★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^−^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

天使と悪魔

2009-05-15 17:38:38 | 映画【た行】
 ダン・ブラウンの原作『天使と悪魔』は大好きですぅ〜
             前作の映画はイマイチだったんだけど(汗)、、、今回はどうかな? 
【story】
宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、秘密結社・イルミナティの復活を探るべくローマへ旅立つ。17世紀、ヴァチカンの科学者への弾圧の陰で結成されたイルミナティが、今にも教皇候補の暗殺を計画しているという。ラングドンと科学者ヴィットリア(アイェレット・ゾラー)は、ガリレオの暗号コードの解明に乗り出すが―
     監督 : ロン・ハワード 『ダヴィンチ・コード』『フロスト×ニクソン』

【comment】 (辛口感想です。未見の方はご注意下さいね



前作よりはマシ
だと思ったけれど、、、
やっぱり原作の面白さは出せていないんじゃーないかなぁ〜
どうにもこうにも薄っぺらで、ただただ慌ただしく物語が進んでいくので、チョイ呆然として観ていました・・・ああ〜ん悲しいよぉ〜

という事で、以下は原作大好き人間の愚痴みたいなものです。あしからず・・・
 
さて、前作『ダ・ヴィンチ・コード』で世界的に有名になったハーヴァード大学教授ロバート・ラングドンが今回挑むのはイルミナティ。
イルミナティは、17世紀にガリレオが創設した科学者たちの秘密結社で、今では消滅しているはずだった。
だが、ヴァチカンで新教皇を選ぶコンクラーベが行われる当日、イルミナティを名乗る者が、かつて科学者を迫害した教会に復讐するため、教皇候補の枢機卿4人を誘拐した。
そして、午後8時を皮切りに、一時間に一人ずつ殺し、それぞれの胸に科学の四大元素≪土・空気・火・水≫の焼印を押し、死体を晒していくと脅迫する。
また、スイスの科学研究所セルンから、驚異的な破壊力を持つ反物質を盗み出し、ヴァチカンを破壊するという。反物質が爆発するのはちょうど深夜12時頃だ―
ヴァチカンは、この事態を回避すべく、宗教象徴学専門のラングドン、そしてセルンのヴィットリア・ヴェトラ博士を呼び寄せた。
二人は、前教皇の侍従カメルレンゴ(ユアン・マクレガー)やスイス衛兵隊隊長リヒター(ステラン・スカルスガルド)、ヴァチカン警察のオリヴェッティ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)等とともにガリレオが遺したコードを追って計画を阻止しようとするが―
 
でね、、、
最初っから飛ばしまくりで駆け足過ぎるのよ〜
登場人物たちは皆超〜早口でセカセカしているし、ラングドンは超〜天才のノリでドンドコ謎を解きまくるし、、、重々しさもヘチマもドキドキ感もありゃーしない。
とにかく余裕がない感じがしたなぁ〜
時間内に描きたい事は山のようにあるんだろうし、タイムリミットありのジェットコースターストーリーだし、大急ぎチックになるのも分かるけどさぁ〜それに、なるべくお話が分かりやすいように纏めた努力は認めるんだけど、、、
いかんせん、これじゃー誰が何を考えて24時間奔走していたのか、、、よく分からないじゃ〜ん
 
という訳で、僭越ながら個人的に残念だった箇所を挙げると、、、
*物語の核となるテーマ、”宗教科学”がおざなりで、イルミナティも単なるお飾り程度にしかなっていない。
*せっかく舞台がヴァチカン、ローマなのに、歴史的建造物を堪能する余裕もないほど場面が慌ただしい。
*反物質がちゃち。それに、何故反物質を生成したかの意味について描かれていないので、“宗教科学”のテーマと結びつき難い。
*殺し屋の描き方も雑。彼には彼なりの信念があったのに、ただのお金目当てのコンコンチキじゃー面白味に欠ける。
*ラングドンは、そもそもイルミナティへの興味から事件に関わった部外者なのに、何の葛藤もなく自信満々の知的ハイレベル探偵みたいになっているのが悲しい。もっと人間的魅力を見せて欲しかったよ〜
それから、トム・ハンクスがラングドンになった時点で、ヒロインとのロマンスは望むべくもないけど、前作も本作もヒロインとのほんのりとしたロマンスがあるのに、、、それがないせいか、どう〜も物語が片道通行で行きっぱなしって感じで、「この先どうなるのかなぁ〜」なんて想像の余地も持たせてくれないのが惜しい。
 
で、、、1番残念だったのは、、、
せっかくカメルレンゴをユアンが演じたのに、彼の生い立ちや心情をほとんど描かなかったのは返す返すも残念。絶対に上手く演じてくれたはずなのに・・・
何故カメルレンゴがああいう行動に出たのかが伝わらなければ、この物語に深みが出るわきゃーない。
彼がただの短絡思考アンポンタンに思えちゃうのは、、、心底残念。
物凄く期待していたところなので、どうしても納得出来ないよ〜んジタバタ・・・でもユアンの演技は良かったわん
カメルレンゴの生い立ちについて描けない事情があるとは思うのよ。でも、そこに宗教と科学が絡んでくるのになぁ〜せめて何とか別の話を作って、とにかくカメルレンゴに魅力を持たせて欲しかったよぉ〜

と、、、原作が好きな故に、思いっきり文句タレちゃった少しスッキリ
今回も映画は映画として割りきれなかったですぅ〜

さて、ダン・ブラウンは、次回作のラングドンシリーズで、ソロモン王をテーマにしたそうだけど、、、早く読みたいです
でも、もう映画化は止めて(とか言いながらきっと観に行くんだろうな・笑) (3点)
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (100)   Trackbacks (164)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【本】朗読者 | TOP | CASSHERN »
最近の画像もっと見る

100 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり… (とら)
2009-05-15 17:50:10
はじめまして、とらと申します。

あー、やっぱり詰め込み過ぎになってましたか。
残念です。
私はつい先日(今週の月曜…)に原作を読んだにわか読者ですが、
原作面白かったから楽しみにしてるんですけどね〜。
特にユアン・マクレガーのキャスティングはグッジョブ!と
思っていて、わくわくしていたんですが…。
感想up早いですねえ(尊敬) (seagreen)
2009-05-15 20:14:55
登場人物を一人一人じっくり描けないので、深みがないのは仕方ないですね。
ハリーポッターだって、かなりの部分カットしてますからね。
駆け足ですが、観客を退屈させない娯楽作としては、これでいいんじゃないかと思いました。
40代のハリソン・フォードが主演だったら、原作のラストのミラクルアクションシーンもあったかも?(爆)
こんばんは (まりっぺ)
2009-05-15 20:51:19
前作に引き続き、原作未読ですが、
前作に比べて、かなり楽しめました。
映画としては、いいエンターテイメント作品になっていたと思います。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-05-15 21:11:29
原作が面白かっただけに、やっぱり二時間ちょいの映画に収めるのは難しかったですよね。
でも、前作よりは楽しめました。
せっかくユアンがキャスティングされたのに、それほど見せ場が無かったのが残念。
こんばんは♪ (SOAR)
2009-05-15 22:44:41
由香さんのオススメもあって原作を読んで臨んだのですが、う〜ん、原作の重厚なスリリングさには及びませんでしたねぇ。
おっしゃるとおりで私も駆け足感が否めませんでした。得に序盤ね。
反物質の何たるかも説明不足だったしなあ。
またハサシンとラングドンとのやりとりがないので、彼が単なる間抜けな殺し屋になっちゃってたのもがっかりです。

で!そうなんです!
カメルレンゴのあの生い立ち、これは絶対入れてほしかった〜!ガッカリ。

まあ原作びいきを抜きにすれば、なかなか面白かったのも事実かな。
脚色の功罪? (えい)
2009-05-15 22:58:59
こんばんは。

原作読まずにこの映画観た人、
なぜカメレルンゴがヘリを操縦できるのか、
疑問を抱くのではないかと、
そう思いながらクライマックスを観ていました。
ヴィットリアの父親のことも思いっきり端折ったのは、
ある意味、仕方ないというか英断だったとも思うのですが、
そのため、テーマである科学VS宗教が
まったく消えてしまいましたね。
Unknown (豆しば)
2009-05-15 23:48:12
 前作を見てまして、だから今作この人が犯人
だろうなぁ〜と思ったらそうでした・・・のが
少し残念でした
 
 科学と宗教、とか、それでいて反物質とか
派手な要素も入れる辺りアメリカ人が好きそう
な話しだなぁ、とも思いました

 原作はそんなに面白いんですか!?
ロン・ハワードの個性とは合わなかったので
すかね
 由香さん的には誰に監督して欲しいですか?
観て来ました (トト)
2009-05-16 01:10:18
原作読んでない者です。
駆け足感は私も感じました。
でも原作読んでないので、それなりに楽しめました。
前作の方が歴史的背景が沢山あった気がするので面白かったです。
原作を読めばまた感想変わると思いますが。
「なぜカメレルンゴがヘリを操縦できるのか」ですが、軍隊に入っていたと言う説明が劇中にありましたよ。
同じですねぇ (KLY)
2009-05-16 03:15:10
私も原作好きなんで、教授があまりにサクサク謎解きするのには違和感覚えました。

科学と宗教の対立がイルミナティとヴァチカンの対立になる歴史の部分、時間軸が何もなかったんで、今現実に起きていることを解決するだけになっちゃったかなぁと思うんですよね。

反物質って無から生み出されて、それが出来ると言われていたのは神だけだったのにって辺りも触らないですもんね。単なる小型核爆弾のような爆発物として扱っちゃうといかにも軽いです。
とらさんへ^−^* (由香)
2009-05-16 13:44:17
はじめまして
コメントありがとうございました!

『私はつい先日(今週の月曜…)に原作を読んだ』
読まれたばかりですか?それで原作はお気に召したんですね?
じゃー尚更映画に不満を持たれるかも・・・
私も先日再読したばかりで、まだ内容が記憶に新しかったので、色々と文句が出てしまいました〜
原作は面白いですし、ユアンのカメルレンゴもピッタリだと思ったのですが、、、ちょっと期待ハズレな出来だったように思いますぅ〜
もし鑑賞されたら感想を教えて下さいね!
時間の制約 (KGR)
2009-05-16 14:10:41
映画ではどうしても上映時間の制約があるから、
端折り感はぬぐえないんでしょう。

謎解きのサクサク感は、前作でもありましたし、
ナショナル・トレジャーでは、主人公の
ニコラス・ケイジ自身のセリフで
「ちょっと都合よすぎるけど」みたいなのが
ありました。こういう映画の宿命ですね。
こんにちは〜! (JoJo)
2009-05-16 14:30:38
由香さ〜ん、わたしも早々と観てきましたよ〜!率直に言って、わたしは大いに楽しめました。それというのもね、手元にある原作、読まないまま行ったんです。たぶん、それが正解だったと(笑)

読んでから観たら、おそらく由香さんのおっしゃる点がいちいち気になったと思います。これだから、原作に思いいれのある映画の鑑賞って、難しいんですよね・・・。

ところで、「斜め屋敷の犯罪」読みました。面白かった〜(笑)楽しい作品のご紹介どうもありがとうございます。感想をアップしたら、またお邪魔いたしますね〜!
面白い原作は・・ (たいむ)
2009-05-16 15:25:22
由香さん、こんにちは。
原作をまったく読んでいない私でも、これは「2時間ドラマと変わらないよねー」と思う感じでしたし、面白い作品の映画化の難しさを思うところですね。

それでも、タイムリミット設定がテンポを良くしていたし、ヘリには「おお」と思ったし、そこそこ楽しめました(^^)
オビ=ワン好きとしては、ユアンの出番がもっと欲しかったけど(笑)

見てきました (とら)
2009-05-16 15:51:27
どうも、昨日コメントしましたとらです。
早速映画見てきました。

あー確かに詰め込んでましたねー。
でも娯楽として割り切って、力業でうまくまとめると思いました。
人物の奥行きやテーマの描き方は、小説には及ばない部分がありますよね。

私としては、どちらも面白かったです♪
分かります (にゃむばなな)
2009-05-16 17:01:01
そうなんですよね。セリフでヘリ部隊にいたと言った直後にそのヘリに乗って云々ですからね。
なんか取って付けたような感じが否めないんですよね。
ん〜 (miyu)
2009-05-16 17:05:30
やっぱり原作が面白かったからね〜。
で、蘊蓄以上に本作は人間が描かれているだけに
それらをカットしちゃうとかなり薄っぺらく
感じてしまうよね〜。うんうん。
ユアンは良かったけど、あまりにもばればれな
キャスティングだったよね〜(;・∀・)
早い (AKIRA)
2009-05-16 18:42:50
展開は面白くても,
駆け足すぎて余韻は無かったですね・・・。

世界観の表現は良かったのに,
ドラマが弱くて勿体ない!!

