} あ、「プレシャス」もお忘れなく{/fuki_osusu...
第9地区 超予測不可能な展開で・・・( ̄O ̄;) ウォッ! (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=16 -6-】 昨日はガンバ大阪の今期ホーム初勝利が懸かったACL4戦目、グループリーグ最下位のシンガポール・SAFFCを迎えての試合を見に行く予定だったが、かなり気になっていた映画の試写会に当選してしまったので、「ま、俺が応援に行かなくても今日は圧勝だ...
ニール・ブロムカンプ監督 「第9地区」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
この映画の監督、ニール・ブロムカンプは今作が初の長編映画デビューとなる無名の監督 出演者も有名な人はひとりも出てません。 ただプロデューサーが「ロード・オブ・ザ・リング」3部作や「キング・コング」で有名なピーター・ジャクソン監督って事と… アカデミー賞...
「第9地区」こんな映画、見たことない! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2010年3月22日21:01 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  これは、今までに吾輩が見たことのない類の映画でございました。「第9地区」(ギャガ GAGA★)。いやあ、ホントにこれは衝撃的な映画ですね。  南アフリカ、ヨハネ...
『第9地区(District 9)』あえてパクった!?新時代のリアル系SF (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
お話は読めるの。もう、だいたい最初の印象のままの映画。ましてSF映画がお好きな方なら、あ、これあの映画…って感じで。ところがアプローチの仕方が巧い。これはSFがお好きなら観ておいた方がよろしいと思いますよ。
第9地区 (LOVE Cinemas 調布)
2010年アカデミー賞作品賞ノミネート作品。エイリアンが難民として受け入れられるという斬新なアイディアを元に、主人公を襲うとある事件を通してエイリアンと人間の関係を描き出したSFムービーだ。プロデューサーを『ロード・オブ・ザ・リング』のピーター・ジャク...
映画『第9地区』 (闘争と逃走の道程)
 この前に観た『シャーロック・ホームズ』はTOHOシネマズだったけれど、ワーナーマイカルシネマズの無料観賞ポイントも貯まっていたので、今...
第9地区 (purebreath★マリーの映画館)
     南アフリカ上空に突如現れた、正体不明の宇宙船。      “彼ら”が難民として降り立った「第9地区」で、一体何が起きたのか。『第9地区』監督・脚本・・・ニール・ブロンカンプ脚本・・・テリー・タッチェル製作・・・ピーター・ジャクソン出演・・・シ...
「第9地区」:日本ユニシス前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}こんなところに廃墟のような鉄橋が残ってるのね。 {/kaeru_en4/}時間がたてば何だって廃墟のようになるっていうことさ。 {/hiyo_en2/}難民宇宙人のための居住区が28年経ってスラム化しちゃったようにね。 {/kaeru_en4/}「第9地区」のことか。 {/hiyo_en2/...
第9地区 (Diarydiary! )
《第9地区》 2009年 アメリカ/ニュージーランド映画 - 原題 -DISTR
「第9地区」みた。 (たいむのひとりごと)
初めて予告を見た時は、そっち系の話なのねと笑ってしまったし、造形のあまりの虫っぽさには「エイリアン=虫」の構図が浮かんでありきたり感を持ったものだけど、こんなにおぞましい話だったなんてね。正直なところ
映画:第9地区 District 9 あまりに桁外れの「異様さ」に目が釘付け! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
機内映画その3、第9地区 District 9です。 年末にみて、あまりのインパクトに、昨年の極私的映画ベスト10に一気に食い込んだ。 さてそのインパクトとは..... ドキュメンタリー調で、この映画ははじまる。 そしてわかる、数あるSFの中でも、桁外れの「異様さ」 宇宙...
第9地区 District 9 (映画!That' s Entertainment)
●「第9地区 District 9」 2009 アメリカ・ニュージーランド、Warner Bros.Pictures,TriStar Pictures,111min. 監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・    ハイウッド、ナタリー・...
第9地区 (Akira's VOICE)
美味しさ70点の天丼定食。  
第9地区 (映画鑑賞★日記・・・)
【DISTRICT 9】 2010/04/10公開 アメリカ PG12 111分監督:ニール・ブロンカンプ出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド人類、立入禁止。Story:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が...
映画「第9地区」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/4/10、公開初日。 ユナイテッドシネマ豊洲。 3月末に近い休みの日に来たときは超満員でチケットを買う気すら起こらなかったので、 相当混み具合を心配したが、意外や大したことはなかった。 早目、といっても11時前くらいだが、時間帯がよかったのかもしれない。...
