★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ペネロピ

2008-12-08 21:50:00 | 映画【は行】

レンタルで鑑賞―
【story】
魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年マックス(ジェームズ・マカヴォイ)が現れるが―
     監督 : マーク・バランスキー

【comment】
        最高ぉぉぉ~
  ドキュンと胸を撃ち抜かれたぁぁぁ~ 


 これは、切なくも可愛らしい現代のお伽話。
 きっと貴女もペネロピに心奪われ、彼女を大好きにはるはず―                                  
 
  “呪われたウィルハーン家”                                               
 その呪いは、今を遡ること5代前のラルフ・ウィルハーンの行いによりかけられた。
    『次に生まれる娘はブタの顔になれ―』                       
 魔女がかけた呪いを解く方法はたった一つ。                     
    『お前たちの“仲間”が娘に永遠の愛を誓うこと―』                 
                                                 
 その後、ウィルハーン家には男の子しか生まれず、呪いは伝説となった。    
    ペネロピが生まれるまでは―                                                                    
                                                                                                                 
 魔女の呪い通りにブタの鼻と耳を持って生まれたペネロピを             
  母ジェシカ(キャサリン・オハラ)は、世間の好奇の目から必死に隠そうとした。     
   そして、ペネロピは屋敷の中でずっと一人で過ごすのだ。              
  『この鼻は私の鼻ではなくラルフおじいさんの鼻。今の私は本当の私じゃない』 
  母にそう思いこまされ、呪いをとくべく良家の青年とお見合いを続けるペネロピ。
   だが、青年たちはペネロピの顔を見るだけで逃げ出してばかり。                         
  そんな時、没落した良家のマックスが現われて―                  
 
 (以下で、「とっても」「とっても」・・・とウルサイです、私・笑)
とってもいい映画だったわ~これは劇場で観たかったなぁ~
まず色彩が独特でとっても綺麗。それにセットや小物、衣装、、、全てに拘りがあって、何もかもがペネロピの世界をとっても可愛らしく演出してくれているの~
 
それに脚本もとってもステキ~ちょっと捻りもあって気が利いてるの~
お話的には『美女と野獣』の逆バージョンっぽいんだけど、ただのお伽話じゃーなくて、コミカルだったりシニカルだったりでとってもバランスが良かったわ~もう断然ツボ
 
でね、とにかくペネロピがとっても魅力的ー
彼女はイジイジしていたっておかしくないはずなのに、自分自身をしっかり受け止めて、素直で穏やかで賢くってとってもいい子なのよ~クリスティーナのブタ鼻ちゃんも何故かとっても似合っていて可愛かったし
周りの登場人物もいいの~
一応悪者っぽい新聞記者や金持ち青年なんかもいるけど、根っからの悪人ではなくて愛すべきキャラだったわん。
それにペネロピの両親も良かった~面白かったし。
特にお母さん役のキャサリン・オハラはハマリ役。
娘の悲劇を何とかしたいと必死過ぎて、ギャーギャー過保護でいるんだけど、その様子が親としては何となく身に覚えがあってねぇ~
心配し過ぎて、それが子どものためなのか自分のためなのかゴチャゴチャになっちゃう事ってあると思うなぁ~とにかくペネロピの御両親には「25年間お疲れ様でした―」って言いたいな。

 
それでですね、ここで本題です(笑)
ペネロピの運命のお相手マックスを演じたマカヴォイ君ですが、、、
 メチャメチャ可愛い~素敵~もうダメ~バクバクバク
もうステキでステキで、きゃ~きゃ~言っちゃいました。
マカヴォイ君は、例によって今回もヘタレの青年役なんだけど(笑)超~ハマっていて、、、やっぱり魅力的なヘタレを演じたら世界一よね~彼(褒めてます・笑)
今回は、賭け事にドップリハマってるヘタレなんだけど、ペネロピに刺激を受けて、緩やかにドンドン素敵になっていくの~
それに、今回の彼って何だかジェラルド・バトラーに顔つきや目つき、仕草が似ている・・・と思っちゃったなぁ~
気のせいかと思って5回ほど観直したんだけど(アホ)、全然違う顔立ちなのに、何だかかぶっちゃってドキドキが倍増でした~勝手に得した気分
                                   
 
                                   
さてさて、どうやってペネロピとマックスが結ばれるのか、そしてペネロピの呪いはとけるのか―と気になるところでしょうが、とってもロマンチックな展開で胸キュンですので、是非ご自分の目でお確かめ下さいね~
鑑賞後にはきっと、『ありのままの自分を好きになる』って素敵だなぁ~と思うはず―