原作のダイジェストといった感じでした。。
あらすじ映画 (ともや)
2009-05-16 20:12:49
こんばんは、由香さん♪
「ダ・ヴィンチ」よりはマシだったけど、原作の面白さを半分も表現できてないですよね。
あらすじを映像でさらっと紹介してみました…って感じで。

次回作はソロモン王ですか。
これまた楽しみですね。

>もう映画化は止めて(とか言いながらきっと観に行くんだろうな・笑)
行っちゃうでしょうね〜(笑)
やはり〜 (ぷちてん)
2009-05-16 20:15:41
原作は文庫にして上・中・下ですもんねえ。
これを映画にまとめるには、突っ走るしかないですよね。
主人は原作は面白かったけど、映画は別物と思ってみると宣言していたせいか、そんなに文句は言いませんでしたよ(ま、どんな映画でも文句言わないんだけど(笑))

ユアンはいつもドンデン役なんでやっぱり〜って思っちゃいました。
でも、傭兵隊長もコンクラーベを取り仕切っていた枢機卿もあやしかった(笑)

ということで、前作よりは楽しめた映画でしたが・・それほど記憶には残らないかもデス。
楽しめた〜。 (マリー)
2009-05-16 21:11:23
そっかぁ〜由香さんには、ちと残念でしたか〜。
私は原作を忘れてしまってるおかげで(?)楽しめました〜〜〜。

かなり原作、はしょってあったですよね〜(忘れていてもそれは分かった。)
ヴィットリア父も出なかったし、ロマンスもなかったし〜カメルレンゴの出身(生い立ち?)、も変えてあったよね。。。

まぁ〜原作読まず、映画として観れば、一般人にはウケそうな気も。。。
ただ、前回の“シラス”のような際立ったキャラがいないのはちょっとサミシイ(今回の暗殺者ではかなわないものね)
seagreenさんへ^−^* (由香)
2009-05-16 21:31:49
こんばんは〜♪
早速お越し頂きありがとうございます〜
感想のup早かったかしら?(笑)
鑑賞後直ちに言いたい事をガガガーーーと書いたので、愚痴っぽくなってしまいましたが(笑)

娯楽作としてはこれでいいのでしょうか・・・
私はそれでも慌ただし過ぎるなぁ〜と思いました。観ている方が何が起こっているのかよく分からないのではないかなぁ〜
ラストのミラクルアクションはカットされていましたね〜結構楽しみにしていたんだけど、、、トム・ハンクスじゃー無理かな?それとも時間的都合かな〜
まりっぺさんへ^−^* (由香)
2009-05-16 21:35:38
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

前作よりは良かったですよね〜
私は前作を劇場鑑賞した際、失望で暫く席を立てなかったんですよ〜
今回はサクサク帰れましたからホッとしました(笑)
ミチさんへ^−^* (由香)
2009-05-16 21:40:27
こんばんは〜♪
TBでお手数をお掛けしました〜スミマセン!

今ダ・ヴィンチ〜をTV放送していますが観ていません(笑)ダメだったんですよ〜アレは。原作が好きなだけにガッカリだったんです。
今回はまだ良かったですが、、、やはり物足りなさはありました〜
特にユアンにはもっと見せ場が欲しかったですね〜
SOARさんへ^−^* (由香)
2009-05-16 21:46:19
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

原作の感想の時にSOARさんとやり取りしましたね〜で、、、その後読まれたのですか?嬉しいですぅ〜

で、、、やはり原作の面白さには遠く及びませんでしたねぇ〜
色々と不満点はありますが、カメルレンゴのエピソードをバッサリ省いたのは、、、ホント悲しかったです
原作贔屓なので、映画を観方が厳しくなったかもですが、、、それにしても慌ただしかった!!もっと落着きが欲しかったですね〜
ラムさんへ^−^* (由香)
2009-05-16 21:53:13
こんばんは〜♪
コメントどうもありがとうございました!

カメルレンゴがヘリを操縦出来たのは、ヴィットリアとの会話で空軍にいたと話していたのでそれでOKにしたんだろうと思いましたが、、、それにしてもスピード感あり過ぎで何が何だか分からないところがありましたねぇ〜

セルンのマクシミリアン・コーラやヴィットリアの父のエピソード、カメルレンゴの生い立ちなど省いたのは、物語のテーマをぼやけさせましたねぇ〜返す返すも深みのない作品になって残念です
豆しばさんへ^−^* (由香)
2009-05-16 22:01:03
こんばんは〜♪
コメントありがとうございます!

ダン・ブラウンの原作はかなり面白いですよ〜
本を読んであんなに手に汗握ってドキドキ&ハラハラするなんて、、、滅多にないです。
物語の構成もいいし、知的好奇心を刺激してくれるし、、、ホント面白いです♪

映画は、前作よりも良かったとは思いますが、、、やっぱりイマイチでした。
監督さんの力量というよりも、やはり情報量が多過ぎる物語の映画化は難しいんだと思います。

黒幕はキャストを見て想像が出来ちゃうかもですね〜
そういうところも映画って難しいですね。
トトさんへ^−^* (由香)
2009-05-16 22:06:40
はじめまして〜
お越し頂きありがというございました!

『前作の方が歴史的背景が沢山あった気がするので面白かったです』
そうでしたか〜今TV放送していますね♪私は観ていませんが、、、

ちょっと駆け足でも、原作をご存じのない方は娯楽作品として楽しめるのでしょうか。
もしかして原作を知っている方がスピード感に面食らったのかもしれません。
「おいおい、そんなに焦ったら意味が通じないでしょーーー」って感じで(笑)
KLYさんへ^−^* (由香)
2009-05-16 22:17:42
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

KLYさんも原作がお好きなんですね〜
ううう・・・残念でしたよね〜色々と
『教授があまりにサクサク謎解きする』
『今現実に起きていることを解決するだけになっちゃった』
『反物質〜単なる小型核爆弾のような爆発物として扱っちゃう』
ううう・・・悲しかったですぅ〜
ユアンのカメルレンゴに期待していたので、その辺にもガッカリ・・・
これは原作を好きだとガックリ感が強くなりますよね〜
セットの彫刻 (seagreen)
2009-05-16 22:44:49
ブログ(鑑賞リストのページの一番下から)に試写会の日に撮った、展示中の彫刻の写真を載せてますので、時間があったら寄ってくださいませ。
TBありがとうございました。 (sakurai)
2009-05-16 23:01:36
原作が大好きで、思い入れがあると、ついそうなっちゃう気持ち、よくわかります。
あたしの場合は、手塚作品を映画化したときかな。
カメルレンゴの生い立ちの詳しさはなかったですが、映画で語ったのでも、結構伝わったような気がします。
あとは複雑な人間性は、ユアンの演技力ですかね。
点で描いた「ダヴィンチ・」の反省を踏まえて、つながりをちゃんと見せた今回の作りは、映画として面白かったと思いました。
あとは、やっぱ音楽でしたね。
この映画の一番良かった所は、音楽だったと思いますわ。
こんばんは♪ (yukarin)
2009-05-16 23:39:48
由香さんの思い入れに反して、私は結構楽しめたほうなのでTBさせていただくのは申し訳ないのですが、、、
謎解きも早くどんどん進んでいっちゃうので、確かに薄っぺらく感じますね。
まぁテンポが良かったし、ユアンには騙されましたしで楽しめたほうなのです、、、
原作vs映画 (Anderton)
2009-05-17 02:26:44
こんばんは。ゆっくり「ダ・ヴィンチ・コード」でもテレビで楽しもうと思ってたら、家族は「クイズショウ」を観るとかで、急遽、「天使と悪魔」を観て来ました。
出来すぎ感はありましたが、ノンストップの展開は映画として満足でした(最近、韓国映画「チェイサー」を観た時も、映画には惹きつける何かが必要だと思いました)。「反物質」研究所の様子や、ヴァチカンのアーカイヴの描き方など、好きです。
原作と映画の両立は難しいですね。
監督のロン・ハワードは、昔、「ハッピー・ディズ」というTV番組に出演してた時から観ています。俳優として個性は出せませんでしたが、「スプラッシュ」「コクーン」など初期作品から、監督としては注目をして来ました。
イタリアに行きたくなりました。
こんにちは。 (ミスト  (MOVIEレビュー))
2009-05-17 12:28:58
>彼がただの短絡思考アンポンタンに思えちゃうのは、、、心底残念。

★いつもながらの深い考察に関心しました!(^.^)
 そう言われれば、アンポンタンに見えてしまってますね!(苦笑)
 やっぱり原作を読んでいたら薄っぺらに感じるんでしょうね!?
 私は「ダ・ヴィンチ・コード」の時は原作を読んでいたのですが、
 この本は読まずに映画を観たので、深く知らない分、
 単純に映画の部分だけで、普通レベルですが面白く観れました。
こんにちは! (くろねこ)
2009-05-17 15:29:02
最後のどんでん返しで実は私の頭は大混乱でした(笑)
カメルレンゴの行動・警察との繋がり。
枢機卿の思い・・と。
やっぱわからなかったですよね〜。
ここはほんともう少し掘り下げていただきたかったですわ〜。
歴史ミステリーは大いに楽しめましたけどね♪
Unknown (Ageha)
2009-05-17 16:08:43
う〜ん・・・・。

今年こそは映画見る前に原作をちゃんと読もうって決意して
読んだ作品がみなコケるとホント凹む〜〜。

読むには読んだけどだいぶ前だから
適度に忘れてる〜って人が一番
オイシイ位置にいるかもしんない。(爆)
そこそこ理解してて、でも
腹がたつほどのツッコミもしてないようで。(笑)

1本の映画に収めるには情報量が多すぎで
でもそれ語りだすとかったるくなり、
省きすぎたらペラペラになる。
単純にヴァチカン弾丸ツアーとしてみるなら
うわ〜行ってみたいな〜とは思いましたけど。
・・・私もコレ辛口になりそうです。(泣)
KGRさんへ^−^* (由香)
2009-05-17 18:02:03
こんにちは〜♪
コメントありがとうございました。

この物語を2時間位の尺に収めるのは難しいんでしょうねぇ〜
だけどなぁ〜もうちょっと何とかならなかったものかと。
でも前作よりは良かったと思いますぅ〜
前作の方がもっと何が何だか分からなくってガックリでしたもの〜
時間がないとはいえ、ラングドンは謎を簡単に解き過ぎでしたね(笑)そのせいか緊迫感も薄れたなぁ〜
JoJoさんへ^−^* (由香)
2009-05-17 18:08:55
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

JoJoさんは楽しめましたか〜
原作を未読で鑑賞されたんですね♪
これから手元にある原作を読まれますか?
面白いですよ〜きっと満足されると思います!!

私は原作に思い入れがあるせいか映画に乗り切れませんでしたが、それでも前作よりは良かったと思いました。スピード感ある娯楽作って感じでしたね。

斜め屋敷を読まれたんですか?うわ〜嬉しいなぁ〜
感想を楽しみにしています
たいむさんへ^−^* (由香)
2009-05-17 18:13:02
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

たいむさんのところでもコメントしましたが、、、私の勘違いでなければ、たいむさんはきっと原作をお好みだと思いますぅ〜
蘊蓄の多さからいったら京極さんより上だし(笑)、面白いと思うんだけどなぁ〜
機会があれば是非!!(しつこい?・笑)

で、、、原作だとカメルレンゴはもっと出番があります!!イアンをイメージして読むと、、、ピッタリでビックリすると思うなぁ〜
とらさんへ^−^* (由香)
2009-05-17 18:16:44
こんにちは〜♪
再訪ありがとうございました!

