★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インクレディブル・ハルク

2008-08-01 22:17:15 | 映画【あ行】

エリック・バナ主演の『ハルク』を面白いとは思えなかったし、ハルクのお話にあまり魅力を感じないので、別にリニューアル版を観る必要も無かったんだけど、エドワード・ノートンの隠れファンなので観に行ってしまいました~
【story】
ブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、緑色の巨人ハルクに変身する能力を隠して日々を送っていたが、ハルクの変身の秘密を知った軍人ボルンスキー(ティム・ロス)が怪人アボミネーションと化し、ニューヨークの街を襲う。恋人ベティ(リヴ・タイラー)と街を守るため、ブルースはハルクに変身して危機に立ち向かう―
     監督 : ルイ・レテリエ 『トランスポーター』『トランスポーター2』

【comment】
まずまず面白かったで~す。
・・・・・・・でも・・普通ーーーって感じかな
退屈はしないけど特にハラハラ&ドキドキもしないし、迫力はあるけど驚く程のものでもないし、苦悩や悲恋が描かれているけど涙する程でもないし、「これはっ」っていう目新しさがあるわけでもないし、、、無難な映画だったかなぁ~(やばっテンション低っ・汗)

 
まぁ~エドワード・ノートンが好きなので、彼が見れただけでもいいかぁ~
 
だけど、ハルクになっちゃうと、面影がゼロですから
せめて顔の骨格ぐらいはノートンに似せても良かったような気がするわ~ん。
ハルクの画を見ながら、「ハルクになるとブルースは理性が吹き飛んじゃって、ただの破壊する緑の怪物君に変身するんだし、華奢で知的なブルースがここまで変わることに意味があるんだ、きっと」と、自分に言い聞かせていました~(笑)

 
科学者ブルース・バナーは、ロス将軍(ウイリアム・ハート)から要請された実験中に大量の放射能を浴びて驚異の体質の持ち主になってしまう。
感情が高ぶり心拍数が200を超えると肉体が変化し“巨人ハルク”に変身するのだ。
その力を軍の兵器として利用しようとする将軍の企みを知ったこと、ハルクになった時に恋人のベティ(将軍の娘で科学者)を傷つけてしまったことから、ブルースは逃亡し、自分の持つ恐るべき力を封印。
精神鍛練により感情をコントロールし、治療方法を模索して研究を重ね、ひっそりと隠れ住んでいた。
 
 
 
ある時ブルースは、将軍に居所を突き止められ、軍人ボルンスキーに追い詰められる。
ボルンスキーは最盛期を過ぎた軍人で、ブルースの持つ驚異的な力に魅せられ、自分も絶対的なパワーを得たいと強く願う。
それに同意した(考えなしの)将軍は、ボルンスキーにもパワーを与えてしまう。
 

 
一方、ブルースの治療法を探してくれる人物に自分の肉体のデータを渡すためにベティと再会したブルースは、彼女との愛を再確認。
ベティはブルースがハルクに変身しても彼を愛し続け、ブルースは変身して理性を失っても彼女を守ろうとするようになる。愛は偉大だ。
だが、心拍数が高まっちゃうので愛を交わすことはできない。なんて悲劇なんだぁ~
二人は将軍の追手を逃れながら、肉体の変身を止める薬を手に入れるが、、、最強の肉体を手に入れることに取りつかれたボルンスキーが怪物に変身して街を破壊し始めた―
 
 
で、、、これが変わり果てたボルンスキーです。スゴ過ぎ・汗
             
 

物語の中盤までは、ハルクに変身してしまう運命を背負ったブルースの苦悩と、まるでキングコングの一コマのようなハルクとベティの純愛や悲恋にスポットを当てているけど、終盤は巨人巨人になりま~す。
 

でね、元々のアメコミを知らないし、他のハルクの映画を見たことはあってもちっとも覚えていないし、、、私って多分ハルクに興味がないんだわ~ってことが分かりました
そのせいか、どう~しても気持ちが盛り上がっていかなかったの・・・ノートン効果でエリック・バナ版よりは楽しめた気がするけど。
怪物同士が闘っていても所詮CGなので(汗)、イマイチ「ハルク頑張れ~」って気持ちも湧いてこなかったかも(汗)
 
でも!!これはノートンの演技力を見られるような映画じゃなかったけど、刺激を受けて彼の作品を色々と観たくなっちゃった。
地味なイーサン祭りもそろそろ一旦終了するし、今度はプチ・エドワード・ノートン祭りを開こうかなぁ~
     ラストで『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrが出てきます。
     何でも本作とのコラボ作品のようですね~    (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (44)   Trackbacks (80)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハプニング | TOP | ダークナイト »
最近の画像もっと見る

44 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは★ (dai)
2008-08-01 22:40:27
TBありがとうございます♪

ハルクになったノートンは全くノートンの面影がなかったせいか、対決に一喜一憂することは若干難しかったかもしれません。
でも「トランスポーター」同様にスピーディーな展開は楽しめました。
おお (なな)
2008-08-01 23:09:27
私もノートンの隠れファンですわ(しかし気が多いなぁ,自分)
「真実の行方」の時から尊敬している俳優さんです。
ハルク自体けっこうアメコミの中では好きな方です。
変身したくないって,必死に思ってるヒーローって新鮮なんですよね。
ノートンはいい芝居してたと思います・・・
というか,監督もできるくらい賢い彼は
どんな役でも底上げできるほどの才覚を持っているのではと・・・。
で,プチ・ノートン祭りですが
私も今日「幻影師アイゼンハイム」も見てきたので
ちょっとしたノートン祭りかも。
でも来週はヒース追悼祭りもしなきゃな・・・
こんにちは (えめきん)
2008-08-02 08:26:41
ヒーロー映画大好きな僕としては楽しめましたが、「市民に愛されてこそアメリカのヒーロー」という考え方があるので、ハルクのキャラクターには少し抵抗がありました。それでも作家性を出し過ぎた前作よりは楽しめましたね。

