★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サンシャイン 2057

2007-04-14 16:45:00 | 映画【さ行】

ダニー・ボイル監督の『28日後・・・』も、アレックス・ガーランド脚本の『ザ・ビーチ』もイマイチ苦手なんだけど、[絶対絶命の危機]とか[究極のミッション]とかは大好きなので、両者のコラボレーションの本作を鑑賞してみた―

【story】
もしも太陽が死滅したら―滅亡の時が迫る人類の唯一の希望は、宇宙船[イカロス2号]に搭乗したエリートたち。日本人船長カネダ(真田広之)以下、学者や医者ら(キリアン・マーフィ、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス)で構成される男女8人のエキスパートチームは、可能な限り太陽に接近し、再生させるという極限のミッションに挑もうとしていた―
     監督 : ダニー・ボイル

【comment】
結構手に汗握ってドキドキしながら鑑賞した―

理由は説明されてないが太陽が死滅しようとしていた為、「太陽に可能な限り接近して巨大な核弾頭をぶち込み、太陽を甦らせよう―」というプロジェクトが立てられた。
この計画は7年前に[イカロス1号]が試みたが、原因不明のまま消息を絶ったので、今回のチームは[イカロス2号]で挑む。
ところが、途中で[1号]からの救難信号をキャッチし、行ってみることに・・・
だが、究極の軌道修正ミスがあり、宇宙船が危機に晒される。
犠牲者を出しながら、やっとの事で[1号]に辿りついたが、核弾頭が役に立ちそうにないどころか、次々とアクシデントに見舞われる。
生き残ったクルーは4人―だが、コンピューターによると、もう1人存在しているという。
それは一体誰か そしてミッションは果たされ地球は救われるのか―?
っていう展開だもの―
パターンとしては、『エイリアン』+『ザ・コア』+『アルマゲドン』っていう感じかしら?

で・・・この映画は、SFヒューマン・アドベンチャーと謳ってるが、私は、SFホラー・アドベンチャーっていう感じがした。
『宇宙空間』『太陽のそば』って言うだけでドッキンドッキンしちゃうのに、途中から、ちょっとホラーっぽい雰囲気が漂ってきて妙~に怖かったんだもの。
正直に言うと、犠牲者が出る映像にも耐えられなくって「帰ろうかな」とも考えたし


何とか最後まで観ると、映像はド迫力だし、ハラハラドキドキさせてくれる映画だったけど、意外に感動とかはなかった気がする。
それは、『地球の危機』―についての説明がされていなかったので、クルー達が、どのくらい地球にとって大事なミッションを担っているか・・・という空気が伝わらなかったせいもあるかも。
それから、『もう1人の存在』についても、あまりにも説明不足だし不自然
いっその事、あの存在はいらなかったんじゃないの~とも思った。
  さてさて真田広之さん。
出番は多くなかったが、バッチリ存在感があったし、自然にキャプテンを演じていたと思う。これからもドンドン進出して色んな映画に出演してほしいな

    太陽が死滅するって・・・想像した事ありますか? (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (70)   Trackbacks (67)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オール・ザ・キングスメン | TOP | 白バラの祈り ゾフィー・シ... »
最近の画像もっと見る

70 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは。 (悠雅)
2007-04-14 22:04:38
由香さん、TBとコメントありがとうございました。
わたしは、由香さんと全く逆で、絶体絶命の危機などは苦手だけれど、
如何にも英国作品らしい『28日後...』もダニー・ボイル作品も好きなので、
普通のアクションやパニック物ではないつもりで観に行き、
終盤の(映像表現はともかく)内容は特に興味深かったですよ。
同じ作品を観ても、全く違う作品のような感想になってますが
こちらからもTBさせてくださいね。
私も (りら)
2007-04-14 22:23:49
今日、観て来ましたよん
面白い(内容が内容だけに…)、という言葉は言えないんだけど、楽しめる映画だと思いました~。そうそう、私も途中、オカルト?って思って、「もう一人」 は、あの○ネ○かと思ったり(笑) すぐ勘ちがいに気づいたけど
由香さん☆ (mig)
2007-04-14 23:50:31
こんばんは☆
TBコメントありがとうございますー。
あのへんなキャプテンいらなかったですよね~
みてる時は楽しかったんだけど、、、

キャストが良かったです
由香さん、こんばんは! (アイマック)
2007-04-15 01:13:05
想像以上に大作でしたよね。
イマイチつかみきれなかった。。
オカルトしてた(笑)
もう一人の存在はなんだったんだろう?
あまり詮索しない、追求はしない作品かな。

キャストは充実してましたね♪
真田広之、もう少し出番がほしかったね・・・
こんばんわ (睦月)
2007-04-15 02:56:06
TB&コメントありがとうございました。

いやあ・・・怖かったっすよ、この映画。
特に中盤から後半にかけては、ドッキリ効果も満載で
ちょっとイヤになるくらい怖かった(涙)。

物語として、ほとんどの説明は省いている形で進むので、
意味深な部分や意表を突くような展開もあって、いささか
戸惑ってしまいましたが・・・でも映像などはとっても見ごたえ
がありました。

真田さん、すごくいい感じの存在感だったのに・・・
あんなに早々と姿を消すだなんて(苦笑)。
でも今後の活躍はとっても楽しみですね♪
悠雅さんへ^-^* (由香)
2007-04-15 09:56:40
こんにちは~^^・
TB&コメントありがとうございました。
悠雅さんは、気に入られたようですね。
私もそれなりにドキドキしながら鑑賞したのですが、何しろ怖くて。。。ゾンビなんかが出てきそうな雰囲気だったんですもの。
私は、小説では残虐物は大好きなのですが、映画では苦手なんです。スプラッター物はダメで。。。本作はそういう映画ではなかったですが、すご~く怖かった~~~
りらさんへ^-^* (由香)
2007-04-15 14:20:56
りらさんも初日鑑賞ですか
りらさんは、なかなか楽しまれたようですね。
私も一応怖いっと思いながら惹きつけられて観たんですよ。
でも、私のような理屈屋はダメですね~
変な所にひっかかちゃって。。。。。
『何故そうなるんだ。。。』と思ったりすると、楽しみが半減しちゃいますよね。損な性格だ
migさんへ^-^* (由香)
2007-04-15 14:24:07
こんにちは~migさん
やっぱりアノ人はいらないですよね。。。
SFからホラーへ。。。そして精神世界へみたいな雰囲気でした。もう少しアノ人について描写があれば良かったんだけど。。。
でも、何だかんだ言って、ドキドキしながら見入りましたが(笑)
アイマックさんへ^-^* (由香)
2007-04-15 14:28:36
TB&コメントありがとうございます^^・
そうですね。大作だったしキャストも充実していました。
映像も迫力満点でしたが、「もう一人」の存在がイマイチでした。まるでホラーみたいな感じですもの。
あれで何を描きたかったのかなぁ~
狂気か孤独か。。。それとも神か?それぞれが想像するしかなさそうですね。
睦月さんへ^-^* (由香)
2007-04-15 14:35:20
こんにちは~睦月さん
『ちょっとイヤになるくらい怖かった(涙)。』
私もです~~~
私が怖くて帰ろうか。。。と思っていた時に、近くに座っていた方が帰ったので、「ま・待って~置いてかないでよぉ~」て、見ず知らずの方について行きそうになりました。マジで

