★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

チーム・バチスタの栄光

2008-02-09 16:56:25 | 映画【た行】

くどくて申し訳ないが、海堂尊氏の『チーム・バチスタの栄光』が大好きだ。
だから、その小説が映画になると聞いた時に、「ほぅー」と思った。
で、キャストを聞いた時には思わず「ゲゲッ」となった。
何故なら、本作の主役を務める田口公平の名前が田口公子になっており・・・女性が演じると分かったからだ。
ショックで鑑賞をスルーするつもりだったが・・・ちょっと好奇心が出てきたりして
だから、原作のことは忘れよう。それはそれ、これはこれだ。
    由香、無の境地で劇場へいざ出陣― パッカパッカ

【story】
高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとした矢先、厚生労働省から派遣された切れ者役人の白鳥(阿部寛)が現れる。2人はコンビを組んで、“チーム・バチスタ”のメンバーを再調査することになるが―
    監督 : 中村義洋 『アヒルと鴨のコインロッカー』

【comment】
う~~~~~ん、可もなく不可もなく―なのですが、ちと面白みというものに欠けるんじゃーないでしょうか。

原作を忘却の彼方に押しやって、映画自体を楽しもうと思っていたのですが、、、やっぱりちょっとだけ引きあいに出させて頂きますと、元々の物語が、『このミス』大賞受賞作品にしてはミステリが弱く、舞台設定及びキャラ設定、セリフ回しなどに魅力があるのにですね、そこを薄っぺらに描かれたらですね、何をどう楽しめばいいのでせうか?って感じではないでしょうかねぇ~
原作のポイントポイントは無難に抑えていてですね、妙に律儀に物語の筋範囲内で収めた映画のようですが、、、
そんなんじゃーわざわざ映画館に出向いて観る魅力は出せないんじゃーないかって気がしないでもないのですよ(超~回りクドイ・滝汗)


 

大学病院が舞台で、「日本いや世界屈指のチームによる心臓手術で立て続けに失敗が何故」っていう設定なのに、全体的に平坦で緊迫感がなく、「手術は何で失敗したの?ドキドキ」とか、「誰が犯人なの?オロオロ」とかの高揚感がほとんど襲ってこない気がしましたぁ~
また、イタイなぁ~と思ったのは、超高度であるはずのバチスタ手術が、バチスタ手術の第一人者の方の監修と、その方の執刀シーンを使っていると聞くのに、何故かちっとも難易度の高い手術に見えなかったことですぅ~
何度も剥き出しの心臓の映像が出てきても、、どう~もリアリティが感じられなくて・・・何だかシラケムードになっちゃいました~

そうすると、外科医である桐生(吉川晃司)の魅力が浮き立ってこないから、最後の方のエピソードにも全く心動かされなくなって・・・残念ですぅ~
それにしても、どうして手術シーンにリアルさがないんだろう?
だいたい看護師の大友(井川遥)があまりにもおマヌケに描かれていたのもイタダケナイ。
器械をガシャーンと落とすような初歩的なミスを演出するのも引いちゃったなぁ~

 

さて、失礼なことばかり言って申し訳ないのですが、主役のお2人について少々。
阿部さんは、先日観た『魍魎の匣』で榎木津をやっていたけど・・・何だか映画に出過ぎではないでしょうか(余計なお世話・汗)

どの役を観ても同じように見えちゃうので・・・今回も、トリックと榎木津と白鳥で何か違いがあるだろうか・・・とそんな事に気を取られました。で・・・あまり無かった気がしたわん
本作では、白鳥が出てくる必然性もあまり感じられなかったなぁ~
白鳥は、ゴキブリみたいな雰囲気があるけれど、超優秀で可愛い奴でもあるのに、その辺が全く出ていなくてガッカリですぅ~
そして田口医師ですが・・・こちらはボケーっとし過ぎていて、人間的魅力が伝わってこなかったなぁ~
偶然田口医師が事件の聞き取り調査に関わるんだけど、あんなのは子どもでも出来ることで、田口医師の本領を発揮させていなくて拍子抜けでした~


で・・・もしかしたら、もっと映画のテーマを絞った方が良かったのではないかと思う。
サスペンスを中心にするのか、バチスタ手術を通して医療を考えるのか、田口&白鳥コンビを徹底して中心に描くのか、大学病院を通して医療崩壊の問題や人間模様を描くのか・・・原作に大胆に手を加えてでも、確固たるテーマがあった方が見応えがあったのではないでしょうか。
ただただベストセラー本のあらすじを忠実に描き、本作のオリジナル部分が「野球」と「歌」のシーンでは・・・何だかガックリです。
ちなみに野球のシーンも歌もシーンも私的にはドッチラケでした―

 これ・・・連ドラにした方が良かったんじゃーないかしら? (2.5点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (54)   Trackbacks (96)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アイ、ロボット | TOP | L change the WorLd »
最近の画像もっと見る

54 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっぱり (moviepad)
2008-02-09 17:52:00
そうでしたか(笑)

>元々の物語が、『このミス』大賞受賞作品にしては
>ミステリが弱く、舞台設定及びキャラ設定、セリフ回しなどに魅力があるのにですね、
>そこを薄っぺらに描かれたらですね、
>何をどう楽しめばいいのでせうか?って感じではないでしょうかねぇ~

『ダ・ヴィンチ・コード』もそうでしたね。
原作はストーリー以外の箇所が面白いのに
対して面白くもないストーリー部分だけを
たどられても....。

この映画見た後、原作も読んでみたいとは
思いませんでした。
ベストセラーに関しては
その作品のどこが面白いからヒットしたのかを
事前に十分研究した上で
映画化してほしいものですね~。
Unknown (ぷくちゃん)
2008-02-10 05:40:05
こんにちは。私もあんな看護婦は手術室にはいないと思います。(爆)自分の記事にも書きましたが、そもそも医師が看護婦や技師も含めて「チーム」なんて呼ぶのはあり得ないかと。

阿部ちゃんはもう・・・何をやっても阿部ちゃんにしか見えないのが痛いかな・・
原作は余程良さそうですね (たいむ)
2008-02-10 17:13:31
由香さん、こんにちは。
やっぱり原作を後回しにして正解のようですが、私はこの映画楽しかったですよ。
それにリアル感がないと言われていますが、私はそうは思わなかったです。
一目瞭然は説明をしないからなのかもしれませんね。やはり文字での事細かい描写は心に残りますから。

これで意気揚々と原作に挑めます。手術のイメージもつかめたし人間模様をしっかり堪能したいと思います!

こんばんは♪ (ゆかりん)
2008-02-10 21:18:39
原作は読んでいないので何も知らないで観に行きました。
ああ~田口先生は本当は男性なんですね。竹内結子のまったりしたキャラは何かいまひとつでした。緊張感が薄れました、、、
井川遥演じる看護師がチームにいるのもどうかと・・・他にもちゃんとした人いるでしょー(笑)
でもこれで終わりかと思ったらまだ終わらなかったという設定は面白かったんですけどね。
こんばんは (ぷちてん)
2008-02-10 22:53:25

私もこれは映画じゃなくてもいいのになって思いましたよ~~
もっとこのコンビを描くんだったら、連ドラにしてみっちりと描いて欲しいですもんね。

そうか、このミスにしてはやっぱりミステリ部分は弱いんですね。
私は原作の魅力がよくわからなくて、映画になったら少しはわかるかな?と思い見にいったんですが、原作を素直にたどっただけでしたね^^;)
TBありがとうございます! (Yuhi)
2008-02-10 23:45:27
こんばんはー!TBありがとうございました♪

私はミステリー&サスペンス物が大好きなので、「このミステリーがすごい」で大賞をとったというこの映画にもかなり期待していました。見た感想を言うと、確かに楽しめましたし、特に不服なわけではないのですが、期待していたほどかというと、やはりちょっと物足りないものはありました。