ボルンスキーは変身前の方が格好良かったですね。大学でのバトルシーンは痺れてしまいました。
Unknown (seagreen)
2008-08-02 10:15:42
CGの怪物対怪物は、わたしもどうも白けてしまいました。
大人になりすぎたせい?(笑)
今度はノートン祭りですか?
楽しみです。
楽しめました~ (マリー)
2008-08-02 14:21:12
こんにちは~~♪
うふふ・・由香さん、ノートンをもってしてもテンション低めとは?!ハルク、敗れたり~~~(爆)

私は結構楽しめちゃった。
元々アメコミ好きだからかな~?
最初にマーベルのコミックがペラペラ、パタパタするじゃない?~アレでテンション上がるの。簡単な女です(笑)

唐突に逃亡生活から始まったから~
いけない!予習してない!!と思ったけど~簡単な予備知識だけで理解できてよかった。
でも帰りにエリック・バナ版借りてきた(なんとまだ未見でした)
両方観たら、レビュー書きま~す。
ノートン祭り (ともや)
2008-08-02 14:31:21
こんにちは、由香さん♪
エドワード・ノートンの作品って言うと、「僕たちのアナ・バナナ」ってラブコメが好きですよ~!
共演のベン・スティラーやジェナ・エルフマン(「ふたりは最高!ダーマ&グレッグ」のダーマ)も良いんですよ。
あら?
ひょっとしたら、エドワード・ノートンのコメディって、ひょっとしたら珍しいのかしらん。
役者を知らない (たいむ)
2008-08-02 16:50:10
由香さん、こんにちは。
みなさんきっちり出演者を逃さずキャッチしてますねー。
私はだめなんですよ、特に外国人は顔が覚えられないの(><)

そこいらにいそうな坊ちゃん顔のハルク。もう少しカッコ良くならないかしら??(笑)
そうなんですよね~。 (miyu)
2008-08-02 19:03:07
あたしも最後のバトルは本来なら一番派手で
見どころなんだろうけど、
怪物同士でもうどうでも良くなっちゃった(;・∀・)
エドワード・ノートンとティム・ロスの演技を堪能出来る内容では
なかったけど、それでも2人ともサスガの演技で
そこはとても良かったですけどね~♪
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2008-08-02 21:12:30
由香さんいまいちだったみたいですね(^_^;)
私はノートンでしたので期待したのですが、悪くは
なかったのですが・・普通に面白かったと言う感じでした。
これは映画にするのが難しいのかな・・・
私はTVシリーズが大好きだったのですが、この作品は
TVドラマくらいで丁度いいのかも?(^_^;)

由香さん、ノートンの隠れファンだったんだ(笑)
何も隠れなくてもいいのにぃ~~(笑)
私も告発の行方から、すごい役者さんだなあって
思って好きな俳優さんです^^
プチ・ノートン祭り楽しみにしていますね(^_-)-☆

ラストのロバートに萌え~~のひろちゃんでした(笑)
こんにちは☆ (ゆかりん)
2008-08-02 21:21:12
あ~普通でしたかー。私もです^^;
せめてハルクになっても面影があったら良かったんですけどね。全然ありませんでしたよね。
プチ・エドワード・ノートン祭りいいですねぇ。実はこの方の作品はあまり観ていないんですよねぇ。私もやろうかなぁ。
ちょっと前までは地味にバットマン祭りしてました(笑)
ノートンは (ituka)
2008-08-04 00:41:36
いい顔してますよね~
特に、あの眼が良いんですよ。
キレた役からメロドラマまで、なんでもこなせます。

ハルクはジョシュくん似かなと^^



daiさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 11:38:02
こんにちは!
ブルースが何故ハルクになってしまったのか、、、その過程をダイジェストで見せるなどスピーディな展開は良かったですね。
戦いの見せ場も何度か用意して退屈させませんでしたし♪
ただ私はどう~うもハルクの造形が苦手なようです(汗)
ただの怪物君にしか見えなくって・・・もうちょっとノートンの面影があったらよかったなぁ~
ななさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 11:59:48
こんにちは!
ふふふ・・・ななさんもノートンファンですか♪
お互い気が多いですね~(笑)
ノートン祭りを開きたい気満々なんですが、いつから始められるかなぁ~
とりあえず手持ちのDVDをボチボチ観ようかな♪

ななさんはハルクが結構お好きなんですか?
『変身したくないって,必死に思ってるヒーローって新鮮なんですよね。』
ううう・・・またまたマニアックなことを仰る(笑)
私は明るいヒーローが好きなので、ハルクはイマイチ好みでないかも・・・
でも!ノートンは素敵でした~♪
彼の賢そうな所がいいんだよなぁ~まぁ実際に賢いんですけど
えめきんさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 12:04:28
こんにちは!
「市民に愛されてこそアメリカのヒーロー」
私もそういう考え方かも!!
だから、、、今回のダークナイトもちょっと哀しかったなぁ~
最後にバットマンが可哀想になっちゃったわ~

で、ハルクですが、前作よりは面白かったですが、いかんせんハルクの造形が怪物君過ぎて、イマイチのれなかったです。
だから戦いは3番目の怪物VS怪物よりも、私もハルクVSボルンスキーの方が見応えがありました♪
私は (しんちゃん)
2008-08-04 12:19:14
 前作に痛く感動しちゃったもんで(笑)

だから今回のは笑ってみてました。前作のは笑えなかったしなぁ・・・

 で、前戯だけで、150も心拍数があがってどうするねん(笑)
seagreenさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 12:30:00
こんにちは!
seagreenさんも怪物の戦いにシラケましたか?(汗)
私もですぅ~モロCGだしノートンの面影もないし・・・

でも!ノートンは大好きなので、今度ノートン祭りを開きたいです♪
マリーさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 13:07:30
こんにちは!
エドワード・ノートンは好きなんだけどなぁ~
ハルクには萌えなかったですぅ~
アメコミは好きなはずなんだけど、ハルクのキャラが元々好きじゃないのかも(汗)
『最初にマーベルのコミックがペラペラ、パタパタするじゃない?~アレでテンション上がるの。』
うふふ・・・私もアメコミ作品でアレが出てくると燃えます!!

