★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^−^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

スラムドッグ$ミリオネア

2009-04-18 23:10:10 | 映画【さ行】

第81回アカデミー賞≪作品賞≫≪監督賞≫≪脚色賞≫など8部門受賞作品―
【story】
TV番組「クイズ$ミリオネア」に出演した
ジャマール(デヴ・パテル)は、あと1問正解を出せば番組最高額の賞金を勝ち取るところまできていた。だが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われて逮捕されてしまう。警察の尋問によって、何故ジャマールが番組に出演するに至ったのか、学校に行ったことがないにも関わらず一体どうやって答えを知り得たのかが明らかになっていくが―
     監督 : ダニー・ボイル 『サンシャイン2057』 『28日後…』

【comment】 (*ネタばれ気味です)
本作は何故評価されたのか?
それは、生命力に溢れ、躍動感
に満ち満ちているから。
目を背けたくなるような現実
をしっかりと捉え、その混沌と絶望の中の片隅に一筋の希望の光を描いているから。
そして何より、ピュアな愛が奇跡を起こすパワーとなって全編を駆け抜けているから―
 
エンドロールでパワフルなダンスとともに流れる『Jai Ho』が鑑賞後も耳に残った。
だけど、ちょっとした瞬間にこんな歌のフレーズも思い浮かんできちゃった〜
   どんなに困難で挫けそうでも
   信じることさ 必ず最後に愛は勝つ〜
 
さて、アカデミー賞8冠に輝いてから日本でもガンガンと宣伝している本作。
物語的にはわりと単純ですぅ〜予告でバレ気味のように(笑)気持ちのいいサクセスストーリーですね
だけど、見せ方が上手いんだなぁ〜
クイズ番組に出演するジャマール、警察で尋問を受けるジャマール、そしてジャマールの今までの人生の回想・・・を交互に見せて、否が応でも引き込ませるんですよ〜
 
そのジャマールの人生は壮絶そのもの
インド・ムンバイにある貧困に喘ぐスラム街で育ち、宗教間の争いに巻き込まれて母を亡くし、子どもを喰い物にする連中の餌食になり、、、ただ生きるためだけに生きてきたジャマールと兄サリーム。
そんなジャマールの人生とクイズの問題が何故かドンピシャリとハマって(笑)、次々と問題を解いていくのよ〜考えたら都合のいい話なんだけど、「今までの苦労は全てこの時のためだったのかしら?」なんて気にもなり、素直に見守っちゃった。

また、子ども時代を演じている子役さんたちがとても生き生きとしていていいし、辛いシーンの中にも笑いを忍ばせているのも良かったわん。
 
さてさて、無学のジャマールがクイズ番組に出たのは、お金のためってわけでもなかったの。
それがこの物語の美しい〜ところなんですよねぇ〜
ジャマールは、幼い頃に行動を共にした少女ラティカをとても好きで、、、だけど、兄弟とラティカは離れ離れになってしまうの。
ジャマールはラティカを1日も忘れることなく想い続け、盗みや詐欺まがいの生活をしながら暮らした後に、彼女を探し出そうとするんだけど、、、

まぁ〜ねぇ〜想い続けるのも当たり前の可愛らしさなのよねぇ〜ラティカって。
ジャマールがどこにでもいそうな純朴なジャガイモ君なのに対し(笑)彼女はとっても綺麗
綺麗だからこそ彼女の人生も過酷だったんだけど、、、

一方ジャマールと兄は同じ兄弟でも途中から生き方が違ってしまった。
地道に生きていこうとしたジャマール。
兄のサリームは、悪の道へ―
これは悲しかったなぁ〜
兄にもジャマールのように諦めず、逃げ出さずに明日を踏みだして欲しかったなぁ〜
 
ジャマールは、過酷な人生を歩んでも卑屈になることなく一途な想いと希望を胸に抱き続けた。
そして愛を掴み、オマケに大金をも手に入れるんですよ〜(なんと日本円で4000万円

ジャマールが手にした幸せは、きっと他者を勇気づけるだろうし、彼は今後、優しく寛大な人でいるだろうなぁ〜という予感がそこはかとなく漂う心地良いラストを迎る良作だと思う。
彼の運命をご自分の目で確かめに劇場へ行かれても損はないのでは―


 個人的には『ベンジャミン・バトン』の方が好きかなエへ (3.5点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (66)   Trackbacks (160)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【本】トワイライト 上下巻 | TOP | シューテム・アップ »
最近の画像もっと見る

66 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
トラックバックありがとうございます! (ミスターシネマ)
2009-04-18 23:25:36
YUKAさん、こんばんは。
トラックバックありがとうございます!

自身のブログにも書きましたが、今年のアカデミー賞を受賞しただけあり、期待通りの素晴らしい作品でしたね!

インドの歴史的、経済的背景やヒンドゥー教とイスラム教との宗教的な対立などを如実に表現していたと思います。

賞金の2000万ルピー(約4300万円)は、ムンバイの平均年収の約120〜130倍に相当するらしいので、まさに百万長者ですね!

試写会で見ましたが、映画館でまた観ようと考えています!
なるほど! (ノルウェーまだ〜む)
2009-04-19 05:54:12
YUKAさん、こんにちは♪
ロンドン上陸第一弾にはぴったりの、素晴らしい映画でした!(うふふ)
子供達の表情が本当に自然で生き生きとしていて、辛い過酷な人生なのに、自然と癒されてしまいました。
母が殺されたのは宗教間の争いだったのですね!?字幕なしだとその辺が分からなかったわぁー
ジャマールのお金は、彼女のために使ったのですよね?再び貧乏になっても、彼女と二人幸せに暮らしてくれると私は信じてます〜
そうだね〜 (miyu)
2009-04-19 07:11:15
物語は単純なサクセス・ストーリーなんだけどね〜。
でも、このサクセス・ストーリーってさ〜
やっぱり主人公に対して素直に応援したくなるような
気持ちを抱かせてくれないとむしろムカついちゃったり
しちゃうんだけど、ジャマールの素直さは観ている
こちらまで素直な気持ちにさせてくれちゃったよね〜。
映画としては「ベンジャミン」の方が確かに面白かったかなぁ。
あたしはこっちの方が好みだったけどね♪
運命的な (かめ)
2009-04-19 08:14:52
こんにちは、

自分では近年でベスト5には入る作品です。
躍動感があり、作り手のエネルギーがガンガン伝わって来ました。
そして、今世界中がスランプの時に、こういう作品が出てきたのに、何か運命的なものまで感じさせます。
こんにちは。 (ジョー)
2009-04-19 10:33:20
いつも楽しく読ませていただいています。
この映画、
リズム感のある映像に、
一気に見せられてしまいましたが、
「ベンジャミン〜」のほうが
ゆったりと映画に身をまかせられる分
好きでした。
下賤な身にはあの賞金は何に使ったんだろうって、
気になって仕方がありません。
ちなみにアカデミー賞って、賞金が出ないそうですね。ざんねん。
こんにちは♪ (yukarin)
2009-04-19 12:24:47
確かに8部門受賞しただけのことはあるなぁと思いました。
ほんと見せ方がうまいですよね。
ラストでの兄弟の対照的なシーンにちょっとウルっときてしまいましたよ。
Unknown (りら)
2009-04-19 14:49:18
こんにちは♪
ジャマールの一途さにほだされました〜。
過酷な人生を歩んできたわりにはどこか、素朴で純粋な雰囲気があるところが、よかったのかな〜と思ったりしました。
お兄ちゃんとは対照的だったけど、彼の最期は悲しかったです。
こんにちわ! (かいこ)
2009-04-19 16:41:20
ミーハー大作好きの私にはアカデミーモノって
難しくてよさが分からなかったりすることがあるので^^;
これもどうかなあと思ってたんですが・・
なかなかよかったです〜
スラムでの過酷な現実と、サクセスストーリーと。
お兄ちゃんもおにいちゃんだからああなっちゃったのかもですよね・・カナシイ
私もどっちかっていったらベンジャミンの方が好みです〜(ミーハー目線^^;)
作品賞として。 (オリーブリー)
2009-04-19 17:02:02
由香さん、こんにちは〜。
プチご無沙汰でした。

ここ2年の作品賞に比べ、一般ウケする映画でしたね。
アメリカン・ドリーム的なサクセスストリーは、今の世界状況に合っているような気がしました。
「愛を読む人」「ミルク」はこれからですが、私は「フロスト×ニクソン」が今のところ一番面白かったです♪

本当に子供達の一途さが良かったわ。
あんなに貧困の中で生きる力は素晴らしいものでした。
お邪魔しま〜す♪ (ひろちゃん)
2009-04-19 17:39:11
由香さん。こんばんは♪
この映画観て、KANの曲ですか?(笑)
ふるっ!(笑)

私はこの映画、期待に期待してしまったことも
あって、良かったのですが、期待通りで
それを上回らなかったので、満点評価まで
行きませんでしたが、好きな作品でした^^

心地良いラストでしたが、兄はかわいそう
でしたね(T^T)弟とは対照的な人生でした(T^T)

そっか〜〜由香さんは、ベンジャミンのほうが
好みなんだ・・・
私は、う〜ん、どっちだろ?(^_^;)
ボリウッド (にゃむばなな)
2009-04-19 20:41:20
やはりボリウッド作品はパワーがあっていいですよね。
旧ボンベイのムンバイが舞台だけあって、インド映画の『ボンベイ』を彷彿とさせるシーンがあったのもちょっと心が痛みました。

インドという国は本当に複雑な社会なんですね。
実は・・・ (KLY)
2009-04-20 01:30:53
由香さんこんばんは〜^^

実は司会者の「ミリオネアー!」の言い方が気になってしょうがないKLYです。(笑)

由香さんの言うとおり見せ方がほんと上手いですね。脚本がとても良く練れていると言うのは当然あるんですが、何より音楽とカメラワークそして編集で観る人を飽きさせないその技に魅了されてました。

帰ってきてアカデミー賞の録画を見直して、音楽賞のところをもう一回見たんです。最初見ていたときはインド風のノリのいい音楽だな位にしか思わなかったんですが、今見るとやっぱり違いますね。^^
ミスターシネマさんへ^−^* (由香)
2009-04-20 13:23:18
こんにちは〜♪
コメントどうもありがとうございました!
エネルギッシュな映画でしたね〜
流石にアカデミー賞で8部門を受賞しただけのことはありました。
『インドの歴史的、経済的背景やヒンドゥー教とイスラム教との宗教的な対立などを如実に表現していたと』
愛を前面に出しながらも、そういったことを描いていたのは良かったですね〜
ジャマールの子ども時代の回想シーンは、色々と考えさせられましたよ。
ノルウェーまだ〜むさんへ^−^* (由香)
2009-04-20 13:28:53
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

ロンドンに向かう飛行機で鑑賞されたんですね〜これは字幕なしでも“想い”が伝わってくるような映画でしたでしょう?
子役のみなさんが生き生きとしてパワフルだったし、構成も上手いので夢中になられたのでは?
ジャマールのママはヒンドゥーとイスラムの争いに巻き込まれたんだと思います。可哀想でしたよね〜
貧しい子どもたちが頑張って生きている姿にはジーンとしましたよ。
miyuさんへ^−^* (由香)
2009-04-20 13:33:04
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!
miyuさんはベンジャミンよりもコチラの方が好みでした?
私はベンジャミンの方が好きだったなぁ〜
えっ?別にブラピが綺麗だったからではないよん(笑)

『ジャマールの素直さは観ている
こちらまで素直な気持ちにさせてくれちゃったよね〜』
うん、そうでしたね〜
あの役者さんはハマリ役でしたね。嫌味がないというか、、、いい感じでした!
私は最後のダンスがお気に入り♪楽しかったです!
かめさんへ^−^* (由香)
2009-04-20 13:36:24
こんにちは〜♪
コメントどうもありがとうございました!