 レンタルDVD怒涛の連続鑑賞新記録(5回)を達成。DVDも買おうっと

 女性の方にオススメで~す(5点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (54)   Trackbacks (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デス・レース | TOP | WALL・E/ウォーリー »
最近の画像もっと見る

54 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
きゃは~ん♪ (miyu)
2008-12-08 22:07:08
ブタちゃんがいっぱ~い
由香さんも満点ですね~~~♪
あたしもコレは満点でしたのよ~!
マカヴォイさんもすんげぇ素敵だったし、
リッチ嬢も最高にキュートでしたよね~。
それになんと言ってもこの映画のメッセージがたまらなく
乙女心を刺激してくれちゃいました♪
あたしもたまらなく大好きな映画です~(/∇\)キャ-!
gooってば、yaplog!ってば! (サテヒデオ)
2008-12-08 22:59:58
トラックバックしていただきましてありがとうございます。
お返ししようとしましたが、どうにもyaplog!からは送れないようです。申し訳ないです。このコメントでトラックバックのかわりとさせてくださいませ。

あらら、URLすら載せられないとは。
5回も! (ボー)
2008-12-08 23:24:30
こんばんは~。
5回見るなんて、とっても、お気に入りですね!
私も好きですねー、これは。
かわいいファンタジーながら、メッセージもあったりして。
ペネロピのマフラー。 (rose_chocolat)
2008-12-08 23:35:40
季節柄、こういうマフラーの巻き方をしたくなりますが、これってやっぱり、クリスティーナ・リッチみたく小顔のコが似合うのかなあって思うこの頃。 笑

これは、もうすぐ終映になってしまう寸前に劇場鑑賞しました。よかったです。隣の席にいた人がちょっと印象に残ってしまいましたが(苦笑
パンフレットも思わず買ってしまいました。小さくてキラキラしてて可愛い^^
この映画いいですよね~ (真紅)
2008-12-09 15:21:43
由香さん、こんにちは!
私もこれ最近観て、すっごくよかったデス!
マカヴォイくんとかジェリーさんとか、「スコティッシュ顔」とでも言うのかな?
雰囲気似てますよね、わかります。
TBが復活したみたい、うれしいな~。
ではでは、また来ます~。
わぁぁっ (ひめ)
2008-12-09 20:13:58
由香さんも見たんですね~。
私もつい最近見て、ドキュンと胸を撃ち抜かれました
小物とか洋服も、無茶苦茶乙女心をくすぐる素敵な感じなんだけど
それ以上に、ズキュン!とくる内容でしたよね。
私も大好き!!
こんばんは★ (dai)
2008-12-09 22:46:19
TBどうもでした。

5回とは・・・凄いですね!!
後はDVD購入してからまた観るのでしょうか?

クリスティーナ・リッチは豚鼻を付けようが、
どう見てもモンスターには見えませんよねw
可愛いですね~☆ (non_0101)
2008-12-09 23:41:00
こんばんは。
キャラクターもあの部屋や小道具もみんな可愛かったです☆
私の友達はこの作品のとりこになり、マカヴォイ君とりこになりました
この作品のマカヴォイ君は本当に優しくて素敵ですね~
う~ん、また観たくなってしまいました
こんにちは (えめきん)
2008-12-10 07:23:12
TBありがとうございました。

ペネロピがとっても可愛かったですねぇ。ただ、普通の顔よりも豚鼻の彼女の方が可愛く見えてしまったのが映画的に失敗だったかなと(笑)。

ジェームズ・マカヴォイは、この一年で大出世しましたね。『ホビットの冒険』で主役を演じるという噂もありますし。今後の活躍に目が離せません。
TBありがとうございました♪♪♪ (sakurai)
2008-12-10 08:09:49
だは!!
良かったでしょう、マカヴォイ君
これでメロメロにやられてしまいましたねぇ
本当によかった。
あのなんともいえない貧乏くささ
イーサンに通じるものがありますよ
おっと、それだけじゃなく、お話もただの寓話じゃなく、よくできてましたよね。
お気に入りの一本です

