★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

女帝[エンペラー]

2007-06-06 18:17:40 | 映画【さ行】

チャン・ツィイー+戦乱の五代十国時代の宮廷+シェイクスピア悲劇『ハムレット』
「観るべきか、観ざるべきか、それが問題だ」とか言っている場合ではない。
ワクワクなのだ~~~艶めかしい予感がするではないか

【story】
実の兄を殺して王位を奪い、甥にあたる皇太子ウールアン(ダニエル・ウー)をも抹殺しようとしていた新皇帝リー(グォ・ヨウ)。皇帝を殺された王妃ワン(チャン・ツィイー)は、密かに想いを寄せていた義理の息子である皇太子を守るため、リーとの結婚に同意する。憎き男に抱かれながら、復讐を胸に秘めたワンは―

【comment】
ビックリするほど『ハムレット』

『ハムレット』をもとに作られた―と聞いていたが、マサカここまでだとは。
勿論主役はチャン・チィイーであるから、物語の視点や多少の設定は違っているが、シェイクスピアの戯曲になぞらえて展開していく様に、一種感慨を覚えてしまった。
有名なセリフである『To be or Not to be,that is the question.』を、明らかに意識したであろうセリフまであったし・・・
この映画の大胆アレンジを観て受けた印象は、ちょうどレオナルド・ディカプリオが出演したシェイクスピア原作の『ロミオ&ジュリエット』を観た時の感覚に似ている気がした。
新感覚で斬新だったロミオ。 レオ君素敵~~~

で・・・本作を品なく呼べば、『中華風ハムレット、チャン・ツィイー添え』って感じかな

映画の雰囲気はなかなか良かったと思う。だが、今まで観てきた『グリィーン・デスティニー』『HERO』『LOVERS』・・・などと大差ないように思えた。ワイヤーによる美しい舞のようなアクションも、観ていてウットリはするが、、、正直に言って最近は飽きてきた気もする。
それから、こだわりのメイクだったのだろうが、美しいチャン・チィイーが眉を半分に剃った顔は・・・ちょっと勿体無い気がした。彼女がアップになってもドキッとしないなんて事は残念以外の何物でもない。
さて肝心の物語である。『ハムレット』を彷彿とさせる展開は良かったが、主役を皇后に持ってきたせいか、主軸が【復讐】なのか【愛】なのか【権力】なのか・・・という点がブレてしまったように感じた。皇后や皇太子の心情も描ききれていなかったように思う。もっとドロンドロンとした禁断の恋情や復讐心を見せてくれると期待したが・・・そうでもなかった(笑)。それに果たしてそれぞれの真意はどうだったのかもわかり難かったと思う。

もしかしてこの映画は、『ハムレット』を知っていて観た方が面白いかもしれない。
興味のある方は、『ハムレット』について調べてから鑑賞されるのもいいと思う。

ちなみに『ハムレット』の配役で言うと・・・

 前皇帝と現皇帝の奥さん=ハムレットの母ガートルード

             
皇太子=ハムレット    皇帝=ハムレットの伯父   皇太子を想う=オフィーリア

  皇太子が被っていた面は、『千と千尋~』のカオナシかと思った  (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (43)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリ、ジュテーム | TOP | 【本】マーダー・プラン 上下巻 »
最近の画像もっと見る

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
出直します~ (マリー)
2007-06-06 22:14:42
明日鑑賞予定なので~~~またきま~~す♪
(なにしに来たの?!爆)

ハムレットとだけ覚えておきま~す(笑)
↑そこしか見てないよ~~~
顔なし (えい)
2007-06-06 23:26:20
こんばんは。

そうか、何かに似てると思ったら、
顔なしでしたか…。
ただ、その顔なしの舞が
ぼく的にはいまいち。
そこから映画が始まったため、
最初はあまりノレませんでした。
やっぱりハムレット! (めいほあ)
2007-06-07 01:23:50
由香さん こんばんは。
そうかあ、やっぱりこれハムレットだったんですね~。去年韓国に行った時に見たんですけど、私的にはハズレでした。何を一番に見せたいのかがホントよく分からなかった。「愛」なのか「権力」なのか、それとも「人の哀しさ」なのか?