『自分では近年でベスト5には入る作品です』
本作を高評価されているブロガーさんは多いですね〜
私のような中途半端な点数をつけている人って少ないみたい。どうしよう(笑)

夢や希望や愛が沢山つまったパワフルな映画でしたね〜この映画で元気を貰う方もいらっしゃると思います!
こんにちは♪ (SOAR)
2009-04-20 16:44:34
回想を織り交ぜた見せ方が実に巧かったです。
賞金を獲得するサクセスストーリーと同時進行するラティカとの一途な純愛劇も、その切なさと心地よさで胸がいっぱいになりました。
「必ず最後に愛は勝つ」んですね!
こんばんは! (kira)
2009-04-20 20:23:29
なかなか面白かったです!
確かに見せ方も巧かったですけど、
期待があったからか、ちょっとありきたりな感はありました。
由香さん、「ベンジャミン」の方が好き?
雰囲気はまったく違うけど、どっちもテーマは似てたよね
こんにちは〜 (hito)
2009-04-21 17:53:11
良かったですね〜
冒頭の狭い路地を走り回る子供達の姿と、その後の膨大な数の屋根!
そこで一気に鷲掴みされましたー♪

ちょっと出来すぎかな〜という突っ込み部分もあったりするけど、そこはいいか〜と思える力強さがありましたね!

子供への虐待シーンがダメで、もう見れないかも・・って思っていますが、でもとても気に入りました〜。
ジョーさんへ^−^* (由香)
2009-04-21 22:36:33
こんばんは〜♪
いつもお世話になっております。
コメントどうもありがとうございました!

『「ベンジャミン〜」のほうがゆったりと映画に身をまかせられる分好きでした』
嬉しい♪私も同じです!
この映画も良かったのですが、ベンジャミンの方が心に沁みました。いい映画でしたよね〜

賞金、、、何に遣ったんでしょうね?(笑)
欲の無い二人なので、ちょっと心配です(笑)
yukarinさんへ^−^* (由香)
2009-04-21 22:39:06
こんばんは〜♪
『ラストでの兄弟の対照的なシーンにちょっとウルっときてしまいましたよ』
お兄ちゃん、、、可哀想でしたねぇ〜
自分でまいた種とはいえ、あんな最期になるなんて(泣)
あと盲目の青年も気になる〜〜〜その後どうなったかしら・・・
りらさんへ^−^* (由香)
2009-04-21 22:42:16
こんばんは〜♪
『過酷な人生を歩んできたわりにはどこか、素朴で純粋な雰囲気があるところが、よかったのかな〜』
ジャマールはいい青年でしたねぇ〜
一途でひたむきで、、、
同じ兄弟でも、兄はお金に、弟は愛に生きようとしたってのがねぇ〜お兄ちゃんの最期は私も切なかったです。
かいこさんへ^−^* (由香)
2009-04-21 22:46:25
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

アカデミー賞の作品賞だと構えてしまうけど、これは万人に分かりやすい映画でしたね(笑)
素直なサクセスストーリーに色んな要素が上手く配置されていたわ〜

『ベンジャミンの方が好みです〜(ミーハー目線^^;) 』
ふふふ・・・私もミーハー目線でベンジャミンの方が好きなのかしら?何たって主演がブラピだし♪(笑)
再度失礼します! (ミスターシネマ)
2009-04-21 23:34:31
YUkAさん、こんばんは。
再び失礼しますm(_ _)m

僕の行きつけの映画館はつきみ野のワーナー・マイカル・シネマズ(WMC)というシネコンなんです。

YUKAさんはお住まいが神奈川ということなので知ってるかもしれませんが、そこでは「スラムドッグ$ミリオネア」は上映しておらず、ウチから一番近いTOHO海老名もTポイントが貯まらないため、今回はWMC新百合ヶ丘で見ました。

新百合ヶ丘は混雑しやすく、傾斜もゆるくて見にくいので、つきみ野の方が自転車で行けるし、個人的には好きですね…。

さて、感想ですが、10歳前後の兄弟が列車から転落して、体を起こした瞬間に未来へタイムスリップしたかのように、中学生くらいに成長していたこと、そして学校教育をさほど受けていないのに、英語を話せていたことは違和感がありましたが、全体的に試写会のときよりもスッキリした気分で観賞できました!

やはり、自分が良いなと思った映画は何度見ても飽きないものですね!
どうもで〜す。 (sakurai)
2009-04-22 08:24:28
疾走感にあふれてましたね。
子どもがああいう目にあうのは、本当に心苦しいのですが、それに相対するだけの力強さも描かれてましたね。
あたしの中では、ダニー・ボイルは終わってたのですが、久々に復活でした。
オリーブリーさんへ^−^* (由香)
2009-04-22 09:53:17
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!
プチお久しぶりでしたね

『ここ2年の作品賞に比べ、一般ウケする映画でしたね』
そうでしたね〜
昨年の作品賞では、鑑賞後???になりましたし、その前は、、、今でも「何で作品賞?」って気持ちがあります(笑)
不況の中、夢や希望のあるこの映画が選ばれたのは運命かもしれませんね〜

スラム街で生きる子どもたちを見ると辛いものがありましたが、彼らの逞しさには癒されるものもありましたね!
ひろちゃんへ^−^* (由香)
2009-04-22 09:59:42
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

古かったかしら?(笑)ついつい思い出しちゃったのよ〜KANの曲

ひろちゃんは高評価でしたね〜
私も面白かったのですが、、、ちょっと予告で流れ過ぎですよね?展開が予想ついちゃうし(笑)
お兄さんは可哀想でした〜それと盲目の方も、、、
ジャマールはあの盲目の人を探し出して幸せにしてあげて欲しいです。

私はベンジャミンの方が好みでした。さざ波のような感動がジワ〜ときたんです。ブラピも綺麗だったし(笑)
にゃむばななさんへ^−^* (由香)
2009-04-22 10:02:31
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

インド映画の『ボンベイ』は未見です。
この映画のレビューで時々見かけるので気になっています。
あと『シティ・オブ・ゴッド』も未見なんですよ〜観てみたいな♪
KLYさんへ^−^* (由香)
2009-04-22 10:09:22
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

『音楽とカメラワークそして編集』が素晴らしかったですね。グイグイ引き込ませるし飽きさせなかったもの〜

アカデミー賞で聴いたJai Hoはスゴク良かったです!!映画への期待感が高まったもの。
あの音楽は映画の成功に大きく貢献しましたよね〜
SOARさんへ^−^* (由香)
2009-04-22 22:43:02
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

見せ方が非常に巧かったですよね〜
展開としては、スラム街の子どもたちの様子などショッキングなことはありましたが、わりと単純だったと思うのですが、それでも「愛は勝つ」んだなぁ〜と素直に感動しました♪
kiraさんへ^−^* (由香)
2009-04-22 22:46:52
こんばんは〜♪
いまだに毒気に当てられて元気のない私(笑)
お返事が遅れました〜ゴメンネ♪

『期待があったからか、ちょっとありきたりな感はありました』
ふふふ・・・それって私も感じたわん。
期待感が大きかったせいもあるでしょうけど。

ベンジャミンとコチラは全く違うのに一途な愛は共通していましたね。
hitoさんへ^−^* (由香)
2009-04-22 22:50:14
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

hitoさんは気に入られたようですね〜
『ちょっと出来すぎかな〜という突っ込み部分もあったりするけど』
ふふふ・・・私も思いましたが、圧倒的なパワーや躍動感が素晴らしかったですね!

子どもの虐待シーンは辛かったわ〜
あの盲目の青年のセリフにもジーンときました・・・
こんにちは〜。 (mana)
2009-04-23 11:39:38
>だけど、見せ方が上手いんだなぁ〜
そうなんですよね。
だからそんな都合のいい話も許せちゃうのねん(笑)
この俳優さんが見たいからという邪心もなく(^_^;)
ただ引き込まれて行きました。

まぁ『ベンジャミン』とは違う空気感でしたけど、
楽しめましたわん♪
ミスターシネマさんへ^−^* (由香)
2009-04-23 23:48:56
こんばんは〜♪
再訪ありがとうございました!
再鑑賞されましたか〜良かったですね
新百合まで行かれたのですか?お疲れ様でした〜でも、その価値はあったようですね♪

『学校教育をさほど受けていないのに、英語を話せていたことは違和感がありましたが』
ふふふ・・・確かに!!(笑)

今日のニュースでインドの実情を少し放送していたのですが、貧富の差は想像を絶するものですよね〜
映画で観た子どもたちは生き生きしていましたが、ニュースでは、、、ちょっと暗い目をしている子どもが映ったので切なかったです。

映画はそんな子どもたちにも希望をもたらすかもしれない程パワーがありましたね!
sakuraiさんへ^−^* (由香)
2009-04-23 23:53:42
こんばんは〜♪
sakuraiさんはインドのこともよくご存じでしょうから、違う視点もあったのではないでしょうか。