鑑賞されたんですね〜
『娯楽として割り切って、力業でうまくまとめると思いました』
おお〜!そこそこの出来だとお思いになりました?
そうですか〜
私はガガガーーーと文句ばかり並べてしまいました。
期待していた登場人物たちの心情がバッサリなかったものでガッカリで・・・小説の方が断然好きですぅ〜
にゃむばななさんへ^−^* (由香)
2009-05-17 21:57:56
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

情報量の多い話を早口のセリフでカバーするのはイマイチしっくりきませんよねぇ〜
部隊にいたことを聞き逃し、「何故ヘリ?」って思われた方もいらっしゃるでしょうね。
miyuさんへ^−^* (由香)
2009-05-17 23:36:09
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

『蘊蓄以上に本作は人間が描かれているだけに
それらをカットしちゃうとかなり薄っぺらく
感じてしまうよね〜』
そうなんですよね〜
本作の大事なところをカットしちゃって、ただ慌ただしい事件物になっていたのは残念ですぅ〜
ユアンのカメルレンゴはピッタリでしたが、ちょっとバレバレだったかもですね〜(笑)
AKIRAさんへ^−^* (由香)
2009-05-18 00:05:53
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

『原作のダイジェストといった感じでした』
そうそう!そんな感じでしたよね〜
しかもテーマ性を希薄にして、人間を描かずに、起きることだけ追いました・・・みたいな(涙)

前作よりも面白さはあったのでしょうが、、、何の余韻もない映画になっちゃったのは原作ファンとして悲しいですぅ〜
ともやさんへ^−^* (由香)
2009-05-18 13:31:25
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

ダン・ブラウンの新作楽しみですね〜
もしかしてワンパターンになりつつあるかもですが(笑)、それでも読みたい!!上手い作家さんだもの。

今回の映画はダ・ヴィンチよりは良かったけど、仰るようにあらすじ映画でしたよねぇ・・・
原作で大事だと思ったエピソードがバッサリ削られて悲しかったですぅ〜
ぷちてんさんへ^−^* (由香)
2009-05-18 13:41:59
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

前作でガックリきたこともありますし、私もご主人のように映画と原作は別物として鑑賞したつもりだったのですが、、、やっぱり文句が出ちゃいました。
ちょっと慌ただしくて、何も考える隙も与えてくれなかったので、何が起こってもドキドキもしなかったですぅ〜

原作はホントに面白いんですよ。是非読まれてみて下さいね〜♪
マリーさんへ^−^* (由香)
2009-05-18 13:47:02
マリーさ〜ん♪コメントありがとう!
マリーさんは楽しまれたみたいですね

『前回の“シラス”』!!
うっわ〜懐かしい・・・
私はね、映画でのシラスの描き方がスッゴク嫌だったの〜
あれじゃーただの変態じゃん、みたいな感じで(涙)
今回は、色々エピソードを端折ったせいか、分かりやすくはなっていたけど、その分面白さは出ていなかったような気が(汗)
ただバタバタ煽られて終わっちゃいました〜ってところなかった?
もうちょっとカメルレンゴに見せ場も欲しかったわ〜
seagreenさんへ^−^* (由香)
2009-05-18 14:45:30
こんにちは〜♪
再訪ありがとうございます!

おお〜!!試写会の写真をブログで紹介されていますか。これから遊びに行きますね〜
sakuraiさんへ^−^* (由香)
2009-05-18 15:01:19
こんにちは〜♪
コメントどうもありがとうございました!

『点で描いた「ダヴィンチ・」の反省を踏まえて、つながりをちゃんと見せた今回の作りは、映画として面白かった』
おお〜!そうですか〜
私は大人げないくらい文句タラタラだったかしら?(汗)
基本的に原作と映画は別と考えるようにしているのですが、今作も前作も、面白さがなければ映画化する意味がないと思っちゃったなぁ〜
そういえば、チーム・バチスタでもそうやって怒り狂いました。
あちらも原作のただのダイジェストみたいだったので。
こんばんは♪ (りら)
2009-05-18 21:16:55
ありゃりゃ、由香さんは期待はずれだったみたいね〜。確かにテンポは早かったし、サクサク進んでたものね(苦笑) 多分、原作の面白さを表現するには内容が濃すぎて、これが精いっぱいだったんじゃないかと それにしてもユアン・マクレガーの神父服姿は素敵だったわ〜
由香さん (mig)
2009-05-18 22:02:35
こんばんは★
TBコメありがとうです〜
由香さんは原作読まれてるんですね。
わたしは読んでないけど、あんまりのめり込めないストーリーでした
それでも前作よりはだいぶ良かったです

まだ次があるんですねー、
うーん、わたしはもういいや(笑)
yukarinさんへ^−^* (由香)
2009-05-19 08:26:37
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました〜

yukarinさんは楽しめましたか〜
私は原作が大好きなので、思い入れが強過ぎたのか(汗)、、、辛口感想になっちゃいました。
原作と映画は別―って思うんだけどなぁ〜
どう〜も文句が出ちゃう。ヤバイヤバイ(笑)

ユアンの司祭服、、、似合っていましたね♪
Andertonさんへ^−^* (由香)
2009-05-19 08:40:45
こんにちは〜♪
いつもコメントありがとうございます
Andertonさんは楽しまれたようですね〜
私は、映画としては普通だと思い点数も3点にしましたが、、、いかんせん原作が大好きだったもので、色々と文句ばかりが出てしまいました。
常々原作と映画は別物とは思っていますが、この作品に関しては、スピード感(というか慌ただしさ・汗)だけが目について、何か特別なものが他に無かったことにガックリきたんです。
原作にあったテーマ性を希薄にして、あらすじを追うだけなら映画化にする意味はあるのかなぁ〜なんて思ったりして(汗)

監督さんの手腕のせいとも思いませんが、やはり情報量の多い、中身の濃〜〜〜い物語の映画化は難しいと思いました。
ミストさんへ^−^* (由香)
2009-05-19 08:46:43
こんにちは〜♪
コメントどうもありがとうございました!

恥ずかしいですぅ〜ちっとも深い考察なんかしていません(汗)激しく文句言っただけで

何しろダン・ブラウンの作品が大好きで、ダ・ヴィンチの時も今回も映画を観る少し前に再読して鑑賞したものですから、それが仇になったようで・・・
でも、今回の映画の方が前作よりは良かったと思いました。
前作の時は失望が大きくて参っちゃった(笑)

ミストさんも機会があったら天使と悪魔を読んでみて下さい〜面白いですよ
こんにちは〜 (hito)
2009-05-19 11:28:13
原作ファンの由香さんには不満点多かったみたいですね(笑)
私は楽しめました〜♪
前作よりも断然解りやすくスピーディーな展開で最後まで釘付け!

真犯人はすぐ解っちゃいましたが、結局どうしてこんなことを??というのは伝わらなかったですね〜
面白かったのですが、後にはあまり残らないタイプの作品かも・・?(汗)
こんにちわー (かいこ)
2009-05-19 15:50:26
由香さんこんにちわー
やっぱり原作読まれてる方には残念な結果になったようで・・^^;

私は未読だったおかげで?!歴史建造物オリエンテーリングを単純に楽しめました〜
ただ未読の私でさえ、カメルレンゴはいろいろあったはず〜と思ったし、もっとユアンが観たかったデス〜
由香さんの感想読んでて俄然原作読みたくなりましたー!
カメルレンゴの葛藤をもっとー!!ぷぷぷ
くろねこさんへ^−^* (由香)
2009-05-19 17:21:47
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

『カメルレンゴの行動・警察との繋がり。
枢機卿の思い』
ううう・・・やっぱりよく分かりませんでした?(泣)
バタバタ話が進んでいくので、上っ面だけでドラマ性が薄かったですよねぇ・・・
今回は前作よりも概ね好評なようですが、、、もう少し工夫して掘り下げると、、、もっと良かったんだけどなぁ〜
Agehaさんへ^−^* (由香)
2009-05-19 17:27:49
こんにちは〜♪
コメントありがとうございました!
記事にお邪魔させて頂きましたが、やっぱり辛口になりましたねぇ〜(笑)

私も原作を読んだけど少し忘れている方の方が楽しめるかも・・・と思いました。
私はわりと最近再読しちゃったので、、、文句ばかり出ましたわ〜
再読の際、イアンがカメルレンゴにピッタリ!!って興奮して、彼のパーツをイメージを重ねて読んだので、、、ラストのあのエピあたりを演じるユアンに期待したんですぅ〜
あ〜あ残念だなぁ〜
自分の出生の秘密を聞く時のユアンの顔が見たかった、、、まぁ〜あれをそのまま映画に出来るとは思いませんでしたが(笑)
りらさんへ^−^* (由香)
2009-05-19 18:59:44
こんにちは〜りらさん♪
コメントどうもありがとう!

りらさんはまずまずでしたか?
私はイマイチでした〜原作に思い入れが大き過ぎたみたい。
内容が濃い物語を映画にすると、、、ああなっちゃうのかなぁ〜薄っぺらくてガックリです。

ユアンは雰囲気出ていましたね♪
migさんへ^−^* (由香)
2009-05-19 19:05:26
こんばんは〜♪
migさんもイマイチでしたか?
私は原作に思い入れが大きかったようで、不満が残ってしまいました〜
でも前作よりは良くなっていましたよね?

次回作はどうなるのかなぁ〜まず原作を読んでみたいな♪
こんばんは。 (Hitomi)
2009-05-19 19:11:52
由香さん、こんばんは。

私は、ちょうど原作読み終わったって段階で見に行ってしまって・・・

前作よりは面白く出来上がってと思うけど、私もなにより不満だったのはやっぱりカメルレンゴが何故自分の師である全教皇あやめてしまったのか?そして最後の彼が炎に包まれるまでの経緯がどうだったのか?
そこが描かれて無かった事です。あれがこの小説で描かれてる大事なことだったのに・・・
やっぱり愚痴でますね・・ (くまんちゅう)
2009-05-19 23:21:53
原作ファンには物足りない作り方でした
駆け足、説明不足は想定内でしたけど
ラストの一番盛り上がりそうな場面を
変えちゃったのは勿体無さすぎです〜
原作の続きは楽しみですけど、映画はもう期待しないことにします
Unknown (Nakaji)
2009-05-20 00:32:52
こんにちは
由香さんもイマイチでしたか‥
私も内容的にはって感じでしたねせっかく原作が最高に面白いのにって思いますよね
でも芸術はすごかったですね
映画感想 (toro)
2009-05-20 02:28:46
TB御免也。
まったく同感です。
原作のカレルメンゴの言動に揺さぶられる、
あの感じがまったくなくて残念でした。
この話題だけで1杯ひっかけたいくらいです
あと 30分… (ナチョ)
2009-05-20 02:39:23
原作は未読です。ラングドン教授のウンチクマシンガントークを予測して、吹替版をチョイスしました……。
何かを匂わせてブツ切りに終わった前作よりは、十分面白かったです。時間軸設定があるんで分かり安い半面、ポンポン解明でハショり過ぎた感があり、もっとじっくり展開すれば深みが増して、30分延ばしてでもカメル君の心理描写をしたらラストの納得感も違ったのかな?
個人的に1番の突っ込み所は、「あと3分で午後8時だ、」と言った時の街中映像……どう見ても真昼間じゃねぇか。
hitoさんへ^−^* (由香)
2009-05-20 08:53:15
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

原作をご存じない方からは概ね好評のようですね〜
確かに前作よりはよく出来ていたと思います。
でもなぁ〜起きている事件を追いながらパッパと謎を解くだけの展開だったので、深みも何もなくて残念。
これはテーマと人間ドラマも面白いお話だったんですよ〜はぁぁぁ〜
かいこさんへ^−^* (由香)
2009-05-20 08:56:14
こんにちは〜♪
TB&コメントどうもありがとう!!