邦題だと「女帝」になっちゃってるし(驚)これは原題の「夜宴」の方がぴったりくる映画だと思います。とりあえずチャン・ツィイーで押せばいいとか日本の会社さんは思ったんでしょうかね。何につけても中途半端だったと思いました。
こんにちは~ (hito)
2007-06-07 09:27:14
TB&コメントありがとうございます♪

あのお面!かおなしですよね~「千と千尋~」を思い出した人多いはず
チャン・ツィーは美しかったのです~でも確かにあの眉が・・残念なとこでした。

もうちょっと焦点絞っていたらもっと良かったですね。
マリーさんへ^-^* (由香)
2007-06-07 10:35:57
うわ~い、コメント残してくれてありがとう
今日鑑賞するのですね!

私は、『ハムレット』だなぁ~って感心したのですが、そう思われない方も多いようで・・・(汗)
やっぱり私ってズレてるなぁ~とイジケテいるところです
後でマリーさんの感想を聞かせて下さいね!
えいさんへ^-^* (由香)
2007-06-07 10:39:14
こんにちはー^^・
カオナシか・・・はたまたスケキヨか・・・っていうお面でしたね(笑)お面をとると海老蔵だったし(汗)

色々こだわった映画だったのでしょうが、イマイチ全体的に中途半端でしたね。
最初の舞や殺戮も微妙で、ちょっと惹かれませんでした。
ハムレット (かのん)
2007-06-07 11:17:16
何も知らずに観てたらシェイクスピアっぽいなぁって思ったんですけど、ハムレットを意識して観てたら物足りなさのほうが強くなっちゃうのかもしれませんね。作品としては誰が軸なのか視点が誰なのかはっきりせずブレまくってしまったのが残念です。

私はカオナシじゃなくて「もののけ姫」の森の精だぁと思って観てました。カタカタカタという音も似てたし、ウールアンの「越人の詩」もなんだかジブリっぽいサウンドに聴こてくるし、これって意外とジブリアニメになるかもなんて思っちゃいました。
Unknown (あっしゅ)
2007-06-07 21:01:08
由香ちん!こんばんわ!コメントありがとうねぇ~!

オムレットなら知ってるけどハムレットは知らない、、、。クレジットなら毎月のように支払いが、、、。あはは!

本当にハムレットは見たことがないの、、、。ただただチャンが好きで!ワイヤーアクションは納得!でもなんで皇后が男子よりも強いの?って突っ込みを入れたくなったけどね(笑)!

レオ主演のロミオ&ジュリエットはボクも大好きな映画です!DVD持ってるもん!コノ頃のレオはかっこいいですよね!
かのんさんへ^-^* (由香)
2007-06-07 23:49:17
こんばんは!
いえいえ『ハムレット』を意識して観たら面白かったですよ。
ちゃんとオフィーリアがいるじゃん、溺死でなくても・・・とか考えながら観てました~♪
ただ、やっぱり話の主軸がブレて、何を描きたかったのかが伝わってきませんでしたね。
おお~!森の精もアリですね(笑)
仰るようにジブリっぽい感じもありました~♪
あっしゅ君へ^-^* (由香)
2007-06-08 08:13:00
こんにちは!
あっしゅ君も『ロミオ&ジュリエット』好き?
あの時のレオって可愛いしカッコ良かったよねぇ~
最近はすっかり逞しくなって・・・イメージ変わったけど応援してま~す♪

これは、チャン・チィイーのための映画だったわ。
妖しい魅力がでていました。もうちょっとドロドロしていても面白かったと思うけど・・・
クレジットの支払いは嫌よねぇ(笑)毎月苦痛だわ(じゃあ~遣うな・汗)
再び来ました~ (マリー)
2007-06-08 22:41:28
こんばんは~~