私はきっと皆から愛されるスーパーヒーローが好きなんだわ。
だから今回のダークなバットマンにもビックリでした。
マリーさんは観た?
物凄く重厚感のあるドラマだったよね~ヒースが圧倒的な迫力だったし・・・
ともやさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 14:47:42
こんにちは!
「僕たちのアナ・バナナ」は、気になりながらも未見でした!!
ともやさんオススメならますます観たくなってきたわ~♪
ノートンは演技派で、どちらかというとヘビィな作品が多いですよね?
ラブコメのノートンもいいなぁ~早く借りなくちゃ^^・
たいむさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 14:52:34
たいむさん、こんにちは!
『みなさんきっちり出演者を逃さずキャッチしてますねー』
ふふふ・・・私なんてまずそれが映画を観る際の重要チェックポイントですから(笑)
たいむさんは外人さんの見分けがつかない?
私はね~日本の俳優さんが同じ顔に見えちゃう(汗)
興味がないせいかなぁ~

『そこらの坊ちゃん顔』!!!
ノートンは・・・ノートンは・・・まぁ~地味なんですが(笑)、素敵なんですよ~演技が上手いんだもん♪
miyuさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 14:55:52
こんにちは!
『怪物同士でもうどうでも良くなっちゃった(;・∀・) 』
一緒一緒~♪
もっと興奮するかなぁ~と思ったのですが、最後の戦いは一番シラケタなぁ~
でね・・・「ハルクスマッシュ!!」には思わず笑っちゃって(汗)
ノートン大好きでも、あまり入り込めなかったなぁ~
前半の苦悩するブルースちゃんは良かったけど♪
ひろちゃんへ^-^* (由香)
2008-08-04 15:03:46
こんにちは!
私も、悪くはないんだけど普通ーーーって感じで観ていました。
よく覚えていないけど、前作ではかなりシラケたので、今回の方がまだ良かったと思いました。
でも、やっぱり映画にするのは難しいかもですね~
ハルクがどう見てもDGで、人々が逃げ惑っても臨場感がないんだもん。
ウルトラマンから逃げるーって感覚に似ていたし(汗)

ノートンは好きなんですぅ~
だいたい私は知的で華奢な男に弱いのだ~~~(照)
暇をみてノートン祭りをやりたいなぁ~
未見の作品も色々あるし♪

ロバートは素敵でしたね!
アイアンマンは面白いのかな?ちょっと楽しみ~
ゆかりんさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 15:09:52
ゆかりんさんも普通でしたか~♪
悪くはないんですけどね~取り立ててスゴイ!!ってところがなかったような気がしました(汗)
ハルクにノートンの面影がないのも残念だったし。

私も好きなわりにはノートンの作品を見逃しているんです。
だから時間をかけてチマチマ観ていこうかな(笑)

ゆかりんさんはバットマンを制覇したんですよね~スゴイ!!
itukaさんへ^-^* (由香)
2008-08-04 15:13:03
こんにちは!
ハルクはジョシュ似・・・・ぷぷぷ・・・顔の輪郭が似ているかも?!
少なくともノートンよりは近いですよね(笑)

ノートンはいいですよね~
とか言いながら、全部の作品を観たわけではないので、改めて色々観たくなりました。
特にキレた役が観たい!!(笑)
しんちゃんへ^-^* (由香)
2008-08-04 15:15:39
こんにちは!
しんちゃんは前作がお好きですか?
私はうろ覚えですが、ちょっと苦手だったかも(汗)
いや・・・面白かったかな?
だんだん記憶が曖昧になってきたわ~

『前戯だけで、150も心拍数があがってどうするねん(笑)』
ハハハ・・・あのシーンは何気に笑っちゃいました~
まぁ~ブルースは久しぶりだったということで・爆
こちらにも・・・ (ミチ)
2008-08-04 19:43:46
ハルクって見かけにそそられないから(オイ!)今まで見たことがなかったの(汗)
やっぱりエドワード・ノートン狙いよね、この作品は!
いろいろ言いたいこともあったけれど、エドワードが良かったので楽しめました。

私の友人でエドワード命の人がいるんだけど、彼のなで肩をこよなく愛しているのよ~
エドワードの出演作は私もほとんどを網羅していると思うのだけど、由香さんは何がお好きなのかしら~?
うんうん! (きらら)
2008-08-04 20:32:08
由香さんこんばんはー☆
私もノートン目当てだったんだけど、、、戦いのときになると出番少ないし、さみしかったです
お話もイマイチだったなー。
続編あっても、、、観ないかもデス
ミチさんへ^-^* (由香)
2008-08-05 08:34:43
こんにちは!
そうですよね~ハルク自体には魅力を感じませんが(汗)、エドワード・ノートンが演じるとなると気になっちゃうんですよね~

ミチさんのお友達はノートンのなで肩がお好きなんですね?
私は知的で華奢なところが好きーーー♪
役柄によって狂気が宿る目も好きーーー♪
とか言いながら、彼の作品は観ていないものが結構あるんです。
これを機会に色々観たいと思います~
きららさんへ^-^* (由香)
2008-08-05 08:38:05
こんにちは!
コメントどうもありがとう~♪
きららさんもノートン目当てですか^^・
何だかノートンって人気ですね~

彼が逃亡生活をしたり、、、の件はなかなか良かったのですが、ハルクの戦いにはイマイチ魅せられなかったなぁ~
最後なんてモロ怪物同士のバトルだったので引き気味に(汗)
続編があっても私も考えちゃうなぁ~
こんにちは~ (hito)
2008-08-05 11:16:04
楽しめました~

変身後はあまりにもノートンとの落差がありすぎでしたね。
私も、もうちょっと面影あった方が・・と思ってしまいました~まるであれじゃあシュレックだったもので・・。

ラストの戦いは、やっぱりCGだと迫力が欠けるような気がしちゃいました。痛い!とか思わず気楽に見ていられるのはいいのですが~
こんにちわ! (かいこ)
2008-08-05 11:58:19
さすが由香さん、エリック・バナ版も観られてるんですね~
私期待まるでしなかったのがよかったのか、わりと楽しめましたケド・・
由香さんは期待してなくても+エドワード・ノートンでも
のりきれなかったみたいですネー^^
おっしゃるとおり、巨人はエドワード・ノートン面影ゼロで。
私はケンシロウにみえてしょうがなかったデス~ ハハハ^^;
hitoさんへ^-^* (由香)
2008-08-06 10:14:39
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
ふふふ・・・シュレックですか~(笑)
とりあえずノートンの面影は皆無でしたねぇ~せめてもう少し面長のハルクにして欲しかったですぅ~

