★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Disney'sクリスマス・キャロル

2009-11-14 14:55:55 | 映画【英・数字】

フェイントで鑑賞―
【story】
守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジネス・パートナー、マーレイ(ゲイリー・オールドマン)の亡霊が現われて、スクルージを彼自身の“過去”“現在”“未来”のクリスマスをめぐる時間の旅へと連れ出す精霊がくると予言する―
     監督 : ロバート・ゼメキス 『ベオウルフ/呪われし勇者』
     原作 : チャールズ・ディケンズ

【comment】
何度も映画化されているディケンズの不朽の名作『クリスマス・キャロル』を“パフォーマンス・キャプチャー”(俳優の顔や肉体にセンサーを付け、それをCGに取り込む)で映像化
今回は3D上映(日本語吹き替え版)を選択して観て参りました~
 
で、、、素晴らしい映像に感動でした~
『ベオウルフ~』の時は3Dで鑑賞出来なかったので、そのまま比べることは出来ませんが、格段に顔の表情や体の動きが自然で、映像にも美しさが増したのではないでしょうか?
「こんな映像を体感できる時代に生きているんだ、私っ」って、、、ジーンとしてしまいましたよ(照)

その素晴らしさを言葉でどう表現すればいいか、、、とにかく映画の世界に奥行きを感じるんですね。
精巧に作られた美しい“飛び出す絵本”を開いた時の感動、ディズニーのアトラクションの中に迷いこんだような感覚で、、、スゥ~ッと世界に引き込ませる。感無量でございました。

鑑賞を検討されている方は、可能ならば、是非3Dで観ることをオススメします。
いっぱい何かが飛び出してくるわけではないですが、、、夢がつまったビックリ箱を覗きこむように、クリスマス・キャロルの世界をそっと覗き見しましょう―
 

圧巻な映像だけでなく、何と言っても本作はジム・キャリーありき
でもありました~
ジムは7役をこなしたそうですが、素晴らしかったです。
顔芸がお得意で、表現力が優れているジムをスクルージにする―ってことも、この映画を成功に導いていると思います。
また、ゲイリー・オールドマンの3役も良かったです。
 
ただ、、、個人的には、クリスマス・キャロルの物語は、今の世に熱狂的な情熱で受け入れられるものでもないかも、、、とは思っちゃいました~(汗)
えっと~守銭奴で、意地悪で、無慈悲なスクルージってキャラはちょっと古いので(汗)、、、それから感動に導くのなら、もうちょっと味わい深い余韻の残るラストにし欲しかったですぅ~
オチを単純にし過ぎかも、、、なんて思ったりしました~
勿論普遍不朽な大切なことを語ってはいるとは思うんですが―

あと、小さな子どもたちには、亡霊や精霊がリアルで時々怖いので、子どもたちは怖がっちゃうかもしれません。
 
さてさて、大人にこそグサッと反省と改心の機会を与えてくれるクリスマス・キャロル。
まだ間に合うかな?悔い改めようかな?などと心の片隅で考えている私のような大人の皆さん、“脱・スクルージ”を心掛けて(笑)楽しいクリスマスを迎えましょうね

P.S.子どもと観ましたが、鑑賞後、息子がポツリと、「僕、、、鎖で雁字搦め状態かもしれない」と不安がっていました。ちょっとは教訓になったかな? (3.5点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (43)   Trackbacks (77)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【本】秘密 | TOP | 悲しみが乾くまで »
最近の画像もっと見る

43 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
お金欲しい。w (AKIRA)
2009-11-14 15:02:01
きっと僕も鎖いっぱいだと思います。w

映像が素晴らしかったですね~。
圧巻でした。

でも,ドラマは普遍的すぎて。。^^;
こんばんは! (アイマック)
2009-11-14 19:32:47
映像はすばらしかったですねー。
3Dははじめてだったので、堪能しましたよ。
ジム・キャリー、この役柄あってました。どうせなら字幕でみたかったけど、山ちゃんだからいいかっ!
物語はイマイチですた。。
Unknown (pongpong)
2009-11-14 22:31:29
観たんですね。v(*'-^*)-☆ ok!!
ジム・キャリーやっぱり良いねぇ。
子供と一緒だったら吹き替えでも
仕方ないよね。
3Dどうでした?やっぱり浮いて出た?
いつもありがとう。
こんにちは♪ (SOAR)
2009-11-15 15:49:00
顔芸のジム・キャリー、キャプチャー作品にうってつけのキャスティングでしたね。
悪夢から目覚めたスクルージのヘンな小踊り(?)もまさにジムでした。