私はとにかく疾走感溢れる物語に身を任せました。ちょっとありがちな展開でしたが、、、
闇と光のコントラストが上手く描けていましたよね♪
manaさんへ^−^* (由香)
2009-04-23 23:56:41
こんばんは〜♪
ちょっと都合がよいかな・・・とも思いましたよね?(笑)
でも見せ方がうまかったし、ジャマールのひたむきさにはジーンとしたわ〜
あんなに想い続けるなんて、、、ベンジャミンもそうでしたよね?
・・・・万歳!純愛!!(笑)
トラコメどうもでした (くまんちゅう)
2009-04-25 01:14:57
兄貴はね〜
生き抜く為に必死になってただけんなんだと思うんだよね
甘ちゃんの弟かばってた気もします
後半はちょっと都合良過ぎ?
って思っちゃった
こんばんは (えめきん)
2009-04-25 21:54:24
TB&コメントありがとうございました。

素晴しい映画でした。各国で映画賞を総ナメにしたのも納得の出来ですね。
インドの表も裏も逃げずに描き、これだけ生命力溢れた作品に仕上げたダニー・ボイルは凄いです。
一番感動したのはやっぱり最後のテレフォンですね。ジャマールの想いが成就された瞬間に思わず涙してしまいました。
こんにちは (みゆみゆ)
2009-04-25 22:03:41
私も見てきましたよ。
見ていて辛いシーンもありましたが(いろんな意味で^^;)最後は救われましたし、とてもよかったです。

「ベンジャミン・バトン」は見たいと思っていて・・・見られませんでした(^^;
ここでひねくれてみます。 (クラム)
2009-04-25 23:16:47
みなさん絶賛されてますね。
うまい構成で見せてくれたと思います。
ただ欲を言えば意外性がなかった気がしました。

背景にある諸問題を考えれば、
果たしてあれでめでたしなのかなって思ったりもしましたし。
娯楽というより社会性を重く見ると、
なかなかすっきりと踊り出すわけにもいかないんですよね。
天の邪鬼でして、、 (Anderton)
2009-04-26 01:57:44
事前情報で想像した内容と大きく外れず、私の楽
しみ方としては、今ひとつでした。
クラムさん同様、意外性が欲しかったのかと。

スラム出身の少年がテレアポ?センターの給仕役
をすることが、身分相応なのか不相応なのか、強
かな盗みを働いたり、インチキなツァーガイドを
続けることは叶わないのか、子供をダシに街で小
銭を巻き上げることが、裏組織の資金になり得る
のか、などなど。成人したジャマルが、私には少
年期からの延長線上に感じられませんでした。

気に入ったところは、全編に流れる様々なアレン
ジのインド風BGM。最期に踊ることはないと思い
ますが、、大好きなインド料理が食べたくなりま
した!
こんな世相だからこそ (GMN)
2009-04-26 09:15:13
こういう作品が評価された事にもまた意味があるのかなと思います。

お話的には目的を達したんだから最後は別に正解じゃなくても良かったんでしょうけど、とことんハッピーエンドにしてくれましたね。

確かにアカデミー賞って多少小難しい物の方が評価されがちですけど、これは無名のキャストって所を除けば一般受けもするんじゃないかなと思います。是非ヒットしてほしいです。
くまんちゅうさんへ^−^* (由香)
2009-04-26 15:02:26
こんにちは〜♪
大絶賛の本作ですが、くまんちゅうさんもテンションが低めの方かしら?
私も多分同じような感覚です。
素晴らしいんだけど、、、思ったより“普通”だったというか・・・
それからお兄さんの最期がねぇ〜ちょっと引っかかりました。
ふう (moviepad)
2009-04-27 01:24:07
やっとお邪魔できました。

gooブログからいただいたTB返信に悪戦苦闘し、ヤバイ言葉を4つ抜いてようやくOK。どの言葉がヤバイのかわからなかったため、TB送信がすっかり遅くなりました。

と思ったら今編集無しであっさりOK。
言葉の問題じゃなかったみたいです(汗)

由香さんは今イチだったんですね。
僕は究極のご都合主義物語も見せ方がうまければこんなにまともに見えるんだと変な感心の仕方をしました(爆)
えめきんさんへ^−^* (由香)
2009-04-28 17:07:19
こんにちは〜♪
えめきんさんは大絶賛ですね〜
私は捻くれ者なのか、面白かったんだけど、少し腑に落ちないところもあったりして(汗)
でも全体的にいって良かったと思ったのですが、、、(どっちだよ?!・笑)

『インドの表も裏も逃げずに描き、これだけ生命力溢れた作品に仕上げたダニー・ボイルは凄いです』
裏の部分には胸が締め付けられました〜
特に子どもが酷い目に遭うのは辛かったなぁ〜
それなのに子どもたちが生き生きとして一種の癒しを与えてくれたわ〜
みゆみゆさんへ^−^* (由香)
2009-04-28 17:10:48
こんにちは〜♪
コメントどうもありがとうございました。

みゆみゆさんは堪能されました?
最後にジャマールの想いが叶って良かったですよね〜

ベンジャミン〜はDVDで是非鑑賞されて下さいね♪ちょっと淡々としていますが、、、私は凄く好きでした。
クラムさんへ^−^* (由香)
2009-04-28 17:20:30
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

およよ・・・クラムさんはイマイチでした?
とか言いながら私も“ありがち”って思っちゃいました〜
インドの光と影をうまく見せてくれましたし、そこに純愛を絡めて1級のエンタメ作品になっていましたが、、、チョイ心にストンと落ちないところがありました。
Andertonさんへ^−^* (由香)
2009-04-28 17:30:33
こんにちは〜Andertonさん♪
Andertonさんもクラムさんと同じような感想を持たれましたか?意外性が欲しかったと。
実は私もそうでした。ちょっとありがちだと感じたので評価も低めになっちゃいました。

『成人したジャマルが、私には少年期からの延長線上に感じられませんでした』
う〜ん、、、それもあるかも。
少年期は悪っぽかったのに、成人したら真面目ないい子になっていて(笑)
私は兄の描き方もちょっと引っかかりました。それにあの最期は、、、もうちょっと違っても良かったかも。それこそありがちだったなぁ〜

音楽は良かったですね!
jai hoが耳に残りました〜♪
GMNさんへ^−^* (由香)
2009-04-29 13:44:38
こんにちは〜♪
コメントどうもありがとうございました!

とことんハッピーエンドでしたね〜♪
不況の時代だからこそ観る人がスンナリと受け止めたのかもしれませんね。
昨年の作品賞は観終わった後に???だったのですが(笑)今年は万人に伝わる映画でしたね。
日本でヒットするかしら?
moviepadさんへ^−^* (由香)
2009-04-29 13:49:46
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。
TBでお手間をとらせてしまったようですね〜スミマセン。

私は“イマイチ”だったと思われました?
そうかぁ〜バレちゃいましたか(笑)
ちょっと“ありきたり”かなぁ〜と思いました。見せ方が上手いので引き込まれましたが、、、そんなに大絶賛するほどかなぁ〜と思ったのが正直なところです(汗)

『究極のご都合主義物語も見せ方がうまければこんなにまともに見えるんだと変な感心の仕方をしました(爆) 』
ふふふ・・・moviepadさんの感想もテンションが低めだと推察しました(笑)
でも、今まで見たことがないようなパワーを感じる作品でしたね♪
こんばんは (なな)
2009-04-30 21:24:49
あら?そんなに高得点つけてないと言いつつも
由香さんったら褒めてる書き方してますね〜。

私もこれは見事な作品だと思うし
好感度が何より高い作品だと思って
オスカーも納得ですが(昨年のノーカントリーよりはずっと好感度が大)
個人的には私も「ベンジャミン」の方が好きかな?
ま,あまりにパワフルで明るい作品よりも
暗くてノスタルジックで切ない色の作品の方が好きだからですけど。

でも,これはこれで素晴らしいと思いました!
♪最後に愛は勝つ〜♪って,まさにそれがテーマでしたね。
・・・・今どきダサいテーマかも。
じゃいほー じゃいほー (SGA屋ドッグー)
2009-05-01 08:37:34
おはようございます

>ジャマールがどこにでもいそうな純朴なジャガイモ君

そうそう、いるいるあんな子。どこのクラスにも三人くらいいる。由香さんち坊ちゃんの同級生にもきっといますよ
でも見かけはともかく、あれだけのど根性を持った子はそうはいないでしょうねー わたしだったら電気流された時点で「すいません! インチキだったってことでいいです!」と言っちゃいそうです

お兄ちゃんも無事更生してほしかったですよね。由香さんは男の子二人お持ちだから、兄弟片方ではなく二人とも幸せになってほしいと思うのは当たり前ですよねー 
その点に関しては悲しゅうございました

>なんと日本円で4000万円

すげー でもいまどきこれくらいでは、田園調布に家は建たない(笑)
ちなみに原作では「税金で何割かもってかれた」なんて興ざめなことが書いてありました・・・
ななさんへ^−^* (由香)
2009-05-02 12:52:15
こんにちは〜♪
『あら?そんなに高得点つけてないと言いつつも由香さんったら褒めてる書き方してますね〜』
ふふふ・・・お気付きでしょうか。スッゴク苦労して書いた感想です(笑)
思ったほどテンションが上がらなかったんだけど、面白かったことは面白かった。でもなぁ〜チョイ不満もあるしなぁ〜という心の葛藤を表現するのは至難の技で。で、、、結局どっちつかずな文章に・爆

ななさんもノーカントリーよりもお好きですか?私もです♪ノーカントリーはハッキリ言って意味が分かりませんでした。難解な映画が苦手なもので(汗)
ベンジャミン〜の方がお好きってのも一緒ですね♪・・・・・あくまでも雰囲気が良かっただけでブラピのイケメンパワーのせいではないですよね?(一応確認・笑)

愛は勝つんです♪私ゃーこの年でもそう信じています。ロマンチストでしょ?・笑
SGA屋伍一さんへ^−^* (由香)
2009-05-02 13:00:56
こんにちは〜♪
GWですね〜青春していますか?

家の息子たちがジャガイモ君です(笑)
ちょっと今時の子どもとズレているのよねぇ〜何でかしら?
だけど根性はないです。(親譲り・汗)

お兄ちゃんは可哀想でしたね(涙)
何もあんな最期を迎えなくても・・・ちょっと悲しかったです。更生の道もあっただろうに・・・甘いかな?

