★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

椿三十郎

2007-12-08 13:53:53 | 映画【た行】

黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇のリメイク。
オリジナルは未見なので、真っ白な気持ちで鑑賞へ―
【story】
とある社殿の中で、井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ9人の若侍たちが上役の汚職について密談していると、椿三十郎(織田裕二)という浪人が現れる。密談を盗み聞きしていた三十郎は陰謀の黒幕を見抜き、室戸半兵衛(豊川悦司)率いる悪者の手先から若侍たちを逃がす―
     監督 : 森田芳光  『世界の中心で、愛をさけぶ』 『サウスバウンド』

【comment】
あまり邦画や時代劇を観ないし、勇気を出して告白すると・・・『武士の一分』を観に行ってウトウトしちゃったので(汗)、「退屈するかも」と思ったけれど、最後まで楽しく鑑賞出来た。
これはまさに痛快時代劇って感じですぅ~

 

お話はオリジナル脚本そのままだそうで、とっても分かりやすい勧善懲悪物語です。
いつの世にも蔓延る汚職役人を粛清しようと正義に燃える九人の若侍たち。
だけど、その九人の若侍と善良な上役は、逆に濡れ衣を着せられ抹殺されそうになる。
そこで登場するのが我らが椿三十郎―
ただの通りすがりの素浪人の三十郎は、ピンチの若侍たちを見捨てられずに、彼等に加担することになる。
この椿三十郎は、口は悪いが人は良く、だらしがないようでいて頭が切れ、おまけに度胸はあるし滅法腕が立つ―という優れ者。
次々襲ってくるピンチを機転を利かせて乗り切って、、、いざ悪者を懲らしめる~

 

思った以上にコミカルなシーンが多く、笑いどころがいっぱい
悪者三人組の西岡徳馬、小林稔侍、風間杜夫が雁首揃えているシーンも可笑しいし、ちょっと間抜けな役の佐々木蔵之介もいい味を出していた。
中村玉緒と鈴木杏のマッタリとした感じも良かったと思う。
松山ケンイチ君は、L以外の演技を初めて観たけれど(汗)・・・なかなか頑張っていた
ちょっとセリフ回しの間が気にはなったけど(笑)
で・・・ただ面白いってだけでなく、三十郎の好敵手である室戸を演じた豊川悦司が、場をキリリと締めていい雰囲気にしていたと思う。
織田裕二は、役作りのために8kgも体重を増やしたそうで、殺陣の練習も相当されたのか、連続斬りのシーンなどは迫力があった。
ただ・・・何故かあまり強くは見えなかったなぁ~どうも隙があるように思えて・・・
何でかな?髪型や童顔のせいかな?

 

で・・・なかなか面白い時代劇だったけれど、鑑賞中からチョイ疑問に思ったことが・・・
そもそもどうしてこの映画を作ったのかなぁ?
オリジナルを未見で言うのも変だけど、きっとオリジナルとは全く趣が違うと思うの。
そりゃーそうよねぇ~45年も経っているんだから。
なのに、どうしてわざわざ脚本をそのままにしたのかなぁ~って感じたわ。
痛快で面白いのはいいんだけど・・・どう~も新しさがないというか、この作品独自の魅力に乏しいというか、、、、、
折角豪華キャストを揃えたんだから、織田版バリバリの新しい椿三十郎で、今の時代に合う新しい脚本で作っても面白かったんじゃーないかしら?
役者の皆さんが、オリジナルに敬意を払い過ぎて演じているように思えたのは・・・私の気の回し過ぎかな?エヘヘ

さて、今まで全く念頭になかったが、これを観たらオリジナルを観てみたくなった。
もし私のように感じた方がいたら・・・この映画はそれで成功なのかな?
でも、「きっとオリジナルはもっと面白いだろうなぁ~」と感じるのは寂しい気がする。
織田三十郎を観て三船三十郎に憧憬を抱くのではなく、織田三十郎にとことん惚れ込みたかったで~す 
    
    PS.『いい刀は鞘に収まっているもの・・』というのはいいセリフだったけど、
      室戸の刀を鞘に収めたのは一瞬違和感が・・・(汗)
      刀を抜く前に斬られたって思われないといいな・・・   (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (49)   Trackbacks (83)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 善き人のためのソナタ | TOP | 【本】ジェネラル・ルージュの凱旋 »
最近の画像もっと見る

49 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (ジョー)
2007-12-08 20:12:44
「ディパーテッド」のように、
脚本いじくってまでリメイクしないほうがよかったんじゃないと
いう映画が多い中、
この映画は、お話のおもしろさが変わっていないだけでなく、
同じ脚本でも演出が変わるとこうなるんだ、という
演出の教科書としても楽しめました。
DVDでワンシーンずつ見比べてみるのも一興かと思います。
織田三十郎 (たいむ)
2007-12-08 20:26:41
由香さん、こんにちは。
私は、時代劇は結構好きです。
完全懲悪モノではなくって、池波正太郎系の時代劇はいいですよ~。

面白い脚本がそのまま楽しめたのは良かったですけど、さすがに演じても見る側も変化しているのだし、今風を演出しても良かったように私も思います。
ちょっと勿体無かったですねw
Unknown (エクスカリバー)
2007-12-08 22:03:18
優れた脚本というものは、役者を代えようが演出を変えようが面白さは損なわれないのかな、と思いました。
オリジナルが大好きで、今回のリメイクは不安しかなかった自分でも充分楽しめましたから。
ただどちらが良いかと言われると、やっぱりオリジナル版になってしまいますね。
由香さんも是非見比べてみて下さい。
Unknown (moriyuh)
2007-12-08 22:03:27
YUKAさま

いつもTBありがとうございます。
私もお返しさせていただきました。

>今まで全く念頭になかったが、これを観たらオリジナルを観てみたくなった。

全体に軽いところはあったものの、私は意外と好きになってしまいました。
YUKAさま同様、オリジナル観たくなっちゃいました。

あのダジャレを言っていったのかと?やはりそそられます。
お正月に観るつもりでいます…。
こんばんは♪ (ゆかりん)
2007-12-08 22:12:18
私もオリジナルは観てないのですが、かえって比べることなく観られたので良かったと思います。
不安に思ってた織田裕二の時代劇・・・まぁ意外に良かったというか、良かったです。
オリジナルの脚本そのままだというので、ぜひオリジナルを観てみたいと思いましたねー。
こんばんわ~ (ななな)
2007-12-08 22:25:57
由香サンタさんへ♪
もうすぐ出動ですね!
今頃色々探りを入れている頃かしら??
うちにもサンタさん来ないかなー(笑