post a comment

Recent Entries | 映画【は行】

Similar Entries

65 Trackbacks

ペネロピ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。』  コチラの「ペネロピ」は、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまった女の子を描いた3/1公開のチャーミングなラブ・コメディなのですが、観てきち...
『ペネロピ』 (Sweet*Days**)
ペネロピ [DVD](2008/09/17)クリスティーナ・リッチジェームズ・マカヴォイ商品詳細を見る 監督:マーク・パランスキー CAST:クリスティナ・...
「ペネロピ」ロマンティック・フェアリーテイル (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画 曾々々々お爺さんが犯した過ちによる呪いで 豚の鼻をもって生まれてしまったペネロピが 真実の愛を見つけ、呪いを解くまでのロマンティックなお伽噺。 主人公ペネロピを演じるのは クリスティーナ・リッチ。 豚鼻でさえキュートに見えてし...
ペネロピ/クリスティナ・リッチ (カノンな日々)
予告編からして面白そうな予感アリアリだったけど、ヒロインの豚鼻は呪いの魔法によるというファンタジーだと知ってさらに期待値さらにアップしちゃって優先順位も繰り上げちゃいました。 出演はその他に、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディ...
ペネロピ ( Art- Mill  あーとみる)
ペネロピHP http://www.penelope-movie.com/ 圧倒的に若い女性が多かった。気軽に楽しむ「自分探しの映画」。 現代風おとぎ話といってもいい。例によって「魔女の呪い」があるが、それは
『ペネロピ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ペネロピ」□監督 マーク・パランスキー □脚本 レスリー・ケイヴニー □キャスト クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リチャード・E・グラント、サイモン・ウッズ、リース...
ペネロピ/PeneLope (描きたいアレコレ・やや甘口)
可・愛・い・お話。恋とそれだけでなく自分のためのおとぎ話。 これを観た女の子(心だけ女の子でも大丈夫w)は、心の宝石箱にしまいまし...
『ペネロピ』 (ラムの大通り)
(原題:PENELOPE) -----この人、クリスティーナ・リッチだよね。 なんで顔隠しているの? これって寒いところのお話? 「いやいや。顔というよりも正しくは“鼻”、そして“耳”かな。 実は、彼女は豚の鼻と耳を持っているんだ」 -----豚?それはまた突飛な話だニャあ。...
「ぺネロピ」 (或る日の出来事)
とても可愛らしく、ファンタジックなラブストーリーだった。 こうであってほしいと(私が)思うとおりの決着を、ほとんど迎えるといっていい...
映画レビュー「ペネロピ」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ペネロピ◆プチレビュー◆風変わりなおとぎ話でキュートなラブロマンスは、豚の鼻を持った女の子が主人公。ポップな映像が楽しい。 【65点】  裕福な名家に生まれながら、先祖がかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳を持って生まれたペネロピ。何とか結婚させて呪いを...
『ペネロピ』 (2006) / イギリス (NiceOne!!)
原題:PENELOPE監督:マーク・パランスキー脚本:レスリー・ケイヴニー出演:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、リチャード・E・グラント、リース・ウィザースプーン鑑賞劇場 : シネカノン有楽町2丁目公式サイトはこちら。<St...
ペネロピ (Blossom)
ペネロピ PENELOPE 監督 マーク・パランスキー 出演 クリスティナ・リッチ ジェームズ・マカヴォイ     キャサリン・オハラ ピータ...
[映画]ペネロピ (落とし穴には気をつけろ!)
試写会に行ってきました。 冒頭にMEGUMIさんがセクシー衣装で登場とってもキレイでしたよぉ 映画パーソナリティの伊藤さとりさんとのトークショーがあったのですが、会話も上手で、頭のいい人なんだなあと感心しました。伊藤さとりさんも、いつもTSUTAYAの店内ラジオで...
ペネロピ(^0_0^)女は顔じゃないよ!ハートだよ!! (銅版画制作の日々)
  顔じゃないよ だよ でも第一印象で決めるのはやっぱり・・・・。顔が綺麗可愛いっていうのがありなのかも世の女性の皆さん、これを観てどう思われるでしょうか?何か勇気が持てそうな感じが???? 5月3日、連休真っ只中、「ペネロピ」を京都みなみ会館にて鑑賞...
「ペネロピ」 (It's a wonderful cinema)
 2006年/イギリス  監督/マーク・パランスキー  出演/クリスティーナ・リッチ      ジェームズ・マカヴォイ      リース・ウィザースプーン  昨年のGTFで予告を観て以来半年間、ずーっと観たかった作品。ようやく観ることができたのですが、想像...