インドで4000万円だと大金持ちでしょうねぇ〜
日本じゃーそうでもないでしょうが。
・・・・・・欲しい4000万円・爆
ラティカ〜! (ボー)
2009-05-07 22:57:43
ぼくは君を思いつづけているよ。
って純愛、いいですねー。いいんです。

生活の中で答えを知っていた、という展開は都合がいいですよね。でも、そこを否定したら、どうしようもなくなるか…。

思いやりのあるキスから、いきなりダンス(大好き)、エンディングは、サイコーでした。
ボーさんへ^−^* (由香)
2009-05-09 07:24:36
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

純愛でしたねぇ〜
ちょっと都合が良いところがありましたが(笑)、この映画はそれもウリなんでしょうね。

エンディングのダンスは私も好きです!
Jai Hoのリズムが最高でしたね♪
Unknown (FREE TIME)
2009-05-18 00:39:16
こんばんは。
TBありがとうございます。
アカデミー賞8部門受賞作品と聞いて、どのような映画なのか興味本位で観ましたが、受賞したのも頷ける内容でした。
近年のインド映画は勢いがあるようですね。(イギリスが製作したようですが)
エンディングのダンスシーンですが、個人的には何かストーリーと一致しないなと思っちゃいました。
FREE TIMEさんへ^−^* (由香)
2009-05-19 07:53:49
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

やっぱりアカデミー賞8冠だと気になりますよね〜どんな映画か♪
受賞も頷けるパワフルな映画でしたね。
ちょっと単純な展開ではありましたが、、、

エンディングのダンスは、個人的には好きでした。音楽も良かったわ〜Jai Hoがスゴク好きです。
心地良いラスト (Any)
2009-05-24 00:34:12
由香さん、こんばんは♪
『Jai Ho』は耳に残るよね〜 
鑑賞後、大分経った今も、ふとした時に蘇ります(笑)
ところで、「クイズ$ミリオネア」って世界的なクイズ番組だなんて
全っ然知りませんでした!てっきりダニー・ボイルが
みのさんの番組をモデルに…って思ってましたよ(汗)
本作、見せ方が上手かったです〜引き込まれました!

ふふっ… 由香さんの記事、ホントいつも面白くてね〜
鑑賞“後”に拝読して良かった!って思いますぅ〜
最近では、トニー周瑜のタケちゃんマン、それからGOEMONの秀吉鯉のぼり、
そして今回はジャガイモ君〜(爆)
鑑賞前に読んでいたら、可笑しくて集中出来なかったわぁ(笑)
Anyさんへ^−^* (由香)
2009-05-25 09:19:07
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました!

ふふふ・・・ミリオネアはみのさん発祥の番組だと思いました?(笑)司会役がハマっていましたものね〜

この映画は見せ方が上手かったですね。
あと音楽や色彩感覚も好きだったなぁ〜

ジャマールは純朴そうな青年だったのでジャガイモ君かと・・・
いつも変なことを想像しちゃうんですよ〜
先日観たウォーロードのジェット・リーはアンパンマンに見えたし(汗)
愛は勝つ! (たいむ)
2009-05-31 15:29:38
由香さん、こんにちは。
やっと公開されました〜。
思いの外純愛200%だったのには驚きでしたが、一途な思いには応援したくなりますね。彼女の諦め加減にちょっとイラっとしました(笑)

4千万円はどうしたんでしょう?
兄は命懸けで弟のために一肌脱いだのだけど、ボスをやっちゃったし、子分は逃げた彼女を追ったりするのかな?そこが心配。
4千万じゃ一生遊んで暮らせる・・ん?インドなら暮らせるのか?
どっかに高飛びとかしたのかなーと思いながら、ダンスの後のEDロールを眺めてました。
たいむさんへ^−^* (由香)
2009-06-01 15:19:52
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました。

たいむさんのところでは遅れて公開されたんですね〜
純愛200%でしたね〜愛は勝つって感じだったでしょ?(笑)

4千万円だとインドだと大金持ちなんでしょうね〜
そんな大金掴んだらかえって恐ろしいことになるかも、、、と心配ですが、これはお金よりも何よりも純愛がメインのようですからねぇ〜
二人は恵まれない子供たちにお金を遣ったかもですね♪
何故か全問正解 (たまさん)
2009-11-06 21:02:51
こんばんは♪
期待しすぎるとコケそうだったので、
この作品も映画館はスルーしてました(汗)
個人的にはまぁまぁでした、、
シビアな物語でしたけど、
エンディングはハジけてましたね!
たまさんへ^−^* (由香)
2009-11-08 16:14:16
こんにちは〜♪
コメントありがとうございました^^

まぁまぁ〜って感じでしたか?
私もそれに近いかも、、、
いい映画でしたが、そんなに好みって程でもなかったような気が(汗)、、、

エンディングはインド映画らしいハジケッぷりで楽しかったですね!
こんばんは (David Gilmour)
2009-11-09 02:37:40
この映画は、構成が巧みで見事でしたよね。
ジャマールの少年時代、警察での取調べ、クイズ番組の収録という3つの時間軸が交錯し、それが難解にならず、分かりやすいストーリー・テリングだったのは感心させられました。オスカーの編集賞は納得です。
はじめ、タイトルから社会派のサスペンスかと思っていたら、前半ではそのような感じがあったのですが、後半からラブストーリーに変化したのは驚きでした。いずれにしろ、この映画から、インドという発展途上国のパワーみたいなものを感じました。
David Gilmourさんへ^−^* (由香)
2009-11-11 14:48:19
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

インドのパワーを感じる映画でしたね〜

構成も見事で、ジャマールの運命がどうなるのか固唾を飲んで見守りました。
こういう映画がアカデミー賞で評価されるのって嬉しいですね!