観てきました!
うん なかなか良かったのではないでしょうか?
っていうか~映像が美しくて~♪
後“踊り”が素敵でした。白塗りのお面を付けての踊りは~ちょっと、日本の「舞踏」の踊りのようだと思いました。。。
顔ナシといえば~そうかも?!(笑)
でもあの滑り台のようなとこから~す~~っと滑り降りたり・・・ワイヤーで飛んだり、凄かったと思いません?
残酷なシーンもありましたが・・・まぁそこは中国古代ものなので~
ヘタレなレビューですがTBさせてね~
こんばんは♪ (ミチ)
2007-06-09 00:49:35
やっぱり映像重視の映画でしたよね。
ストーリーがちょっと弱かったような?
どうしてもワンのことが良くわからなかったんですよね。
チャン・ツィイーはとても魅力的でしたけど、愛情が見えにくかったというか(汗)
チンニーにより一層感情移入してしまいました。
確かに中国映画のこういう感じのものは見飽きたかもしれませんね~、ワイヤーアクションも
かおなし! (ルナ)
2007-06-09 01:40:19
ああっ~、あの仮面って、カオナシに似てましたよね。
>カオナシか・・・はたまたスケキヨか・・・っていうお面でしたね(笑)お面をとると海老蔵だったし
はははっ~!まったくその通りでした!
たしかにお面をとったら、海老蔵でした!(爆!)
いや~!由香さんのこの文章に大受けでした。
作品としては、いまいちでしたけど、舞台や衣装はきれいでしたよね~。
マリーさんへ^-^* (由香)
2007-06-09 07:55:40
こんにちは!
鑑賞されましたか
確かに映像は綺麗でしたね~♪
でもマリーさん、あの映像の雰囲気はちょっと飽きてきた私です
滑り台のシューーーは美しかったですが・・・
あのお面、カオナシみたいだったでしょ(笑)
黒い衣装を着ていたら、笑ってしまうところでした。
あっ!黒だったらスクリームも思いだしそうだわ!!
ミチさんへ^-^* (由香)
2007-06-09 20:25:56
こんにちはー^^・
やっぱりミチさんもストーリーが弱かったと思われましたか?
私ももうちょっと皇后や皇太子の気持ちを表現してくれたらなぁ~と思いました。
ワンが何を望んでいたか分からなかったですよね。
この雰囲気やワイヤーアクションは観尽くした感じですね。また回ってる・・・って思っちゃいました(笑)
ルナさんへ^-^* (由香)
2007-06-09 20:36:45
こんばんはー^^・
衣装や映像は綺麗でしたが、最近は飽きてきた気がします(汗)
そのせいか、カオナシ!海老蔵!とか思って楽しんでいましたわ(笑)
踊りの雰囲気は妖艶でしたね~ストーリーをもうちょっと魅力的に仕上げて欲しかったな、残念!
こんにちわ。 (michi)
2007-06-10 09:02:02
TBありがとうございます!
YUKAさんの感想読んで、
たしかに、主軸がブレてたな~~~!!!と
頷いてるところです 笑。
チャン・ツィー、最後は「一番大切なのは自分」って感じだったので、
愛に生きたとも、悲劇とも思えなかったんですが、
先にあらすじを読んでいなければ
誰が誰を好きなのか、イマイチわからない映画だったかもしれません!


michiさんへ^-^* (由香)
2007-06-10 20:57:00
こんばんはー^^・
コメントありがとうございました。
「一番大切なのは自分」―そうでしたねぇ~
愛と復讐に生きている人なのかと思ったのですが、どうもそういう風には見えなかったですね。
その辺がこの映画で残念だったところです。
もう少し登場人物たちの心情を描けば違った印象になったと思います。
こんにちわ (睦月)
2007-06-13 10:50:31
不在中、コメントありがとうございました。
いただいたコメントにお返事ができていません。お許しを。

私、そもそもアジア映画が好きじゃないんですよ。
だからなのか・・・のっけから全然面白いと思えないまま
ラストをむかえてしまいました。

物語もハムレットをベースにしてるし、こういう冷徹非道な女帝
といえば西太后の方がよほど怖くて恐ろしいし、
ワイヤーアクションももうちっとも魅力的じゃない。

要するに全てが焼き写しで新鮮味がないんですよねえ。
・・・チャン・ツィイーはキレイでしたけどね(苦笑)
睦月さんへ^-^* (由香)
2007-06-13 21:54:02
こんばんは!
お忙しい中コメント頂きありがとうございました。