映画なのですが、由香さんが観るのなんか意外ーって思いました。でも楽しめたご様子で♪
でも、私もねこの作品自体には疑問持ちました。
オリジナルを観たいって思わせるには大成功だと思いますが、それだったら全くこっちもオリジナルにしちゃってもできるわけで。何で同じ脚本まで使っちゃったのかなって。
多分どうやってもオリジナルには勝てないと思いますし、だったら・・・って思うんですよね。
でもでも、新しい時代劇発見!で楽しめたので良しとしました。
こんばんは (ノラネコ)
2007-12-09 00:26:12
まあ一言で言えば、黒澤版以上に面白く見せる方法論が見つからなかったんでしょうね。
それもアリかなあとは思うんですけど、俳優が違うのだから演出もやはり変える必要があったかと思います。
どうしても借り物感というか、コスプレを見ているような感覚が付きまといました。
なかなか面白い時代劇 (miyu)
2007-12-09 01:23:20
でしたよねぇ~。
コレは時代劇が苦手な人でも楽しめるかな?
って思いましたね。
まぁ、おっしゃるようになんでまんまリメイク?
って疑問はごもっともだと思いますが(;・∀・)
日本もハリウッドにならってリメイク・ブームなのかな?
でも、そのせいもあって洋画よりも邦画の観客動員がせっかく
伸びてるのに、失敗例にならってどうするのよ?
って思っちゃいますよねぇ~。
Unknown (Unknown)
2007-12-09 08:55:17
コンピュータゲームである「ドラゴンクエスト」も「ファイナルファンタジー」も「イース」も、シナリオやバランスはそのままにプラットフォームに合わせた演出が追加される形でリメイクされていますが、「オリジナルが一番面白いよ」といくら言ったところで、わざわざオリジナルを遊んでもらえないのが現状です。

そんななか、この映画はオリジナル未見の人に
「オリジナルの方はもっと面白いに違いない」
「オリジナル版を見てみたい」
と思わせることに成功しているので、それはそれで成功なんじゃないかな?
なとど思う次第であります。

そんな私もオリジナル未見で、観賞後に興味をもった一人です
TBありがとうございました。
すみません (あるきりおん)
2007-12-09 08:56:35
上の投稿、名前忘れました・・・
TBありがとうございました! (non_0101)
2007-12-09 10:31:52
こんにちは!どうだろうなあと思って観始めたのですけど、なかなか楽しく観れました。佐々木さんは美味しい役でしたね~
試写会では観終わった後に拍手が出て、ちょっとびっくりでした
特に、隣の席に座っていた女性は「さすが織田裕二~!」と言いながらスタンディングしていました。(別に舞台挨拶付きでもないのに)オリジナル世代の男性たちも盛り上がりながら帰っていました。
映画も楽しかったですけど、観客の反応も楽しかったです
こちらにも~。 (JoJo)
2007-12-09 17:13:11
>そもそもどうしてこの映画を作ったのかなぁ?

洋の東西を問わず、リメイクと聞くと、出来不出来にかかわらず、いつもそう思います(笑)この場合は、新鮮な顔ぶれで古い作品を撮ったらどうなるか・・・という考えだったのでしょうかね!?

本作、わたしはハードルをものすごく低くして観に行ったせいか、なかなか楽しめました。気楽に観られる映画が好きだからかもしれないです。しかし、最後の決闘シーンは、さすがにあっけないと思いました(笑)
こんばんは♪ (くろねこ)
2007-12-09 22:36:09
芸達者な役者さんたちがみんな愉快でくすくすしちゃいました(笑)やんちゃな織田版椿三十郎。彼の姿が現代に何をなげかけてるのかは良く分かりませでしたが((;><)
意外と楽しめました(笑)
TBありがとうございました (sakurai)
2007-12-10 10:22:56
今、一番苦手な監督がモ○タで、どうにも好きになれない○ダというラインナップで、最初から色眼鏡で見ちゃうので、だめですね。
リメイクまでもいかない、コピーですからねええ。
半端なリメイクとかして、ぼこぼこにされるよりは、完全なるコピーにしてしまった監督の臆面もない心意気を感じました。
やっぱ、仲代達矢の凄みが忘れられません。
ジョーさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 14:08:17
こんにちは!
コメント頂きありがとうございました^^・
『ディパーテッド』は正直コケましたよね~
あれはオリジナルにとっても敵わない映画だったと思います。
本作のオリジナルを未見なので何とも言い難いのですが・・・『演出の教科書としても楽しめました』-そういう面を感じられましたか。
確かに織田三十郎も悪くはなかったですよね♪
たいむさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 14:11:32
こんにちは!
たいむさんは時代劇がお好きなんですか?
私は史実にのっとった物語は大好きなのですが、それ以外はイマイチで・・・(汗)
やはり『今風を演出しても良かった』という面は感じましたよね。
これはこれで面白くって楽しめたのですが、ど~~~もパンチが弱かった気がします。
エクスカリバーさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 14:16:00
こんにちは!
コメント頂きありがとうございました^^・
エクスカリバーさんはオリジナルをお好きなんですね。
私は日本の白黒映画を観た記憶がなく・・・(汗)
こうやってリメイクされると、「もしかしたら面白かったのかも・・・」って思っているところです。
レンタルで観てみたいなぁ~
本作が、こんなに笑いのある映画だと思っていなかったので、嬉しい誤算を感じながら鑑賞しました。観に行って良かったです♪
moriyuhさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 14:20:29
こんにちは!
コメント頂きありがとうございました^^・
やっぱりオリジナルに興味が湧きますよね~
あの怖そうな三船さんがダジャレを言っていたのかと思うと・・・
それに白黒で観ると雰囲気も違うでしょうから、私も是非観てみたいです。
思った以上に笑いどころが満載で楽しめましたね。
押し入れから顔を出す佐々木さんが面白かったです
ゆかりんさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 19:32:05
こんばんは!
これを観るとオリジナルに興味が湧きますね~
織田君の時代劇はなかなかサマになっていました。
ちょっと髪型は時代劇っぽくありませんでしたが・・・ハハハ
笑えるところが多くて面白ったですね
なななちゃんへ^-^* (由香)
2007-12-10 19:39:33
こんばんは!
そろそろサンタの季節ですぅ~
我が家では毎年靴下を下げて・・・そこに手紙を入れさせるんですよ。で・・・その手紙を持って、いざトイザラスへ(笑)~