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

160 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
スラムドッグ$ミリオネア(試写会) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[スラムドッグ$ミリオネア] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年29本目(27作品)です。 週刊誌の懸賞で試写会の無料招待券が当たったので、4月18日の公開に先駆けて見ることが出来ました。 今年のアカデミー賞を8部門も受賞した作品だけあって興味があり...
スラムドッグ$ミリオネア (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:SLUMDOG MILLIONAIRE。ダニー・ボイル監督、デヴ・パテル、フリーダ・ピント、マドゥール・ミッタル、イルファン・カーン、アニル・カプール。邦題の$は米ドル、映画はインドルピーなのでもとより米ドルは関係ない。関係あるとしたらアメリカでの興行成...
スラムドッグ$ミリオネア (悠雅的生活)
インドの現実。疾走。三銃士。
映画レビュー「スラムドッグ$ミリオネア」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
公式サイト◆プチレビュー◆インドを駆け抜ける夢物語は、残酷さとユーモアと愛のカオスだ。オスカー8冠の話題作。 【95点】 スラム出身の青年ジャマールは「クイズ・ミリオネア」に出演。全問正解を目前に、不正を疑われ逮捕されてしまう。無学の彼がなぜ答えを知り...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Slumdog Millionaire) (Mooovingな日々)
今日、ジャマール・マリクにとって人生最大の日を迎えた。文無しで、インドはムンバイのスラム街に暮らす18歳の青年が出演したインド版「クイズ・ミリオネア」で、クイズ史上最高額の賞金2000万ルピーを勝ち取るまであと1問を残したところでその晩の番組が終了後、...
【スラムドッグ$ミリオネア】つき落とされても生き抜く力と愛 (映画@見取り八段)
スラムドッグ$ミリオネア 〜Slumdog Millionaire〜 監督: ダニー・ボイル 出演:  デーヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、ア...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (ラムの大通り)
(原題:Slumdog Millionair) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。危険です。 でも言いたいです。鑑賞ご予定の方は、その後でお願いします。m(_ _)m 「某映画評論家氏の決めゼリフを借りれば 『これ、観なさい!』と、それだけ言って終わらせた...
「スラムドッグ$ミリオネア」文句なしのアカデミー賞 (ノルウェー暮らし・イン・London)
昨年末からとんだバタバタで、なかなか映画を観に行く事が出来なかった私。 ようやく時間がとれるぞ!と思ったら、もう引越し準備がMAXに。 最後の望みは、ロンドンまでのフライトだっ! 12時間のフライトなら4本は見られるもんね〜♪ 先ずは「スラムドッグ$ミリ...
2009-47『スラムドッグ$ミリオネア』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-47『スラムドッグ$ミリオネア』(更新:2009/04/19) * 評価:★★★★☆ もう桜も散ってしまい八重桜が多少残っているかな。 さて、今回も仕事帰りです。 アカデミー賞の8部門でオスカーを取った...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (Sweet*Days**)
監督:ダニー・ボイル CAST:デヴ・パテル、フリーダ・ピント 他 第81回アカデミー賞作品賞、監督賞 他受賞 スラム育ちのジャマ...
スラムドッグ$ミリオネア (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『駆け抜けたその道に、 夢とヒントが落ちていた─。』  コチラの「スラムドッグ$ミリオネア」は、世界が選んだ今年”最高”の一本!!第81回アカデミー賞で、今年度最多となる8部門の受賞をした4/18公開の大河ロマンスなのですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪今...
スラムドッグ$ミリオネア (シネマ大好き)
昨夜、試写会で今年のアカデミー賞総ナメの「スラムドッグ$ミリオネア」を観た。 インド・ムンバイのスラム街で育ったジャマールは、クイズ・ミリオネアに出演して、最後の一問を残すだけまで正解を重ねるが、無学なために不正を疑われて逮捕されてしまう。暴力的な取...
試写会「スラムドッグ$ミリオネア」 (流れ流れて八丈島)
今日は試写会のハシゴです九段下からそのまま都営新宿線で新宿三丁目へ出て、東京厚生年金会館で試写会「スラムドッグ$ミリオネア」を観てきました。さすが、アカデミー作品賞をはじめ、あらゆる映画賞を総なめにした映画です。これは文句なしのいい映画でしたね。超オス....
スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 欲しかったのはお金じゃない 無欲でピュアな青年の物語{/hikari_blue/} アカデミー賞 作品賞、監督賞、脚色賞、撮影賞、編集賞、録音賞、作曲賞、主題歌賞8...
[スラムドッグ$ミリオネア] 映画 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:SLUMDOG MILLIONAIRE公開:2009/04/18製作国:イギリス/アメリカPG-12上映時間:120分鑑賞日:2009/04/18監督:ダニー・ボイル出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン運じゃなく、運命だった。+あらすじ...
スラムドッグ$ミリオネア (そーれりぽーと)
今年一番の注目作『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 ★★★★★ 興奮と感動がおさまらない。 急激な成長を遂げ、貧困と富が混沌とするインドが舞台。 本物のスラム街を駆け回る少年たち。 ドキュメンタリータッチでは撮っていないのに、まるでドキュメンタ...
スラムドッグ$ミリオネア (りらの感想日記♪)
【スラムドッグ$ミリオネア】 ★★★★★ 映画(祭) (17)ストーリー インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。この日、ムンバイ出身
スラムドッグ$ミリオネア (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年4月18日 公開 ★★★★★ トイレにはまったからウンもあったかも 星5つ! 運命によって導かれた アカデミーの作品賞など8冠を獲得したこの作品。 実は劇場公開もされないまま直接DVD発売される運命だったと...
★スラムドッグ$ミリオネア(2008)★ (CinemaCollection)
SLUMDOGMILLIONAIRE運じゃなく、運命だった。上映時間120分製作国イギリス/アメリカ公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2009/04/18ジャンルドラマ/コメディ/ロマンス映倫PG-12【解説】「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイ....
スラムドック$ミリオネア (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  今年のアカデミー賞、最多の8部門受賞作品。待ちに待った公開初日。日比谷シャンテにて、満席状態の中鑑賞。パワフル。カラフル。インドならではのスパイスが効いた超ド級のエンターテインメントでした。監督のダニー・ボイルには“鬼才”と...
スラムドッグ$ミリオネア (LOVE Cinemas 調布)
言わずと知れた昨年度アカデミー賞8部門受賞作品。最有力といわれていた『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』を退けての受賞当時は日本では公開されていなかったため、「そんなにいいの?」という声も聞かれました。それにしても当初はDVDスルーの可能性があったとい...
スラムドッグ$ミリオネア (心のままに映画の風景)
インド、ムンバイ。 ジャマール(デヴ・パテル)は、国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”に出演し、次々と難問をクリアする。 残り1問...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「スラムドッグ$ミリオネア」公式サイトアカデミー賞8部門受賞のヒューマンドラマ。サクセスストーリーもラブストーリーもあって。残酷風味もあってちょい童話チック?スラム育ちのジャマールが、ミリオネア全問正解を前にイカサマ容疑で逮捕。無...
スラムドッグ$ミリオネア (勝手に映画評)
2009年第81回アカデミー賞最多8部門(作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、脚色賞、撮影賞、編集賞、作曲賞、主題歌賞)受賞。 そのタイトルから判るように、クイズ$ミリオネアが舞台になっている。そもそも、クイズ$ミリオネアは、イギリス発祥の『Who Wants to Be a M...
スラムドッグ$ミリオネア (Memoirs_of_dai)
ファイナルのアンサー後の感動と蛇足 【Story】 テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だ...
スラムドッグ$ミリオネア (だめ男のだめ日記)
「スラムドッグ$ミリオネア」監督ダニー・ボイル出演*デヴ・パテル(ジャマール・マリク)*マドゥル・ミッタル(サリーム・マリク)*フリーダ・ピント(ラティカ)*アニル・カプール(プレーム・クマール)*イルファン・カーン(警部)*アーユッシュ・マヘーシュ・ケーデ...
スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire (映画!That' s Entertainment)
●「スラムドッグ$ミリオネア Slumdog Millionaire」 2008 イギリス・アメリカ Pathe Pictures,Celador Films,Film4,120min. 監督:ダニー・ボイル  原作:ヴィカス・スワラップ著「ぼくと1ルピーの神様」 出演:デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピ...
「スラムドッグ$ミリオネア」これが運命 (再出発日記)
今までにないアカデミー作品賞である。荒削りなのに、繊細な脚本。スターがいないのに、キャラが立っている。美しい自然なんてどこにもないのに、圧倒的で作り物ではない色彩と映像。歌詞がまったく分からないのに、魅力的な音楽。主題歌賞をとった曲がどこで使われるのだ...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (2008)/イギリス・インド (NiceOne!!)
原題:SLUMDOGMILLIONAIRE監督:ダニー・ボイル脚本:サイモン・ビューフォイ出演:デーヴ・パテル、アニル・カプール、イルファン・カーン、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント公式サイトはこちら。<Story>インドのスラム出身の少年ジャマール(デーヴ・パテル...
スラムドッグ$ミリオネア (めでぃあみっくす)
運命とは神様が書いた粋な脚本。これはこの映画の内容だけでなく、この映画そのものにも当てはまるような気がしました。 第81回アカデミー賞で作品賞や監督賞を始め最多8部門を獲得したこの作品は、まさにボリウッドが世界的地位を確立したこの時代だからこその傑作であ...
『スラムドッグ$ミリオネア』そら、これはアカデミー賞獲りますわね (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
正直言いましてね、インドの映画と聞いて二の足、三の足踏んでたんです。でもこれだけ賞を穫りまくるなんてフツーじゃないでしょ。食わず嫌いはいけないと思いまして。
スラムドック$ミリオネア/Slumdog Millionaire (いい加減社長の映画日記)
「おっぱいバレー」も、出身地北九州市が舞台だし、綾瀬はるかちゃんのおっぱいにも興味があったんだけど。 ここは、アカデミー賞8部門受賞の「スラムドック$ミリオネア」を選択。 綾瀬はるかちゃんがおっぱい見せるとも思えなかったし^^; 「UCとしまえん」は、いつ...
スラムドッグ$ミリオネア (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
ライフラインでいえば「オーディエンス」の支持率高しな印象の映画
★『スラムドッグ$ミリオネア』☆ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:イギリス映画、ダニー・ボイル監督、デーヴ・パテル主演。
スラムドッグ$ミリオネア 九段会館 2009.4.9 (◆JOY◆ 〜つれづれ日記〜)
アカデミー賞、最多8部門受賞のこの作品、予告編見てずっと気になってたので試写会で見れて嬉しい あらすじ:インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。し...
