★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^−^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2012

2009-11-21 15:37:37 | 映画【英・数字】

ローランド・エメリッヒ監督の『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』が好きです
だから似た傾向であろうコチラにもちょっと期待していました〜
【story】
イエローストーン国立公園に子どもたちとキャンプに訪れたジャクソン(ジョン・キューザック)は、謎の男から“地球の滅亡”が間近に迫っていること、更に、その事実を世間に隠している各国政府は、密かに巨大船を製造し、限られた人間だけを脱出させる準備に着手していると知らされる。
ほどなくしてロサンゼルスで史上最大規模の大地震が発生し、それは世界中へと拡がっていく。大地震、大津波、大噴火、、、離婚した妻ケイト(アマンダ・ピート)と子どもたちを守るため、ジャクソンは家族と巨大船がある地を目指すが―
     監督 : ローランド・エメリッヒ 
『紀元前1万年』『デイ・アフター・トゥモロー』

【comment】 (*ネタばれ気味です)
 
  ディザスターの巨匠  いい仕事していました〜

いや〜圧倒されましたよ〜ロサンゼルスが崩壊していくさまに、、、
 
                
私は、こういう映像を観ると、恐ろしくって涙が出るんです、、、じわじわ
                
 
で、、、「こんなになったら痛みや苦痛無く死にたい、、、無駄に頑張らないで、あっという間に知らない内に死んでしまった方が楽よぉ〜」と涙目で見入りましたよ。
『インデペンデンス〜』や『デイ・アフター〜』の時よりも今回はその気持ちを強くして観たなぁ〜
だって、モロに地球そのものが崩壊しちゃうんだもの。人類滅亡どころじゃないんだもん。助かった後だって苦難の連続じゃ〜んって思って、「ダメ、、、私なら助かるために頑張らない」と弱気バリバリでございました。

 
では、“2012”年に何が起こるのか?です。
どうやら、2009年に未だかつてない太陽のフレアの影響で地球の地殻が変動。2012年には地球の内部から崩壊していくってことなんですね〜
くしくも高度な天文学や数学の知識で栄えたマヤ文明が遺した暦の最後の日が2012年12月21日。これは偶然ではなく、地球滅亡の予言だった―ってことらしいんですよ。

1999年のノストラダムスの大予言をクリアしてしまった予言好き、終末論好きの我々人類としては、次にマヤ文明に恐れ戦こうとしているのでしょうか?(笑)
とか言って全然興味が無さそうにしていても、実は、“2012年終末論”についての本を2〜3年前に読んだ私は、その時は、「地球は2012年で終わるんだ―」と真剣に思い悩んだものでした。(確か“フォトンベルト”に関する本でした)
 
で、、、とにかく映像は圧巻で、「アカ〜ン」ってくらいグチャグチャに崩壊する文明や自然を見せつけます。
大地震、大噴火、大津波、、、どれもこれも「人間って無力―」と思い知らされ、手に汗握り見入ってしまうでしょう―
 
だけどぉ〜お話はやっぱり陳腐区域から出ていないかなぁ〜
まずさ、当然辿るべき道なのかもしれないけど、2012年に何が起こるのかを一部の人間にしか知らせず、オマケに“選ばれた者だけが生き残りの切符を掴む”ってのがねぇ〜どうも観ていて気分がよろしくない。
それから、一応主要な登場人物がおりまして、米大統領(ダニー・クローヴァー)と娘(ダンディ・ニュートン)、科学者たち(キウェテル・イジョフォー)、政治家たちやお金持ち、そして主役の一度壊れた家族などの人間模様が描かれていたけれど、、、どうしても魅力的な人間模様とはいえなくって、、、そのせいか158分の長丁場は途中で飽きもきましたね(汗)
地球規模の災厄には、余程のキャラやヒーローでも出てこないと、どんな人間ドラマをはめ込んでもバランスが悪いのかもしれませんねぇ〜「そんなのいいから地球の惨状だけ見せて―」的な気持ちが過りましたよ(汗)
 
それから、鑑賞後に思ったのですが、方舟に乗って助かった人たち、、、あの人たちは、綺麗事は言っても、基本は、所詮自分たちだけが根性で生き残ったって人たちなので、健全な第2の地球を築けるのでしょうかねぇ・・・
で、、、万が一にも方舟に乗らずして助かった人類がいたとしたら、、、、今後は、“方舟族”と“正規の生き残り族”での醜い対立も生まれるなぁ〜なんて余計なことも考えました。
                                      (3.5点)       

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (62)   Trackbacks (96)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 13日の金曜日 | TOP | イングロリアス・バスターズ »
最近の画像もっと見る

62 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
崩壊 (AKIRA)
2009-11-21 16:30:01
すんごいディザスター映像でしたね。
 僕も泣きそうになりましたよ。。

でも,やっぱりドラマは崩壊というか,
安っぽくて残念・・・。
ま,織り込み済みやから不満ではありませんが。w

もうちょっと共感を呼ぶドラマにしてほしかったですね。。
Unknown (佐藤秀)
2009-11-21 18:35:55
もうここまでやったら、後何すればいいのか分からなくなるんじゃないですか。これからディザスター・ムービー作る人実は困っているんじゃないですか。
Unknown (紫芽路)
2009-11-21 18:47:30
はじめまして(^^)/
私も涙目で見てしまいましたよ。
隣の女性は、シクシク泣いていました。
やはり、エメリッヒ監督は破壊物を
やらせたら右に出るものはいないでしょう。

崩壊シーン、もう一回じっくり観たいです。
この映画、TDLやUSJばりの劇場で、
3Dにして客席も揺らしたら最高に楽しめそう
ですね。
こんばんは (えめきん)
2009-11-21 22:28:32
期待通りの大崩壊描写でした。「世界が崩壊しているのに携帯はしっかり繋がる」など、ツッコミどころも満載ですが、それを吹き飛ばす圧倒的な迫力と物量作戦は流石です。

今後しばらくはディザスターものの映画は作られないでしょうね。映画の質はともかくとして、視覚面でこれを超えられる作品はしばらく現れないでしょう。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2009-11-21 22:52:08
映像は圧巻、いえ、「アカ〜ン」でした(笑)
もうこれ以上のディザスター作品は無理では?と思うほど、凄まじい映像でした(+_+)
それなりに面白かったのですが、観終った後に
素直に助かって良かったね〜とは喜べない私で
すっきりしなかったです(^^;
由香さんは途中で飽きちゃったのね(笑)
私はゲートのところがちょっと長く感じましたが、全体的には長く感じませんでした^^
観終ってから、ツッコミどころなどともだちと
いろいろ語りあいたい作品かもしれません(笑)
うわ〜 (KLY)
2009-11-22 02:44:50
気に入られたようですねぇ。ごめんなさい
私はちとダメでしたわ…。ダメというより、エメリッヒ監督のこの手の作品は飽きました。ディザスターシーンも全く目新しさを感じなかったし、家族愛とか人間愛は陳腐だし…。
ちょっともうこの手の作品はお腹一杯です。^^;
さすがの映像でしたね (non_0101)
2009-11-22 09:26:56
こんにちは。ごぶさたしてます☆
映像の凄さに圧倒されました〜
まあストーリーは定番でしたけど
> 「そんなのいいから地球の惨状だけ見せて―」的な気持ちが過りましたよ
でしたね〜 私も字幕の無いシーンの方が見入ってしまいました☆
バカ映画 (にゃむばなな)
2009-11-22 14:35:46
いや〜大味なバカ映画でしたね。