この映画、最初は観ようかどうしようか悩んだのですが・・・ちょっと織田さんに興味があったので(照)結局鑑賞しました♪
結構面白かったので観て良かったと思ったのですが、全く同じ脚本にしたのは疑問でしたね~
折角なので、織田さんにしか出来ない三十郎のキャラ作りをしても良かったかなぁ~と思いました
ノラネコさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 19:45:48
こんばんは!
ノラネコさんの記事を読ませて頂いて、私も同じような感想を持ったなぁ~って感じました。
ノラネコさんのように上手く文章には出来ないのですが・・・
私はオリジナルを未見なのですが、やはり『どうしても借り物感というか、コスプレを見ているような感覚』がありました。
折角キャストも良かったので少し残念です。
でも、普通に楽しめたので観て良かったです♪
miyuさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 19:51:44
こんばんは!
miyuさんが鑑賞されたのは試写会でしたっけ。
私は平日に観たのですが、一番大きなスクリーンでの上映だったのに観客が10人程で寂しかったですぅ~
この映画の興行成績はどうなんでしょうね・・・
まんまオリジナルの脚本にはビックリでしたが、なかなか面白い時代劇でしたね。
一番のお気に入りは押入れ君!!(笑)
風間杜夫のドキドキ君も可愛かったです
あるきりおんさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 19:58:32
こんばんは!
コメント頂きありがとうございました^^・
『「オリジナル版を見てみたい」と思わせることに成功しているので、それはそれで成功なんじゃないかな?』―私もそう思います。
でも、折角の豪華キャストですから、このキャストでしか観れない三十郎を堪能したかった気もします。
どうもオリジナルの影を引きずっているような妙な感覚がありました。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-12-10 21:40:51
由香さんが時代劇にも足を運んでくださって嬉しいです♪
映画を見始めたころに、父親が黒澤映画を是非見るように勧めてくれて、その時に「七人の侍」や「用心棒」「椿三十郎」「生きる」などを見ました(レンタルなんて無かったから、テレビ放送にて)。
世界の黒澤なんていいますけれど、やはりそういわれるだけの迫力とかエンタメ性とか白黒映画の考え抜かれたコントラストは素晴らしいものがあったと想います。
今回脚本を一切変えず、また、カット割りさえもオリジナルに似たものがたくさんあったということで、リメイクの意味を考えさせられました。
これはもはやリメイクではなくリスペクト作品だという声もあってなるほどな~と。
「用心棒」はどのようにリメイクされるのかが楽しみなような不安なような気持ちです。
non_0101さんへ^-^* (由香)
2007-12-10 22:44:15
こんばんは!
nonさんが鑑賞された時は、楽しく盛り上がったようですね~
ご年配の方の反応が上々だと嬉しくなりますね、きっとオリジナルもご存じのはずですから。
オリジナルを知らない私が、どうも新しさに欠けている点で心配・・・と思ったのは杞憂かもしれませんね。アハハ
大満足とまではいきませんでしたが、なかなか面白い時代劇で、オリジナルに興味も抱きました。
佐々木さんは面白かったですね♪
JoJoさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 22:51:20
こんばんは!
松山さんは長セリフを頑張っていましたね~
慌てたような表情も可愛かったです♪
私もハードル低めで観に行きましたし、こんなにコメディタッチだと思わなかったので、何度も声を出して笑いました~
気軽に楽しめる時代劇ですね!
『最後の決闘シーンは、さすがにあっけないと思いました(笑)』
実は私も・・・一発で終わり?!って思っちゃった~
もっともっと長い戦いを期待していたので・・・
リメイク作品って難しいですよね。
私のようにオリジナル未見でもオリジナルを意識する変な奴もいるし(笑)
役者の皆さん、お疲れ様でした~って言いたいです
くろねこさんへ^-^* (由香)
2007-12-10 22:53:26
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
なかなか面白い時代劇でしたね~
『やんちゃな織田版椿三十郎』ってフレーズはピッタリだと思います。
織田さんは童顔のせいか、やんちゃなイメージがありますものね♪
こんにちは~ (hito)
2007-12-11 10:00:28
私もオリジナル未見ですが、これはこれで気軽に見れる時代劇として楽しめました!
でも、もっと重厚で迫力あったんだろうな~と思ってしまうんですよね、何故か。

でも出演者のみなさん味のある演技で面白かったです!私は特に佐々木蔵之助さんのとぼけたキャラが好みでした♪
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2007-12-11 14:35:56
こんにちは!
sakuraiさんはオリジナルを観賞されているんですね。
私は未見ですし、織田さんも嫌いじゃーないので結構面白かったです^^・
コメディな雰囲気の映画だったのは予想外だったので、何度も笑ってしましました~
ただ、オリジナルと脚本を同じくしたことには疑問が・・・例え素晴らしい脚本でも、平成版として新しい試みをして欲しかったです。
ミチさんへ^-^* (由香)
2007-12-11 14:42:25
こんにちは!
ミチさんは黒澤監督の映画を沢山鑑賞されているんですね♪
そうですか~お父様のオススメでしたか・・・
私の両親が、私の幼い頃に無理矢理見せた映画は洋画ばっかりでした。私の洋画好きは、その辺の事情が影響しているかも・・・考えてみたら、昔の邦画を全然観ていませんし(汗)
オリジナルを知らずに観たので、比べることもなく、素直に映画を楽しめました。
なのに、何故か役者さんたちがイマイチ楽しそうに演じていないように見えちゃって・・・気のせいだとは思うのですが、あのキャストでしか出来ない三十郎を堪能したかったです。
hitoさんへ^-^* (由香)
2007-12-11 14:45:45
こんにちは!
コメント頂きありがとうございました
私も佐々木さんはお気に入りです(笑)
押し入れから顔を出した時のトボケ具合が面白かったですよね♪
なかなか楽しめたのですが、私もオリジナルは、『もっと重厚で迫力あったんだろうな~と思ってしまうんですよね、何故か』ーに同感です。未見なのに不思議ですね
面白かったです。 (マリー)
2007-12-11 21:10:20
こんばんは~~
TB、コメント ありがとうございます~
最初不安でいっぱいだったんですが~見終わって安心しました。これならおっけ~みたいな(私がOKサイン出しても・・・苦笑)
正直、織田ちゃんに時代劇、それも三船さんが演じた役を?とかなり違和感あったのですが
全てが「新しい」カンジがしました。
それなのに脚本はそのまま・・・っていうのにびっくり仰天でした。
素晴らしい脚本は、時代を超えて通用すると言いたかったのでしょうか?
でも由香さんがおっしゃるように「新しい三十郎」を見たかった気もします。
きっと、この面々ならステキな作品が出来たろうに・・と思ってしまいました。

佐々木さん、さいこ~~~!!!(爆)
ありがとうございます! (Yuhi)
2007-12-11 23:01:54
YUKA様、こんばんは!TBありがとうございました。