映像は、チカチカも含めて凄かったのですが、話の展開が見えにくかったです。
あと一人の存在で何を表したかったのかなぁ~
意外に鑑賞後から考えこんでいます(笑)
こんばんは (さち)
2007-04-15 20:02:26
由香さんこんばんは♪
TB打ちっぱなしの状態で帰ってしまいごめんなさいっ!
また来ちゃいました♪

「あれ」をどう捉えるかによって、この映画に対する評価が真っ二つに割れるのかなぁと思いました。
ホラーの一要素としてみると、確かに説明不足で存在自体が非常に中途半端ですが、生に執着した人間の愚かな姿の末路としてみると、哲学的に考えることもできるのかななんて深読みしちゃってますが。。もう一度落ち着いて観賞して感想再チャレンジしたいと思っています。

また遊びによらせて頂きます!
コレも (miyu)
2007-04-15 20:50:34
前売り買っちゃってたので、観て来ました。
設定なんかはものスゴイ好みだったのですが、
由香さん同様あのもう1人がちょっとイマイチでした。
あの人自体がどうこうってよりも、
その存在が明らかになってからの展開が。。。
前半なんかはかなり楽しめただけに残念でした。
さちさんへ^-^* (由香)
2007-04-16 09:41:14
こんにちは!
わざわざコメント頂き恐縮です
「あれ」ですが、わざと造形をハッキリと見せない映し方をしていましたよね。多分、観る人によって、色々な受け取り方ができるのでしょう。
『生に執着した人間の愚かな姿の末路』そんな風にも考えられますね。
私は単純なので、『極限状態に追い込まれて、狂ってしまった』と考えました。それならば、凶行に走ったのも分かる気がするのですが。。。
圧倒的なパワーを持つ太陽の前では、人間は何とちっぽけなものか。。。そんな事も表していたのかもしれません。
miyuさんへ^-^* (由香)
2007-04-16 09:51:43
こんにちは~^^・
そうですね。。。前半はなかなかいい感じの映画だったと思います。
『その存在が明らかになってからの展開が。。。』
あ~~~分かります!!そのニュアンス
多分、同じように感じていると思うのですが、あの存在の理由付けと、行動の描き方が中途半端でした。
色々な想像は出来るのでしょうが、SF、ホラー、ヒューマンの絡み具合が、ちょっと好みと違っていました。
もう少しで、超感動映画になっていた気がするんだけど。。。
やや説明不足? (メビウス)
2007-04-16 17:13:08
由香さんこんばんわ♪

やはり地球を救ったって感じが薄いのは、その地球が太陽を失った事でどれだけ危険な状況になっているのかっていう説明が劇中で少な過ぎたというのが原因の1つですよね。
キャプテンカネダの説明や、最後に出てくる雪だらけな風景だけじゃイマイチ想像し難いです。

『アルマゲドン』や『ザ・コア』のように各地で異変が起きて、そこから地球の危機を救うために選ばれたクルーが太陽に向かい出発するっていう始まり方の方が良かった気がしますね。ベタになってしまうけど、自分はベタ好きなのでそれでも問題なかったと思います(^^;)
怖かったね~~~・・・ (マリー)
2007-04-16 22:17:37
こんばんは~~

本当に怖かったですね~~ビクビクっ

でも、太陽って凄いんだ!って当たり前のこと気づかせてくれたかな~~
パニックものなら~最後まで「宇宙パニックもの」でよかったような・・・
途中から宗教?絡みになったから、ややこしくなったのかなぁ???

真田さんとキリアンと見られたから~いいや~みたいな(笑)

遅ればせながら~いただいた「映画バトン」アップしました!遅くなってごめんなさいね~~~
メビウスさんへ^-^* (由香)
2007-04-16 22:38:18
こんばんは~^^・TB&コメントありがとうございます
私もベタ大好きです♪
やっぱり、もうちょっと地球の危機を描写した方が、『頑張れ!地球の為に!!』という感情移入がバシバシできたと思います。
そしてクルーの自己犠牲の精神に、涙で感動出来たと思います。
惜しい作品でしたねェ~なかなか設定は良かったのですが、途中からホラー+精神世界みたいな雰囲気が微妙に思えました。。。
マリーさんへ^-^* (由香)
2007-04-16 22:43:47
おお~映画バトンをupして下さったんですね?
お忙しいのにスミマセンでした。
これからお邪魔してみます^^・

SF+ホラー+ヒューマンみたいな雰囲気が、なかなか良かったので、もうちょっと分かりやすくして欲しかったですゥ~
私は単細胞なので、監督の深遠そうな意図が分らないんだもん。ただただ怖かったよぉ~~~泣きそうでした
まぁ真田さんはナイスだったし、キリアン君も良かったです♪
おはようございます♪ (耕作)
2007-04-17 08:26:59
同じ日に【東京タワー】が公開されているのに、
意外と多くの人達が鑑賞している事にちょっと驚き(笑)

前半は良い感じだったんですけどね。
ホラー系になるのは良いんですけど、その登場背景による
メッセージ性も無くて、ちょっと残念な展開でした。
とっても好みの世界観だったので惜しかったです
耕作さんへ^-^* (由香)
2007-04-17 16:43:02
こんにちは!
私が鑑賞した時も、田舎なのに沢山人がいました。
真田さん効果かな。。。?
そう言えば、帰った方が2~3人いたのですが、一番早い人は、真田さんがいなくなった途端に帰りましたよファンだったのかしら?オジさんだったけど。。。

『その登場背景によるメッセージ性も無くて』―そうですね~同感です。アレによる何らかのメッセージがあるものとばかり考えていました。
だから消化不良だったのかも。。。
こんにちは! (ALICE)
2007-04-18 12:37:04
真田さん英語も流暢で本当によかったですね。
私的にはこの映画はダメでした。
なんだか説明不足で恐怖心もあおられなかったし
由香さんが言うように彼らのミッションの
重要性も見えてこなかったです。
それにあのイカロス1号のキャプテンだけど・・・
出てきた意味も不明だし絶対に要らなかったよ。
ALICEさんへ^-^* (由香)
2007-04-18 20:12:44
TB&コメントありがとうございました^^・
ALICEさんはダメでしたか。。。
私は、そこそこ楽しめたんです。ただ怖かった事と、やはりキャプテンの存在意味が納得出来なかったので、最終的には、何だったんだろう。。。と思ってしまいましたが
真田さんは良かったですね。
英語もお上手でした~♪
Unknown (Hitomi)
2007-04-18 22:00:37
由香さん、こんばんは。
途中までは宇宙ものって感じだったんだけど、後半はかなりのサスペンスで人間のもつ利己主義的な部分も垣間見れたりとかなり楽しめました。
イメージとしては《28日後・・・》っぽいかなって思ってます。でも今考えると《シャロウグレイブ》っぽい要素も入ってたかな。

