★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^−^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

THE 4TH KIND フォース・カインド

2009-12-20 08:28:28 | 映画【英・数字】
年の暮で忙しないぃ〜〜〜けど観ちゃった、、、ちょっと興味があって
【story】
アラスカ州ノーム。何者かに夫を殺害された心理学者のタイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、夫の遺志を継ぐべくこの町特有の原因不明の不眠に苦しむ住民たちのカウンセリングに当たる。患者たちが一様に同じ症例を訴えることを不審に感じた彼女は患者に催眠療法を施すが、その様子を収めた記録映像には理解を超えた衝撃的な光景が―
     監督 : オラントゥンデ・オスサンミ

【comment】
心理学者アビゲイル・タイラー博士が、不眠を訴える患者に催眠療法を行う“記録映像”と、その”再現映像”で構成される本作―個人的には結構面白かったですぅ〜

実は、「これってホラーかな?ドキドキ・・・」って思いながら観に行ったのですが、ホラーではありませんでしたね。
えっと、、、ネタばれになっちゃうかな?
いや、チラシにまで≪1st KIND 目撃 2nd KIND 痕跡 3rd KIND 接触 4th KIND・・・≫って書いてあるからいいのかな?

これは怖い映画というよりも“眉唾物映画”
でした―





      ***以下、ネタばれを含みます***

 



どういう類の眉唾物かと申しますと、、、“宇宙人関係”です。

まず、タイラー博士を演じることをミラ自身がミラとして観客に語りかけます。
「信じるかどうかは、あなた次第。」と―

そして、記録映像と再現映像を画面を二分割したり四分割したりで観せるのですが、結構それがお気に入り。
チラシにも目を通さず予備知識ナシで観たので、最初は何が起こっているのかドキドキで・・・
まぁ〜かなり鈍感な私でも途中で“宇宙人”ってこと?ってのには気づくのですが、妙にビクッとしましたね。惹きつけられるものがありました。
それというのも、私、『Xファイル』が好きだったからだと思うんですが、こういう系統の題材や見せ方に、やたらと興味を持って、半分”事実”のように受け止めながら観れちゃう傾向があるんですよねぇ〜(笑)

まぁ〜そんな私でも、「今更ソッチ関係かぁ〜せめて5年〜10年くらい前に観た方がもっとビビッときたかもしれないなぁ〜」とは思いましたが。
 
さて、この映画は、まるで“本当にあった事件”を土台にしているような演出がありますが、、、そこは疑問ですね。
私は、“眉唾物”と言ってしまいましたが、半信半疑で映画を楽しむくらいで丁度いいかも?って思います。
まぁ〜こういう出来事は実際にあるのかもしれませんが、、、日本ではあまり聞きませんが、アメリカなどでは“宇宙人誘拐説”が多いみたいだし、、、

映画では、原因不明の不眠患者が続出し、意味不明な言語を話し、体に変な跡があり、、、錯乱したり、自ら命を絶ったり、誘拐されたり、、、致します。
実在がイマイチ怪しい(汗)タイラー博士は、そんな患者を診続ける。
だけど、博士自身も問題を抱えており、、、彼女を手放しで信じてくれる人がいない。
そして、彼女の愛娘が突如消えてしまう。
彼女の消えた娘は、宇宙人による拉致なのか?それとも彼女の狂気がもたらしたのか?―という方向になっていきます。
 
で、、、私が映画の中でチョイ興味が湧いたのは“シュメール語”云々ですね。
“シュメール文明”ってなんだか色々あるじゃーないですか〜
紀元前4000年頃発祥した文明だったにも関わらず、恐ろしく発達していて、宇宙人に関係しているかもとか、、、色々言われているじゃーないですか〜
だから、何でも一度信じてワクワクすることが趣味な私は(笑)、「やっぱりシュメール人が人間を作ったってか?」的な妄想で一瞬目がキラキラしたりしましたね(照)
 
