★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インビクタス/負けざる者たち

2010-02-05 17:27:55 | 映画【あ行】
予告を観ただけで感動して涙腺が緩んだ映画で~すウルウル
【story】
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールドカップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナール(マット・デイモン)は、一致団結して前進するが―
     監督 : クリント・イーストウッド 『チェンジリング』 『硫黄島からの手紙』

【comment】
コチラは、反アパルトヘイト運動により反逆罪として27年間もの長きにわたり獄中で過ごしたネルソン・マンデラが、大統領になった後に南アで開催された1995年ラグビー・ワールドカップの奇跡を描いた実話に基づく映画です。(ポチッとして頂けるとWkiに飛びま~す
 
こういう実話に基づく感動作は好きですし、予告でボロボロ涙がこぼれたので、本編ではさぞかしボーボーと感動の嵐になるんだろうなぁ~と予想して観に行きました。

で、、、ラストにはやっぱりきましたね~かなりウルウルでございました
着地点が見えるベタな展開であっても(笑)、スポーツを通じて人々の心が一つになる瞬間を見るのはいいものですぅ~心が熱くなりますねぽかぽか

ただ個人的にはですね、映画の全体的な印象としては、、、もう一つ迫ってくるものがなかった―ってのが正直なところです(滝汗)
感動作ではあるのですが、イマイチどど~んとこなかったのですぅ~
物凄く言い方が悪いですが、“優等生の映画”を観るような感じがあって(ゴメンナサ~イ)、なんというか、、、枠の中にキッチリと収まり過ぎだったような気がしますぅ~
 
それというのも、、、
まず、「白人だ~」「黒人だ~」とバラバラな国民の心を一つにするべくマンデラが目をつけたラグビー・ワールドカップですが、折も折、南アで初めて開催されることになり、南アのチーム”スプリングボクス”が初出場を果たすんですね。
ところが、このチームが“国の恥”って言われるくらい超~弱っちい。
私としては、開催まで1年たらずで、一体どういう風に強くなっていくんだろう?と思ったわけなんですぅ~
ああ~それなのに、それなのに、、、「1年後」からスグ「1週間後」になった気がして、、、

それから、白人はラグビーを、黒人はサッカーを支持していたらしい南アでは、ラグビーをアパルトヘイトの象徴として黒人が忌み嫌っていたようなんですね。だからチームにも黒人選手が一人しかいないんです。
で、、、一体どうやって黒人と白人が歩み寄って一つになり、全力でラグビーを応援していくんだろう?と思っていたのですぅ~
だから、そこら辺のプロセスももっと知りたかったなぁ~

それから、いかにもマンデラに暗殺めいた何かが起きそうな描写が2~3度あったと思うのですが、その度に違ってチョイ肩透かしでした(笑)
決してそういう事件を期待していたわけではないのですが(汗)
 
と、、、文句をタレましたが(汗)、本作のサブタイトルにもなっている『負けざる者たち』の精神が、マンデラを通して一貫して描かれていたのは素晴らしかったです
自分を27年間も刑務所に閉じ込めた白人を赦し、過去は過去として、新しい国の未来を築こうとしたマンデラの不屈の魂、崇高な意思は神々しくもありました。
名優モーガン・フリーマンが、劇中で何度も何度も演説をし、何度も何度も己の考え方を周りに披露する場面は耳に残ります。

 『私が我が運命の支配者、我が魂の指揮官』

マンデラの魂と意思が起こした奇跡を見ながら、獄中で心の支えにしたという詩が心に熱く響きました―
                                      (3.5点)
 
≪余談≫
ラグビーチームのメンバーが黒人区の子どもたちにラグビーを教える感動的なシーンで流れた曲が、一瞬日本語に聞こえました。
 教えて~教えて~ 主役がカバみたい~ って聞こえたの~ 私の耳って変
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (56)   Trackbacks (124)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パラノーマル・アクティビティ | TOP | 12モンキーズ »
最近の画像もっと見る

56 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
凡人はなかなか赦せません (風子)
2010-02-05 18:34:23
もともとモーガン・フリーマンは、マンデラ氏の自伝の映画化権を持っていて、それを二時間の映画にはとても無理だった。
ただこの一年の話で、マンデラ氏がどういう人だったのか伝えたい、それがメインなんですね。だから他はさりげない描写で、深く突っ込んでいないんですね。マンデラの名もなき看守で、獄中のひどさを知ったので、この映画はじーんときました。
あ、やっぱり? (KLY)
2010-02-05 21:07:31
マンデラ暗殺めいた描写って、最後の試合の前とかじゃないですか?ビルの上で白人の男が振り向いたり。
私もひょっとして?って思ったんですが、後から一緒に言った妻に話したら。「何言ってんの?SPの人ジャン。」と一蹴されました。^^; 個人的にはもしかしてテロリストが混じってて、パトカーの側にいた子供に何かをやらせるのか?!なーんてことも考えたりもしたんですが、考えすぎだったようです。(笑)
こんばんは♪ (yukarin)
2010-02-05 23:07:42
普通に観てたんですけど最後はやられちゃいましたよねぇ。
人々の心の変化がじっくり描かれていて最後に一つになった時は感動しましたわ。

>♪主役がカバみたい~
笑ったー。確かにあの曲日本語っぽく聞こえたようなきはしましたが主役がカバみたいとはわかりませんでした(笑)
実感がこもりすぎ (佐藤秀)
2010-02-05 23:23:33
>イマイチどど~んとこなかったのですぅ~

仰る通りでどど~んとこない。イーストウッドなのになんでやね、という感じ。
TBありがとうございます。 (KGR)
2010-02-06 00:26:45
映画自体はよくできていたと思うのですが、
いまいち感動できないというか響きませんでした。

マンデラはすごい人だと思いますが、
国自体は happily ever after となっていないようで、
そのあたりが引っかかったのかもしれません
殺ぎ落としの魅力ですね (鉄平ちゃん)
2010-02-06 01:11:23
今日から公開ですが、試写会で一足先に見てきました。
マンデラ大統領はともかく、
南アフリカラグビーW杯という、
日本人にとってはあまりなじみのないテーマ。
しかし、予想以上に素晴らしかったです。

アパルトヘイトを糾弾しないし、
あんまり感動させよう、とか盛り上げよう、というところがない映画なんですけど、
それがまた素晴らしいんですよね。
なんというか、余計なところを全て殺ぎ落とした映画
って感じでした。
テーマを"赦し"に絞っていたのも素晴らしかったと思います。
なるほど~。。。 (くう)
2010-02-06 01:25:44
確かに優等生的映画かも~^^;

私も予告でウルウルし、そのせいか実際に観ていても
至る所でウルウルし、涙腺壊れたかと思いました。

優等生が好きなのかも~^^;
(スポコンも好きだし^^;)
何かと好みだったので、とっても評価の高い1本になりました(*^^*)
こんにちは~ (rose_chocolat)
2010-02-06 07:07:32
TB2つ入っちゃいました。1つ消して下さいませ^^

>「1年後」からスグ「1週間後」になった

展開上しょうがないのかもしれないんですが、そのあたりの説明はほしかったですね。
本作で物足りないところは、『マンデラの名もなき看守』で続きを観てくださいという事ですかね・・・。
Unknown (mig)
2010-02-06 10:04:58
由香さん
おはようございますー☆

由香さんもそこまででは、、、、派ですね

試写で観た時点では絶賛の人が多かったけど、
一般公開されてからは、ダメという意見はもちろんないケド
絶賛とまではいかないというひと多い気がします
なんか綺麗すぎるって印象はわたしももったなー。
あと個人的にスポーツもの苦手だからラグビーシーンが長過ぎだなぁって
暗くて重いのが多いイーストウッド作品、
今回は爽やかでしたね~。
それにしても作品賞や監督賞、ノミニーならずで俳優だけ入るとは、、、。
うわっ!!同じ!! (latifa)
2010-02-06 11:16:21
由香さん、いやぁ~ほんとに家らって、頭の中、どうなってるんだか?
同じ過ぎて絶句だったよ^^

私も書かなかったけれど、マンデラが狙われてる~~って処同じ風に思ってたわ。
割と最初の方で道を歩いてたら、車が追いかけてきた様に感じたら新聞だったー!とか。

>「1年後」からスグ「1週間後」になった気がして、
どうやってチームが強くなって行ったかの課程

やっぱりこの2つは、ちょっと物足りなかったよね。
なかなか良い映画ではあるんだけど、もうちょっと何かズドーンと来て欲しかった(やっぱり期待し過ぎちゃったのかもな~)
風子さんへ^-^* (由香)
2010-02-06 16:22:16
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>ただこの一年の話で、マンデラ氏がどういう人だったのか伝えたい、それがメインなんですね
マンデラ氏がどういう方だったのかはよく伝わってきましたね~
モーガン・フリーマンは余程思い入れがあるのか、、、じっくりとした演技でマンデラ氏の人となりを伝えてくれました。