真田さん、英語のセリフはばっちりだし存在感もたっぷり。なのに早々に退場させるなんて~
Hitomiさんへ^-^* (由香)
2007-04-19 00:03:25
こんばんは~^^・
コメントありがとうございます♪
『シャロウグレイブ』は未見ですが、『28日後・・・』は観ました。
あの映画も、途中から人間の深層心理を突いていたような記憶が。。。あまり好みじゃなかったので、ちょっと忘れてしまいましたが、、、
真田さん、もっと活躍しても良かったですよねぇ~
映画にバッチリ馴染んでいましたもの
こちらにも♪ (こべに)
2007-04-19 00:35:33
由香さんは、おっかないのダメなんですものねー
最初っから引き込まれてたので、もう何でもコイ!だったから
おっかねー、今何か出た?笑顔だよ、マジこえぇ~ってなサビリミナル効果も楽しんでました(笑)

そそ由香さん!役員ご苦労さまです!
おかげさまで今年は免れたワタシですが(^^;
来年はハリキッテ?!仕方なしに受けようと思ってます!
中3で役員やるのキッツイんで2年で何とかやらないかんです・・・。

んなアホなー、な理由で断る人、こっちにも居ますよ~
ったく!って腹立つより呆れちゃうんだよね?!
理由聞いてるだけで疲れてきちゃうから
由香さんが辛苦の果てに引き受けた気持ちよく分るんだ
子供の為地域の為って云うと偽善っぽく聞こえるかも知れないけど、役員も親の仕事の内だと思うから受けるんだものねー

委員長、とにかく長にならないように!と、お祈りしてます♪
頑張ってくださいネ☆
こべにさんへ^-^* (由香)
2007-04-19 08:31:15
こんにちは~^^・
猟奇殺人の本なんかは、喜んで読むくせに、怖い映画は苦手なんです。。。
ちょうど、エビフライは好きなのに、茹でエビは食べられない。。。というヘンテコな習性といっしょです(違う???)
この映画はかなり怖くて泣きそうでした。
あおのサブリミナル効果のような映像で過呼吸になりそうでした(汗)

おお~!こべにさんは今年は逃れたんですね?
良かった、良かった。。。
アホな言い訳をして断る。。。なんて出来ない性格なので、「ええいっ私がやります!」って言っちゃうんです。
友達にはバカと言われ、知らない人からは役員やりたがりと言われ。。。泣いちゃう

子どもがお世話になっているんだから、少しは感謝の気持ちを持て。。。てなもんです。
自分勝手な人が多くて面倒ですよ。
今年は委員長を逃れました!!
以前委員長をやった時に懲りたので、それだけは避けたかったんです。委員長なんてやると、毎日学校に通うようですもの。。。
こんにちは! (真紅)
2007-04-19 10:32:56
由香さま、連日お邪魔してます。TBさせて下さいね。
この映画、私もすごく怖かったです。特に、途中からほとんどホラー!になってましたよね。
突っ込みどころもありましたが、映像やキャスト(キリアン、真田さん)で楽しめる作品だったと思います。
太陽、あと50年後ってどうしよう!?予定ではまだ生きてるんですけど(笑)
ではでは、またです~。
「もう一人いる」+「そして誰もいなくなった」 (めいほあ)
2007-04-19 13:44:07
由香さん こんにちは。コメント&TB有難うございました。
いや~この映画マジで怖かったです
あの人はきっと、太陽に悪い意味で毒されたんでしょうね。精神不安の中で唯一のより所になった太陽・・・太陽が悪魔の囁きをもたらした!!要するに、狂っちゃったんでしょう。元々精神的に強くなくて、自我崩壊。。。困った人だ。。。追い詰められて宗教に手を出した系ですね。精神科医と金田は憧憬というか、いい方向で癒されてたけど。

誰かが信念を持って、最初からミッションを邪魔するために乗り込んだ!くらいのお話の方が、個人的には見てみたかったです。
真田さんは、あそこで死んでて良かったように後から思いました。あの時点だったらまだ「意味ある死」だったんで。ミシェル・ヨーの最期とか、「そして誰もいなくなった」世界のため、どんな死に目にあわせてもOK、OKみたいで可哀想でした(苦笑)

面白くないわけじゃない、なんとも不思議な、後味の悪いんだか、またどうなんだか・・・私にとっては初めてのテイスト、未知なる世界でした
真紅さんへ^-^* (由香)
2007-04-19 18:16:07
こんにちは~^^・TB&コメントありがとうございます♪
途中から、完璧ホラーになってましたよね。。。
私は怖い映画が苦手なので、心臓が痛くて痛くて。。。
映画が面白くなかったわけではないのに、出口が恋しくなりました(汗)

でも、仰るようにキャストは良かったですね。
キリアンと真田さんも素敵でしたが、ファンタスティック・フォーのクリス・エヴァンスにも注目しました。
最後は寒がっていたので、「燃えるんだ~~~」と祈ったりして。。。
めいほあさんへ^-^* (由香)
2007-04-19 18:23:24
こんにちは~^^・
こんなに怖い映画だとは。。。めいほあさんと一緒で、私も想像していませんでしたので、シートの肘当てを握り締めて鑑賞しました。

私も、「もう一人」の存在は、狂ってしまったのだろう。。。と思いました。始めはエイリアンか。。。と思ってドキドキしましたが(笑)
ああいう展開にするならば、狂気を帯びる過程を、もっと丁寧に描写した方が親切でしたよね。
1号がどうなったのかも、結局こちらが想像するに任せていましたし。。。
私は、いっそのこと、狂気を帯びる人間がクルーの中にいた方が分かりやすかったような気がしました。
でも、そうしてしまうと、まるっきり「そして誰もいなくなった」形式になりますね。。。(笑)
由香さん☆ (NAO)
2007-04-19 21:40:16
こんばんは

これホント最初はSFかと思っていたら・・
ホラーのようになってきて、あの人が怖かったです。

なんとも不思議な映画でした~
真田さんは頼れるキャプテンがピッタリはまっていて良かったですね~
NAOさんへ^-^* (由香)
2007-04-19 22:56:20
こんばんは~^^・
本当ですね~ホラー映画のような雰囲気がありました。
あんなに怖い映画だとは思わず鑑賞したので、泣きそうになりました(汗)
真田さんは良かったですね~
また他の海外作品でも活躍してくれそうですね♪
こんにちは♪ (ミチ)
2007-04-20 09:50:49
宇宙物が大好きなので見に行ったら、ホラー色が強くてビックリでした。
でも、この程度だったら大丈夫!(笑)
私の苦手なホラーって多分ジャパニーズホラーなのかな。
「貞子」とか。
外国人俳優に混じって真田さんが堂々と渡り合っているのは頼もしかったです。
「上海の伯爵夫人」ではあのレイフ・ファインズと堂々と会話していましたものね。

ところでオダジョー熱はいかがですか?(笑)
うちのブログにはオダジョー専用カテゴリ(?)があるので、またよろしくお願いいたします。
ちなみに今夜は「時効警察」です。
ちょっとイメージ狂うかもしれませんけど~。
こんにちは♪ (ひらで~)
2007-04-20 14:13:31
好くも悪くも、盛り上がれる不思議な映画でしたね。
SFとオカルトって反しているようだけど、
未知な部分に関しては同じなのかも(笑)
SF+オカルト映画と言えば『イベント・ホライゾン』ですね~
お薦めはしませんが、未知なる物への探究心があれば・・・です(笑)
ミチさんへ^-^* (由香)
2007-04-20 18:09:18
こんにちは~^^・
もう噂の『時効警察』を鑑賞しに、出かけられた頃でしょうか。。。
今日もまだ、オダギリ熱はホットですので、この気持ちは本物かもしれません(笑)ミチさんのジョー君コーナーへも遊びに行かなくちゃ♪

