★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

カールじいさんの空飛ぶ家

2009-12-10 08:37:37 | 映画【か行】
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―
【story】
最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―
     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・インク』

【comment】
偏屈そうなおじいさんが主役―ということで、イマイチそそられないなぁ~というのが正直なところだったのですが、去年のPIXAR作品『WALL・E/ウォーリー』に続いてとてもいい映画でした~一緒に観た子どもともども満足して鑑賞を終えました―
 
カールの最愛の妻エリーは、カールを置いて天国に旅立ってしまいました―
 
カールとエリーは、二人が10才の時から仲良しで、共に冒険家ムンツに憧れ、いつか“伝説の滝”に行こう―と誓い合っていました。
 
やがてカールとエリーは結婚し、二人が初めて出会ったボロ家を自分たちが思い描いたように改装して幸せに暮らします。辛いこともあったけれど、ずっと仲睦まじかったカールとエリー。
 
ところが、年を経て、子どもの頃に誓い合った冒険の夢を叶えぬまま、、、エリーはいなくなってしまったのです―
 
そして、思い出のいっぱい詰まった家を手放さなくてはならなくなった時、カールは家に風船をいっぱい結びつけて空へと飛び立ちます。エリーと行きたかった地を目指して―
 
そんなカールの冒険に闖入者が、、、8才の少年ラッセルです。ラッセルのことを迷惑にしか思わなかったカールですが、一緒に思いもかけない大冒険をすることになるのです―

 
『WALL・E』も冒頭のセリフのない映像にジーンと泣かされましたが、今回もやられました。
カールがエリーと出会い、結婚し、そしてエリーを亡くすまでを10分ほどでほとんどセリフもなく見せてくれるのですが、、、ここが物凄く良かった―じわじわと涙がこみ上げました

それからガラッと雰囲気が変わって、カールの無謀とも思える冒険に突入します。
空では、ちょっとしたアクシデントがありましたが、すんなり“伝説の滝”を見つけた時には、ちょっと拍子抜けでしたが(笑)、そこからの更なる冒険にはワクワクしました~

巨大なカラフルな鳥や犬語翻訳機の首輪をつけたワンちゃんが沢山登場したり、お約束の悪者キャラも登場します。

78才だというカールの奮闘に、思わず、「無理しないで、、、おじいちゃん!」とハラハラしましたが、どっこいカールはタフで根性のあるじいさんでした(笑)
 
笑いもワクワク感も程良い楽しい物語は、一体どういう結末を迎えるのか?―と思いましたが、個人的には、「日常に追われ、いつの日か昔の夢をどこかに置き忘れた―そんな思いを捨てきれないカールが、長くハードな冒険の末に、今までエリーと共に歩んできた何気ない日常こそが真の冒険だったんだ―」と気付いたのかなぁ~って感じとれ、心がじんわりとしました。

エリーは、深く深くカールを愛していたのでしょう。だから彼女が願ったのは、エリー亡き後、悲しみに暮れ一人ぼっちでいるカールではなくて、カールがエリーに向けた優しさを失うことなく他の場所にも向けて欲しい―ということだったのかもしれません。
エリーは、天国できっとカールの大冒険とカールの未来を温かく見守っていたんだろうなぁ~と思います。
良かったね、エリー カールは一人ぼっちじゃない―
                             (4点)
 
今回のショート・ムービーは『晴れときどきくもり』
赤ちゃんを運ぶコウノトリと雲のお話です。とっても可愛いアニメで、お気に入り~  

P.S.余計な事ですが、3D鑑賞に拘って観に行きましたが、コチラの映画は2Dでも良かったかなぁ~と思いました。奥行きのある映像や色彩は美しかったのですが、そんなに「3Dで観たぞ~感動」ってのは無かったかも。             
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (46)   Trackbacks (117)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« dot the i ドット・ジ・アイ | TOP | パブリック・エネミーズ »
最近の画像もっと見る

46 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
旅の始まり (AKIRA)
2009-12-10 10:10:39
エリーがカールを旅に出させたのかもしれませんね。

良いドラマでした。
泣いた~。。

同時上映の短編も秀作!!
あの雲が欲しい。w
通常版 (sakurai)
2009-12-10 11:37:15
うちの息子は通常版がいい・・・というもので、お言葉に甘えて2D版にしました。
とっても絵が綺麗で、見入りました。
構図も素晴らしかったし、なんと言っても二人の道のりのモンタージュ!
で、なんかそこですべてで尽くして、満足しちゃった・・。
いつも楽しみにしているのが、冒頭のショートフィルムですが、今回もさすがでしたね。
とってもよかったです。
この間、WOWOWで、ショートフィルム集もやってましたよね。
ちゃっかり録画した息子たちと、「これは何にくっついてたか?」論争をやってました。
好みも (miyu)
2009-12-10 14:05:43
あるでしょうし、おっしゃるように風船とかやっぱり
3Dで見たほうがキレイなんじゃないかなぁ?とは思いますが、
3D元年の今年の3D映画の中でちょっと映像的に地味な感じでしたものね。
むしろ2Dでじっくり見せるタイプの映画だったかもしれませんね。
でも言っても2Dか3Dか?って言われるとついつい3Dを観ちゃうよね~w
多分… (KLY)
2009-12-10 23:44:13
『クリスマスキャロル』の3Dと方向性は同じかと思いました。いわゆる立体的だとか奥行きがとか飛び出るという効果よりも、いかにそこに臨場感を持たせるかという3Dだったと思います。
とにかく最初のあの優しい音楽に乗せた2人の人生。喜びも哀しみも2人の気持ちがダイレクトに私たちの心に流れ込んでくるようです。セリフもナレーションもないけど、皆どういうことなのかはっきり解りましたよね。
それがラストのアルバムに…、エリーは滝の横に家は建てられなかったけど、カールと2人で過ごした人生が彼女の冒険だったですよね。
いい夫婦だったなぁ。
こんばんは! (kino)
2009-12-11 00:21:09
3D吹替で、観ましたけど、絵が、きれかったので、
こういう作品は、2Dの方がいいかもしれないですね。通常料金だし。
パラダイスフォールでの冒険は、心の旅みたいなものなんだろうけど、
あまりにも予想外な展開のせいか、楽しみきれなかった感じもしました。
エリーの思いを、カールじいさんがわかるところは、(T_T)でしたねー。
こんにちはー (hito)
2009-12-11 16:00:20
冒頭の回想シーンは良かったですね~もう泣けて泣けて。。。。

甥っ子に初めての3D体験をさせてあげるために今回3Dでしたが、2Dでもこれは良かったかもしれないですね。
3Dだとちょっと暗くなっちゃうのが残念ですよね。

カールじいさんもお茶目さんでいいキャラでしたが、首のない太ったラッセル君も可愛かったな~
これはDVD買います!
短編 (たいむ)
2009-12-11 17:06:59
由香さん、こんにちは!
あのタフさではカールじいさんの上を行くかもしれないコウノトリが大好きです♪

カールじいさんは78歳でしたか!
じゃぁ、豹変したじいさんは一体何歳の名?というツッコミをしたくなりますが、それは脇に置いておいて全体的に素敵な作品でしたね!
毎年毎年イイモノを見せてくれますよね。
何気に引用された「ウォーリー」ネタ(噴射機っていうのかな?)にニコニコしてしまいましたしw
ジョニー来てますね^^ (latifa)
2009-12-11 17:08:25
由香さ~ん、こんにちは!
寒いね~~!