不朽の名作といえど、さすがにキャラは時代にそぐわないかもしれませんね。そのかわりに映像が圧巻。ジムのセリフ目当ての字幕2Dでしたが、3Dも観たかったなあ。

あ、私マーレイの幽霊がかなり怖かったです。
Unknown (豆しば)
2009-11-15 20:26:00
 この映画を見てピノキオや不思議の国のアリスを、あまりにも原作に忠実に描きすぎた
ことを思い出しました



>まだ間に合うかな?悔い改めようかな?などと心の片隅で考えている私のような大人の皆さん、“脱・スクルージ”を心掛けて(笑)楽しいクリスマスを迎えましょうね

 くすっ
くすくすっ
鎖いっぱい? (Ageha)
2009-11-15 21:20:48
ギャ~、嫌じゃ~(笑)

マーレイの幽霊が実は
観客にいちばん説得力あったかも。(笑)

悔い改めよ!ってね。

こんなふうになりまっせ~がふよふよ飛んでましたね~…。

3Dで見たくて
字幕断念したけど
一人で何役も吹き変えしてたよ、山寺さん。
これはこれでありだよ~♪
AKIRAさんへ^-^* (由香)
2009-11-15 23:58:33
こんばんは~♪
コメントありがとうございました^^

ふふふ・・・Akiraさんも鎖がいっぱいですか?(笑)

映像は素晴らしかったですね~
ベオウルフの時は、正直言って「実写の方が良かったかも」と思ったのですが(汗)、こちらの場合は、パフォーマンス・キャプチャー+3D万歳!って思いました(笑)

お話は、、、もう少し深みが欲しかったですね!
アイマックさんへ^-^* (由香)
2009-11-16 07:52:38
こんにちは~♪
コメントありがとうございました^^

アイマックさんは3Dが初めてでしたか~
私は今回で3回目ですが、3Dがお気に入りです♪

ジム・キャリーはハマり役でしたよね~流石でした!
物語は普通過ぎましたが、、、まぁ~面白かったです(笑)
pongpongさんへ^-^* (由香)
2009-11-16 08:01:14
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございます~^^

ジム・キャリーはハマり役でしたよ!CGになっているけど動きや顔がジムそのものでした(笑)

3D映像は素晴らしかったです~
3Dだと吹き替えになっちゃいますが、山寺さんなので良かったですよ!
SOARさんへ^-^* (由香)
2009-11-16 10:27:34
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

SOARさんは2Dで鑑賞されましたか~
私は迷わず3D鑑賞を選びました。最近のプチマイブームなんです(笑)

映像は圧巻でした~溜息が出る程素晴らしかったです。
お話は、、、個人的にはもう少し感動させてくれても良かったかなぁ~と思いました。
せっかくアニメなので、子どもの心にストンと落ちるようなラストが良かったかも。
豆しばさんへ^-^* (由香)
2009-11-16 23:09:13
こんばんは~♪
鑑賞されましたか~
お話は普通かな、と思いましたが、とにかく映像が素晴らしかったですね~感動しました。

子どもより大人の心にグサッときそうなお話ですよね(笑)
我欲はほどほどにして、楽しいクリスマスを迎えたいです(笑)
Agehaさんへ^-^* (由香)
2009-11-16 23:13:25
こんばんは~♪
コメントありがとうございました^^
私も3Dで観ました~♪
一度観たらハマっちゃって、、、何だか楽しいんだもん。目もそんなに疲れないし。

>マーレイの幽霊が実は
観客にいちばん説得力あったかも。(笑)
そう思います!!
あのシーンは怖かった、、、なんとなく「ヤバイ」って気持ちが過りました(笑)あんな風に鎖を引き摺ってさまようなんて、、、嫌っ!!(笑)
全然… (KLY)
2009-11-16 23:49:58
『ベオウルフ』とは比較にならないぐらいこっちが良いです。やっぱり人間をホンモノに近づけるってムリがあるんだと思うんですよ。それよりも最初からキャラクターと割り切って、それをホンモノに近づけるほうがリアリティが出る気がします。
にしても、間違いなく今までで1番の3D映画、こういうのばかりなら高い料金払っても惜しくないです。(TOHOシネマズデイに1300円で観て何言ってんだって話もありますが。笑)
改心した後のスクルージが部屋でおどけてるようすって、「お前絶対ジム・キャリーだろっ!」って突っ込みたくなるぐらいジム・キャリーでした。(笑)
おかげさまです (PPK)
2009-11-17 19:00:37
素敵なご案内で観て来ました。
さすがディズニー
空飛ぶふわふわ感が楽しめました。
ありがとう。
古臭ばやり (たいむ)
2009-11-17 19:16:04
由香さん、こんにちは(^^)
なんかここのところ古臭い題材を扱った映画が連発されていて、いよいよネタ切れなのかなーなんて思ってますです。