私は「エメリッヒ監督といえば、ディーン・デブリンへの未練」を常に注目して見ていたので、今回も違う意味で凄く楽しめました。
こんにちは♪ (yukarin)
2009-11-22 15:20:33
私も頑張らずにさっさと何かの下敷きになって死んでもいいやーと思いながら観てました。だって絶対あの船には乗れないですもん。
あの家族が運がよすぎで緊迫感がなかったですぅ。わかりきった展開(笑)
そのへんは真面目には観てませんでした^^;

だけど映像の迫力は堪能しました。これでもか〜と破壊されていって気持ちいいくらいでしたもん。どうせなら人類もリセットさせちゃえばもっと楽しめたかなぁ(笑)
こんにちは♪ (SOAR)
2009-11-22 15:33:12
あの人選はダメですよねぇ。
金持ちだけがというのはある意味ベタですけど、
定員が決まっている以上例えば「ディープインパクト」のように
職業や年齢で選ばなくては、その後の未来も何もありません。
そういうリアリティのなさが目に付いてしまい、
個々の人物たちの扱いの希薄さもあって私にはイマイチな作品でした・・・。

映像は圧巻でこれはすごかったと思います。
あまり期待せずに、 (kino)
2009-11-22 15:53:12
観たこともあって、
映像がすごかったし、テンポもあって面白かったです。
お話は、古典的ですね〜。
人間が選ぶ選ばれし者ですからね。未来の希望もなにもないですね。
地殻変動は続く恐れもあるので、残った人たちも、滅ぶんじゃないですか。
崩壊が、大自然の意志ならば、いっそ、ひと思いに苦痛もなく消滅で、いいです。
いやぁ〜 (miyu)
2009-11-22 20:33:01
本当に圧巻、あか〜んでしたね〜(´▽`*)アハハ
方舟族と非方舟族の争いには考えが及びませんでしたけど、
それはそれで面白いかもしれませんね〜♪
とにかく映像だけで満足できたからまぁOKかなぁ〜
って感じでしたね。
初めまして (マンハッタン)
2009-11-23 10:48:59
アメリカ EU 中国 と言う船が残っていましたね
日本は、アメリカや中国でなくEUに相乗りに成っていて
なんとなく、そんな風に見られているのかなぁぁって思いました。

聖書におけるノアの箱舟は、ノアと言う一族だけしか残らない
見方を変えるととんでもない話ですけど(笑)

とにもかくにも 本当に好く描かれたスペクタクルでしたね
こちらにも (たいむ)
2009-11-23 22:45:07
地球の壊しっぷりが見事でしたねー。

「“箱舟族”と“正規の生き残り族”」とは面白い!
もし生き残っているとしたら、隆起したアフリカ大陸の人たちかなぁ。あとはエベレストクラスで津波に呑みこまれていたでしょ?
なんだか意味もなく奴隷とかにされそうでイヤですねー。
私は祈りながら津波に呑みこまれちゃっていいや、とか思っちゃいました(笑)

大陸は結構残ってた (たまさん)
2009-11-24 00:04:50
この作品も凄かったですよね〜
ウチも『ID4』『デイ・アフター・トゥモロー』大好きなので楽しみにしてました。
ドラマが退屈なのはちょっとありました。
中盤以降、正直眠気に襲われました(汗)
通り越して、後半の見せ場は良かったかなと思います。
あの後、人類はどうなるのでしょうか!?
アフリカ大陸他、まるまる残ってましたけど、てっきり地球はまるごと崩壊するとばかり思ってましたよ(苦笑)
AKIRAさんへ^−^* (由香)
2009-11-24 07:52:52
こんにちは〜♪
コメントありがとうございました^^

>ま,織り込み済みやから不満ではありませんが
あはは、、、そうなんですよね(笑)私もはじめからドラマには期待していませんでした〜

大地震の映像には涙が出そうになりましたよね〜恐ろしくて
佐藤秀さんへ^−^* (由香)
2009-11-24 07:55:15
こんにちは〜♪
コメントありがとうございました^^

>これからディザスター・ムービー作る人実は困っているんじゃないですか。
そうでしょうねぇ〜これ以上のものを作るのは大変そうですね!
紫芽路さんへ^−^* (由香)
2009-11-24 07:59:31
はじめまして!
コメントありがとうございました^^
今後とも宜しくお願いします〜♪

涙目になりましたよね〜
街があんな状態になったらと思うと怖くて怖くて、、、

>3Dにして客席も揺らしたら最高に楽しめそう
うわ〜〜〜楽しいかも(笑)でも、、、もっと怖くて本気で泣いちゃうかもですね
えめきんさんへ^−^* (由香)
2009-11-24 08:07:40
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

視覚的にこれを超えるのは難しいでしょうね〜
スッゴイことになってましたものね(涙)街が崩壊するシーンがリアルで怖かったです。

>世界が崩壊しているのに携帯はしっかり繋がる
あはは、、、私も思いましたよ(笑)携帯やPCは無事なのね、、って(笑)
ひろちゃんへ^−^* (由香)
2009-11-24 08:11:28
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

凄まじい映像でしたよね〜
道路が波打ち、地盤が沈むシーンが物凄く怖かったですぅ〜(涙)

>素直に助かって良かったね〜とは喜べない
そうなんですよね〜私も同じでした。
元々ストーリーには重きを置いて観ていませんでしたが(汗)、それにしたってねぇ〜“選ばれた者だけが生き残った”ってのはあまり気分がよくなかったです
エメリッヒ (ともや)
2009-11-24 09:48:54
こんにちは、由香さん♪
マヤ文明の暦が2012年12月21日までしかないっていうのは、『もうここまで書いておけばいっか〜?』って飽きちゃったんだと思ってるともやです(笑)。

破壊シーンで言えば「ノウイング」の方が、生々しくて怖かったですね。
エメリッヒって流血シーンを描くのを嫌っている人だから、純粋に破壊場面だけ楽しめるんですよね。

それにしてもあれだけ地軸がズレちゃちゃったら、もう人間が生きていける環境じゃなくなっちゃうような気もするんですけどね。
エメリッヒだからそこまで考えてないのか?(笑)
KLYさんへ^−^* (由香)
2009-11-24 18:00:48
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