第9地区 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
翔んでるシチュエーションが最高!
『第9地区』:ごった煮感覚の超B級SF快作・怪作 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
米アカデミー作品賞にもノミネートされたこの映画、突拍子もない設定なのに、あれよあれよと観てしまう。 ツッコミどころ満載なんだけれど。 (事実、心の中でツッコンだところは●印付き)
第9地区 (You got a movie)
監督   ニール・ブロムカンプ 製作   ピーター・ジャクソン キャスト シャルト・コプリー      デヴィッド・ジェームズ 南アフリカ、ヨハネスブルグ上空に舞い降りた巨大な宇宙船、その中には痩せ細った宇宙人が大勢生き残っていて、人々は彼らを「第九地...
第9地区 (You got a movie)
監督   ニール・ブロムカンプ 製作   ピーター・ジャクソン キャスト シャルト・コプリー      デヴィッド・ジェームズ 南アフリカ、ヨハネスブルグ上空に舞い降りた巨大な宇宙船、その中には痩せ細った宇宙人が大勢生き残っていて、人々は彼らを「第九地...
★「第9地区」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、久しぶりにシネコンに行った気がする。 ららぽーと横浜で、話題作2本を鑑賞。 その1本目。
第9地区 (映画通信みるみる)
もし、エイリアンが、難民だったら…… 南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年製作の自作短編「Alive in Joburg」を長編とし...
第9地区 (C note)
ピーター・ジャクソンが全面バックアップとはいえ、有名俳優はひとりも出てない、新人
第9地区☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ドキュメンタリーはよく寝ちゃうんだけど(ぉぃ)ドキュメンタリー風味で始まるこの作品は大丈夫♪エイリアンの侵略は、ありがちなんだけど今回はなんとエイリアン難民って設定にびっくり(笑)20年前にヨハネスブルグに出現したエイリアンの母船宇宙船が動かなくなっちゃ...
映画「第9地区」 (FREE TIME)
映画「第9地区」を鑑賞。
第9地区 (心のままに映画の風景)
南アフリカ・ヨハネスブルグ。 上空に巨大宇宙船が現われ、正体不明のエイリアンを難民として受入れることになった共同居住区“第9地区”は...
第9地区 (Memoirs_of_dai)
エビちゃんというよりゴキちゃん 【Story】 ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎の宇宙船が、突如南アフリカ上空に姿を現す…...
第9地区 【差別とは 理解できない 恐怖感】 (猫の毛玉 映画館)
『第9地区』 DISTRICT 9 2009年・アメリカ=ニュージーランド 南アフリカ出身のニール・ブロムカンプ監督初の長編映画。宇宙人難民もの。  ピ...
「第9地区」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                   「第9地区」 新宿ピカデリーにて。 プロデューサー・ピーター・ジャクソン 監督・ニール・ブロムカンプ アカデミー賞をも賑わしたこの話題作をやっと観て参りました。 これほど惹きつけられたS...
■映画『第9地区』 (Viva La Vida!)
映画『第9地区』は、南アフリカに宇宙難民として暮らすエビ型宇宙人と、彼らを違う地区に移住させる業務の責任者となった男の物語です。 “身勝手で、自身の利益しか考えない人類 VS 何もできない被征服者としての宇宙人”という構図は、映画『アバター』にも通じるも...
「第9地区」 (或る日の出来事)
南アフリカ出身の監督による映画? なるほど、ハリウッド臭が少なくて、刺激的で、とても面白い娯楽作品。 カルト的な名作として残るかもし...
第9地区 (to Heart)
人類、立入禁止。 原題 DISTRICT 9 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ/ニュージーランド 上映時間 111分 映倫 PG12 脚本 ニール・ブロンカンプ/テリー・タッチェル 監督 ニール・ブロンカンプ 出演 シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームズ/ジェイソン...
映画を観た~第9地区~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
第9地区 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
*第9地区* (Cartouche)
[[attached(0,class=popup_img_500_282 width=380 height=214)]]      ***STORY***                            2009年  アメリカ 南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に突如現れた巨大な宇宙船。船内の宇宙人たちは船...
第9地区 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[第9地区] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年29本目(28作品)です。 【あらすじ】 ある日、巨大な宇宙船が南アフリカのヨハネスブルク上空に出現。 南アフリカ政府は船内のエイリアンを難民として受け入れ、“第...