息子さんってばエライ!良く気が付きましたねw
しかし、私も雁字搦めかも~~~(><)

3Dのデキは好評なようですねw
近所のシネコンでも上映しているのだけど、いまだ尻ごみです。高いし(^^;

「カール爺さん」で初チャレンジしようかな~と思ったりはしていますが。
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2009-11-18 20:39:16
さすが、由香さんの感性が遺伝している僕
ちゃんたち、いつも上手い一言が出ますよね~
この映画を観て「僕、、、鎖で雁字搦め状態かもしれない」って言葉は中々出てこないように思います。うん、さすが由香さんのお子さまだわ~~(*^o^*)

映像はすごかったですよね^^私はベオウルフも観ましたが、その時よりも人間の表情はよく出ていた(ジムだからか?笑)ような気がします^^疾走感をすごく感じた映像でした。
後、雪が降っているところは映画館に降ってるようでロマンチックでした(*^o^*)

小さいお子さまは怖がりますよね(^^;
そして大人すぎる(笑)私たちこそ、グサッときて反省しなきゃと改めて気づかされた作品
でしたσ(^◇^;)
KLYさんへ^-^* (由香)
2009-11-18 23:42:43
こんばんは~♪

>間違いなく今までで1番の3D映画
素晴らしかったですよね~
モーション・キャプチャーについても、やはりベオウルフの時より全然いいですよね?
動きも表情も自然だし美しかったです!
スクルージのおどけた様子やビビった表情はジム・キャリーそのものでしたし(笑)
・・・と、映像をベタ褒めしましたが、私も14日に狙いをつけて観に行きました(笑)
PPKさんへ^-^* (由香)
2009-11-18 23:46:08
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^
そして、私のブログを記事内でご紹介頂き恐縮ですぅ~
これからも遊びに行かせて下さいね!
(PPKさんのところはTBを受け付けていないのですか?)

スクルージが空を飛ぶシーンは素敵でしたね~
とにかく映像に虜になった映画でした^^
ジム・キャリー はまってましたね (風子)
2009-11-19 14:17:36
息子さん、反省する事がいっぱいあったのでしょうか。かわいいですね。うふふ。
デブ男 (佐藤秀)
2009-11-19 22:42:51
あの寄付を募るデブ男、偉そうなデブの精霊、こいつらの方が余程ワルに見えましたよ。なんでスクルージばかり苛められるのか。
たいむさんへ^-^* (由香)
2009-11-19 23:31:28
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>なんかここのところ古臭い題材を扱った映画が連発されていて
そういえば、そうですね~
ネタ切れ?ノルタルジー?(笑)

ははは、、、息子が鎖で雁字搦めにビビったのは心当たりがあるからでしょう(笑)
そういう私もあのシーンではちょっとビクッとしたりして(笑)

3Dはなかなかいいですよ~
個人的にはお気に入りです。眼鏡もそんなに苦痛じゃないし♪是非一度チャレンジしてみてね!
ひろちゃんへ^-^* (由香)
2009-11-19 23:36:09
こんばんは~♪ひろちゃん^^
最近寒くなりましたね~
今日渋谷方面に出掛けたのですが、ダウンを着ていても寒かった!!

家の愚息は結構問題児なので(涙)、鎖にビビったのでしょう、、、これを機に少しは反省して欲しいですが、、、2~3日で忘れると思う(笑)

ベオウルフの時は、正直言って、「実写の方が見やすいかも」と思ったのですが、今回はモーション・キャプチャーだからこその良さが伝わりました。それにプラス3Dだったから映像には大満足です!!

もうすぐクリスマス。優しい気持ちでいいスクスマスを迎えましょうね!(笑)
Unknown (かつかつ)
2009-11-21 08:49:19
ご無沙汰してます。
何故か私はこの作品を聞くとどうしてもミッキーマウス他ディズニーのキャラクター版を思い出してしまいます(汗)(これで「クリスマス・キャロル」という作品を知ったので)

あらすじは知っていますが、いい作品ですよね。

子供の時「お金はあるけど心が貧しいスクルージと貧しいけど、家族に囲まれて愛情豊かなクラチェットとどっちが幸せか?」って聞いたら「もっちろんお金もあって心も豊かなのがいいに決まってるじゃない」って親に返されて空しくなってしまったのを覚えています・・・。今となっては正論の一つですけどねぇ・・・(汗)
3Dはイイですね♪ (エビマヨ丼)
2009-11-22 04:57:23
由香さん こんばんは
いつもTB有難うございます