『全てが焼き写しで新鮮味がないんですよねえ』―そ・それを言っちゃー身も蓋もないですね(笑)
確かにアジア映画のワイヤーアクションには飽きがきましたし、どれも似たり寄ったりだと思います。
チャン・チィイーの冷徹さも中途半端でしたから、いっそのこと西太后をモデルにした方が良かったくらいですね。
今回の映画は、ハムレットに似せている部分と違えている部分を見て楽しみました。オフィーリアは溺死じゃないんだ~ってな感じで(笑)
コメントありがとうございます (ロイ from 週末映画!)
2007-06-17 23:11:40
由香さん、
いつもコメントありがとうございます。

確かに予告編でもアクションシーンがありましたが、ちょっとワイヤーアクションには飽きてきた感じもします。
プラス、ストーリーがイマイチだったら・・・・DVDで十分のような気がします。
ロイさんへ^-^* (由香)
2007-06-18 00:03:37
こんばんはー^^・
まぁ~ロイさんたら、DVDだなんて身も蓋もないわ(笑)
ワイヤーアクションは沢山観てきたので、飽きましたよね。
ストーリーの方ですが、主軸がずれていたように思えたんですよ~ありがちですが(汗)
ちょっと惜しかった映画です。
ハムレットですよね (AnneMarie)
2007-06-26 17:09:55
こんにちは♪
私もやっと観ました。
そうでした。「ハムレット」でしたー!
私は「昼ドラ」とか言っちゃってるし、知性のかけらもありません。
チャン・ツィイーってキレイなんだけれど、ハッとするような美しさが今回はあんまりなかったような。。。
彼女を目当てに観に行ったんだけど、新皇帝のおっちゃんの方が気になったわ。アハ♪
Anne Marieさんへ^-^* (由香)
2007-06-26 23:08:46
こんばんはー^^・
TB&コメントありがとうございました♪

いやんAnne Marieさん、そう言えばこの映画は昼ドラの空気がプンプンでしたねー
特に新皇帝の顔つきが、、、何だが嫌らしくて、、、それでいて不憫で、、、(笑)
チャン・チィイーは大好きですが、今回はちょっと美しさが控えめでした。勿体無い~~~
言えてる! (latifa)
2007-07-21 16:26:02
>『中華風ハムレット、チャン・ツィイー添え』
言えてます!
ハムレットについて、昔、ちらっと読んだか、何かの映画で見たか・・くらいの知識しかなかったので、この映画を見る前に、予習?していけば、もっと楽しめたかもしれないな~って少し後悔してます(^_^;)

確かに、あの仮面、カオナシっぽかったですね☆
latifaさんへ^-^* (由香)
2007-07-21 17:48:39
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
私も別にハムレットに詳しいわけではありませんが、「あっ!これがオフィーリアか・・・死ぬね。まさか溺死?」とか思いながら観ていたので結構面白かったです。
でも、無理矢理チャン・ツィイーを主軸に持っていったので、何がしたかったのか分からなくなりましたが(汗)

あれはカオナシでしたよね~可笑しかったです♪
やっぱり・・・ (こでまり)
2007-12-19 08:57:17
こんにちは!TB&コメントありがとうございました♪

やっぱりハムレットは押さえておくべきでしたかね~。
いろんな映画のベースになったりする事もあるので、ここらでキチンと勉強しないといけないかな・・・

確かにどれに主軸があるのかわかりませんでした。
もっとドロドロした恋愛モノかと思ってたら、「え・・・復讐したいの?」「え・・・権力が欲しかったの?」とどっちつかず。
ま、チャン・ツィイーのための映画という事で・・・。

そうそう、体調はどうですか?
今の風邪は長引いてる人が多いようですから、悪化させないようにね~~!