というのは、やはり推理ものとして見るならば、動機の点が薄いのと、観客に対して客観的に推理できるだけの土壌を与えられてなかったということでしょうか。
見終わった後も、犯人は●●だと言われれば、そうかも・・とは思いますが、論理的に彼が犯人だとは決め付けられないものがありますよね。映画ですから、別にそれでもいいとは思うのですが、論理的に解明できればもっと良かったのに・・・とは思いますね。
笑えました♪ (かのん)
2008-02-11 00:41:49
私が観たときは、笑う人はよく笑うって感じで私もその一人でした。でもそれはこの作品のウリじゃないよねぇ?なんて思いながら観てましたけど、原作もミステリーが弱いというのはかなり意外ですゥ。

この映画だったらいっそ医療コメディのおバカ映画にして三谷幸喜さんあたりが監督したら面白いかもって思っちゃいました。本末転倒?(笑)
同じような感想ですね・・ (くまんちゅう)
2008-02-11 17:20:11
やっぱりね~、同じです。
田口センセイが女性と言う時点で半分ダメですが
あとの半分もイマイチでした。
役者は良かったと思うんですけど
人物の掘り下げガないから余韻が無かったですね
アクティブフェーズが半端だったのが最大のマイナスですけどね、奥儀のいくつってのもやって欲しかったです。
期待外れ (AKIRA)
2008-02-11 17:44:33
がっかりしました・・・。

結局なにが言いたかったのかよく分からない終わり方・・・。

ソフトボールチームの対決を描いてくれた方が,
スポーツものとして面白くなったかもしれません。

ってジャンル変わってるがな!
こんばんわ (睦月)
2008-02-11 19:47:42
これって原作通りの物語なんですか?
それとも少し映画用にアレンジしてあるのかな?

疑問が2つあるんです。
一つはなぜケース27以降から術中死が起こり始めたのか?
二つ目は、あの2人はなぜ彼の目のことが分かったのか?

原作だとそのあたり明らかになっているんですかね?

なんか、たしかにそこそこ面白かったんですが・・・・
全体的にインパクトに欠ける作品でした。おっしゃるように
薄っぺらなんですよねえ・・なにもかもが(苦)。

いい役者さんもそろえているだけに残念です。
moviepadさんへ^-^* (由香)
2008-02-11 23:36:42
こんばんは!
『ダヴィンチコード』!!!
ああ~思い出したくないですぅ~(笑)
あれは映画を観に行く前に、わざわざ再読までしたんですよ~
ああ~それなのに、それなのに・・・・・
あの時は本当にショックでした。劇場で腰砕けになりましたから・・・
それに比べれば、コチラの方がましでした(笑)

原作は、信じてもらえないかもしれませんが面白いです。
でも、映画はねぇ~どうしたものでしょうか・・・
ちょうど、歴史の勉強をするのに、年表だけ覚えてもサッパリ理解出来ないのと一緒で(変なたとえ・笑)、ポイントを二時間で流してもねぇ~って感じです。
せっかく医療問題を交えた興味深い小説だったのに・・・勿体ないなぁ~
ぷくちゃんへ^-^* (由香)
2008-02-11 23:40:29
こんばんは!
あの看護師は酷い演出でしたね~
あんな看護師は即窓際です(笑)
チームは・・・原作では非常に納得のいくものだったのですが・・・映画だと変に見えましたよね(汗)

阿部さんは人気ですね。
沢山映画に出演されていらっしゃいますが・・・最近役柄の違いが分からない気がしていますぅ~
たいむさんへ^-^* (由香)
2008-02-11 23:46:00
こんばんは!
たいむさんは映画を結構堪能されたようですね~
『ブラックぺアン~』→映画→『チーム原作』が、いい結果を生むように心から祈ります!!
えっと・・・白鳥は鼻につく恐れがありますが、ググッと我慢して読んで下さいね~

それから、手術のリアリティですが、海外ドラマで手術シーンを毎週見ているせいか、ど~~~もウソくさく思えちゃったようです(汗)
あちらのドラマは凄いんですよ~
まぁ~比べても仕方ないのですが・・・
ゆかりんさんへ^-^* (由香)
2008-02-11 23:49:46
こんばんは!
主役の田口&白鳥は、結構人気のあるキャラだと思うのですが、映画で全く違う人物にしたのは・・・原作ファンにとっては痛かったですぅ~
看護師も変でしたよね~本当は優秀なんですよ(泣)
あまり期待はしないで観たつもりなのですが・・・ちょっとガッカリな作品でした。
もしかして、ドラマで人間模様を描き込んだ方が良かったなぁ~と思いました。
ぷちてんさんへ^-^* (由香)
2008-02-11 23:52:48
こんばんは!
ぷちてんさんも原作を読まれましたか。
でもイマイチだったようで・・・(汗)
私は物凄く気に入ったんですよ。
久しぶりに出会った相性のいい小説でした。
でも、映画はねぇ~筋を辿っただけでしたね~
やっぱりドラマでジックリ描いた方が面白かったかもしれませんねぇ~
安心しました~(^^) (kira)
2008-02-12 10:01:23
こんにちは!由香さん♪
実はこれ、初日夜に観に行ったんですよ~。
で、感想を書いたもののUPするかどうか迷ってたんです。かなり辛口になっちゃったし。
でも、ここは正直にえいっ、って
でも安心しました~。
皆さんがほぼ同じようなところで不満を感じていらっしゃったんですね

2時間という尺は、決して短くはないと思うのに、人物が描かれてなかったのが
ミステリーとしての興味を引っ張りきれなかったように思いました。
あの患者のライブシーン、長すぎでしたよね~
竹内さん、ちょっと気の毒・・・ってカンジしちゃいました
Yuhiさんへ^-^* (由香)
2008-02-12 10:26:20
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・

Yuhiさんは、かなり本作にご不満を抱いたようですが、、、ごもっとも!!です。
この映画を観た限りでは、「この物語のどこが《このミス》なの?」って感じですよねぇ~
原作は、とっても面白い作品でしたので、返す返すも残念でなりません。
もっとキャラがたっていて、人間関係が面白く、セリフが可笑しくって、医療問題を絶妙に絡めた小説だったのに・・・こんな薄っぺらな映画になっちゃって・・・原作ファンとしては泣いてしまいますぅ~
犯人もあれじゃー説得力がないですよねぇ~
はぁ~もうこのシリーズの映画化は止めて欲しいです。
かのんさんへ^-^* (由香)
2008-02-12 10:31:15
こんにちは!
ううう・・・私はまるで原作者の海堂さんの回し者のように言い訳しておりますが、原作は面白いんです!!
ちょっとミステリは弱いのですが、魅力溢れる小説なのは間違いない!!と思っています。
それを、、、こういう映画にするなんて、、、元々医療崩壊などに危機感を持たれた筆者が、様々な医療問題を絡めたフィクションを描いているのに・・・『医療コメディのおバカ映画にして三谷幸喜さんあたりが監督したら面白いかも』と思える映画に仕上がっちゃいましたねぇ~悲しいです。
くまんちゅうさんへ^-^* (由香)
2008-02-12 10:35:39
こんにちは!
くまんちゅうさんも小説を堪能された方ですから、ガッカリ感は同じではないでしょうか。
いやはや・・・大好きな田口先生が女性、って時点で黄色信号でしたが、まさかここまで薄っぺらな映画にするとは・・・
本作では、白鳥の濃すぎるキャラも伝わらないし、何より東城大学の愛すべきキャラが全くいきてこないわ~
もしかして・・・映画化は失敗ではないかしら?
AKIRAさんへ^-^* (由香)
2008-02-12 10:40:12
こんにちは!
AKIRAさんもガッカリされましたか・・・
私は、期待しないで観よう!と決めていましたが、それでもガックリ感が大きかったです。
大好きな物語の良さがいきずに映画になっちゃうと、かなりショックを受けますよね~
以前『ダヴィンチ・コード』を観た時も暴れたくなりましたが、こちらもグレたくなりました。
ソフトボールのシーンは何だったんでしょうね?
ワタクシ、センスを疑って目がテンになりましたです。
睦月さんへ^-^* (由香)
2008-02-12 10:48:47
こんにちは!
映画は、原作の筋をあらかた追ってはいますが、全く違う雰囲気の作品になっています。
原作はもっと面白いんですよ~信じて~~~(懇願)