第9地区 (~映画盛り沢山~)
監督:ニール・ブロムカンプ  製作:ピーター・ジャクソン/キャロリン・カニンガム  脚本:ニール・ブロムカンプ/テリー・タッチェル  撮影:トレント・オバロッチ  編集:ジュリアン・クラーク 出演:シャールト・コプリー/デヴィッド・ジェームス/ジェイソン・...
第9地区 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
今から28年前、正体不明の巨大宇宙船が突如、南アフリカ共和国の首都ヨハネスブルグに、突然巨大な宇宙船が飛来してきた。 それは上空に浮かんだまま微動だにせず、何が起きるのか心配していた政府もしびれを切らして、ついにヘリコプターで偵察隊を派遣。 船内に浸...
「第9地区」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
宇宙人を少数民族に置き換えれば重厚な社会派ドラマが見えて来る。それをラストでSFのドンパチに逃がして各方面へのエクスキューズにしてあるのが上手い。それでも心に重く残るも...
第9地区/District9 (いい加減社長の映画日記)
こちらは、1週間前の土曜日のレイトショーで。 パスしようかとも思ってたんだけど、アカデミー賞にノミネートされたということで、「第9地区」を鑑賞。「UCとしまえん」は、レイトショーの時間にしては多めかな。 「第9地区」は、大きめのスクリーンで、4~5割。 ...
第9地区 (シネマ日記)
なんじゃあ、この映画ぁ?いや、これね、ピータージャクソンが製作の無名監督(ニールブロンカンプ)の作品で「なんじゃあ、この映画ぁ」な映画だってことだけを知ってたんで、作品の内容はまったく見ないようにして行ったんですよ。絶対そのほうが面白いだろうと思って。...
「第9地区」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 突如、南アフリカ上空に飛来した巨大宇宙船。中から現れたのは、高度な科学力を持つも、栄養失調と不衛生な環境で衰弱しきった、数万人のエイリアン達だった。 それから約20年...
【第9地区】 (日々のつぶやき)
監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ    人類、立入禁止。 「南アフリカのヨハネスブルグ上空に現れそこに留まったままの宇宙船。 船の中の弱ったエイリアンたちを政府は第9地区に仮設住宅を作...
第9地区 (悠雅的生活)
ヨハネスブルグ。隔離されたエイリアン。そしてその時・・・
エイリアン父子に感情移入 「第9地区」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
ヨハネスブルグ上空に20年前に現れた宇宙船には大量のエイリアンがいた。彼らは難民として地球で人間と共存し始め、だがその居住区域は第9地...
『第9地区』... ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、ニール・ブロムカンプ監督、ピーター・ジャクソン製作、シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ出演。
第9地区 (風に吹かれて)
我 三年君を待つ公式サイト http://d-9.gaga.ne.jp製作: ピーター・ジャクソン南アフリカのヨハネスブルグに、突如巨大な宇宙船が現れたが、止まったまま動かない。宇宙船が故障し、船内の
『第9地区』:ごった煮感覚の超B級SF快作・怪作 @ロードショウ・シネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
米アカデミー作品賞にもノミネートされたこの映画、突拍子もない設定なのに、あれよあれよと観てしまう。 ツッコミどころ満載なんだけれど。 (事実、心の中でツッコンだところは●印付き)
第9地区 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:DISTRICT 9) 【2009年・アメリカ/ニュージーランド】試写で鑑賞(★★★★★) ロサンゼルス映画批評家協会賞、新人賞(ニール・ブロンカンプ)・美術賞受賞。 ブロードキャスト批評家協会賞、メイキャップ賞受賞。 シカゴ映画批評家協会賞、有望監督賞(ニー...
第9地区 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
第9地区'09:米◆原題:DISTRICT 9◆監督・脚本:ニール・ブロムカンプ◆出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コーブ◆STORY◆南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に突如現れた巨大な宇宙船。船内の宇宙人たちは船の故障によって弱り果て、難民と化し...
「第9地区」 (古今東西座)
僕のような1960年代生まれの世代は、子供の頃から多くのSF作品を観たり読んだりしてきていると思う。怪獣が出てくるから「そう」とは思われないが、『ウルトラ』シリーズだって立派なSFで、秀逸なアイディアの作品が数多くあった。そんなSFの洗礼を受けてきた者にとっては...