かいこさんは楽しまれたようですね〜
でもねぇ〜・・・原作はもっともっと面白いですから!
かいこさんもお好きだと思うんだけどなぁ〜是非読まれてみて下さいぃ〜
カメルレンゴをユアンを重ねながら読むときっと楽しめると思います!
こんにちは! (こでまり)
2009-05-20 17:35:21
今回も、原作を既読・未読で意見が分かれてしまうようですね。
私は期待せずに行ったので、それほどガッカリせずに済みましたが・・・
(それでも落胆はしてます・・・)
ユアンの言う、あーんなセリフやこーんなセリフ、
聞きたい、見たいシーンが沢山あったのに残念〜〜(泣)
こんばんは (えめきん)
2009-05-20 21:57:09
スピーディーなストーリー展開に引き込まれましたが、エンターテイメント性にこだわりすぎて細部が雑になったという印象でしたね。宗教と科学の対立というテーマは良かったんですが、その点にもっと深みを与えてくれれば良かったと思います。謎解きも中途半端な感じでした。

結構楽しめたのに、なんだか文句が出ちゃう内容でした。原作ではもっと細かい描写がされてるんでしょうね。
こんにちは (みゆみゆ)
2009-05-21 00:06:47
私も見てきました。
原作はだいぶ前に読んで、最近になって再読していたのですがそれも途中までにして鑑賞しました。
なので中途半端に覚えているところとか忘れていたところがあったのがかえってよかったのか見ている間は結構楽しめました。

けど、やっぱりカメルレンゴはもっと描いてほしかったですね。
Hitomiさんへ^−^* (由香)
2009-05-21 12:39:23
こんにちは〜♪
Hitomiさんは原作を読んだ直後に鑑賞されたんですか〜それはイタイですね(汗)

やっぱりカメルレンゴの心情などをバッサリとカットしたのは残念でしたよねぇ・・・
ユアンが演じると知った時から、あの場面をユアンがどう演じるのか、、、とワクワクしていたので物足りなさを感じました。
くまんちゅうさんへ^−^* (由香)
2009-05-21 12:54:49
こんにちは〜♪
くまんちゅうさんもガックリされたようで・・・
前作よりもまだ良かったですが、やっぱりこういう物語の映画化って難しいのかなぁ〜と思いましたよ。
特にラストですよねぇ〜もっとカメルレンゴの心情を見たかったですぅ〜
Nakajiさんへ^−^* (由香)
2009-05-21 13:09:14
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございます!

Nakajiさんも原作がお好きですか?
そうすると、、、どうしても文句が出ちゃいますよねぇ・・・
スピード感があって観やすくはなっていましたが、、、もう少し登場人物たちの思いを感じ取りたかったですね。
toroさんへ^−^* (由香)
2009-05-21 13:21:52
はじめまして
TB&コメントありがとうございました。
今後とも宜しくお願いします。

toroさんも原作がお好きですか〜
映画は原作の面白さを出せていなくて残念でしたねぇ〜
なかなかスピード感はありましたし、前作よりは良かったですが、やっぱり物足りなさは否めませんよねぇ・・・
特にカメルレンゴのラストにはガックリでした〜
ナチョさんへ^−^* (由香)
2009-05-21 13:29:08
こんにちは〜♪
コメントありがとうございました。
吹き替えで鑑賞されましたか〜
声優さんは如何だったかしら?

ラングドン教授はポンポン謎を解き過ぎでしたねぇ・・・尺を考えてのことなのか、タイムリミットありのせいか、俳優さんも全体的に慌ただしい感じがしました。

映画と原作は別物とは考えるようにしていますが、これは登場人物の想いとかも物語に大きく関わってくるので、そこら辺をカットしたのは本当に残念でした。
もう少し脚本を練り込んで、余韻の残る映画にして欲しかったです。
こでまりさんへ^−^* (由香)
2009-05-21 17:28:21
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

原作を読んじゃうと色々文句が出ちゃいますよねぇ・・・

『ユアンの言う、あーんなセリフやこーんなセリフ、聞きたい、見たいシーンが沢山あったのに残念〜〜』
そうそう!そうなんですよね〜
出生の秘密を知った時のユアンの驚愕の顔が見たかったですぅ〜
えめきんさんへ^−^* (由香)
2009-05-21 17:50:45
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

前作よりは良かったですが、テーマに深みが出ていませんでしたし、謎解きもねぇ〜サクサク過ぎて逆に中途半端でしたよねぇ〜

原作は超〜〜〜面白いんですよ〜
反物質の生成理由もちゃんとあるし、カメルレンゴの動機や生い立ちなど、、、とにかく面白いの。だから原作ファンには文句が出ちゃうんですよね〜
みゆみゆさんへ^−^* (由香)
2009-05-21 17:59:32
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

これは原作を読んだけどちょっと忘れ気味・・・って方や原作を未読の方は概ね楽しまれたようですね〜
私はわりと最近再読しましたし、ユアン=カメルレンゴに期待したので、肩透かしでした〜
あ〜あ、、、カメルレンゴをもうちょっと描いて欲しかったなぁ〜
こんばんは (なな)
2009-05-21 21:39:24
>トム・ハンクスがラングドンになった時点で、ヒロインとのロマンスは望むべくもないけど・・・
ここ,ウケましたー
ハンクスは色気なしってことかなぁ?
たしかに原作のラングドンはもっと若い感じがしますもんね。

原作をけっこう端折ったりカットしたりしてるのに,あのスピード!
いかに原作が中身の詰まった作品であったかよくわかりますね。
ほお,次回作はラングドン・シリーズはソロモン王関係なんですね。
旧約聖書の世界に突入するわけだ。
とすれば,あの時代に紛失したと言われる「聖櫃」をめぐる謎解きかなんかでしょうか。
それとも彼とシバの女王の子孫でもいるとか・・・?
楽しみですねー。
こんばんは〜♪ (ひろちゃん)
2009-05-23 02:10:23
>前作よりはマシだと思ったけれど、、、

あはは〜〜イキナリのマシの文字に思わず
笑いが〜〜(笑)
由香さん、ほんと、ガッカリされたんですね(^_^;)

私は、今回はじっと我慢の子で原作未読で
鑑賞に臨みました(笑)
それが良かったのか、あれよあれよと言う展開に、ラングドン名探偵だ〜〜とは思いましたが
深いことは考えずに、エンタメ作品として
それなりには楽しめました^^

由香さんが個人的に残念だったと書かれている箇所は、これから原作を読んで自分なりに
フォローしたいと思います(^_-)-☆
ななさんへ^−^* (由香)
2009-05-23 15:17:14
こんにちは〜♪
どこかでチラリと読んだのですが、、、ダン・ブラウンの新作は楽しみですよね〜
もしかしてワンパターンの恐れはありますが(汗)、それでも面白い読み物を書いて下さる方なので自ずと期待は高まります。

ラングドン=トム・ハンクスが決定した前作で1番気になったのはラブシーンがあるかどうかということ(笑)
正直なくてホッとしました〜(笑)だって不自然だもの、、、
でもなぁ〜ラングドンの魅力が出きれないのは、やっぱり配役のせいかもなぁ〜なんて思います。
今回はスピード感ある作品に仕上がっていましたが、、、個人的には物足りなかったですぅ〜
もっとユアンの見せ場があると良かったなぁ〜
ひろちゃんへ^−^* (由香)
2009-05-23 15:20:26
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

ひろちゃんは原作未読で鑑賞されましたか〜
今回は原作未読の方には概ね好評のようですね。
でも、、、これから原作を読めば、、、ひろちゃんもきっと映画の内容の薄さに気付かれると思うなぁ〜
とにかく面白いんですよ〜本は。
ダン・ブラウンの作品の中で1番だと思う。
カメルレンゴにユアンを当てはめて是非堪能してね〜♪
由香さん、こんばんわ♪ (エミ)
2009-05-23 23:08:16
そしてお久しぶりです♪
久々に来てみたら由香さんとほとんど同じ感想で思わず笑っちゃいました。
おそらく、原作既読者が感じたことは同じなんでしょうね。

返す返すもカルロの生い立ちを削除してしまったことが悔やまれます。
おかげでなんだかカルロがただの狂信者みたいな扱いになって(涙)

第3弾でソロモン王がメインなんですか?
「アメリカの国璽について」って聞いてたからてっきり「フリーメイソン」ネタかと思ってました。
でも、由香さんと同じように小説を買って読み、映画化されたら懲りずに観に行くと思います(汗)
由香さん、こんちは! (アイマック)
2009-05-24 22:26:33
ご無沙汰してました、、、
ブログを長いことお休みしてましたが、また再開しましたんで(なんとか・笑)
どうぞよろしく!

原作読んでなくてもわかりやすかったし、スピーディで飽きませんでした。
原作読まれた方だと、やっぱ不満が出ちゃうかな。
ユアンの生い立ちとか、もっと知りたかったね。
でも神父姿、よかったわー。
映画を楽しんだ私は異端者^^;
エミさんへ^−^* (由香)
2009-05-25 09:41:23
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!
ご無沙汰でしたね〜お元気ですか?

ダン・ブラウンの次回作ですが、どこかのインタビューで“ソロモン王”に関する物語―と読んだのですが、、、どうなんでしょう?いずれにしろ楽しみです!

映画についてエミさんも不満を持たれたようですね〜
とにかくカメルレンゴについて、もう一押し描いて欲しかったですよね〜
ラストのアソコがメインなのに!!やっぱり削除か〜と思ってガックリでした。
内容が濃いお話の映画化って難しいんですねぇ・・・
アイマックさんへ^−^* (由香)
2009-05-25 09:45:00
こんにちは〜♪アイマックさん
ブログを再開されたんですね〜お待ちしておりました!

アイマックさんは楽しまれたようですね〜
これはね・・・原作が超〜面白いのよ。
だから原作既読者には不満が出ちゃうの(笑)
でも、前作よりは良かったと思うし、スピード感はありましたね
Unknown (FREE TIME)
2009-05-25 23:46:10
こんばんは。
TBありがとうございます。
展開の早さと、謎解きがあっさりしている所は感じてしまいましたが、久しぶりに見終わった後に疲労感を味わった映画でした。
宗教の知識も必要だったのかもしれませんw
おはようございます^^ (みすず)
2009-05-26 06:47:36
観てきました!

原作読まれた由香さんはイマイチだったんですねー^^;
わたしは原作読んでないので、逆にあのスピーディ感が良かったです^^
笑えるシーンもあったし^^

ただ、犯人の動機が浅いとは思いました。
大尊敬してるのに、何故?って感じ^^;
そこは原作を読んだ方が良さそうですね^^
やはり… (オリーブリー)
2009-05-27 13:29:52
原作読んでる方は辛口になっちゃいますね。
私は未読で観に行ったので、結構楽しんできましたよ♪
ベストセラーの映画化は難しいですよね〜犯人も一目瞭然だし(苦笑)
割り切って観た方が面白く感じるんでしょうね♪
FREE TIMEさんへ^−^* (由香)
2009-05-27 23:04:31
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

慌ただしかったですからね〜鑑賞後どっとお疲れになられた方もおいでかも・・・
その割には中身が薄くて・・・原作ファンとしては残念ですぅ〜

もう少し大事なところを描いて印象に残る映画にして欲しかったなぁ〜
みすずさんへ^−^* (由香)
2009-05-27 23:07:14
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

原作を未読の方には好評なようですね〜
スピード感がありましたものね。
訳が分からなかった前作(汗)よりは良かったですね♪

『犯人の動機が浅いとは思いました』
ううう・・・それが悲しいんですぅ〜
本当は色々あるんですよ〜
せめてもう少しカメルレンゴに見せ場が欲しかったです(泣)
オリーブリーさんへ^−^* (由香)
2009-05-27 23:10:06
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

前作のダ・ヴィンチ〜を観た時に、原作の良さが全く出ていなくてガックリだったので、今回も期待はしていなかったんです(笑)
でもなぁ〜カメルレンゴ=ユアンがハマリ役なので、もうちょっと面白くなると思ったのですが、、、
スピード感だけで押し切った感じで、またまたガックリ(笑)
原作は面白いですよ〜機会があれば是非♪
原作は読まないでみたほうが (GAKU)
2009-05-31 08:14:33
由香さん、こんにちは。
前作は原作を読んでから観たのですが、今回は読まずに観ました。

前回は「駆け足だなぁ」という思いが強かったですが、今回も多少はありつつも、前回ほど気にはならなかったです。

たぶんそれは原作を知っていると、「もっとこんなくだりがあるのに」というところが多いから映画が駆け足に見えてしまうのかも。。。ドンデン返しも含めて、映画→原作の順のほうが楽しめるのかもしれませんね。
GAKUさんへ^−^* (由香)
2009-06-01 14:56:30
こんにちは〜♪
コメントありがとうございました。