ところで、少し疑問に思ったのは、不眠患者たちが必ず見たという“白いフクロウ”なんですが、皆が皆フクロウと証言するのが不自然で、、、
だって、実際はフクロウじゃないんだから、“白猫”とか“白ウサギ”とか言う人がいてもいいと思うもの。
で、、、夜中の3時33分に変なことが起こって、不眠になり、録画する映像がが乱れて、、、っていうと、“霊”の仕業っていう可能性だってありそうじゃない?どうして“宇宙人”限定に話がいくのよ。シュメール語だって無理矢理そう聞きとったってもので、“サタン”の可能性だってありそう、、、とかブツブツ思っちゃいました。

まぁ〜信じる、信じない―と考えると文句の一つや二つは出てきてバカバカしくなるけど、こういう映像の見せ方、構成、疑問の投げ方はなかなか斬新で面白かったですぅ〜

タイラー博士の記録映像を演じた女優さんの顔が超〜怖かった、、、トラウマになりそうな恐ろしい顔つきをしていました            (3.5点)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (50)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ONE PIECE FILM ワンピースフィ... | TOP | ある公爵夫人の生涯 »
最近の画像もっと見る

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
うーん。。。 (rose_chocolat)
2009-12-20 08:57:50
都合よすぎ!?
やらせですかぁ? と、言いたくなっちゃいました〜。
こういうのっておっしゃる通り、眉唾ですねえ。
おおっ!! (ボー)
2009-12-20 09:12:30
ご覧になっちゃったんですねえー。
チラシの文句、思いっきりネタばれじゃないですか。
記事のはじめに載ってるポスターも「あれ」を意味してますが、絵だけだと分からないかもですね。

フクロウっていうのは、目が大きめなイメージだから、その印象が強いのかなと私は思いました。

見終わったあと、ほんとにあるのかなあ、映画全体が嘘っぱちというのもありうる、と考えていました。
で、結局…。
シュメール語とか (kino)
2009-12-20 13:34:20
出てきて、おっ、興味をひきそうな感じ、となっても、
あっさり、スルーしちゃうんですよね。
インタビューも、ふむふむと聞くだけじゃなくて、
面白い質問をして、謎を深めて欲しいなーと思った。
もう少し、霊、古代文明、人間の記憶とか、なにか、
違うアプローチを加えてくれてると、もっと、面白かったのに、と思いますね。
怪しげなものに、乗っかっていく楽しさは、味わえなかったですね。
記録映像が (miyu)
2009-12-20 16:35:43
本物か偽物かでアメリカでは盛り上がったようですが、
まぁそんなことはどうでもいいと言うか、
そんなもん盛り上がるほどではないですよね〜(;・∀・)
ただおっしゃるようにあたしも見せ方がなかなか面白いなぁ〜
って思いましたよ〜。
TBありがとうございます (KGR)
2009-12-20 17:21:41
仮にシュメール語を話す宇宙人がいたとして、
それが地球に来ていたとして、
それが人類に文化的政治的影響を与えたとして、
神と名乗るのはおこがましすぎます。

数千年前の古代人にとって現人神の要素はあったとしても、
なんでイラクからアラスカに伝搬したのかとか、いろいろ疑問は残ります。

まあ、要はそういう映画だったんでしょう
Unknown (エクスカリバー)
2009-12-20 19:33:48
ちょっと興味を持ってるんですけど、映画なりの謎解き、解釈というのはあるんですか?
それとも、結局は何が何だかわからなーい!というオチ?
こんばんは♪ (yukarin)
2009-12-20 22:00:11
本物の映像と再現とで見せられちゃうと信じてしまいそうですが、どうなんだろーですね。
だけどシュメール人は宇宙人、または関係があったと思ってるほうなのでちょっと興味あります(笑)
まぁあれこれ考えずに観るのが良いのかもしれませんね。
こんばんは (バラサ☆バラサ)
2009-12-21 00:23:34
シュメール語を話す宇宙人が太古に地球に現れ人類を創造したという「サイボーグ009天使編、神々との闘い編」のような設定ですが、造物主がアダプションをする理由がわかりませんね。あっちの作品は不作だったので人類を滅ぼすのです。