この映画のホラー色でさえ、怖かった私です。
それなのに、、、『貞子』を観ちゃって。。。何日間も消えているTVに怯えました(泣)お・思い出したくない怖さだわ
レイフ・ファインズの映画は未見なんですよ~
こっちで上映しませんでした。
実はレイフも好き。私って一貫性なく好きな俳優が多いわ(汗)
ひらで~さんへ^-^* (由香)
2007-04-20 18:12:45
こんにちは^^・
『イベント・ホライゾン』は未見です。
私は未見だらけだなぁ~これから頑張って観なくっちゃ♪
SF的映像も迫力がありましたし、ホラーで恐怖を煽って。。。なかなか盛り上がりましたね。最後の展開がちょっと中途半端に感じましたが。。。惜しい?!
サブリミナル? (かのん)
2007-04-20 19:00:21
イカロス1号に乗り移るときに1号のクルーがサブリミナル的な映像ででてきましたよね。あの場面で少し気分が悪くなってしまいました。ホラーチックな香りもプンプンでしたね。私は思いっきり感動冒険アドベンチャーを期待していたので肩すかしされた気分です。たぶんSFスリラーだってわかってたほうがスッキリ楽しめた気がするのでちょっと残念。でも真田さんとミシェル・ヨーのが共演する宇宙SF映画が観られたという価値はあったのでヨカッタです。
かのんさんへ^-^* (由香)
2007-04-20 22:28:18
こんばんは~^^・
私も同じように感じました。
あのサブリミナル効果的な映像は反則ですよね~
怖さを煽っていたようで。。。ホラーが苦手な私はビクビクしました(汗)
地球を救う感動物だと思って鑑賞しましたが、後半は哲学的な雰囲気もプンプンで、何だか不思議な映画でした。
でも、かのんさんが仰るようにアジアの俳優が活躍してくれるのは嬉しいですね♪
八ちゃん (Unknown)
2007-04-21 09:35:44
こんにちは。最近gooへのコメント投稿いつも失敗してて、なかなか書き込みできなかったのですが、今日は調子いいみたいです



みなさんサブリミナルの事かいてますね。でも本当は秒間1コマだけ挿入するとかで視覚的に認識できないんですよね。だから、あれはフラッシュバックみたいに問題ないはずですが、不気味すぎますよぉ~
八ちゃんへ^-^* (由香)
2007-04-21 19:37:34
こんにちは~^^・
お久しぶりです~♪
コメントの書き込みが弾かれる経験はココログさんでしています。困りますよね~今日はお話出来て良かったです!

そうですね。あれはサブリミナル効果モドキですね。
だってビシバシと気が付きましたもの。
でも不気味でしたよね~何か来るぞ~って感じで、怖がりの私はビビリました(泣)
途中までは・・・ (たお)
2007-04-23 15:21:17
こんにちは~♪
途中までは非常に良かったんですけどねぇ^^;
まぁ、映像処理や雰囲気は見事でしたが。
たおさんへ^-^* (由香)
2007-04-23 20:50:22
こんばんは~^^・TB&コメントありがとうございます♪
そうなんですよ~途中までは良かったのですよ。
奴が出てくるまでは
映像は良かったですね。サブリミナルっぽいシーンにドキドキさせられましたが(笑)
Unknown (mezzotint)
2007-05-02 19:14:00
由香さん
今晩はいつもコメントどうもです。
単なるSF映画ではなかったですね。
現実に起こりうる事を暗示したような
感じです。ダニーボイル監督もそういう
意図で、製作したそうです。
50年先はそう遠くないですね
またお邪魔致します
mezzotintさんへ^-^* (由香)
2007-05-02 21:58:45
こんばんは~^^・
現実に起こりうる事を暗示したんですか?
わ~どうしましょう・・・
私はただの神がかったSFホラーアドベンチャーだと思ったのですが・・・
太陽が死滅したら、アウトですね(汗)
でも、人間の力ではどうすろ事も出来ません(泣)
コメントありがとうございます (ロイ from 週末映画!)
2007-05-02 23:53:58
コメントありがとうございました。

真田さん、評判がいいですね!
ぜひ、ケン・ワタナベのようにアメリカでも活躍してほしいです。

個人的にホラー映画はあまり得意ではないので、DVDで見ちゃおうかなー、と考えてます。

これからもよろしくお願いします。
ロイさんへ^-^* (由香)
2007-05-03 17:07:53
いつも有り難うございます!

ロイさん…これはホラー映画ではないんですよ(笑)
でもね、とっても怖いの~~~
私もホラーは苦手なので、途中で泣きたくなりました。
でも、監督の作品をお好きな方は、メッセージを受けとめてらっしゃったようですよ。

真田さんの今後の活躍を期待したいですね!
こんばんは (はらやん)
2007-05-06 18:57:14
由香さん、こんばんは!

ホラー風味、僕もちょっといただけない感じがしました(僕もホラー苦手なので全く見ないんですよ)。
あの登場人物出すにしても、あんな外見じゃなくてもいいのにと思いました。
それ以外のハードSF的な描き方や心理劇、哲学的なところは良かったんですけれど。
はらやんさんへ^-^* (由香)
2007-05-07 00:32:56
こんばんは~^^・
なかなか惹き込まれて鑑賞できたのですが、途中からホラーや宗教的な味付けがされていて、「おい、お~い!話を何処に持っていくんだ~~?!」とも思いました。
追い詰められるクルー達の心理や哲学的な要素は良かったと思うので、勿体無かった気がします。
謎の人物の造形は、ちょっと余計でしたよね(汗)
こんばんわ^^ (ヒオケヤス)
2007-05-09 23:10:26
はじめまして^^
私のブログでトラックバックさせてもらいました。
今後ともよろしくお願いします。。
ヒオケヤスさんへ^-^* (由香)
2007-05-10 08:04:24
はじめまして!
ご訪問ありがとうございました
こちらもTBさせて頂きました。
これからもヨロシクお願いします。
こんばんは! (non_0101)
2007-05-12 23:43:12
> SFホラー・アドベンチャーっていう感じがした。
ほんとうにホラーっぽかったですね~
宇宙人は出てこないけど、ほとんど人間を逸脱したような人がでてきてしまいました。
あれは怖かったです
太陽を前にした人たちの反応が面白かったなと思います。
やっぱり太陽は絶対的な存在なのですね~
non_0101さんへ^-^* (由香)
2007-05-13 00:15:46
こんばんは~^^・
やっぱり怖かったですよね
私も最初は、宇宙人でも出てくるのかな・・・とビクビクしていましたが、それよりもキモイ造形の方が・・・あ~~~怖い
ホラー映画が苦手なので、冷や汗が出ました(笑)
多分、絶対的な存在としての太陽を描きたかったのでしょうね。それは何となく伝わってきました。
こんばんは~☆ (とらねこ)
2007-05-23 00:16:27
TB&コメントありがとうございました☆
確かに、「なぜそうなるんだ~」といいたくなるほどの、変テコな展開が続きましたよね。ああいう辺りは、私も結構、疑問が湧いてしまいます。
なんつーか・・・そこが、この監督っていうか

あ!絵文字が新しくなって、かわいいのがいっぱい増えましたね~
本当、gooブログの絵文字って、かわいいのが多いんですよね~。羨ましい!
猫とか、ハムスターとか、私の好きなもんばっかしですよぉ・・・
とらねこさんへ^-^* (由香)
2007-05-23 18:40:55
こんにちはー^^・
SFのようなホラーのような・・・宗教的で哲学的で・・・みたいな不思議な展開でした。
そこが監督らしいところなのでしょうか?