残念ながら「マンデラの名もなき看守」は未見です。近いうちに観てみたいと思います。
KLYさんへ^-^* (由香)
2010-02-06 16:24:58
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>マンデラ暗殺めいた描写って、最後の試合の前とかじゃないですか?ビルの上で白人の男が振り向いたり。
そう!そこ!(笑)
あの人ってSPだったんですか?てっきりスナイパーだと思ったのですが(笑)
あと最初の牛乳屋さんや飛行機など、、、結構ドキドキだったの~
マンデラ氏が無事でホッとしましたが(笑)
そうだね~ (miyu)
2010-02-06 20:48:18
あたしも少しプロセスを描いて欲しかったなぁ~と
感じました。ちょっといきなり強くなりすぎでしょ?
ってね。その方が感動出来たとは思いますが、
まぁテーマが別のところにあったからしょうがないのかも
しれませんね。
たぶん (たいむ)
2010-02-07 16:50:14
由香さん、こんにちは。
推測だけど、国が一体になったのはこの試合のあの瞬間だけで、その前もその後もやっぱり黒人はサッカー主流で、白人はラグビー主流のままで、だけど互いを許容するだけの何かは芽生えた、ということなのかと思います。だからそこに至る過程では、精々SP全員でラグビーで遊んでみようか程度のものであり描くほどの劇的な変化はなかったんじゃないかなと思ってます。
チームの立て直しは、別に基礎体力が無かったわけじゃないですし、練習法や戦術など足りなかった部分を余所からコーチ陣を呼ぶことで克服したのではないでしょうか?
冒頭の国際試合での連敗があまりに印象的でよわっちく見えすぎたのが難だったと思います。
・・なんてマジに書いてみましたが、ホントのトコはわかりません(^^;

宣伝でいうほど感動の一作と私も思いませんが、良い映画だったと思います♪
早い展開・・・ (マリー)
2010-02-07 19:19:35
こんばんは~~♪
すぐさま劇場へ再度行きたくなりました~。
>教えて~教えて~ 主役がカバみたい~
を確認しに・・・(笑)
いや~、やっぱ面白いわぁ。由香さん!

私はずっと「ジュピター」が気になって・・・
あの音楽はそうだよね?
声が平原さんに似てる~どこの国もこの唄はこういう声の人が歌うんだ・・・と。
でもあの曲流れると条件反射で涙が・・・。

すごくいい映画だったんだけど~
私も思ったの。
1年後からの展開が速いよ...あっという間にメンバーが国家歌ってるし~最初歌詞カード、くちゃくちゃにしてたじゃん?と不思議でした。

モーガンは卑怯な位ぴったりでした。
マットもよかった!!
緊迫シーン (にゃむばなな)
2010-02-07 21:11:41
大統領暗殺を思わせるくだりは、あえてああいう描き方をすることでアパルトヘイトが残した人種間の傷の深さを象徴したものだと思いますよ。

我々が知る以上に人種間の溝は深いもの。それを言葉ではなく、あえてああいう描き方をすることで端的に分かりやすく見れました。
yukarinさんへ^-^* (由香)
2010-02-08 08:20:04
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

試合の結果には感動しましたね~
結構年配の男性が多く鑑賞していましたが、私よりも大きな音でグズグズ鼻をすすっていましたよ(笑)

日本語っぽい歌が挿入されていましたよね?(笑)
あれ?って思って耳をすませたら『主役がカバみたい』って聞こえたの~
マットの顔を見て、思わず笑っちゃった・爆
佐藤秀さんへ^-^* (由香)
2010-02-08 08:22:34
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>仰る通りでどど~んとこない。イーストウッドなのになんでやね、という感じ
佐藤秀さんもそうお感じになりましたか~
ちょっとソツなく纏め過ぎだったかなぁ~って思いました。
KGRさんへ^-^* (由香)
2010-02-08 08:24:36
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>映画自体はよくできていたと思うのですが、
いまいち感動できないというか響きませんでした
KGRさんもですか~
私もいい映画だとは思ったのですが、、、イマイチだったかなぁ~
鉄平さんへ^-^* (由香)
2010-02-08 08:27:52
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>余計なところを全て殺ぎ落とした映画
って感じでした。
テーマを"赦し"に絞っていたのも素晴らしかったと思います
そうですか~
余計なところを削ぎ落した―ところがあるかもですね。
個人的には、そこら辺をもっと観たかった気があるのですが、、、
“赦し”というテーマは素晴らしかったですね。マンデラ氏の人となりが伝わってきました~
くうさんへ^-^* (由香)
2010-02-08 08:31:15
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

くうさんは大満足されたようですね~
私も試合の結果には泣けましたよ~

>確かに優等生的映画かも~^^;
変な表現を使ってゴメンナサイです(汗)
だけど、、、そう感じちゃったの。無難に纏めたような感じ?
もう少しドド~ンとした盛り上がりが欲しかったんですぅ~
こんにちは! (kino)
2010-02-08 13:40:34
>「1年後」からスグ「1週間後」になった気がして
未来へ向けての立ち位置なので、いれてないんでしょうけど。
スプリングボクスの主将フランソワが、いやがらせを受けたり、
まとめるのに苦悩したりの場面などは、あった方が、いいかもしれないですね。

私は、マンデラさんの気持ちが、大きく広がるような華やかな印象で、
たいへん、満足できました。
『マンデラの名もなき看守』で、じっくり描かれたものが『インビクタス』で、ぱぁ~と花咲くイメージですので、『マンデラの~』を観られた方が、高揚感は得られるとは思います。
事実はストレートに (sakurai)
2010-02-09 12:39:55
息子がどんな映画?と聞くモンで、アパルトヘイトの・・と始めたら、マンデラもアパルトヘイトも何にも知らなかった・・・。
当たりまえっちゃ、当たり前なんですが、アフリカの歴史から、人種隔離政策が何で起こったのか、その後の南アの進んだ道から、マンデラの人生まで解説してしまいました。
自分で言ってて、改めて凄い人だなあと再認識したくらい。
あの凄さを表すのは、やっぱてらいなく、ストレートに描くのが一番だったのではないかと思ってます。
とんでもなく難しいことをやり遂げ、道を拓いたマンデラですが、それを受け継ぐ難しさを、今世界が感じとって、何とかしないといけない。
それをみなに伝えるいい機会になったと思います。
いつになく、まじめでした・・・。
rose_chocolatさんへ^-^* (由香)
2010-02-09 16:45:59
こんにちは~♪
TB&TB&コメントありがとうございました(笑)

>本作で物足りないところは、『マンデラの名もなき看守』で続きを観てくださいという事ですかね・・・
早速観ましたよ~『マンデラの名もなき看守』。
いい映画でしたね~ジョセフ・ファインズとダイアン・クルーガーが上手かったです。
マンデラさんは、あまりにもモーガン・フリーマンがピッタリだったので、ちょっと違和感がありましたが(汗)
migさんへ^-^* (由香)
2010-02-09 16:49:54
こんにちは~♪
migさんも、、、いい映画だけど大絶賛とまではいかない派でしたね。一緒だぁ~♪
ちょっと綺麗に纏め過ぎていた気がしたわ~

>作品賞や監督賞、ノミニーならずで俳優だけ入るとは、、、。
うん、、、これは作品賞って感じではないと思うなぁ~
俳優さんも、、、そこまでかな?って気はあったかも。モーガン・フリーマンの熱意や思い入れは伝わってきましたが・・・
latifaさんへ^-^* (由香)
2010-02-09 16:54:14
こんにちは~♪

>由香さん、いやぁ~ほんとに家らって、頭の中、どうなってるんだか?同じ過ぎて絶句だったよ
でしょ?でしょ?でしょう~(笑)
今回も同じこと考えながら映画を観ていたみたい。多分思考回路が近いのよ、私たち。
だけど、、、きっと好みは微妙に違うんだなぁ~だからベストで大幅にズレる(笑)

もうちょっとチームが強くなっていった過程は見たかったよね。マンデラの人となりを描くのが主題であったとしても、、、そこが伝わらないと消化不良なのでした~(笑)
確かに! (vic)
2010-02-09 22:11:39
スタジアムの周りを偵察しているような白人がいましたよね。
飛行機で低空飛行してきた時、絶対狙っている!と思っていたのですが...