それは兎も角、大半の人が、一番怖いのは博士の顔だと書かれているのを見るたびに、あの人には悪いのですが、笑ってしまいます・・・
本当に怖いです。
アダプションでなく (バラサ☆バラサ)
2009-12-21 14:28:09
アブダクションでした。すいません。
確かに (しんちゃん)
2009-12-21 15:21:22
 一番怖かったのは冒頭のヒロインの顔でした(爆)
完全にどこかに逝った顔でした(笑)

 でもまぁ90分少々緊張して楽しむことが出来たので、これも立派なエンターテインメントですね。2回(◎_◎;) ドキッ!!っとしたし(笑)
rose_chocolatさんへ^−^* (由香)
2009-12-21 23:02:08
こんばんは〜♪
コメントありがとうございました^^

どこかのTV局が特番でやりそうな題材でしたね(笑)
だけど、そういう系統の番組も結構好きで見るので、コチラの映画も興味津々で観れました。
ちょっと半信半疑ながらも時々ドキッとしたりして、、、我ながら好きだなぁ〜この手のことを、って思ったわ〜
ボーさんへ^−^* (由香)
2009-12-21 23:07:16
こんばんは〜♪
コメントありがとうございました^^

観ちゃいました〜
アッチ系のホラー映画かな?と思いましたが、ソッチ系の宇宙人物でしたねぇ・・・(笑)あの予告やチラシでは、どっちかだろうなぁ〜って想像は出来ますね。

ホラーだったらビクビクでしたでしょうが、こういう話は好きなので引きこまれたりして〜
宇宙人に目をつけられたら、博士みたいに消耗するのかな、、、と怖かったです(笑)
kinoさんへ^−^* (由香)
2009-12-21 23:10:32
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

>もう少し、霊、古代文明、人間の記憶とか、なにか、違うアプローチを加えてくれてると、もっと、面白かったのに
確かにそうかも、、、
映画の見せ方は斬新でしたが、もう一歩踏み込みが足りない気がしましたね〜
ラストに博士の精神状態に話を持っていってしまったので、信じる、信じないだけになっちゃって、、、
miyuさんへ^−^* (由香)
2009-12-21 23:13:48
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

>本物か偽物かでアメリカでは盛り上がったようですが
アメリカ人はこういう話が好きですからね〜
・・・・・まぁ〜私も結構好きだったりしますが(照)
記録映像は、ここで書いていいかどうか分かりませんが、、、、、どうやら偽物だったようですね(書いちゃった・汗)まぁ〜「へぇ〜そうかぁ〜」って感じで受け止めていますが
KGRさんへ^−^* (由香)
2009-12-21 23:18:58
こんばんは〜♪
コメントありがとうございました^^

>神と名乗るのはおこがましすぎます
おこがましいですか〜
私はミーハー根性で観ていたので、そこはそうは感じませんでした〜
映画が目指す視点がそこかぁ〜って思っただけですぅ〜
・・・・・あれれ?そう思った時点で、あまり信じてないノリで映画を観ていたのかな、私
観たのね〜 (ノルウェーまだ〜む)
2009-12-21 23:21:33
由香さん、こんばんわ☆
これ観たのね〜
宇宙人物と聞いて、随分時間に正確な宇宙人だなぁーと思っちゃった。
そもそもアメリカ人は宇宙人好きだよね。
やっぱりその辺を信じているかどうかで、怖さとかぐっと違ってくるのでしょうね。
エクスカリバーさんへ^−^* (由香)
2009-12-22 11:36:04
こんにちは〜♪
遊びにいらして頂きありがとうございます^^

先日そちらでコメント致しましたが、
>映画なりの謎解き、解釈というのはあるんですか?
ありませ〜ん(笑)
どちらかと言うと、博士の言っていることや体験したと思っていることは本当か?!系です。

ですが、なかなか面白い手法ですので、超常現象に興味をお持ちの方は結構楽しめるかもです♪
yukarinさんへ^−^* (由香)
2009-12-22 11:40:49
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

>シュメール人は宇宙人、または関係があったと思ってるほうなのでちょっと興味あります(笑)
おお〜!そうですか〜
私も関係があった―って考えている方です。信じているわけではないのですが、そう考えた方がロマンがあって楽しいもの(笑)