これは原作をご存じない方には好評なようですね〜
反対に原作をお好きな方には不評みたい・・・

私はダン・ブラウンが好きで、発売当時に本作を読みました。物凄く面白かったし、カメルレンゴがユアンにピッタリだと思ったので期待したのですが、、、やはりあの内容の濃いお話うぃ映画化するのは難しかったようです(涙)
ホントに薄かった・・・ (メビウス)
2009-06-03 21:56:48
由香さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

自分は未読者なりにカメルレンゴや殺し屋の男の人物描写の薄さを何となくな雰囲気で感じましたが、由香さんの記事見たら何となくじゃなくてホントに薄かったんですね(笑
でもこんだけ端折りまくりな作りになるのならば、最初から作らない方が良かったんじゃないかとさえ思えちゃうこの頃(^^;)ダ・ヴィンチの方を映画化しちゃったもんだから、シリーズモノの本作も作らざるを得なかったとも考えられますが、この分だと現在ダン・ブラウンが執筆中の第3弾も端折り確定で映画化確実かも?(汗
メビウスさんへ^−^* (由香)
2009-06-03 23:18:06
こんばんは〜♪

メビウスさんは原作を未読だったようですが、それでも“薄さ”に気がつかれましたか?
ホント、、、内容が薄かったです、、、原作ファンとしては悲しかったわ〜

>端折りまくりな作りになるのならば、最初から作らない方が良かったんじゃないか
・・・・・それは私も思いますぅ〜
ダン・ブラウンの小説は中身が濃いので、それを映画化するのは無理がある気がするんですぅ〜
次回作の小説を楽しみにしていますが、どんな作品でも映画化されちゃうのかなぁ〜
なーるほど (ボー)
2009-06-12 00:10:39
私は原作を読んでいませんが、YUKAさんの感想を読むと、そういう違いがあるのか、と分かりますね。
やっぱり原作を読んでいる方には不満が残るだろうなと。

きっと、映画を観てから原作を、というほうがストレスがないんだろうなあ…。と思いました。
ボーさんへ^−^* (由香)
2009-06-13 07:35:01
こんにちは〜♪
原作と映画は別物と考えるようにしていますが、これはチョイと文句が出ちゃう出来でした〜
かなりスピード感があったので、映画的には楽しめましたが、何も残らない作品だった気がします。
せっかく原作が面白いんだから、印象に残る作品に仕上げて欲しかったですぅ〜

この作品に関しては、映画→原作だと、物語の厚みにビックリされると思うなぁ〜
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-06-15 14:23:17
TB有難うございました。
仕事の疲れなのか、冒頭完全に寝てしまいました(笑)
前作よりは分かりやすく面白くなっていると
感じましたが、あまりにも早く謎を解いてしまうので
観ている側が考える間もなかったですね。
2時間という話だと仕方ないのですが…

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】〜と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさんへ^−^* (由香)
2009-06-18 15:39:14
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

眠くなっちゃいましたか?(笑)

私も前作よりは良かったと思いましたが、スピード感があるだけで、印象に残るような作品じゃーないかも・・・って感じました。
原作は面白いのになぁ・・・
内容の濃いお話を2時間程度の時間で映画化するのは難しいですねぇ・・・
カメルレンゴ (ノルウェーまだ〜む)
2010-02-27 22:10:23
由香さん、こんにちは!
そうか〜カメルレンゴには、今回の暴挙に出てしまうほどの何か深い過去があったのね。
映画では本当に全くその辺がわからず、何この人わけわからんことやっちゃってんの?というのが、結末まで見た感想だったもの。
ぽか〜んとしちゃった…
どちらかというと、ローマの観光を楽しんじゃった私。
次回作はフリーメイソンが主題とか?
ソロモン王とどのような関わりがあるのかなぁ?
ノルウェーまだ〜むさんへ^−^* (由香)
2010-03-01 15:47:22
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

そうなんですよ〜
カメルレンゴには哀しい過去があったのよ。
それなのに映画ではそこら辺が全然分からなくってスッゴク残念だったわん。
映画化は2本とも失敗だと思うなぁ〜

ダン・ブラウンの新作は、フリーメーソンだそうですね!3月に発売なようなので早速買わなくっちゃー♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