最後の戦いは、本来もっと燃えるはずなのですが、あまりにもCGだったのでのれませんでした。
もう少しリアリティがあっても良かったですね!
かいこさんへ^-^* (由香)
2008-08-06 10:19:08
こんにちは!
はいっ!一応エリック・バナ版も観ましたよ~もうかなり内容は忘れましたが(汗)
だいたいエリック・バナに興味がないのよね~ハハハ

今回はノートン主役♪ということで、なにか違うハルクが見られるか?!と期待したのですが、、、ハルクはハルクでした(汗)
しかもノートンの面影がなかったですね~
ケンシロウに見えましたか?(笑)
確かに目鼻立ちはかぶってるかも~^^・
こちらにも♪ (こでまり)
2008-08-07 22:30:52
こっちはイマイチでしたか~
私もこの間、前作の「ハルク」をDVDで見たんですけど、あれはダメでした・・・
でもこれはエドワード・ノートンだし(みんなそう思ってますよね?
彼が脚本も書きなおしてるというので、ちょっと期待して見ました。
私には前のハルクより、今回のハルクの方が悲しみに満ちていたように思えたんですよ。
断然よかったです。
このハルクだったら続編見たいな。
こでまりさんへ^-^* (由香)
2008-08-08 09:00:39
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
私も前作のハルクよりはコチラの方が良かったです!
まぁ~やっぱりノートンの力が大きいとは思いますが(笑)
だけど、、、ハルクになっちゃうとノートンの面影がないし、モロにCGでのれなかったの(汗)
これは続編とかあるのかしら?
アメリカでの評判もなかなかいいよいなので作られるかもしれませんね♪
ノートン祭り、いいですね。 (クラム)
2008-08-08 10:37:39
演技力をあまり発揮できる作品ではありませんが、
E.ノートンの存在感がブルース=ハルクのキャラクターを成立させていた感じがしました。

華奢で頼りなげな外見からは想像もできない中身が生まれるのは、
これまでの彼のキャリアがあってこそ信憑性が出てきます。
「真実の行方」での豹変もそうですが、
「アメリカンヒストリーX」の肉体にも驚かされたものです。

今年は公開作が続いてうれしいのですが、
そろそろ箔が付く作品での活躍を個人的に期待しています。
クラムさんへ^-^* (由香)
2008-08-08 23:24:49
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
エドワード・ノートンはいい役者さんですよね~
彼の作品で未見のものが沢山ありますので、少しずつ観ていきたくなりました!!
地味~~~にチョコチョコとノートン祭りを開きたいです(笑)

ノートンのお陰で、前作のハルクよりもいい作品になっていた気がしましたが、私は元々ハルクの物語が苦手なようです(汗)
ハルクになるとノートンの面影もなかったですし、、、
あと気になったのは、CGのハルクやもう一体の怪物が、周りの映像と馴染んでいないように思えたことです。
これだけ技術が進んでいても、何故か怪獣映画のような雰囲気を感じてしまいました(滝汗)

ノートンは幻影師~にも出ていますよね~
コチラでの公開はなかったですが、好きなタイプの作品かも・・・と、DVDを楽しみに待っています♪
こんばんは! (kira)
2008-08-11 19:48:07
ぃや~ん(><
同じ日に観てたんですね~。なのに、記事がいまになっちゃいました・・

ホント、これ、ハルクにならないでくれ~~って
祈りながら観てましたよ(笑)
アメコミ原作のハルクに近いということに拘ったのか、、
あのCG、、は、やっぱりちょっと馴染めませんでしたが、
知的なノートンが心ならずも・・・ってところで、やっぱり惹かれてしまいました
kiraさんへ^-^* (由香)
2008-08-13 10:59:47
こんにちは!
kiraさんはお忙しそうですね~
私も何かと多忙で、、、毎日暑いですし、マイペースで過ごしましょうね^^・

ノートンは知的で素敵ですよね~
演技力もあるので好きな俳優さんです♪
でも、、、ハルクになると面影が、、、(汗)
まぁ~仕方ないのでしょうが、モロCGの映像はイマイチ乗り切れませんでした~
明日はアサイチで『仮面ライダー』です(たぶん) (SGA屋伍一)
2008-08-14 08:11:02
自分とこで「応援したい」と言ってましたが、実はわたしもハルクにはそんなに思い入れがなかったりして(笑) アン・リー版も見なかったし(_ _;)
だってハルクってヒーローというよかモンスターなんだもん
でもわたしは弱いものの味方なんで、やっぱり『ダークナイト』よりこちらを応援することにします。なんの力にもなりませんが

由香さんはノートンさんがお好きなようですが、今回はリブ・タイラーに焼きもちやいてませんね。彼女なら許しますか? いまどきのヒロインにしては珍しいほどの献身ぶりでしたし

>心拍数が高まっちゃうので愛を交わすことはできない。なんて悲劇なんだぁ~

これでいいのだ(笑) お子様たちも見てますから!

TBありがとうございました♪ (sakurai)
2008-08-14 09:22:42
そそそ、考えなしなんですよね、将軍!
こういう人がいないと、こんな話は始まりませんが、腹立つんですよね。
でまた、ウィリアム・ハートがにくったらしいほど、ぴったり。
日本人で、ハルクをよーく知ってる人、好きな人って、あんまりいないと思いますです。
ノートン祭り、いいですね。
「真実の行方」と「僕たちのアナ・バナナ」は、ぜひ。
SGA屋伍一さんへ^-^* (由香)
2008-08-16 17:56:47
こんにちは!
『ハルクってヒーローというよかモンスター』
う~ん、多分そこらへんの理由で、私もイマイチハルクにのれなかったのかも・・・
大好きなノートンを持ってしても、『』にはなれませんでした。

SGA屋伍一さんは弱い者の味方ですか~
じゃー尚更バットマンを応援したくなるかも・・・
だってだって・・・頑張ってるのに愛しいブルースったら報われないところがあるんだもん!