映画は、見せ方が面白くって結構興味を惹かれました〜
こんばんは (えめきん)
2009-12-22 16:39:08
TB&コメントありがとうございました。

いやーやっぱり宇宙人ネタは良いですよね(笑)。幽霊よりよっぽど夢があって怖いです。最後に宇宙船の映像が出てきたシーンは、バッタモンだと解かっていてもビビッときました。

タイラー博士を演じた人は怖かったですねぇ。友達の女性も「あの顔が目に焼きついて怖い」と言ってました。
うちゅうじん (たいむ)
2009-12-22 19:40:12
由香さん、こんにちは。
実話と思えばこそ・・だったのだけど、途中から宇宙人話に飛躍してしまってあれれ〜となってしまいました。

日本ならばこうした現象は2時代(丑の刻)と相場が決まっているのに、わざとらし「333」にはちょっと笑った。
アラスカって白夜に近い季節があるだろうし、いろいろ苦しいですね〜〜〜(笑)
バラサ☆バラサさんへ^−^* (由香)
2009-12-22 22:26:06
こんばんは〜♪
コメントありがとうございました^^

>「サイボーグ009天使編、神々との闘い編」のような設定
009!!懐かしい〜
・・・・・とか言いながらあんまり知らないんですよ、009。そういうお話があったのですか〜

博士のお顔は皆さんが怖い怖いと言っていますね(笑)
申し訳ないけど、、、怖いですよねぇ・・・
最初に見た時ちょっとビビリましたよ〜
しんちゃんへ^−^* (由香)
2009-12-22 22:31:18
こんばんは〜♪
コメントありがとうございました^^

>一番怖かったのは冒頭のヒロインの顔でした(爆)
あはは〜皆さん異口同音にそう仰っていますね〜
そうなってくると可哀想になっちゃいますね、あの方(笑)

見せ方がなかなか面白くて結構見入っちゃいました〜
まぁ〜どこかのTV特番のような話でしたが、そういうの好きだし(笑)
ノルウェーまだ〜むさんへ^−^* (由香)
2009-12-22 22:36:16
こんばんは〜♪
コメントどうもありがとうー

>随分時間に正確な宇宙人だなぁーと思っちゃった
あはは!ホント正確でしたよ。しっかり3時33分(笑)

アメリカ人はエイリアンとゾンビが大好きですね〜
日本は何が好きかな?
・・・・・不治の病の話?
えめきんさんへ^−^* (由香)
2009-12-24 15:12:26
こんにちは〜♪

>やっぱり宇宙人ネタは良いですよね(笑)。幽霊よりよっぽど夢があって怖いです
私、幽霊話も好きなんです(笑)
怖い、怖いと大騒ぎしながらも夢中になっちゃう〜
コチラの映画はXファイル好きにとってはツボでした♪

博士の顔・・・鑑賞後数日経っても脳裏に焼き付いていますぅ〜
素顔はきっとお綺麗なんでしょうけど、あの化粧や顔つき、声は、、、不気味でしたね
たいむさんへ^−^* (由香)
2009-12-24 15:16:37
こんにちは〜♪

昨晩、たけしの番組で、宇宙人がどうしたこうしたってのがありましたが、やっぱりちょっと見ちゃった〜(笑)
明らかに嘘っぱちだろう―と思っても面白かったりするので(笑)

>丑の刻と相場が決まっているのに、わざとらし「333」にはちょっと笑った
333には笑いましたよね〜
だけど映像で観るとちょっとビビる私(照)
一応宇宙人も幽霊も信じているので
確かに (にゃむばなな)
2009-12-24 20:43:12
確かに一番怖かったのは博士役の女優さんでしたね。
是非今度は正真正銘のホラー映画でお目にかかりたいものです。
にゃむばななさんへ^−^* (由香)
2009-12-26 14:31:02
こんにちは〜♪
コメントどうもありがとうございます^^