私もオリジナルを未見のせいか、予想以上に楽しく見ることができてよかったです。
コミカルなシーンも多くて、ずっと笑いっぱなしでしたし。

けど、やっぱりオリジナル版とどこがどんな風に違うのかも気になっちゃいますよねー。
マリーさんへ^-^* (由香)
2007-12-12 10:17:42
こんにちは~マリーさん、お元気ですか?
足の痛みは癒えましたか?
そろそろ今年も終わりで・・・何だか慌ただしくなってきましたね~
最近目が回りそうに忙しい気が・・・色々あって・汗
楽しいクリスマスを迎えましょうね

で・・・映画ですが、なかなか面白かったです♪
佐々木さんも面白かったし、悪役の方も憎めない感じで・・・
織田さんも結構時代劇が合っていましたよね。
これなら、、、新しい脚本で、織田の代表作!!みたいな映画を作っても良かった気がしました~
Yuhiさんへ^-^* (由香)
2007-12-12 10:21:03
こんにちは
私も期待以上にウケちゃって、『コミカルなシーンも多くて、ずっと笑いっぱなしでした』ですぅ~
こんなに可笑しい物語を三舟さんが演じたなんて・・・凄く意外です。
こうなるとオリジナルが気になりますね!
こんにちは♪ (ひらで~)
2007-12-13 09:45:38
TBありがとうございました♪

私はオリジナルを若い頃TVで観ましたが、かなり気に入ってしまい、
リメイクの話を知ってはじめはえ~?って思いましたが、
観てみるとこれが面白くて、オリジナルを知ってる知らない関係なく
楽しめる♪って思いました。
若い方も、昔若かった方(笑)も、一緒に思いは違えど語れる映画って
好いなぁって思います。
脚本に関しては私は代えるところがないと思えるのですが、
原作があるので、別な脚本を作るのも面白いと思いました。
ひらで~さんへ^-^* (由香)
2007-12-13 22:05:00
こんばんは!
ひらで~さんはオリジナルを観賞されているんですか^^・
オリジナルをご存じでも織田三十郎は楽しめたようですね~
私は全く内容を知らずに鑑賞しましたが、思った以上にコミカルで面白かったです。
ただ・・・何だか何かが窮屈に思えて・・・新しい脚本で新しい時代劇を観たかった気がしました~
意識しすぎに見えました (くまんちゅう)
2007-12-15 16:38:47
織田三十郎は三船オリジナルを意識しすぎで、真似ようとしたのが違和感の原因だったかもしれません、それ以外の役は自分なりにこなして面白いと思いましたけど、肝心の主役が本人のキャラじゃなかった気がします。
飄々とした軽めの浪人風にすればそれなりに出来たと思うので残念な気がします。
くまんちゅうさんへ^-^* (由香)
2007-12-15 23:03:19
こんばんは!
コメントありがとうございました^^・
『肝心の主役が本人のキャラじゃなかった気がします』-それそれ!それなんですぅ~
なかなか面白い時代劇を観たな・・・とは思ったのですが、どうも違和感を感じてしまって・・・
私はオリジナルを未見なので本当のところは分かりませんが、織田さんはオリジナルを意識し過ぎだったのかなぁ~と思えました。
ちょっと可哀想でもありました。
やはり・・・ (ルナ)
2007-12-17 00:20:46
私もオリジナルは、未見なのでそれなりに楽しめたのですが、
織田くんは、三船さんをかなり意識していたようで、
ちょっと無理感を感じましたよねー。
由香さんの言われる通り、どうせならもっとアレンジが
あっても良かったのかもしれませんね。
でも、やはりオリジナルを観てみたくなりますよね。
それって・・・成功なのか?失敗なのか?・・・微妙ですが・・(~_~;)
ルナさんへ^-^* (由香)
2007-12-17 10:11:27
こんにちは!
そうなんですよね~
結構笑える時代劇で、それなりに面白かったのですが、、、役者の方がオリジナルを意識し過ぎなのか、どう~もオリジナルの方に気持ちが向いちゃうんですよねぇ~
どうせなら、織田流の全く新しい三十郎を作り上げた方が良かったのでは?と思いました。
その方が、この作品への印象が強まる気がしました。
こんにちは (えめきん)
2007-12-23 09:13:20
TB&コメントありがとうございました。

50年近くも前の脚本をそのまま使用したにも関わらず、古臭さを一切感じさせない。その辺りに黒澤明の偉大さを感じます。新しさが無いというのも言えるかもしれませんが、それは最近の邦画全体に言える事の様な気もしますし。
えめきんさんへ^-^* (由香)
2007-12-23 13:18:42
こんにちは!
『最近の邦画全体に言える事の様な気もします』-うわ~~~えめきんさん、私は多分そういう点で邦画を敬遠してしまうのだと思いますぅ~
どうも退屈で・・・ワンパターンだし・・・ああ!!危険発言だわ~
黒澤監督の脚本は面白いなぁ~と思ったのですが、、、どうも演じている側の魅力が気になりました。
オリジナルを超えるパワーが欲しかったです。
楽しめました(^^)v (kira)
2007-12-28 20:14:56
今晩は~、由香さん♪
お久しぶりです!先にTB戴きありがとうございます~★

私はもともと「踊る~」も好きでしたし、
織田さんの爽やかで熱いキャラがキライじゃないので、
今、現在椿三十郎を演じられるのは、もう直ぐ四十郎にはみえないけど(笑)
カレ以外にはいないと思いました~

他の脇役キャラも皆さんはまってて、とっても楽しかったです
とても痛快な時代劇に仕上がっていたと思いました!
kiraさんへ^-^* (由香)
2007-12-29 12:27:43
こんにちは!
おお~!!kiraさんも織田さんがキライじゃないのですね?
私もキライじゃなくて(変な言い方ですね・笑)、『踊る~』は喜んで何回も観ています~♪
だから、織田三十郎もなかなかハマっていたと思いますし、時代劇にしてはコミカルで面白かったです。
脇の方々も好演でしたね~
もうちょっと、この映画なりの良さを追求してもらいたかった気がしますが・・・家族みんなで楽しめる映画でしたね!!
TBありがとうございます (KGR)
2008-01-15 00:19:42
私もオリジナルをリアルタイムで見たわけではありませんが、
TVでは見た記憶があります。

オリジナルの最後の一騎打ちはあまりにも鮮烈で、
加山雄三の「お見事!」を叱り飛ばす三船敏郎は迫真です。

あの映画史に残る名シーン、
ちょっと強烈だとは思いますが、
ぜひそのままをカラーで見たかった。

KGRさんへ^-^* (由香)
2008-01-15 08:41:01
こんにちは!
コメント頂きありがとうございました^^・
KGRさんはオリジナルを観賞されたことがあるんですね~
私は未見なのですが、この映画を鑑賞後に観たいなぁ~と思っていました。