164 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
天使と悪魔 (eclipse的な独り言)
 スリラーなのか、オカルトなのか?正直よくわかりませんでした。(5月15日 富士
劇場鑑賞「天使と悪魔」 (日々“是”精進!)
「天使と悪魔」を鑑賞してきました「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。教皇選挙(コンクラーベ)が行われ...
『天使を悪魔』 (Sweet*Days**)
監督:ロン・ハワード CAST:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー 他 スイスにある世界的な研究所で殺人事...
天使と悪魔 (悠雅的生活)
科学と宗教。粛清と復讐。そして、選ばれし者。
レビュー:天使と悪魔 (シネコンバイトまりっぺの映画レビュー日記)
[ミステリー][サスペンス][SF][バチカン][実写][洋画][シネマスコープ] ハラハラ度:★★★☆☆ どんでん返し度:★★★★☆ 出演: トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー ローマ教皇が逝去し、新しい教皇を選出するコンクラーベが...
『天使と悪魔』・・・そして「彼」に“最後の審判”が下る (SOARのパストラーレ♪)
面白さと物足りなさが半々といった印象だった。面白さもそれなりに堪能できた反面、物足りなさも大きかったという感じだ。
『天使と悪魔』 (ラムの大通り)
(原題:Angels and Demons) -----この映画、あの『ダ・ヴィンチ・コード』 の続編ニャんだって。 「宣伝としては、そうしたいところなんだろうけど、 ダン・ブラウンが書いた原作はその順序が逆。 『ダ・ヴィンチ・コード』が大ヒットしたことだし、 それにあやかって...
天使と悪魔 ANGELS & DEMONS (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ロン・ハワード監督、トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド。「ダヴィンチ・コード」の続編らしい。シリーズものになるんだろうか。
『天使と悪魔』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
仕事が早く終ったので、せっかくの公開初日だし、と帰りがけに観てきた。 金曜の晩だから映画館混んでるんじゃないかなぁと恐る恐るだったのだけど、案に相違してガラガラ。ま、ちょっと早めの時間帯だったってこともあるし、吹替版だったからかも知れないけど、これはち...
『天使と悪魔』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
仕事が早く終ったので、せっかくの公開初日だし、と帰りがけに観てきた。 金曜の晩だから映画館混んでるんじゃないかなぁと恐る恐るだったのだけど、案に相違してガラガラ。ま、ちょっと早めの時間帯だったってこともあるし、吹替版だったからかも知れないけど、これはち...
天使と悪魔    試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
『ダ・ヴィンチコードから3年−新たな歴史の謎が暴かれる。 ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる。 ヴァチカンに迫る危機−秘密結社イルミナティの復讐が始まる! 世界は震える。 2009年 アメリカ  2009/5/15全世界同時公開 監督 ロン・ハワード 脚本...
「天使と悪魔」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「天使と悪魔」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ニコライ・リー・コス、アーミン・ミューラー=スタール、...
天使と悪魔 (LOVE Cinemas 調布)
『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督が送る、シリーズ第2弾。主演のロバート・ラグンドン教授はもちろんこの人、トム・ハンクスが演じます。そして、今回のもう一方の主役とも言えるカメルレンゴ役にユアン・マクレガーも出演。原作はどちらも既読の私ですが...
天使と悪魔 - ANGEL AND DEMON - (個人的評価:★★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
さっそく、公開初日(レイトショー)、TOHOシネマズ川崎にて、「天使と悪魔」を観てきました。 約二時間二十分と長尺でしたが、原作をまっ...
映画「天使と悪魔」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  いろんなところで「原作とは違う」という声があったのでそのつもりで観たこともあり、トム・ハンクスのラングドンも「これは、これ」とあきらめがついたこともあり、前作よりは、とても楽しめました。ユアン・マクレガーが久々に、ハマリ...
映画「天使と悪魔」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
試写会応募はすべて外れ、劇場公開まで見ることができなかった。 2009/5/15、109シネマズ木場。 トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アィエレット・ゾラー、 ステラン・スカルスガルド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、 アーミン・ミューラー=スタール ***...
天使と悪魔/トム・ハンクス (カノンな日々)
これはもう事前に何も知らなくたって前評判良かろうが悪かろうが観に行っちゃう映画ですよね。でも『ダ・ヴィンチ・コード』の大騒ぎにはかなり振り回されたところもあるので今回はあまり騒がしくないのはかえって好印象だったりします。ワタシ的には一度の鑑賞でわかるの...
映画「天使と悪魔」 (Tomorrow Is Another Day)
「Angels & Demons」(邦題:天使と悪魔)友達と観てきたー。 日本では昨日公開だそうですな。 これは観たほうがいいですぜ。 今年に入って一番...
『天使と悪魔』 (Angels & Demons) (Mooovingな日々)
ロンハワード監督、トムハンクス、ユアンマクレガー、アイェレットゾラーほか。 17世紀、カトリック教会の総本山ヴァチカンは、科学者たちを弾圧していた。ガリレオを中心とする科学者たちは、秘密結社イルミナティを作り密かに活動していた。 ヴァチカンへの復讐の...
天使と悪魔 (Akira's VOICE)
もっと考えさせてください。
天使と悪魔 (そーれりぽーと)
上手いプロモーションで原作を読んだ人も読んでない人もノセられ、俺も大阪からわざわざ東京まで前夜祭を観に行ってしまった『ダ・ヴィンチ・コード』から丁度3年。 トム・ハンクスの変な髪型ロバート・ラングントンシリーズ第二弾『天使と悪魔』を観てきました。 ★★★...
「天使と悪魔」★★★★☆ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年製作 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルドほか カトリック教会の総本山ヴァチカン市国のローマ教皇が逝去し、後継者を選ぶコンクラーベが開かれる中、最有力候補の枢機卿が次...
「天使と悪魔」みた。 (たいむのひとりごと)
結局『ダヴィンチ・コード』は読まずじまいのままなので、当然原作は未読。もともと宗教系の歴史や物語には疎い私でもあるので、今回も”暗号系推理モノ作品”感覚での鑑賞となった。よって、そういう意味ではやや物
天使と悪魔 (勝手に映画評)
『ダ・ヴィンチ・コード』から3年。ロバート・ラングトンシリーズ映画の第二段。ただし、原作では『天使と悪魔』の方が先であり、映画と原作では時系列関係が逆になっています。 『ダ・ヴィンチ・コード』も充分ジェットコースタームービーでしたが、こちらの『天使と悪...
410: 天使と悪魔 (さくらの映画スイッチ)
色々と勘ぐり過ぎて、見終えた後はどっと疲れが出た。しんどかった。(笑)
天使と悪魔 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ヴァチカンを光と闇が包み込む─』  コチラの「天使と悪魔」は、ダン・ブラウンの同名原作小説の大ベストセラーを受け映画化された「ダ・ヴィンチ・コード」から3年、5/15に全世界同時公開となったミステリー大作なのですが、せっかくなので公開初日に観てきちゃ...
『天使と悪魔』 (めでぃあみっくす)
面白いけど深みがない。そのため全く世界観が構築されないまま真犯人が分かっても全然驚きがない映画でした。とにかく情報量が多いうえに、ヴァチカンやキリスト教の歴史に関する個々の説明も不親切。 正直、これがあの『フロストXニクソン』を撮った監督の作品とは思え...
映画 【天使と悪魔】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「天使と悪魔」 ダン・ブラウンの同名小説の映画化。『ダ・ヴィンチ・コード』に続いてロン・ハワードが監督。 おはなし:教皇逝去にともない、新教皇を選ぶ儀式コンクラーべが開始されたが、有力候補の枢機卿4名が誘拐されてしまう。ヴァチカン当局は宗教象...
天使と悪魔 (だめ男のだめ日記)
「天使と悪魔」監督ロン・ハワード出演*トム・ハンクス(ロバート・ラングドン)*アイェレット・ゾラー(ヴィットリア・ヴェトラ)*ユアン・マクレガー(カメルレンゴ)*ステラン・スカルスガルド*ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ*ニコライ・リー・コス*アーミン・ミ....
天使と悪魔 (ともやの映画大好きっ!)
天使と悪魔(原題:ANGELS & DEMONS) 【2009年・アメリカ】劇場で鑑賞(★★★☆☆) 2006年に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。 ダン・ブラウン原作の"ロバート・ラングドン"シリーズの1作目となる「天使と悪魔」を、映画版では時制を前後させ前日譚ではな...
天使と悪魔 (ぷち てんてん)
「コンクラーベ」は「根競べ」だと思った人は、きっといると思う^^)☆天使と悪魔☆(2009)ロン・ハワード監督トム・ハンクスアイェレット・ゾラーユアン・マクレガーステラン・スカルスガルドニコライ・リー・コスストーリー ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・...
「天使と悪魔」 驚くほど前作と同じ印象 (はらやんの映画徒然草)
大ヒットした「ダ・ヴィンチ・コード」を受けて、ダン・ブラウンのラングドン教授シリ
天使と悪魔 (映画通の部屋)
「天使と悪魔」 ANGELS DEMONS/製作:2009年、アメリカ 138分
映画感想『天使と悪魔』面白くないわけじゃないのに。。。 (レベル999のマニアな講義)
内容教皇が逝去され、“コンクラーベ”が行われることになったヴァチカン。そして、スイスの巨大研究施設で殺人事件が発生し、“あるもの”が、盗まれた。そんななか、アメリカのハーバード大のロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)のもとヴァチカン警察が訪れてい...
天使と悪魔 (迷宮映画館)
映画を比べることはあんまり好きじゃないのですが、自分のだからいいよね、ハワードさん。「ダヴィンチ・コード」より10倍いいです。
[天使と悪魔] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:ANGELS & DEMONS公開:2009/05/15製作国:アメリカ上映時間:154分鑑賞日:2009/05/15監督:ロン・ハワード出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ニコライ・リー・...
映画レビュー「天使と悪魔」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
天使と悪魔 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆前作以上の謎とスピード感で描く歴史犯罪ミステリー。駆け足の謎解きを重厚な背景がサポートする。 【65点】 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン教授は、秘密結社イルミナティが復活したことを知り、教皇...
天使と悪魔 (2009・アメリカ) (白ブタさん)
『ダ・ヴィンチ・コード』 の続編。 予告のユアンがかっこよかったので〜(*^_^*)
映画「天使と悪魔」観てきました (ぱるぷんて海の家)
天使と悪魔の真理―イルミナティ対キリスト教 テレビでよくやる映画のCMに、映画館から出て来た観客が「モーサイコー」「泣けました」などとほめちぎる宣伝を観て、いつも「この大嘘つきめが!」と呟いてました。大嘘CMに釣られて観に行って何度ほぞを噛んだこと...
「天使と悪魔」神の教えを辿った先にみたガリレオ裁判の歪み (オールマイティにコメンテート)
「天使と悪魔」は2006年に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編に当たる作品でヴァチカンとローマを舞台にカトリック教会に脅迫状が届き、その脅迫状には午前0時になったらヴァチカンは光に包まれるだろうというものだった。ヴァチカンを救うべく事件とカトリッ...
天使と悪魔 (だらだら無気力ブログ)
ロン・ハワード監督とトム・ハンクス主演で大ヒットした前作 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となるミステリー。 ローマ教皇の崩御により、新教皇を選出するコンクラーベが行われる ヴァチカンを舞台に、かつて弾圧された秘密結社・イルミナティによる ヴァチカンへの陰...
天使と悪魔●ANGELS & DEMONS (銅版画制作の日々)
ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる! 「ダヴィンチ・コード」(06)に引き続き、ダン・ブラウンの小説を映画化した「天使と悪魔」が15日から公開されました。早速MOVX京都で鑑賞してきました。今回はたまったポイントを利用したので、無料鑑賞となりました!...
天使と悪魔 (一言居士!スペードのAの放埓手記)
天使と悪魔は、ダ・ヴィンチ・コードの続編のようですが、トム・ハンクス主演の歴史犯罪ミステリー映画です。今度はガリレオの暗号だそうです。 西洋史の知識が無いと難しそうな気もしますが、ダ・ヴィンチ・コードは今日地上派で放送されます。
『天使と悪魔』みました♪ (★ Shaberiba ★)
宗教VS科学。その歴史に眠る謎に迫るサスペンス!楽しかったです♪
映画 「天使と悪魔」の感想です。 (MOVIE レビュー)
トム・ハンクス主演の映画「天使と悪魔」が15日(金)から世界同時公開でした。私は土曜日に観てきました。2006年5月に公開された「ダ・ヴィンチ・コード」の続編と言うふれ込みで公開されていますが、別にストーリーが繋がっている訳ではないので(たぶんですよ!?自信...
『天使と悪魔』 ('09初鑑賞64・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆− (5段階評価で 4) 5月16日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:05の回を鑑賞。
『天使と悪魔』 (2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:ANGELS&DEMONS監督:ロン・ハワード原作:ダン・ブラウン出演:トム・ハンクス、アィエレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド公式サイトはこちら。<Story>ハーヴァード大学の宗教象徴学の権威であるロバート・ラングドン(トム・ハ....
2009-50『天使と悪魔』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-50『天使と悪魔』(更新:2009/05/17) * 評価:★★★★☆ 仕事が忙しいけど、映画の為にに残業を早めに切り上げました。 明日も仕事だから許して! ららぽーと横浜でデジタル上映で観賞しました。...
「天使と悪魔」 (首都クロム)
 “歴史を勉強して欲しいね”というラングドンの皮肉に、無知蒙昧も甚だしい私は耳が痛くなったけれども、開封して少し溶けたアイスクリームの表面を薄く掬い取った程度の乏しい知識量でもかなり楽しめました。あとは前作「ダ・ヴィンチ・コード」同様、道すがら、教授直...
「天使と悪魔」 (みんなシネマいいのに!)
 17世紀にガリレオを中心とする科学者によって組織されるも、ヴァチカンの激しい弾
[Review] 天使と悪魔 (Diary of Cyber)
『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となる本作(原作は『天使と悪魔』の方が先で、主人公は同じだが作品としては別個)。 宗教の弾圧によって抹殺された秘密結社『イルミナティ』が、宗教に対し復讐を図るために復活。コンクラーベの最中に次代の教皇に選ばれるはずの枢機...