睦月さんが疑問に感じられるのはごもっともです。
キャラの描き方が薄っぺらいので、それこそ何にも伝わってこないんですよねぇ~
本当は、東城大学医学部付属病院の田口公平医師を中心にした魅力あるキャラたちが、抜群のセンスの文章で活き活きと描かれ、医療崩壊に通じる数々の問題を絡めながら展開するサスペンス!!なんですぅ~メソメソ
睦月さんが2つ挙げられていた疑問は、あの描き方じゃーよく分からないですよねぇ~
残念な映画化になってしまいました。
kiraさんへ^-^* (由香)
2008-02-12 11:00:26
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
kiraさんはかなり辛口の感想を持たれたようですね~
私も同じです。というか、、、腰砕けのショック状態で感想を書きました
原作はとても面白い小説だったのですが、、、この映画では、原作の魅力がことごとく欠落していて残念です。
映画を観て原作に興味を持たれる方はいないのでは?と思うと寂しいし・・・
もう何でも安易にベストセラーの映画化をするのは止めて欲しいなぁ~
やっぱり・・・ (こでまり)
2008-02-13 21:15:21
原作を読んでると不満な点がたくさん出てきちゃいますね。
私は、本を読むより映画を見ることで済ませてしまおう!なーんてズルしているので、
結構楽しめましたよ!
まあ、原作が面白いから映画化・・・って話になるんでしょうけど、
そうするなら、それなりの覚悟を持って作って欲しいですよね。

原作は面白いのかぁー
やっぱり読もうかな?(いつになるかわからないけど、取りあえず買っときます
こでまりさんへ^-^* (由香)
2008-02-14 09:59:16
こでまりさん!!!これは原作の方が10000倍面白いです。
もちろん好みはありますし、白鳥というキャラが鼻についたりはするのですが・・・かなりイケてる小説だと思います。
だから、もし機会があったら読んで~~~
読み始めちゃったら、きっと止められないよ~~~(笑)

映画はガックリでしたが・・・楽しめました?
そうですか・・・
原作を読まずに観れば面白いのかなぁ~
面白かったよ(笑) (しんちゃん)
2008-02-14 18:07:46
 もう長年の失敗で映画を観て楽しかった作品の場合原作を読むことにしている私です(笑)

 まあどちらが好きかってことになるんだろうけど、由香さんもいままででも原作がよくて映画もいいってのはなかなか無かったでしょ?(笑)

 で・・・原作を読んでますが、やっぱ面白いね(笑)
なかなかのバディ小説です(爆)
しんちゃんへ^-^* (由香)
2008-02-14 21:20:41
こんばんは!
私は、この小説が映画化になると知る前に読んじゃったんですよ~
お気に入りのシリーズなので5作読了しました♪

映画化になると知ってから原作を読む―というのはあまりなくて、、、読んだ本が映画化になる場合が多いかな。
だって最近は昔の小説まで映画化されるんだもの・・・
題材に困っているようですね~

本は面白いですか?
映画とは雰囲気が違ってググっとくると思いますよ!!
コメントありがとうございました! (non_0101)
2008-02-14 23:31:46
この作品、やっぱり原作を読んでいると辛そうですね~
私は我慢して未読のまま観たのが良かったのか、割と楽しめました。
でも、あっさりした雰囲気は否めないですね~
原作を読み始めると、面接シーンが一番面白いのに
映画では時間の関係か削られているような…
> これ・・・連ドラにした方が良かったんじゃーないかしら?
一票!NHKあたりで4話完結くらいのドラマではいかがでしょうか
non_0101さんへ^-^* (由香)
2008-02-15 13:25:41
こんにちは!
nonさんは原作を読み始められましたか!!
きっと田口先生のキャラが楽しめると思いますよ~
白鳥は鼻につくかもですが(笑)

映画はあまりにもアッサリとした出来だったのでガッカリでした~
大方のあらすじは追っていたのですが・・・この物語が何で人気があるのか分かっていないなぁ~と不満を持ってしまいました。
連ドラで人間模様や医療問題のテーマを盛り込んだ方が面白かった気がします。
こんにちは~ (hito)
2008-02-16 14:13:28
予想通りといえば予想どおりなのですが、やはり原作のスリル感と迫力はなかったですね~

微妙なコミカルさが裏目に出たのかな~?

田口医師と白鳥の役割分担がいい味だった筈が、どちらの個性も活かしきれてなかったですね。

ソフトの試合や山口良一の歌はカットして、もうちょっとチームバチスタの医師たちの人間関係を深く描いて欲しかったものです。
Unknown (masako)
2008-02-17 19:19:57
こんばんは。この原作って、キャラクターが魅力的なところがポイントの一つでもあるのに、映画ではそれが全然出ていなかったですよね。本当田口公平を女にして竹内結子に下のが第一の失敗だと思います。
また白鳥もイメージは阿部寛じゃないんですよね~。
なんか残念な映画になってしまった感じですね。

映画のレビューUPしたらTBさせていただきますね。
TBありがとうございました (sakurai)
2008-02-17 23:54:00
本って、シリアスなんですか?コメディなんですか?
そこが一番気になる。
ミステリーの要素もあんまりなくて、ミス大賞?
なんかえらい半端な出来でしたわ。
結構鳴り物入りだったので、なんも知らない私は、期待したのですが、いただけませンでしたわ。
配役陣をもうちょっと練ると、もう少しいい感じになりそうでしたがね。
やっぱ、アベちゃん、出すぎだと思いますです。
hitoさんへ^-^* (由香)
2008-02-18 14:26:05
こんにちは!
原作の面白さが全く出ていない映画でしたね~
いっその事、別アレンジで作ればいいのに・・・と思っちゃう程でした。
ただただあらすじを追っても、ツマラナイですぅ~ガッカリ!!
『ソフトの試合や山口良一の歌はカットして』-私もそう思いました。
あれはイラナイですよね(汗)
人間関係や会話、医療問題などが面白いのに、、、中途半端にコミカルにされて悲しいわ~ん。
masakoさんへ^-^* (由香)
2008-02-18 14:31:12
こんにちは!
masakoさんも原作を読まれましたか。
原作の田口公平がいい味だったのに・・・どうして女性にしたんでしょうねぇ~
白鳥も・・・阿部さんではイメージが違い過ぎますし、白鳥がどういう位置にいるのかイマイチ分かり難かったですよね~
つくづく残念でなりません。
これは、人間関係が魅力的なお話ですから、ドラマでジックリ描いた方が良かったかな・・・と感じました。
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2008-02-18 14:36:30
こんにちは!
sakuraiさん!!原作は超オススメです!!
海堂さんの作品は5作ほど読みましたが、医療問題が必ず絡めてあって興味深いんですよ。
舞台となる東城大学医学部の面々も魅力的に描かれていて・・・とっても面白い小説です。
ミステリー要素は少なく、医療ミステリ作品というよりも『医学はミステリ』という作品を書かれています。
だから・・・映画にはガッカリでした。
あまりにも生ぬるい出来!!
これじゃー映画から原作に興味を持たれる方が少ないだろうなぁ~
こんばんは (えめきん)
2008-02-19 22:11:18
TB&コメントありがとうございました。