こでまりさんへ^-^* (由香)
2007-12-19 18:16:00
こんばんは!
こでまりさん~長引いていますよ風邪が(泣)
たいしたことはないのですが、頭がボーっとしているのが痛い。
記事を考えられなくて・・・・・・・どうしましょう(汗)
今日はとりあえずストック記事をupしました~

で・・・映画ですが、イマイチでしたね~
ハムレットを基調にしたのは試みとしてはいいと思うのですが・・・どうして大陸の映画って、途中から美術重視で物語が置いてけぼりになるんでしょうか?(問題発言かな?・汗)
結局最後は何がしたかったのか分からなくなりましたね~
勿体ないなぁ~と思いました。
チャン・ツィイーの眉毛なしの顔も・・・微妙でしたね(汗)
由香さん (メル)
2007-12-23 08:54:42
上手い!
>、『中華風ハムレット、チャン・ツィイー添え』
って、まさしくそうだわ~~~~(^▽^)V
由香さん、ほんと一言で言い当てるの上手いですね~!
感心しちゃう。

とにもかくにも映像が綺麗で、血まで綺麗で
どうよこの綺麗な映像は!って感じだったので
お腹いっぱい、たんまりしちゃいました~(^^;;)
もうちょっとメリハリがあったら・・とも思ったし。

ハムレットって知らずに見てしまって、この記事を読んでから
見れば良かったなぁ、と反省しております(^^ゞ

TB&コメント、どうもありがとうございました~
メルさんへ^-^* (由香)
2007-12-23 09:03:09
こんにちは!
アハハ・・・フザケタ例えに反応して下さって・・・嬉しいですぅ~
設定は、とってもハムレットだったのですが、無理矢理チャン・ツィイーを主役にしたために、物語がブレブレになりましたねぇ~残念です。
映像の美しさは、まさにお腹いっぱい状態でしたが、、、、大きな声では言えませんが、そろそろあの映像も飽きがきたような(汗)でも、中国独特の映像美は観ていてウットリするシーンもありますからねぇ
あのメイクは (miyu)
2008-05-15 20:58:08
フツーだったら絶対ギャグにしかならないけど、
それでもチャン・ツィイーは美しいなぁ~と思わせてしまうところが
スゴイと思ったのだけど、残念でしたかぁ~(;・∀・)
なんか美しく見せるためだけの映画って感じもしたけどね~。
miyuさんへ^-^* (由香)
2008-05-15 23:39:52
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
チャン・ツィイーは大好きなのですが、あのメイクはちょっと微妙でした。
物語もイマイチだったかなぁ~
途中から焦点がズレた気がしたの。
でも、この映画の美しさは結構好きです。
先日観た王妃の〇章には、、、引いたのですが(汗)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