第9地区 (Movies 1-800)
District 9 (2009年) 監督:ニール・ブロンカンプ 出演:シャールト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ヴァネッサ・ハイウッド、ジェイソン・コープ 20年以上前に飛来して以来、南アフリカ:ヨハネスブルグのスラム街の一角(通称:第9地区)に隔離されているエイリ...
ザ・エビフライ ニール・ブロムカンプ 『第9地区』 (SGA屋物語紹介所)
南アフリカはヨハネスブルグに突然現れた巨大宇宙船。故障のため、その中に住んでいた
「第9地区」 (てんびんthe LIFE)
「第9地区」 4/10 ユナイテッドシネマ豊洲で観賞 映画としてはすごく面白いと思う。 このエイリアン、エビ型で、なぜエビ型かわからないけど、やっぱりバルタン星人に近いものがあると思います。 パクったとまでは言えないと思うけど、独創的でないというか、なん...
第9地区 (映画の話でコーヒーブレイク)
先週、デカプリオの「シャッターアイランド」を見ようか、アカデミー賞ノミネートの「第9地区」にしようかと 悩んだ末、デカプリオを選んだ私・・・。そりゃ、しゃーないよね。 ところが、「『第9地区』なかなか良いよ~」とのお薦めに従い見てきました。 水曜日の午後...
エイリアンVS.~『第9地区』 (真紅のthinkingdays)
 DISTRICT 9  南アフリカ・ヨハネスブルク上空に、巨大な宇宙船が飛来した。乗っていたエイ リアンたちが「第9地区」に隔離されて20年...
映画「第9地区」(監督:ニール・ブロムカンプ)を見た (飾釦)
■配給:2010年 ■監督:ニール・ブロムカンプ ■出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームス、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッド、他 映画が始まってからスナック菓子を開けようとするが、なかなか袋を破ることができずガサガサと暗闇で音を立てて...
『第9地区』この映画を見て! (オン・ザ・ブリッジ)
第295回『第9地区』  今回紹介する作品は30億円とハリウッド映画としては低予算ながら、2009年の夏にアメリカで公開され100億円以上稼ぐという大ヒットを記録したSFアクション映画『第9地区』です。  異星人を難民として受入れることになった南アフリカを舞台に、異性...
第9地区 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
いろいろと深いテーマが潜んでいる、一風変わったSF映画です。南アフリカ・ヨハネスブルグ上空に現われた巨大な宇宙船。南アフリカ政府が派遣した偵察隊が発見したのは、不衛生な宇...
第9地区 (メルブロ)
第9地区(原題:DISTRICT 9)312本目 2010-16 上映時間 1時間51分 監督 ニール・ブロンカンプ 出演 シャールト・コプリー(ヴィカス)      デヴィッド・ジェームズ(クーバス大佐)      ジェイソン・コープ(グレイ・ブラッドナム/クリストファー・ジョン...
第9地区 (墨映画(BOKUEIGA))
「異星人のDNA」 世界で唯一の存在。それゆえ様々な思惑に巻き込まれ…。 【STORY】(goo映画様より引用させていただきました。) 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソンが製作を担当し、アメリカでスマッシュヒットを記録したSFムービー。突...
第9地区 (こわいものみたさ)
『第9地区』  District 9 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】ニール・ブロムカンプ 【出演】シャルト・コプリー/デビッド・...
第9地区 (映画的・絵画的・音楽的)
 『第9地区』を渋谷東急で見てきました。  おすぎが、「いろいろな所で、書いたり、喋ったりしています。「第9地区」は“今年度ナンバー1”の映画だと…。早々と今年も始まったばかりの2月に、この作品を見 て、私は他にどんなスゴイ映画が来ても「第9地区」ほど蘊蓄の...
第9地区★★★★劇場64本目:エイリアン... (kaoritalyたる所以)
既に上映から1ヶ月以上が経ち、少ないかな~と思ったけど、さすがは繁華街である難波・・なんばパークスで20:20からの回を鑑賞しましたが、3、4割くらいは埋まってました。...
『第9地区』 変態を繰り返す映画 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『第9地区』の原型となった6分間の短編『Alive in Joburg』は、言葉遊びから始まっているのだろう。  南アフリカの人々に...
弟9地区 (しーの映画たわごと)
オスカーでも作品賞他にノミネートされたというのは……真面目に観れってことですか!?いやね、もちろん下知識なしで観てますし、最初はなんだこの映画と吹き出したわけで。笑いじゃなくて、真面目に観るべきなのか。うーん。
♯22 「第9地区」 (ここはここ)
映画 「第9地区」 DISTRICT 9        ニール・ブロンカンプ監督 ピーター・ジャクソン製作 2009年 アメリカ (文章化できないので、自分の観た記録として、そのまま上げます。4/14鑑賞) <ネタバレ徒然> こんなの観たことない。 予想が付くエピソ...