あはは!皆さんが博士役の方を怖いと思われたようですね〜
確かに本物のホラー映画が似合いそう(笑)
そそ (KLY)
2009-12-27 16:14:32
タイラー博士の顔が一番ゾッとしましたよ。一応あの映像は事実でしょうからね。
私は割りと普通にUFOとか肯定派なんで、作品そのものは肯定的に受け取ってたんですけど、何で今この映画なんだろうってのがどうも解らなくて。単に衝撃映像が出てきたから作っちゃったのかな?(苦笑)
Unknown (アイマック)
2009-12-28 12:54:33
こんにちは!
私もXファイルが好きだったので、こういうのはいける。
宇宙人よりも博士、恐かったねー。
どうみてもイッちゃってました、、
ホラー映画似合いどう。^^;
アイマックさんへ^−^* (由香)
2009-12-30 23:47:19
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

Xファイル好きには結構イケル映画でしたよね?(笑)私もこういう映画は嫌いじゃーないです♪
博士は怖かったですね〜
彼女こそが地球人ではないようで、、、(汗)
あはは!本当のホラー映画で活躍出来そうですよね!
博士が一番怖いかも (de-nory)
2010-01-21 07:19:28
由香さん。こんにちは。
TB・コメントありがとうございます。

博士が一番怖いかも。
他の映像は、あまりはっきりしていないけれど、博士の顔ははっきり見えましたからね(笑)

de-noryさんへ^−^* (由香)
2010-01-24 13:19:13
こんにちは〜♪
博士は怖かったですね〜(笑)
最初にあの方のお顔を見た時にドキッとしました。
他のホラー映画のオファーがどんどん入っちゃうかも?!(笑)って失礼なことを考えました〜