国の恥と言われるくらいのチームがワールドカップで優勝なんて、そんなに簡単には出来ないはずだけど、いともかんたんに...という印象があります。

いい映画だったのだけど、何か1つ足らないような気がしました...
miyuさんへ^-^* (由香)
2010-02-10 08:43:55
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>あたしも少しプロセスを描いて欲しかったなぁ~
miyuさんも同じように感じたようですね~
あんなに弱かったチームが強くなった理由がそんなに描かれていないので、ちょっとねぇ~
マンデラの人となりは伝わってきましたが、個人的には大感動とまではいかなかったなぁ~
たいむさんへ^-^* (由香)
2010-02-10 08:52:11
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^
それもとってもご丁寧なコメントを

>互いを許容するだけの何かは芽生えた、ということなのかと
そうなんでしょうね~現実問題としてアパルトヘイトが一気に収まっちゃう―なんてことは考えられないし。
テーマがマンデラさんの赦しの心や不屈の魂のあったのだと思いますし、、、

個人的にはそんなに好みの映画ではなかったですが(汗)いい映画だとは思いました。「マンデラの名もなき看守」を鑑賞後に観たのですが、そうしたら尚更ジーンとくるものがありました~
マリーさんへ^-^* (由香)
2010-02-10 08:56:18
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

モーガンもマットもハマり役でしたね~♪
マリーさんもちょっと消化不良だったようですが、、、でも、いい映画だったよね

>私はずっと「ジュピター」が気になって・・・
私もジュピターって好きなのよ~あれを聴くと深遠な気分になる(笑)

で、、、主役がカバみたい~♪ですが(笑)、私の耳が変なんだと思うけど、スゴク感動的なシーンなのに笑えちゃったのよ~だってマットの顔が・・・爆
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2010-02-10 09:00:12
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

>あえてああいう描き方をすることでアパルトヘイトが残した人種間の傷の深さを象徴したものだと思いますよ。
そうなのでしょうね~
人種間の溝の深さは筆舌に尽くせないものがあるでしょう。

この映画は評価が高いですね~
私はまた少数派になっちゃったみたい
kinoさんへ^-^* (由香)
2010-02-10 15:08:42
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございます^^

>マンデラさんの気持ちが、大きく広がるような華やかな印象
マンデラさんの人となりはよく伝わってきましたね~

『マンデラの名もなき看守』を早速観たのですが(笑)、「この映画を観た後にインビクタス~の方が胸に響いたかもなぁ~」って感じました。
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2010-02-10 15:12:15
こんにちは~♪
コメントありがとうございました^^

家の中1の息子は一応アパルトヘイトは知っていましたが、知識として知っているだけで、そこに何も感情はありません。そんなものなんですよね~子どもにとっては・・・

>あの凄さを表すのは、やっぱてらいなく、ストレートに描くのが一番だったのではないかと思ってます
マンデラさんの素晴らしさはストレートに伝わってきました。
だけど、、、ちょっと綺麗に纏め過ぎだったような気もしたなぁ~
いい映画だったのですが、逆に心に残らないような気もしたりして、、、
vicさんへ^-^* (由香)
2010-02-10 15:14:27
こんにちは~♪

いい映画だったんですよね~
だけど何か足りないような気もしましたか?
ここで暴言を吐いちゃうと(ドキドキ・・・)、あまりにも綺麗に纏まっていたので、何だか道徳のドラマを観ているような気もあったんですぅ~ゴメンナサ~イ(滝汗)
個人的には、そんなところが微妙でした・・・
Unknown (FREE TIME)
2010-02-11 07:42:35
こんにちは。
TBありがとうございます。
実話を基にしたストーリーだったので、話は淡々と進められた部分はありましたが、マンデラ大統領の人間性の大きさを感じ取る事が出来た作品でした。
ラグビーは、南アフリカでは白人のスポーツとされていたそうですが、そのラグビーで国が1つになっていく過程を、良く描いていたし、ラグビーの試合も臨場感あって迫力と魅力を充分に伝えていたと思います。
FREE TIMEさんへ^-^* (由香)
2010-02-11 23:14:01
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

マンデラさんの人となりは伝わってきましたね~
“赦す”ということの素晴らしさを感じました。

ラグビーの試合も臨場感がありましたね!
ラストでは感極まりました。

全体的にいっていい映画だと思いました~
個人的には途中でもう少し盛り上がりが欲しかったですが・・・
こんにちは! (アイマック)
2010-02-12 12:25:47
実話というのがびっくりしました。
こんな感動的な話があったとは・・日本のワースト記録もね^^;
前半は退屈してしまったところがあったけど、試合シーンはすばらしかった。
サラッとしてますが、観た後に重みを感じる映画でした。
おはようございます^^ (みすず)
2010-02-13 11:00:43
映画、とっても良かったですね~^^
わたしも試合のシーンは結果はわかっていてもリキ入って応援してしまいました^^
感動しました!

マンデラさんは凄いですね!あの赦すっていう精神は素晴らしい^^
見習いたいものです(出来ないけど^^;)
アイマックさんへ^-^* (由香)
2010-02-13 17:50:19
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>こんな感動的な話があったとは・・日本のワースト記録もね^^;
ビックリしましたね~実話だなんて!
日本の失点にも驚いたし(汗)

マンデラさんの良さが伝わってくるいい映画でしたね~試合の結果には涙・涙でした~
みすずさんへ^-^* (由香)
2010-02-13 17:52:45
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

みすずさんはお気に召したようですね~
私もいい映画だと思いました。
個人的には途中でもっと盛り上がりが欲しかったのですが、、、それでも最後の試合では感動しちゃった♪

>マンデラさんは凄いですね!あの赦すっていう精神は素晴らしい^^
素晴らしい人だったんですね~
「マンデラの名もなき看守」も観たので、尚更そう思います!
Leader (Anderton)
2010-02-13 22:48:36
出来すぎの映画でしたが、リーダーたるものどうあるべきか、を描いたいい映画だったと思います。
国民の心をひとつにまとめたマンデラ大統領とラグビーに勝つために心身ともにチームをまとめ上げたピナールキャプテン。表彰時の握手でお互いそれが確認できたんだと思います。
ラグビーシーンは少々スピード感に欠ける場面もありましたが、臨場感があり、ボールの行方に一喜一憂できました。
スクリーンに集中させる映像を描いたイーストウッド、普通のスポーツマンを演じたデイモンも良かったと思います。次作が楽しみです。
実話ゆえに・・? (メビウス)
2010-02-14 19:39:12
由香さんこんばんわ♪こちらにもTBさせて頂きます。

イマイチどど~んと来なかったのは、やっぱりイーストウッド監督が事実を忠実にして作ったゆえの物足りなさなのかもしれませんねぇ。弱小チームがいきなり優勝するってだけで映画のような話ですが、現実でそうトントン拍子で奇跡が起こるなんて事はやはりかなり低いと思うので、イーストウッド作品とはいえ盛り上がりに欠けたなんて思う人も少なくないとは思いますねぇ(自分もラグビーの試合シーンとかで『んん?』と違和感持っちゃいましたし)。


>一瞬日本語に聞こえました

ちなみに自分は決勝戦の対戦相手のニュージランドが踊ってた戦いの踊りの際、『頑張ってー頑張ってー』と選手が歌ってたように聞こえましたw
こんばんは (Any)
2010-02-16 19:37:15
由香さん、こんばんは♪
由香さんは消化不良だったのね~
私は腹八分目位で丁度いい塩梅でした(笑)
結果は解っていても、やっぱり
クライマックスにはグッときちゃったわ~
コレ、実話というのが凄いですよね。

それにしても、由香さんったら
可笑しい~笑わせないで~
主役がカバみたい~って(爆)
観る前に読まなくて良かった!
マットくん、鍛えあげてたね~
こんにちは~。 (ひきばっち)
2010-02-17 13:07:39
ようやく観てまいりました!

いい映画だなとは思ったのですが、
実は私も由香さんと同じく、
「何か心に迫るものがない」という感じがしたのですよ。
由香さんの仰るとおり“優等生的な作品”という感じでした。

実話であり、アパルトヘイトの廃止と、マンデラ新大統領の生き様の“ほんの一部”を取り上げたのですから、これでいいのだとは思いますが。
“映画”としてはストレート過ぎるので、
皆さんがコメントされている「マンデラの名もなき看守」を是非観たいと思っております!
Andertonさんへ^-^* (由香)
2010-02-18 17:57:10
こんにちは~♪
コメントありがとうございました^^
お返事が遅れて申し訳ありません!