うふふ・・・映像は気に入りました〜
ワンパターンと言ったらそうなのですが(汗)、それでも今回も迫力があったと思います。
でもお話はねぇ・・・私も陳腐だと思いましたよ。ちっとも人間愛なんか描けていなかったし(汗)
non_0101さんへ^−^* (由香)
2009-11-24 18:03:30
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

映像は凄かったですよね〜
恐ろしさに涙目になったわん、、、あんなことになっても無事な主人公は超人でしたよね(笑)

ストーリーはねぇ〜定番だったし、あまり気持ちが乗るようなお話ではありませんでしたね。そこは残念でした〜
にゃむばななさんへ^−^* (由香)
2009-11-24 18:06:46
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

バカ映画でしたか?(笑)
私は中盤までは必死で観ていましたよ。途中から飽きてきちゃったけど(汗)

こういう映画は結構人気なんでしょうね〜
私が観た時はお客さんでいっぱいだったもの。やっぱりみんな終末論的なお話が好きなのかな?(笑)
怖かったね〜 (マリー)
2009-11-24 21:05:28
こんばんは〜〜♪
私も怖くて涙目でした・・・
あんなん絶対生き残れない〜。エライ人も知らないし、飛行機操縦できる知人もいないし(笑)
知らなかったらジタバタせずにいられる。
知りたくないかも・・・なんて思った。

私、時間は全然長く感じなかったということは、とっても楽しんだってことかなぁ〜〜。
yukarinさんへ^−^* (由香)
2009-11-24 23:28:53
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

>どうせなら人類もリセットさせちゃえばもっと楽しめたかなぁ(笑)
おお〜!!大胆な発想だ!!
それって結構面白いラストかもですね。
地球グジャグジャで、生命体が死滅、、、そして地球は生まれ変わった―みたいな終わり方も良かったかも?!(笑)

あんな大地震がきたら、頑張れないですよね〜
私は根性がないので、流れに身を任せてとっとと死んじゃうと思う(笑)
SOARさんへ^−^* (由香)
2009-11-24 23:32:30
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

>あの人選はダメですよねぇ
あの人選は皆さんに大ブーイングですね(笑)

ホント、観ていて気分が良くなかったです。
人選もそうですし、人間ドラマもイマイチ魅力薄で、、、大統領の決断だって、ちっとも感動しませんでした〜

まぁ〜元々物語には重きを置いて観ていなかったので、映像の方で満足しましたが♪
kinoさんへ^−^* (由香)
2009-11-24 23:36:17
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

>残った人たちも、滅ぶんじゃないですか。
崩壊が、大自然の意志ならば、いっそ、ひと思いに苦痛もなく消滅で、いいです。
おお〜!!kinoさん、潔い!!
私は、メソメソしながら大地震で命を落とすと思います(笑)
それにしても、、、あの生き残った人たちは、ちっとも感動させてくれませんでしたよね。所詮は金で助かった人たちですから(汗)
miyuさんへ^−^* (由香)
2009-11-25 07:55:34
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

最近めっきり寒くなりましたね〜
miyuさんは新婚さんだから心はポカポカかな?

アカ〜ン!でしょう(笑)地盤があんな事になったら!!生きてる方が不自然ですよ。怖かったぁ〜

絶対船に乗らなくても生き残ってる方っていると思うんですよ。アフリカ大陸だってあったんだし。きっと争いになりますよ〜
マンハッタンさんへ^−^* (由香)
2009-11-25 08:00:59
はじめまして!
コメントどうもありがとうございました^^

>アメリカ EU 中国 と言う船が残っていましたね
そうでしたか〜
・・・・・私、そこのところをちゃんと観ていませんでした(汗)
「なによ、この人たち」って気があったもので(笑)

ノアの方舟―そういえばジャクソンの息子の名前がノアでしたね。意図的にしても、そのまんま過ぎる(笑)

映像は見応えがありましたね〜クギ付けでした。

また遊びにいらして下さいね
たいむさんへ^−^* (由香)
2009-11-25 08:10:36
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

あんなに派手に地震や津波があったら、、、頑張って生き残る気も失せますよねぇ
どの時に死んじゃったら嫌か、、、噴火は嫌だ、熱いもん。地割れは痛そう。溺れるのも嫌、、、と、切なくなりながら考えました(笑)

あの船に乗った人たちってセレブばかりでしょ?頑張って生き残った人たちから大ブーイングだと思うのよねぇ・・・人類が二つに分かれて面倒なことになりそうじゃーない?
たまさんへ^−^* (由香)
2009-11-25 10:18:56
こんにちは〜♪
コメントありがとうございました^^

ドラマ部分に退屈さはありましたが、映像は見応えがありましたね〜
たまさんもインデペンデンス〜やデイ〜がお好きですか?
あれは何度も観ちゃう。インデペンデンス〜は原作が面白かったので、ドラマ部分もそこそこでしたし。

あんなに内部から崩壊していって、、、収まってみれば地球が原型をととめていたのは、、、ご愛敬でしょうか?(笑)あれじゃーまんまノアの方舟ですよね
ともやさんへ^−^* (由香)
2009-11-25 10:23:03
こんにちは〜♪

>『もうここまで書いておけばいっか〜?』って飽きちゃったんだと思ってるともやです
あはは、、、そういう説もあるようですよね。
でも、、、歴史にロマンを求めるのが人間ですから(笑)、終末説も捨て難い(笑)

>あれだけ地軸がズレちゃちゃったら、もう人間が生きていける環境じゃなくなっちゃうような
確かに!!(笑)
ラストがやたら希望的なムードだったのが解せませんでした。ご都合主義もいいとこですよね
マリーさんへ^−^* (由香)
2009-11-25 10:27:33
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとう^^

涙目になったよねぇ・・・
あの大地震大津波怖い怖い、、、あんなことになったら、寝ている間かなんかにひっそり死んじゃいたい。一番嫌なのはジワジワと苦しむことだぁ〜と泣きたくなりましたよ。

マリーさんは結構楽しまれたみたいですね。
私も最初からドラマに期待していなかったせいか、面白く観れちゃった♪
Unknown (りら)
2009-11-25 20:24:39
こんばんは♪
凄い迫力でしたね〜。
あんな状況で助かろうと頑張るのは物凄い根性いるだろうな(笑)と、ちらっと思いました。
由香さんの 助かるために頑張らない っていうのはわかる気がする〜。
ゾンビ映画とかでも、逃げ回らないで最初のほうで仲間になっちゃいたい、とか思わない?(笑) ドラマはイマイチだったけど、迫力映像のおかげで私も結構楽しめました。
Unknown (アイマック)
2009-11-26 12:51:39
こんにちは!
崩壊もの、すごい迫力だったねー。
日本なんて完全に海の底・・^^;
なかなか死なない家族とかご都合主義な映画だけども
エメリッヒだから、仕方ないね。笑

それからTB送れるようになりました。
スパムフォルターがかかってたみたいで。。
ご迷惑おかけいたしましたー。
りらさんへ^−^* (由香)
2009-11-27 09:24:30
こんにちは〜♪
コメントどうもありがとう!