由香さんも3Dで観られたのですね
ずっとメガネをかけたままでってのが
ちょっとうっとーしいですが それを差し引きしても
断然、楽しめますし リアリティがあって良かったです
今の子供たちは小さいうちから こんな映像が楽しめて羨ましい
私たちの時は無かったですからね(笑)
Unknown (non_0101)
2009-11-22 09:42:50
こんにちは。こちらにもおじゃまします☆
初3Dを体験しました、凄い映像でしたね~!
すっかりこの世界に引き込まれました。
後ろの席の小さなお子様はやっぱり怖がっていましたけど
> 鎖で雁字搦め状態かもしれない
鋭いですね。私も今からでも少しずつ減らさないと
風子さんへ^-^* (由香)
2009-11-22 23:08:16
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

どうやら反省することがいっぱいあったようです(笑)鎖のシーンに相当ビビったようですから。
・・・・・まぁ~私も何気に「ヤバイかも」と焦りましたが(笑)
佐藤秀さんへ^-^* (由香)
2009-11-22 23:10:50
こんばんは~♪
コメントありがとうございました^^

あはは、、、スクルージ以外にも困った人は沢山いますよね~
スクルージは悔い改める機会をもらってラッキーだったと思います♪
エビマヨ丼さんへ^-^* (由香)
2009-11-22 23:13:18
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

今の子どもたちはいいですよね~
3Dで映画を観るなんて、私が子どもの頃には想像すらしなかった!!

3Dメガネは疲れますが、私は3Dで映画を観るのが好きになってしまいました。
これからどんどんその手の映画が公開されるので楽しみです!
non_0101さんへ^-^* (由香)
2009-11-22 23:16:13
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

3Dを初体験でしたか~
この映画は3Dで観ると尚更臨場感があっていいですよね!私も映像を満喫しました。

鎖で雁字搦めの亡霊たちは怖かったですよね、、、あんな風になりたくない!と思った息子はきっと心当たりがあったのでしょう(笑)
かつかつさんへ^-^* (由香)
2009-11-22 23:21:23
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

>「もっちろんお金もあって心も豊かなのがいいに決まってるじゃない」
あはは、、、私も子どもに聞かれたら、きっとそんな風に答えると思います(笑)
だってぇ、、、お金ってやっぱり大事じゃーないですか~
ああ!!そんな事をこの時期に言ったら、亡霊や精霊に何かされるかもしれない、、、ぶるぶる

クリスマス・キャロルはいいお話ですよね~
ちょっと王道な展開でしたが、今回は映像も素晴らしかったので観に行って良かったです♪
うん、 (ボー)
2009-11-23 16:42:37
あのお化けみたいになったら怖いなと、子どもは思うかも!
ボーさんへ^-^* (由香)
2009-11-24 08:43:11
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

あはは!やっぱり子どもにはあの亡霊は怖いでしょうね(笑)ちょっと迫力ありましたもの~
こんばんは (えめきん)
2009-11-24 22:17:58
CG技術と、3D映像の進歩に驚かされる作品でした。今まで観てきた3D作品の中では一番効果的に3Dを駆使していましたね。
『アバター』ではこれを超える映像世界を体感できると思うと、ますます期待が膨らみます。

僕も死んだらもれなく鎖で繋がってそうです。だから死ぬ前に精霊に助けに来て欲しいですね。あんなジェットコースター体験もしてみたいですし。
Unknown (Nakaji)
2009-11-26 12:44:09
こんにちは♪

>あと、小さな子どもたちには、亡霊や精霊がリアルで時々怖いので、子どもたちは怖がっちゃうかもしれません

たしかに泣いている小さな子供たちいましたよ!!
そりゃーーーむりやろ~っておもってしまいましたわ。

本当に映像はきれいだし、ジム・キャリーがすごかったですね♪
えめきんさんへ^-^* (由香)
2009-11-27 09:12:16
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>CG技術と、3D映像の進歩に驚かされる作品でした
そうでしたね~私も感動しました。あまりにも映像が綺麗で。

あはは!えめきんさんも鎖で繋がっていそうですか?(笑)これからは少しでも鎖が少なくなるなるようにお互い心掛けましょうね
Nakajiさんへ^-^* (由香)
2009-11-27 09:20:39
こんにちは~♪Nakajiさん^^
TB&コメントありがとうございました!