そうか~3Dで見たかったな・・って思っていたけれど、2Dでも平気そうな映画だったのね?(^^ゞ

それほど感動は無かったものの、この映画って老若男女誰もが楽しめる映画だし、冬休みに子供と一緒に安心して見れて、帰りに軽く食事しながら、ワイワイ話すのにもってこいの映画よね☆
もうすぐ、2009年のベスト映画選出の時期だねー。由香さんのベストが気になる~^^
いつも由香さんとは、映画の感想などで、同じー!!って処が一杯あるのにもかかわらず、ベストランキングにランクインしてるリストは違ってる~という不思議な現象(現象って程でもないが)があるので、楽しみなんだ~。
こんにちは♪ (yukarin)
2009-12-11 17:25:25
カールとエリーの画像観てるだけでもウルウル来てしまいますゥ。
最初は立つのもやっとだったカールじいさんなのに冒険が始まったら元気になっちゃってビックリ。家背負ってますしね(笑)
泣けて笑えて素敵な作品でした♪
ピクサー (にゃむばなな)
2009-12-11 21:06:30
ピクサーはセリフのないシーンの演出が凄く巧いですよね。
言葉なしでこうもまぁ人の心の奥底にまで入り込めるんですから、本当に凄いとしか言い様がないですよ。
AKIRAさんへ^-^* (由香)
2009-12-11 23:32:44
こんばんは~♪
コメントありがとうございました^^

>エリーがカールを旅に出させたのかもしれませんね
私もちょっとそんな気がしています♪
いいお話でしたよね~冒頭から心を掴まれました。

雲のお話も良かった!
優しいコウノトリ君にジーンとしました。
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2009-12-11 23:36:31
こんばんは~♪
コメントあっりがとうございました^^

>この間、WOWOWで、ショートフィルム集もやってましたよね
きょえ~~~!!!見逃した!!!(泣)
見たかったなぁ~また放送してくれないかしら?

私は3Dで観ましたが、好みもあるとは思いますが、コチラは2Dでも楽しめる作品かも。
クリスマスキャロルの時は絶対3Dがオススメ!って胸張って言えますが、コチラはどちらでも、、、と言いたい。

いいお話でしたよね~
冒頭からジーンとしました。それがラストの伏線になっていて、、、お見事!!(泣)
miyuさんへ^-^* (由香)
2009-12-11 23:39:03
こんばんは~♪

>3D元年の今年の3D映画の中でちょっと映像的に地味な感じでしたものね
miyuさんもそうお感じになりましたか?
つい先日クリスマスキャロルを観たせいか、コチラは3Dだぁ~!!っていう感動がそんなになかったですよね。

でも私も3Dで観たくなっちゃう。
アバターが楽しみ~♪
こんばんは (えめきん)
2009-12-12 20:16:01
こちらにもお邪魔します。

ピクサーは相変わらず素晴しいですね。冒頭の二人の姿と、終盤のアルバムのシーンのリンクは反則ですよ。もう涙腺緩みまくりでした。

ストーリー、演出、CGのクオリティ、どれも文句なしでしたが、3D映像だけはもう少し頑張って欲しかったです。まだ慣れていないからかもしれませんが、次作の『トイ・ストーリー3』では、進化した3D映像を見せて欲しいですね。
泣けましたね~ (non_0101)
2009-12-12 23:06:31
あの夫婦の物語には泣かされました~
その後の冒険は、またディズニーっぽい楽しさでワクワクしました。
2Dと3Dは見比べてみると奥行きの違いを一番に感じました。特に高さが…
飛行船の上での戦いのシーンを観た時、高所が苦手な私は足がぞわぞわしました(笑)
KLYさんへ^-^* (由香)
2009-12-13 12:57:04
こんにちは~♪

>『クリスマスキャロル』の3Dと方向性は同じかと思いました
そうでしたか~
私はクリスマスキャロルに比べて地味な3Dだなぁ~なんて思いましたよ(汗)

冒頭の夫婦のエピソード、そして後半、、、涙が溢れましたね~
エリーはカールと過した人生がとても幸せだったんですね♪
kinoさんへ^-^* (由香)
2009-12-13 13:00:38
こんにちは~♪
コメントありがとうございました^^

私もこの映画は2Dで観ても良かったかなぁ~って思いました。奥行きのある3Dの映像は好きなのですが、コチラはそういう事のメリットがそんなに感じられなくて、、、

冒険は突拍子もないことの連続でしたが、私は結構楽しんじゃった♪特にお喋りワンちゃんが好きー^^

ラストでアルバムを開くシーンには感動しましたね・・・
hitoさんへ^-^* (由香)
2009-12-13 13:03:44
こんにちは~♪
いい映画でしたね~^^私もDVDを買おうと決めています!

hitoさんが甥っ子さんと3D映画を観に行かれた記事を読んで、先日私も甥っ子を連れて3D映画を観に行ったことを思い出しました~
家の甥っ子は喜んでメガネをかけていたのですが、、、途中で寝ちゃったんです!!グッスリと(泣)暗いせいかもしれませんねぇ・・・
叔母の心甥っ子知らず・・・
たいむさんへ^-^* (由香)
2009-12-13 13:07:27
こんにちは~♪

私もコウノトリ君が好きー^^
なんて優しい奴なんだ!!ジーンとしました。あんな短いアニメで。

ウォーリーネタには笑いました~♪掃除機でビューンですものね

>豹変したじいさんは一体何歳
どうやら94才らしいですよ・・・スゴイですよね。元気なじいさんだ
latifaさんへ^-^* (由香)
2009-12-13 13:12:59
こんにちは~♪

ジョニーが来たね~
私はファンのくせに“会いたい!!見たい!!”って思ったことがないのですが(誰に対してもそうなの・・・変かな?・汗)TVで見るとやっぱり興奮よ~
・・・・・ちょっとジョニーは太ったよね?