>リーダーたるものどうあるべきか、を描いたいい映画
そうでしたね~特にマンデラさんの人柄がよく伝わる映画で、彼の愛した詩は心を打ちましたよ~
マットも良かったですね!
二人ともアカデミー賞にノミネートされていますが、、、どうでしょうね♪
メビウスさんへ^-^* (由香)
2010-02-18 18:01:47
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

“頑張って~頑張って~”って私も聞こえました!(笑)

>イーストウッド監督が事実を忠実にして作ったゆえの物足りなさなのかもしれませんねぇ
ちょっと物足りなさはありましたよね~
私は失礼ながら優等生的な映画って言っちゃいましたが、、、いい映画なのですが、とことん心に響くところまでいきませんでした~
でもマンデラさんの素晴らしさがよく伝わってくる映画で、観て良かったです♪
Anyさんへ^-^* (由香)
2010-02-18 18:05:43
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^
Anyさんとちょくちょくお話する機会があって嬉しいな♪

で、、、Anyさんは満点だったんですね~
私もいい映画だとは思ったのですが、点数は低めになっちゃった・・・
もっともっと感動したかったのですぅ~欲張りかしら?

あはは、、、主役がカバって、、、そこでマットを見たら可笑しくなっちゃったの~失礼よね?(笑)
ひきばっちさんへ^-^* (由香)
2010-02-18 18:08:45
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

ひきばっちさんも
>「何か心に迫るものがない」という感じが
しましたか~
この映画は、物凄く良かったって方が多いようですが、ひきばっちさんや私のように感じた方も結構おいでのようですね~
私たちにはもう一押し欲しかったですね!(笑)

「マンデラの名もなき看守」を観ました。
静かな映画でしたが、なかなかいい映画だったと思います。機会があれば是非♪
こんにちは! (kenko)
2010-02-21 16:46:26
遅ればせながら。

「チェンジリング」や「グラントリノ」のような
強烈な感動ではありませんでしたが、さわやかな感動をもらいました。
途中は淡々としているんだけど、最後は『私が我が運命の支配者、我が魂の指揮官』という言葉が強く心に届きました~
さりげないエピソードがあったかくて、良かったです!
コメント欄で出てる「マンデラの名もなき看守」
未見なので観てみたいです~
kenkoさんへ^-^* (由香)
2010-02-22 22:01:26
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

マンデラの名もなき看守を観たんですよ♪
なかなかいい映画でした~
看守の目を通してアパルトヘイトやマンデラさんを見せてくれた映画でした。

で、、、コチラの映画のラストには感動でしたね~
個人的にはちょっと物足りなかったのですが(汗)いい映画だとは思いましたよ♪
こんにちは (えめきん)
2010-03-02 06:55:53
人の心を動かして世界を変えるという偉業を成し遂げたマンデラ大統領。これが実話だというのが凄いですよね。ワールドカップの結末は知っていたんですが、それでも最後はハラハラドキドキでした。

イーストウッド監督の静かな演出は今回も健在でしたね。ただ、試合のシーンはもうちょっと派手にしてもよかったように思いました。
えめきんさんへ^-^* (由香)
2010-03-02 15:38:57
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

実話というのは驚きでしたね~
私は試合の結果を知らずに観ましたので、尚更手に汗握って試合の様子を見ました。

ただ、、なんというか、、、ちょっと真面目に作り過ぎたかな?って気がしたんです。
全体的にもう少し盛り上がりが欲しかったです。
愛は奇跡を信じる力よ (SGA屋伍一)
2010-03-02 20:05:16
わたしにとってラグビーといったらやっぱり『スクール☆ウォーズ』ですね。そういや、あれも実話だったなあ
由香さんは『タイタンズを忘れない』という映画をご存知でしょうか? これも実話をもとにした話で、まだ差別が強く残るころのアメリカで、初めてアメフトの白人・黒人混成チームができるという話なんですが・・・ おすすめです
今度公開される『第九地区』というのもアパルトヘイトに関係ある映画みたいですね。宇宙人出てくるそうですが・・・

『河童のクゥ』の記事にもまだお邪魔してないし、『闇よ、我が手をとりたまへ』の記事もまだ書いてないなあ。気長にお待ちください・・・ 
SGA屋伍一さんへ^-^* (由香)
2010-03-04 17:26:12
こんにちは~♪
お座りもお手もトイレもキチンと出来ない赤ちゃん犬を預かってしまって、てんてこ舞いの毎日です(笑)オマケに飼い主が「アナタが教えてやってよ―」と言っている、、、勝手過ぎる~~~~でも可愛い~~~トイプードル

『タイタンズを忘れない』は未見です。デンゼル・ワシントンでしたっけ?
オススメされたからには観ます~♪

第9地区はどんな映画なんだろう?何も調べないタイプなので分からないまま観に行きます(笑)

もうすぐアカデミー賞ですね~
スッゴク楽しみ♪今年はWOWOW生放送が観れそうなので♪
久しぶりにお邪魔しま~す (junjunf)
2010-03-05 18:37:27
由香さん、お久しぶりです~♪
あまりにご無沙汰してたので、お忘れかもしれませんが、junfです。
ちょっと前までのブログを分解したりして、junjunfとなりましたが、今後もよろしくお願いします!

>感動作ではあるのですが、イマイチどど~んとこなかったのですぅ~

↑これ、私も感じたんですね。

スポーツを通して熱く一つになったり、
類い希な人格者の非凡な信念だったり、
個人的にはSPの和解のシーンが好きだったり、
ツボはいっぱいあったんですが、、、

イーストウッドだけに、
最後に何か、どす~んと落とされるのではないかと、気が気じゃなかったせいなのか……(^^;)
その「どす~ん」は、私も「暗殺」ではないのかと勘ぐっちゃったりして……

とっても好きなジャンルなんです。
無理なく感動できるのも。
で、みなさん褒めちぎってらっしゃるので、、、
なかなかこう感じてしまった人はいないのかな~と思っていたんですが。
ちょっとホッとしました。

でも、後味がいいのが好みなので、
これはこれでいいのかな~とも思ってますが。
モーガンさんとマットくんも好きだし(^^)/
junjunfさんへ^-^* (由香)
2010-03-07 15:00:55
こんにちは~♪
ご無沙汰しておりました~^^お元気そうですね!
今後ともヨロシクお願いします~

で、、、なんとなく同じような感覚で鑑賞されたようですね~
いい映画ではあるのですが、、、ちょっと期待していた感動は得られなかったかなぁ・・・

>で、みなさん褒めちぎってらっしゃるので、、、
なかなかこう感じてしまった人はいないのかな~と思っていたんですが
あはは、、、絶賛されている方が多かったですね~
ちょっと肩身が狭くなっちゃいますが(笑)、自分の素直な感想だもの~仕方ないですよん(開き直り・笑)私なんて“優等生的な映画”なんて失礼なこと書いちゃった~(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