泣いてる子どもがいましたか?
ちょっと怖いシーンもありましたよね~(笑)

とにかく映像に魅せられた映画でした。
ここまで技術が進んだのか、、、と感動しましたよ。
ジムも良かったですね~時々動きがジムそのものに見えて可笑しかったです♪
痛いとこ (sakurai)
2009-12-02 08:23:07
ついてますね。
息子さん。あははは。
うちのちびすけは、未来版では、ちょっと怖くて、目をつぶってたそうです。
もったいない。
ジム・キャリーの凄さと、やっぱ声優さんはプロだなあと思った次第です。
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2009-12-03 18:29:20
こんにちは~♪

あはは、、、身に覚えがあるんじゃーないですか?息子は(笑)

亡霊のところとか未来版とか結構怖かったですよね。お子さんがブルブル震えそうです。

声優さんは山寺さんですよね~安心して聞けました。
やっぱり稲垣潤一 (SGA屋伍一)
2009-12-04 07:29:12
由香さん、おはようございます
ああ~ 鑑賞前にこのレビュー読んでおけばよかった~ そしたらきっと3Dで見たのに~
がっくし

>僕、、、鎖で雁字搦め状態かもしれない

意味深ですね・・・ もしかしたら今年はお年玉あげなくてもいいかも?

ここんとこマイナーな映画ばかり観てましたが、これからまたしばらくシネコン中心になるので、頻繁にお邪魔するかもしれません。よろしくお願いします(^^:

あとようやくレへインの『闇よ、我が手を取りたまえ』を読み始めました・・・
SGA屋伍一さんへ^-^* (由香)
2009-12-07 10:48:56
こんにちは~♪

3D良かったですよ~奥行きがあって。
私、最近3D映画がお気に入りなんですよ。
カールじいさんも3Dで観たいの。だから安い日に観に行くつもり(笑)

いや~悪さばっかりしているので、鎖を見てビビったんじゃーないですか?(笑)

私、最近やる気が起きなくて、、、ブログにダラダラ取り組んでおります。。。チンタラしておりますが、これからもヨロシク♪

レヘイン読み始めました?気に入るかなぁ~
ありゃりゃ・・・ (マリー)
2009-12-15 23:16:45
こんばんは~~
映画もちょっと怖かったけど、息子ちゃんの台詞がより怖いかも~~~(笑)
小さいのに苦労してるのですか~~?汗

古典なので、お話が古っぽいのは仕方ないんだけど・・最後の方のスクルージ(改心してからの)が少し、はしゃぎすぎなのが気になった。
あのハジケっぷりは違和感が(苦笑)

でも映像はとっても楽しめました♪
私、映画館独り占め(びっくりでしょ?)だったから~尚更。
マリーさんへ^-^* (由香)
2009-12-17 18:08:40
こんにちは~♪
コメントどうもありがとう^^

あはは!家の愚息は鎖まみれになる心当たりがあるんじゃーないですか?(笑)なんたって反抗期ですから(泣)

最後のスクルージはハッチャケていましたね(笑)私もちょっと極端だなぁ~って思いました。
もうちょっとじっくり人の優しさなんかに気付くようなシーンが欲しかったんだけど・・・

だけど映像はすごかったですね~感動モノでした。アバターもスゴイんだろうなぁ~楽しみ♪
こんにちは♪ (yukarin)
2010-12-24 14:43:56
季節ものなので一年遅れでーす。
映像はとてもきれいでホント感動ものですね。
日本語吹替えじゃないほうで観ましたよ。
キャラがどことなく似てるのがいいですね。
私も心を改めないといけないなーと思いましたけどきっとこの時だけ思う^^;