これは2D鑑賞でもいいかな?って感じでした~
お話が気に入ったわ~結構好きです。

>ベストランキングにランクインしてるリストは違ってる~という不思議な現象
あはは~♪私はザ・ミーハ女だからなぁ~
現在考え中ですが、パブリックがベスト10に入るだろうと踏んでいたせいで混乱中・・・です
こんにちはー (みゆみゆ)
2009-12-13 19:33:49
私もカールじいさんを見てきました!
予告を見て期待していたものとは少し違いましたが、とても心が暖かくなる作品でした♪

ちなみに今日、公園を散歩していたら、カールじいさんみたいな風貌のおじいちゃんがいました(笑)
yukarinさんへ^-^* (由香)
2009-12-13 23:44:34
こんばんは~♪

いい映画でしたよね~
去年のウォーリーもお気に入りでDVDを買いましたが、コチラも買おうっと

カールじいさんは冒険に行って元気になりましたよね(笑)ちょっと無理だろう・・・とか思いましたが、なかなかの奮闘ぶりが可笑しかったです♪
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2009-12-13 23:46:51
こんばんは~♪
上手いですよね~セリフがない映像であんなに感動させるなんて。
ウォーリーでも感動でしたが、コチラでも涙・涙でした~
えめきんさんへ^-^* (由香)
2009-12-13 23:50:00
こんばんは~♪

トイストーリー3は楽しみですね~
絶対に3Dで観たいな^^その時は楽しい映像を期待しちゃう。
トイストーリーは大大大好きなんですよ。1も2も好きー♪今度はどんなお話かなぁ~

カールじいさんもいい映画でしたね~
>冒頭の二人の姿と、終盤のアルバムのシーンのリンク
ジーンとしましたね~
こういう笑えて心温まる映画っていいですね!
non_0101さんへ^-^* (由香)
2009-12-13 23:52:31
こんばんは~♪

>2Dと3Dは見比べてみると奥行きの違いを一番に感じました。特に高さが…
見比べてみたのですか?そうですか~
やっぱり奥行きに違いが出るのでしょうね。
DVDを買う予定なので、その時に違いが分かるかしら・・・

とてもいいお話でしたね~
おじいさんのキャラも良かったし、喋るワンちゃんの活躍も楽しかったです♪
みゆみゆさんへ^-^* (由香)
2009-12-13 23:55:37
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

カールじいさんによく似たおじいさんて、、、いそうですよね?(笑)
宣伝で野村監督がカールじいさんの扮装をしていましたが、結構似ていますね♪

あんなに冒険するとは思いませんでしたが(笑)笑って泣けるいい映画だったと思います♪
78歳とは! (kenko)
2009-12-14 21:26:31
オドロキ!
あんまり元気なんで、おじいちゃんに見えて実は若いのかな?なんて思ってました。

ピクサーの作品って主人公が車だったりネズミだったり、ぱっと見は惹かれないことが多いけど、観てみるとすごーく良い作品なんですよね。
今回も良かった♪冒頭の回想シーンでは号泣しちゃったし、じんわりました~。
短編アニメも良かったですね!私もお気に入り!
kenkoさんへ^-^* (由香)
2009-12-16 10:44:31
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

元気でしたよね~カールじいさん(笑)
もっとビックリだったのはムンツ・・・94才だって聞きましたよ!

いい作品でしたねぇ・・・昨年のウォーリーに続き気に入りました~
特に冒頭のセリフの無いシーンにはやられたよね?ジーンジーンしました・・・

短編アニメも良かったですよね!
優しいコウノトリさんにほっこりしました♪
こんばんは☆彡 (ひろちゃん)
2009-12-18 23:06:35
由香さんは3Dの吹き替え鑑賞だったんですね。私は3Dの字幕鑑賞でした^^
字幕は意外と観易かったです♪

ですが・・・
>コチラの映画は2Dでも良かったかなぁ

と私も由香さんのように感じました(^_^;)
私の場合は、3Dメガネでせっかくのピクサーの美しい映像が暗くなってしまったので
2Dのほうが良かったかなあって思ったんです。

とは言え、映像だけでなく、ストーリーでも
感動させてくれるピクサーですので、泣いたり
笑ったり、ドキドキしたりと楽しませて
もらいました♪

短編の作品も良かったですよね^^
ヨレヨレのコウノトリさん、良かったなあ(T.T)
ひろちゃんへ^-^* (由香)
2009-12-20 14:37:36
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

最近3Dで映画を観るのがお気に入りなのですが、それでも「この映画は2Dでも良かったかなぁ~」って思いました。
ひろちゃんが仰るように画面が暗くなるし、なんだか2Dでじっくり観たくなるタイプの作品だった気がして、、、そうお感じになった方が多いみたいですね!

お話は良かったですね~結構ジーンとしちゃった・・・
あと冒険シーンは楽しかったです♪特にワンコたち!犬好きなので微笑ましく観れちゃった♪

コウノトリさんのアニメも良かったですね!
Unknown (vic)
2009-12-21 22:26:52
3Dは、迫力ありましたけど
ディズニーランドの3Dアトラクションほどではありませんでしたね。
あの、近くに飛んできた物を、みんなで掴もうとする...

予告で見た「アバター」は、すごくて、それまで興味なかったけど、3Dで見てみたくなりました!

おじいちゃん、最初のうちはよぼよぼだったのに、いつの間にかスーパーマンみたいな身体能力発揮していましたね。
ホースをずっと放さずに掴んでいたり...
こんばんは (ひめ)
2009-12-22 00:55:19
私も大満足でした
最近、映画を全然見に行けていなかったんだけど
「やっぱり映画っていいなぁ」って思えました。
子供のいる友達にもすすめたくなりました♪

最初のエリーとのエピソード、セリフがほとんどないのに
感動させられてしまって・・・
そして、それが最後まで効いていて良かったですよね。

ワンちゃんたちのちょっとおバカな言動も楽しくて、すっごく気に入りました
vicさんへ^-^* (由香)
2009-12-24 15:21:52
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

3D映画は最近お気に入りなんです。
カールじいさんは3Dでなくても良かったかなぁ~と思いましたが、『クリスマス・キャロル』や『アバター』は3Dで観ると奥行きがあって美しいですよ~
こっこまで技術が進歩したんだなぁ~って感動します。

偏屈じいさんがどんどん元気に、どんどん可愛らしくなっていきましたね~
個人的にはワンちゃんたちがお気に入りです!
ひめさんへ^-^* (由香)
2009-12-24 15:25:53
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

いい映画でしたよね~
ひめさんが久しぶりに劇場鑑賞した映画がコチラで良かったかも。心が温かくなりますもの。

冒頭のセリフのないシーンは良かったですよね・・・ウォーリーの時もセリフのないシーンで涙・涙だったんです・・・

感動ばかりではなくて笑いもほどほどで面白かったですよね!ワンちゃんの首輪が最高!(笑)
せっかくの3Dなのに・・ (メビウス)
2009-12-24 22:02:54
由香さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