124 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インビクタス/負けざる者たち (試写会) (風に吹かれて)
国を一つにするために公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/invictus2月5日公開実話に基づいたヒューマンドラマ監督: クリント・イーストウッド原作(原題:Play
インビクタス 負けざる者たち (LOVE Cinemas 調布)
『チェンジリング』、『グラン・トリノ』と素晴らしい名作を世に送り出し続けているクリント・イーストウッド監督の最新作。アパルトヘイト撤廃後のラグビー南アフリカワールドカップを巡りマンデラ大統領を中心とした実話を映画化したヒューマンドラマだ。主演はマンデ...
インビクタス/負けざる者たち (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。クリント・イーストウッド監督、 モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー・ヘナ。原題はWilliam Ernest Henleyの詩の一篇Invictusから採られたラテン語で“unconquered”、征服されざるもの。...
『インビクタス/負けざる者たち』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
1995年に南アフリカ共和国で開かれたラグビーのワールドカップでのこと。国の恥とまで呼ばれた南ア代表チームが、初出場ながら初優勝を成し遂げるという奇跡の物語で、監督クリント・イーストウッドとしての30本目の作品。試写会に当選したので、昨日ヤクルトホールで観て...
インビクタス 負けざる者たち / INVICTUS (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click クリント・イーストウッド監督、記念すべき30作目{/ee_3/} スポーツものってあまり好きじゃないし、(「少林サッカー」みたいのは別 {/warai/})。 タイトル...
インビクタス/負けざる者たち [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INVICTUS公開:2010/02/05製作国:アメリカ上映時間:134分監督:クリント・イーストウッド出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターンひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。Story: 1994...
『インビクタス 負けざる者たち』 (ラムの大通り)
(原題:Invictus) あけましておめでとうございます。 ----いやあ、元旦からブログなんて えいも暇だニャあ。 「まあ、たまにはそういう年があってもいいんじゃない」 ----だけど、まだお屠蘇が残っているじゃニャい。 なのに、クリント・イーストウッド監督作品だっ...
インビクタス/負けざる者たち (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
偉人マンデラの理想と希望を、ラグビーとのつながりを通して描く実話だ。1994年、27年間の投獄生活から解放されたネルソン・マンデラは、南アフリカ共和国初の黒人大統領になる。アパルトヘイトにより黒人と白人の間にできた大きな溝、激しい経済格差、国際社会でのアピー...
映画:インビクタス Invictus 開始5分で既に号泣(笑) これまた強烈な1発にノックアウト! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
昨年は「チェンジリング」で、まずファースト・ダウン。 続いて、ヤバイかもと身構えたにもかかわらず、ぶっ飛ばされた超魔球「グラントリノ」 そして今日、 三たびふっ飛ばされノックアウト! ナゼここまで書くかというと..... 過去触れているように、私はずっと「イ...
試写会「インビクタス 負けざる者たち」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009/1/22、中野サンプラザ。 開場10分ほど前に着く。 思いのほか入場待ちの人は少ない。 もちろん一部はすでにこの時点で会場内に入り、階段に並んでいて、 外で待っている人ですべてではないことは百も承知だが、 それにしても列の折り返しは少ない。 1階...
映画「インビクタス/負けざる者たち」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『インビクタス/負けざる者たち』を初日1回目で観て来た。観客は10名程で予想通りの入りだった。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。2.5点かな? ざっくりとストーリー 30年近く白人政権に投獄されていた黒人政治家ネルソン・マンデラ氏が南アフリカ共和国の...
インビクタス/負けざる者たち (2009) (ゴリラも寄り道)
<<ストーリー>>1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによ...
【インビクタス/負けざる者たち】私が我が運命の支配者、我が魂の指揮官 (映画@見取り八段)
インビクタス‐負けざる者たち‐~INVICTUS~ 監督: クリント・イーストウッド    出演: モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコ...
映画「インビクタス・負けざる者たち」殺ぎ落としの魅力! (鉄平ちゃんのエピキュリアン日記)
「チェンジリング」「グラン・トリノ」に続くクリント・イーストウッド監督の新作、 「インビクタス」の試写会に行ってきました。 そういうわけで、以下の内容はネタバレも含みます。 と言ってもストーリー自体は単純明快なのですが。 タイトルは「門がどんなに狭く...
インビクタス/負けざる者たち/Invictus(映画/試写会) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[クリント・イーストウッド] ブログ村キーワードインビクタス/負けざる者たち(原題:Invictus)キャッチコピー:ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。製作国:アメリカ製作年:...
INVICTUS(インビクタス負けざる者たち)(2009)(USA) (アメリカ 犬連れ 国際結婚)
INVICTUS(日本のタイトル:インビクタス 負けざる者たち)(2009)(USA) 監督:クリント・イーストウッド メイン・キャスト:モーガン...
インビクタス/負けざる者たち (心のままに映画の風景)
1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)は南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。 いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経...
映画 「インビクタス/負けざる者たち」 (ようこそMr.G)
映画 「インビクタス/負けざる者たち」
試写会「インビクタス/負けざる者たち」 (流れ流れて八丈島)
“我が運命を決めるのは我なり、我が魂を征するのは我なり”素晴らしい映画でしたさすが、クリント・イーストウッド監督です今日の午後は3月1日からの新しい職場(西国分寺)へ出張してたんだけど、無理やり定刻で終わらせて、中央線で中野へダッシュして中野サンプラザ...
劇場鑑賞「インビクタス負けざる者たち」 (日々“是”精進!)
「インビクタス/負けざる者たち」オリジナル・サウンドトラック「インビクタス負けざる者たち」を鑑賞してきました「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策)後の南アフリカで開催されたラグビーワール....
『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>19...
『インビクタス/負けざる者たち』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:INVICTUS監督・製作:クリント・イーストウッド原作:ジョン・カーリン出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン、マット・スターン試写会場 : 科学技術館サイエンスホール公式サイトはこちら。<Story>19...
インビクタス 負けざる者たち (あーうぃ だにぇっと)
ぴあの三連夜試写会@ヤクルトホールで鑑賞。 全米公開前ということで厳重な持ち物検査あり。 鞄の中を見せ、金属探知機でボディーチェック受けて入場。 ヤクルトホールのエントランスを全て使用した厳戒態勢。 私は先に入場して席を確保し、後からくる妻をむかえに出...
インビクタス/負けざる者たち One World~( '∇^*)^☆Love~♪ (労組書記長社労士のブログ)
☆ パラオの記事、島さんたちに貰った写真加えたり、内容を加筆修正したりしていますので、お暇なら再び見てみてくだせ~ ☆ 【 {/m_0167/}=4 -3-】 不思議なもんだ、パラオでは一切見なかった仕事の夢、帰ってきた日の夜は「組合役員との議論の夢」、昨夜は「労使交渉...
インビクタス 負けざる者たち (シネマ大好き)
試写会で、クリント・イーストウッド監督の「インビクタス 負けざる者たち」を観た。 27年間の語彙中生活から解放され、南アフリカ共和国の大統領になったネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)。アパルトヘイトの傷跡が深く、格差や経済問題など、問題が山積す...
インビクタス/負けざる者たち (Akira's VOICE)
期待の目にみごと応える爽やかな秀作。  
「インビクタス/負けざる者たち」ちょっと辛口感想・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
27年間もの間自分を投獄させた南アの白人を許す心を持つマンデラ大統領は凄い!!と思ったのだけれど・・・映画自体は、特に驚くところや...
*インビクタス/負けざる者たち* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・マンデラだが、新生国家の船出には多くの問題があった。ある日、ラグビー南ア代表の試合を観戦したマンデラの頭の中で何かが閃いた。南アではラグビーは白人が愛好するスポ...
インビクタス/負けざる者たち (だめ男のだめ日記)
「インビクタス/負けざる者たち」監督クリント・イーストウッド出演*モーガン・フリーマン(ネルソン・マンデラ)*マット・デイモン(フランソワ・ピナール)*トニー・キゴロギ(-)*パトリック・モフォケン(-)*マット・スターン(-)*ジュリアン・ルイス・ジョーン....
インビクタス 負けざる者たち (そーれりぽーと)
もう言い切っても良い、“必ず”大きく心を揺すぶってくれる映画を届けてくれるクリント・イーストウッド監。 今度はマンデラ+スポ根もの、『インビクタス 負けざる者たち』を観てきました。 ★★★★★ 凄いと思うのは、2時間を超える大作を結構なハイペースで作り上げ...
「インビクタス/負けざる者たち」 俺たちのチーム (はらやんの映画徒然草)