そうなんです!絵文字が増えて面白いでしょ
しばらく色々と使いたくなりそうです
こんばんわ☆ (orange)
2007-05-27 22:27:50
由香さん☆こんばんわ。
コメント&TBありがとうございました~!
大変お返事遅くなってしまいごめんなさい~。

何だか結構スケールがでかいのにあっさり目な作品でしたね。
キャストが何せ豪華な分、ホラーテイストやSF感覚がごちゃまぜで、どの方向を目指したらよいのやらという感じも受けました。
真田広之、キリアン・マーフィはやはり独特の存在感というか、演技や立ち位置含めて上手いな~とそこを観るだけでも良かったかなとも思いました♪
orangeさんへ^-^* (由香)
2007-05-28 00:47:47
こんばんはー^^・
お忙しい所お越し頂き恐縮です。

SFだと思って鑑賞していたら、いつのまにかホラーに・・・みたいな映画でしたね。
途中から宗教的だったり哲学的だったりもしましたし。。。
イマイチ方向性が分かりませんでした(汗)
でも真田さんの活躍は嬉しかったですね♪
キリアン君も主役で頑張っていたと思います。
こんばんは、初めまして、お散歩ネコです。 (麻生有美)
2007-08-30 17:25:03
現実の太陽も、後50億年くらいすると、燃料のデューテリウム(重水素)が無くなり、今度は、核融合から、核分裂反応に代わって、太陽が、赤色歪星となって、木星軌道辺りまで膨れ上がり、後は、そのまま冷えて固まっていくと言う太陽系の寿命になっていますが?核弾頭を太陽にほおり投げてよい物なんでしょうか?ふみゅみゅみゅ?
麻生有美さんへ^-^* (由香)
2007-08-31 15:06:04
はじめまして!
コメント頂きありがとうございました~^^・

まぁ~麻生さんは太陽系の寿命についてお詳しいですね~
私にはチンプンカンプンですが・・・
この映画の、「太陽に核弾頭をぶち込んで復活させる」って設定は少々強引でしたね。
SFとしてはなかなか興味深かったですが・・・
ちょっと違う (せつら)
2007-09-09 19:48:27
今晩は、昨日この作品を見ました!
突っ込みたいところは山ほどあるけど・・・後半怪物君がでてから
トーンが下がっちゃいました。
最後まで計画が成功するかしないかの駆け引きを見せてくれた方が
よかったな、しかし相変わらずハリウッドは核が打ちたくてたまらないようだね
真田さんの出番も少なかったね、艦長という役職なのに自分で外に修理しにいくのは
おかしいんだけど・・・
せつらさんへ^-^* (由香)
2007-09-09 21:48:00
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
こちらのTBがうまく反映されないようで、申し訳ありません(汗)

やっぱりあの怪物君はイマイチですよねぇ~
宇宙空間でのミッションが成功するか否か・・・って雰囲気で観ていたのに、何だか宗教がかっちゃって・・・

真田さんは出番が多くなかったけれど、アピールはなかなかだったかも。その後もどんどん色んな映画に出ているし。
まぁ~船長が自分で修理っていうのは確かに不自然でしたね(笑)
こんにちは☆ (ゆかりん)
2007-09-11 12:54:20
これはSFものですよね。
なんだか観ていくうちにだんだんジャンルが変わっていってしまったのには驚きました(笑)
しかも真田さんはほんの冒頭部分くらいで退場しちゃったし、船長さんがそんなに早くいなくなるとは、、、
でも映像がとてもキレイでそのへんはなかなか私の好みでした。
こんにちは! (猫姫少佐現品限り)
2007-09-11 16:24:15
いつもありがとうございます!
あの最後のモンスターねぇ、、
あれ、死んだから、結局人間のままだったんですよねぇ。
あの部分が、惜しいという感じ。
もっと神秘的な生命体なら、まだよかったと思いますが、、、
でもこれ、近来まれに見る、本格SFだったと思いました。
ゆかりんさんへ^-^* (由香)
2007-09-11 21:30:18
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
そうなんですよね~私もてっきりSFだと思って鑑賞したのですが、どんどん怖い雰囲気になっていって・・・あれはもうホラーですよね(汗)
真田さんは早くに退場してしまいましたね。
でも、こういう映画に出たなんて・・・スゴイですぅ~
映像はキレイでしたね。太陽なんか怖いくらいでした~
猫姫少佐現品限りさんへ^-^* (由香)
2007-09-11 21:36:50
こんばんは!
多分製作者側は、あの怪物君に並々ならぬ意味を持たせたのだと思いますが・・・何だか失敗だったような気が・・・(汗)
神秘的な雰囲気にしたかったんでしょうけど・・・

本格SFのように思われましたか?
私はSFホラーだと思いました。妙に怖くて怖くて・・・
監督の持ち味なんでしょうけど。
通りがかりです (ボロポン2)
2007-11-30 22:37:18
こんばんは。上のほうで「イベント・ホライゾン」の話が
出ていましたが、あの映画はホラー映画が苦手な人は
余程の覚悟をもって見ないと後悔しますよ…^^;
確かにこの「サンシャイン」と同じく宇宙を舞台にしたSFですが
アッチはホンマもんのホラーなんで。
それに比べてサンシャインは途中ちょっとホラー的要素が
入りますが、最後は感動系で締めくくるあたり万人向け
と言えますね。
最近見た中では中々のお気に入りです( ´ー`)
ボロポン2さんへ^-^* (由香)
2007-12-01 11:14:11
こんにちは!
コメント頂きありがとうございました^^・
私は『サンシャイン~』でさえ怖くて途中で帰りたくなりましたから、『イベント・ホライズン』の鑑賞は無理かもしれないですね~(笑)
『サンシャイン~』は、感動系で締めくくっていましたが、途中でホラーなんだか宗教的なんだかわからなくなる件がありました・・・
監督の持ち味なのでしょうが、少々戸惑いました。
でも、再鑑賞すれば印象が違いそうですし、真田さんも短いながら活躍していたのは嬉しかったです。
本格SF (ともや)
2008-03-24 00:05:41
こんばんは、由香さん♪
ともやは逆にホラーと思って観ていたんで、あまりの本格SFっぷりにビックリしました~。
宗教観や信仰など、テーマの風呂敷を広げすぎたな…って感じはしますけど。
でもここ最近観られないド真ん中のSF作品で、かなりお気に入りです~!
ともやさんへ^-^* (由香)
2008-03-24 21:53:53
こんばんは!
おお~!!ともやさんは『ド真ん中のSF作品で、かなりお気に入り』ですか~
私は怖くて怖くて・・・ビビりながら観ていました。
「これじゃーホラーだぁ~」と思って泣きたいくらいでしたが、、、今観たら意外と平気のような気もします(笑)
この一年で随分成長しましたから、違った感想が持てるかも?!
WOWOWで放送したら観たいな♪
こんばんみぃ~♪ (あっしゅ)
2008-03-27 00:39:36
こんばんわ!由香さぁ~ん♪