心臓手術中に起きる殺人という非常にシリアスかつ緊迫感のある設定、二転三転するストーリー、癖のあるキャラクター等、邦画サスペンス映画の傑作になりえる要素がたくさん詰まっていたにも関わらず、無駄なコメディ要素のせいで一気に質が落ちてしまいました。
コメディパートもつまらないとは言いませんが、今回は余計でしたね。
えめきんさんへ^-^* (由香)
2008-02-20 15:28:41
こんにちは!
上手くすれば、『邦画サスペンス映画の傑作になりえる要素がたくさん詰まっていた』のに・・・ちょっとツマラナイ映画になってしまってガッカリです。
もうちょっと何とかならなかったのでしょうか・・・
竹内さんのボンヤリとした雰囲気がイマイチでした。
動物の絵も何だったんでしょうね(汗)
Unknown (ケント)
2008-03-01 16:54:04
こんにちは由香さん
TBお邪魔しますね。
由香さんのレビューは凄く的確ですね。
駄作ではないと思いますが、とても1800円出して観る映画とはいえませんな。
「看護師の大友(井川遥)があまりにもおマヌケに描かれていたのもイタダケナイ。」
おっしゃる通りです。コメディーと片付ければ、なんでも許されるものじゃなく、やはり手術中に何度もおばかなミスをする看護師が、バチスタメンバーに参加していること自体ナンセンスなのであり、この映画を創った人の感性を疑ってしまいます。
阿部寛は、確かに出過ぎですね。別に彼である必然性も感じませんでした。
「田口医師ですが・・・こちらはボケーっとし過ぎていて、人間的魅力が伝わってこなかったなぁ~」そうそうその通り、竹内結子がこんな役柄も出来るということを証明するのはいいけれど、なぜこんなバカ役なんだろうか?原作の田口公平もこんな感じなのですか?
もっとテーマを考えて、全体的にシリアスな展開に出来なかったのでしょうかね。他のメンバーが真面目に演技しているのに、なぜ阿部と竹内と井川の三人がコメディータッチを演ずるのか大いに疑問でした。
「剥き出しの心臓の映像が出てきても、どう~もリアリティが感じられなくて・・・何だかシラケムードになっちゃいました」全くそれもおっしゃる通り、ちっとも凄い手術だと感じませんよね。カメラワークが悪いのか、実際はそんなものなのかは不明ですが・・・
ケントさんへ^-^* (由香)
2008-03-02 15:11:07
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
これは、原作が物凄く面白かっただけに残念な映画化だったな・・・と思わざるをえませんでした。
まず田口医師ですが、全く竹内さんが演じたようなキャラではありません。
出世に興味のない昼行燈的な男性ですが、ここぞ!という時に能力を発揮する頭のいい方なんです。
そして大友看護師も原作では優秀です。
心理的葛藤やコンプレックスはありますが、あんな看護師ではありません。
白鳥も違うキャラでした(泣)
映画では、白鳥が出てくる必然性が感じられませんでしたよね・・・残念ながら。
手術シーンの臨場感も、どうしてもっと出せないのか疑問でした。
普段海外ドラマで見る手術シーンは、とっても本物っぽいのに・・・
原作は、現役の医師が、医療崩壊などの問題をテーマに織り込んで読み応えのある作品を書かれています。
大学病院もメンバーも魅力的で、それで人気が出た作品だと思いますので、映画の製作の際に、この作品のどこが魅力だったのか・・・それを検討して脚本を練って欲しかったと思いました。
映画化では・・・ (有閑マダム)
2008-04-18 12:26:36
由香さん、こんにちは!
この原作を読んだところです。
映画化されていると聞いて・・・それも主役の一人田口医師が女性になっているとのことで、興味をもっていました。
こちらの記事を読んで、ああ、やっぱり・・・と思ってしまったのですが、中途半端になっちゃったようですね。

原作どおりにすると、あまりにも野郎ばかりになっちゃうから、花を添えるために田口さんを女性にしたのでしょうけれど、ただのぼんやりしたボケキャラでは、だめですよねー。
有閑マダムさんへ^-^* (由香)
2008-04-18 23:54:38
こんばんは!
コメント頂きありがとうございました^^・

原作を読まれたのですね~
今お邪魔させて頂きましたが、有閑マダムさんも堪能されたようで良かったです♪

で、、、映画ですが、先程コメントさせて頂きましたが、かなりガッカリでした(汗)
キャストがどうの・・・という以前の問題で、映画化にあたり、原作の上っ面をサラリとなぞっただけの脚本にしてしまったようで、、、魅力もへったくれもありませんでした。
これでは、映画から原作を読もうという方はあまりいらっしゃらないのでは・・・と思い残念でした。
原作はとっても面白いのに・・・ブツブツ・・・
こんばんは★ (dai)
2008-07-25 19:09:04
TBありがとうございます。

こちらこそこれからも宜しくお願いします♪

おっしゃる通り、連ドラで容疑者一人一人をクローズアップしていった方が面白くなったかもしれませんね。確かにつまらなくはなかったのですが、面白くもなかったという結果が、映画でやるには若干きつかったことを物語っていたと思います。
daiさんへ^-^* (由香)
2008-07-27 09:41:59
こんにちは!
コメント頂きありがとうございました^^・
これからもヨロシク~

ちょっと映画としての魅力に欠けましたね~
『連ドラで容疑者一人一人をクローズアップしていった方が面白くなったかもしれませんね』-そうですね・・・一人一人をじっくり掘り下げていった方が良かったかもしれません。
あとは、テーマを明確にして欲しかったです。
ダラダラと描いたのでは、作品が本来持っていた良さが引き出せませんでした~
・・・・・・手術シーンもショボかったですね
やはりこれは (メル)
2008-09-25 19:00:55
原作の方がずっと良かったんですね~。
なんだかそんな気がした・・(^^;;)
やはり野球のシーンは原作になかったんですね。
あれを入れる意味がわからん、と私も思いました。

それに私も阿部ちゃんがトリックの彼と重なって困っちゃいました。
さらに重要と思われるあの桐生がなぜ吉川なのか・・・。
あまり上手とも思えないのになぁ、と(^^;;)

とにかくなんだかすべてがばらばらで、すべてを上っ面だけで
撫でただけで、あっという間に終わっちゃった・・と言う感じでした~。
安心してください (とおりすがり)
2008-09-28 14:26:55
先日やっとDVDで観て、期待とあまりに異なる内容で戸惑っていましたが、いろいろ検索してみて、ここでの説明にも触れ、納得。とくに、田口役の男女変更については、あぁまた落ちたか映画化の罠に~と。人気女優にすればいいってものではないのにね。もっともテレビドラマ化では田口は男のままだそうで。
なにはともあれ原作は何倍もスゴイらしいので、読んでみたくなりました、かえって。由香さんが繰り返し強調されてるし。
メルさんへ^-^* (由香)
2008-09-29 23:46:50
こんばんは!
お返事がすっかり遅くなってしまいました。申し訳ありません。

原作は物凄く面白い小説です。
メルさんは『ミスト』の原作にも興味をお持ちのようですが、コチラの方をオススメしたいです♪
原作者の方の持っている独特のユーモアのセンスが良く、キャラも魅力的ですし、医療問題にもズバッと切り込んでいて、シリーズを通して読むと夢中になっちゃうと思いますよ~

映画は、、、かなりガックリしてしまいました。
あんなに面白いお話を、どうして間の抜けた作品にしてしまったのか、、、なんて思ってしまったくらいです。
もうすぐ『容疑者Xの献身』も公開されますね~
そちらも大人気の原作ですので、どういう風に仕上げているのか気になるところです。
とおりすがりさんへ^-^* (由香)
2008-09-29 23:55:16
こんばんは!
コメント頂きありがとうございました。
繰り返し主張しておりますが(笑)、原作はかなり面白い小説だと思います。
もちろん好みもあるでしょうが、原作者のユーモアのセンスと知性が光っておりますし、キャラも魅力的です。
シリーズ物になっていますが、それぞれの作品で医療問題を上手く織り混ぜていて興味深い内容になっています。

映画にはとてもガッカリしてしまいました。
これでは原作の面白さに興味を持たれる方が少ないのでは、、、と残念でなりません。
主役の田口医師が女性になったのは、東野圭吾さんのガリレオシリーズでも主要な刑事を女性にしたのと同じで、、、物語の面白さを半減させちゃっているなぁ~と思いました。
ドラマ化は男性になるのですか?
観る予定はありませんが、キャストには興味があります。
Unknown (みゆみゆ)
2008-11-29 21:06:40
こんにちは。

やっと映画の方をDVDで見ました。
ドラマ観ているんですが、田口は女性でも映画の方がドラマよりも面白いや・・・と思いながら見ていました(笑)
みゆみゆさんへ^-^* (由香)
2008-11-30 16:12:21
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました♪