タイトルにある「invictus」とは聞き慣れない英語だと思ったら、「不屈」を意
奇跡のゴール~『インビクタス/負けざる者たち』 (真紅のthinkingdays)
 INVICTUS  1990年、27年間に渡って投獄されていた南アフリカの指導者、ネルソン・マン デラが解放された。初めての全国民投票によって...
インビクタス/負けざる者たち (悠雅的生活)
私がわが運命の支配者、わが魂の指揮官。
インビクタス 負けざる者たち (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。』  コチラの「インビクタス 負けざる者たち」は、本作で監督第30作を迎えたと言うクリント・イーストウッド監督が、ネルソン・マンデラ元南アフリカ大統領の”負けざる魂”によって引き起こされた奇跡の実話を、映...
インヴィクタス~負けざる者たち  Invictus (映画!That' s Entertainment)
●「インヴィクタス~負けざる者たち  Invictus」 2009 アメリカ Warner Bros.Pictures,Spyglass Entertainment,Malpaso,134min. 監督:クリント・イーストウッド 原作:ジョン・カーリン 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パト...
2010-06『インビクタス/負けざる者たち』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-06『インビクタス/負けざる者たち』(更新:2010/02/06) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) モーガン・フリーマンとマット・デーモン出演で、クリント・イーストウッド監督作品です。 ...
「インビクタス負けざる者たち」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
クリント・イーストウッド監督は今回も手堅い。上質な大人のための映画である。オリンピックを観戦する時は誰でも愛国者になる。普段スポーツに興味がなくてもだ。職業、立場、年齢その他あらゆる垣根が崩壊し、自国を応援する時ほど、”国民”としての一体感を感じる時は...
インビクタス 負けざる者たち (★ Shaberiba )
さすが・クリントイーストウッド作品。
インビクタス/負けざる者たち (だらだら無気力ブログ)
『チェンジリング』『グラン・トリノ』のクリント・イーストウッド監督が アパルトヘイト撤廃後の南アフリカで開催されたラグビーW杯をめぐって 南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとその周囲の 人々の感動の実話を描く。 原作は、ジョン・カー...
インビクタス 負けざる者たち (充実した毎日を送るための独り言)
・インビクタス 負けざる者たち (2月5日公開 クリント・イーストウッド監督 モーガン・フリーマン,マット・デイモン主演)「あなたは自分を傷つけた人たちを許すことができますか?」 南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領と自国で開催された主将のフランソ...
インビクタス/負けざる者たち (Memoirs_of_dai)
史実は史実 【Story】 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトに...
『インビクタス/負けざる者たち』が必要なときは? (映画のブログ)
 ネルソン・マンデラと長年の友人である俳優モーガン・フリーマンは、長いあいだマンデラの人生を映画化することに取り組んできたという。 ...
インビクタス/負けざる者たち / INVICTUS (勝手に映画評)
実話を下にした映画。1994年、南アフリカの歴史上初めての全人種が参加した大統領選挙に置いて大統領に当選したネルソン・マンデラ。政治的実権も握った圧倒的多数の黒人に対し、実権を失った少数派の白人側は戦々恐々としていた。そんな状況を見ていたマンデラは、翌1995...
「インビクタス/負けざる者たち」みた。 (たいむのひとりごと)
最近の濃厚・濃密なイーストウッド作品とはまた違った、どちらかといえば政治色よりスポーツ色の要素が強い映画だけれど、長年の恨み辛みを水に流して今こそ国全体で変わっていこうとする静かなる闘いと、ラグビーの
「インビクタス/負けざる者たち」 淡々と描いているが (ももたろうサブライ)
監督 クリント・イーストウッド少しあらすじ1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。南アフリカではラグビー...
映画『インビクタス/負けざる者たち』 (健康への長い道)
クリント・イーストウッド監督、モーガン・フリーマン&マット・デイモン主演、本日より公開の『インビクタス/負けざる者たち』をTOHOシネマズ梅田で。 99席の小さなシアター4は、ほぼ満員です。 Story 1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領に就任したネルソン・...
インビクタス/負けざる者たち/INVICTUS (いい加減社長の映画日記)
ちょっと地味な感じもして、どうしようかと思ってたんだけど。 クリント・イーストウッド監督でモーガン・フリーマン、マット・デイモンなら、はずれはないだろう、ということで、「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーとし...
インビスタス-負けざる者たち- (犬・ときどき映画)
インビスタス-負けざる者たち- [Invictus] クリント・イーストウッド監督の最新作 TrueStory <Story> 投獄生活を送っていたネルソン・マンデラが釈放され、黒人でありながら大統領に当選する。 そして1年後に控えたラグビーのワールドカップ開催。しかしナショナルチ...
『インビクタス/負けざる者たち』 (purebreath★マリーの映画館)
               ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語『インビクタス/負けざる者たち』監督・製作・・・クリント・イーストウッド出演・・・モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、ラングレー・カークウッド、ボニー...
『インビクタス 負けざる者たち』 (めでぃあみっくす)
一つのチーム、一つの祖国。それがネルソン・マンデラ元大統領がただ一つ願う南アフリカの未来。 1995年のラグビーワールドカップでの感動的な史実を描いたこの作品は、「動」の物語を「静」の映画として見せるクリント・イーストウッド監督らしい、心と魂に響く映画でし...
「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS (俺の明日はどっちだ)
・ ブラボー! イーストウッド翁! いやはや、本作で30作目を迎えるというそのとどまるところを知らない創作パワーも驚異的だけど、近年に至っては作り出される作品それぞれのクオリティの高さにもまた、ただただひれ伏すばかり。 アパルトヘイト撤廃後も人種間対立が...
インビクタス/負けざる者たち (ころちゃんねる)
お勧め度 ★★★★★+★★★【ストーリー】人種隔離政策アパルトヘイトが終結し、南アフリカの大統領に就任したネルソン・マンデラは、依存として人種差別や経済格差が残っていると痛感。国民の心をスポーツを通じて団結させようと、キャプテンのピエナールとともに弱小...
「インビクタス 負けざる者たち」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  クリント・イーストウッド監督作品。「チェンジリング」「グラントリノ」に引き続き、またもや感動の嵐…。今年で御歳80ですから、そのバイタリティに脱帽です。ここのところ一貫して“正義”や“勇気”というメッセージが伝わってくる作...
「インビクタス 負けざる者たち」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  クリント・イーストウッド監督作品。「チェンジリング」「グラントリノ」に引き続き、またもや感動の嵐…。今年で御歳80ですから、そのバイタリティに脱帽です。ここのところ一貫して“正義”や“勇気”というメッセージが伝わってくる作...
インビクタス/負けざる者たち (映画通信みるみる)
インビクタス(INVICTUS)・・・。 なんか、この言葉、言いにくい。パンフ買う時に言えなかったわ。 これは、ネルソン・マンデラが、27年間の投...
インビクタス / 負けざる者たち (Diarydiary! )
《インビクタス / 負けざる者たち》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -IN
インビクタス/負けざる者たち (こんな映画見ました~)
『インビクタス/負けざる者たち』 ---INVICTUS--- 2009年(アメリカ) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン 「チェンジリング」「グラン・トリノ」の巨匠クリント・イーストウッド監督が、アパルトヘイト(人種隔離政策...
『インビクタス/負けざる者たち』 ('10初鑑賞16・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 2月6日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター5にて 16:05の回を鑑賞。
『インビクタス 負けざる者たち』 (しゃべりの王国)
クリント・イーストウッドは説明をしない監督だ。マンデラがどんな人生を送ったのか、何が彼をああいった人間にしたのか、彼が具体的に何を成したのか、そんなことは一切説明がない。弱かったスプリングボックスがなぜ強くなったのか、強くなるために主将ピナールは何をし...
★★★★★ 『インビクタス/ 負けざる者たち』 (映画の感想文日記)
2009年。アメリカ。"INVICTUS".   クリント・イーストウッド監督。モーガン・フリーマン主演・製作総指揮。  ネルソン・マンデラを主人公にした映画をイーストウッド監督が作ると知ったときには、なぜ、いま...
インビクタス 負けざる者たち (迷宮映画館)
ボカ!!やったああ。
『インビクタス/負けざる者たち』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「インビクタス/負けざる者たち」□監督 クリント・イーストウッド□脚本 アンソニー・ペッカム□原作 ジョン・カーリン □キャスト モーガン・フリーマン、マット・デイモン、ザック・フュナティ、グラント・L・ロバーツ、  ...
「インビクタス/負けざる者たち」の感想を追記しました。 (MOVIE レビュー)
2月に観る映画をピックアップしています。まずは2月5日(金)公開の「インビクタス/負けざる者たち」です。監督がクリント・イーストウッド、主演がモーガン・フリーマンとマット・デイモンと言われれば、もう期待するしかないのですが・・・、内容のキーワードが「南...
インビクタス/負けざる者たち(2009) (銅版画制作の日々)