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

50 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『THE4THKINDフォース・カインド』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEFOURTHKIND監督:オラトゥンデ・オスンサンミ出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コーティーズ試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>アラスカ州北部の町ノームでは、これまで多数の住民が行方不明になって....
「THE 4TH KIND フォース・カインド」 (或る日の出来事)
こっ、これは!? う〜ん。そう来ましたか。
映画感想『The 4th Kindフォース・カインド』 悪く... (レベル999のマニアな講義)
内容数ヶ月前、夫・ウィルを亡くし、カウンセリングを受けている女性が居た。女性はノーム在住の心理カウンセラーのアビゲイル・タイラー友人の心理学者エイブルに依頼し、催眠療法を受けていた。あの日の夜、“誰か”が寝室に押し入り、刃物のようなモノで夫を殺した。犯...
THE 4TH KIND フォース・カインド (DVD YouTube CINEMA)
未解決の死者や行方不明者が多発するアラスカ州ノームを舞台に、原因不明の現象の究明に迫る衝撃的な実録スリラー。2000年に起こった凄惨な出...
THE 4TH KIND フォース・カインド (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。オラントゥンデ・オスサンミ監督、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コティーズ。「3rd kind」は「未知との遭遇」の原題“Close Encounters of the Third Kind”でお馴染になったが、first=目撃、second=痕跡、third=接触、そしてfourt...
フォース・カインド (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] 予告編にない数々の記録映像の衝撃度に、お口アングリ!
映画 「THE 4TH KIND フォース・カインド」 (ようこそMr.G)
映画 「THE 4TH KIND フォース・カインド」
「フォース・カインド」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
まぁ、ぶっちゃけ、ネタバレいきなりすると、  「X-file」なんですが、この手の映画としては、見せ方、演出手法が上手く、何より、「多分」本物のタイラー博士の表情がもぉーガチで怖いです。 パンフの裏にモザイク掛けて写してありますが、逆にそれが怖いって...
劇場鑑賞「フォース・カインド」 (日々“是”精進!)
「フォース・カインド」を鑑賞してきましたアラスカの都市ノームに暮らす女性心理学者が体験したという衝撃のエピソードを、当時撮影されたという記録映像と再現映像で描き出す異色サスペンス。主演は「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。監督は「ザ・ケ...
フォース・カインド (Recommend Movies)
信じられないのは、 信じたくないだけなのか。 【感想】 初日にズバッとレイトショーで鑑賞〜☆ アラスカ州・ノームで起こった不可解...
『THE 4TH KIND フォース・カインド』 (ラムの大通り)
※ネタバレに加えて、ちょっと辛口な部分もあります。 ※もうしわけありませんが、ご覧になってからお読みいただくことをお勧めします。 (原題:The 4th Kind) ----あれれ、この映画、 最初12月23日公開だったのに早まったんだね。 「そうなんだよ。 ということで、つ...
THE 4TH KIND フォース・カインド (映画通信みるみる)
なんの映画か、よくわからんままに観てみた。 1960年代以降FBIによる訪問が2000回を超えるというアラスカ州北部の町、ノーム。本作は、2000年...
試写会「THE4THKINDフォース・カインド」 (流れ流れて八丈島)
映画を2本観たくらいでは、せっかくの休日はまだまだ終わりません夜は、もちろん試写会です東京厚生年金会館で「THE4THKINDフォース・カインド」を観てきました実話を基に本物の映像とかも織り交ぜたドキュメンタリー風の、一風変わったスリラーです何度かビックリさせら...
THE 4TH KIND フォース・カインド (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アラスカ州ノームと言う町で、2000年10月にアビゲイル・タイラーという女性心理学者が体験した奇妙な事件を、当時の記録映像を織り交ぜながら描いたサスペンス映画だ。この映画を見るのに注意してほしいのは、あくまでもドキュメンタリーベースの映画ではなくフィクション...
THE 4TH KIND フォース・カインド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『信じられないのは、 信じたくないだけなのか。』  コチラの「THE 4TH KIND フォース・カインド」は、60年代以降FBIが2000回以上も訪れているというアラスカ州ノームで実際に起こった不可解な事件を記録映像および音声と再現映像で構成している12/18公開のSFスリ...
【THE 4TH KIND  フォース・カインド 】信じるかどうかは、あなた次第 (映画@見取り八段)
THE 4TH KIND フォース・カインド 〜THE FOURTH KIND〜 監督: オラントゥンデ・オスサンミ    出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ、...
THE 4TH KIND/フォース・カインド (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE FOURTH KIND公開:2009/12/18製作国:アメリカ上映時間:99分監督:オラントゥンデ・オスサンミ出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コティーズ、ハキーム・ケイ=カジーム、コーリイ・ジョンソン、エンゾ・シレンティ信じられないの...