まぁ!ドラマは面白くないのですか?
私は未見なので何とも言えませんが、原作が超~面白かったので、映画はダメだったんですよ~
で、、、それ以下ってことは、、、どういうことかしら?(汗)
原作 (にゃむばなな)
2009-03-06 21:53:16
原作は「このミス」大賞作品だったんですね。
なら余計、ミステリー要素が弱く感じてしまうのは残念ですよね。

私は原作がどれだけの評価を受けているとかをすっかり忘れていましたので、こんなものかと思っていましたが、それでもねぇ~ですね。
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2009-03-07 17:25:36
こんにちは~♪
ジェネラル~が公開されましたね~
コチラの映画でドッチラケ気味の私でしたが、しっかり観に行くつもりです♪

それにしても、、、この作品。
ちょっとユルユル過ぎたかなぁ~
原作が超~~~面白いのに、映画やドラマだと何故その面白さが出ないんでしょう?
ジェネラル~はどうかなぁ~
基本的に、ジェネラルは速水先生ってのが超~~~カッコイイキャラなので、その辺を上手く描けば鑑賞にたえると思うのですが、、、
遅くなりスミマセン (AS)
2009-03-08 23:58:04
TBありがとうございました!
YUKAさんは原作のファンなのですね~
私は「チーム・バチスタの栄光」は原作読まずに、テレビドラマから入ったので、映画版は見なくても良かったな…と思いました。
時間があれば原作読んで見よっかなぁ☆
ASさんへ^-^* (由香)
2009-03-10 11:29:51
こんにちは♪
原作は面白いですよ~
映画とは比べものになりません!!(笑)
お時間があれば是非読まれてみて下さいね♪(ただ、原作の白鳥は非常~~~に濃い奴なので、お嫌いかも・・・)

私はドラマは未見なんですよ。
きっとこのお話は、本だからこそ面白いんだと思うなぁ~
はじめましてm(__)m (hi-lite)
2009-03-29 16:56:53
いやぁ~由香さんの記事、的確で感心しました。
もう「そうそう!」と頷くばかり…
たしかに映画は原作のあらすじ的感じだった。
だけど、これを判りやすく原作を読んでない人にも映画として観せようとすると、こうなっちゃうンじゃない?
そういった意味では自分はこの映画に及第点をあげても良いかなと思ってます(^m^)b
hi-liteさんへ^-^* (由香)
2009-03-30 12:37:47
はじめまして!
TB&コメントありがとうございました!
今後とも宜しくお願いします♪

あわわ、、、私の感想ですが、的確というよりは、言いたい事を辛口でバンバン言っちゃってる感じですよね~(汗)
スゴク原作が好きだったもので、ついつい力が入っちゃいました~今読むと恥ずかしいわ~

この映画は、もう少し映画独自のテーマ性を持たせても良かったかなぁ~と思います。
あと脚本がイマイチだったかなぁ~
新作のジェネラル~は良かったですよ。観ていてホッとしました(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