ウォーリー同様、今回もサイレントな演出には自分も感動を与えられましたねぇ。欠けた歯がカワイイ活発なエリーが、年老いていくに連れてやせ細っていく姿なんかは涙腺が凄く脆くなっちゃいましたし、カールがラッセルに最後エリーバッヂを贈るシーンなども、2人の年の差を越えた友情を感じてこれまた涙ポロ~リ。子供よりも大人のツボを心得てる感じがしますねw

でも自分の地元に来なかったものの、せっかくの3D版もあまり効果的に活用されていないのはなんか惜しいですね。3D料金分の価値があったかと言えば微妙ですか?(汗
それにつけてもおやつは (SGA屋伍一)
2009-12-26 13:00:08
こんちはー

>偏屈そうなおじいさんが主役―ということで

そうそう、ピクサーっていつも変なものを主役にもってくるんですよね!(笑) 今後のラインナップにはイモリが主人公の作品もあるそうです・・・

監督はやっぱり「夫婦ってどういうものだろう?」ということを考えながらこの映画を作ったそうです。由香さんもその点共感できるところがいろいろあったのでは
ちなみに『モンスターズ・インク』の時は「子育ては大変だ」がテーマだったそうです~

2009ベスト見させていただきました。また自分ところのUPしたらうかがいますね!
メビウスさんへ^-^* (由香)
2009-12-27 14:00:14
こんにちは~♪
お返事が遅くなってしまいました。スミマセン!

私は最近3Dで映画を観るのがお気に入りなのですが、コチラはあまり3Dによる効果がなかったかもなぁ~って思っちゃいました。
3Dで観るよりも2Dでじっくり絵を楽しんだ方が良かったかも・・・って思えた程です。まぁ~好みにもよると思いますが。

>ウォーリー同様、今回もサイレントな演出には自分も感動を与えられましたねぇ
そうでしたねぇ・・・
映画を観た皆さんがここでジーンとされたと仰っていますが、あの見せ方は上手いですよね・・・
コチラはそのカールとエリーの物語が後々の伏線にもなっていて後半でもジーンとしました。いいお話だったと思います!
SGA屋伍一さんへ^-^* (由香)
2009-12-27 14:05:43
いや~ん♪見ちゃいました?マイベスト(照)
『GOEMON』を堂々の1位にしちゃいました~
DVDを買ったんだけど、再見しても超~興奮で、、、そしてまたまたゴリが嫌で(笑)、、、やっぱり今年1番インパクトがありました~
私は5位までの作品はDVDを絶対に買うんですね。・・・別に決めているわけではないですが、繰り返して観たくなる映画が個人的なお気に入りってことで。
6位以降は気軽に楽しめてDVDを買うかもしれない作品です。
あれ?こんな説明はどうでもいいか(笑)

>イモリが主人公の作品もあるそうです
イモリ?・・・お腹の赤いヤツですか?
可愛いですよね~好きなんだぁ~そういう生き物。どんな映画になるのかな?
見つけたもの (クラム)
2009-12-30 15:20:11
わが家は2D版です。理由は単にケチなので。
でも公開4週間になるというのに、まだ会場は満員でしたよ。
うちの子もゲタゲタ笑って観ていました。

エリーの愛の深さにカールが気付く旅だったのですね。
冒険に出る前と後のカールの表情がすべてを語っています。
 (とらねこ)
2009-12-31 14:15:16
こんにちは、由香さん
うん、私も、3Dの特徴的な感じは特になかったですね。
しかも、画面全体が3Dだと暗くなっちゃうんですよね。
クリスマスキャロルは、IMAXシアターで見たんですが、カールじいさんと比べちゃうと、やっぱり映像すごかったなーと思っちゃいました。IMAXシアターだと、メガネ自体も違うんですよね。こっちの方がしっかりしていて、私はどうせ3Dで見るならIMAXの方がいいのかなあ・・・なんて考え始めています。

今年の年越しは、由香さんはいかがお過ごしですか?
'09年から'10年に変わる年ですもんね。何か記念に残るような年越しがしたいなあ、なんて考えています♪
むふふふふ~
クラムさんへ^-^* (由香)
2010-01-01 16:36:02
明けましておめでとうございます!
今年も宜しくお願いします^^

クラムさんはそんなにピンとこなかった映画だったんですね~

私は好きでした、これ。
期待していなかったせいもあるけど、ジーンとしたり笑ったりのバランスが良かったと思いました。
憧れの冒険家があんなことになったのはちょっと残念でしたが、、、
とらねこさんへ^-^* (由香)
2010-01-01 16:39:15
明けましておめでとうございます~♪
今年も宜しくお願いします!

記念に残るような年越しは出来ましたか?

3Dの良さを感じた映画といえば、クリスマスキャロルとアバターでした。
特にクリスマス~は感動しましたよ~素晴らしくて。
コチラは2Dでじっくり観たかった気もしましたが、映画自体は好みでした~
復活 (ともや)
2010-01-04 10:45:01
おけましておめでとうございます、由香さん♪
ちょっといろいろとあって、ブログを休止していましたが、2010年になって復活です♪
またゆるゆるとやっていきますので宜しくお願いします♪

あ、そうそう井上夢人さんの『パワーオフ』をこの間読み終わりました。
進歩が目まぐるしいコンピューターのウィルスに関するお話なんだけど、今読んでも面白いのが井上さんならでは!
次は井上さんの『プラスティック』に突入予定です♪
ともやさんへ^-^* (由香)
2010-01-04 15:31:55
ともやさ~ん♪
復活されたようで嬉しいです。

ここのところブログを更新されていないので、何かあったのかなぁ~と思っていました。
大変なことがあったのですね、、、お見舞い申し上げます。

おお~!!パワーオフを読みましたか!!
私はまだ未読なんですぅ~
どんどん古本屋さんで本を調達しちゃうもので、あれもこれも後回しになっちゃって・・・早く読まなくちゃ♪

今年も映画や本の話で盛り上がりましょうね!ヨロシク~♪
こんばんばー^^ (みすず)
2010-01-20 22:31:28
面白かったですねー^^
色も鮮やかで綺麗で♪

最初の雲とコウノトリの映画で号泣^^;
その後の本編の最初の10分の部分でも号泣^^
でも、楽しくてワクワクして・・・ハラハラして^^
良い映画でした~♪

みすずさんへ^-^* (由香)
2010-01-24 13:15:29
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