リブにはヤキモチやかなかったわ(笑)
ノートンは好きだけど、そういうタイプじゃーないのかも

心拍数~のところで、一瞬ドキドキして、近くで見てた小学生に視線がいきました。「ヤバイ」って思って(笑)
でも!やっぱり健全映画で安心しました~


sakuraiさんへ^-^* (由香)
2008-08-16 18:00:52
こんにちは!
将軍は腹たちましたね~(笑)
話の流れに必要だったとしても、あまりにも浅はかでしたわん。
それにボルンスキーも自分から好き好んで怪物になるなんて・・・・おバカで

ハルクは日本ではあまり馴染みのないアメコミかもですね~
だいたいカッコよくないし(汗)

ノートン祭りを開きたいところですが、ちょっと遅くなりそうです。
はじめたら、まず『真実の行方』の感想を書こうと思っています♪
Unknown (ケビン)
2008-08-18 23:37:32
こんばんは、由香さんへ。

前作は未見ですが、前作よりも前評判が良さそうだったので観に行ってきました。
確固たるヒーローものとは言えない部分が、スカッとしたい気分にさせてくれなかったような気がします。
でもアイアンマンとのコラボレーションやその他のマーベル・コミックのコラボレーションを匂わすあたりが今後の続編に期待が持てました。

リブ・タイラー、ちょっと老けたかな?
ケビンさんへ^-^* (由香)
2008-08-19 22:47:49
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
ハルクはヒーロー物とはいえないアメコミですね。
アメリカでは人気のようですが、日本ではどうなんでしょうか?
個人的には怪物に変身するあたりがイマイチ萌えないのですが(笑)
今回はエドワード・ノートンがブルースを演じていたので、ちょっと一味違う魅力は感じました♪
それにアイアンマンとのコラボって企画も楽しいですよね!

リブ・タイラーは老けましたか?
私はあまり感じなかったなぁ~
男性が老けちゃうのには目くじらを立てる私ですが、女性には甘いのかも(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