96 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『チーム・バチスタの栄光』 (ラムの大通り)
----これって原作が大ベストセラーだよね。 「うん。本屋に文庫本が平積みになっていた」 ----チームって、なにかスポーツのお話ニャの? 「いや。バチスタっていうのはね。 拡張型心筋症に対する非常に難易度の高い手術。 この映画は アメリカ帰りの天才外科医を中心とす...
チーム・バチスタの栄光 (映画のメモ帳+α)
チーム・バチスタの栄光(2008 日本) 監督   中村義洋    原作   海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』 脚色   斉藤ひろし 蒔田光治 撮影   佐々木原保志 音楽   佐藤直紀 出演   竹内結子 阿部寛 吉川晃司       池内博之 玉山鉄二...
感想/チーム・バチスタの栄光(試写&文庫) (EDITOREAL)
このミステリーがすごくない! 『チーム・バチスタの栄光』2月9日公開。"愚痴外来"と揶揄される科に勤務する医師・田口の元に意外な指令が届いた。それは、病院が誇る「チーム・バチスタ」の内部調査。バチスタ手術26連勝という奇跡的偉業を成し遂げていた彼らが、突如と...
『チーム・バチスタの栄光』完成披露試写会@TOHOシネマズ六本木ヒルズ (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
1/23に行った1ヶ月ぶりの舞台挨拶。2008年1発目は、第四回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した現役医師・海堂尊原作『チーム・バチスタの栄光』登壇したのは、竹内結子、阿部寛、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、佐野史郎、中村義洋監督、原作者・海堂尊...
チーム・バチスタの栄光 (eclipse的な独り言)
 この記事にトラックバックする映画ブロガーはこの記事にコメント入れること。(嘘)
「チーム・バチスタの栄光」 プロ意識と傲慢さ (はらやんの映画徒然草)
命を預かる仕事をしている方々が日々感じているプレッシャーというのはたいへんなもの
2008-07『チーム・バチスタの栄光』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-07『チーム・バチスタの栄光』(更新:2008/02/10) 評価:★★★★☆ 犯行現場は、半径10センチ…衆人環視の中、実行された究極の完全犯罪。 心臓外科手術って凄いよねって思って見入っちゃいまし...
チームバチスタの栄光 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  朝田龍太郎を呼べ!  
チーム・バチスタの栄光 (勝手に映画評)
原作は、第四回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作品。現役医師による医療ミステリーだけに、素人がちょっと勉強しただけでは書けない臨場感を感じます。 ほぼ原作どおりですが、原作では田口は男性であったのが女性に変更になっているのが、主な変更点。小説として...
「チーム・バチスタの栄光」みた。 (たいむのひとりごと)
人を生かすも殺すも医者次第・・・とかなったら怖いなって思う。でも、よくよく考えなくても本当にやろうと思えば簡単に出来ちゃいそうだから尚恐ろしい。原作は、映画を観てから読もうと思い待機させていた作品。正
チーム・バチスタの栄光 (映画鑑賞★日記・・・)
【チーム・バチスタの栄光】2008/02/09公開(02/10鑑賞)製作国:日本 監督:中村義洋原作:海堂尊 『チーム・バチスタの栄光』(宝島社刊)出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎、野際陽子、平泉成、國村隼...
チーム・バチスタの栄光 (ぷち てんてん)
映画のはしごで「L」を見た後でこちらも見てきました。今週は邦画ばかりだなあ~~。「団塊ボーイズ」だって見たいし、「潜水服は蝶の夢を見る」だって見たいのにこちらではやらないんだもん、グチグチ・・・☆チーム・バチスタの栄光☆(2008)中村義洋監督海堂尊原作竹....
「チーム・バチスタの栄光」人の心理を巧に突いた半径10cmの犯行現場 (オールマイティにコメンテート)
「チーム・バチスタの栄光」は2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の同名ベストセラーを映画化で心臓移植専門のバチスタチームが原因不明の3連続失敗で内部調査に乗り出し、そこに厚生省の役人も絡んで事件の真相を解明していくストーリーである。内容はバ...
チーム・バチスタの栄光 (Yuhiの読書日記+α)
2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーを映画化したものだそうです。ミステリーものが大好きな私としては、この原作が以前から気になっていて、ずっと読みたいなと思っていたのですが、なかなか小説を読む機会がなく・・...
チーム・バチスタの栄光/竹内結子、阿部寛 (カノンな日々)
原作ファンの方々の前評判がすこぶる悪いので気になってたんだけど、新聞に載ってた中村義洋監監督のインタビューでなんとなくわかりました。主人公が男性から女性に変わっちゃてるんですね。要のキャラクターが変われば作風だけじゃなくて、物語そのものが違うものになり...
チーム・バチスタの栄光 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年2月9日 公開 「・・・・住んでる。」(・_・;)シラトリサン これはちょっと宣伝に踊らされてしまったなぁ~。 ・・・てか、これ『トリック』でしょ。 阿部ちゃん出てるし、脚本は『トリック』の蒔田光治さんですし。 原...
チーム・バチスタの栄光 (何書☆ねくすと)
 評価:○          危険な綱渡りと………度:48% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 ...
★★ 『チーム・バチスタの栄光』 (映画の感想文日記)
2008年。TBS/東宝。「チーム・バチスタの栄光」製作委員会。   中村義洋監督。海堂尊原作。  竹内結子、阿部寛、その他出演。  先日DVDで見た『アヒルと鴨のコインロッカー』 が、かな...
【劇場映画】 チーム・バチスタの栄光 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術“バチスタ手術”の専門集団「チームバチスタ」を作り、100%の確率で成功を収めていた。ところが今、3例続けて術中死が発生している。はたして患者たちの死は、事故なのか、殺人なのか?病院長は内部調査...
チーム・バチスタの栄光 (Good job M)
公開日 2008/2/9監督:中村義洋 「アヒルと鴨のコインロッカー」出演:阿部寛/竹内結子/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二/井川遥/田口浩正/田中直樹/佐野史郎 他【あらすじ】東城大学付属病院では、高難度の心臓手術“バチスタ手術”の専門集団「チーム・バチスタ」を結成。...
「 チーム・バチスタの栄光 」 (俺の明日はどっちだ)
ご存知、現役医師でもある海堂尊による『このミステリーがすごい!』大賞受賞の同名ベストセラーを映画化したこの作品、決して傑作だとか、怪作だとかといった具合に必要以上に持ち上げる気はさらさらないけれど、いささか消化不良気味である(と個人的には勝手に思ってい...
チーム・バチスタの栄光 (Akira's VOICE)
原作者と,メディア, マスコミの絶賛はおかしい!
チーム・バチスタの栄光 7点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
このバティスタの犬め! 公式サイト 現役医師が執筆した医療が題材の小説なる、わかりやすく興味を惹く話題性によりベストセラーとなった、海堂尊の同名小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』にて評価を受けた中村義洋監督により映画化。 のだが、『アヒル~』の...
チーム・バチスタの栄光 (C'est Joli)
チーム・バチスタの栄光’08:日本 ◆監督:中村義洋「アヒルと鴨のコインロッカー」◆出演: 阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 ◆STORY◆ 東城大学付属病院でのバチスタ手術が3例続けて失敗する。内部調...
映画感想≪チーム・バチスタの栄光≫ (キネマ徒然草)
何だか最近、ブログの内容が映画からそれてしまっているような・・・。 ということで、今回は久しぶりに映画感想を。。 <b>≪チーム・バチスタの栄光≫</b>★★★ 中村義洋監督 竹内結子と阿部寛のダブル主演(ということになるのかな?でも阿部ち...
チーム・バチスタの栄光 (せるふぉん☆こだわりの日記)
観てきました~。 今日はチーム・バチスタとLのかけもちだったんで少々疲れました
チーム・バチスタの栄光 (ネタバレ映画館)
「田口さん!」と呼ぶ度に田口浩正を思い浮かべてしまう・・・
チーム・バチスタの栄光 (to Heart)
               犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。 2006年第4回「このミステリーがすごい!」で大賞を受賞した海堂尊原作の同名ベストセラーの映画化。 原作 海堂尊 上映時間 120分 監督 中村義洋 脚本 斉藤ひろし、蒔田光治 音楽 佐藤直...
『チーム・バチスタの栄光』 (風模様Days)
最近医龍といい、この『チーム・バチスタの栄光』といい バチスタブーム?ですね各分野のスペシャリストが集結した「チーム・バチスタ」。失敗したとは思えない手術で次々と患者が亡くなっていく。犯人はチーム内にいる! なんだがまるでコナンのようですが、むしろ...
2008-07『チーム・バチスタの栄光』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2008-07『チーム・バチスタの栄光』(更新:2008/02/10) 評価:★★★★☆ 犯行現場は、半径10センチ…衆人環視の中、実行された究極の完全犯罪。 心臓外科手術って凄いよねって思って見入っちゃいまし...
映画を観た~チーム・バチスタの栄光~ (垂直落下式どうでもいい話)
『チーム・バチスタの栄光』を観ました。 犯行現場は、半径10cm。 犯人はこの7人の中に、いる。 ストーリー&解説:東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術“バチスタ手術”の専門集団「チームバチスタ」を作り、100%の確率で成功を収めていた。とこ...