本作はなかなか面白かったのですが、どうしてもオリジナルの影を引きずっていますよね。いっその事、本作独自の味を追求した方が面白かったのでは?と思いました。
もっともっとを (メル)
2008-05-30 19:01:55
期待したので、普通だったかな、とそんな感じでしたが(^^ゞ
でも、ちゃんと楽しめました♪^^
トヨエツファンとしては、もうちょっと鋭い、恐い半兵衛を期待してたので、そのあたり今ひとつでしたが、でも彼のせいじゃなくて、きっと演出のせいだ、と思うことにしました(笑)
中村玉緒のキャラがかなり好きでした♪
そうそう、私も何故に今?それも同じ脚本で??と思いました。
織田がやるならもっともっと今風にしちゃっても良かったのになぁ、と思ったり。
オリジナルはテレビでやってるのをチラチラ見た程度で
腰を落ち着けて見てないのでなんとも言えないし、比べられないけど・・。オリジナルを今度しっかりみて見るかな、なんて思っちゃいました(^^ゞ
メルさんへ^-^* (由香)
2008-05-30 23:43:42
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・

メルさんはトヨエツファンですか~
それでは、もっと迫力の半兵衛さんを期待されたでしょうね~

私もなかなか楽しめて、結構笑いながら鑑賞出来ましたが、、、なんでしょうか、、、イマイチ普通に思っちゃいました。
オリジナルの脚本のままにした―っていうのは成功だったのでしょうか?
私は、やっぱりもっと織田三十郎の個性を感じたかったです。
役者さんのキャラは楽しかったのですが、何故か皆さんが遠慮して演じているように感じました。
1番イキイキしていたのは玉緒さんかもですね♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