「スラムドッグ$ミリオネア」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ムンバイのスラム街、其処に漂う、濃密な空気感を見事に映像化したダニー・ボイル以下、制作者陣の苦労が伺える映画でした。二人の少年時代から始まる物語、彼らを取り巻く、その世界は、あまりにも絶望的で、しかし、生き抜く為に、兎に角、お金に執拗に固執する。その為...
スラムドッグ$ミリオネア (だらだら無気力ブログ)
『28日後...』のダイー・ボイル監督がインドを舞台にスラム育ちの青年の 波瀾万丈の生い立ちをクイズ番組を通じて描く。 アカデミー賞で最多8部門で受賞する快挙を成し遂げたヒューマンドラマ。日本でも放映されたクイズ$ミリオネア。インドの国民的番組である同番組...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」@GAGA試写室 (masalaの辛口映画館)
   映画の話テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年、米・英) (富久亭日乗)
    ★★★★★  第81回アカデミー賞で8部門受賞した インドを舞台にしたドラマ。 原題は「Slumdog Millionaire」。              2006年、インドのMumbai。 電話会社のコールセンターでお茶くみをしている Jamal Malik (Dev Patel)は テレビのク...
「スラムドッグ$ミリオネア」5つ★!(^○^) (ポコアポコヤ 映画倉庫)
最高に面白かった。文句無しの5つ★最近見た映画の中でダントツ1位です。子供や心臓が弱い人が見て大丈夫! エロ・グロシーンが無いのも...
『スラムドッグ$ミリオネア』・・・僕たちのデスティニー (SOARのパストラーレ♪)
ため息が出るくらい素晴らしい作品だった。アカデミー賞でのあの圧勝劇。最多8部門受賞という快挙の理由はこれだったのか・・・。
スラムドッグ$ミリオネア (Diarydiary!)
《スラムドッグ$ミリオネア》 2008年 イギリス映画 − 原題 − SLUMD
スラムドッグ$ミリオネア ▲52 (レザボアCATs)
もはや取り立てて説明する必要もないでしょう、今年のアカデミー主要受賞作。作品賞、監督賞(ダニー・ボイル)、その他最多8部門受賞。livedoorブロガー試写会、ギャガ試写室@六本木ミッドタウンタワーで見て来ました〜!
スラムドッグ$ミリオネア (to Heart)
運じゃなく、運命だった。 製作年度 2008年 製作国 イギリス/アメリカ 上映時間 120分 映倫 PG-12 原作 ヴィカス・スワラップ 『ぼくと1ルピーの神様』(ランダムハウス講談社刊) 監督 ダニー・ボイル 音楽 A・R・ラーマン 出演 デヴ・パテル/マドゥル・ミッタル...
映画『スラムドッグ$ミリオネア』 (健康への長い道)
暑い。 半袖でもOKな陽気の中、28日から公開と勘違いしていた『スラムドッグ$ミリオネア』を鑑賞。TOHOシネマズ梅田のシアター6は100席弱。アカデミー賞8冠でも、商業的には地味な扱いですね。 Story インド・ムンバイのスラム出身の少年ジャマールは人...
溢れんばかりのインドパワー!「スラムドッグ・ミリオネア」を観ました(ちょっと修正) (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
パンフレット 700円 内容 ABOUTクイズ$ミリオネア(クイズ$ミリオネアについての大まかな説明) 「もはや社会現象、あのアカデミー...
スラムドッグ$ミリオネア (★ Shaberiba ★)
  「駆け抜けたその道に、夢とヒントが落ちていた・・」 インドのスラムで過酷な人生を生きてきた少年たちの人生に涙・・! 
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」 (ようこそMr.G)
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」
スラムドッグ$ミリオネア(2回目) (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[スラムドッグ$ミリオネア] ブログ村キーワード 評価:9.5/10点満点 2009年37本目(34作品)です。 試写会で見ていますが、公開され、千円の日ということもあって、見ることにしました。 クイズに正解すると分かっているのに、ハラハラドキドキしながら見入ってしま...
スラムドッグ$ミリオネア (Akira's VOICE)
人生,それすなわち,ネバーギブアップ!  
スラムドッグ$ミリオネア (一言居士!スペードのAの放埓手記)
映画「スラムドッグ$ミリオネア」見ましたが、混沌としたインドの映像や音楽など圧倒的でした。スラム街や警察と華やかなミリオネアは対照的ですが、インドのミリオネアとみのもんたのミリオネアは音楽などほとんど同じでした。ライフラインも同じです。 主人公はスラム...
Slumdog Millionaire (2008) (犬連れ国際結婚)
Jamel Malik(Dev Patel)は、子供の時にインドの貧しい地区で、兄と2人でシングルマザーの母親によって育てられていた。そして、ある日、ヒンドゥとモスラムの宗教争いのために母親を亡くし、兄と2人だけで生き延びなければならなかった。そんなJ...
【スラムドッグ$ミリオネア】 (日々のつぶやき)
監督:ダニー・ボイル 出演:デーブ・パテール、アニル・カプール、イルファン・カーン、フリーダ・ピント、マドゥル・ミッタル 「インドのムンバイ、人気クイズ番組クイズ$ミリオネアに出演したスラム出身のジャマールはあと1問で2000万ルピーを手に入れられると
スラムドッグ$ミリオネア (映画君の毎日)
//ストーリー//テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜこれほどの知識があり、この番組に出演するに至ったのか。...
スラムドッグ$ミリオネア (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★[4/5] 幼少期で生き抜く術を身に付けた兄弟の力強さに脱帽した
スラムドッグ$ミリオネア。 (この世界の憂鬱と気紛れ)
 ダニー・ボイル監督、『スラムドッグ$ミリオネア』、4/18、Tジョイ久留米にて鑑賞。2009年16本目。  アカデミー賞効果というのは大したもので、最初この映画のことを町山智浩氏のブログで知ったときは、これ、面白そうだけど観るとしたら福岡まで行かなく...
スラムドッグ$ミリオネア 文句なしの佳作! (ネット社会、その光と影を追うー)
インドのテレビ番組に、英国で生まれ日本でもおなじみ
スラムドッグ$ミリオネア・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
1900万人がひしめき合う、インドのムンバイを舞台に、スラム育ちの無学の青年が、巨額の賞金が懸かるクイズ番組に挑戦する、ダニー・ボ...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (試写会帰りに)
ダニー・ボイル×インドパワー=極上のエンタテインメント! スリル、アクション、サクセスにラブストーリー。ジャンル分けできない新鮮な映像体験。 『スラムドッグ$ミリオネア』(『SLUMDOG MILLIONAIRE』) 『トレインスポッティング』『28日後...』『サンシャイン...
スラムドッグ$ミリオネア (SmallTalk)
本年度のアカデミー賞作品賞受賞作、『スラムドッグ$ミリオネア』(2008年/米国 原題:SLUMDOGMILLIONAIRE)を観た。インドのムンバイで兄サリームと共にスラムで生きてきたジャマールは、クイズ番組“Whowantstobeamillionaire”に出演し、あと1問正解すれば最高賞金....
スラムドッグ$ミリオネア☆★SLUMDOG MILLIONAIRE (銅版画制作の日々)
  運じゃなく、運命だった。 4月20日、MOVX京都にて鑑賞。待ち焦がれていた本作「スラムドッグ$ミリオネア」をようやく鑑賞しました。 第81回アカデミー賞最多8部門受賞という驚異的な受賞とあって、MOVX京都も大勢のお客さんでした。しかも、MOVXディというこ...
スラムドッグ$ミリオネア (迷宮映画館)
がつがつしていた頃のダニー・ボイルを彷彿!力が入る。
『スラムドッグ$ミリオネア』の映画の外のスキャンダル (犬連れ国際結婚)
映画『スラムドッグ$ミリオネア』(SlumdogMillionaire)は、日本で、今、ヒット中のようだが、今夜のテレビのニュースで、残念な事を聴いてしまった。映画を観た人なら絶対、憶えているLatika(ラティカ)を最初に演じた子役女優の父親が彼女をインドのお金持ちにアメリ...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」を採点 ※一部ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画「スラムドッグ$ミリオネア(Slumdog Millionaire)」を1観て来ました。採点は★★★★☆(5点満点中4点)です。90点でも良いくらい。 何と言っても“読後感が良い”。自分が置かれた過酷な現実を正面から受け止め、少年少女たちが生き生きと成長していく様がドキ...
スラムドッグ$ミリオネア (ももママの心のblog)
アカデミー賞8部門受賞。ゴールデングローブ賞4部門受賞の快挙。有名俳優は、ちっとも出ていませんが、作品自体のレベルが高く、魅力的な一作です。インドの悲惨な現実をクイズに答える少年を通して描き、ピュアなラブストーリーにもなっています。
スラムドッグ$ミリオネア (映画通の部屋)
「スラムドッグ$ミリオネア」SLUMDOG MILLIONAIRE/製作:200
クイズミリオネアって… (美容師は見た…)
   どこかの国のクイズ番組をパクっ…    てたんですねヾ(゚∇゚*)ヒトギキワルイワ   聴きなれた効果音に四択問題。   入りやすかったです。   みのさんにも大金払って、   全問正解者にも大金払って。   収録は相当時間がかかるようで…大変な...
スラムドッグ$ミリオネア (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
イギリス発祥で、世界的に人気のあるクイズ番組、「クイズ$ミリオネア」。インドのスラム出身の青年、ジャマールが、出演し、次々と正解を出していきます。そして、あと1問で最高賞金、2000万ルピーを手に出来るというところで、その日の放送は終了、続きは翌日に持ち越さ...
スラムドッグ$ミリオネラ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
インドの映画には歌とダンスがつきものでにぎやかドンチャカ長時間〜〜〜っとそんなイメージあったのですが(笑)ダニー・ボイル監督の『スラムドッグ$ミリオネア』クイズ・ミリオネアとジャマールの生い立ちと警察での取り調べシーンが交錯する。スラムで育ち、母親を暴...
スラムドッグ$ミリオネア (ダイターンクラッシュ!!)
4月19日(日) 20:50〜 TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 『スラムドッグ$ミリオネア』公式サイト 「ファイナル・アンサー」な司会者がみのもんた同様に感じ悪い、スラム出身の小僧の一攫千金なアカデミー賞受賞作。 クイズ...
映画* スラムドッグ$ミリオネア (有閑マダムは何を観ているのか? in California)
インドには、一泊をする暇もなく、日本ーケニア間の飛行機の乗り継ぎの間の半日を過ごしたことがあるだけ。 今から17,18年ほど前のボンベイ、今ではムンバイですね。 でも、過ごした時間が短かったけれど、まあそのインパクトは大変なもの。 空港に到着したのが...
最後に彼が手にしたモノは・・・。『スラムドッグ$ミリオネア』 (水曜日のシネマ日記)
テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演した一人の青年の物語です。
夢見たものは初恋成就♪〜「スラムドッグ・ミリオネア」〜 (ペパーミントの魔術師)
クイズミリオネアのBGMって万国共通? ・・・みの溜めは日本ならではらしく、 えらいあっさり正解って言うのなって・・・・ そのわりには司会者のもつ雰囲気って似てるな(わわわわわ) 金の斧と銀の斧あなたが落としたのはどちらと聞かれて 木の斧だと言ったら金...
スラムドッグ$ミリオネア 圧倒的なパワーとうんち!? (労組書記長社労士のブログ)
【 24 -7-】 草薙くん、やっちゃったねえ{/m_0211/} しかし飲酒量{/m_0053/}を酒気帯び運転{/m_0033/}の基準と比較するのって無意味だと思うし、なんで家宅捜査までされるんよ、おかしいやん{/m_0152/} それに『鳩山邦夫総務相(60)は「最低の人間だ!」と大激怒』って、あ...
スラムドッグ$ミリオネア (  Art- Mill  )
http://slumdog.gyao.jp/ 英語名で「ボンベイ」と呼ばれていた街は、1995年に、現地語(マラーティー語)での名称にもとづく「ムンバイ」へと公式に変更された。インド最大の街であり、周
スラムドッグ$ミリオネア (描きたいアレコレ・やや甘口)
テンポよくリズムを刻むインド音楽と共に、駆け抜ける120分!飽きません! 何故、スラム出身の無学な青年がクイズの答えを知っていたのか...
「スラムドッグ$ミリオネア」 第5位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 119オープニング土日興収: 1.16憶円昨年のアカデミー賞