 原題:INVICTUS ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 あのクリント・イーストウッド監督の最新作ということで、楽しみにしていた作品です。 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ネルソン・マンデラと言えば、2007年公開の「マンデラの名もなき看守」を思い出し...
インビクタス/負けざる者たち (ぷち てんてん)
これ、珍しく試写会で見たので2週間前になっちゃいます。☆インビクタス/負けざる者たち☆(2009)クリント・イーストウッド監督・・「硫黄島からの手紙」「チェンジリング」「グラン・トリノ」等々モーガン・フリーマンマット・デイモンストーリー 1990年、アパルトヘイ...
映画 ■■インビクタス/負けざる者たち■■ (Playing the Piano is ME.)
隣の男の人がものすごく泣いておられました。 終盤に入ると 何度もメガネ外して、涙を拭いている様子。 すすり泣きも聞こえてきました。
クリント・イーストウッド監督 「インビクタス/負けざる者たち」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
この間、TVのクイズ番組で「何故、映画館でレディースデーをやってる所は多いのに、メンズデーをやってる映画館は少ないのか?」と云う問題が出ました。 そうそう何故なんだ?と自分も思ったンですが… 正解を聞いて、あぁ~~なるほど!と 女性は女性同士で連れ合っ...
『インビクタス/負けざる者たち』 ★★★★ (時流を聴く)
土曜日の午前中に『インビクタス/負けざる者たち』を鑑賞。   監督:クリント・イーストウッド、出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン   イーストウッド作品ということで静かな感動が訪れるのかと思
映画「インビクタス/負けざる者たち」 (FREE TIME)
映画「インビクタス/負けざる者たち」を鑑賞。
インビクタス/負けざる者たち (まぁず、なにやってんだか)
1月27日、科学技術館の「インビクタス/負けざる者たち」の試写会に行ってきました。 以前WOWOWで「マンデラの名もなき看守」を観て、ネルソン・マンデラを尊敬し、興味を持っていたので、ぜひ観たいと思っていた映画です。 ネルソン・マンデラを演じるのがモー...
インビクタス/負けざる者たち (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[南アフリカ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:大吉 2010年10本目です。 【あらすじ】 1990年。 人種隔離政策のアパルトヘイトに反対し、27年間も投獄されていたネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)が釈放。 その4...
「イビクタス 負けざる者たち」:浜離宮前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}恩賜庭園?恩賜って何だ? {/hiyo_en2/}天皇から賜ったって言う意味よ。 {/kaeru_en4/}サッカーの天皇杯みたいなもんか。 {/hiyo_en2/}ちょっと違うと思うけどね。 {/kaeru_en4/}サッカーとラグビーなら同じようなもんか。 {/hiyo_en2/}まあ、どちらもワー...
インビクタス/負けざる者たち (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ジョン・カーリング原作のノンフィクションを映画化した作品。原作は未読です。 アパルトヘイト廃止後の南アフリカで、黒人にも選挙権が認められる中で投票が行われ、ネルソン・マンデラが選出され、初めての黒人大統領となります。黒人たちの間には白人への反発や復讐...
インビクタス/負けざる者たち☆独り言 (黒猫のうたた寝)
クリント・イーストウッドの作品は音楽が結構好きです。ということもあり、今回もはまり♪舞台は南アフリカ共和国。1994年マンデラが大統領になりアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をひとつにまとめるために、彼が注目したものは・・・1995年に開催されたフ...
胸が熱くなる・・・。『インビクタス/負けざる者たち』 (水曜日のシネマ日記)
南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラとラグビー代表チームの姿を通して国民の変化を描いた作品です。
インビクタス 負けざる者たち (yanajunのイラスト・まんが道)
『インビクタス/負けざる者たち』(原題:Invictus)は、ジョン・カーリン原作の小説をクリント・イーストウッド監督が映画化した作品です。主演であるモーガン・フリーマンさんは製作総指揮も務めました。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
映画「インビクタス 負けざる者たち」 (Serendipity !)
 別の映画を観ようとして出かけ、急に気が変わって、クリント・イーストウッド監督の「インビクタス~負けざる者たち」を観た。  “インビクタス”とはラテン語で不屈という意味で、南アフリカ大統領・ネルソン・マンデラ氏が1995年のラグビー・ワールド・カップで...
インビクタス/負けざる者たち (ルナのシネマ缶)
差別や政治的な理由で 30年近く獄中生活を 強いられたのに、それを赦し、 お互いを理解するの道を 模索するネルソン・マンデラは ホントに素晴らしい方でした。 やはりイーストウッド監督作品は 感動物です! 1994年、マンデラ(モーガン・フリーマン)は つい...
「インビクタス/負けざる者たち」 (みんなシネマいいのに!)
 今世界で80歳以上で最もエネルギッシュに活動している映画人はクリント・イースト
♯13 「インビクタス/負けざる者たち」 (cocowacoco)
映画 「インビクタス/負けざる者たち」 INVICTUS         クリント・イーストウッド監督 2009年 アメリカ 憎しみからは何も生まれない。 赦す。 イーストウッド監督の独特の苦味をも消して、ストレートな讃歌。 ネルソン・マンデラ氏の掲げる理想の「虹の...
インビクタス/負けざる者たち (小部屋日記)
Invictus(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン/マット・デイモン/スコット・イーストウッド/ラングレー・カークウッド/ボニー・ヘナ ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 クリント・イーストウッ...
インビクタス/負けざる者たち (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
1990年、南アフリカ共和国。豪奢なラグビー練習場でプレイする白人たちと、道を隔てた原っぱでサッカーに興じる黒人少年たち。アパルトヘイトを象徴するかの光景が広がる。だが、歴史は変わりつつあった。 隔てる道を、30年近く政治犯として捕らえられていたネ...
「インビクタス 負けざる者たち」やっぱり、イイな~。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[インビクタス/負けざる者たち] ブログ村キーワード  “クリント・イーストウッド監督第30作”「インビクタス 負けざる者たち」(ワーナー・ブラザース)。南アフリカでの感動の実話を映画化。相変わらずエエ仕事しますな~!イーストウッド監督。  南アフリカ...
映画:インビクタス Invictus についてPart 2  現代に、この話を映画化する意義。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
開始5分で既に号泣(笑) なんてあとで読み返すと、恥ずかしいアップをしてしまったのだが、実際そうだったので。。。。。 このインビクタス Invictusの感想への反応もトラバでけっこういただいていることもあり、このへんをも少し。 ちゃんと説明したいと思う。 8...
インビクタス 負けざる者たち (みすずりんりん放送局)
 『インビクタス 負けざる者たち』を観た。  その人の名は、ネルソン・マンデラ。  南アフリカの大統領だったといえば、遠い存在だ...
インビクタス 負けざる者たち  INVICTUS (映画の話でコーヒーブレイク)
クリント・イーストウッドの新作、今回も「毎日1000円キャンペーン」中のワーナーシネマズ海老名で 見てきました。 しか~し、日本語タイトル「負けざる者たち」って、かなり苦しいタイトルやなぁ~。 調べてみたら「Invictus」とは1888年に発表されたウイリアム・ア...
インビクタス‐負けざる者たち‐ (ダイターンクラッシュ!!)
2010年2月13日(土) 18:30~ チネ9 料金:0円(ポイント利用) パンフレット:未確認 『インビクタス‐負けざる者たち‐』公式サイト 巨匠イーストウッド先生の新作は、大統領役者モーガン・フリーマンをネルソン・マンデラに迎えた、素直でストレートな爽やかス...
インビクタス/負けざる者たち (Movies 1-800)
Invictus (2009年) 監督:クリント・イーストウッド 出演:モーガン・フリーマン、マット・デイモン、トニー・キゴロギ、パトリック・モフォケン 1995年、南アフリカで開催されたラグビー・ワールドカップに秘められた実話を描いたドラマ。 27年にも及ぶ投獄生活から解放...
インビクタス 負けざる者たち (りらの感想日記♪)
【インビクタス 負けざる者たち】 ★★★★ 映画(8)ストーリー 1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデ
インビクタス 負けざる者たち (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】クリント・イーストウッド 【出演】モーガン・フリーマン/マット・デイモン/トニー・キゴロギ/スコット・イーストウッド 【公開日...
インビクタス負けざる者たち (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
クリント・イーストウッド監督の最新作です。1995年に南アフリカでラグビーのワールドカップが開催されたときに起きた奇跡。実話をもとにした映画です。1990年、ネルソン・マンデラは27年間の投獄のあと釈放され、1994年に南アフリカの大統領に就任した。大統領官邸に入っ...
インビクタス/負けざる者たち (to Heart)
ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。 原題 INVICTUS 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 134分 原作 ジョン・カーリン 脚本 アンソニー・ペッカム 監督 クリント・イーストウッド 音楽 カイル・イーストウッド/マイケル・スティーヴンス 出...
[映画『インビクタス/負けざる者たち』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆うーん、面白かったですねえ。  『グラン・トリノ』に続いて、テーマは、民族の「融和」であった。  前作の町内レベルから、国家レベルへと、テーマがスケールアップしている。  アパルトヘイト下、27年間を「テロリスト」として獄中で過ごしたマンデラ氏が、南...