天使と悪魔 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。 物語:ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授...
天使と悪魔 (I am invincible !)
次期教皇を選出するためのコンクラーベの最中、ヴァチカンは宗教象徴学者のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)を呼び寄せた。
天使と悪魔 (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
天使と悪魔 ’09:米 ◆原題:ANGELS & DEMONS ◆監督:ロン・ハワード 「フロスト×ニクソン」 「ダ・ヴィンチ・コード」 ◆出演:...
「天使と悪魔」プチレビュー (気ままな映画生活)
前作「ダヴィンチ・コード」の大ヒットだったが、個人的には 面白いと唸るほどではなかった。今回はどうか・・・
天使と悪魔 Angels and Demons (映画!That' s Entertainment)
●「天使と悪魔 Angels and Demons」 2009 アメリカ Sony Pictures Entertainment,Columbia Pictures,Imagine,138min. 監督:ロン・ハワード    原作:ダン・ブラウン『天使と悪魔』 出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン...
★「天使と悪魔」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
最近は劇場公開日を金曜日にする作品が増えてきてるけど、 金曜日にオールナイト上映してくれる「TOHOシネマズららぽーと横浜」は、 ひらりんにとって大助かり。 初日の深夜に見てきました・・ しかも、たぶん自身初の「デジタルプリント版」を鑑賞。 たしかに、普段...
[映画『天使と悪魔』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆面白かった。  このシリーズは、何やら、おじさん読書家には、いかにも高尚な内容のものとして扱われているが、  私にとって、このシリーズの魅力は、その「俗」にあると思う。  今回、ラングドン教授は、<イルミナティ>と言う秘密結社の目論む「司祭見立て連続...
映画「天使と悪魔」(2009年、米) (富久亭日乗)
     ★★★★☆  監督Ron Howard 、主演Tom Hanksが 「The Da Vinci Code 」(2006年)に続き コンビを組んだミステリー。 原題は「Angels Demons」。     ローマ教皇の死去に伴い 新しい教皇を選ぶためのConclaveが バチカンで行われようとしていた矢先、 ...
天使と悪魔 (近未来二番館)
天使と悪魔 - goo 映画 5月16日映画館にて鑑賞。 「ダ・ヴィンチ・コード」の謎に迫った、ロバート・ラングドン教授がヴァチカンの謎...
天使と悪魔 (伊東良徳のとき・どき★かるちゃ〜)
 興行サイドでは「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第2弾とされている「天使と悪魔」を見てきました。 封切り3日目日曜日午前で半分くらいの入りでした。満員かと思ったのですが・・・ 原作は、ダン・ブラウンのラングドンシリーズ第1作で、シリーズ第2作の「ダ・ヴ...
天使と悪魔 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
コンクラーベという根比べ(違)
映画「天使と悪魔」観てきました (ぱるぷんて海の家)
天使と悪魔の真理―イルミナティ対キリスト教 テレビでよくやる映画のCMに、映画館から出て来た観客が「モーサイコー」「泣けました」などとほめちぎる宣伝を観て、いつも「この大嘘つきめが!」と呟いてました。大嘘CMに釣られて観に行って何度ほぞを噛んだこと...
天使と悪魔 (りらの感想日記♪)
【天使と悪魔】 ★★★★☆ 映画(20)ストーリー ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、ルーヴル美術館
天使と悪魔 / ANGELS & DEMONS (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 全世界同時公開{/atten/}日本でも大ヒット中?  前作の『ダ・ヴィンチ・コード』がわたしは全然ダメで、 劇場で観て寝ちゃったくらいだったので{/m_0162/} ...
天使と悪魔 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:ロン・ハワード
天使と悪魔 (ルナのシネマ缶)
原作は、こちらの方が先ですが、 映画では第2弾ってことに なっているので、 ラングドンがまるで謎解きの 専門家のようになっていました。 そして、“24TWENTY FOUR”並みに 時間との戦いをしていました。 観ている方も、慌ただしくて あっという間に終わってし...
天使と悪魔 (ダイターンクラッシュ!!)
5月16日(土) 21:05〜 TOHOシネマズ日劇2 料金:1250円(チケットフナキで前売りを購入) パンフレット:未確認 『天使と悪魔』公式サイト 「ダ・ヴィンチ・コード」に続くラングドン教授が主人公の話。 原作は、こちらが先であるが、映画では、こちらが後になっ...
「天使と悪魔」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Angels & Demons」2009 USA ロバート・ラングドンに「ダ・ヴィンチ・コード/2006」「チャーリー・ウイルソンズ・ウォー/2007」のトム・ハンクス。 ヴィットリア・ヴェトラに「ミュンヘン/2005」「ヴァンテージ・ポイント/2008」のアイェレット・ゾラー。 カメ...
*天使と悪魔* (Cartouche)
{{{   ***STORY***              2009年  アメリカ ハーヴァード大学の宗教象徴学の権威であるロバート・ラングドン教授は、歴史上最も謎に包まれた秘密結社・イルミナティの復活の証拠を発見し、彼らが最大の敵とみなすカトリック教会=...
天使と悪魔 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は「ダヴィンチ・コード」の続編、「天使と悪魔」を見てまいりました!  教皇が亡くなって次の教皇を決めるため混乱しているヴァチカンで、教皇候補の枢機卿4人が誘拐されるという事件が発生します。  「ダヴィンチ・コード」の一件以来、ヴァチカンに毛嫌いさ...
【天使と悪魔】 (日々のつぶやき)
監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アィエレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド、アーミン・ミューラー=スタール     ヴァチカンを光と闇が包み込む― 「ロバート・ラングドン教授の元にヴァチカンからの使者がやって
「天使と悪魔」 Angels and Demons (俺の明日はどっちだ)
今から4年ほど前に原作を読み、その面白さに3年前にイタリアに行った際に思わずローマ市内とバチカンを彷徨い息子たちと勝手に『天使と悪魔ツアー』ごっこをしたりしていたので、今回の映画化には不安を持ちながらもそれなりに期待もしていた。 ちなみにそのツアーのエ...
「天使と悪魔」 (かいコ。の気ままに生活)
「ダ・ヴィンチ・コード」の続編となる歴史犯罪ミステリー。「天使と悪魔」公式サイトダ・ヴィンチ・コード原作は読んだけどコチラは読まずに鑑賞ー読もう読もうと思いつつ結局・・^^;秘密結社の陰謀論、ローマやバチカンの観光名所も楽しめてエンタメ色たっぷりでした...
天使と悪魔 (Diarydiary!)
《天使と悪魔》 2009年 アメリカ映画 − 原題 − ANGELS DEMON
「天使と悪魔」 (てんびんthe LIFE)
「天使と悪魔」試写会 東京国際ファーラムホールAで鑑賞 前日プレミアは終わったはずなのに、何なのだ!このピリピリ感。 こんなことは全く初めてですが、全員携帯取り上げられました。 スタッフの人数が今までにないくらい多い。 当たり前だよね、想定して400...
天使と悪魔 って鳥インフルと豚インフルぐらい違う? (労組書記長社労士のブログ)
【 29 -7-】 大阪の中心街の東通りという繁華街もガラガラ、フィットネスクラブもガラガラ、そして映画館もガラガラ・・・ 映画館は事前予約はもう受け付けないようになっている。 それくらい大阪の人は豚インフルエンザの影響を受けています、が、俺はうっかり日曜に東...
♯24 「天使と悪魔」 (cocowacoco)
映画 「天使と悪魔」 ANGELS & DEMONS を観ました         ロン・ハワード監督 2009年 アメリカ う〜ん、自分は今、鑑賞気持力が低いのだろうか? ミーハーなもの好きなんだけどな・・・ユアンも出てるし。 この映画も普通に楽しめたけど、科学や宗教の題...
映画 天使と悪魔 (BoardSider Swinging)
原作を読んだ上での感想は…物足りない。。。 原作をあえて読まずに観た連れは、 解らないことも多かったけど面白かったと。 原作・映画とも大筋は宗教と科学の対立を描き、 映画セブンを思わせる殺人事件もドキドキさせるし、 バチカン、ローマをめぐるガリ...
天使と悪魔 (2009 映画観てきましたっ!)
会社近くのディノスでも上映していたので お仕事帰りに観てきましたっ!
天使と悪魔 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] ロバート・ラングドン教授の謎解きの鋭さばかりが目立つ
●天使と悪魔(25) (映画とワンピースのこでまり日記)
まっ、こんなもんよね。
「天使と悪魔」(アメリカ 2009年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
17世紀に弾圧された科学者たちの秘密結社。 400年以上の時を経て復活した彼らのヴァチカンへの復讐。
天使と悪魔 (映画通信みるみる)
シリーズ第二弾!今回は、展開が、スピードアップ! ちょっと待ってヽ(^凵^ヽ) というぐらい速いけど、面白かったです。 原作は、未...
天使と悪魔 (5125年映画の旅)
教皇の急逝で喪に服すヴァチカンで、新教皇の候補者4人が誘拐される事件が発生した。イルミナティを名乗る犯人は4人の候補者を一人ずつ殺していき、さらに危険な反物質を用いてヴァチカンを崩壊させるとメッセージを送ってきた。ヴァチカンに呼び出されたラングドン教授...
天使と悪魔・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
象徴学者ロバート・ラングドン教授を主人公とした、ダン・ブラウン原作のベストセラー小説、映画化第二弾。 原作はこの「天使と悪魔」の後に...
【天使と悪魔】神は科学と仲直りできたのか (映画@見取り八段)
天使と悪魔 〜Angels & Demons〜 監督: ロン・ハワード 出演:  トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー 公開: 2009年5月 ...
『天使と悪魔』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【ANGELS & DEMONS】 2009年/ソニー・ピクチャーズ/138分 【オフィシャルサイト】 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド
天使と悪魔 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
私はキリスト教徒だけど,ダン・ブラウンの愛読者だ。そしてこの二つは,割り切ってしまえば意外と両立するものである。 キリスト教界からは「冒涜」という批判もされたダ・ヴィンチ・コード も,フィクションと割り切って面白く楽しめたし,なによりこの作者の宗教や芸術...
映画「天使と悪魔」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 109シネマズは毎月19日に「ポイント会員感謝の日!」を開催していて、ポイント会員は¥1000で映画が見れる、と言う事で345席のシアター6は平日にかかわらず5割ほどの客入りだ。 映画の話 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、...
『天使と悪魔』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
前作『ダヴィンチコード』ほどには、キリスト教や美術への知識がなくても楽しめる作品でした。イタリア、バチカンの教会や建物が次から次へとでてくるので、ある意味観光してるような気分。イタリアの建築物の美しさを堪能するだけでも、かなり楽しかった。イタリア、行き...
天使と悪魔 (TRUTH?ブログエリア)
原題:ANGELS DEMONS原作:ダン・ブラウン監督:ロン・ハワード映画 米
「天使と悪魔」 第1位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 722オープニング土日興収: 5.47憶円「ダ・ヴィンチ・コ
天使と悪魔 (映画の話でコーヒーブレイク)
15日、公開初日のレイトショーに行ってきました。もう一週間も経っているやないか〜{/face_ase2/} 630席の館内はほぼ満員。 ラングドンシリーズへの期待の大きさがうかがえます。 「テンプル騎士団」「イルミナティー」「フリーメイスン」「秘密結社」「陰謀」「謎...
★天使と悪魔(2009)★ (CinemaCollection)
ANGELS&DEMONSガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる。メディア映画上映時間138分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/05/15ジャンルサスペンス/ミステリー/アドベンチャー【解説】「ダ・ヴィンチ・コード」のロ...
天使と悪魔 (You got a movie)
監督   ロン・ハワード キャスト トム・ハンクス      アィエレット・ゾラー      ユアン・マクレガー      ステラン・スカルスガルド    ダ・ヴィンチ・コードに続いてベストセラーとなったダン・ブラウン原作の同名小説の映画化。天使と悪魔と...
『天使と悪魔』 2009-No17 (映画館で観ましょ♪)
やっぱりねぇー。 そうだと思ってました! 宗教象徴学は全くワカリマセンが、 犯人は判っちゃいます! 長引かせず、 ラング...
天使と悪魔 吹替え版 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年5月15日(金) 公開 ★★★☆☆ 秘密結社と言っても"鷹の爪団"ではありません 星3っつ 樋口一葉の小説は"たけくらべ" ♪柱ぁ〜の傷は、おととしのぉ〜5月5日の♪・・・は"背くらべ" ...
天使と悪魔  Angels (ネット社会、その光と影を追うー)
トム・ハンクス主演;天使と悪魔 Angels De
天使と悪魔(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうもエミです(・∀・)つ 覚えていらっしゃいますでしょうか? 私の趣味が読書だということを?? 趣味が読書の私は勿論、映画化で話題になってる話題のコチラ↓↓↓ 天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (中) (角川文庫)天使と悪魔 (下) (角川文庫)発売当初...
天使と悪魔 (Movies 1-800)
Angels & Demons (2009年) 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルド 2006年のヒット作「ダヴィンチ・コード」の続編で、イルミナティと称する秘密結社から脅迫されたバチカンの為に奔走する大学...
天使と悪魔 (小部屋日記)
Angels & Demons(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハンクス/ユアン・マクレガー/アイェレット・ゾラー/ステラン・スカルスガルド/ピエルフランチェスコ・ファビーノ/ニコライ・リー・カース 「ダ・ヴィンチ・コード」から3年 新た...
「天使と悪魔」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「天使と悪魔」の試写会に行ってきた。会場は国際フォーラムのホールAで、カメラとか携帯電話をクロークに預けて、荷物検査やボディーチェックがあり、帰りには退場規制までかかる厳重さなのに、ジャパンプレミアじゃなくてゲストも来ない不思議な試写会。トム・ハンク....
映画「天使と悪魔」 (FREE TIME)
話題の映画「天使と悪魔」を鑑賞。
天使と悪魔/Angels and Demons (いい加減社長の映画日記)
「ダ・ヴィンチ・コード」の続編として、楽しみにしていた「天使と悪魔」。 公開2日目に鑑賞していたんだけど、いろいろバタバタしてアップが遅れてしまいました^^; 「UCとしまえん」は、普通よりは多めかな。 「天使と悪魔」は、大きめのスクリーンで、8割程度か。 ...
天使と悪魔 (観劇★感激★カンゲ記)
JUGEMテーマ:映画 原作は「ダ・ヴィンチ・コード」よりもはるかに面白かったし、ユアン様久しぶりに大作ご出演ってことで、期待高めで出陣。映画も「ダ・ヴィンチ・コード」より全然面白かったです。それに、ヴァチカンやローマに行きたくなった!前からヴァチ...