>ゾンビ映画とかでも、逃げ回らないで最初のほうで仲間になっちゃいたい、とか思わない?(笑)
あはは、、、あるある!!(笑)
私は根性がないので、流れに身を任せたくなっちゃうのよ。あの大地震ではとても頑張れない―と思ったわ〜

予想通り(笑)ドラマはイマイチでしたが、迫力ある映像は良かったですね!
アイマックさんへ^−^* (由香)
2009-11-27 09:26:23
こんにちは〜♪
TBが回復されたんですね〜良かった。
ああ〜スパムフォルダーがかかっていましたか、、、何でだろう?

ドラマ部分はご都合主義だし、あまり感動させてくれるものではありませんでしたが、、、相変わらずの崩壊ぶりは凄かったですね!
初めまして☆ (ケント)
2009-11-29 02:32:38
確かにNHKのドキュメンタリーとかの未来予測とかで
キャラ設定無しでシンプルにドキュメンタリーを見せられた方が
伝わる&恐ろしい度合いが高い気がします。。。
予測と言うより決定稿を見せられた方が遥かに考えさせられます。

中途半端な人間味の見せ方には所詮はフィクションなのだから
と言う言い訳も有るのかもしれませんね(笑)

遠い昔に地球滅亡寸前に宇宙船で脱出すると言う映画を見た気がします。
物語りは蜘蛛の糸と一緒で最後にはロケットも飛べずに終わり
皆さん平等に滅亡しました。。と言う物を小学生の頃に見たせいでしょうか
この手の選民的な物語りに抵抗を感じつつも仕方ないのかも・・・
と言う思いも有ります。。。
ケントさんへ^−^* (由香)
2009-11-30 13:58:05
はじめまして!
コメントどうもありがとうございました^^

>NHKのドキュメンタリーとかの未来予測とかで キャラ設定無しでシンプルにドキュメンタリーを見せられた方が 伝わる&恐ろしい度合いが高い気がします
そうなんですよね〜
ドキュメンタリー等でこういう未来を見せられると本気になって不安になります(汗)

この映画も、流石に監督さんは破壊シーンがお得意なのでかなり怖かったですが、、、

>地球滅亡寸前に宇宙船で脱出すると言う映画を〜
なんていう映画でしょうか。怖いですね、、、

今回は選ばれた者だけが助かるという設定に少し抵抗がありました。
仕方がないのかもしれませんが、、、やはりそれはないだろう―って気が。
その部分であまりラストに感動が得られませんでした。
こんにちは〜 (くう)
2009-11-30 20:11:28
凄い迫力でしたよね〜。
私も涙ぐみながら見てましたよ〜(; ;)
主役と家族の運の良さには突っ込みつつ、涙ぐみながら見る^^;
最高の娯楽映画でしたわ♪

>“方舟族”と“正規の生き残り族”での醜い対立も生まれるなぁ〜

私も「アフリカのその後」を見てみたい気がします〜。
あれ、元々のアフリカ人は生き残ってるって事かな(*。*)?
はじめまして (次女)
2009-12-01 01:55:40
方舟で助かった人達の「悪」の遺伝子が
また 
地球を「破壊」という方向に導くのでしょうね。

私は、その時は静かに
運命を受け入れます。
くうさんへ^−^* (由香)
2009-12-01 22:33:10
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

アフリカ大陸ってどういう状況なんでしょうね〜不自然に残っていましたが(汗)

とにかく大地震のシーンなどが恐ろしく、ついつい涙目になりましたよね〜
主役の家族は超〜運が良かったですが(笑)、、、「あなた達・・・助かってどうするの?!」ってマイナス思考で見入りましたよ〜

くうさんのお誕生日が12月21日だなんて、、、3年後、楽しい誕生日が迎えられるように祈ります!(笑)
次女さんへ^−^* (由香)
2009-12-01 22:37:34
はじめまして!
コメントどうもありがとうございました^^

>方舟で助かった人達の「悪」の遺伝子が また地球を「破壊」という方向に導くのでしょうね。

方舟に乗った人たちの選出方法が共感出来るものではありませんでしたね〜この映画はそれが残念でした。

ああいう状況で拝金主義の方々ばかり生き残った地球の未来にあまり希望は持てませんよね・・・

ご訪問ありがとうございました。
また遊びにいらして下さいね

こんばんはっ (ボー)
2009-12-08 23:56:14
生き残った奴らが作る社会は、たいしたことないでしょうね。
金や権力や頭脳と人間性は別。もっと素朴な人間たちを生かすべきです!
ディザスタームービーなので映画館に行きましたけど、2度は決して見ないな。。。笑。。。
建築物が (rose_chocolat)
2009-12-09 07:20:01
ゴミみたいに海に消えてったり、どうしようもなく人もいなくなっちゃったりなど、無理無理でしたが(笑)、そこはお笑いとして観賞しました。
これってうちの子たちに見せたらかなりハマりそう。「すげーすげー」とか(笑
ボーさんへ^−^* (由香)
2009-12-09 09:49:29
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

あはは、、、何度も観たくなる映画ではないですよね〜お話が陳腐なんだもん。

選ばれた人たちが生き残るのは仕方ないかもですが、あの選別は観ていて気分が良くなかったですぅ〜
方舟族が醜く見えちゃったなぁ〜
rose_chocolatさんへ^−^* (由香)
2009-12-09 09:53:09
こんにちは〜♪
コメントありがとうございました^^

家の息子の内一人がこういう映画が大好物なんです。劇場に連れて行ったら喜んでいました〜DVDも欲しいらしい、、、

街が崩壊する様子には涙が出ました、、、無理無理だとは思っても、、、怖くってぇ〜
Unknown (FREE TIME)
2009-12-09 20:57:06
こんばんは。
大地震や大津波などの映像には迫力ありましたが、ストーリー全体としては、個人的にはあまり共感できない内容の作品でした。
あれだけ地球をメチャクチャにされては生き残った人達だって希望のない未来が待っているわけだし(汗)
それと何だか最近、地球消滅をテーマにしたような映画が増えているような気がします。
FREE TIMEさんへ^−^* (由香)
2009-12-10 23:28:37
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

映像は見応えがありましたが、ストーリーはイマイチでしたねぇ・・・
人類滅亡の一大事に下手な人間ドラマを見せられても、、、あまりピンとこないのかも。

ノウイングなんかも地球の終わりを描いていましたね〜つくづく人間って地球滅亡物に興味をそそられるんだと思います(笑)