コウノトリさんのお話も良かったですよね~
胸がキュンとしました。

カールじいさんは冒頭で泣いちゃったなぁ~
その後の冒険シーンは面白かったし、とっても好きな映画になりました~

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

117 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カールじいさんの空飛ぶ家 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
『カールじいさんの空飛ぶ家』夢の映像化はリアリズムから (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
こちらのブログへお引っ越しして初めての新作鑑賞です。で、今回は鑑賞『前』と『後』の二本の記事に分けてお届けしますね。
『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後ver./実はすごく意味深 (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
邦題はいかにもお子様ファミリー向けっぽいですが、原題と中身を考え合わせるとかなり深いものがあります。読めば読むほど、娯楽作とはほど遠いテーマ。
カールじいさんの空飛ぶ家 (迷宮映画館)
カールじいさんの引っ張る家だったような・・・。
カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
カールじいさんの空飛ぶ家 3D字幕版/エドワード・アズナー (カノンな日々)
日本の3D映画元年とも言われる2009年。年末には大本命とも言える実写モノの『アバター』が控えてますが3Dアニメーションではトリを飾るのはこの作品ですね(まだ他にあったっけ?)。『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Up in Disney Digital 3D) (Mooovingな日々)
妻を亡くし、一人暮らしの78歳の老人カール・フレデリクセンはある日ついに彼の生涯の夢を成し遂げた。それは思い出が詰まった我が家に、何千もの風船をくくりつけて、南アメリカの荒野に向けて大空を旅するというものだった。しかし彼はそこで最大の悪夢を見つける。楽...
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよい...
[映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってし...
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家 (しづのをだまき)
2009年 米 監督・脚本・原案 ピート・ドクター/ボブ・ピーターソン 鑑賞@松江SATY東宝 妻に先立たれた78歳老人が、頑固に家に留まるも、開発が進み追い出されそうになり、子供の頃、妻と共に抱いた夢を思い出して、南米に向かって家ごと旅立つ。「素晴しい風船旅行...
劇場鑑賞「カールじいさんの空飛ぶ家」 (日々“是”精進!)
カールじいさんの空飛ぶ家「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。WMCでは3D作品が+300円で観られるようになりました~!「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が...
カールじいさんの空飛ぶ家3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
長年連れ添った妻を亡くして孤独になり、思い出がいっぱい詰まった家が再開発で立ち退きを求められたとき、老人が奇想天外な方法で旅に出る物語だ。カールじいさんは愛する妻がいる間は幸福だったけど、一人きりになって世間の人を寄せ付けなくなる。孤独に凝り固まった老...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1~2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻...
カールじいさんの空飛ぶ家 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミン...
『カールじいさんの空飛ぶ家』(3D・字幕版) (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Up】 2009年/ディズニー/103分 【オフィシャルサイト】 監督:ピート・ドクター 出演:エド・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、チャールズ・ムンツ、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、エリー・ドクター...
カールじいさんの空飛ぶ家 【幸福も 心も愛も 形無き】 (猫の毛玉 映画館)
『カールじいさんの空飛ぶ家』 UP 2009年・アメリカ ディズニー×ピクサーのお爺ちゃんアドベンチャー・アニメ。 2Dの字幕版を鑑賞。  予...
カールじいさんの空飛ぶ家 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜...
カールじいさんの空飛ぶ家と少年朝青龍関。 (inuneko)
吹き替え、3D版。 さすがのピクサー、一分の隙もありません。 中身に何の文句もありません。 ただロビーで3D版ならではの悲劇を見かけました。 頭が大きくて3Dメガネが入らないとモギリの女の子にすごい文句いうてる人がいて、どんな頭やねんと思ったら、大学柔道部無差...
冒険しようよ~『カールじいさんの空飛ぶ家』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 UP  幼い頃から「冒険家精神」を共有してきた妻エリーを亡くし、ひとりぼっちに なったカール。彼は亡き妻との夢を叶えるべく、自...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 ('09初鑑賞179・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 12月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:40の回を鑑賞。 日本語吹き替え版、2Dでの鑑賞です。
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
(2009年:米・PIXAR=ディズニー/監督:ピート・ドクター) 良質のCGアニメを発表して来たピクサー+ディズニー提供の新作。 今回の主人公は、78歳の老人。一応子供も楽しめる
カールじいさんの空飛ぶ家<字幕> (りらの感想日記♪)
【カールじいさんの空飛ぶ家<字幕>】 ★★★★☆  映画(36)ストーリー 古いけれど手入れの行き届いた一軒家に暮らす老人カール・フレドリク
「カールじいさんの空飛ぶ家」 第1位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 663オープニング土日動員: 44万804人オープニング土日
カールじいさんの空飛ぶ家【2009アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原題:UP(2009年アメリカ)監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズ
カールじいさんの空飛ぶ家 (LOVE Cinemas 調布)
『ウォーリー』、『ボルト』のディズニーピクサーが贈るフル3DCGアニメーション。亡き妻との約束を果たすため、思い出の家に大量の風船をつけ旅立つカールじいさんと、偶然にも一緒に付いてきてしまったラッセル少年の大冒険を描く。監督は『モンスターズ・インク』...
★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
カールじいさんの空飛ぶ家(3D日本語吹替版) (映画通信みるみる)
「パラダイスの滝よ。伝説の場所って言われてるんだ…… あなたが飛行船で連れてって。ぜったい約束ね。」 解説:『モンスターズ・イン...
映画レビュー「カールじいさんの空飛ぶ家」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
カールじいさんの空飛ぶ家 (竹書房文庫)◆プチレビュー◆ディズニー/ピクサー初の3D作品。計算されつくした映像と完璧な物語に圧倒される秀作アニメ。 【80点】 主人公・カールじいさんは、決してヒーローではない。だが、彼が繰り広げる冒険物語は、驚くほどの感動...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年12月7日(月) 19:15~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1550円(チケットフナキで購入した前売り1250円と差額300円) パンフレット:600円(買っていない) 『カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版』公式サイト 恒例のピクサーの新作は、ディズニー・デジタル3...
カールじいさんの空飛ぶ家 (銅版画制作の日々)
 原題:UP 愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。 原題はUPというシンプルなタイトル。公開初日に鑑賞しました。フリ―パスポートも後10日を切りました。さて残すところどれだけ観れるか・・・?ところで、クリスマスキャロルは3Dの場合、吹き替えしかな...