『天使と悪魔』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
またまた原作は未読ではありますが、気になってたので初日に観てきました、『天使と悪魔』。 明日・明後日でどのくらいの動員をするんでしょうね、めちゃくちゃ気になります。 ******************** 『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督、トム・ハンクス...
映画『天使と悪魔』 (闘争と逃走の道程)
 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。“ヴァチカンがもっとも恐れる男”ロバート・ラングドン教授が、ローマ・カトリック教会を震撼させる事...
『天使と悪魔』 (みすずりんりん放送局)
 『天使と悪魔』を観た。  17世紀、カトリック教会の総本山であるヴァチカンは、科学者たちを弾圧していた。  ガリレオ・ガリレイを...
天使と悪魔 (心のままに映画の風景)
ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)は、 ルーヴル美術館での一件以来冷戦関係だったヴァチカンから...
天使と悪魔 (花ごよみ)
「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。 監督は前作と同じロン・ハワード。 主演はトム・ハンクス。 前作と同じく宗教象徴学者、 ロバート・ラングドンを演じます。 4人の枢機卿が拉致される。 バチカンの古文書を頼りにしながら ロン・ハワードは犯人捜しと 爆発物処理の...
「天使と悪魔」 (NAOのピアノレッスン日記)
〜ヴァチカンを、光と闇が包み込む〜今年初のレイトショー。ダーーリンと行ってきました。2009年 アメリカ  ソニーピクチャーズ配給 (09.5.15公開)[監督]ロン・ハワード     [上映時間] 138分[原作・総指揮]ダン・ブラウン[脚本]アキバ・ゴールズマン ...
天使と悪魔【2009アメリカ】 (ピョンスケさんの徒然blog)
原題:ANGELS DEMONS(2009年アメリカ)監督:ロン・ハワード出演:
天使と悪魔 (メルブロ)
天使と悪魔 261本目 2009-22 上映時間 2時間18分 監督 ロン・ハワード  出演 トム・ハンクス  ユアン・マクレガー  アイェレット・ゾラー ステラン・スカルスガルド  会場 TOHOシネマズ府中 評価 7点(10点満点)  「ダヴィンチ・コード」の続...
『天使と悪魔』(吹替版) (京の昼寝〜♪)
□作品オフィシャルサイト 「天使と悪魔」□監督 ロン・ハワード □脚本 アキヴァ・ゴールズマン、デヴィッド・コープ □原作 ダン・ブラウン (「天使と悪魔」角川書店刊)□キャスト トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカル...
天使と悪魔 (ドン子の映画とディズニー三昧)
ANGELS & DEMONS(2009) メディア: 映画 上映時間: 138分 製作国: アメリカ 公開情報: 劇場公開(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月: 2009/05/15 ジャンル: サスペンス/ミステリー/アドベンチャー ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつ...
サスペンス・イン・ヴァチカン〜緊縛の一日〜 (MARGARETの徒然草〜DiamondDiva〜)
  ダン・ブラウン著『天使と悪魔』(角川文庫2006)「ダ・ヴィンチコード」の第2作、「天使と悪魔」を彼氏と見てきました。途中眠りこけてしまったけど、なんとかあらすじはつかめました。バッチリカレに寝顔を見られるという、恥ずかしい展開になりましたが、前もって見....
文明の利器に暴かれた事実。『天使と悪魔』 (水曜日のシネマ日記)
2006年5月に劇場公開された映画 『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。 ヴァチカンを舞台に描かれた 教皇候補の暗殺計画を巡る物語です。
インディジョーンズじゃなかったん?〜「天使と悪魔」〜 (ペパーミントの魔術師)
いきなり何を言い出すのかといえば。 今回はヴァチカン弾丸ツアー、しかも24並みに せかせか時間ばっか気にしなきゃいけない展開なんですが、 4人の枢機卿を救うために謎解きをしてはアサシンとぶつかり そのあとは反物質の爆破がカウントダウンにはいってて その...
『天使と悪魔』 (しゃべりの王国)
前作より面白い!と思うのは、純粋にミステリー&サスペンスに徹した展開のおかげでしょうが、たんに私が、対宗教・対歴史については、それにまつわる事実よりも関わる人間の反応の方に興味があるのだなあと再認識したからにすぎません。謎解きでいえば、前作の方が面白か...
スター・トレック(Star Trek) (映画予告編でまとめてみまスタ。)
さすが、クローバーフィールド、LOSTのJ.J.エイブラムスが作るスタートレックというところで期待していただけあって面白い。 トレッキー...
天使と悪魔 を観ました。 (My Favorite Things)
ダン・ブラウン好きの私なので…めずらしく辛口です。
「天使と悪魔」 (It's a wonderful cinema)
 2009年/アメリカ  監督/ロン・ハワード  出演/トム・ハンクス      ユアン・マクレガー      アイェレット・ゾラー  「ダ・ヴィンチ・コード」の続編。監督&主演は前作と変わらずロン・ハワードとトム・ハンクス。  スイスの研究所”セルン...
二転三転の「天使と悪魔」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}「ダビンチ・コード」に続くラングドン教授シリーズ{/映画/} 「ダビンチ・コード」は欧の美術、宗教に関わる謎解きがメインだったけど、この「天使と悪魔」は、「ダイ・ハード」か?というような、アクション{/ダッシュ/}で、ちょっとびっくり。 タフなラン...
天使と悪魔 (映画どうでしょう)
映画 天使と悪魔 の感想 ダ・ヴィンチ・コードのシリーズ第2弾。前作に引き続きト...
天使と悪魔(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロン・ハワード 【出演】トム・ハンクス/ユアン・マクレガー/アイェレット・ゾラー/ステラン・スカルスガルド/ピエルフランチェスコ...
天使と悪魔☆独り言 (黒猫のうたた寝)
冒頭のプールのシーンで、颯爽と泳ぐこのお方はトム・ハンクス????だよね、、、もっとたるんでるんじゃないの?っと思っていたのにもかかわらず意外にも締まったボディと濡れて前髪が額にペタってなってた様子でご本人とは一瞬わからなかったんですが(笑)『天使と悪魔...
映画『天使と悪魔』 (いんどあかめさん日記)
2009年、映画館で観る26作目はこちら。あの『ダヴィンチコード』シリーズ2作目
「天使と悪魔」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
難しい象徴や暗号の謎解きというより、次々に起きる事件を観ている間にラストまで行ってしまったという感じでしたね。あっという間に時間が立ってしまいました。ローマの景色も素晴らしい・・行ってみたくなりました☆トム・ハンクスは、さすがにプールでの登場通りに体力...
「天使と悪魔」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
難しい象徴や暗号の謎解きというより、次々に起きる事件を観ている間にラストまで行ってしまったという感じでしたね。あっという間に時間が立ってしまいました。ローマの景色も素晴らしい・・行ってみたくなりました☆トム・ハンクスは、さすがにプールでの登場通りに体力...
「天使と悪魔」 (塩ひとつまみ)
「天使と悪魔」のその意味は…? いきなりネタバレ感想です。 見てない方はご注意を。
「天使と悪魔」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                             「天使と悪魔」 前作「ダ・ヴィンチ・コード」がえらく難解だったので、今回は身構えて観に行きましたが・・。 今回はそれほど難解ではなく、(多分「ダ・ヴィンチ・コード」の反省点をよく分析したのだと思...
天使と悪魔(映画館) (ひるめし。)
ヴァチカンを光と闇が包み込む―
天使と悪魔 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「天使と悪魔」監督:ロン・ハワード(『ダ・ヴィンチ・コード』『シンデレラマン』) 出演:トム・ハンクス(『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』『ダ・ヴィンチ・コード』)アィエレット・ゾラー(『バンテージ・ポイント』『ミュンヘン』)ユアン・マクレガー(『彼....
天使と悪魔 (映画とTVとゲームの感想)
映画 天使と悪魔 の感想 前作ダヴィンチコードは原作を読んでから映画を見て、ちょっとガッカリしたので、今回は原作を読まずに、先に映...
「天使と悪魔」 (或る日の出来事)
映画的な面白さがあって、よかったんじゃない〜?
天使と悪魔 (夫婦でシネマ)
ラングトン教授、暴走の一幕でした。
科学と宗教〜『天使と悪魔』 (真紅のthinkingdays)
 ANGELS & DEMONS  教皇選挙(コンクラーベ)が行われようとしているヴァチカンで、秘密結社イルミ ナティによる枢機卿誘拐と爆破予告が...
天使と悪魔 /Angels & Demons (描きたいアレコレ・やや甘口)
ん?『天使と悪魔』じゃなく『神様と神様』?! 『聖☆おにいさん』中村光、第1巻の真ん中弱あたりから参照(薄い単行本対策の為か?ページ...
天使と悪魔 (<花>の本と映画の感想)
天使と悪魔 ダン・ブラウン  越前 敏弥訳  角川書店 2003年10月 ???????? 反物質を発明したセルンの科学者レオナルド・ヴェトラが殺される。彼の体には、今は活動をしていない秘密結社イルミナティの焼印が押されて...
【天使と悪魔】★トム・ハンクス★ユアン・マクレガー (猫とHidamariで)
天使と悪魔 HP天使と悪魔 シネマトゥデイ英題:ANGELS&DEMONS製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年5月15日スタッフ監督:ロン・ハワード原作・製作総指揮:ダン・ブラウンキャストトム・ハンクス : ロバート・ラングドンユアン・マクレガー : カメ....
大好き!映画 「天使と悪魔」 (かるかるかるぴん♪)
昨日観に行った映画
天使と悪魔 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
天使と悪魔 / 72点 / ANGELS & DEMONS (FUNNY GAMES?)
原作がエエからエエ映画になってるっつー感じで、映画単体としては・・・ 『 天使と悪魔 / 72点 / ANGELS & DEMONS 』 2009年 アメリカ 138分 監督 : ロン・ハワード 脚本 : デヴィッド・コープ、アキヴァ・ゴールズマン 出演 : トム・ハンク
天使と悪魔 (シネマ名画座)
今日は、説明不要の話題作「天使と悪魔」を見てきました。 ブログを書くならBlogWrite
No.064 「天使と悪魔」 (2009年 138分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ロン・ハワード 出演 トム・ハンクス    ユアン・マクレガー    アイェレット・ゾラー やっと映画を続けて見れる環境になりました・・・2週間の出張明けのレイトショーで見たのが「天使と悪魔」。 あの「ダビンチコード」の続編という触れ込みの作品で...
天使と悪魔 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ> 監督:ロン・ハワード 原作:ダン・ブラウン『天使と悪魔』(角川書店刊) 脚本:デヴィッド・コープ、アキヴァ・ゴールズマン スイスのCERN(欧州原子核研究機構)から、強大な破壊力を持つ“反物質”が盗み出された。そ...
天使と悪魔(映画版) (時空の流離人(さすらいびと) (風と雲の郷本館))
 「ダ・ヴィンチ・コード」に続く、トム・ハンクス主演のラングドン教授シリーズの第2弾「天使と悪魔」。原作では、こちらの方が、先なのだが、映画ではなぜか「ダ・ヴィンチ・コード」続編となっている。 今回の話は、カトリックの総本山ヴァチカンを舞台に、アメリカ...
天使と悪魔 ダン・ブラウン (白ブタさん)
ようやく原作を読了〜(*^_^*)
天使と悪魔 (いやいやえん)
ダ・ヴィンチ・コードのダン・ブラウン「天使と悪魔」の映画化です。ハーバード大宗教象徴学の権威ロバート・ラングドン教授をやはりトム・ハンクスさんが演じてます。舞台がバチカンであるというだけでやはりドキワクしちゃいますね!(こういう系好きなんだもの) ガ...
「天使と悪魔」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
前作よりもテンポ良くお話が進んでいった感じ
天使と悪魔 (paseriのブログ)
「天使と悪魔」(2009)を観ました。監督:ロン・ハワード原作:ダン・ブラウン出演:トム・ハンクス、アィエレット・ゾラー、   ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド<内容>教皇が病死し、次の教皇を選出するコンクラーベが行われようとしているヴァチカンに...
天使と悪魔 (Recommend Movies)
ガリレオの暗号が、ヴァチカンを追いつめる。 【感想】 前作『ダ・ビンチ・コード』で類まれな頭脳で難事件を解決したロバート・ラング...
★★★★「天使と悪魔」トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、... (こぶたのベイブウ映画日記)
英雄的行為の後で、あんな真相があるなんて、ただ、ただ、この物語の結末にびっくりしました。ユアン・マクレガーが、いかにも神のしもべで物腰のやわらかいカメルレンゴなのが良かった。ラングドン教授も、酸欠ピンチ!火の中バトル!水中での救出劇と、大活躍でドキドキ...
天使と悪魔 (しーの映画たわごと)
なかなかおもしろかったです。普通に楽しめました。前作「ダ・ヴィンチ・コード」も評判よりはそこそこ楽しめたし、何より、謎を解き、何かを発見するという流れは好きなのでね。
「天使と悪魔」 ゆかりの地をたずねて (ノルウェー暮らし・イン・London)
ローマ市内を縦横無尽に車で走り回るのは、まるで現代版「ローマの休日サスペンス風」。 懐かしいローマの教会めぐりに思いを馳せていると、あれあれ・・・? 慌しく駆け回る展開についていけないよ・・・・
『天使と悪魔』(2009年 米) (観た人にしか伝わらないネタバレ映画レビュー)
A:今回は『天使と悪魔』についてのコメンタリーだね。B:この作品は、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編ですね。『ダ・ヴィンチ・コード』では、イエス・キリストの秘密が暴かれ、どんでん返しの連続でした。...
映画「天使と悪魔」 (<花>の本と映画の感想)
天使と悪魔 監督: ロン・ハワード 出演 トム・ハンクス, ユアン・マクレガー, アイェレット・ゾラー, ステラン・スカルスガルド, ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ 2009年 天使と悪魔 コレクターズ・エディション [DVD]/ユアン・マクレガー,ステラン・ス...
『天使と悪魔』 (『映画な日々』 cinema-days)
天使と悪魔 ローマ教皇が亡くなりコンクラーベ(選挙)の最中、 秘密結社イルミナティから新教皇候補殺害予告が届く。 【個人評価:★★☆...
天使と悪魔 宗教も科学も心しだい (RISING STEEL)
天使と悪魔 ANGELS&DEMONS 前回の事件で教会から目を付けられちゃったロバート・ラングトン教授だけど、直々の協力要請を受け、ヴァチカンを襲...
天使と悪魔 (Angels & Demons) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ロン・ハワード 主演 トム・ハンクス 2009年 アメリカ映画 146分 サスペンス 採点★★★ 神さまって信者の数が増えれば増えるほど力を増すって言うけど、カソリック信者10億人もいれば相当なもんなんでしょうねぇ。10億って言えば、ビートルズのアルバム...
天使と悪魔(ANGELS&DEMONS 2009 米) (ドリーミングピーチ)
「…神の仕事を引き受けるから、あらゆる宗教に頼まれる…神に復讐心があるから、オレが生まれた」請け負い人友人がこき下ろしてましたが〜いうほどつまらなくはなかった〜というか...
天使と悪魔  (Yuhiの読書日記+α)
ロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演の大ヒット作、『ダ・ヴィンチ・コード』の続編となる歴史犯罪ミステリー。その他のキャストは、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド他。 <あらすじ> 宗教象徴学の権威、ロバート・ラングドン....
映画 天使と悪魔 (VAIOちゃんのよもやまブログ)
もう随分前になりますが、ダ・ヴィンチコードの続編に当たる「天使と悪魔」が地上波で放送されていたので、X95で録画して鑑賞しました。まあ、続編といっても原作小説では順序が逆 ...