こんばんは (なな)
2009-12-17 22:54:12
由香さんがおっしゃってる,「涙の出そうになる映像」
私はこんなのを見ると,わくわくするんです〜
なんでだろう・・・?実際に起こると
きっと腰が抜けるとおもうんだけどね。

もしかして破壊願望があるのだろうか・・・自分。
この作品の映像はお見事すぎて,また美しすぎて
ちょっと嘘っぽくも感じましたが・・・

人間ドラマはね〜,ほんと陳腐でしたね。
ここまでの映像を見せられたら,かえってどんなヒューマンドラマをもってきても
確かに似合わない気がします。
静かに運命を受け入れる・・・側に共感したくなるのが
凡人の性なのかもしれませんねぇ。
ななさんへ^−^* (由香)
2009-12-20 14:15:26
こんにちは〜♪

ななさんはあの崩壊シーンにワクワクしますか?!
不思議だ、、、なんでワクワクするんだろう?(笑)私なんて怖くて涙が出るのよねぇ・・・ぶるぶる

えっ?破壊願望?
・・・・・まぁ〜私も少しありますね、それ。
時々何もかもぶち壊したくなる(笑)

人間ドラマがねぇ〜何も心を打つものがありませんでしたね(汗)
元妻の恋人が可哀想だ!とか、あの可愛い愛人の女性を忘れたのか?とかそのくらいかな?(笑)
もうちょっとガツンと心に響くドラマを用意して欲しかったですね。

いつまでもあると思うな親と地面 (SGA屋伍一)
2009-12-21 21:20:23
こんばんはー
お話は本当、毎回似たようなものですが、映像に関しては前回よりもさらにクォリティが上がっているのは大したものです
大統領めがけてピンポイントであんなものが飛んでくるのには笑っちゃいましたが

少し前、新聞のコラムに「2012年終末説に確たる根拠はない」ということが書いてありました。しかしこうも地震が続くと、やっぱり不安になります(^^; なんか図らずもタイムリーな映画になってしまいましたね・・・

生き残った人たち、これからも問題が山積みだと思うのですが、強引に明るく終らせちゃうところはさすがエメリッヒだと思いました(笑)
SGA屋伍一さんへ^−^* (由香)
2009-12-22 12:23:09
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

最近地震が多いですね〜
いよいよ大きい地震がきたらどうしよう・・・とちょっと不安です。

お話は、まぁ〜アレですが、映像は凄かったですね〜
大地震に大津波、大噴火、、、怖かったですぅ〜

生き残った人たちはこれから大変だし、明るい生き残り方ではなかったのに、最後は希望的な見せ方をしていたのは可笑しかったですね(笑)

2012年終末説―どうなんでしょうね。
フォトンベルトには根拠が無さそうですが、もう少ししたらTVでガンガン終末説を煽るかも・・・なんでもかんでもこじつけて(笑)
おはようございます! (みすず)
2010-01-07 08:52:44
由香さ〜ん、わたしも泣いてしまいました・・・
壊れていくビルや裂ける地面に飲み込まれる人々を観ると怖くて可哀想で・・・

映像が凄かったですね!
主人公達が災害さけて助かる様子は・・・ん〜〜?って思いながらも手に汗握って観てしまいました^^;
みすずさんへ^−^* (由香)
2010-01-08 13:44:50
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

泣けましたよね〜
私は、人々が可哀想で泣いたというより恐ろしくて泣いちゃった〜
あんな状況になったら、、、絶望的だぁ〜(泣)

とにかくスゴイ映像でしたよね〜
インデペンデンス〜やデイ・アフター〜を好きなので、コチラにも見入っちゃいました〜♪
ありきたりで圧巻 (ノルウェーまだ〜む)
2010-01-20 02:56:04
由香さん〜こんばんわ☆
映像は圧巻で「アカ〜ン」は良かった!ぎゃはあはは…
これでもかーと見せる地球崩壊の様は、結構すごくて、私も引き込まれ、手に汗握っちゃったよ。
でも結末はハッピーエンドで、どうなの?と思っちゃった。
あの状況で生き残りがいたかは謎だけど、船の中でも醜い争いが起きて、結局人類は滅びてしまいましたとさ・・・っていうのがいいのかも。(爆)
ノルウェーまだ〜むさんへ^−^* (由香)
2010-01-20 15:40:02
こんにちは〜♪
TB&コメントどうもありがとう^^

あはは、、、「アカ〜ン」って思いながら涙目で観ちゃったわん、あの大地震のシーンは。

だけどお話は陳腐だったよねぇ〜(笑)
感動的なハッピーエンドを狙っていたんだろうけど、ちっともハッピーじゃないし(汗)
あんな方法で生き残った人たちだもの、、、その後だって分かったもんじゃないよね(笑)
こんばんは! (JoJo)
2010-10-27 18:52:49
由香さ〜ん、またまたこんばんは!
お忙しいとのお話ですので、どうぞ
返信などお気遣いなく♪

本作、TV観賞しましたが、それでも
かなりの迫力でした〜。ストーリーも
途中までは面白かったのに・・・ラストの
ご都合主義にがっかり。今までの
シリアスなのりはなんだったの!?という感じで。

そしておっしゃるように”生”にしがみついて
残った人たち、彼らの今後が非常に気になりました。そう考えると、なんだか皮肉な印象を
持つ内容かもしれませんね。
TBありがとうございました (ゴーダイ)
2010-10-31 19:47:32
こんばんは。

この手の衝撃の強い映像の映画って想像力が強い人にはきついらしいといいますよね。
私も由香さんと同じで、とにかく地球崩壊の映像がおっかなくて、地面がなくなっていくって普遍的な怖さがありますよね。

実際周期的に地球の環境って大激変しているらしいので、絵空事とは思えません!