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

77 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クリスマス・キャロル (Akira's VOICE)
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。  
クリスマス・キャロル (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!
Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 (だらだら無気力ブログ)
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌...
映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版』を本日初日に観て来ました。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。ホントは作品の出来は70点、3Dメガネが30点くらいかな。 基本的に字幕版しか観ないので、日本語吹替の3Dは観る機会が無い。前の記事『映画「...
Disney'sクリスマス・キャロル (悠雅的生活)
神の祝福を。すべての人々に。
[映画][劇場公開]クリスマス・キャロル 57点 (さとうれおはオレだけか)
今日は多少暑かったのでクリスマスの映画って気分ではなかったな。別にいつ公開しようがヒットしてほしいと願ったりはできない出来ですが。 実在の俳優を使うのが気に食わなくてコリン・ファースが似てないし作品を良くしようってわけではなく単なる客引きですね。個性的...
『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福を! (SOARのパストラーレ♪)
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物...
Disney's クリスマス・キャロル (三十路女の奮闘記 ~キャラ顔ウーマン~)
昨日、チラッとお知らせしましたTOHOシネマズ六本木にて Disney's クリスマス・キャロル を見てきました!! ロードショー初日であり、TOHOシネマズの日でもあって、 めっちゃ混んでいて一番前にて鑑賞。 TOHOシネマズは3D映画のみだったので吹き替え...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  芸達者なジム・キャリーの熱演。せっかくだから迫力ある映像で…と思い川崎のIMAXシアターまで出かけました。(近所のシネコンでは3D上映が吹き替え版のみだったので…)映像体験としてはまるでアトラクションのノリでした。ディズニーと...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (首都クロム)
 傲岸不遜な偏屈老人スクルージが全ての尺に金貨を用いていることは、冒頭でマーレイの伏せられた瞼の上から金貨を回収していく行為から明らかです。この嫌らしい爺さんのへの字に曲がった口が逆に曲がることは、果たしてあるのだろうかというほど。しかし哀しいのは、現...
Disney'sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版 (悠雅的生活)
神のお恵みを。すべての人たちに。
Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。「UCとしまえん」は、そういう意味で、時間...
2009-89『Disney'sクリスマス・キャロル』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-89『Disney'sクリスマス・キャロル』(更新:2009/11/15) * 評価:★★★☆☆ 3Dでの観賞で通常料金+300円でしたが、本日は東宝シネマズデーで1000円でしたから1300円での観賞です。「...
Disney's クリスマス・キャロル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
誰もが知るディケンズの名作が、最新技術を駆使したユニークな映像で蘇った。家族も持たず、人との絆も信じられず、ただ金銭欲を満たすために生きる老人スクルージ。街一番の嫌われ者の彼のもとに、クリスマス・イブの夜、元ビジネス・パートナーの亡霊が現われ、スクルー...
Disney's クリスマス・キャロル (マー坊君の映画ぶろぐ)
「Disney's クリスマス・キャロル」監督:ロバート・ゼメキス(『ベオウルフ/呪われし勇者』)出演:ジム・キャリー(『イエスマン "YES"は人生のパスワード』『ナンバー23』)ゲイリー・オールドマン(『ダークナイト』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)ロビン・ラ...
Disney'sクリスマス・キャロル (Diarydiary!)
《Disney'sクリスマス・キャロル》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -
Disney'sクリスマス・キャロル (心のままに映画の風景)
家族を持たず人とのきずなに背を向け、 金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。 あるクリス...
Disney'sクリスマス・キャロル (心のままに映画の風景)
家族を持たず人とのきずなに背を向け、 金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。 あるクリス...
Disney's クリスマス・キャロル (LOVE Cinemas 調布)
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといっ...
Disney’s クリスマス・キャロル 3D (そーれりぽーと)
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで! 何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹か...
劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 (日々“是”精進!)
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...
Disney's クリスマス・キャロル IMAX-3D 字幕版/ジム・キャリー (カノンな日々)
私の本棚にはちょっと厚めの「クリスマス・キャロル」の絵本があるくらい好きな作品なんですよね。このタイトルから受ける印象なのか楽しいクリスマスのお話をイメージされる方も少なくないみたいなんですけど、実はちょっとダークなお話だったりするんですよね。初めて予...
「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。 (たいむのひとりごと)
ディズニーアニメは敬遠しがちだけど、偏屈ジイさんが主人公というので鑑賞。また、3D上映も気になったが【吹替版】しか上映がなかったため”2D字幕版”にした。いつもどおりそれ以上の前知識は入れていなかった
『Disney's クリスマス・キャロル』 ('09初鑑賞168・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。
Disney'sクリスマス・キャロル3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化する技術を使って3D化された映像は、まるで実写のようなリ...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Disney's a Christmas Carol】 2009年/ディズニー/97分 【オフィシャルサイト】 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン
映画「Disney’sクリスマス・キャロル」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 ジム・キャリー、ゲーリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン。 *** 「クリスマス・キャロル」については既にご承知のとおり。 エベニーザ・スクルージという強欲でけちな嫌われ者の高利貸しが、 クリスマス・イブの夜、過去、現在、未来の...
★Disney'sクリスマス・キャロル(2009)★ (CinemaCollection)
ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的....
★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、 日本語吹き替えの3D版を鑑賞。 予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん~」と「アバター」だった。
Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol (我想一個人映画美的女人blog)
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました~♪ (本...
Disney's クリスマス・キャロル (風に吹かれて)
百面相のジム・キャリーにぴったり公式サイト http://www.disney.co.jp/movi
Disney's クリスマス・キャロル (Blossom)
Disney's クリスマス・キャロル A CHRISTMAS CAROL 監督 ロバート・ゼメキス 出演 ジム・キャリー ゲイリー・オールドマン     ロビン・...
Disney’s クリスマス・キャロル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンド...
*Disney’s クリスマス・キャロル* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2009年  アメリカ 主人公のスクルージにとって、人生は金が全て。家族を持たず、人との絆に背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きる彼は、町一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジ...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (ラムの大通り)
-----さて、またまたフォーンが喋っちゃいます。 この映画、立川シネマシティのポイントがたまったとかで、 フォーンもこっそり観てきたのニャ。 監督は、フォーンも知っているロバート・ゼメキス。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや 『フォレスト・ガンプ/...
Disney''s クリスマス・キャロル (2D) (Ki-Tsu-Neの祠 R)
ええ話しやぁ でも、ちょっと退屈 2Dだど画像がありきたり。3Dで見るべきですね こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。 クリスマス・キャロルと言えば、19世紀のイギリスに居た文豪「チャールズ・ディケンズ」の作品です。クリスマスに関連した物語の中では非常に有名な...
Disney's クリスマス・キャロル (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズの小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Disney's クリスマス・キャロル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Disney's クリスマス・キャロル」は、デジタルアニメーション映画の世界で、独自のスタイルを追求しているロバート・ゼメキス監督による最新...
Disney's クリスマス・キャロル (You got a movie)
監督   ロバート・ゼメキス キャスト ジム・キャリー      ゲイリー・オールドマン      コリン・ファース      ロビン・ライト・ベン 「ロマンシング・ストーン秘宝の谷」「バック・トウ・ザ・ヒューチャーシリーズ」「フォレスト・ガンプ」「コンタ...
クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが早いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
Disney'sクリスマス・キャロル (とりあえず、コメントです)
名作クリスマス・キャロルをデジタル映像が得意なロバート・ゼメキスが映画化した作品です。 初めての3D版で観てきました! 美しくてファンタジックな映像がとっても楽しかったです(^^)
Disney’s クリスマス・キャロル 3D <日本語吹替版> (DVD YouTube CINEMA)
ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民た...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
クリスマス・キャロル オフィシャルサイト (音量注意!) 「ポーラー・エクスプレス」を劇場で観なかったことを激しく後悔しました。 あわせてロバート・ゼメキス監督は単に「好き」というより、もう「信じてる」と言った方がいいくらいなので、迷わず劇場で鑑賞。 美...
「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D (はらやんの映画徒然草)
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
映画『Disney'sクリスマス・キャロル<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ
「Disney's クリスマス・キャロル」 (或る日の出来事)
14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。
Disney’s クリスマス・キャロル (近未来二番館)
Disney’s クリスマス・キャロル - goo 映画公式サイトは→コチラ 11月16日映画館にて 字幕版を見たかったので3Dは止めておきました。3Dだと吹き...
Disney'sクリスマス・キャロル(2009) (銅版画制作の日々)
 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エ...
時代を超えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。
Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリス...
Disneysクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月23日(月) 14:00~ TOHOシネマズ川崎7 料金:300円(1ヶ月フリーパス+3D料金差額) パンフレット:700円(買っていない) 『Disneysクリスマス・キャロル』公式サイト フリーパス鑑賞20本目。 3Dは2000円だし、日本語吹き替えだしで、今まで...
Disney's クリスマス・キャロル (5125年映画の旅)
無慈悲で金にしか興味のない孤独な男・スクルージ。彼は誰もが浮かれるクリスマス・イヴでさえ、一人ぼっちで夜を過ごしていた。そんな彼の前に、8年前に死んだかつての同僚の霊が現れる。このまま生きれば最悪の結末が待っていると告げられたスクルージ。そして彼の前...