チーム・バチスタの栄光 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2006年第4回「このミステリーがすごい!」大賞受賞の同名ベストセラーを映画化。出演は、外科は素人の心療内科医師・田口に、日本を代表する美しさが魅力の女優・竹内結子。厚生労働省のキレモノ役人・白鳥に、常に独特の存在感で観客を魅了する俳優・阿部寛。また監督...
チーム・バチスタの栄光 (Diarydiary!)
《チーム・バチスタの栄光》 2008年 日本映画 東城大学付属病院のバチスタチ
『チーム・バチスタの栄光』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チーム・バチスタの栄光」□監督 中村義洋 □脚本 斉藤ひろし、蒔田光治□原作 海堂尊 □キャスト 阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎 ■鑑賞日 2月9日(土)■劇場 チネチ...
『 チーム・バチスタの栄光 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 チーム・バチスタの栄光 』 [劇場鑑賞] 日本【2008年2月9日公開】[ 上映劇場 ] 監督:中村義洋 脚本:斉藤ひろし 蒔田光治 原作:海堂尊 【キャスト】 竹内結子 阿部寛 吉川晃司 池内博之 玉山鉄二 井川遥 田口浩正 田中直樹...
チーム・バチスタの栄光 (八ちゃんの日常空間)
田口、ちっとも役に立ってないじゃないか! 最後だけ役にたったけどね。
チーム・バチスタの栄光 / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
「L」より先に。。。(苦笑)観てきました 「チーム・バチスタの栄光」ですSTORY:難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3例続けて術中死が発生。内部調査を任された田口(竹内結子)が適当な報告で締めくくろうとし...
●チーム・バチスタの栄光(21) (映画とワンピースのこでまり日記)
原作もこんなコメディタッチなの??
「チーム・バチスタの栄光」:大塚四丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}花とらないで・・・。悲痛な叫びだな。 {/hiyo_en2/}ほんと、命をとらないで、ってことだもんね。 {/kaeru_en4/}しかも、命を救ってくれるはずの病院で命をとられちゃうこともある。 {/hiyo_en2/}ああ、「チーム・バチスタの栄光」のことね。バチスタ手術と...
チーム・バチスタの栄光 [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★ 良くて ★☆☆☆☆☆☆ http://www.team-b.jp/ma
劇場鑑賞「チーム・バチスタの栄光」 (日々“是”精進!)
 「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞してきました第4回「このミステリーがすごい」大賞を受賞した、現役医師・海堂尊の手によるベストセラー同名小説を映画化。新感覚医療ミステリー!ストーリーは・・・成功率60%といわれる心臓手術、バチスタ手術を26回連続成功さ...
メディカル”コメディ”サスペンス。~「チームバチスタの栄光」~ (ペパーミントの魔術師)
自分の担当ジャンルでただいま ものすごくスペースをもらって大々的に展開してるのが コレ。 チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)海堂 尊 宝島社 2007-11-10売り上げランキング : 3Amazonで詳しく見るby G-Tools ...
チーム・バチスタの栄光 (花ごよみ)
原作は海堂尊の同名小説。 監督は中村義洋。 心臓手術チームの不審な術中死を巡って、 調査を依頼された女性医師と、 厚生労働省役人のコンビが、 事件の解決をめざし調査をはじめる。 容疑者は7人のチーム・バチスタ。 主演は心療内科医師竹内結子、 厚生労働省役...
チーム・バチスタの栄光 (2008) 120分 (極私的映画論+α)
 犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。
チーム・バチスタの栄光 (とりあえず、コメントです)
ベストセラー原作のサスペンスで、昨年から公開を楽しみにしていた作品です。 積読にしていた原作に手を出さないよう、じっと我慢していました(^^ゞ 成功率6割と言われる高難度な心臓手術・バチスタ。 この手術を26例連続成功させている奇跡のチームがあった。 その奇...
『チーム・バチスタの栄光』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:中村義洋原作:海堂尊出演:阿部寛、竹内結子、吉川晃司、池内博之、玉山鉄二、井川遥、田口浩正、田中直樹、佐野史郎公式サイトはこちら。<Story>東城大学付属病院では、難易度の高い心臓移植手術“バチスタ手術”の専門集団「チームバチスタ」を作り、100....
「チーム・バチスタの栄光」竹内結子に救われる (ももたろうサブライ)
監督 中村義洋少しあらすじ(結末には触れていません) 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任されたのは不定愁訴外来の田口(竹内結子)。 しかし外科手術に関してはまったく素人....
『チーム・バチスタの栄光』:東宝レーベルの面白さ、ってこと:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
その昔、「家族揃って東宝映画」と謳(うた)っていたことがある、わたしが生まれる前のことだけれど。 本作品は宝島社の「このミス大賞」受賞100万部を超えるベストセラーの映画化であるが、未読です。 多分、原作はかなりシビアな現実を土台にしたミステリィと想...
チーム・バチスタの栄光 (聖なるブログ 闘いうどんを啜れ)
まず家電販売店を節電させろ!
チーム・バチスタの栄光 を観ました。 (My Favorite Things)
ここ数年、米国をはじめ日本も医療モノは、結構人気ですね…。
【チーム・バチスタの栄光】 (日々のつぶやき)
監督:中村義洋 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、池内博之、玉山鉄ニ、井川遥、田中直樹、佐野史郎、田口浩正 「病院長に呼ばれた愚痴外来と言われる窓際医師の田口は、通常6割の成功と言われている難易度の高いバチスタ手術を100%成功させてきた桐生率いるチーム
やっぱり行き着く先は、ここ。『チーム・バチスタの栄光』 (水曜日のシネマ日記)
有能な心臓手術チームに起きた連続術中死をめぐり、謎を解き明かす医療ミステリー映画です。
映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!(2008-05) (馬球1964)
映画「チーム・バチスタの栄光」を観ました!!2008年の第5作目です
映画『チーム・バチスタの栄光』 (頑張る!独身女!!)
これでいんだよね。
チーム・バチスタの栄光 [監督:中村義洋] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
個人的評価:■■■□□□ (最高:■■■■■■、最低:■□□□□□) 昨年「アヒルと鴨のコインロッカー」で、新人監督を対象にした映画制作者協会の賞「新藤兼人賞」の金賞を受賞した中村義洋監督の作品・・・・ということで期待して観に行った。原作は読んでいない。 推...
[映画]チーム・バチスタの栄光 (落とし穴には気をつけろ!)
「バチスタ手術」って、この映画で初めて知りました。最近の医学って凄いんだなあ。 優秀なバチスタ手術チームが急に3例続けて失敗したことから、不定愁訴外来の田口医師(竹内結子)と厚生労働省の白鳥(阿部寛)が内部調査をする話です。なかなか面白かったですよ 竹...
「チーム バチスタの栄光」 (てんびんthe LIFE)
「チーム バチスタの栄光」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 TOHOシネマズの日で1000円です。 六本木で未見作品、これしか無いような。 家族の誰かが、「絶対面白いから!保障する!」といっていましたが、原作を読んだわけでもなく、映画はみたの...
チーム・バチスタの栄光 (迷宮映画館)
これって、コメディだったのですか・・・。
【チーム・バチスタの栄光】人の命を手にすると言うこと (映画@見取り八段)
もうだいぶ前から予告を見るたび楽しみで、 とりあえず「L」を蹴って、こっちを先に見てきました。 何だか思ったよりもアッサリしてる。...
チーム・バチスタの栄光 (5125年映画の旅)
成功率60%と言われるバチスタ手術をことごとく成功させてきたチーム・バチスタの7人。しかしある日を境に、チームは3度の手術を立て続けに失敗してしまう。不定愁訴外来、通称『愚痴外来』の田口公子は、チームリーダーの桐生から第3者の視点で事態を解明して欲し...
チーム・バチスタの栄光 (5125年映画の旅)
成功率60%と言われるバチスタ手術をことごとく成功させてきたチーム・バチスタの7人。しかしある日を境に、チームは3度の手術を立て続けに失敗してしまう。不定愁訴外来、通称『愚痴外来』の田口公子は、チームリーダーの桐生から第3者の視点で事態を解明して欲し...
映画「チーム・バチスタの栄光」 (FREE TIME)
先日、映画「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞しました。
『チーム・バチスタの栄光』を見ました (それ行け!21世紀)
竹内結子&阿部寛のコンビが、心臓のバチスタ手術にまつわる札事件に真相に迫る、『チ
チーム・バチスタの栄光 (豪の気ままな日記)
評価☆☆☆ バチスタ手術というとビックコミックで連載されている医龍をまず思い出して、この作品も医龍のような純粋な医療ものの映画かと思っていたんだけど、実はバチスタという手術室の中で起きた密室殺人のトリックを暴いていく医療サスペンスもの。原作は現役の医...
メディカル”コメディ”サスペンス。~「チームバチスタの栄光」~ (ペパーミントの魔術師)
自分の担当ジャンルでただいま ものすごくスペースをもらって大々的に展開してるのが コレ。 チーム・バチスタの栄光(上) 「このミス」大賞シリーズ [宝島社文庫] (宝島社文庫 599)海堂 尊 宝島社 2007-11-10売り上げランキング : 3Amazonで詳しく見るby G-Tools ...
『チーム・バチスタの栄光』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した、海堂尊のベストセラー小説を映画化。成功確率の低いバチスタ手術を次々と成功させ、「チーム・バチスタの奇跡」「栄光の7人」と呼ばれている専門チーム。ところが最近になって立て続けに手術は失敗。それは医療事故な...