>で、、、万が一にも方舟に乗らずして助かった人類がいたとしたら、、、、今後は、“方舟族”と“正規の生き残り族”での醜い対立も生まれるなぁ〜なんて余計なことも考えました。

なるほど!そこまで描いたらマンネリ気味のディザスター映画のドラマ性ももう一段階掘り下げられますね!
JoJoさんへ^−^* (由香)
2010-11-06 13:53:25
こんにちは〜♫
TB&コメントどうもありがとうございました^^
ゴメンナサイね〜お返事が遅いわ、気を遣わせるわで、、、

迫力はありましたよね〜
地球が壊れていく姿には涙が滲むほどでした。
でもストーリーはチョイ陳腐でしたよね〜
この手の地球規模の映画に個人的な話はしっくりこないのでしょうね。

そういえば最近放送しましたね、TVで。
私も観ましたよ〜少しだけだけど^^v
ゴーダイさんへ^−^* (由香)
2010-11-06 13:57:52
こんにちは〜♫
コメントどうもありがとうございます!
少しご無沙汰でしたね〜大変失礼致しました^^❤

想像力があり過ぎるからなのかしら?(笑)
とにかく地球がスゴイことになるシーンは怖くて怖くて・・・涙がでましたよ〜

ストーリー展開がちょっと陳腐だったので、生き残った人たちを見ても感動がありませんでした。
で、、、引き気味に彼らをみていたら、ボーっと方舟族VS生き残り族の構図が浮かんだんです。・・・・やっぱり想像力がありありですねww