『THE 4TH KIND フォース・カインド』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
内幸町にあるワーナーブラザーズ試写室にミラ・ジョヴォヴィッチ主演の『THE 4TH KIND フォース・カインド』を、リサーチモニター試写会で観賞してきました。 リサーチ目的での試写会とのことで、内容については口外しないように言われています。 作品の内容に触れるよ...
THE 4TH KIND フォース・カインド (だらだら無気力ブログ)
失踪事件が多発しているアメリカのアラスカ州ノームの町を舞台に、 原因不明の現象の究明に迫った女性心理学者が体験したエピソードを当時 撮影された記録映像とその再現映像で描くサスペンス映画。 主演は『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。アメリ...
THE 4TH KIND フォース・カインド (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
「映画の一部はかなり衝撃的です」と最初にことわりを入れるこの映画、記録映像と再現ドラマの2つを同居させるスタイルがユニークだ。アラスカ州のノーム在住の心理学者アビゲイル・タイラー博士は、次々に訪れる不眠症の患者の治療のため、催眠療法を試みる。「白いフク...
THE 4TH KIND フォース・カインド・・・・・評価額1050円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
一風変わった映画である事は間違いない。 西暦2000年10月に、アラスカ州ノームで起こったという一連の怪事件を題材にしたスリラーで、一応実話...
The 4th Kind フォース・カインド (ダイターンクラッシュ!!)
2009年12月19日(金) 21:50〜 TOHOシネマズ川崎2 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『The 4th Kind フォース・カインド』公式サイト 記録映像と再現フィルムで構成された、アダプション(地球外生命体による拉致、人体実験)の話。 フェイ...
映画「THE 4TH KIND フォース・カインド」@東京厚... (masalaの辛口映画館)
 客入りは悪く、ホールの1階席のみの使用で6割くらいである。     映画の話 アラスカ州ノーム。何者かに夫を殺害された心理学者のタイラー博士(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、夫の遺志を継ぐべくこの町特有の原因不明の不眠に苦しむ住民たちのカウンセリングに当...
「The 4th Kind フォース・カインド」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「The 4th Kind フォース・カインド」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コティーズ、ハキーム・ケイ=カジーム、コーリイ・ジョンソン、エンゾ・シレンティ、他 *監督:オラント...
THE 4TH KIND フォース・カインド(2009) 99分 (極私的映画論+α)
 3時33分頃、目が覚めませんか?
パブリック・エネミーズ (2009) PUBLIC ENEMIES 141分 (極私的映画論+α)
 時代に取り残された男達・・・
「THE 4TH KIND フォース・カインド」 (みんなシネマいいのに!)
 アラスカ州北部の町ノームでは、失踪事件が多発し不眠症に苦しむ住民が数多くいた。
THE 4TH KIND フォース・カインド / The Fourth Kind (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 今月の観たい映画リストに入れてただけで記事書いてないのに 何故か「フォース・カインド ネタばれ」で検索してここに来る方がけっこういるみたい  ですので...
THE 4TH KIND フォース・カインド/ミラ・ジョヴォヴィッチ (カノンな日々)
実録スリラーというふれこみで、実際の映像と再現フィルムで構成された劇場予告編が印象的でした。どうやらそれはアラスカ洲で発生したという原因不明の怪奇現象らしいんですけどそれ以上の事は何もわからないんですよね。ちょっと怖いもの観たさで観に行ってきちゃいまし...
THE 4TH KIND フォース・カインド (5125年映画の旅)
アラスカ州ノーム。この町では謎の行方不明事件が続発し、FBIが幾度も調査に赴いていた。心理学者のアビゲイル・タイラーは、患者の奇妙な共通点から恐るべき事実を知る。この映画は、アビゲイルが撮影したカウンセリングの実際の映像と、事件の再現映像からなる映...
「The 4th Kind フォース・カインド」みた。 (たいむのひとりごと)
オカルトちっくな予告編。得意なジャンルではないけれど、思わせぶりな予告編は気になるというもの。内容は今も昔も時折特集番組が組まれるような”奇怪な現象”についてであり、当事者らのインタヴューや記録映像の
★ 『THE 4TH KIND フォース・カインド』 (映画の感想文日記)
2009年。アメリカ。"The Fourth Kind".   オラトゥンデ・オスンサンミ監督・脚本・原案。  「この映画には一部かなり衝撃的な記録映像が含まれます。」といういかがわしい宣伝コピーにつられるようにして見てみたら、製作者側の中...
2009-100『THE 4TH KIND フォース・カインド』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-100『THE 4TH KIND フォース・カインド』(更新:2009/12/20) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) ドキュメント映像に再現演技を加えてのサスペンス・ホラー。 もう、テレビで予告してるよね...
THE 4TH KIND フォース・カインド (そーれりぽーと)
すげー形相で絶叫してる予告編が印象的な『THE 4TH KIND』を観てきました。 ★★★★ 途中までミラ・ジョボビッチの米国発音がミラ・ヨホビッチだった事が判ったのが一番の収穫と書こうと思いながら観てました。 ドキュメンタリータッチなホラー映画だとばかり思い込ん...
【95.0Kg】 「The 4th Kind フォース・カインド」を観てきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