83 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
椿三十郎 (そーれりぽーと)
黒澤明監督の『椿三十郎』を、森田芳光監督が織田裕二主演でリメイク。 織田裕二主演の映画と言えば、『踊る…』以外に面白かった覚えが無いんだけど、どういう意図でややこしい俳優を使ったのか気になりまくり。 黒澤明の映画をちゃんと観た覚えが無い俺は、自称映画好き...
『椿三十郎』 (Sweet*Days**)
監督:森田芳光 CAST:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ 他 井坂伊織(松山ケンイチ)ら9人の若侍が寂れた社殿で、上役の汚職を暴き出そうと相談していた。そこへ突然、...
★ 『椿三十郎』(2007) (映画の感想文日記)
2007年。2007「椿三十郎」製作委員会。   森田芳光監督。角川春樹製作総指揮。  おそらく、多くの人がオリジナル版と比較して、滅茶苦茶にこき下ろすことを前提にして製作された、...
84『椿三十郎』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 84『椿三十郎』 評価:★★★★☆ 久しぶりに面白い映画を観た。 黒澤脚本のままで森田芳光監督の作品です。 原作は山本周五郎の小説『日日平安』ですね。 時代劇なんだけど現代劇にも通じる内容だとい...
劇場鑑賞「椿三十郎」 (日々“是”精進!)
「椿三十郎」を鑑賞してきました1962年に黒澤明監督と三船敏郎の黄金コンビで製作された傑作時代劇をリメイク。オリジナル脚本そのままに、森田芳光監督がリアルでダイナミックな殺陣にこだわりながら、登場人物をいきいきとユーモラスに描写。日本映画史に残るヒーロ...
椿三十郎 (Akira's VOICE)
痛快さは足りないが, リラックスして入り込める世界観は魅力。
『椿三十郎』(森田芳光・織田裕二) (ラムの大通り)
-----これって黒澤明の時代劇を 森田芳光がリメイクしたんだよね。 オリジナルがあまりにも偉大なだけに難しそう。 「いやあ、これが困ったことに意外とオモシロいんだ」 ----オモシロいのに、ニャにが困るの? 「う~ん。どこから切り出したらいいんだろう。 まず最初に...
椿三十郎 (森田版) (取手物語~取手より愛をこめて)
昨晩、「椿三十郎」を鑑賞してきた。
『椿三十郎』(2007) (【徒然なるままに・・・】)
潘の次席家老らの汚職を粛清しようと城代家老の元を訪ねたものの、受け入れてもらえなかった若侍の一団は、代りに大目付に話を聞いてもらえることになり皆が集まって相談中。 ところがその話を盗み聞きしていた素浪人は、城代家老の方が本物で大目付の方が怪しいと見抜く...
椿三十郎 (いい加減社長の日記)
昨日は、映画の日。 といっても、「これは」という作品もなかったんですが。 とりあえずは「椿三十郎 」を選択。 「ベオウルフ 」も迷ったけど、あんまり好きなタイプでもなかったので。 アンジェリーナ・ジョリーは、ちょっと魅かれたけど^^ 「UCとしまえ...
「椿三十郎」:佃二丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}ずいぶん昔からありそうな居酒屋ね。 {/kaeru_en4/}江戸家っていうからには、江戸時代からあるのかな。 {/hiyo_en2/}まさか。でも、江戸時代の侍とかがここで酔っ払っていても不思議じゃない雰囲気があるわね。 {/kaeru_en4/}椿三十郎とかな。 {/hiyo_en2/}...
椿三十郎 35点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
俺を踏み台にしたぁ!? 公式サイト 『用心棒』の続編であり、山本周五郎の短編『日日平安』を原作とした、1962年の黒澤明監督映画を、森田芳光監督によりリメイク。 とは言うものの、旧作のシナリオをほぼそのまま流用し、ダイアローグはほぼそのまま、展開も終盤...
「椿三十郎」みた。 (たいむのひとりごと)
「織田三十郎」は、本当に今度の12/10で四十郎です♪オリジナルの「椿三十郎」は観たことがないので、「織田三十郎」と「三船三十郎」の比較は出来ないのだけど、”現代風時代劇”としては、まあまあなデキでは
椿三十郎 (Diarydiary!)
《椿三十郎》 2007年 日本映画 黒澤 明監督の不朽の名作を森田 芳光監督が
椿三十郎 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 R指定を逃れるためか、血しぶきが一切出ない殺陣のシーンにはやっぱり違和感アリ (-_-;))) 主人公・椿三十郎は、上役の汚職を暴く若侍グループの、あまりの幼稚さを見かねて助っ人を申し出たことからお家騒動に巻き込まれる。 余...
椿三十郎 を観ました。 (My Favorite Things)
「私の名前ですか。・・・つばき、椿三十郎。いや、もうそろそろ四十郎ですが」
椿三十郎 (映画鑑賞★日記・・・)
2007/12/01年公開(12/01鑑賞)製作国:日本監督:森田芳光原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊)出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、佐々木蔵之介、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、中村玉緒、藤田まこと 笑いあり過ぎ、涙なしの緊張感のない人質...
椿三十郎 (映画を観たよ)
オリジナルは未見です。
「椿三十郎(2007)」オリジナル脚本の完成度を改めて実感 (はらやんの映画徒然草)
世界のクロサワの代表作「椿三十郎」の森田芳光監督によるリメイクです。 黒澤明監督
【映画】椿三十郎 (新!やさぐれ日記)
■状況 イオンシネマ太田店にて映画の日価格で観賞 ■動機 とりあえず観ておこうかと ■感想 うん、正直面白かった。 ■あらすじ とある社殿の中で井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ、9人の若侍たちが上役である次席家老黒藤(小林稔侍)らの汚職について密談し...
椿三十郎・・・・・評価額1350円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
観る前から、面白さの最低保障が付いている様な一本だ。 何しろオリジナルは黒澤明の代表作の一つで、既に娯楽時代劇の傑作としての評価が世界的に確立している。 しかも、リメイ...
『椿三十郎』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『椿三十郎』鑑賞レビュー! 織田裕二×豊川悦司×森田芳光監督が贈る! お正月映画最大の話題作! 名匠・黒澤明の傑作時代劇を 同作の脚本をもとに 森田芳光監督がリメイク この男、時代を超えて生きている。 2007年/日本 公開日::::200...
椿三十郎 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この男、 時代を超えて生きている。』  コチラの「椿三十郎」は、山本周五郎の「日日平安」を原作に1962年に製作された「椿三十郎」を45年の時を経てリメイクした作品で、年末の時代劇シーズンに先駆けて12/1に公開されるのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ...
「椿三十郎」を観る (紫@試写会マニア)
東宝・角川、むっちゃ超入魂!のTHE・日本映画、黒澤監督・不朽の名作が現代に蘇った!!織田裕二主演、「椿三十郎」を観てきました。 ・・・ちょっとシビれたっす。ちょんまげサイコー! ワタクシ実はオリジナルは未見。1962年って先日鑑賞した「ヘアスプレー」の時...
椿三十郎 (とりあえず、コメントです)
織田裕二主演のリメイク版です。 戦いの合間にもユーモアが散りばめられていて、思っていたよりも笑いのある作品でした(^^) ある夜、寂れた神社で密談をしている9人の若侍達がいた。 彼らは家老職に就く者が行なったと思われる汚職に気付き、黒幕を突き止めて正そうと...
「椿三十郎(2007)」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「椿三十郎」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *2007年 *出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、中村玉緒、藤田まこと、他 *原作:山本周五郎『日日平安』 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちして...
椿三十郎 (森田版) (取手物語~取手より愛をこめて)
昨晩、「椿三十郎」を鑑賞してきた。
椿三十郎 2007年 (パフィンの生態)
森田芳光監督 2007年。黒澤明監督、三船敏郎主演の名作を 織田裕二主演でリメイク。コメディ仕立ての軽い時代劇☆☆☆ 原作を見ていないので比較することもなく楽しめた。 「織田裕二=熱い男」というイメージを良い意味で壊す映画。 口は悪いが頭の回転が早く剣の...