43 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【2007-76】女帝 [エンペラー](THE BANQUET) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
王を殺された艶麗な王妃 兄を毒殺した王に即した皇帝 幕を開ける運命の戯曲 愛から毒があふれだす もっとも残酷で── 美しい復讐が花開く 憎しみにくちづけ、愛に刺し違える
『女帝 エンペラー』 (ラムの大通り)
(原題:The Banquet 夜宴) ----実はこの映画について えいは、とんでもなく恥ずかしい勘違いをしていました。 まず監督が『ハッピー・フューネラル』のフォン・シャオガン。 ところが、あろうことかチャン・イーモウと思い込み。 ひとりで期待に胸を膨らませていたのだ...
『女帝[エンペラー]』 (試写会帰りに)
『女帝[エンペラー]』(『THE BANQUET』『夜宴』) 美貌、色香、情熱、野望、すべてにおいて突出した王妃ワンを演じるチャン・ツィイーは、確かに今まで観た事のない表情を見せてくれます。でも、妖艶や色香といった言葉にはまだちょっと物足りないかも!? 女帝エンペ...
★★ 『女帝 エンペラー』 (映画の感想文日記)
2006年。MediaAsia. "THE BANQUET". "YE YAN". "夜宴". フォン・シャオガン監督・脚本。ユエン・ウーピン:アクション監督。 チャン・ツィイー、ダニエル・ウー、その他出演。 シ...
夜宴~the banquet~ チャン・ツイィー&葛優&周迅 (めいほあしあんだ)
最初から期待を持ってはいけなかったのかもです・・・ これって「芸術映画?」みたいな??? そう思って見直すと、少しは違ってくるのかしら???
女帝[エンペラー] (Good job M)
公開日 2007/6/2監督:フォン・シャオガン出演:チャン・ツィイー/グォ・ヨウ/ダニエル・ウー/ジョウ・シュン 他【あらすじ】唐王朝滅亡後の古代中国、戦乱の五代十国時代。ある国で皇帝が謎の死を遂げ、美貌の王妃ワンは新たに皇帝の座につく亡き夫の弟リーとの結婚に....
『女帝 エンペラー』 (映像と音は言葉にできないけれど)
最近は、中国の史劇と回転跳躍するアクションは頭の中で切り離せなくなっていますよねw。今回も予想してはいましたがやはり出てきました...サラウンド感抜群の効果音に乗せて、グルグルピョンピョン(笑)。
「女帝 エンペラー」 (てんびんthe LIFE)
「女帝 エンペラー」ヤクルトホール もしかして、「ハムレット」の原作忘れてる?エンドロールが終わって、会場内に灯りが点いたときのあの会場全体からのどよめきはいったいなんだったのでしょう。結局オーラスの結末にわからなかったものが全部ぶっ飛んじゃってわか...
映画「女帝 エンペラー」 (日々のつぶやき)
監督:フォン・シャオガン 出演:チャン・ツィイー、グォ・ヨウ、ダイニエル・ウー、ジョウ・シュン 「皇帝の弟リーが、兄を殺害してその地位を奪った。そして皇太子の命までもを狙っている。王妃ワンは密かに愛していた皇太子を守る為にリーを愛しているふりをして仮
女帝 [エンペラー]/チャン・ツィイー (カノンな日々)
チャン・ツィイー主演作で映画公開にあたって彼女が来日キャンペーンしてたみたいだし、決してマイナー作品じゃないと思うんだけど、私がいつも行ってるシネコンで上映するにも関わらず何故か一度も劇場予告編を目にすることが出来ませんでした。予告をうってないという事...
女帝 エンペラー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
愛を奪われた女の復讐は、壮絶なほど、美しい__。女はひたすら待ち続けた。男に復讐を遂げる悦びの瞬間を・・・・。 古代中国の、五代十国時代。唐王朝が滅び、国と国とが絶え間なく争い、皇室内部でも実の父と子、兄と弟が殺しあっていた戦乱期。類稀なる美しさと...
女帝/エンペラー (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
愛を奪われた女の復讐って、こんなに凄いものなの!?(゜Д゜≡゜д゜)エッ!?                               評価:★5点(満点10点) 2006年 131min ...
チャン・ツィイー Zhang Ziyi  章子怡 女優特選  (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),9 February 1979,Beijing,China,北京,中国The Horsemen (2007) "Great Performances"TV-Series 女帝 [エンペラー] Ye yan:The Banquet (2006) SAYURI Memoirs of a Geisha(2005) オペレッタ狸御殿 Operetta tanuki goten (2005) ...