80 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
インクレディブル・ハルク (Memoirs_of_dai)
大きくなってもズボンは破れず! 【Story】 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は5年前の放射能実験の失敗で、強大な力を備...
『インクレディブル・ハルク』 (ラムの大通り)
(原題:IThe Incredible Hulk) ※映画の見どころに触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----これって、何年か前にも映画になったよね。 確か、あのときはエリック・バナが主演で 監督が、あのアン・リー。 「...
インクレディブル・ハルク (虎猫の気まぐれシネマ日記)
今日は映画の日。例のミニシアターで,これと,幻影師アイゼンハイムを観た。・・・エドワード・ノートン祭り[E:fuji]か?。リー監督のハルクも結構好きだったので,ハルクとは何ぞや?という予備知識も万全。ハルクの面白さ,というか他のヒーローとの大きな違いは,主人...
『インクレディブル・ハルク』 (2008) / アメリカ <ジャパン... (NiceOne!!)
原題:THEINCREDIBLEHULK監督:ルイ・リテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、ロバート・ダウニーJr.試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Story>ブルース・バナー博士(エドワード・ノート....
「インクレディブル・ハルク /THE INCREDIBLE HULK (2008) 」 ジャパンプレミア (MoonDreamWorks★Fc2)
【インクレディブル・ハルク】2008年7月26日(土)公開 監督 : ルイ・レテリエ ...
「インクレディブル・ハルク」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「インクレディブル・ハルク」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート、他 *監督:ルイ・レテリエ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバ...
インクレディブル・ハルク (5125年映画の旅)
天才科学者ブルース・バナーは、大量の放射能を浴びる実験によって、怒りに反応して変身する巨人ハルクへと変貌してしまう。危険な力を恐れたブルースは、恋人を残し南米に逃亡する。一方米軍は、彼の力を利用しようと南米に部隊を派遣する。追っ手から逃れたブルースは、...
インクレディブル・ハルク 男だから強さに憧れるが・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【28 -14-】 昨日は映画の日{/m_0058/}、仕事も早く終わりそうだし、飲み会の約束も珍しくないし、よ~し映画見に行こうって思って調べたら、「インクレディブル・ハルク」が金曜やのに封切りやった{/m_0167/}  この夏は「バットマン」に「アイアンマン」「ハンコック...
エドワード・ノートン版☆『インクレディブル・ハルク / THE INCREDIBLE HULK』☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
前作の『ハルク』は緑の着ぐるみ状態で、それはそれはヒドイものだった。 でも本作のハルクはエドワード・ノートンだったから、これなら大丈夫!と鑑賞(^^) とはいえ、“演技派俳優”エドワード・ノートン、アメコミ・ヒーロー役なんてどうなの?って不安は多少あったけ...
インクレディブル・ハルク/The Incredible Hulk (我想一個人映画美的女人blog)
「バットマン(ダークナイト)」に「アイアンマン」「ハンコック」にこの「ハルク」と、 夏から秋にかけてヒーローもの続々登場{/ee_3/} 全部揃えて戦わせたらどれがいちばん強いのかなー?なんて考えちゃった。 あ、「カンフー・パンダ」も一応ヒーローもの?(笑) 誰...
インクレディブル・ハルク (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE INCREDIBLE HULK) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 2003年に公開された「ハルク」(原題:HULK)のリメイク作品。 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、恋人ベティ・ロス(リヴ・タイラー)の父ロス将軍(ウィリアム・ハー...
『インクレディブル・ハルク』 (つれづれなるままに)
HTB映画試写会 『インクレディブル・ハルク』の試写会に行ってきました。 いゃ~
映画 「インクレディブル・ハルク」 (ようこそMr.G)
映画 「インクレディブル・ハルク」 を観ました。
「インクレディブル・ハルク」みた。 (たいむのひとりごと)
思い切り続編を作る気マンマンって終わり方で、今回は序章に過ぎない感じだね。今のところ“ハルク“は単なる怪物で、怪力と強固な肉体以外にどうという能力は持っていないようだが、もしかするとこの先どんどん進化
「インクレディブル・ハルク」 哀しみを背負うヒーロー (はらやんの映画徒然草)
マーベル・コミックスの中でも特に有名なキャラクター、ハルク。 アン・リー監督で一
インクレディブル・ハルク (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『その「力」、ためらうな。』  コチラの「インクレディブル・ハルク」は、2003年にも「ハルク」として映画化されたMARVELの「超人ハルク」をエドワード・ノートン主演でより娯楽性を高く実写再映画化した8/1公開のアメコミ映画です。  公開初日は映画の日!もち...
★インクレディブル・ハルク<ジャパンプレミア>★ (CinemaCollection)
THEINCREDIBLEHULKその「力」、ためらうな。製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2008/08/01ジャンルアクション/SF/アドベンチャー【解説】2003年にアン・リー監督、エリック・バナ主演で実写映画化されたマーベル・コ....
インクレディブル・ハルク (映画鑑賞★日記・・・)
【THE INCREDIBLE HULK】2008/08/01公開(08/01鑑賞)製作国:アメリカ監督:ルイ・レテリエ出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス、ティム・ブレイク・ネルソン、タイ・バーレル、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。
『インクレディブル・ハルク』 (purebreath★マリーの映画館)
                ためらうな。その力・・・『インクレディブル・ハルク』監督・・・ルイ・レテリエ原作・・・ジャック・カービー/スタン・リー脚本・・・ザック・ペン/エドワード・ノートン出演・・・エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス...
インクレディブル・ハルク (心のままに映画の風景)
科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、 ロス将軍(ウィリアム・ハート)の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた...
インクレディブル・ハルク (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  アクション/SF/アドベンチャー  監督:ルイ・レテリエ  出演:エドワード・ノートン      リヴ・タイラー      ティム・ロス      ティム・ブレイク・ネルソン 【物語】  科学者のブルース・バナーは、恋人ベティの父、ロス将軍の...
インクレディブル・ハルク (映画通の部屋)
「インクレディブル・ハルク」THE INCREDIBLE HULK/製作:200
インクレディブル・ハルク (Akira's VOICE)
怒らせたらエライ事になります。  
国家に踊らされてしまった哀れな男たち。『インクレディブル・ハルク』 (水曜日のシネマ日記)
アメコミを実写化したアクション娯楽映画です。
『インクレディブル・ハルク』('08初鑑賞100・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 8月1日(金) 三宮シネフェニックス スクリーン1 にて 18:45の回を鑑賞。
[映画『インクレディブル・ハルク』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最近、公開日が金曜の作品がちょくちょくありますね。 てな訳で、『インクレディブル・ハルク』を観に行った。 なかなか面白かったのだが、「これは!^^v」と言うパンチさに欠ける作品だった。    ◇   ◇ いや、ハルク自体は、力任せの、「殴る」と言うよ...