「  椿三十郎 (2007) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
  【 椿三十郎 】12月1日(土)公開 監督  :  森田芳光
映画「椿三十郎」 (今日感)
黒澤映画のほうはみていないので、比較できませんので、あしからず。
「椿三十郎」★★★☆ (JoJo気分で映画三昧!+α)
'07年製作、監督:森田芳光  主演:織田裕二 共演:豊川悦司、松山ケンイチ、 佐々木蔵之介、風間杜夫、小林稔侍、中村玉緒 、藤田まこと他(敬称略)12月1日より公開中! 上役の汚職に気づき、なんとかすべく相談しあう井坂(松山さん)ら9人の若侍。その...
「椿三十郎」 (★Shaberiba ★)
森田芳光監督の手により時代を超えて蘇った黒澤明監督の名作『椿三十郎!!』
【2007-173】椿三十郎 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 藩の不正・汚職を正すため 立ち上がった九人の若い侍が、 ”茶室の三悪人”の罠に堕ちた・・・。 絶体絶命の危機を 一人の浪人が救った。 この男、 時代を超えて生きている。
【2007-173】椿三十郎 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 藩の不正・汚職を正すため 立ち上がった九人の若い侍が、 ”茶室の三悪人”の罠に堕ちた・・・。 絶体絶命の危機を 一人の浪人が救った。 この男、 時代を超えて生きている。
椿三十郎 ~ 頼れる兄貴でプレイング・マネージャー ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 頼れる兄貴でプレイング・マネージャー ~ 言わずと知れた黒澤明監督の名作『椿三十郎』をリメイクしたこの作品。映画『間宮兄弟』などで知られる森田芳光監督により、現代版の椿三十郎を復活させています。 私はオリジナルの黒澤版督バージョンを観ていないので...
「椿三十郎」 痛快時代劇の決定版! (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 公開日に観て来ました。 黒澤監督の「椿三十郎」のDVDを観て以来、ずっと楽しみにしていました。 脚本をそのままにリメイク…というのはある意味チャレンジですね…。 正直に言えば、やはり黒澤版が面白いです。 ただ、こちら現代版もとても...
椿 三十郎 (迷宮映画館)
評価すべきところ・・このポスター見た中学生たちに「これ見たい」といわせたところ。
『椿三十郎』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「椿三十郎」□監督 森田芳光  □原作 山本周五郎(「日日平安」ハルキ文庫刊) □脚本 菊島隆三・小国英雄・黒澤明□キャスト   織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、佐々木蔵之介、村川絵梨 ■鑑賞日 1...
椿三十郎 / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
めちゃくちゃ久しぶりに映画を観て参りました『椿三十郎』ですSTORY: 深夜の社殿の中で、井坂伊織ら9人の侍が上役の汚職を暴き出そうと密談していた。すると、意気が上がる若侍たちの前に社殿の奥から1人の浪人が現れた。粗末な身なりに口も悪く、腹が減っていると...
『椿"織田"三十郎』 (One&Only~STAYGREEN~)
遡る事、1週間前(^_^;)公開2日目に森田芳光・織田裕二版『椿三十郎』観てきました。さて、リメイクっていうのは、どうしても比較されるのが、運命ですが同一脚本にて撮影したとなるとなおのことさら。黒澤明・三船敏郎版『椿三十郎』は数日前に観てたので(前の日記で書....
椿三十朗 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画 2007年/日本 監督:森田芳光 出演:織田裕二、豊川悦司、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、松山ケンイチ、鈴木 杏、藤田まこと、中村玉緒・・・ マイカルで久しぶりに一番大きなスクリーンでの上映だった!     
映画 【椿三十郎】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「椿三十郎」 黒澤明監督と三船敏郎のコンビが1962年に放った傑作時代劇を森田芳光監督がリメイク。 おはなし:町外れの社殿で、上役の不正の告発の相談をする井坂伊織(松山ケンイチ)ら若侍9人。そこに突然薄汚れた浪人(織田裕二)が現れて、慌てふためく...
「椿三十郎」、観ました。 (つれづれ さくら日和)
椿三十郎を演じる織田裕二が、この映画のために、椿大神社に祈願参拝に来た、という新聞記事を以前読んだことがあり、なんだ~、分かってたら行ったのに~、と残念がるくらい、そこへは日帰りで十分に行ける場所にあります。 {/cars_red/}新車購入の際、交通安全祈願で...
椿三十郎(リメイク)@映画 (徒然なるサムディ)
往年の黒澤映画の名作がリメイクされた。 注目したのはオリジナル脚本を使用したこと。 つまり、すでに過去に定まったものがあり、現代においてそれを どう解釈し、どう演じるかという点はクラシック演奏と同様だ、ということ。 大抵のリメイクの場合、大雑把なスト...
『椿三十郎』2007・12・2に観ました (映画と秋葉原と日記)
『椿三十郎』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ とある社殿の中で藩の大事の密議をこらす9人の若侍。其処に寝ていた浪人が居た・・・・ ●コラム (^_^;)10月に、交通事故でムチ打ち症に成ってレビュー及びお返しTBやコメントなどの対応が遅れてお...
映画「椿三十郎」 (日々のつぶやき)
監督:森田芳光 出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、中村玉緒、小林捻侍、風間杜夫、西岡徳馬、藤田まこと、佐々木蔵之助、鈴木杏 「悪事を働く上役を告発する意見書を出した井坂伊織ら若い侍9人。密談中に椿三十郎という浪人が「今の話おかしい」と突然現われ...
あぶない「椿三十郎」 (再出発日記)
「あぶない、あぶない」監督:森田芳光脚本:菊島隆三、小国秀雄、黒澤明出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、村川絵梨、佐々木蔵之介、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、中村玉緒、藤田まこと案外楽しめた、脚本がよいし役者も好演している、と言う巷の声を聞....
◆椿三十郎 (江戸川心歩・傑作娯楽小説全集)
 最後に、なんで~~衝撃の場面に、思いがけず、泣いてしまいました。織田裕二さんと、豊川悦司さんの演技があまりにも、リアルだった。 久しぶりに映画館に行ってきました! 市内中心街の映画館がまた1つ閉鎖したので、駅前からバスを乗り継いで、ベルモールの新しい...
◆椿三十郎 (江戸川心歩・傑作娯楽小説全集)
 最後に、なんで~~衝撃の場面に、思いがけず、泣いてしまいました。織田裕二さんと、豊川悦司さんの演技があまりにも、リアルだった。 久しぶりに映画館に行ってきました! 市内中心街の映画館がまた1つ閉鎖したので、駅前からバスを乗り継いで、ベルモールの新しい...
『椿三十郎』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『椿三十郎』 (本館) 【監督】森田芳光 【脚本】菊島隆三/小国英雄/黒澤明 【原作】山本周五郎 『日日平安』(...
『椿三十郎』 試写会で鑑賞 (purebreath★マリーの映画館)
                            この男、時代を超えて生きている。  『椿三十郎』監督・・・森田芳光製作総指揮・・・角川春樹原作・・・山本周五郎脚本・・・菊島隆三/小国英雄/黒澤明 出演・・・織田裕二、豊川悦司、松山ケン...
椿三十郎 (Yuhiの読書日記+α)
黒澤明監督・三船敏郎主演の作品「椿三十郎」を森田芳光監督、織田裕二主演でリメイクしたもの。1962年の黒澤・三船版「椿三十郎」は、とても評判のいい作品と聞いていましたが、実は私は見たことがありません。 元々とても評価の高い作品をわざわざリメイクするとい...
「椿三十郎」脚本がいいのはあたり前だの・・・ (ももたろうサブライ)
監督 森田芳光 オリジナルの「椿三十郎」と「用心棒」を観たのは20数年前のこと。もちろん初公開から20年ほど経っていたのだけど、まったく古さを感じさせないどころか、三船敏郎演ずる三十郎は時代劇っぽくなく、とても現代的でかっこ良かった。たぶん今観ても同じ...
椿三十郎 【監督:森田芳光】 (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
オリジナルの脚本そのままです。あ、でも「お前メクラか!?」は「どこに目えつけてんだ!?」に変えさせていただきました。
椿三十郎☆この男、時代を超えて生きている。 (☆お気楽♪電影生活☆)
22日、試写会にて鑑賞♪
椿 三十郎 (心のままに映画の風景)