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

96 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「2012」 (日々“是”精進!)
「2012」を鑑賞してきました「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世界中で怒濤のごとく発生した未...
「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[2012] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月10日1:09 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)...
映画『2012』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
予告編で見た時から「これは凄い映画になりそうだ」と思い、楽しみにしていたローラン
2012 (Akira's VOICE)
みごとな超B級大作。  
2012 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ローランド・エメリッヒ監督、ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、キウェテル・イジョフォー、ウディ・ハレルソン、ジョン・ビリングスレ、モーガン・リリー、ジョージ・シーガル、...
2012 (メルブロ)
2012 289本目 2009-49 上映時間 2時間38分 監督 ローランド・エメリッヒ 出演 ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリヴァー・プラット ダニー・グローヴァー 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(試写会 168回目) 評価 7点(...
2012 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!一般庶民の立場って・・・
2012 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
期待したどおりの大迫力のスペクタクル映像を堪能した。色々な人物像が丁寧に描かれているので、VFXだけが売りの映画になっていない。ニュートリノ天文学という小柴教授の研究成果が登場するのも、うれしいことだ。是非映画館で見てほしい。
★2012(2009)★ (CinemaCollection)
20122012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。メディア映画上映時間158分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/11/21ジャンルパニック/サスペンス映倫G【解説】「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年...
2012 (5125年映画の旅)
西暦2012年12月21日。それは古代マヤ文明が「世界が滅びる」と預言した日。偶然にもそれが事実である事を知った小説家のジャクソンは、家族と共に安全な場所へ避難しようとするが、世界の崩壊はすでに始まっていた。一方、各国の政府は滅亡を回避するため、極秘...
2012 (試写会) (風に吹かれて)
映像だけは とにかくすごい公式サイト http://www.sonypictures.jp/movi
2012☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2012年12月21日マヤ暦により地球の終わりまさに、そうなる予測が判明した2009年・・・その対策は世界の首脳たちを中心に秘密裏に事が運ばれていた。ジョン・キューザック主演でいいのかな?『2012』を試写会同行させていただいて鑑賞してきました。ちなみにジョン・キ...
2012 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★★[5/5] これぞハリウッドの真骨頂!これはブルーレイでの保存決定!
2012 (LOVE Cinemas 調布)
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演...
「2012」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「2012」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン、モーガン・リリー、ジョン...
2012 (とりあえず、コメントです)
ディザスター・ムービーが得意なローランド・エメリッヒ監督の最新作です。 マヤ文明に伝わる2012年終末説が現実となった近未来の世界。 めちゃくちゃに壊れていく地球を迫力の映像で描いていました〜
2012 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:2012公開:2009/11/21製作国:アメリカ上映時間:158分鑑賞日:2009/11/20監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハ...
『2012』 (めでぃあみっくす)
これは映画か?いえ、立体版ディザスターアクションゲームです。しかも自暴自棄になったローランド・エメリッヒ監督が作り上げた人間愛の欠片もない作品でツッコミどころ満載ですが、違う意味で凄く面白いです。 そしてやはりジョン・キューザックの選ぶ脚本にハズレなし...
『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴 (SOARのパストラーレ♪)
地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗)
2012 (映画通信みるみる)
大迫力の映像。娯楽作品として楽しめました。 やはり、中国なのか・・・ 次から次へと押し寄せる地球崩壊の映像シーンに、圧倒されます...
2012 (DVD YouTube CINEMA)
多くの遺跡を残し、天文学においては緻密な計算がなされていたなど、超古代文明として知られる“マヤ文明”。その古代マヤ人が記したマ...
2012 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月20日(金) 20:00〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『2012』公式サイト フリーパス鑑賞17本目。 映画秘宝呼ぶところのエメやんの新作。 大味監督エメやんらしい、科学的考証ゼロ、力技で最後まで吹っ飛ばす作品...
2012 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメリッヒ監督の本領発揮とも言える11/21公開のディザスター・ムービーなので...
『2012』 (だらだら無気力ブログ)
『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の暦の終末説を題材に 世界中で発生する天変地異に人類がなすすべもな...
「2012」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
ローランド・エメリッヒ監督だけに破壊シーンには力が入ってました!!ただし相手が自然という事で、人類には対抗出来るすべもなく、そのあたりの丁々発止が成立しなかった分、「インデペンデンス・デイ」に面白さは及ばなかったですね。破壊の連続のCGも、そろそろ飽き...
2012 (勝手に映画評)
マヤの暦が、2012年12月21日で終わっているという事から、いま巷で囁かれている2012年地球滅亡説を映画にした作品。 いやぁ、事前にいろんな評論を聞いていたので覚悟していきましたが、酷いですね。かなり期待はずれ。公開初週末に全米で6千5百万ドル、全世界で2億2千5...
『2012』 ('09初鑑賞171・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 11月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:35の回を鑑賞。
2012 (あーうぃ だにぇっと)
昨夜は「2012」を観に、東京国際フォーラム ホールCへ出かけた。 「ゼロの焦点」を一緒にみた女性からクオカード500円1枚で試写状を譲ってもらった。 実は明日のJ.P.の招待状もあった。 が、開映が20時と遅過ぎて疲れるのでパス。 上映時間が2時間3...
映画『2012』 (健康への長い道)
どういうわけか、ディザスター(大災害)映画がわりに好きです。無論、本物の災害は歓迎しませんが・・・。単純に映像に興味があります。 『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督最新作『2012』を梅田ブルク7にて。 ...
映画「2012 字幕版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『2012 字幕版』を本日観て来た。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。 例えれば"大盛りで味の濃いコース料理"。観ている時は満腹になるけど、終わってみると食べ終えた満足感だけが残るような、少量でも薄味の美味しい一品料理とは対極にある映画。 158分の...
映画感想『2012』 こんな地球の壊し方してみました (レベル999のマニアな講義)
内容2009年。アメリカ科学技術作成局の地質学者エイドリアンは、地質学者の友人サトナムのインドの研究所に呼び出されていた。サトナムに提示されたデータは、かつてない大きさの太陽フレアの情報と思われたが、違った。放出ニュートリノの異常反応で、地球のコアに異...
「2012」みた。 (たいむのひとりごと)
これぞ、九死に一生[E:sign03] スペシャル決定版 [E:impact]これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお
2012 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:2012) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "2012年12月21日に地球滅亡が訪れる"というマヤ文明の暦をヒントに、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に、人類が為す術なく襲われていく様を描いたパニック・アクション映画。 2009年。地...
2012 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「2012」監督:ローランド・エメリッヒ(『紀元前1万年』)出演:ジョン・キューザック(『エージェント・オブ・ウォー』『1408号室』)キウェテル・イジョフォー(『アメリカン・ギャングスター』『インサイド・マン』)アマンダ・ピート(『X-ファイル:真実を求めて...
【2012】★ジョン・キューザック (猫とHidamariで)
マヤ文明が予言した太陽系の惑星が直列し―世界終末の日が来る事を2012 HP2012シネマトゥデイ英題:2012製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年11月21日上映時間:2時間38分スタッフ監督・脚本・製作総指揮:ローランド・エメリッヒ製作・脚本・音楽:....
『2012』 (purebreath★マリーの映画館)
     2012年 マヤの予言通り、世界は終わる。『2012』監督・脚本・製作総指揮・・・ローランド・エメリッヒ製作・脚本・音楽・・・ハラルド・クローサー出演・・・ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タ...
2009-93『2012』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-93『2012』(更新:2009/11/23) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) マヤ文明の預言書には2012年12月21日以降書かれていない。 歴史的な事実を元に壮大なSFサスペンスが出来上が...
2012 地球ボコボコ (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰の強い細麺、薄くスライスしたあっさり味ながらコラーゲン濃縮なチャ...
映画 「2012」 (ようこそMr.G)
映画 「2012」
2012年12月21日、世界が破滅する 古代マヤ暦 (ネット社会、その光と影を追うー)
古代マヤ暦の2012年終末説。はたしてマヤ人の予言
2012 (りらの感想日記♪)
【2012】 ★★★★ 映画(34)ストーリー ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソン(ジョン・キューザック)は、別れ
2012 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しんでいた。ところが、偶然湖底に沈む巨大な研究施設を発見し、地球が滅亡に向かっていることを知る。この危機から逃れる手はないものかと模索する...
★「2012」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。 「インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の ローランド・エメリッヒ監督作。 いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、 お金かかってそーーーだよねーーー。
「2012」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  迫力オンリーの“ディザスター・ムービー”かと思ったら、案外ドラマとしても見どころがあり最後まで引きつけられました。ローランド・エメリッヒ監督作品ということで、ストーリーそのものに期待していなかったのが、返って功を奏した…...
2012 (小部屋日記)
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、...
2012 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  マヤ暦終末説によると、2012年12月21日に惑星直列と太陽フレアの影響で地球の温度が異常に上昇し、地震・津波などの大規模な地核変動が起こり、地球は終末を迎えるという。これは過去に何度も起きていて、水没したアトランティス大陸もその一例だとい...
2012 (Diarydiary!)
《2012》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − 2012 2012年12月