第9地区 (ぷち てんてん)
やっと見れたわ~♪こちらでは上映されないかと思っていたんだもの。エビという言葉だけ聞いていて何がエビなんだろうか?と思っていたんだよね。(なるべく、見るまで情報を耳に入...
第9地区 (rambling rose)
第9地区では、エイリアン達を難民として受け入れ・・
第9地区 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:第9地区 制作:2009年・アメリカ/ニュージーランド 監督:ニール・ブロムカンプ 出演:シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、ヴァネッサ・ハイウッドほか あらすじ:ある日、ほかの惑星から正体不明の難民を乗せた謎...
第9地区/District 9(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[第9地区] ブログ村キーワード第9地区 (原題:District 9)キャッチコピー:人類、立入禁止。製作国:アメリカ/ニュージーランド製作年:2009年配給:ワーナー・ブラザース映画、ギャガジ...
第9地区 (District 9) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ニール・ブロンカンプ 主演 シャールト・コプリー 2009年 アメリカ/ニュージーランド/南アフリカ映画 111分 SF 採点★★★★ 強いメッセージ性なりテーマ性を持った作品を観た直後こそ、そのことに対し色々と思いを馳せるもんですが、如何せん日々だらだ...
第9地区 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人類、立入禁止。』  コチラの「第9地区」は、オリジナルの脚本、キャストはノーネーム、ニール・ブロンカンプ監督は新人、舞台は南アフリカ、と、およそハリウッド映画らしからぬSF映画です。SF映画がアカデミー賞に絡むこと自体珍しいことですが、そんな悪条件?...
『第9地区』(2009年 米・新西蘭) (観た人にしか伝わらないネタバレ映画レビュー)
(C) 2009 District9 Ltd All Rights Reserved. 『第9地区』(原題: DISTRICT 9) 2009年 アメリカ/ニュージーランド作品 監督 : ニール・ブロンカンプ 出演 : シャールト・コプリー 、デヴィッド・ジェームズ 、 ジェイソン・コープ 、 ヴァネッサ・ハイウッド ほ...
映画 第9地区(2009) もしかして僕は第8地区に住んでいるの? (ザ・競馬予想(儲かるかも?))
にほんブログ村 映画ブログ   {/arrow_t/}   {/arrow_t/}  人気ブログランキングに参加しております。クリックお願いします{/dogeza/}  だいぶ昔の話に思うけれど、サッカー南アフリカワールド杯が無事に終わって良かった{/face_warai/}  今や南アフリカ共和国...
【PSStore】第9地区 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ニール・ブロムカンプ 【出演】シャルト・コプリー/デビッド・ジェームズ/ジェイソン・コープ/バネッサ・ハイウッド 【公開日】2010/4.10 【製作】アメリカ 【ストーリー】 南アフ...
第9地区 (oguoguの日々映画見っ放し!)
2010年4月上映 監督:ニール・ブロンカンプ 主演:シャルト・コプリー  人類、立ち入り禁止・・・・・・・・・・・・宇宙人モノと言うより、ヒューマンドラマみたいだったなw...
【映画】第9地区…宇宙人は当然隔離するでしょ、とか言っちゃダメなの? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
ドラクエではホイミ。FFではケアル。で、天外魔境では何だったっけ …ということで、最近 “広井王子”という名前を久しぶりに聞いたピロEKです。 まずは、この週末の過ごし方から… 一昨日、2010年10月16日(土曜日){...
映画『第9地区』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-27.第9地区■原題:District9■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:111分■鑑賞日:5月1日、渋谷東急(渋谷)■料金:1,000円■字幕:松浦美奈スタッフ・キャス...
No.239 第9地区 (気ままな映画生活)
第9地区 [DVD]出演:シャールト・コプリーワーナー・ホーム・ビデオ(2010-11-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 【ストーリー】 南アフリカ出身の新鋭ニール・ブロムカンプ監督が、05年 ...
『第9地区』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 第9地区 』 (2009)  監  督 :ニール・ブロムカンプキャスト :シャルト・コプリー、デヴィッド・ジェームズ、ジェイソン・コープ、 ヴァネッサ・ハイウッド、ジョン・ヴァン・スクール、マリア...