★「スラムドッグ$ミリオネア」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはららぽーと横浜で2本。 オスカー8冠の作品を見逃すわけにはいかないでしょう・・・ でも、平日だけどもっと混んでるかと思ったら、そうでもなかったね。 広いスクリーンだったけど、1本目の「マックス・ペイン」と同等の入りかなっ。
スラムドッグ$ミリオネア〜JAI HO!〜 (愛情いっぱい!家族ブロ!)
いんや〜 ”これぞ映画”って感じですんごくよかったです。 ダイナミズムってやつですかね。 ほとばしり感、疾走感がハンパじゃないっす! さすが、ダニー・ボイル、映像も色使いも素晴らしく、 インドの混沌とし...
408: スラムドッグ$ミリオネア (さくらの映画スイッチ)
Q and A.....ジャマールの人生を通して、インドが浮き彫りになる。
なぜアカデミー賞8部門?「スラムドッグ$ミリオネア」 (映画好き集れ!!)
 なぜアカデミー賞8部門?「スラムドッグ$ミリオネア」ストーリーインドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。彼はズル....
スラムドック$ミリオネア (5125年映画の旅)
スラム育ちの無学の青年ジャマールが、人気TV番組『クイズ$ミリオネア』に出演。正解を続け、ついにあと一問というところまで上り詰めた。しかし製作者側がイカサマの疑いがあるとしてジャマールを拘束した。何故正解出来たのかと尋問を受けるジャマールは、過酷な生...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
とにかく不思議な映画。本筋をまとめて言えば、インドの貧民街で育った青年・ジャマールの物語。テーマで括るなら、貧困問題を扱った社会派作品か青年の実直なまでの想いを綴った愛の物語である。いずれを前面に打ち出したとしてもどうにも地味なのだが、まるで畑の違うク...
『スラムドッグ$ミリオネア』:スラム育ちの愚兄賢弟物語、純愛も泣かせる (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
インド・ムンバイのスラムで育った青年がクイズ・ミリオネアでなぜ全問正解できたのか・・・というような物語ではなく、スラムで育った兄弟の確執の物語、そして弟とひとりの少女の純愛物語である。
「スラムドッグ$ミリオネア」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Slumdog Millionaire」2008 UK     ジャマール・マリクにデヴ・パテル。 サリーム・マリクにマドゥル・ミッタル。 ラティカにフリーダ・ピント。 司会者プレーム・クマールにアニル・カプール。 警部に「その名にちなんで/2006」「ダージリン急行/2007」「...
スラムドッグ$ミリオネア☆★SLUMDOG MILLIONAIRE (銅版画制作の日々)
  運じゃなく、運命だった。 4月20日、MOVX京都にて鑑賞。待ち焦がれていた本作「スラムドッグ$ミリオネア」をようやく鑑賞しました。 第81回アカデミー賞最多8部門受賞という驚異的な受賞とあって、MOVX京都も大勢のお客さんでした。しかも、MOVXディというこ...
スラムドッグ$ミリオネア (TRUTH?ブログエリア)
原題:SLUMDOG MILLIONAIRE原作:ヴィカス・スワラップ 「ぼくと
『スラムドッグ$ミリオネア』 (えび餡のつぶやき。)
あと一問でミリオネア。彼がここまで辿り着いたわけは…?A.インチキしたから  B.ラッキーだったからC.天才だったから  D.運命だったからおなじみの?四択問題から始まる、今年のアカデミー賞作品賞を含む8部門に輝いた『スラムドッグ$ミリオネア』。この正式な....
スラムドッグ$ミリオネア (利用価値のない日々の雑学)
大変お恥ずかしいことながら、この作品を鑑賞するまで筆者は全くと言って良いほど、インドという国の現状と現実に関して無知であったということを冒頭に告白しなくてはいけない。筆者的に言うと、インドという国には一度だけ訪問したことがあるが、それはバブルより少し...
スラムドッグ$ミリオネア (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
スラムドッグ$ミリオネア ’08:イギリス◆原題:Slumdog Millionaire ◆監督:ダニー・ボイル「サンシャイン2057」「ミリオンズ」「トレイン・...
スラムドッグ$ミリオネア (映画のメモ帳+α)
スラムドッグ$ミリオネア(2008 イギリス・アメリカ) 原題   SLUMDOG MILLIONAIRE 監督   ダニー・ボイル 原作   ヴィカス・スワラップ 脚色   サイモン・ボーフォイ 撮影   アンソニー・ドッド・マントル 音楽   A・R・ラーマン 出演   ...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (古今東西座)
タイトルからして一獲千金の映画かと思っていたが、実は強烈に一途な愛の物語だった。『クイズ$ミリオネア』で大金を掴もうとしているジャマール・マリク(デーヴ・パテル)であったが、スラム出身でまともな教育を受けていない彼がこれ程正解できるはずがないとイカサマ...
ファイナルダンサー!〜『スラムドッグ$ミリオネア』 (真紅のthinkingdays)
 SLUMDOG MILLIONAIRE  "Who Wants To Be A Millionaire?"  2006年、インド・ムンバイ。スラム育ちの青年ジャマール(デーヴ・パテル)は 人気クイ...
スラムドッグ$ミリオネア (映画の話でコーヒーブレイク)
インド映画(といっても監督は英国人)を見るのは「ムトゥ、踊るマハラジャ」以来。 1998年頃、この映画でちょっとしたインド映画ブームがあったけれど、 あれは一体なんだったんでしょう? ハンサムとは言えないインド人男優とエキゾチックな美人女優さんの歌って踊...
映画を観た〜スラムドッグ$ミリオネア〜 (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
「スラムドッグ$ミリオネア」 第5位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 119オープニング土日興収: 1.16憶円昨年のアカデミー賞
スラムドッグ$ミリオネア (You got a movie)
監督 ダニー・ボイル    デーヴ・パテル    フリーダ・ピント    マドゥル・ミッタル    アニル・カプール ほか  アカデミー賞 最優秀作品賞ほか7部門受賞  ゴールデン…グローブ賞 最多4部門 受賞  インド人の俳優、スタッフを用いてイギリス人...
[映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆・・・あああ、これは素晴らしい作品であった^^;  私は、アカデミー賞なんてのは、『オーストラリア』(←これはこれで楽しい^^)みたいな「お祭り作品」に与えられるものとばかり考えていたのだが、この作品は、主人公がTV番組『ミリオネア』と言う番組に出演...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (つれづれなるままに)
月曜日は、 『スラムドッグ$ミリオネア』の試写会でした。[E:happy02]
映画『スラムドッグ$ミリオネア』 (いつか どこかで)
映画『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。
スラムドッグ$ミリオネア (虎猫の気まぐれシネマ日記)
観て来ましたよ!本年度アカデミー賞作品賞を獲得した本作! あらすじ: テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、賞金を獲得したジャマール(デヴ・パテル)だったが、インドのスラム街で育った少年が正解を知るはずがないと不正を疑われ逮捕される。ジャマールになぜ...
ウソだ!!! (人生は長調のメロディーにのせて)
事実の迫力に、フィクションはかなわない。 いくらこの映画のラストでラティカとジャマールが結ばれようと、そんなのまやかしにしか思えな...
クイズ百万ドルに賭けました ダニー・ボイル 『スラムドッグ$ミリオネア』 (SGA屋物語紹介所)
本日は本年度アカデミー賞作品賞、監督賞、その他もろもろに輝いた『スラムドッグ$ミ
『スラムドッグ$ミリオネア』@シネセゾン渋谷 (映画な日々。読書な日々。)
インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。彼はズルをして正答を得ていたとされ、詐欺容疑で逮捕されてしまう。ジャマー...
『スラムドッグ$ミリオネア』 ('09初鑑賞52・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆☆ (5段階評価で 5) 4月30日(木) TOHOシネマズ西宮OS スクリーン9にて 15:00の回を鑑賞。
★ 『スラムドッグ$ミリオネア』 (映画の感想文日記)
2008年。イギリス/アメリカ。"SLUMDOG MILLIONAIRE".   ダニー・ボイル監督。  今年のアカデミー賞授賞式での圧倒的なひとり勝ちのお祭り騒ぎが記憶に新しい話題作で、どうせ大ヒットするんだろうが、ダニー...
スラムドッグ$ミリオネア (腹黒い白猫は見た!!)
2009年114本目映画『スラムドッグ$ミリオネア』全ての答えの裏側に、インドを疾走する彼の人生があった。ストーリー一問正解するごとに近づいていく、運命の恋。必ず、君を見つけ出す―。―はじまり:1,000ルピー―少年ジャマールは、警察に逮捕された。理由は世界最大の...
スラムドッグ$ミリオネア (2008・イギリス/アメリカ) (白ブタさん)
アカデミー賞受賞作ってことで、行ってきました☆
スラムドッグ$ミリオネア を観ました。 (My Favorite Things)
今年のオスカー作品賞ものです。
スラムドッグ$ミリオネア (菫色映画)
2008年 イギリス 監督:ダニー・ボイル 出演:デーヴ・パテル    アニル・カプール    イルファン・カーン    マドゥル・ミッタル ダニー・ボイル監督、『トレインスポッティング』以来の傑作! ネタバレ有りです。 何が凄いって、現在のミ...
スラムドッグ$ミリオネア (future world)
インドパワー溢れる作品で面白かったです。 しかしまぁ、アカデミー賞8部門受賞とは・・・ 驚きです。 番組「クイズ$ミリオネア」は・・・どこの国もあの音楽で、ライフラインやスタジオの雰囲気、司会者のクドさは同じなんでしょうか。。。 でも、みのさんの方...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (てんびんthe LIFE)
「スラムドッグ$ミリオネア」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 映画の日ですから…。 7スクリーンもほぼ満員。 ベンジャミンをあれだき引き離して各賞かっさらっていった作品でうから一応みないと話にならない。 賞を取る前ってたしか、シャンテの短観上映の予定だ...
スラムドッグ$ミリオネア (犬・ときどき映画)
スラムドッグ$ミリオネアを観ました。 アカデミー賞8部門を受賞したインドを舞台にした映画。 ストーリー インドのスラムで育った兄弟、母親は幼少のころ宗教間の争いで殺されてしまう、兄弟はその争いから命からがら逃げ出し、一緒に逃げた少女と知り合う。ゴミ捨て場...
スラムドック$ミリオネア (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
単なる“クイズ番組の映画”ではなくインド社会の深刻な問題も描かれている。 世界が認めた一本に、「ファイナル・アンサー」 物語:インド、ムンバイのスラム出身の18才の少年ジャマール・マリクは、大人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、最高額賞金200...
♯22 「スラムドッグ$ミリオネア」 (cocowacoco)
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」 SLUMDOG MILLIONAIRE を観ました         ダニー・ボイル監督 2008年 イギリス/アメリカ 『スラムの負け犬』ジャマールの成功譚。 幸せには富みも必要だが、そこに愛がなければいけない。 必死に生きてきた、ジャマー...
スラムドッグ$ミリオネア - Slumdog Millionaire - (個人的評価:★★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
長い休暇の初日にスラムドッグ$ミリオネアを観てきました。 「いいもん観たな」というのが率直な感想です。 アカデミー賞作品賞受賞作...
『スラムドッグ$ミリオネア』@TOHOシャンテ (たーくん'sシネマカフェ)
TOHOの会員カードのポイントが貯まるようになってTOHOになったシャンテで「スラムドッグ$ミリオネア」鑑賞。しかもポイントで無料鑑賞♪(C)2008CeladorFilmsandChannel4TelevisionCorporation原題:SLUMDOGMILLIONAIRE監督:ダニー・ボイル脚本:サイモン・ビューフォイ....
「スラムドッグ$ミリオネア」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・イギリス/監督:ダニー・ボイル) 第81回アカデミー賞において、最優秀作品賞を含め8部門を制した、愛と涙と感動の話題作。 インド、ムンバイのスラム街に育った貧しい青年
「スラムドッグ$ミリオネア」 文句なしの構成力 (はらやんの映画徒然草)
やられた! この作品の完璧とも言えるほどの構成力に舌を巻きました。 さすがアカデ
【映画感想】スラムドッグ$ミリオネア[2009-058] (映画+小説+家族=MyLife)
2008年度アカデミー賞で、作品賞をはじめとする8部門を受賞した作品『スラムドッグ$ミリオネア』を観てきました。 人生のどん底において経験させられた、忘れたくても忘れられない苦い体験。貧困、宗教問題、暴力・・・。そんな哀しい記憶が、人生の大逆転ドラマへと繋...