インクレディブル・ハルク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ! これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。 怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。 ひと味もふた味も...
インクレディブル・ハルク (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
悲哀あふれるハルクの豪腕が、名優たちのハートもわしづかみ! これまでに何度も映像化されてきた人気ヒーロー、超人ハルク。 怒りで緑の姿に豹変し、悪を倒すことでお馴染みの彼が、なんと今作では、怒りを抑え、力に悩み、そして愛に目覚める。 ひと味もふた味も...
インクレディブル・ハルク (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
主人公の苦悩はドラマとして、愛する女性を守る気持ちはラブストーリーとして見応えがある。科学者ブルースは、心拍数が上ると巨人ハルクと化す肉体の治療法を研究しているが、陰謀を企てる軍により追いつめられる。超人になりたくないヒーローという個性に加え、恋人ベテ...
インクレディブル・ハルク (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★ 「生身の人間より鉄!」トニー・スタークの登場には驚いた。
インクレディブル・ハルク (2008) THE INCREDIBLE HULK 112分 (極私的映画論+α)
「サンダVSガイラ」(爆)
「インクレディブル・ハルク」 (てんびんthe LIFE)
「インクレディブル・ハルク」TOHOシネマズ六本木ヒルズで鑑賞 おすぎがCMやっているのでみようかどうしようか悩みましたが、映画の日なのでみることにしました。 おすぎのCMは気に入らないけど、私はこの作品好きです。 愛があって、苦悩して、とても人間臭...
映画 【インクレディブル・ハルク】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「インクレディブル・ハルク」 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 おはなし: 科学者のブルース・バナー(エドワード・ノートン)は、実験中に大量のガンマ線を浴びて体質が変化。心拍数が200を超えると、緑の巨人ハルクに変身し...
インクレディブル・ハルク (レンタルで映画)
 今日は「インクレディブル・ハルク」へ。この映画にはリヴ・タイラーが出てるんですよね。彼女は「魅せられて」を観て以来の大ファンでして、メジャー級な映画として映画観で見れるのも久しぶりのような気もします。だから嬉しい限り。しかも今作ではヒロイン!なんです...
映画 『インクレディブル・ハルク』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆怒りや恐怖の感情が高まると、緑色の巨人“ハルク”に変身する青年の苦悩と活躍を描くヒーロー・アクション。2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版となる本作では、『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエが監督を務め、...
真・映画日記『インクレディブル・ハルク』 (CHEAP THRILL)
JUGEMテーマ:映画 8月1日(金)◆884日目◆ 先に映画を見た後のことを書く。 この日は「DOLL」他で活躍しているライターの大越よしはるさんのバースデーパーティー(飲み会)があった。 場所は新宿歌舞伎町の「魚民」。 魅惑のクニオ♂氏、宮沢純ちゃん...
【インクレディブル・ハルク】 (日々のつぶやき)
監督:ルイ・リテリエ 出演:エドワード・ノートン、リブ・タイラー、ティム・ロス、ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 「科学者のブルース・バナーはある実験中に放射能を浴びたことが原因で、感情的になり心拍数が上がるとパワーアップして緑の巨
「インクレディブル・ハルク」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「インクレディブル・ハルク」公式サイトエリック・バナのハルクは未見デス。まっさらで期待せずに観にいってきました~^^;マーベルのヒーローものながら えらい後ろ向き興奮してハルクに変身するとバーサク状態になって誰も手が付けられなく...
「インクレディブル・ハルク」今度は、スッキリ! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日2008年7月24日 21:49 ※投稿日時を、上映開始日に設定。上映開始後1週間固定。  心拍数が200を超えると、緑の巨人に変身してしまう科学者の悲哀を描いた、アメコミ「ハルク」の映画化。「インクレディブル・ハルク」(ソニー・ピクチャーズ エ...
インクレディブル ハルク☆★ (銅版画制作の日々)
 エドワード・ノートンがアメコミヒーローに・・・・・。   8月4日、東宝シネマズ二条にて鑑賞。夏休みに入ったので、いつものような静かなシアターではありません。人・人・人!人だらけ・・・・・・。賑わっています。   マーベルコミックの人気ヒーロ...
映画「インクレディブル・ハルク」(2008年、米) (富久亭日乗)
    ★★☆☆☆  アメリカン・コミックの映画化。 原題は「The Incredible Hulk」。  科学者Bruce Banner (Edward Norton)は、 「人体強化プロジェクト」実験の最中、誤ってガンマ線を浴び、 心拍数が上昇すると緑色の巨大なモンスター「ハルク」に 変身してしまう...
『インクレディブル・ハルク』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【THE INCREDIBLE HULK】2008年/ソニー・ピクチャーズ/112分 【オフィシャルサイト】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ウィリアム・ハート、ティム・ロス
インクレディブル・ハルク (だらだら無気力ブログ)
心拍数がある数値を超えると緑色の怪人ハルクに変身して しまう科学者が自分の運命に立ち向かうアクション。軍の依頼で放射線抵抗の研究をしている科学者のブルースは 実験中の事故で多量のガンマ線を浴びてしまう。多量の ガンマ線を浴びたことで、ブルースは心拍数が200...
★「インクレディブル・ハルク」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、ポイントサービスはサービス低下しちゃったけど、 駐車場サービスが一本見ると3時間無料券にサービス向上した「川崎チネチッタ」で3本。 あーー疲れた・・けど、3x3時間=9時間駐車場無料は、ひらりん助かるっ。
インクレディブル・ハルク (こんな映画見ました~)
『インクレディブル・ハルク』 ---THE INCREDIBLE HULK--- 2008年(アメリカ) 監督:ルイ・レテリエ 出演:演: エドワード・ノートン ブルース・バナー リヴ・タイラー ベティ・ロス ティム・ロス エミル・ブロンスキー ウィリアム・ハート ロス将軍  科学...
●インクレディブル・ハルク(56) (映画とワンピースのこでまり日記)
エドワード・ノートンのハルクは悲しみに満ちていました・・・。
「インクレディブルハルク」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
正気と狂気の境界が適当。前作の「ハルク」は見ておらず、米国ではそこそこヒットしたけど、わが国ではさっぱりだったという印象しかない。今回それほど間をおかずに、続篇ではない新作を世に送り出してきたのは、前作を失敗と捉えているからであろう。主演にE.ノートンを...
2008-56『インクレディブル・ハルク』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-56『インクレディブル・ハルク』(更新:2008/08/08) 評価:★★★☆☆(★★★★☆の間) 非運のヒーローとでも云うべきだろうか。 成りたくてなった訳ではない緑色の怪物、超人ハルク。 ...
インクレディブル・ハルク (小部屋日記)
The Incredible Hulk(2008/アメリカ)【劇場公開】 監督:ルイ・レテリエ 出演:エドワード・ノートン/リヴ・タイラー/ティム・ロス/ウィリアム・ハート その「力」、ためらうな。 2003年に同名アメコミを映画化した『ハルク』のリニューアル版。 怒りや恐怖の感...
インクレディブル・ハルク (ネタバレ映画館)
セキュリティ・ソフトがノートンってのは・・・
インクレディブル・ハルク The Incredible Hulk (いい加減社長の映画日記)
他のブログで、そこそこの評価だったようなのと、リヴ・タイラーに魅かれて^^ 「インクレディブル・ハルク」を金曜日のレイトショーで鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「インクレディブル・ハルク」は、中くらいのスクリーンで、2~3割。 こんなもんかな? ...