★「インビクタス/負けざる者たち」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近、話題作ばかり作ってるクリント・イーストウッド監督作。 ラグビーというアメリカでは???系のスポーツを題材に、 でも実は人種差別問題を抱えた南アフリカ大統領ネルソン・マンデラもの。
【インビクタス/負けざる者たち】 (+++ Candy Cinema +++)
【INVICTUS】【監督】 クリント・イーストウッド   【製作総指揮】 モーガン・フリーマン     【原作】 ジョン・カーリン  【脚本】 ア...
インビクタス/負けざる者たち (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  30年近く牢獄に閉じ込めた白人たちを赦し、白人と黒人が共存出来る国を創った南アフリカ共和国のネルソン・マンデラ大統領。この作品は、彼が南アが唯一世界に誇れるラグビーを通して、人々の魂を揺るがすような人間愛を貫いた感動作品である。 監督は絶...
インビクタス 負けざる者たち(試写会) INVICTUS (まてぃの徒然映画+雑記)
南アフリカ共和国でアパルトヘイトが廃止された後の初代大統領にして素晴らしきリーダー、ネルソン・マンデラと、南アが誇るラグビーのナショナルチーム『スプリングボクス』の物語。実は私、ラグビーをやってまして、南アで開催された第3回ラグビーワールドカップもリア...
実話、出来すぎ、でも感動作。~「インビクタス負けざる者たち」~ (ペパーミントの魔術師)
野原でサッカーをやってる子供たちと 道路ひとつ隔てた向こうでは ラグビーの練習が行われているグラウンド。 なんかもうここからして 壁というか隔たりというかそういうものを視覚に訴えてくるOP. 黒人VS白人というだけじゃなくて スポーツだってラグビーよりサッ...
インビクタス/負けざる者たち (C note)
『チェンジリング』『グラントリノ』のような胸に深く突き刺さる痛みはなく、爽やかな
インビクタス 負けざる者たち (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞インビクタス 負けざる者たち/INVICTUS 2009年/アメリカ/134分 監督: クリント・イーストウッド 出演: モーガン・フリー...
インビクタス/負けざる者たち (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「インビクタス/負けざる者たち」監督:クリント・イーストウッド(『グラン・トリノ』)出演:モーガン・フリーマン(『ウォンテッド』『ダークナイト』)マット・デイモン(『オー...
「インビクタス/負けざる者たち」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Invictus」 2009 USA ネルソン・マンデラに「最高の人生の見つけ方/2007」「ウォンテッド/2008」「ダークナイト/2008」のモーガン・フリーマン。 フランソワ・ピナールに「グッド・シェパード/2006」「ディパーテッド/2006」「ボーン・アルティメイタム/2007...
インビクタス/負けざる者たち (Yuhiの読書日記+α)
ジョン・カーリン原作のノンフィクション小説を、クリント・イーストウッド監督が映画化した感動ドラマ。反アパルトヘイト運動に尽力し、南アフリカ共和国大統領となったネルソン・マンデラと、同国のラグビー代表チームのキャプテンとの人種を越えた友情を描く。キャスト...
「インビクタス/負けざる者たち」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 今やハリウッド有数のヒットメイカーとなった名監督・クリント・イーストウッドの最新作は、南アフリカ初の黒人大統領となった”英雄”ネルソン・マンデラ氏と、「国の恥」とまで評された弱小ラグビーチーム・スプリングボクスによってもたらされた、1995年ラグビー...
【映画】インビクタス/負けざる者たち (新!やさぐれ日記)
▼動機 テレビ版CMの出来の悪さに反って興味を持った ▼感想 鑑賞後に色々と興味を持てる材料が残るところがよい ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 1994年、ネルソン・マンデラ(モーガン・フリーマン)はついに南アフリカ共和国初の黒人大統領とな...
「インビクタス/負けざる者たち」ららぽーと豊洲で鑑賞。 (Beinthedepthsofdespair)
たった一人でも、その人望で、時として、民衆を、国すら動かす、大きなうねりとなる。モーガン・フリーマン演じるマンデラ大統領に、違和感感じさせられない、そんな彼の熟練した演技に好感が持てました。あれだけ長く牢獄に閉じ込められながらも、「人を赦す」「寛容な心...
インビクタス/負けざる者たち (花ごよみ)
監督、製作はクリント・イーストウッド 27年もの間、刑務所に、 収容されていたネルソン・マンデラ。 アパルトヘイト政策終結を掲げ、 後に南アフリカ初の、 黒人大統領になった人物。 南アフリカ共和国大統領、 ネルソン・マンデラを モーガン・フリーマンが演じて...
インビクタス/負けざる者たち【2009アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原題:INVICTUS(2009年アメリカ)監督:クリント・イーストウッド出演:
インビクタス/負けざる者たち (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】 「ここは、パイロットの私の全責任で遂行する!」
インビクタス 負けざる者たち / 85点 / INVICTUS (ゆるーく映画好きなんす!)
前作で個の在り方を問うたイーストウッドが今度は国と世界の在り方を問う 『 インビクタス 負けざる者たち / 85点 / INVICTUS 』 2009年 アメリカ 134分 監督 : クリント・イーストウッド 脚本 : アンソニー・ベッカム 出演 : モーガン・フリーマ
「インビクタス/負けざる者たち」 (古今東西座)
名前で客を呼べる役者から名前で客を呼べる監督になったクリント・イーストウッドの新作。今回は人種隔離政策〈アパルトヘイト〉が終焉を迎えた南アフリカ共和国で初めて黒人大統領となったネルソン・マンデラの実話の映画化。彼が黒人と白人が一つにまとまり共存していく...
インビクタス 負けざる者たち (5125年映画の旅)
アパルトヘイトが廃止され、全ての人種が平等になった南アフリカ。しかし人々の心は未だに変わっておらず、人種差別は続いていた。27年間投獄された後に大統領となったネルソン・マンデラ。国民の心を一つにする事を目標とする彼が選んだのは、弱小ラグビーチームの...
「インビクタス/負けざるものたち」に負けました (再出発日記)
見終わった直後は、「いい映画だった。合格点である。しかし、いくつかは不満なところもある」という程度の作品であった。それだけでもマアすごいのであるが、クリント・イーストウッド監督だから自然とハードルは高くなるのではある。だから見たあと一日たって感想メモに...
ウィー・アー・ザ・ワールドチャンピオン クリント・イーストウッド 『インビクタス 負けざる者たち』 (SGA屋物語紹介所)
番長グループの抗争により、校内暴力が激化の一途をたどる南阿弗利加高校。その学校へ
『インビクタス 負けざる者たち』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
1994年、マンデラはついに南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。いまだにアパルトヘイトによる人種差別や経済格差の残る国をまとめるため、彼はラグビーチームの再建を図る。1995年に自国で開催するラグビー・ワールド・カップに向け、マンデラとチームキャプテンのピナ
「インビクタス」 負けざる魂の作り方ともたらすもの (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
1994年、南アフリカ共和国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラの実話を元にした物語。様々な問題が山積する中で、人種差別もその重大な...
「インビクタス/負けざる者たち」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/アメリカ  監督/クリント・イーストウッド  出演/モーガン・フリーマン     マット・デイモン  私が言うのも大変おこがましいのだけれど、クリント・イーストウッドは本当に映画を知っている人だと思う。「硫黄島からの手紙」「チェンジリング」...
インビクタス (映画的・絵画的・音楽的)
 『インビクタス/負けざる者たち』を渋谷のシネパレスで見ました。  クリント・イーストウッド監督の作品については、これまでも随分とおつきあいをし、昨年だけでも『チェンジリング』と『グラン・トリノ』の2本を見ているので、この作品もぜひと思って映画館に出向...
インビクタス/負けざる者たち [監督:クリント・イーストウッド] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ちょっと物足りない。実際に起こった奇跡のような出来事に、マンデラその人の偉大さを重ね合わせるのは良い。アパルトヘイトという過去の記憶を鮮やかに覆す感動はあるが、それは映画で描かれていない部分の記憶から得られる感動であって、映画的高揚感とは言えない。
インビクタス 負けざる者たち (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:クリント・イー
10-56「インビクタス/負けざる者たち」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
我が魂の指揮官  1990年、アパルトヘイトに反対し27年間も投獄されていたネルソン・マンデラがついに釈放される。そして1994年、初めて全国民が参加した総選挙が実施され、ネルソン・マンデラは南アフリカ初の黒人大統領に就任する。  しかしアパルトヘイト撤廃後も、...
『インビクタス/負けざる者たち』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 ひとつの願いが、ほんとうに世界を変えた物語。  その人の名はネルソン・マンデラ。南アフリカの大統領だったと言えば、遠い存在だと思うだろうか。けれども、彼の起こした“奇跡”に触れれば、あなたの中で、きっと何かが変わる――。
【映画】インビクタス/負けざる者たち…の記事&お盆はこうしてた! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
私のお盆休みの過ごし方。 13日(金曜日){/kaeru_fine/}{/kaeru_rain/}…夜勤明けなので(しかも帰宅後ビール{/beers/}を少し飲んだので)昼過ぎまでダウン{/face_hekomu/}。 午後(14時頃)から、(嫁さんの)実家に行っていた嫁さんと娘に合流。 夜には帰省している学...
『インビクタス/負けざる者たち』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 インビクタス/負けざる者たち 』 (2009)  監  督 :クリント・イーストウッドキャスト :モーガン・フリーマン、マット・デイモン、スコット・イーストウッド、 ザック・フュナティ、グラント・L...