★「ペネロピ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目。 熱烈?なペネロペ・クルスのファンのひらりんとしては、とっても気になるタイトル。 もちろん彼女とは全く関係ない作品で・・・ 怪演技が続くクリスティーナ・リッチが主演。
『ペネロピ』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 小学生くらいの頃に観ていたら、「うわぁ! 素敵な映画だった!!」と、瞳をきらきらさせて感動していたかも。 『ペネロピ』 "PENELOPE" 2006...
『ペネロピ』(DVD) (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【PENELOPE】 2006年/英・米/東京テアトル=デスペラード/ 101分/'08年9月17日DVDリリース 【オフィシャルサイト】 監督:マーク・バランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、リース・ウィザースプーン
ブルーベリー豚 (Akira's VOICE)
「ペネロピ」 「マイ・ブルーベリー・ナイツ」 
ペネロピ (レンタルで映画)
 今日もクリスティーナ・リッチです。観たのは「ペネロピ」!! (余計なことですが、私はどうしても「ペネロペ」って言ってしまいます。なのでチケットを買う時には何度も練習してから、いざカウンターへ。無事に恥をかくことなく鑑賞できた次第です。 ペネロピ 2006年...
自分らしく、ありのままで~『ペネロピ』 (真紅のthinkingdays)
 PENELOPE  名家の一人娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)は、先祖に掛けられた呪いの為に、 豚の鼻をして生まれてきた。まさに「深窓...
ペネロピ(映画館) (ひるめし。)
豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見てた――― 恋することを。
ペネロピ (SSKS*)
オフィシャルサイト 2006 イギリス 監督:マーク・パランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ ストーリー:先祖が魔女にかけられた呪いのせいで、豚の鼻と耳をもっ...
「ペネロピ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
イギリスの名家、ウィルハーン家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。彼女の鼻と耳は豚の それだった。この家に古くから言い伝えられてきた呪いのためだ。母ジェシカ(キャサリン・ オハラ)は、世間の好奇の目を遠ざけるためペネロピを死んだことにしてしまう。以来、...
「ペネロピ」 (てんびんthe LIFE)
「ペネロピ」試写会 テアトルタイムズスクエアで鑑賞。 全然知らなかったんですが、リーズ・ウィザースプーンが、いきなり画面に個性の強い脇役で登場したので、一体これは何事か…と思ったら、彼女プロデューサーだったんですね。 エンドロールにもシッカリ、プロデ...
ペネロピ (ひめの映画おぼえがき)
ペネロピ [DVD] 監督:マーク・パランスキー 出演:クリスティナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンク...
『ペネロピ』('08初鑑賞36・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 3月15日(土) 109シネマズHAT神戸シアター5にて 17:05の回を鑑賞。{%リボンwebry%}
ペネロピ (2008 映画観てきましたっ!)
おとぎ話ですな。
ペネロピ (to Heart)
製作年度 2006年 製作国・地域 イギリス/アメリカ 上映時間 101分 監督 マーク・パランスキー 脚本 レスリー・ケイヴニー 出演 クリスティナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/ピーター・ディンクレイジ/リチャード・E・グラント/サイモン・ウッズ/...
ペネロピ (Memoirs_of_dai)
豚(とん)だ呪がかけられた… 【Story】 魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リ...
ペネロピ (5125年映画の旅)
貴族の家系に生まれた少女・ペネロピ。彼女は先祖が受けた魔女の呪いによって豚の鼻を付けた姿で生まれてきた。彼女の呪いを解く方法はひとつ。高貴な身分の者が彼女を愛する事だった。世間から隠れながらも、ペネロピは運命の男性を見つけるべく数々の縁談を試みるの...
ペネロピ (迷宮映画館)
惚れてしまいました・・・。ポっ。あーーー、またひとりコレクションに加えなくっちゃ。
ペネロピ/ PENELOPE (我想一個人映画美的女人blog)