映画2012 もう一度観たい映画に1票! (ぱるぷんて海の家)
ポップコーンメーカー すっげぇーど迫力の映画でした2012。 ド迫力の映像とストーリにくぎ付けでした。 もうどれくらいすっごかったかと云うと 映画のお供は毎回バケツのポップコーンなのです。 そのポップコーンを頬ばりながら映画を観て 終わる頃には...
2012 (Recommend Movies)
2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 【感想】 古代マヤ人が予言した人類が滅亡する2012年のお話し。 64万年に一度起...
「2012」 良くも悪くもエメリッヒ (はらやんの映画徒然草)
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球
映画「2012」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 シアター6にて鑑賞、客入りは7〜8割くらい。上映寸前に入ってきたアジア系外国人3人組が映画冒頭に大声で喋ってうるさい。  2012オリジナル・サウンドトラック 映画の話 2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたち...
2012 (〜映画盛り沢山〜)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズで観てきました ローランド・エメリッヒ監督のディザスターっぷりがハンパないことになってましたw 陸地が次々と崩壊していく映像を見ているだけで軽くご飯三杯はいけますww それぐらい映像がすごい これぞまさにスペクタクル ...
2012(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
NHKでこの映画に携わった日本人が取り上げられてる番組をみて、なんとなく気になったので。 「2012」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ...
「2012」池袋東急にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
後楽園ホールのキックボクシング観戦の帰りに、池袋で途中下車して東急株主優待券で「2012」を観てきましたさすが話題の超大作、土曜日ってこともあって池袋東急はほぼ満員でしたやっぱりヒットしてる映画は、間違いはないですね2時間38分という長尺なんだけど、長...
2 0 1 2 (★ Shaberiba )
ローランド・エメリッヒ監督による地球滅亡映画第3弾!映像は大迫力!
2012 (You got a movie)
監督   ローランド・エメリッヒ キャスト ジョン・キューザック      アマンダ・ピート      タンディ・ニュートン      ダニー・グローヴァー      ウディ・ハレルソン 古代マヤ暦に2012年以降の記述が無いという世界終末の日を題材にし...
2012 (2009) (銅版画制作の日々)
2012年12月21日マヤの予言通り、世界は終わる──。 パニックサスペンス?う〜ん確かに大スケール映像。。。。バリバリと大きな亀裂が入りあちらこちらでとてつもない大地震!地面が盛り上がる!!建物はなぎ倒され、人々は下敷きとなり・・・・・。わわわわ〜〜〜〜!...
【2012】モナリザは逃がしても人間は逃がさない (映画@見取り八段)
2012〜2012〜 監督: ローランド・エメリッヒ    出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート 公...
[映画『2012』を観た(幼女万歳!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、...
【2012】 (日々のつぶやき)
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー    2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 「2012年、売れない作家のジャクソンはバイトでリムジンの運転手をしている。 離婚
2012 / 映画 (恋する図書館。)
映画『2012』を観て来ましたー 自分では意外チョイスの1本ふだん、こーゆうパニック系って観ませんSF・・・あんまり・・・ いや ほぼ 観ません(食わず嫌い・・・読まず嫌い・・・映画・ドラマは観ず嫌い???が多い・・・私です) だけどお友達が「ぜひ 観たい...
2012/ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー (カノンな日々)
ハリウッドが得意とするところのSF超大作のディザスター・ムービー。監督は『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ。これまでの実績から映像的には十分期待出来る監督さんだと思うのでとりあえずツッコミどこ...
「2012」 第1位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 613オープニング土日動員: 45万3344人オープニング土
2012 (Movies 1-800)
2012 (2009年) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョフォー、オリヴァー・プラット マヤ文明が予言した世界の終わりが迫る中、ある家族の脱出行を描くディザスター・ムービー。 基本的なストーリーは「ディー...
映画「2012」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 マヤの暦が2012/12/21で区切り(と終末)を迎えることから、 その時に世界の終わりが来るという説に乗っかったストーリー。 ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、キウェテル・イジョホー、 ウッディ・ハレルソン。 ** オープニ...
映画『2012』 (闘争と逃走の道程)
 2012年12月21日、世界は滅びる。マヤ文明の予言が現実となり、世界中を天変地異が襲う!ディザスターパニックの名手、ローランド...
「2012」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「2012」USA/カナダ ジャクソンに「理想の恋人.com/2005」「さよなら。いつかわかること/2007」「1408号室/2007」のジョン・キューザック。 科学者エイドリアンに「キンキー・ブーツ/2005」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」のキウ...
「2012」ローランド・エメリッヒ (Mani_Mani)
2012 2009アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー他 もち...
「2012」 (或る日の出来事)
世界の建築物がぶっ壊れたり、さまざまな特撮映像が見もの。 ドラマは、ご都合主義。(都合のよすぎる展開。)
♯54 「2012」 (cocowacoco)
映画 「2012」 2012 (日本語吹替)を観ました       ローランド・エメリッヒ監督 2009年 アメリカ これから何が起きるのか! 久々にドキドキハラハラしました。 ちょっとイマイチなことも聞いていたので、期待しないで見たのがよかったのか コミカルでユー...
映画「2012」 (FREE TIME)
映画「2012」を鑑賞しました。
『2012』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:2012監督:ローランド・エメリッヒ脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン公式サイトはこちら。(TOHOシネマズ1か月フリーパス鑑賞 ...
2012 (Thanksgiving Day)
映画「2012」を観てきました!! 駅でかなり大きく、ちょっと怖いポスターを見かけてから、ずっと気になってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しん...
「2012」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「2012」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ローランド・エメリッヒ はっきり言って、面白い(笑)!! こんなにVFXがしっかりしているとは思わなかった! いつもながら、期待してなかった(...
『2012』 (しゃべりの王国)
映画の中でなら、首がもげようが腕がもげようが構わない、が、自然災害モノは勘弁してください。だって怖いんだもん(笑)『ディープ・インパクト』も『ザ・コア』も『デイ・アフター・トュモロー』も劇場では見てません。我が家のかわいい14インチのテレビで見ましたこと...
2012 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
マヤ文明が予言した世界の終末がいま現実のものとなる!ディザスター映画の巨人が放つパニック・スペクタル。 高度に発達しながらも謎の消滅を遂げた古代マヤ文明。そこで用いられた“マヤ暦”は、西暦2012年12月21日で終っていた。その日、人類の歴史にいっ...
2012 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
パブリック・エネミーズ目当てに劇場へ行き,空いた時間にもう一本観たのがこれ。時間の関係で吹き替え版を。エメリッヒ監督のディザスター・ムービー集大成なら,できれば劇場の大スクリーンで観るに限るから。まあ,いつものことでこの監督には映像以外はそんなに求めて...
『2012』 (ナナシ的エンタメすたいるNetプラス)
wmc市川妙典にて先月公開された『2012』を観てきました。『インデペンデンス・デイ』や』『デイ・アフター・トゥモロー』を手掛けたローランド・エメリッヒ監督が送るパニック映画。今...
アポカリプトまであと三年 ローランド・エメリッヒ 『2012』 (SGA屋物語紹介所)
おすが 「こんばんは! おすがです! 見ないなんてバカ!」 チーゴ 「こんばんは
2012 (菫色映画)
20122009年 アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック    キウェテル・イジョフォー    アマンダ・ピート    タンディ・ニュートン    ダニー・グローヴァー    ウディ・ハレルソンby G-Tools 2012年。人類は滅びる...
2012 (ちこひろ日記)
JUGEMテーマ:映画観ようか迷っていた『2012』・・。やはり、この映画は映画館で観るべき?ということで観にいってしまいました・・。 2009年太陽の活動が活発化し、地球の核が熱せられこのままでは地球が滅亡するのは避けられないことに気付いた地質学者が...
2012 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
ローランド・エメリッヒ監督の超大作を観てきました。2009年、惑星直列により太陽の活動が活発化。そのときに発せられた放射線により地球の核の活動も活発化し、地球は終焉の時を迎える・・・このことに気付いた地質学者のエイドリアン・ヘルムズリーは大統領主席補佐官の...
マヤの予言 (美容師は見た…)
神秘的ですね。私はこういうお話(神話なども)好きなので、突っ込みたくない派です。そこから、映画『2012』が生まれたのも運命だと思えるほどですもん。。。何と言ってもまず、あの迫力は圧巻でしたわ〜。地球が崩壊し始めてからは、もう力が入りっ放しのドキドキの展開...
2012 (みすずりんりん放送局)
 『2012』を観た。  イエローストーン国立公園。  子供たちとキャンプに訪れたジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)...
『2012』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新宿ミラノ2での観賞〜。 ******************** 『デイ...
2012 (Peaceナ、ワタシ!)
- 2012年12月21日。世界の終わり。- 今年の2本目は 『2012』-。 公開は昨年の11月なので、随分と時間が経ってからの鑑賞になってしまったのですが〜(うちの近所の映画館では今日が最終日でした) 気になっていた作品だったので、一昨日のレイトショーにフリーチケット...
「2012」神も仏もない (ノルウェー暮らし・イン・London)
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外...
2012 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
2012年12月21日 マヤ文明が予言した 「世界終末の日」 って。エンドロールで この映画はフィクションです って字幕出てたけど何か まだ先のことやし ホンマやったらどーしよぉって 考えさせられる一緒に観に行った旦那とも 話しててんけど もしこんなん...
『2012』 災厄でも助かる条件 (映画のブログ)
 フィリップ・ワイリーとエドウィン・バーマーの合作『地球最後の日』(1933年)は、1951年と1998年に映画化され(1998年版は『神の鉄槌』も混ざって...
mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリ...
映画 『2012』 DVDレビュー(ネタバレ有り) (【ふじっくす映画情報局】)
ディザスタームービーの決定版! 『2012』 2009年 アメリカ 監督: ローランド・エメリッヒ 出演: ジョン・キューザック 、 アマンダ・ピ...
2012 (HEAVEN INSITE's Blog)
 「面白い度☆☆☆ 好き度☆☆☆☆」  Good-bye my earth!(C)ダライアスバースト  2011年アナログ放送は見られなくなります。しかしデジタル放送も2012年見られなくなります。これ
「2012」★★★☆ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年制作 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、アマンダ・ピート ほか 売れない小説家ジャクソンは富豪のお抱え運転手をしながら生計を立てる男。ある週末、離...
【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は...
『2012』 (『映画な日々』 cinema-days)
2012 2012年12月21日、地殻変動により 世界が滅びる様を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:2012
2012 (mama)
2012 2009年:アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、タンディ・ニュートン、アマンダ・ピート、ジョージ・シーガル、ダニー・グローバー、ウディ・ ...