これはダメだわ。。。
途中からエイリアンが出てきて僕もどうしよぉーって思っちゃったけど。。。何だか地球を救うって事よりもイカロスを救えみたいなことになっちゃって。。。
地球はどうなるのよぉ~!って思ってたらあっさりとまぁ救えてたし!
どうにもこうにも納得いかなかった映画でした。。。キビシ!
あっしゅ君へ^-^* (由香)
2008-03-27 22:19:42
こんばんは!
あっしゅ君は1点だもの・・・苦手な映画だったようですねぇ~
私もとにかく「もう一人の存在」がイマイチしっくりきませんでした。
それに途中からホラーみたいに怖かったし・・・
怖い映画は苦手なので、泣きたくなっちゃったわ~ん。
地球の危機感もイマイチ伝わってきませんでしたねぇ~ムムムでした

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

67 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サンシャイン2057 (悠雅的生活)
太陽滅亡まであと僅か。ミッションを遂行する人間たちが遭遇したものは・・・
サンシャイン 2057 (りらの感想日記♪)
【サンシャイン 2057】 ★★★☆ 2007/04/14ストーリー 50年後の未来。地球上の全ての生命の源である太陽の活動が終焉を迎えよう
サンシャイン2057 (小部屋日記)
Sunshine(2007/イギリス)【劇場公開】 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ/クリス・エバンス/ローズ・バーン/ミシェル・ヨー/真田広之 評価が難しいSF大作かなあ。^^; 地球にとって、生命の源である太陽が死滅しようとしている50年後の近未来のお話...
サンシャイン 2057/ SUNSHINE (我想一個人映画美的女人blog)
           ダニー・ボイル監督最新作{/ee_2/} 何度もココでも「早く観たい!!」って言い続けたけど、ようやく公開決定! なぜ原題の「サンシャイン」だけじゃダメだったのかなー? 来月の突然の公開を前にFOXさんの試写で観てきました{/kirakira/} 脚本...
「サンシャイン2057」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「サンシャイン2057」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ローズ・バーン、クリフ・カーティス、クリス・エヴァンス、トロイ・ギャリティ、キリアン・マーフィ、真田広之、ベネディクト・ウォン、ミッシェル・ヨー、他 *監督:ダニー・ボイル ...
サンシャイン 2057 SUNSHINE (いいかげん社長の日記)
昨日の「UCとしまえん 」は、土曜日のレイトショーとしては、普通の混み具合。 「東京タワー 」と最後まで悩んでたんだけど。 「東京タワー 」は、テレビでストーリーがわかってるし、泣かされるのもわかってるので、ちょっと遠慮。 気楽に見られそうな「サンシ...
サンシャイン2057 (amapola)
製作年:2007年 製作国:イギリス 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ 真田広之 ミッシェル・ヨー 六本木TOHO(ジャパンプレミア) 舞台挨拶についてのメモ Story2057年。滅亡の時が迫る人類の唯一の希望は、宇宙船“イカロス2号”に搭乗したエリー...
サンシャイン 2057(2007年) (勝手に映画評)
時代は今から50年後の2057年。太陽はその輝きを失いつつあり、太陽を復活させるべく、マンハッタンほどの大きさもある巨大な核弾頭を太陽に撃ち込む決死のミッションに赴くイカロス2号がその舞台。若干のネタバレありです。 うーん、サスペンスムービーなのか、パニック...
「サンシャイン2057」映画感想 (Wilderlandwandar)
予告を見て気になっていた「サンシャイン2057」(原題 SUNSHINE )を見
サンシャイン2057 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『20057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか? 危険で予測不可能な旅が始まる』  コチラの「サンシャイン2057」は、タイトル通り50年後の地球、太陽消滅の危機を描いたSFアドベンチャーなのですが、4/14公開になったので、早速観て来ちゃいましたぁ~♪  監...
サンシャイン2057 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  ジャンル不定のまぶしい映画  
サンシャイン2057(評価:△) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダニー・ボイル 【出演】キリアン・マーフィ/真田広之/ミシェル・ヨー/クリス・エヴァンス/ローズ・バーン/トロイ・ギャリティ/ベネディクト・ウォン/クリフ・カーティス/マーク・ストロング 【公開日】2007/4
『サンシャイン 2057』 (purebreath★マリーの映画館)
 2057年、人類は、太陽の滅亡の危機を救えるのか?  『サンシャイン2057』監督・・・ダニー・ボイル出演・・・キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、クリフ・カーティス、ベネ...
サンシャイン 2057 (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2007年 製作国 アメリカ 上映時間 108分 監督 ダニー・ボイル 製作総指揮 アンドリュー・マクドナルド 原作 - 脚本 アレックス・ガーランド 音楽 - 出演 キリアン・マーフィ 、真田広之 、ミシェル・ヨー 、クリス・エヴァンス 、 ロー...
『サンシャイン2057』 (分太郎の映画日記)
 太陽へ向かって航行する宇宙船を舞台に、極限のミッションに挑み追い詰められるクルーの姿を描いたSF映画。真田広之やキリアン・マーフィやミシェル・ヨー、クリス・エヴァンスらが出演、監督は『トレインスポッティング』『普通じゃない』などの異色作を撮ったダニー...
サンシャイン 2057 (Akira's VOICE)
太陽が~燃え~ている~♪
サンシャイン 2057 (Alice in Wonderland)
ダニー・ボイル監督といえば私の中では『 トレインスポッティング』と『ザ・ビーチ』が真っ先に頭に浮かびます。この2作品はめちゃくちゃ好きだし、私は渡辺謙より真田広之に海外進出して欲しいと思っているし、密かにファンであるクリス・エヴァンスも出演しているとい...
サンシャイン2057 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
太陽に近づくことは、神に近づくこと!。そこにこのSF映画の醍醐味がある。 西暦2057年。地球上ではあらゆるものが凍てつき、人類は滅亡の危機に瀕していた。地球に熱を供給する太陽の活動が衰え、死滅しようとしているのだ。人類に残された最後の希望は、宇宙船“イ...
サンシャイン 2057  (シュフのきまぐれシネマ)
サンシャイン 2057   4/14(土)@ユナイテッドシネマとしまえん 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィー、真田広之、ミシェル・ヨー 、クリス・エヴァンス 他 音楽:ジョン・マーフィ、アンダーワールド 配給:20世紀フォックス にして
2057: A SPACE ODYSSEY~『サンシャイン 2057』 (真紅のthinkingdays)
 太陽が衰退し、50年後の地球は滅亡の危機に瀕していた。太陽を再生させるため、 核弾頭を搭載した宇宙船「イカロス2号」が8人の宇宙飛行士を乗せて太陽に向かう。 あと僅かで任務決行というその時、彼らは7年前に消息を絶
★★ 『サンシャイン 2057』 (映画の感想文日記)
2007年。 FoxSearchlight. "SUNSHINE". ダニー・ボイル監督。 キリアン・マーフィー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、真田広之、クリフ・カーティス、ミシェル・ヨー、ジェーン・フォンダの息...
【サンシャイン2057】 (NAO-C☆シネマ日記)