2年前のトロント映画祭でyueと1時間半も並んだのに二つ前で切られて{/face_naki/}(当日チケット完売{/ase/}) 見逃してからずっーと公開を待ってた映画、ついに日本上陸{/ee_1/} 3月公開を前に、試写で観てきました~。 その昔、ゴシップでブタの鼻をつけた主演の...
38●ペネロピ (レザボアCATs)
もともと、こういう雰囲気の大人の童話的なファンタジーが大好きなので、これは絶対見よう!と随分と前から決めていた作品。思ったより、ずっとコメディタッチ。なかなか楽しめた。クリスティーナ・リッチ、ブタッ鼻をつけていても、すっごくかわいくって・・・。
「ペネロピ」感想 可愛らしいミニシアター系映画 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
なかなか可愛らしくて、面白い映画でした。 クリスティーナ・リッチは、こういう役に、すごくハマる。
★ペネロピ(2006)★ (CinemaCollection)
PENELOPE上映時間101分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(東京テアトル=デスペラード)初公開年月2008/03/01ジャンルコメディ/ロマンス/ファンタジー好きになりたい。豚の鼻を持って生まれてきた私は夢見ていた──恋することを。【解説】先祖を巡る因縁が元で....
ペネロピ (菫色映画)
ペネロピクリスティーナ・リッチ, ジェームズ・マカヴォイ, キャサリン・オハラ, リチャード・E・グラント, マーク・パランスキーウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント 2008-09-17by G-Tools 魔女によって呪いをかけられた名家ウィルハーン家、その一...
ペネロピ (小部屋日記)
Penelope(2006/イギリス=アメリカ)【DVD】 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティーナ・リッチ/ジェームズ・マカヴォイ/キャサリン・オハラ/リチャード・E・グラント/ピーター・ディンクレイジ ありのままの私じゃダメなの? コメディタッチの現代のファ...
怪奇! 豚鼻の呪い! マーク・パランスキー 『ペネロピ』 (SGA屋物語紹介所)
はーい! あたしペネロピ[E:happy01] 意地悪な魔女に呪いをかけられたせ
ペネロピ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
これのジェームス・マカヴォイがいい!と聞いて鑑賞。とっても可愛い,愛のおとぎ話だった。・・・・人間の価値は外見じゃない,自分の幸せは自分でつかむ・・・というテーマらしいが,そういった深いテーマに感動するより,素直にこの作品のキュートさを楽しんだかなぁ,...
ペネロピ (2006・イギリス) (白ブタさん)
かわいい{%びっくり1webry%}{%ハート2webry%}
映画 『ペネロピ』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆ 先祖がかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持って生まれてしまったヒロインが、真実の愛を見つけるために奮闘するロマンチックコメディー。大きな豚の鼻を持つ主人公を『スリーピー・ホロウ』のクリスティナ・リッチが好演。 魔女に呪いをかけられ、...
『ペネロピ』 2008-No20 (映画館で観ましょ♪)
ナルニアのタムナスさんが人間になってブタさんに恋をした。 タムナスさんたらステキになってる♪ 魔女に呪いをかけら...
ペネロピ (映画鑑賞★日記・・・)
【PENELOPE】2008/03/01公開製作国:イギリス/アメリカ監督:マーク・パランスキー出演:クリスティナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、キャサリン・オハラ、ピーター・ディンクレイジ、リース・ウィザースプーン好きになりたい。豚の鼻を持って生まれてきた私は夢見て...
ペネロピ (シニカル・ヒストリー・タワー)
ペネロピ ご先祖さまのしでかした罪のために魔女に呪いをかけられ、豚の鼻を持って生まれてきてしまった大金持ちの一人娘ペネロピ。 その呪いを解くためにはペネロピを本当に愛してくれる名門出身の男の人が必要で…。 両親はペネロピの為にと次々に...
ペネロピ (映画三昧、活字中毒)
■ テアトルタイムズスクエアにて鑑賞ペネロピ/PENELOPE 2006年/イギリス、アメリカ/101分 監督: マーク・パランスキー 出演: クリスティナ...
ペネロピ (心のままに映画の風景)
イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は、 先祖の因縁で魔女に呪いをかけられブタの...
「ペネロピ」 呪いを作るのは僕たちの心だ (はらやんの映画徒然草)
一族にかけられた呪いによって名家の娘ペネロピ(クリスティーナ・リッチ)は豚の鼻と
『ペネロピ』 (La.La.La)
JUGEMテーマ:映画 制作年:2006年  制作国:イギリス  上映メディア:劇場公開  上映時間:103分  原題:PENELOPE  配給:ブエナビスタ  監督:マーク・パランスキー  主演:クリスティーナ・リッチ      ジェームズ・マカヴォイ      キャサ...