「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/7/22、東京国際フォーラムでの開催。 実は同じ日に「ダークナイト」の試写会もあったのだが、 悩んだ末「ハルク」を選択。 例によって事前に指定席券と交換する方式。 2階席中段だったが、運のいいことにほぼ中央が当たる。 スペシャルゲストとして水島ヒロが...
インクレディブル・ハルク(映画館) (ひるめし。)
その「力」、ためらうな。
「インクレディブル・ハルク」ジャパンプレミア (アートの片隅で)
「インクレディブル・ハルク」のジャパンプレミアで東京国際フォーラムに行って来ました。 当初はキャストの登場を予定していたのだが、来日が1週間遅れてしまった為、吹き替えを担当した水嶋ヒロのみの登場となりました。 知人から彼が登場するという話を聞いていたの...
インクレディブル・ハルク (マー坊君の映画ぶろぐ)
「インクレディブル・ハルク」監督:ルイ・リテリエ (『ダニー・ザ・ドッグ』『トランスポーター2』)出演:エドワード・ノートン(『キングダム・オブ・ヘブン』『ミニミニ大作戦』)リヴ・タイラー(『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』『ロード・オブ・ザ・リング/...
インクレディブル・ハルク (ルナのシネマ缶)
アン・リー監督で ちょっとこけた前作から、 キャストを一新して ルイ・レテリエ監督がメガホンを 撮った新作ハルクです。 全てCGのハルクの顔って かなりマンガチックです・・(笑) 科学者のブルース・バナー博士(エドワード・ノートン)は、 研究実験の事故...
「インクレディブル・ハルク」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Incredible Hulk」 2008 USA 怒りを覚えると緑色の巨人に変身するスーパー・ヒーロー“ハルク”の物語。 ブルース・バナーに「「幻影師アイゼンハイム/2006」のエドワード・ノートン。 ベティ・ロスに「オネーギンの恋文/1999」のリヴ・タイラー。 エミル・...
インクレディブル・ハルク (描きたいアレコレ・やや甘口)
緑の瞳は、恋してる。   ↑エドワード・ノートンの怒った顔って描きにくい...優しい顔だし、眼だって垂れてるし...。 ええっ!エドワー...
インクレディブル・ハルク・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
この夏のハリウッド映画はアメコミヒーローだらけで、バットマンに続いて、超人ハルクも帰ってきた。 「インクレディブル・ハルク」は、2003...
ハルクは激怒した ルイ・レテリエ 『インクレディブル・ハルク』 (SGA屋物語紹介所)
それは、いつ生まれたのか誰も知らない・・・ 暗い、音の無い世界で、一つの細胞が分
インクレディブル・ハルク (迷宮映画館)
この配役を、いったい誰が思いついたんだ!!
インクレディブル・ハルク 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
インクレディブル・ハルク (お萌えば遠くに来たもんだ!)
終りそうなのであわてて観てきました。 <有楽町スバル座> 監督:ルイ・レテリエ 原作:ジャック・カービー スタン・リー 脚本:ザック・ペン 科学者ブルース・バナーは、自分の体で行なった放射線抵抗の研究実験が失敗し、多量のガンマ線を浴びてしまった。その...
インクレディブル・ハルク ( Art- Mill  あーとみる)
インクレディブル・ハルクHP http://www.sonypictures.jp/movies/theincrediblehulk/ エドワード・ノートンといえば、「幻影師アイゼンハイム」を思い出す。彼には、苦悩とそれを乗り越えようと
[Review] インクレディブル・ハルク (Diary of Cyber)
incredible -【形】 1.(比較無し)〈物事など〉信じられない、信用できない 2.《口語》 驚くべき、非常な、途方もない 軍用の人間兵器開発の端となるはずだったのに、人体実験の失敗で途方も無い怪物となってしまった『ハルク』。感情が高まり、血圧が...
『インクレディブル・ハルク』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 現在、世界的メガヒットでセンセーションを巻き起こしている『アイアンマン』と共に、マーベル・スタジオが放つ『インクレディブル・ハルク』。全米で公開され、週末3日間で興行収入5450万ドルを突破し、初登場ナンバー・ワンの最高のオープニングを飾った“インクレデ...
インクレディブル ハルク (2008 映画観てきましたっ!)
ノートン、ゴメン! 君より、ティムのほうが 数倍好きなんだ・・・
インクレディブル・ハルク (ダイターンクラッシュ!!)
8月15日(金) 21:15~ チネ10 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:600円 『インクレディブル・ハルク』公式サイト アン・リーの超駄作「ハルク」が公開されてそんなに経っていないのに、早くも作り直し。(当初は、続編としての企画だったようだが...
『インクレディブル・ハルク』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
日本ではアメコミのヒーローというより、TVドラマのヒーローという印象が強いんじゃないかと思われる、マーベル・コミックを代表するスター「ハルク」、2度目の映画化作品。なんせコミックの方は殆ど紹介されていないのに、TVシリーズは『超人ハルク』のタイトルでし...
【2008-186】インクレディブル・ハルク (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? その「力」、ためらうな。
インクレディブル ハルク (映画初日鑑賞妻)
★★★ ブルースが心拍数が高くならないように修行している場面が非常に印象的で、エドワード・ノートンをよく味わえるシーンだと思う。 彼女がハルクであるブルースを受け入れるシーンもよかった。 愛があれば、外見なんて関係ないのさ。
インクレディブル・ハルク (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 THE INCREDIBLE HULK 上映時間 112分 製作年度 2008年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/08/01 監督 ルイ・レテリエ 脚本 ザック・ペン 音楽 クレイグ・アームストロング 出演 エドワード・ノートン、リヴ・タイラー、ティム・ロス ティム・ブレイク・ネルソ...
「インクレディブル・ハルク」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
思ってたよりもずっと楽しめました^^
「インクレディブル・ハルク」 (古今東西座)
このブログに長くお付き合いいただいてる方には「またか」と思われてしまいそうだが、空いた時間があったのでシネコンに飛び込み、丁度時間がピッタリだったのがこの『インクレディブル・ハルク』だったので、特に期待することもなく観ることにした。『インクレディブル・...
インクレディブル・ハルク (カオスダイバー漂流中)
心拍数が上がると緑の巨大マッチョメンになってしまう哀しきヒーロー。 おかげで恋人とのセクースもできない哀しきヒーロー。(´;ω;`)う...
インクレディブル・ハルク (Recommend Movies)
『インクレディブル・ハルク』 緑の巨人、再び。 【出演】 エドワード・ノートン、リヴ・タイラー ティム・ロス、ティム・ブレイク・...
【映画】インクレディブル・ハルク…この緑色も割と燃える↑ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
夜勤週のピロEKです。 今日{/kaeru_fine/}は天気が宜しいですなぁ{/kaeru_fine/}…仕事行きたくないなぁ{/face_hekomu/} この4月からはアニメがなにやら豊作みたいですね。 先日の日曜日から始まった「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」{/hakushu/}{/up/}とか、こ...
インクレディブル・ハルク (Addict allcinema 映画レビュー)
その「力」、ためらうな。
インクレディブル・ハルク (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  2003年に上映された前作『ハルク』は、人間ドラマに焦点をあて過ぎ、ヒーローものとしてはかなり評価が低かった。それで今回は、続編ではなくストーリー・キャスト・スタッフを一新して製作されたようである。従ってハルク誕生シーンは、観客たちの周知で...
インクレディブル・ハルク (The Incredible Hulk) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ルイ・レテリエ 主演 エドワード・ノートン 2008年 アメリカ映画 112分 アクション 採点★★★ リスクも少なく簡単に稼げるリメイクや続編ばかり作られているのは今に始まったことじゃないですが、最近では大々的に宣伝して作ってみたものの、イマイチ評判の...