  2057年、人類は太陽滅亡の危機を救えるのか? 50年後、太陽の崩壊で地球が滅亡の危機に・・ 人類最後の望みを託された8人。 ~~彼らの運命は?? ~~そして、地球の運命は?? ・・と、壮大なSF映画のはじまり~はじまり~~かと思いきや、 違いましたね~(...
映画 【サンシャイン 2057】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サンシャイン2057」 ダニー・ボイル監督の最新作はSF。 50年後の近未来、太陽の消滅により地球も滅亡の危機に晒されていた。人類最後の望みを託された8人のクルーが、マンハッタン島大の核弾頭を投下する為に宇宙船イカロス2号で太陽に向かう。 おもむろに...
サンシャイン 2057/キリアン・マーフィ、真田広之 (カノンな日々)
私の隣でチケットを買っていたサラリーマン風のオジサン。仕事の合間の時間潰しって感じでしたけどカウンターで受付の女性に尋ねました。 オジサン「サンシャイン2057って洋画だよね?」 すると受付の女性は 女性「いえ、日本のです」 ・・・たった今そのチケット...
映画「サンシャイン 2057(SUNSHINE)」 (わかりやすさとストーリー)
●例えるなら、真田広之は100メートル競走の選手だった! マラソン競技はだれを応援すればヨカですか? 太陽のありがたみを、いま一度身近なものとして実感させなきゃ! 本編よりも、予告編のほうがいい出来だ●
サンシャイン 2057☆危険で予測不可能な旅が始まる (☆お気楽♪電影生活☆)
18日、鑑賞♪
映画「サンシャイン 2057」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「サンシャイン 2057」に関するトラックバックを募集しています。
サンシャイン 2057 (そーれりぽーと)
ダニー・ボイル監督が、また今までと全く毛色の違う世界を映像化した『サンシャイン 2057』。 でも、真田広之の名前しか頭に無いまま観てきました。 ★★★★ 太陽の急激な老化とともに滅び行く地球と人類を救う為、太陽での再生ミッションに向かう宇宙船の乗組員達...
サンシャイン2057 (八ちゃんの日常空間)
かなりマニアック。ディープなSFファンしか受け入れられないんじゃないかな。サーチライトの作品とは思えないよ。でも評価は低いけど、満足度は高いのは個人的趣味なので(笑)
サンシャイン2057 (Diarydiary!)
《サンシャイン2057》 2007年 アメリカ映画 - 原題 - SUNSHI
サンシャイン 2057 (C'est Joli)
サンシャイン 2057’07:米 ◆監督:ダニー・ボイル「28日後…」「ミリオンズ」「ザ・ビーチ」◆出演:キリアン・マーフィ 、真田広之 、ミシェル・ヨー 、クリス・エヴァンス 、ローズ・バーン 、トロイ・ギャリティ ◆STORY◆西暦2057年。太陽はすでに消滅しつつ...
映画 「サンシャイン2057」 (ようこそMr.G)
映画 「サンシャイン2057」 を観ました。
映画「サンシャイン 2057」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年29本目の劇場鑑賞です。「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督作品。宇宙空間を舞台に描く異色SFサスペンス・アドベンチャー。太陽の死滅が近づき、存亡の危機を迎えた人類の最後の希望を託され、太陽再生のために宇宙船に乗り込んだ男女8人...
サンシャイン2057・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
今から17年前のバブル時代、NHKが70億円の巨費を注ぎ込んで、ハリウッドで製作した一本のSF映画があった。 西暦2050年、太陽が突如として膨張を初め、巨大な太陽フレアによって地球は滅亡の危機に瀕する。 人類は反物質爆弾を搭載
サンシャイン 2057 (Sunshine) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダニー・ボイル 主演 キリアン・マーフィ 2007年 イギリス映画 108分 SF 採点★★★ 前にも書いたんですが、幾つになっても夏が来れば「海だぁ!山だぁ!」と大ハシャギの私。夏、大好きです。ところが夏の方はそう思っていないようで、蚊に刺されれば蚊刺過敏症...
【2007-53】サンシャイン 2057(SUNSHINE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『私たちの太陽は死にかけ、 人類は滅亡の危機に直面している。 16ヶ月前、私、カネダ船長と7名の乗組員は 太陽熱の衰退で凍りついた地球を後にした。 我々の使命は、 太陽を蘇らせること。 手遅れになる前に・・・』 20057年、人類は、太陽滅亡の危機を救え...
【2007-53】サンシャイン 2057(SUNSHINE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
『私たちの太陽は死にかけ、 人類は滅亡の危機に直面している。 16ヶ月前、私、カネダ船長と7名の乗組員は 太陽熱の衰退で凍りついた地球を後にした。 我々の使命は、 太陽を蘇らせること。 手遅れになる前に・・・』 20057年、人類は、太陽滅亡の危機を救え...
「サンシャイン 2057」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「サンシャイン 2057」 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ 2057年、のあらゆる生命の源である太陽が消滅しかけ地球も滅亡のときが近づいていた。 人類最...
『サンシャイン2057』 (試写会帰りに)
もの凄い大スペクタルなことと、宇宙船内の閉塞性を感じさせるミニマムなこと。 両方を同時に描いているところが凄いです。意思を持つような“イカロス2号”のメインコンピュータは、HALと同じように女性の声。しかもちょっとセクシーボイスなのがおかしい。『サンシャイ...
『サンシャイン2057』 (Brilliant Days)
ダニー・ボイル監督&キリアン・マーフィー主演と言うので、公開を楽しみにしつつ、もっとホラーに近い作品かとビクビク鑑賞しましたら、意外にも「ソラリス」とか「2001年宇宙の旅」など彷彿とさせる 哲学的メッセージも感じられる作品でした。。褒め過ぎ?
★「サンシャイン 2057」 (ひらりん的映画ブログ)
←今年通算70本目。 SFものは大画面で見なくちゃ・・って事で、 今週の週末ナイトショウは、この作品。 主演は、最近よく見るキリアン・マーフィー。 共演に、真田広之、ミッシェル・ヨーなど。
ダニー・ボイル監督『サンシャイン2057』 (日刊ゴーヤ!起死回生のガチンコ日記)
2007年4月29日 有楽町・スバル座 2057年が舞台の近未来SF映画。 人類存続に必要なエネルギーを放出しなくなった太陽を再活性化さようという話。 それを目的に、8人の男女が、巨大な核装置を搭載した宇宙船”イカロス”に乗って、太陽へと向かう。 細か...
サンシャイン 2057 (週末映画!)
期待値: 74%  ダニー・ボイル監督のSF ”ホラー” 映画。 キリアン・マーフィ、真田広之、ミシ
『サンシャイン2057』 (ドレミファ息子の血は萌える)
 凶暴だ。凶暴な映画だ。『サンシャイン2057』にあって太陽というものは、途方も無く凶暴極まりない装置であり、あらゆるものを無へ消滅せしめる。  なにしろ宇宙船の角度が変わって陽が当たった途端、人間は粉々に燃
真・映画日記(1)『サンシャイン2057』 (          )
4月30日(月・祝)◆427日目◆ 前の晩から朝まで クニオ他イベントスタッフ達と歌舞伎町の「魚民」で飲み。 朝9時過ぎに帰宅。 昼まで寝る。 午後1時半過ぎに外出。 日比谷に着いたのは4時。 スバル座で公開している『サンシャイン2057』を見る。 ツッコ...
サンシャイン2057★☆ダニー・ボイル監督最新作! (銅版画制作の日々)
2057年、人類は、太陽滅亡の危機を救えるのか? ダニーボイル監督と言えば、ユアン・マクレガー主演の「トレインポッティング」を思いだす。ヘロイン中毒に陥った若者の生態を描いた作品だった。その後デカプリオ主演の「ビーチ」も鑑賞したが、残念ながら記憶が薄っすら...
映画『サンシャイン 2057』 (★かるぱら★)