こんばんわ!です♪
THE 4TH KIND フォース・カインド(2009) (銅版画制作の日々)
※タイトルはJ・アレン・ハイネックによる接近遭遇の分類のうち、宇宙人による誘拐を指す「第四種」から採られている。 信じられないのは、信じたくないだけなのか。 信じられないという以前に、どうも恐怖が見えないという感じがする。 久々にMOVX京都で鑑賞し...
フォース・カインド (めでぃあみっくす)
信じられないのは信じたくないからではなく、映画の作りが中途半端すぎるから。これなら矢追純一さんに好き勝手に映画を撮らせた方が断然面白いのでは?と思えるほど、見終わった後に何一つ残らない映画でした。まぁ眠くなるということはなかったのですが、ただ最初から最...
THE 4TH KIND/フォース・カインド (LOVE Cinemas 調布)
アラスカの都市ノームに住む心理学者タイラー博士が実際に経験した衝撃のエピソードを映画化。当時撮影された映像と再現映像、さらには実際のタイラー博士へのインタビューを交えて描き出したサスペンスムービーだ。主演のタイラー博士を演じるのは「バイオ・ハザード」...
THE 4TH KIND フォース・カインド (小部屋日記)
The Fourth Kind(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:オラントゥンデ・オスサンミ 主演:ミラ・ジョボビッチ/ウィル・パットン/イライアス・コティーズ 信じられないのは、 信じたくないだけなのか。 「記録映像と再現映像からなるドキュメンタリー」風なモキュメ...
THE 4TH KIND フォースカインド/The Fourth Kind (いい加減社長の映画日記)
特に観たいわけでもなかったんだけど、ミラ・ジョヴォヴィッチが好きだし。金曜日公開ということで、とりあえず「THE 4TH KIND フォースカインド」を鑑賞。公開日に観たけど、これも感想が遅れてしまって・・・【ストーリー】アラスカ州北部の町ノームでは、これまで多数...
フォース・カインド(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告にビビッたーーー。 ということで「フォース・カインド」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、ウィル・パットン、イライアス・コティーズ、ハキーム・ケイ=カジーム 上映時間:99分  何者かに夫を殺害された...
THE 4TH KIND /フォース・カインド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
実際に行方不明者の多い街・ノームを舞台に、不眠症の謎に迫っていく女性心理学者の姿を記録映像とその再現映像によって映し出す衝撃の超常スリラー。 物語:心理学者アビゲイル・タイラーの恐怖の記憶が、学者仲間エイブルの催眠療法によって蘇っていく。かつて彼女...
09-355「THE 4TH KIND フォース・カインド」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
信じるかは、あなた次第です  未解決の失踪事件が多発しているアラスカ州北部の町ノーム。そこでは、不眠症に苦しむ住民も数多くいた。  2000年10月、心理学者のアビゲイル・タイラー博士は、不眠症の原因を探るため、患者に催眠療法を行い、その様子をカメラに記録す...
THE 4TH KIND フォース・カインド (Peaceナ、ワタシ!)
- 進じられないのは、信じたくないだけなのか。- 鑑賞したのは旅行前なので、ちょっと古い感想になってしまうのですが…公開3日目に観に行ってました。宣伝にもあった少々不気味な「記録映像」と「再現映像」、そしてナビゲーターのミラ・ジョヴォヴィッチの語り口が...
フォース・カインド (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
再現ドキュメンタリー風の映画です。2000年10月、アラスカ州ノーム。心理学者のアビゲイル・タイラー博士は死んだ夫の研究を引き継ぐ。それは、不眠症を訴える住民たちの原因究明であった。彼らはみな、同じような症状と幻覚?白いフクロウを見ていた。タイラー博士は患者...
THE 4TH KIND フォース・カインド (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「THE 4TH KIND フォース・カインド」監督:オラントゥンデ・オスサンミ出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ(『バイオハザード III』『ウルトラヴァイオレット』)ウィル・パットン(『マイティ...
mini review 10452「フォース・カインド」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
行方不明者が多発するアラスカ州ノームを舞台に、原因不明の現象の究明に迫る衝撃的な実録スリラー。2000年に起こった凄惨な出来事の渦中にいた心理学者が録画した記録映像の一部を本編に用い、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチがナビゲーターと、心理学者を演...
『THE 4TH KIND/フォース・カインド』:これがアメリカ的伝説のひとつ @レンタルDVD (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
タイトルの「THE 4TH KIND」。訳せば「第4種目」。 なんのこっちゃ?
THE 4TH KIND フォース・カインド (The Fourth Kind) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 オラントゥンデ・オスサンミ 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2009年 アメリカ映画 99分 サスペンス 採点★★ そりゃあもう、子供の頃から“未確認飛行物体”やら“未確認動物”やらと、未確認が大好きな私。ムーとかトワイライト・ゾーンなんかを読み漁り、TVでその...
THE 4TH KIND フォース・カインド (こわいものみたさ)
『THE 4TH KIND フォース・カインド』  THE FOURTH KIND 【製作年度】2009年 【製作国】アメリカ 【監督】オラトゥンデ・オスンサンミ 【出演...