『スラムドッグ$ミリオネア』 (・*・ etoile ・*・)
'09.05.04 『スラムドッグ$ミリオネア』@TOHOシネマズ市川コルトン これは見たかった! インド映画好きだし、ダニー・ボイルがインドを撮るとどうなるのかスゴイ興味があった。もちろんアカデミー作品賞受賞というのもあり。 「"クイズ$ミリオネア"に出演、正解を重...
スラムドッグ$ミリオネア (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
    = 『スラムドッグ$ミリオネア』  (2008) = テレビ番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、次々と正解を重ね賞金を獲得するジャマール(デヴ・パテル)であったが、インドのスラム街で育った少年に答えられるわけがないと、不正を疑われて逮捕されてしまう...
スラムドッグ$ミリオネア (映画通信みるみる)
ムンバイのスラム育ったジャマールが、ミリオネアまで、あと1問と迫る! 無学の彼が、なぜ? 彼は、望まなくても、答えを知っていたのだ。 ...
スラムドッグ$ミリオネア (pure's movie review)
2008年 イギリス作品 120分 GAGA=Communications配給 原題:SLUMDOG MILLIONAIRE STAFF 監督:ダニー・ボイル 脚本:サイモン・ボーフォイ 原作:ヴィカス・スワラップ『ぼくと1ルピーの神様』 CAST デヴ・パテル マドゥル・ミッタル フリーダ・ピント アニル・カプ...
【映画評】<!-- すらむとっくみりおねあ -->スラムドッグ$ミリオネア (未完の映画評)
インドのスラム街育ちで無学の青年が、世界的超有名クイズ番組『クイズ$ミリオネア』で正解し続けるに至った過酷な半生を描くヒューマン・ドラマ。
スラムドッグ$ミリオネア (2008) SLUMDOG MILLIONAIRE 120分 (極私的映画論+α)
 主人公はもちろんインドです。
「スラムドッグ$ミリオネア」パワフルムービーですよ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[スラムドッグ$ミリオネア] ブログ村キーワード  第81回アカデミー作品賞受賞作「スラムドッグ$ミリオネア」(ギャガ・コミュニケーションズ)。作品賞だけでなく、最多の8部門で受賞しちゃったんですよね。何がそんなに凄かったのでしょうか?  世界各地で...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (或る日の出来事)
彼が彼女の顔に唇を触れた瞬間、この映画に対する私の評価は上がった。 そうだ! きっと私も、必ず、そうする! まず、はじめは、彼女の唇...
スラムドッグ$ミリオネラ (あーうぃ だにぇっと)
監督: ダニー・ボイル キャスト ジャマール・マリク☆デーヴ・パテル サリーム・マリク☆マドゥル・ミッタル ラティカ☆フリーダ・ピント プレーム・クマール☆アニル・カプール 警部☆イルファーン・カーン 幼少ジャマール☆アーユッシュ・マヘーシュ・ケー...
スラムドッグ$ミリオネア / 83点 / SLUMDOG MILLIONAIRE (FUNNY GAMES?)
僕は生きている!僕は生きているんだ!生命(愛)が消えぬ限り生きてやる! 『 スラムドッグ$ミリオネア / SLUMDOG MILLIONAIRE 』 2008年 イギリス/アメリカ 120分 監督 : ダニー・ボイル 脚本 : サイモン・ボーフォイ 出演 : デヴ・パテル、マド
スラムドッグ$ミリオネア (Addict allcinema 映画レビュー)
運じゃなく、運命だった。
スラムドッグ$ミリオネア (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞スラムドッグ$ミリオネア/SLUMDOG MILLIONAIRE 2008年/イギリス、アメリカ/120分 監督: ダニー・ボイ...
映画「スラムドッグ$ミリオネア」 (FREE TIME)
映画「スラムドッグ$ミリオネア」を鑑賞しました。
スラムドッグ$ミリオネア (rambling rose)
鑑賞予告していた「スラムドッグ¥みのもんた」観て来たよ〜!
スラムドッグ$ミリオネア (こんな映画見ました〜)
『スラムドッグ$ミリオネア』 ---SLUMDOG MILLIONAIRE--- 2008年(イギリス/アメリカ) 監督:ダニー・ボイル 出演: デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。 この日、ムンバイ出身の青年ジャマ...
スラムドッグ$ミリオネア (mahirose cafe)
インドのスラム街で生活していた一人の少年・ジャマール。 宗教上の理由で母を殺されるなど不遇な生活を強いられてきた。 生きていくため望まずも泥棒や詐欺まがいのことをしてきた経験は、思いがけぬところで彼を救うことになる・・・ それは人気番組の「ミリオ...
スラムドッグ$ミリオネア◆疾走する現代インドの成功神話 (好きな映画だけ見ていたい)
   画像:Slumdog Millionaire: A Novel by Vikas Swarup   「スラムドッグ$ミリオネア」 (2008年・イギリス/アメリカ)    SLUMDOG MILLIONAIRE 主人公が艱難辛苦の末に幸せになるという話は、見ていてとても気持ちがいい。こういう映画を見るときは、たとえ...
Slumdog Millionaire / スラムドッグ$ミリオネア (Akasaka high&low)
エマージング諸国から賞レースに加わる名作のほとんどが貧困街の子供を主人公に設定しそこから這い上がる過程を描いています。 Slumdog Millioaire(スラムドッグ$ミリオネア)は英語圏のインドを舞台にした英国監督作品なので外国語映画部門にノミネートされなかったの...
【スラムドッグ$ミリオネア】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題:Slumdog Millionaire】  ※映倫PG-12 【監督】    ダニー・ボイル 【原作】    ビカス・スワラップ 【脚本】    サイモン...
スラムドッグ$ミリオネア (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  さすがアカデミー作品賞受賞は、伊達ではなかった。低予算でシンプルなストーリーなのだが、とにかく文句なく面白いのだ。 インドの国民的人気クイズ番組で全問解答し、巨額の賞金を手にしたスラム街出身の青年ジャマール。なぜ貧困の中でゴミのように育った...
[映画]スラムドッグ$ミリオネア (オレメデア)
アカデミー賞受賞映画『スラムドッグ$ミリオネア』を見てきました。 「アカデミー賞...
「スラムドック$ミリオネア」みた。 (たいむのひとりごと)
やっと待ちに待ったアカデミー賞作品賞の公開。待ちが長かった分、期待度がどんどん高まってしまったけれど、さすがはオスカー作品!まったくもって期待は裏切られることなく、最初から最後まで釘付けだった。そして
スラムドッグ$ミリオネア (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
昨年度のアカデミー賞最多部門受賞作品です。日本でもお馴染みのクイズ番組が舞台です。スラム育ちの少年、ジャマールは警察に逮捕される。罪状は人気番組「クイズ$ミリオネア」で不正を働いて賞金を得ようとしたこと。ジャマールは今まで医者も弁護士も到達したことがな...
「スラムドッグ$ミリオネア」 Slumdog Millionaire (俺の明日はどっちだ)
D. It is written う〜ん、いろいろ話題が先行し、期待感が募りすぎたからか、あるいは劇場スタッフ曰く「配給会社がそんなに大きな会社じゃないのでプリントの数が少なくて、おかげで地方にまで同時に公開されないですよ」というトホホなこともあって、気持ち的タイミン...
スラムドッグ&ミリオネラ (ぷち てんてん)
やっとこちらで公開が始まったので行ってきた。☆スラムドッグ&ミリオネラ☆(2008)ダニー・ボイル監督デヴ・パテル・・・ジャマール・マリクマドゥル・ミッタル・・・サリーム・マリクフリーダ・ピント・・・ラティカストーリーインドを舞台に撮り上げたバイタリティに...
スラムドッグ$ミリオネア SLUMDOGMILLIONAIRE (まてぃの徒然映画+雑記)
さすがオスカー8冠!『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督がボリウッドと組んで放ったエンターテインメント大作。コールセンターのアシスタント・オペレーター(といいつつ実はお茶汲み)のジャマールが、優勝賞金2000万ルピーのクイズ番組に出演して、次々に...
スラムドッグ$ミリオネア (えいがの感想文)
2008年/イギリス=アメリカ 監督:ダニー・ボイル 出演:デヴ・パテル    フリーダ・ピント 疾走感があって、始まったら最後までずっと集中して観てました。 なぜスラム育ちで教育を受けていない青年が、 クイズミリオネアの難問の答えを知っている...
『スラムドッグ$ミリオネア』を観たぞ〜! (おきらく楽天 映画生活)
『スラムドッグ$ミリオネア』を観ました『トレインスポッティング』『28週後…』など多彩なジャンルで観客を魅了する、鬼才ダニー・ボイルの最高傑作といわれる感動的なヒューマン・ドラマです>>『スラムドッグ$ミリオネア』関連原題: SLUMDOGMILLIONAIREジャンル:ド....
映画 「スラムドッグ$ミリオネア」 (英国日記)
 インドの国民的人気番組“クイズ$ミリオネア”。  この日、ムンバイ出身の青年ジャマールが、次々と難問をクリアし、  ついに残り1問までやって来た。  ところが、1日目の収録が終わりスタジオを後にしようとしたジャマールは、  イカサマの容疑で警察に逮捕...
mini review 09412「スラムドッグ$ミリオネア」★★★★★★★★☆☆ (サーカスな日々)
『トレインスポッティング』『28週後…』など多彩なジャンルで観客を魅了する、鬼才ダニー・ボイルの最高傑作といわれる感動的なヒューマン・ドラマ。インドを舞台に、テレビのクイズ番組に出演して注目を集めたある少年が、たどってきた生い立ちと運命の恋をボリウッド風...
映画『スラムドッグ$ミリオネア』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
傑作の呼び声高い“Slumdog Millionaire”。第81回アカデミー賞
「スラムドッグ$ミリオネア」(SLUMDOG MILLIONAIRE) (シネマ・ワンダーランド)
「トレインスポッティング」や「28日後…」などの作品で知られる英国出身のダニー・ボイル監督が、インドを舞台にして撮った社会派ヒューマン・ドラマ「スラムドッグ$ミリオネア」(2008年、英米、120分、)。この映画はインドのTV番組「クイズ$ミリオネア」...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
夢のような物語・・躍動感がありました
ダニー・ボイル監督 「スラムドッグ$ミリオネア」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ〜ん!)
スラムドッグ$ミリオネア - goo 映画 公式サイト⇒http://slumdog.gaga.ne.jp/ 【あらすじ】 インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組...
スラムドッグ$ミリオネア (しーの映画たわごと)
各映画賞を多数受賞ながらも、ネタがなんかなぁ。日本でもお馴染みの、みのもんたミリオネア。元はイギリスの番組ですから、インドでもありでしょうね。一言で言えば大衆向け、どちらかと言うと映画と言うよりはTVという印象。やはりクイズ番組を知っているがため、そん...
スラムドッグ$ミリオネア (まぁず、なにやってんだか)
<ストーリー> インドのスラム出身の少年ジャマールは人気番組「クイズ$ミリオネア」に出演し、あと1問で2000万ルピーを手にできるところまできた。しかし、これを面白く思わない番組のホストは警察に連絡。彼はズルをして正答を得ていたとされ、詐欺容疑で逮捕されて...
スラムドッグ$ミリオネア (RISING STEEL)
アカデミー賞を席巻した作品ながら、あまり興味が無かったので見ていなかった。 見たんですが、言われるほど大したものでも無いなと思いま...
「スラムドッグ$ミリオネア」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★★★ 製作年 : 2008年 製作国 : イギリス 配給 : ギャガ・コミュニケーションズ 監督 : ダニー・ボイル 脚本 : サイモン・ビューフォイ 出演 : デーヴ・パテル 、 アニル・カプール 、 イルファン・カーン 、 マドゥル・ミッタル 、 フリーダ・ピン...
『スラムドッグ$ミリオネア』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 スラムドッグ$ミリオネア 』 (2008)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :デヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン、サウラーブ・シュクラ、...
『スラムドッグ$ミリオネア』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 スラムドッグ$ミリオネア 』 (2008)  監  督 :ダニー・ボイルキャスト :デヴ・パテル、マドゥール・ミタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン、サウラーブ・シュクラ、...