Disney'sクリスマス・キャロル (2009・アメリカ) (白ブタさん)
ちょっと早めのクリスマス映画{%クリスマスツリーwebry%} 『クリスマス・キャロル』 で ディズニー ときては見ないわけにはいきません★
Disney's クリスマス・キャロル(3D) (小部屋日記)
A Christmas Carol(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー/ゲイリー・オールドマン/コリン・ファース/ボブ・ホスキンス/ロビン・ライト・ペン/ケイリー・エルウィズ 未来は、まだ変えられるかもしれない・・ 文豪...
Disney'sクリスマス・キャロル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
Disney'sクリスマス・キャロル’09:米 ◆原題:A CHRISTMAS CAROL◆監督: ロバート・ゼメキス「ベオウルフ/呪われし勇者」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」◆出演: ジム・キャリー 、 ゲイリー・オールドマン 、 ロビン・ライト・ペン 、 ボブ・ホスキンス 、 コリ...
クリスマス・キャロル (2009 映画観てきましたっ!)
主演 ジム・キャリー 他に、ジム・キャリー、ジム・キャリー。。。。 なんと7役の ジム・キャリー ゲイリー・オールドマンも3役だと!
Disney'sクリスマス・キャロル(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
大人向けだよね。ってことで「Disney'sクリスマス・キャロル」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:山寺宏一、安原義人、伊澤柾樹 上映時間:97分  家族を持たず、お金大好き、人との付き合い大嫌い。という生き方を貫きとおしているスクルージ...
Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのど...
すべての人に祝福を~『Disney'sクリスマス・キャロル』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 A CHRISTMAS CAROL  "God bless us, every one!"  19世紀、ロンドン。金の亡者スクルージ(ジム・キャリー)は、クリスマスが 大嫌いな孤独な...
映画を観た~Disney’s クリスマス・キャロル(3D吹き替え版)~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
クリスマス・キャロル (Peaceナ、ワタシ!)
- ディズニーが完全映画化! - 一週間前なのですが… レディースデーに、ディズニーの『クリスマス・キャロル』を観てきました! どうしても‘字幕版’で観たかったので、レイトショーに1人で鑑賞。(地元のワーナー・マイカルでは、字幕版はレイトショーのみの上映な...
クリスマス・キャロル (映画的・絵画的・音楽的)
 「クリスマス・キャロル」を丸の内ピカデリーで見てきました。  ディズニー制作のアニメ映画など今更という気がしてパスしようと思っていましたが、デジタル3Dを覗いてみたいこともあって出かけてきました〔浦安のデズニーランドの中の劇場で、一度デジタル3Dを見たこ...
『Disney'sクリスマス・キャロル』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:ACHRISTMASCAROL原作:チャールズ・ディケンズ監督:ロバート・ゼメキス出演:ジム・キャリー(スクルージ/過去・現在・未来のクリスマスの霊)、ゲイリー・オールドマン(マーレイ/ボブ・クラチット/ティム少年)、ロビン・ライト・ペン(ベル)、コリン・ファ....
クリスマス・キャロル (映画の話でコーヒーブレイク)
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見て、是非3Dの映画を見てみたい!と思い、 川崎109シネマズIMAXシアターで「クリスマス・キャロル」を見てきました。 IMAX「THIS IS IT」は最終日まで4日間のすべての回が完売になっておりました。 マイケル人気はスゴ...
時代を越えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。
こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。
Disney'sクリスマス・キャロル (ルナのシネマ缶)
パフォーマンス・キャプチャー+CGの 映像はすご~~く美しかったです。 ただ、ストーリーは有名な原作を 忠実に再現したって感じでした。 若干ホラーぽいトコもありますが まあ、ディズニーだからねー。 お子様にはお勧めの作品です。 お金が全てで、ただ己の...
Disney's クリスマス・キャロル (迷宮映画館)
3D版、初体験
スクルーじいさんの空飛ぶ夢 ロバート・ゼメキス 『Disney's クリスマス・キャロル』 (SGA屋物語紹介所)
♪くーりーすーますきゃろるがー なーがーれーるーころにはー 稲垣潤一の名曲ととも
DISNEY'S クリスマス・キャロル (シネマ大好き)
ディケンズの名作をディズニーの3Dアニメで。情景が美しく、迫力があって、さすがディズニーでした。 金儲けにしか興味がない、冷酷な金貸しのエブニーザ・スクルージのもとに、クリスマスイブに三人の精霊が現れ、彼自身の過去・現在・未来の影を見せ、後悔と恐怖に...
Disney's クリスマス・キャロル (犬・ときどき映画)
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝...
クリスマス・キャロル (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
『ベオウルフ』のロバート・ゼメキス監督のディズニー映画です。チャールズ・ディケンズ原作の有名なお話ですが…読んでなかった。鑑賞したのは2Dの字幕版です。TOHOシネマズ川崎で鑑賞。同じ時間で109シネマズ川崎でIMAX3D字幕版があったので少し迷ったのですが、...
クリスマス・キャロル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
未来は変えられる__、ある一夜の出来事が、それまでの人生を変えるとしたら・・・。 金がすべての嫌われ者、エベニザー・スクルージ。クリスマス・イヴの夜、彼の前に3人の“クリスマスの精霊”が現れる。それは人生を変えるための最悪のプレゼント。 彼らに連れ...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 チャールズ・ディケンズの原作をご存じない方でも、「クリマス・キャロル」という言葉には、なぜか暖かな響きを感じるのではないでしょうか。  この物語が誕生した19世紀半ばのロンドンでは、産業革命により貧富の格差が広がり、多く市民が貧困に苦しんでいました。...
Disney’sクリスマス・キャロル<吹替え> (りらの感想日記♪)
【Disney’クリスマス・キャロル】 ★★★☆ 映画(40)ストーリー 19世紀半ばのロンドン。金貸業を営むスクルージ(ジム・キャリー)は
09-336「Disney's クリスマス・キャロル」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
全ての人に神のご加護を  19世紀半ばのロンドン。金貸業を営むスクルージは、金がすべての嫌われ者。クリスマス・イヴだというのに貧しい人への寄付をはねつけ、“貧乏人が死んでも構わない。余計な人口が減るだけだ”と悪態をつく始末。  そんな彼の前に、7年前に死...
Disney'sクリスマス・キャロル (映画鑑賞★日記・・・)
【A CHRISTMAS CAROL】2009/11/14公開アメリカ97分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス未 ...