ある城下町、薄暗い社殿で井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ、九人の若侍が密議をこらしていた。 次席家老黒藤(小林稔侍)らの汚職について、伯父である城代家老睦田に意見書をさし...
日本人好みの典型的なヒーロー。『椿三十郎』 (水曜日のシネマ日記)
黒澤明監督の「椿三十郎」オリジナル脚本をそのままにリメイクした作品です。
椿三十郎(映画館) (ひるめし。)
この男、時代を超えて生きている。
椿三十郎 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  椿が拓く、時代を超えた映画の扉  
椿三十郎 (ルナのシネマ缶)
実は、私は恥ずかしながら、 オリジナルを観ていない・・・(~_~;) どうも時代劇はあまり得意では なかったからです。 でも、最近はちょっと時代劇も いいかなぁ~と思ってきたので、 時間がおりあったのもあって、 観てきました。 これが、結構おもしろい。 た...
椿三十郎 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
何をやっても文句が出るであろう黒澤明作品のリメークに、挑戦した気概は買う。だが、見ている間はそれなりに楽しいものの、後には何も残らない。物語は、陰謀を阻止しようとする若侍たちを、型破りな浪人が助ける痛快時代劇だ。ラストの決闘を除いて、黒澤本人の脚本をそ...
椿 三十郎 (心のままに映画の風景)
ある城下町、薄暗い社殿で井坂伊織(松山ケンイチ)をはじめ、九人の若侍が密議をこらしていた。 次席家老黒藤(小林稔侍)らの汚職について、伯父である城代家老睦田に意見書をさし...
椿三十郎 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 とっても普通でした(笑) ま、織田裕二ファンの方は必見ですな彼がとってもカッコいいので ワタクシがファンなら2回は観に行くなたまたま偶然に出会ってしまった浪人と9人の若侍。若侍達にとってはラッキーな出会いやったやろーし、(出会ってなかったら 全員斬ら...
壊滅暴風圏 カテゴリー6(25点) (おっさんノングラータ)
壊滅暴風圏 カテゴリー6 あなたと合体したい IMDb(4.8/10) 木曜洋画劇場で「地上波初」を謳う時はロクな映画がないが、『壊滅暴風圏 カテゴリー6』も然り。もともとは147分、2パートで構成されるテレビ映画であり、それを2時間の放送枠に詰め込んだものだから、省略が...
椿三十郎 (5125年映画の旅)
とある藩で、9人の若侍たちが上級役者の汚職を暴くために行動を起こすが、逆に罠にはまり窮地に陥る。偶然その場に居合わせた浪人椿三十郎の機転によって窮地を免れた若侍たち。暴走気味の彼らを見かねた三十郎は、彼らと協力して悪人の不正を暴くために立ち上がるこ...
No.122 「椿三十郎」 (2007年 日本 119分) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 森田芳光 出演 織田裕二     豊川悦司     松山ケンイチ いよいよ2008年の正月映画を鑑賞しはじめるんですが、今年は超目玉作品というのが無いように思いますがね。 久々の地元阿倍野での映画鑑賞・・・アポロシネマ8もしばらくご無沙汰でしたね。...
椿三十郎 (to Heart)
黒澤映画不朽の名作を、オリジナルの脚本をそのままに森田芳光監督でリメイクした痛快時代劇。 監督 森田芳光 原作 山本周五郎 脚本 菊島隆三 、小国英雄 、黒澤明 音楽 大島ミチル 出演 織田裕二/豊川悦司/松山ケンイチ/鈴木杏/佐々木蔵之介/風間杜夫/西岡徳馬 /小...
椿三十郎 (ネタバレ映画館)
城代家老睦田(藤田まこと)の夫人は白木万里がいいと思う・・・
『椿三十郎』:森田善戦。その実は、フェイドアウトにあり:Myムービーに掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
黒澤明・三船敏郎の『椿三十郎』を織田裕二でリメイクするなんて、とんでもない企画を引き受けた森田芳光監督、「おぉ、意外と善戦しているではありますまいか」という印象です。
椿三十郎(平成版) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 想像通り!やっぱり主役の椿三十郎に扮する織田裕二の力量不足は否めなかった。
椿三十郎 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネマサンシャイン> 監督:森田芳光 原作:山本周五郎 『日日平安』(ハルキ文庫刊) 脚本:菊島隆三 小国英雄 黒澤明 古い社の中、自藩の不正を正そうと集まった9人の若侍。城代家老の睦田に相談を持ちかけるも軽くあしらわれてしまった彼...
★「椿三十郎」(2007) (ひらりん的映画ブログ)
黒澤明監督&三船敏郎主演のオリジナルを織田裕二主演で完全リメイクした作品。 角川映画は大風呂敷を広げるのが得意だね・・・ 嫌いじゃないけど、こける事もあるので、一週遅れで拝見する事に。
椿三十郎 (2007年 日) (ねたばれ映画どっとこむ)
織田裕二はやっぱりかっこいい! 点数63点 あらすじ(ネタバレなし)   真夜中の森の中次席家老の汚職を暴こうと集まった若い侍衆の面々、一人の若者、井坂伊織(演:松山ケ...
椿三十郎 07216 (猫姫じゃ)
椿三十郎 2007年   森田芳光 監督  角川春樹 制作総指揮  大島ミチル 音楽  菊島隆三 、小国英雄 、黒澤明 脚本  山本周五郎 原作(日日平安 Peaceful Days)織田裕二 豊川悦司 松山ケンイチ 林剛史 一太郎 中村玉緒 藤田まこと 小...
「椿三十郎」 (てんびんthe LIFE)
「椿三十郎」ユナイテッドシネマ豊洲SC11で鑑賞 今年の1本目、これです。 既に豊洲では夕方からの上映しかありませんでした。 六本木で見れば早い時間もあったのに、それはなぜかといえば1月3日まで豊洲ではダブルポイントキャンペーンだからです。 映画の日と...
椿三十郎(2007) (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
オリジナルは言わずと知れた 黒沢明監督、三船敏郎、仲代達矢の代表作で、1962年の映画。 そして、今回、オリジナルの脚本を使い、織田裕二、豊川悦司の主演、 「失楽園」「模倣犯」などの森田芳光監督がメガホンをとって、 完全にリメイクしたといっても言いのだろ...
椿三十郎 (シュフのきまぐれシネマ)
12月1日 @TOHOシネマズ西新井 松ケン大好きの中一の娘と初日鑑賞。初日で映画の日なのにあまり人は入っておらず子供料金で入場してると思われるのはウチの娘のみ。かと云って年配層も少なめなのでどのくらいの年齢のターゲットにしてるのかな?と見回してま
真・映画日記『椿三十郎』(織田版) (          )
JUGEMテーマ:映画 12月14日(金)◆654日目◆ 終業後、六本木ヒルズ内にある「TOHOシネマ」へ。 中に入ると長蛇の列が。 話題作『アイ・アム・レジェンド』がこの日公開初日ということもあるが、 毎月14日が「TOHOの日」(10+4=14で…)で1000円で見られるか...
★★★「椿三十郎」織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、中村玉緒... (こぶたのベイブウ映画日記)
押し入れに隠れる佐々木蔵之介さんが面白い。トヨエツが三十郎にラブラブなのも良かった。中村玉緒さんと鈴木杏ちゃんのオトボケぶりや、みんなのセリフの遣り取りが楽しかったです。でも、立ち居振る舞いがヘナチョコな人ばかりで、オリジナルだとニヤリしてしまう場面が...
椿三十郎 (2007年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ オリジナルの脚本を使ったリメイクのため、内容もストーリー進行もオリジナルと一緒。一番違うのは、映像がカラーであること、そして俳優やスタッフであり、多少違うのは、風景くらいなものだろうか。 オリジナルをみたことがあれば、...
「椿三十郎」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
椿三十郎 通常盤エイベックス・エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る ある社殿の中で密議をこらす9人の若侍。上役である次席家老・黒藤(小林稔侍)と国許用人・ 竹林(風間杜夫)の汚職を暴こうとしていた。粛清を求める意見書は城代家老の睦田(藤田まこと)に...
木を見て森を見ず●椿 三十郎 (2007) (Prism Viewpoints)
局地的な演出。 『椿 三十郎』 椿三十郎 - goo 映画 深夜の社殿の中で、井坂伊織ら9人の侍が上役の汚職を暴き出そうと密談していた。 意気...
椿三十郎(2007年) (mama)
2007年:日本 原作:山本周五郎 監督:森田芳光 出演:織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、村川絵梨、佐々木蔵之介、風間杜夫、西岡徳馬、小林稔侍、中村玉緒、藤田まこと とある藩で9人の若侍たちは、上級である次席家老・黒藤と国許用人・竹林の汚職を...