映画 「チーム・バチスタの栄光」 (ようこそMr.G)
映画 「チーム・バチスタの栄光」 を観ました。
映画『チーム・バチスタの栄光』 (闘争と逃走の道程)
 《「チーム・バチスタの栄光」は本格的医療ミステリーです》だって?竹内結子がソフトボールをしてるあのTVスポットを見て、映画を見たい気...
【映画】チーム・バチスタの栄光 (新!やさぐれ日記)
■動機 原作を読んで映像化作品を観たくなったため ■感想 よしときゃよかった ■満足度 ★☆☆☆☆☆☆ がっかり ■あらすじ 高難度の心臓手術「バチスタ手術」を26回連続で成功させていた“チーム・バチスタ”に、3度続けて術中死が発生。内部調査を任された田...
チームバチスタの栄光 (ダイターンクラッシュ!!)
2月24日(日) 16:10~ 日劇2 料金:1300円(交通会館のプレイガイドで前売りを購入) パンフレット:後日購入予定 『チームバチスタの栄光』公式サイト 医療ミステリー。宝島社の「このミステリーがすごい」大賞を受賞した。原作は読んでいない。 吉川晃司が、有...
『チームバチスタの栄光』 @日劇 (映画な日々。読書な日々。)
成功率60%といわれる心臓手術「バチスタ手術」を26例連続成功させていた、東城大学付属病院の専門集団「チーム・バチスタ」。しかしその手術が3例連続で失敗するという事態が起きた。原因は果たして事故なのか? それとも故意の“殺人”なのか?? 心療内科医の田口は院...
チームバチスタの栄光 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  予告編をちらっと観たとき、この映画はマンガ『医龍』のパクリなのだろうか。そして主演の竹内結子はバチスタメンバーなのだろうと、勘違いしてしまった。 確かにバチスタチームを中心にしている点は『医龍』と同じだが、そもそも竹内結子はバチスタメンバーで...
チームバチスタの栄光 (ケントのたそがれ劇場)
★★★  予告編をちらっと観たとき、この映画はマンガ『医龍』のパクリなのだろうか。そして主演の竹内結子はバチスタメンバーなのだろうと、勘違いしてしまった。 確かにバチスタチームを中心にしている点は『医龍』と同じだが、そもそも竹内結子はバチスタメンバーで...
映画「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 2日、平和島シネマサンシャイン3番館にて「チーム・バチスタの栄光」を鑑賞した。 客入りは143席に17名、大人の観客に混じり、小学生高学年の女子5人組が見に来ている。しかし、彼女たちはコマッタちゃんで上映中しゃべるわ、物を食べるわ、仕舞にはメールチェ...
チーム・バチスタの栄光 ~ コメディとシリアスのバランスが絶妙 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ コメディとシリアスのバランスが絶妙 ~ 現役医師である海藤尊が書き上げたミステリー小説を実写映画カしたこの作品『チーム・バチスタの栄光』(2008年/日本/ドラマ)。何でも「このミステリーがすごい大賞」というのにも選ばれたとか。 実際観てみると、ミス...
臓 ~「チーム・バチスタの栄光」~ (サナダ虫 ~解体中~)
中村義洋監督作品、竹内結子主演の、 映画 「チーム・バチスタの栄光」を観た。 有能な心臓手術チームに起きた連続術中死をめぐり、 内部調査を任された女性医師(竹内結子)と、 破天荒な切れ者役人(阿部寛)のコンビによる活躍を描く、医療ミステリー。 (原作...
No.020 「チーム・バチスタの栄光」(2008年 日本 120分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 中村義洋 出演 竹内結子     阿部寛     吉川晃司 布施ラインシネマ10での2本立ての映画鑑賞は今、邦画のベスト1、2のヒット作の連続鑑賞となりました。 余談ですが早くもここの会員券の更新の時期が来たので鑑賞前に窓口で更新手続きを・・・ス...
「チーム・バチスタの栄光」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
3月30日、ラジオ番組「伊集院光 日曜日の秘密基地」が終了した。好きで良く聴いていたこの番組。特に「心に引っ掛かっている謎、埋まらない記憶を募集し、リスナーからの情報を元に調査&解明して行く。」という「秘密キッチの穴 」なるコーナーが大好きだった。謎を...
チームバチスタの栄光 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
自分も日頃からお世話になっている病院関連の話には 非常に興味がある。まぁ バチスタ手術の様な特殊な手術が そうそう立て続けに 何件も行われる分けもないけど しかも奇跡的に26連勝って 凄いなぁ。。。ってか 名医の吉川晃司は 太り過ぎててアイドル時代の面...
チーム・バチスタの栄光 (Memoirs_of_dai)
ソフトと歌は必要か? 評価 ★★☆☆☆(2.6P) 【簡易感想】 現役の医師が描いた医療サスペンスかつ、第4回「このミステリーがすごい!...
コメディなの?「チーム・バチスタの栄光」 (花小金井正幸の日々「絵描人デイズ」)
「チーム・バチスタの栄光」をレンタル。 キレイに、まとまってました。 でも、ハート(心臓)に響かず、グサリとこず。 もうちょいキャラ達が、異常な感じだったら、笑いも膨らんだんじゃ?なんて思ったりして。 「アヒルと鴨のコインロッカー」の監督だった...
「チーム・バチスタの栄光」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
拡張型心筋症に対する手術で高難度のバチスタ手術。東城大学病院では、天才外科医・ 桐生(吉川晃司)をリーダーとする7人の専門集団“チーム・バチスタ”を結成、驚異的な成功を 記録していたが、3例立て続けに術中死が発生。不運な事故が続いたのか、医療ミスか、故意...
『チーム・バチスタの栄光』 (DVD) (みゆみゆの徒然日記)
 原作を読んで、放送中のドラマも観ているのですが、映画の方も借りて見てみました。原作を読んでしまうと、田口の設定が竹内結子に、と若い女性になっていたりして違和感を感じるものの・・・ドラマに比べたらまだいいかもしれない・・・と思ってしまいました(苦笑)と...
「チーム・バチスタの栄光」(日本 2008年) (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
バチスタ手術失敗の陰に潜むのは事故か? それとも殺人か・・・?! 
チーム・バチスタの栄光 (めでぃあみっくす)
現役医師が書いたミステリー小説の映画化ということだけあって、医療現場の最前線にいた者にしか分からない緊迫感のある作品でした。医療ミスという社会問題をテーマにしておきながら、完全なる密室ミステリー要素で見せてくれる巧さは素晴らしかったのですが、ただ途中に...
【映画感想】チーム・バチスタの栄光(竹内結子×阿部寛)[2009-030] (映画+小説+家族=MyLife)
今週末に『ジェネラル・ルージュの凱旋』が公開されましたが、その公開に先立ってシリーズ第一作目である『チーム・バチスタの栄光』がTV放送されていたので鑑賞してみました。大ヒット小説の映画化って失敗作も多いですが、本作はどんなもんでしょうか?
チーム・バチスタの栄光 (悠雅的生活)
医療の現場で起こる殺人
『チーム・バチスタの栄光』 (前向きライフ(^_-)-☆)
お約束どおり、ビデオで見ました~ 『チーム・バチスタの栄光』 監督:中村義洋 出演:竹内結子 / 阿部寛 / 吉川晃司 / 池内博之 / 玉山鉄二 / 井川遥 / 田口浩正 / 田中直樹 / 佐野史郎 / 野際陽子 / 平泉成 / 國村隼 あらすじ~(他から拝借) 成功率60%といわれる心...
映画「チーム・バチスタの栄光」 (<花>の本と映画の感想)
チーム・バチスタの栄光 監督: 中村義洋 出演 竹内結子, 阿部寛, 吉川晃司, 池内博之, 玉山鉄二 井川遥 田口浩正 田中直樹 佐野史郎 2008年 チーム・バチスタの栄光 [DVD] ¥3,310 Amazon.co.jp 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術...
チーム・バチスタの栄光 (レンタルだけど映画好き)
犯人は、あなたですね。 犯行現場は、半径10cm。この7人の中に、いる。 2008年 日本  公開日2008/02/09  レンタル開始日2008/08/08 チーム・バチスタの栄光 スペシャル版 監督 中村義洋 出演 竹内結子/阿部寛/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二/井川遥...
チーム・バチスタの栄光 (Lovely Cinema)
医療サスペンスドラマ!?っていうことで、どんだけサスペンスなんだ?とおもってたんだけど、バチスタ手術の調査をまかされた人が心療内科の竹内結子ってのがふんわりとした人柄で緊張感がなかったのが残念。現実の世界では絶対にこういう人は下っ端よっ!!それに外...
中村義洋監督 「チーム・バチスタの栄光」 (映画と読書とタバコの日々)
チーム・バチスタの栄光 - goo 映画 【あらすじ】 成功率60%といわれる心臓手術「バチスタ手術」を26例連続成功させていた、東城大学付属病院の専門集団「チーム・バチスタ」。しかしその手術が3例連続で失敗するという事態が起きた。原因は果たして事故なのか? ...
映画版「白鳥・田口コンビ」の行方は?■田口公平 VS.田口公子 (映画と出会う・世界が変わる)
白鳥・田口コンビの田口の人物設定については、柊♪さんととあ丸さんからコメントをいただきましたが、原作は男性なわけです。映画化に当っては男性二人よりは男性と女性のコンビの方が絵になると考えたのか、または竹内結子ありきの企画であったのか不明であるが、結果と...
「チーム・バチスタの栄光」中村義洋監督 (雑板屋)
現役医師の海堂尊氏の原作は先日読破。 実は元々‘このミス’受賞作品を大して信用していないのだが、映画化ドラマ化が続く現実と、さらにはちゃっかりシリーズ化されている原作に少々興味を持ったのがきっかけ。 原作は、正直面白かった。 バチスタを題材にした漫画や...
チーム・バチスタの栄光 (mama)
2008年:日本 原作:海堂尊 監督:中村義洋 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、佐野史郎、池内博之、田中直樹、玉山鉄二、田口浩正、井川遥、野際陽子、平泉成、國村隼 東城大学病院では、成功率60%といわれる高難度のバチスタ手術を専門とする7人体制の「チー...
チーム・バチスタの栄光 (mama)
2008年:日本 原作:海堂尊 監督:中村義洋 出演:竹内結子、阿部寛、吉川晃司、佐野史郎、池内博之、田中直樹、玉山鉄二、田口浩正、井川遥、野際陽子、平泉成、國村隼 東城大学病院では、成功率60%といわれる高難度のバチスタ手術を専門とする7人体制の「チー...