女帝 エンペラー(映画館) (ひるめし。)
憎しみにくちづけ、愛に刺しちがえる。
女帝 [エンペラー] 43点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
ダッシュ1号 公式サイト シェイクスピアの『ハムレット』をベースとし、五代十国時代の中国を舞台に、愛と憎しみと野心が交錯する、『イノセントワールド 天下無賊』のフォン・シャオガン監督、チャン・ツィー主演映画。 基本的なストーリーや人物構図は『ハムレッ...
『女帝 エンペラー』 (purebreath★マリーの映画館)
  世界を魅了するアジアの宝石チャン・ツィイーが贈る  壮絶なほど美しい復讐劇がいま はじまる・・・  『女帝 エンペラー』監督・・・フォン・シャオガン 美術・衣装・・・ティム・イップ出演・・・チャン・ツィイー、ダニエル・ウー、グォ・ヨウ、...
映画 【女帝 [エンペラー] 】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「女帝[エンペラー]」 中国の五代十国時代を舞台に、「ハムレット」をベースにした愛と復讐の宮廷ロマン。 実の兄を殺して王位を奪い、甥にあたる皇太子ウールアン(ダニエル・ウー)をも抹殺しようとしていた新皇帝リー(グォ・ヨウ)。皇帝を殺された王妃ワ...
女帝[エンペラー] (ルナのシネマ缶)
中国の時代物って、 結構好きだったんだけど、 今回は、ハムレットを 唐王朝滅亡後の戦乱の五代十国時代に 置き換えてのストーリーです。 う~~~ん、なんだかなぁ・・・。 この手の作品は、 ちょっと飽きてきたのかなぁ~。 途中何度も睡魔に襲われてしまいまし...
「女帝 エンペラー」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「女帝 エンペラー」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:チャン・ツィイー、ダニエル・ウー、グォ・ヨウ、ジョウ・シュン、他 *監督:フォン・シャオガン 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしてい...
女帝(エンペラー) (2006年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★☆☆☆☆ 唐の後の五代十国時代。絢爛豪華な中国の宮廷で、シェイクスピアの「ハムレット」をベースにして、愛と欲望の交錯する復讐劇が繰り広げられる歴史ドラマ。 「生きるべきか、死...
女帝[エンペラー](2006中/香)--完成披露試写会 (CINEPHILIA~映画愛好症~)
世界的トップ女優のチャン・ツィイーと、「ウィンターソング」のジョウ・シュンが出ているので、見なくては・・・と。 皇帝である夫を殺された若く美しい皇后(チャン・ツィイー)。実の兄を殺し王位を手に入れた新帝(グォ・ヨウ)。皇后が密かに想いを寄せる歳の変
女帝 エンペラー (ネタバレ映画館)
ポロのルーツは馬球?
★「女帝 [エンペラー]」 (ひらりん的映画ブログ)
(2007/A100/S52)←今年通算100本目の鑑賞。 今週公開作は、いろいろあって迷ったけど・・・ やっぱりひらりんは、チャン・ツィイー子ちゃんの作品をチョイス。 月の初めの1本目は、お気に入り女優さんモノで・・・。
女帝 エンペラー (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
唐王朝滅亡後の中国は、戦乱の時代を迎えていました。ある国で皇帝が亡くなります。息子であるがウールアンが皇太子となっていたのですが、ウールアンは恋人であったワンが父に妃にされてしまった後、都から離れて詩と舞に熱中する日々を送っており、皇太子であるウールア...
女帝エンペラー~官僚だけは死なない (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
←赤い花びらで満たされた屋内風呂。それは血で染められた欲望の色――チャン・ツィイーがその血のように美しい風呂に飛び込む姿はこの映画を凝縮したシーンだ。
女帝 [エンペラー] (週末映画!)
期待値: 47%  中国版ハムレット映画。 チャン・ツィイー、グォ・ヨウ、ダイニエル・ウー、ジョウ・
女帝<エンペラー> (5125年映画の旅)
皇帝の弟・リーは、皇帝を毒殺して自らが皇位についた。王妃ワンは想いを寄せていた義理の息子である皇太子を守るためにとの結婚に同意する。しかしそれでもリーは皇太子の暗殺を諦めず、皇太子もまた、父の復讐のためにリーを狙う。そして王妃ワンもまた、自らの野望...