カールじいさんの空飛ぶ家・・・・・評価額1700円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ピクサー・アニメーションスタジオの、記念すべき長編10作品目は、「モンスターズ・インク」のピート・ドクターによる8年ぶりの監督作「カー...
『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・“冒険はそこにある!” (SOARのパストラーレ♪)
不機嫌そうなしかめ面の老人とどこか抜けてるマイペースな少年。およそアクション・アドベンチャーのヒーローにはほど遠いこのコンビが、大空でそして伝説の地で繰り広げる大冒険。ピクサー10作目は擬人化した昆虫でも魚でもおもちゃでもクルマでもなく、“人間”二人をど...
カールじいさんの空飛ぶ家 (セガール気分で逢いましょう)
今年もディズニー/ピクサーの最新作がやってくる。頑固じいさん孫三人、じゃなかった、『カールじいさんの空飛ぶ家』の冒頭10分間に、滂沱の涙が流れた理由―。
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
「カールじいさんの空飛ぶ家」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「カールじいさんの空飛ぶ家」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *Disney、PIXAR *キャラクター(声優):カール・フレドリクセン(エドワード・アズナー/飯塚昭三)、ラッセル(ジョーダン・ナガイ)、チャールズ・F・マンツ(クリストファー・プラ...
「カールじいさんの空飛ぶ家」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
まだ公開が12月と先なので、ネタバレは無しで・・・。 一番私が良かったのは最初の15分間位の回想シーンでした。
「カールじいさんの空飛ぶ家」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
まだ公開が12月と先なので、ネタバレは無しで・・・。 一番私が良かったのは最初の15分間位の回想シーンでした。
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 字幕版の3Dを初体験!
カールじいさんの空飛ぶ家 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「カールじいさんの空飛ぶ家」監督:ピート・ドクター(『ウォーリー』『モンスターズ・インク』)声の出演:エド・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー配給:ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン概....
カールじいさんの空飛ぶ家 (試写会) (風に吹かれて)
冒険のページは続く大人も子供も楽しめる公式サイト http://www.disney.co.jp/m
UP(アップ)(DisneyDigital3D)(2009) (犬連れ国際結婚)
PIXAR(ピクサー)が制作しDISNEY(ディズニー)が配給したコンピューター・アニメーション・アドヴェンチャー映画『UP』(アップ)は、2009年のカンヌ映画祭で、初のアニメーション映画としてプレミアを飾った。プレビューを映画館で観てから、私達は、子供みたいに....
【カールじいさんの空飛ぶ家 3D】 (日々のつぶやき)
愛する妻が死にました―  だから私は旅に出ます。 甥っ子初の3Dに連れていってきましたー ストーリーは勿論、3Dの立体感に甥っ子ったら始終ワクワク興奮しっぱなしでしたー♪ 私は・・ 冒頭やられてしまいました! カールとエリーが出会った恋に落ちて、哀し
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡く...
「カールじいさんの空飛ぶ家」みた。 (たいむのひとりごと)
3Dに限らず、2Dでも字幕上映が無いのは何故?ガックリだ[E:despair] ・・となればいずれも吹替版なのだし、気を取り直して3Dにしようかと迷ったが、上映時刻の関係から2Dで鑑賞。それでも、映像
「カールじいさんの空飛ぶ家」:西日暮里五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ビルメンテナンス・・・カールじいさんの家もメンテナンスしてくれないかな。 {/hiyo_en2/}冒険の旅でボロボロになっちゃったもんね。 {/kaeru_en4/}いまはなき愛妻の夢をかなえようと、自宅に風船をいっぱいつけて南米の滝をめざすじいさんのア二メーショ...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み (はらやんの映画徒然草)
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (めでぃあみっくす)
スタジオジブリの後継者はここにいる。この映画を見るとジブリの鈴木敏夫プロデューサーがそう感想を述べた気持ちが凄くよく分かります。ジブリ的な展開とキャラクターに、ピクサーならではの言葉要らずの演出が加わった、まさに「大人のための映画」です。特に独身者より...
カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) (yanajunのイラスト・まんが道)
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
カールじいさんの空飛ぶ家 東京厚生年金会館 2009.11.26 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
試写会で観てきました あらすじ:78歳のカールは、一人暮らしの孤独な老人。彼には、「いつか叶えよう」と亡き妻と誓ったまま、諦めかけていた夢があった。それは、二人で冒険の旅に出ること。妻の思い出でいっぱいの家から引き離され...
カールじいさんの空飛ぶ家 (心のままに映画の風景)
亡き妻エリーとの思い出に満たされた家で暮らす老人カール・フレドリクセンは、 周りの開発が進む中で頑なに家を守り続けてきたが、ついに...
カールじいさんの空飛ぶ家☆独り言 (黒猫のうたた寝)
PIXARの新作は主役がおじいさん。んーーーっと、どうなんだろうって思ってましたが冒頭10分くらいの、カールがエリーと出会ってからの現在までの追憶映像が、すごくいい。出会い、成人し、結婚して、叶わない夢があって、でも愛する人といつまでも一緒に楽しく暮らせたら...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (首都クロム)
 宮崎監督の皮肉なコメントが腑に落ちた作品でした。あの追憶の場面は本当に素晴らしく感動的で、ピクサーが過去に作った短編作品(発想が素敵で、思わず見入ってしまう!)の流れを汲むものだったと思います。それだけに、後半のアドベンチャーを語りたいがための追憶、...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Memoirs_of_dai)
どうにかほしい本作のバウリンガル 【Story】 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家 2D 吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『カールじいさんの空飛ぶ家 2D 吹替版』を本日観て来た。 採点は★★★★☆(5点満点中4点)。 一言でいえば、"期待を裏切らない人間が主人公のピクサーアニメ"とでも言おうか。 前の記事『映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採...
カールじいさんの空飛ぶ家 (5125年映画の旅)
冒険家に憧れていたカール少年はある時、同じ夢を持つ少女エリーと出会い、後に結婚した。幸せは数十年続いたが、エリーはカールを残して先に旅立ってしまう。孤独に打ちひしがれるカールじいさんは、エリーとの約束を果たすために南米にあるパラダイスの滝を目指して...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Blossom)
カールじいさんの空飛ぶ家 UP 監督 ピート・ドクター アメリカ 2009
カールじいさんの空飛ぶ家  (You got a movie)
監督    ピート・ドクター 製作総指揮 ジョン・ラセター        アンドリュー・スタントン   ディズニー&ピクサースタジオでは初めての3Dデジタルアニメ。とてもカラフルな映像で見ていて楽しく、笑えるところ、泣けるところがふんだんな冒険もの。主人...
カールじいさんの空飛ぶ家 (とりあえず、コメントです)
ディズニー&ピクサーの最新アニメです。 長年連れ添った妻を亡くして家に引き篭もっていたカールじいさんと 父親の愛情を求めている少年ラッセルの冒険は ディズニー&ピクサーらしくとっても楽しい物語でした(^^)
字幕版を観るべし!『カールじいさんの空飛ぶ家』 (水曜日のシネマ日記)
妻に先立たれた老人が子供の頃からの憧れの地へ旅をする物語です。
カールじいさんの空飛ぶ家 (シネマDVD・映画情報館)
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンク...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (そーれりぽーと)
ディズニー・ピクサー最新作で、ピクサーとしては初のDisney Digital 3-D作品『カールじいさんの空飛ぶ家 3D』字幕版を観てきました。 ★★★★ こないだの『ボルト』は同じディズニー3DCG映画でジョン・ラセターが携わってても非ピクサー作品。 今回はピクサー純正、本...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (みんなシネマいいのに!)