死にゆく太陽を核爆弾で再生し、地球を救うのだ!   ってハナシなんだけど、 これがメインテーマと考えると違和感が残ってしまうw   そもそも最初からクルーたちには微妙な変化が見られる。 それが隠れたメインテーマだったのではないかと。   ...
「サンシャイン 2057」 圧倒的な力を前に人は何を見るか (はらやんの映画徒然草)
SF小説は好きなのでよく読みますが、その中でも好きなのはハードSFというジャンル
サンシャイン2057 (美味しいマグロありマス)
サンシャイン 2057 上映時間108分 監督ダニー・ボイル 俳優 キリアン・マーフィ 真田広之 ミシェル・ヨー クリス・エヴァンス ローズ・バーン トロイ・ギャリティ 公開日 2007年 ■ストーリー■ 時は今から5
サンシャイン2057 (とりあえず、コメントです)
やっぱりダニー・ボイル監督。一筋縄では行かない展開のSFでした~ 西暦2057年。太陽の力が弱まり、地球は気温が下がって氷に覆われていた。 太陽を元に戻すために、世界中の技術者が乗り込んだ 宇宙船イカロス2号が太陽へ向かっていた。 宇宙船はマンハッタン大の核爆...
サンシャイン 2057 (ちわわぱらだいす)
え~っとこれはずいぶん前に見た映画です。。。 予習は何もしていかなかったんですが。。。 これは真田広之𕾮 ピンポーン烈 正解でした。 いや~えらく行動がかっこいいんじゃないかい? 1号機の船長。。。こ・これは・・・エイリアン? よくま...
キリアン・マーフィ Cillian Murphy 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),13 March 1974,Douglas, Cork, Ireland The Best Time of Our Lives (2008) Watching the Detectives (2007) サンシャイン 2057 Sunshine (2006) 麦の穂をゆらす風 The Wind That Shakes the Barley (2006) プルートで朝食を Breakfas...
ローズ・バーン Rose Byrne 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),24 July 1979,Sydney, New South Wales, AustraliaThe Tender Hook (2008) 28 Weeks Later... (2007) Pushing Up Daisies (2007) サンシャイン 2057 Sunshine (2006) "Damages" TV Series The Dead Girl (2007) マリー・アントワネ...
クリス・エバンス Chris Evans 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),13 June 1981,Sudbury, Massachusetts, USAThe Loss of a Teardrop Diamond (2008) ファンタスティック・フォー 銀河の危機 Fantastic Four: Rise of the Silver Surfer (2007) The Nanny Diaries (2007) サンシャイン 2057 Sunshine (...
#72.サンシャイン2057 (レザボアCATs)
ダニー・ボイル監督×アレックス・ガーランド脚本のコラボ作品は、これまでも、『ザ・ビーチ』、『28日後・・・』と、なかなか目が離せない、変テコな作品が名を連ねていて。「こりゃ一応、見ておかないと」と思わせる何かがあるのですね。
サンシャイン 2057 (とにかく、映画好きなもので。)
 映像の輝きと宇宙船の閉塞感と構図から何が出てくるのかヒヤヒヤしながら観てしまいました。  ダニー・ボイル監督の最新作、真田広之、クリス・エヴァンス、ミッシェル・ヨー、キリアン・マーフィととにかくサプライズ的なキャスティングで細かい部...
『サンシャイン2057』 (La.La.La)
 制作年:2007年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:108分  原題:SUNSHINE  配給:20世紀フォックス  監督:ダニー・ボイル  主演:キリアン・マーフィー      クリフ・カーティス      真田広之      ミシェル・...
サンシャイン2057 (映画鑑賞★日記・・・)
【SUNSHINE】公開:2007/04/14製作国:アメリカ監督:ダニー・ボイル出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、ベネディクト・ウォン、クリフ・カーティス50年後の未来。地球上の全ての生命の源であ...
サンシャイン2057 07184 (猫姫じゃ)
サンシャイン2057 Sunshine 2007年  英  ダニー・ボイル 監督キリアン・マーフィー クリフ・カーティス 真田広之 クリス・エヴァンス ミシェル・ヨー ローズ・バーン トロイ・ギャリティー いぁいぁ、ごめんなさい。だってねぇ、題名のあとに年代が...
サンシャイン2057 (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
2001 → 2010 → 2057 あのテンションで間口のひろい切り口。 サンシャイン2057posted with amazlet on 07.09.2820世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン (2007/09/07)売り上げランキング: 397おすすめ度
サンシャイン2057 (シネ・ガラリーナ)
2006年/イギリス 監督/ダニー・ボイル 「かなり抑制されたSF作品」 なぜか「中庸」という言葉を思い浮かべてしまった。SF大作と聞いてまず想像するのは壮大な物語とダイナミックな宇宙の映像だろう。しかし、本作品は、そのいずれもが抑制の効いた見せ方にな...
サンシャイン2057 (mama)
2007年:アメリカ 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ、クリフ・カーティス、真田広之、ローズ・バーン、マーク・ストロング、クリス・エヴァンス、ミシェル・ヨー、トロイ・ギャリティ、ベネディクト・ウォン 50年後の未来、太陽の活動が終焉を迎えよ...
サンシャイン2057 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:SUNSHINE) 【2007年・アメリカ】DVDで鑑賞(★★★★☆) 死滅が近づく太陽を再生するために、宇宙船に乗り込んだ8人の乗組員に降りかかる運命をスリリングに描いたSFヒューマンドラマ。 地球上の全ての生命の源である太陽の活動が終焉を迎えようとしてい...
サンシャイン2057 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
久しぶりに出ましたがなっ、1点がっ!開いた口が塞がらないんだけど。                   評価:★1点(満点10点) 2007年 108min 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ 真田広...
『サンシャイン 2057』 (『映画な日々』 cinema-days)
サンシャイン2057 西暦2057年 消滅寸前の太陽を再活性化させる為、 イカロス2号に乗った8人のエキスパートの運命は... 個人評価 ★★ (自宅...
サンシャイン2057 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:サンシャイン2057 制作:2007年・アメリカ 監督:ダニー・ボイル 出演:キリアン・マーフィ、真田広之、ミシェル・ヨー、クリス・エヴァンス、ローズ・バーン、トロイ・ギャリティ、ベネディクト・ウォン、クリフ・カーティス あらすじ: 50年後の...
「サンシャイン2057」 (ドゥル的映画鑑賞ダイアリー)
お勧め度:★★★☆☆ 製作年 : 2007年 製作国 : アメリカ 配給 : 20世紀フォックス映画 上映時間 : 108分 監督 : ダニー・ボイル 脚本 : アレックス・ガーランド 出演 : キリアン・マーフィ 、 真田広之 、 ミシェル・ヨー 、 クリス・エヴァンス 、 ローズ・バ...