ペネロピ 51点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
次の日、隣のオッサンが死んだ。 公式サイト クリスティナ・リッチ主演の現代ファンタジー映画。 呪われし姫が王子に救われハッピーエンドとなる、おとぎ話の定番パターンを敢えて踏襲し、舞台を現代に持ち込んでシニカルなパロディとしつつ、最後はやはりめでたし...
ペネロピ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ブタ鼻姫直伝!コンプレックス打開法♪  
ペネロピ (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  祖父が犯した罪のため、ブタの鼻を持って産まれた女の子が、主人公のペネロピである。この呪いを解くには、名門の家に生まれた男性と結婚しなくてはならない。  それで何度もお見合いをするのだが、誰もがペネロピの顔を見たとたんに逃げ出してしまう。さあ、...
★★★「ペネロピ」クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴ... (こぶたのベイブウ映画日記)
ブタ鼻のクリスティーナ・リッチがカワイイし、ナイーブなジェームズ・マカヴォイもステキでした。生き生きしたリース・ウィザースプーンも良かった。人生を楽しんでいそうな蓮っ葉娘にぴったりでした。お洋服やお部屋のインテリア、ちょっとした小道具や街の風景、映像も...
「ペネロピ」:小日向四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}愛知学生会館かあ。やっぱりここの学生たちは、毎日ミソカツ食べて暮しているんだろうな。 {/hiyo_en2/}愛知の学生がみんな豚カツにミソかけて食べていると思ったら、大間違いよ。 {/kaeru_en4/}愛知の女学生の鼻はみんな豚の鼻になっているっていうのも、...
ペネロピ (りらの感想日記♪)
【ペネロピ】 ★★★★☆ DVD(1)ストーリー イギリスの名家、ウィルハーン家の一人娘として生まれたペネロピ(クリスティナ・リッチ)。彼女
「ペネロピ」 Penelope (俺の明日はどっちだ)
昨年の公開時に見逃して以来ずっと縁がなかったキュートなファンタジームービー。 どこかティム・バートン作品を思い起こさせるオープニングのウィルハーン家の歴史を簡潔に紹介するシーン、これが素晴らしい出来。 とにかくこういう独特の世界観は大大大好きで、全体的...
ペネロピ (悠雅的生活)
彼女を救えるのは誰?
『ペネロピ』'06・英・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ魔女に呪いをかけられ、豚の鼻と耳を持って生まれた裕福な名家の娘ペネロピ(クリスティナ・リッチ)。マスコミと大衆の目から身を守るため、屋敷の中だけで生きてきた彼女は、永遠の愛を誓って呪いを解いてくれる男性を待ち続けていた。そんな中、名家出身の青年...
『ペネロピ』 (めでぃあみっくす)
豚の鼻を持って生まれたペネロピ。でもクリスティーナ・リッチに豚鼻はなぜかよく似合ってました。いや見方によれば、これはこれで結構かわいいです。 お話的には多分女性なら誰もが共感する内容なだけに面白いことは面白いのですが、一本の映画としてはちょっとバランス...
【DVD】ペネロピ (映画かぶれでいきまっしょい!)
Amazon.co.jp ウィジェット 「自分を好きになる事の大切さ」 数代前の先祖のおかした罪により 呪いにかけられ「豚の鼻」を持って生まれて しまった良家のお嬢様ペネロピ。 呪いをとくためには同じく良家の人に 愛されなければならない。 お見合いを繰り返すペネロ...
「ペネロピ」 (日々のつぶやき)
監督:マーク・バランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ、ジェームズ・マカヴォイ、リース・ウィザースプーン、キャサリン・オハラ 「名家の一人娘ペネロピは、先祖にかけられた呪いのせいで豚の鼻と耳を持っていた。外に出たがるペネロピを死んだことにして必死
『ペネロピ』 (『映画な日々』 cinema-days)
ペネロピ 先祖の呪いで生まれつきブタ鼻を持った 女性の物語。 【個人評価:★★】 (自宅鑑賞) 両親の庇護のもと、家の中に幽閉され...
【おうちで映画鑑賞/2009.3】 (+++ Candy Cinema +++)
お花見は、 まだまだ先の 北国の春。。。 家の前に、融けずに残っている雪山があるんですが シャーベット状の氷壁になったところ・・...
ペネロピ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「ペネロピ」 感想 ペネロピ 好きになりたい。 豚の鼻を持って 生まれてきた私は 夢見ていた── 恋することを。 裕福な名家に生まれた...
ペネロピ  (えいがの感想文)
2008年/イギリス 監督:マーク・パランスキー 出演:クリスティーナ・リッチ    ジェームズ・マカヴォイ 豚の鼻と耳をもって生まれたペネロピ。 親に存在を隠され、結婚することで呪いが解けると思い込んでいた。 けれど、自分の力で街に飛び出し...