 我が家に大量の風船をつけて旅立つ老人! 目指すは亡き妻との約束の場所だ! 予告
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (みゆみゆの徒然日記)
 予告だけで泣けてくる・・・と気になっていた作品です。3Dか通常2Dかで迷いましたが、通常版(吹替しかなかったので吹替)で鑑賞しました。9日に鑑賞。 【あらすじ】カールじいさんの空飛ぶ家 - goo 映画より引用。 冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画大好き!)
ディズニー・PIXAR映画、カールじいさんの空飛ぶ家(3D)を見てきました。モン
『カールじいさんの空飛ぶ家』:宮崎ばあさん、ピクサーじいさんの心意気 @3Dシネコン (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
しばらくぶりの劇場鑑賞。満を持しての3D体験。 原題「UP!」と同様、気持ちは上昇気分でした。
カールじいさんの空飛ぶ家/Up (いい加減社長の映画日記)
これも1週間遅れのレビュー記事。ピクサーの新作アニメということで、期待して「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかなぁ。「カールじいさんの空飛ぶ家」は、大きめのスクリーンで、4割程度か。【ストーリー】冒険好きな少年と少女だった...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 第1位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 663オープニング土日動員: 44万804人オープニング土日
カールじいさんの空飛ぶ家 (Movies 1-800)
Up (2009年) 監督:ピート・ドクター&ボブ・ピーターソン 声:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、クリストファー・プラマー 亡き妻との約束を果たす為、南米探検旅行に家ごと出発した老人と、たまたまついてきてしまった少年の冒険を描くピクサーアニメ。 主人...
カールじいさんの空飛ぶ家 (C note)
毎回良質なCGアニメーションを届けてくれるピクサーの新作。 最近、元気なお年寄り
「カールじいさんの空飛ぶ家」3D吹替版☆鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
大人が観るべき映画。親の離婚で居場所を失った子供。子供は納得出来ずに元の家に行ってみると、子供の部屋だった場所は新しい奥さんの連れ子に占領されていた。父親は新しい奥さんにベタ惚れだ。邪険に子供は追い払われた(というのは実話だが、同じような境遇の子供が出...
カールじいさんの空飛ぶ家 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
ディズニー&ピクサーの冒険アニメです。原題は『UP』。邦題は見た目そのまんまですが、原題よりわかりやすい。鑑賞したのは2D字幕版です。109シネマズのポイントで、エグゼクティブシートで観ました。冒険家チャールズ・マンツに憧れるカールとエリーは1軒のあばら....
【映画評】<!-- かーるじいさんのそらとぶいえ -->カールじいさんの空飛ぶ家 (未完の映画評)
愛する妻に先立たれたカールじいさんが、風船で家ごと空に飛び出していく、ハートウォーミングな冒険活劇。
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/アメリカ  監督/ピーター・ドクター  ピクサー最新作。ちなみに原題は「UP」。そのまんまだけど、なんともシンプルな・・・。  最愛の妻エリーを亡くし、意固地な老人になってしまったカールじいさんは、エリーとの想い出が詰まった家を手放さなけ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (ルナのシネマ缶)
ピクサー作品は、幸せな気持ちにさせてくれるから大好きです。 ホントは、3Dで観ようと思ったのですが、吹替しかやっていなかったので、 2Dで鑑賞しましたが、充分に美しい映像でした。 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。 最愛の妻は亡...
♯55 「カールじいさんの空飛ぶ家」 (cocowacoco)
映画アニメ 「カールじいさんの空飛ぶ家」 UP (日本語吹替版)を観ました          ピート・ドクター監督 (Pixarアニメ) 2009年 アメリカ 面白かったのですが、ちょっと期待しすぎたかな~。 それと映画を観るそのときの精神状態で、自分は楽しむ度...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 Up  (俺の明日はどっちだ)
冒険はそこにある 妻に先立たれた偏屈で孤独なガンコ老人が、亡き妻との約束を果たすべく2人の思い出が詰まった我が家に大量の風船をつけ、たまたま居合わせた少年とともに冒険に繰り出す姿を描いたご存知ピクサーの最新作。 オープニングの冒頭10分で描かれるフレド...
「カールじいさんの空飛ぶ家」飛びます!飛びます!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[カールじいさんの空飛ぶ家] ブログ村キーワード  ピクサー・アニメの最新作。「カールじいさんの空飛ぶ家」(ウォルト ディズニー スタジオ モーション ピクチャーズ ジャパン)。ロボットとか車、それにネズミが主役なんてのも、過去のピクサー作品にはご...
2009-98『カールじいさんの空飛ぶ家』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2009-98『カールじいさんの空飛ぶ家』(更新:2009/12/09) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) もう、3Dで観るしかないよね。 早い時間だと日本語吹き替えしかないけどね(^^ゞ キャッチコピー...
『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家」□監督 ピート・ドクター □脚本 ボブ・ピーターソン □キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹替え版 (映画道)
冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。 幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。 喜びも悲しみも分かち合い、つつましく生きてきた2人にも、やがて悲しい別れが訪れる。 ひとり残され偏屈な老人...
★カールじいさんの空飛ぶ家(2009)★ (CinemaCollection)
UP愛する妻が死にました──だから私は旅に出ます。上映時間103分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/12/05ジャンルアドベンチャー/ファミリー/コメディ映倫G【解説】「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメー...
カールじいさんの空飛ぶ家 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:UP) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) ピクサー映画の10作目にして、初の3Dアニメーション。 偏屈で孤独なガンコ老人が亡き妻との約束を果たすべく、我が家に大量の風船をつけて大冒険に出発するアドベンチャー映画。 1930年代。伝説的な冒険家チ...
映画 ■■カールじいさんの空飛ぶ家■■ (Playing the Piano is ME.)
見る前からヤバイな、と思っていたけど もう、涙腺決壊。 泣いた泣いた。 体中の水分が全部涙になったと思うくらい泣きました。
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」  (Andre's Review)
up アメリカ 2009 09年12月公開 劇場鑑賞 このところ忙しく、鑑賞から10日以上経過してしまいましたが、ようやく感想を書けました。 ピクサーの新作、ディズニーファンとしては見逃せません☆ 個人的には吹替え版には抵抗ありまくりなため、3D字幕版を観ようかな...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (映画君の毎日)
<<ストーリー>>いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 XpanD3D(吹き替え版)で鑑賞。 PIXARの作品、3DCGアニメーション。 例によって主要な部分は日本語(セリフのことではなく文字)になっている。 ** カール・フレデリクソンは、小さいころから冒険好きだった。 今日も有名な冒...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Diarydiary! )
《カールじいさんの空飛ぶ家》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - UP 愛す
カールじいさんの空飛ぶ家 (ひめの映画おぼえがき)
監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー... 「愛...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (ラムの大通り)