「女帝<エンペラー>」 傾国の美女、権力欲の烈女、そして愛を求める普通の女 (はらやんの映画徒然草)
シェイクスピア作の悲劇「ハムレット」をベースにしている映画です。 「ハムレット」
『女帝[エンペラー]』 (分太郎の映画日記)
 チャン・ツィイー(章子怡)主演による古代中国の宮廷絵巻で、『ハムレット』の見事な翻案映画。 ワーナー・マイカル・シネマズ板橋にて鑑賞。 『女帝[エンペラー]』 評価:☆☆☆☆ 様々な映画評論では、かなり評判がよくないが、私的には結構気にいった。 ひと...
女帝 エンペラー(中国/香港) (映画でココロの筋トレ)
チャン・ツィイーは好きな女優さん。(といいながら「SAYURI」は見逃したまま) 「女帝 エンペラー」を観ました! ( → 公式HP  ) 出演:チャン・ツィイー、ダニエル・ウー、グォ・ヨウ、ジョウ・シュン 上映時間:131分  実の兄を殺して王位に...
女帝[エンペラー] (Diarydiary!)
《女帝[エンペラー]》 2006年 中国/香港映画 - 原題 - 夜宴 - 英
女帝 エンペラー (ダイターンクラッシュ!!)
7月3日(火) 16:40~ 銀座テアトルシネマ 料金:1000円(Club-Cテアトル会員料金) パンフ:600円 『女帝 エンペラー』公式サイト ハムレットが原案だそうだ。 ウィリアム・シェイクスピアなんぞ、「十二夜」を、何故か読んだことがあるのと、変態ロマン・ポラ...
「女帝」と「300」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
両方の映画が、戦いシーンは流れる様な美しい動き、スローモーションを多用し、映像も雰囲気も独特で素敵、アートの様に撮影している作品でした。しかしながら、両方とも3つ☆ しょせん(なんて言ったら申し訳ないけど・・
Buy soma online cod. (Buy soma online cod.)
Buy soma online cod.
チャン・凛子 (Akira's VOICE)
「女帝[エンペラー]」 「図鑑に載ってない虫」
●女帝~エンペラー~ (映画とワンピースのこでまり日記)
チャン・ツィイーはキレイだったけどね。
「女帝 エンペラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
女帝[エンペラー] コレクターズ・エディション(2枚組)ギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る 五代十国時代の中国。皇帝の実弟リー(グォ・ヨウ)は、兄を殺し王位を奪う。また彼は、 甥である皇太子ウールアン(ダニエル・ウー)の命をも狙っていた。一方...
女帝 [エンペラー] (Blossom Blog)
女帝 [エンペラー] THE BANQUET   夜宴 監督 フォン・シャオガン 出演 チャン・ツィイー ダニエル・ウー     グォ・ヨウ ジョ...
女帝 エンペラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『憎しみにくちづけ、愛に刺しちがえる。』  コチラの「女帝 エンペラー」は、シェイクスピアの「ハムレット」をベースに、中国の宮廷で繰り広げられる愛と欲望の交錯する復讐劇を描いたヒストリカル・ロマンスです。  主演は、”アジアの宝石”チャン・ツィイー...
チャン・ツィイーの美と才能 「女帝/エンペラー」 (ハピネス道)
「ハムレット」が原案の愛憎劇を中国王宮を舞台に、 たっぷり堪能しました。 美術と衣装とメイクがとても凝っていて見応えがあります。 しかし、何よりもチャン・ツィイーの美しさと演技こそが、この作品の一番の見どころだと思います。 動作ひとつ、目の表情...
女帝 [エンペラー]2007・6・3に観ました (映画と秋葉原と日記)
? 『女帝(エンペラー)』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 実の兄を殺して王位を奪い、甥にあたる皇太子ウールアン(ダニエル・ウー)をも抹殺しようとしていた新皇帝リー(グォ・ヨウ)。皇帝を殺された王妃ワン(チャン・ツィイー)は、密かに想いを寄...
『女帝[エンペラー]』 (『映画な日々』 cinema-days)
女帝[エンペラー] シェイクスピアの『ハムレット』をモチーフに 皇位争いの顛末を描く。宴の後に ”そして誰もいなくなった”!?? 個人評価...
女帝(エンペラー) (映画を観よう)
チャン・ツィイー/女帝[エンペラー] コレクターズ・エディション う~~~ん ¥3,990 そうですか・・・ 『ハムレット』がベースですね それはわかりましたが・・・ 主役が皇后になったせいか すこしピントがボケたかな・・と思いました チャ...