「いやあ、やはり映画は観てみないと分からないね」 ----えっ。どういうこと? この映画、気に入らなかったの? 「いや、そうじゃなくて、思っていたのと、少し、いやかなりかな、 自分の受けた印象が違ったってこと」 ----そうニャの? これって、おばあさんを先に亡くし...
『UP』 カールじいさんの空飛ぶ家 (キマグレなヒトリゴト)
いつまでも夢があるっていいなぁ、たとえそれが途中で 現実的な夢にかわったとしても。 Up [Blu-ray] [2009] [US Import]Edward Asner Walt Disney Video 2009-11-10Sales Rank : See details at Amazon by G-Tools ぽちっとプリーズ。
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (古今東西座)
泣けそうな映画だよなぁと予測していたので、いかにも観客の少なそうな日曜日の最終回というタイミングを狙って劇場へ。「これなら映画が終わってメソメソしていても、あまり他人から見られなくて済むので恥ずかしくないかも」という目論見は外れ、3Dメガネを受け取って...
ビル管理・メンテナンス-株式会社NON (株式会社NON)
総合ビル管理・ビルメンテナンスのトータルサポートマネージメントシステムの紹介、モデル、SEO、ノン、東京、北区
カールじいさんの空飛ぶ家(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ピート・ドクター 【声の出演】エドワード・アズナー/ジョーダン・ナガイ/ボブ・ピーターソン/ジョン・ラッツェンバーガー/エリー...
No.124 「カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹き替え版」 (2009年 103分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ピート・ドクター 出演 エドワード・アズナー    ジョーダン・ナガイ    ボブ・ピーターソン 正月映画も「アバター」を残すのみでほぼ出そろいましたね。 特に今年は3D映画が数多く公開されましたが、この正月作品も「アバター」を筆頭」の「クリスマス...
天まで上がる ピート・ドクター 『カールじいさんの空飛ぶ家』 (SGA屋物語紹介所)
ピクサー総括記事で予告してから、はや一年・・・ ようやくこの映画について語ること
カールじいさんの空飛ぶ家 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
君との約束を守るため僕は今から旅に出る__この冬、ディズニー/ピクサーが贈る最新作は、風船のついた家で空へ飛び立ったガンコじいさんの物語。 ラブストーリー、アドベンチャー、アクション、ヒューマンドラマ、すべての要素がここに詰まっています。 物語:幼...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D / 77点 / UP (ゆるーく映画好きなんす!)
前半はむちゃくちゃ素晴らしいんやけど、後半はほとんど記憶に残らない・・・ 『 カールじいさんの空飛ぶ家 3D 吹替え版 / 77点 / UP 3D 』 2009年 アメリカ 103分 監督 : ピート・ドクター 脚本 : ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシ 【
映画『カールじいさんの空飛ぶ家<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督、ピート=ドクター、ボブ=ピーターソン。脚本、ボブ=ピーターソン、ロニー=デ
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味-BIMI-)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画的・絵画的・音楽的)
 アニメ「カールじいさんの空飛ぶ家」をTOHO日劇で見てきました。  少し前に同じデズニー映画の「クリスマス・キャロル」を見たばかりですが、その時は「パフォーマンス・キャプチャー」の方に目が行ってしまいがちだったので、もっと純粋のアニメで3Dを見たらどうだろ...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
初めての人間の主人公。とはいえ超人。ピクサー期待の新作。と言いながら、公開4週間まで観るのが遅れてしまった。そんなうちに遮っていても少しずつ情報が入ってきてしまって、どうやらいちばんの感動どころらしい夫婦の歴史を台詞なしで綴る穏やかな場面での染み入りは...
カールじいさんと空飛ぶ家 ▲182 (レザボアCATs)
'09年、アメリカ原題:Up監督:ピート・ドクター共同監督:ボブ・ピーターソン製作:ジョナス・リベラ製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トム・マッカーシー脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクタ...
カールじいさんの空飛ぶ家(映画館) (ひるめし。)
愛する妻が死にました― だから私は旅に出ます。
カールじいさんの空飛ぶ家 (みすずりんりん放送局)
 『カールじいさんの空飛ぶ家』を観た。  冒険家チャールズ・マンツに憧れていた少年カールは映画を見終えたその帰り道、廃墟になった...
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の北部九州地方は晴天です 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね…せっかく買ったカメラの撮影にも行きたいんですけどねぇ 数日前にちょこっと書いた“悪...
カールじいさんの空飛ぶ家 (しーの映画たわごと)
ピクサー最新作。日本公開は遅すぎたんじゃ。アメリカではDVDも発売し終わった後の公開って。もちろん下知識全くなし。きっと、じいさんのハートウォーミングな作品だろうと期待したが。
見逃さなくて良かった 「カールじいさんの空飛ぶ家」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
妻を亡くしたカールじいさんは、思い出の詰まった家に大量の風船をつけ、妻と夢見た地へ向かって飛び立つが…… 監督:ピート・ドクター  
『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
愛する妻が死にました――  だから私は旅に出ます。 というコピーから想像していたのとは全然違う作品でした。 序盤は確かにその雰囲気通り。 冒険家のチャールズ・マンツに憧れるカール少年は、ある日空き家で冒険好きの女の子エリーと出会って意気投合。そして...
■映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Viva La Vida!)
ピクサーの最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』は、2009年度カンヌ映画祭のオープニング作品に選ばれた作品。 (アニメ作品としては史上初!) それも納得の大名作です。 美しい映像とユニークなキャラクターたちが織りなす素晴らしい物語。 映画でしか表現できない...
カールじいさんの空飛ぶ家 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カール...
カールじいさんの空飛ぶ家  UP (映画の話でコーヒーブレイク)
休み明け、旅行後、間があくと文章を書く気力が萎えてしまう私です{/dogeza/} あれやこれや書きかけであと少し手を加えればアップできるのに・・・チンタラ{/hiyo_shock1/} おしゃべりは好きだけれど、元々筆不精なんです。 そんな気持ちを上げようと、「カールじいさん...
カールじいさんの空飛ぶ家 (こんな映画見ました~)
  『カールじいさんの空飛ぶ家』---UP---2009年(アメリカ)監督:ピート・ドクター声の出演: エドワード・アズナー カール・フレドリクセン ジョーダン・ナガイ ラッセル ボブ・ピーターソン ダグ/アルファ クリストファー・プラマー チャールズ・マン...
シャッターアイランド (こんな映画見ました~)
『シャッターアイランド』 ---SHUTTER ISLAND--- 2009年(アメリカ) 監督:マーティン・スコセッシ 出演: レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、エミリー・モーティマー ボストンの遥か沖合に浮かぶ孤島“...
カールじいさんの空飛ぶ家 (mama)
UP 2009年:アメリカ 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー カール・フレドリクセンは78歳。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まっ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
カールじいさんの空飛ぶ家 (のほほん便り)
私、大いに勘違いしてました。タイトルと、パッと見のイメージから、クライマックスに家に風船つけて、ふわふわ飛び上がる、きわめてメルヘンチックな、のんびり話だと思ってたら、さにあらず 最初から「想い出つまった家を連れて旅に出る」思いっきり冒険活劇なオハナ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (銀幕大帝α)
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター ....