★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ザ・ウォーカー

2010-06-22 17:45:15 | 映画【さ行】
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・
【story】
世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩き続けている。そんな中、彼の前に、本を探し続ける独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)が現れ―
     監督 : アレン・ヒューズ アルバート・ヒューズ 『フロム・ヘル』

【comment】



   超~~~辛口感想です。
      しかも、いきなり物語の核心に触れています。
   未見の方やこの映画をお好きな方はスルーして下さい



         




    
座頭市かいっっっ
・・・・・はぁはぁはぁ・・・いや、チョイ取り乱してしまいました・・・

あんまりガックリときたもので、、、個人的にはツマラナイ映画でござったんですの。
 

実は、予告を観た時点で、「たった一冊しか残っていない大切な本となると・・・きっと“聖書”だな―」と予想をつけておりました。
そして、「それをひたすら西に運ぶとなると・・・まるで経典を求めて旅する“西遊記”っぽいノリだな」とも思っておりました。
だから、もしかして宗教色が強いかもなぁ~って想像したんだけど、デンゼルとゲイリーだから、きっとフツウじゃないと踏んだのですが、、、
うう~~~む

まぁ~映像は美しかったです
大きな戦争でほとんどの人類が滅びてしまった近未来。
荒廃した地球なのに、人々もバッチイのに、灰色や青が基調になったような色彩が綺麗で思わず魅せられました。
それに、相当体重を絞った感のあるデンゼルのアクションも良かったですね。
とにかくカッコイイのですよ~
元々渋い彼の、目にもとまらぬ速さの剣さばきやアクションは見事で見事で、、、「お前はもう死んでいる―」と言いだすんじゃないかと思う程でした(笑)

でもなぁ~お話が陳腐だったと思うなぁ~
 
まず、本を狙うゲイリーの役どころなんだけど、、、
う~~~ん、、、彼だからこそ、荒っぽいことをして人々を支配してきたカーネギーにも存在感があったけど、、、
う~~~ん、、、結局は“井の中の蛙”でしかなかったのねぇ~と思うと、彼のやってることってバカみたいで(あら、言い過ぎ・汗)
それに、ラストのところで、本を前にして期待を膨らませてからガックリ―ってシュチュエーションが、まんま『フィフス・エレメント』で笑えたりして・・・
 
あと、キレイどころのソラーラ(ミラ・クニス)ですが、、、
まぁ~お綺麗でしたね。
最後は何で旅するのかイマイチ意味不明でしたが(汗)
 
それにしても、デンゼル演じたイーライですが、、、一体何者だったんでしょうね。
神の声を聞いたとなると、まるでジャンヌ・ダルクみたいですが、、、原題では彼の名前は“ELI”で、旧約聖書に載っている預言者からきているみたいですが、、、ピンとこないわ~そういう設定されても(汗)
だいたいさ、しょっちゅう“声”が聞こえてるらしいのに、30年もかかってやっと助け合いの精神が分かるって何よ。

それから、彼は、目指している西に何があるかは分からなかったみたいだけど、、、う~~~ん、、、その目的地についてもちょっと違和感があったなぁ~
だってさ、そこらじゅうで人間が野蛮になっちゃってて、学ぶ環境になくて、字も読めない、何の知識もない状態でいるのに、文化がどうしたこうした言われてもねぇ、、、
考え方次第なんだろうけど、個人的には、まず、生き残っている人々をしかるべき状態に置いて人間らしく生活させるのが先決でしょう―って思ってしまったな。まずは、衣食住だろうと。

・・・・・ということで、アッシにはちっともピンとこなかったんでござんす  (2点)                         
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (42)   Trackbacks (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【本】ポール・スローンのウミガ... | TOP | タクシードライバー »
最近の画像もっと見る

42 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (みっきー)
2010-06-22 19:20:44
由香さん、こんにちは。

TBありがとうございます。
いつも映画レビューを拝読させて頂いております。

私も本作はダメでした。
お書きになっている内容には同感です。

私に比べれば、全然「超~~~辛口」で無いと思います(笑)
Unknown (KLY)
2010-06-22 20:16:09
最後はね~、私は鍵が開かないから、てっきり中身はすりかえてあるんじゃないかと思ってたんですが外れました。(笑)
30年間西に西にひたすら西に行った先にですね、なにやら髪をちょんまげに結った人々が暮らす国があったんですよ。そこでイーライは居合いの修行に励んだんです。だから目的地に着くまでこんなに時間がかかったんです。
これなら辻褄があいます♪
Unknown (佐藤秀)
2010-06-22 22:07:56
私はねえなんで座頭市でなきゃいかんのかいまだに分かりません。普通のKマート店員で十分で、こんなに強い必要も感じませんでした。映像の雰囲気はいいんですけど。
西に向かう意味は分からず (クラム)
2010-06-23 00:27:01
まあ、当たり前って言ったらそれまでですが、
みなさん納得がいかないようで。
記事やコメントを読むと、改めてお粗末だよなーと思うのですが、
映画の雰囲気とか、オチの飛ばしっぷりとかは嫌いではありませんでした。

G.オールドマンは年とりましたね。
記事にある画像はオジーオズボーンのようです。
D.ワシントンは自分がかっこよく映っていたからそれでよかったのかな?
うわっ (yukarin)
2010-06-23 11:46:28
私もゲイリーが出るんで期待しちゃってたんですけど思ってたのと違ってましたわ、汗

で、体重を絞った?デンゼル??
ということは以前はどんなんだったんでしょうか、笑
まぁカッコ良かったんで良いです^^
Unknown (mig)
2010-06-23 18:11:48
由香さんこんばんは☆


アッシは好きでござんした!(笑)

タイトル忘れたけどトラさんが悪役演じたあれでは
デンゼル役づくりでめちゃおデブになってたんで、
今回は痩せたんだなぁって思いましたヨ♪
ゲイリーもだけどカッコ良かった
デンゼル (ともや)
2010-06-23 22:58:42
こんばんは、由香さん♪
もの凄い派手な大作だと思ってたんで、ともやもすごい拍子抜け&物足りなさ大爆発でした♪
でもこういう物語は嫌いじゃないんですよ(むしろ好き)。
大作としてではなく、単館系のマイナー作品として観ていたら大絶賛だったかも?

人を食って生きるじいちゃんばあちゃんのエピソードは、うひゃひゃって大笑いしちゃいましたもん。
全編通してあのテイストが欲しかったですね♪

それにしてもデンゼル、あの年であのアクションは格好良すぎます♪
えー・・・ (ノルウェーまだ~む)
2010-06-24 03:29:41
由香さん、こんばんは☆
えー?つまらなかったのぉ?
これ帰国の飛行機でやってるみたいだから、期待していたのに・・・
じゃあ、途中で寝ちゃうかも?
まあ、期待しないで見ると、案外よかったりするから、期待値下げて鑑賞します~
こんにちはー^^ (みすず)
2010-06-24 14:34:52
デンゼルはかっこよかったね!
ちょっとグロかったけど・・・
由香さんはイマイチだったのねー^^
ゲイリー出てるし、きっと最後がおお~ってびっくりだったから面白かったって思ってるのかも^^
みっきーさんへ^-^* (由香)
2010-06-24 17:58:10
こんにちは♪
いつもお世話になっております。
今後とも宜しくお願いします^^

みっきーさんもダメでしたか?この映画。
デンゼルがカッコ良かったし、ゲイリーの悪役も好きなので、ああいうストーリー展開になったのはちょっと残念でした(涙)

かなり辛口に書いたのですが、、、みっきーさんの方がもっと辛口かしら?(笑)

KLYさんへ^-^* (由香)
2010-06-24 18:05:39
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

私も本の中身はすり替えたと思いました(笑)
で、、、違ったわけですが、「なるほど・・」というよりも「なっぬ~~それ?!」ってなりました。
だってだって、、、座頭市じゃん、そんなの。

30年も旅を続けた理由もよく分からないし、何であそこまで強いのかも不明・・・
修業を積んでいた―となれば辻褄は合いますが、、、何だったんでしょうねぇ~
佐藤秀さんへ^-^* (由香)
2010-06-24 18:08:37
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

私も何故座頭市であったのか―分かりません(汗)あそこまで強い理由も・・・

映像や雰囲気やアクションなどは良かったですよね!デンゼルがカッコ良かったし♪
クラムさんへ^-^* (由香)
2010-06-24 18:13:38
こんにちは~♪
TB&コメントどうもありがとうございました^^

クラムさんも納得いきませんでした?(笑)
皆さん、映画の雰囲気はお好きなんですよね~デンゼルのアクションにも満足されているし。

でもねぇ~ああいうストーリー展開は、どうも日本人には馴染みにくいかもですね。

ゲイリーは年とった!って私も思いましたが、顔が荒れているのは、もしかして戦争の影響ってことで特殊メイクかな?って思います。デンゼルは背中がただれていましたよね。
yukarinさんへ^-^* (由香)
2010-06-24 18:16:40
こんにちは~♪

ちょっと思っていた映画ではなかったですよね?(汗)むむむ・・・度が高かったような気が。

デンゼルは減量したそうですよ~
TVでは27Kgと言っていましたが、、、そんなに落としたかなぁ~
確かにサブウェイの時はダボダボしていましたけど・・・(酷い言い方・汗)
あはは~~ (ひろちゃん)
2010-06-24 20:43:02
こんばんは♪
やっぱりね~由香さんはダメだろうなあって
思ってました(笑)予想通りの辛口感想でした(笑)!確かに、ラストのアルカトラズには、はっ?って感じでしたが、この作品の設定から無理ありますが、まあ、デンゼルとゲイリーが好きなのでそれなりには面白く観れたと言う感じでしょうか・・・
映像は好きでした♪後老夫婦のシーンも笑えて好き♪

ゲイリー・オールドマン (にゃむばなな)
2010-06-24 21:08:52
そうそう、ゲイリー・オールドマンの悪役が物足りないんですよね。
『フィフス・エレメント』の時みたいに、あのゲイリー・オールドマンが演じる悪役がこの程度かい!って感じでしたよ。
Unknown (りら)
2010-06-24 22:58:24
こんばんは♪
超~辛口ですか(笑)
そうでもないと思いますよ~。 わたしはデンゼル・ワシントンのカッコよさと、大体内容は想像できてたので、こんなもんだよね~、と割りと納得できましたが……ツッコミどころは多々ありましたもの(笑)
migさんへ^-^* (由香)
2010-06-25 14:37:35
こんにちは~♪

migさんはお好きでござんしたか~(笑)
私はどうもイマイチでしたよ。デンゼルはカッコ良かったけど。

デンゼルがメチャメチャ太っていた映画って『サブウェイ123』ですよね。あれもイマイチだったなぁ~そういえば。何だか古典的だし面白くなかった記憶が・・・
ともやさんへ^-^* (由香)
2010-06-25 14:42:23
こんにちは~♪

ちょっと拍子抜けはしても、ともやさんは結構お好きだったようですね。
物語が好みでしたか?
そうですか~私は物語がダメでした(笑)

>人を食って生きるじいちゃんばあちゃんのエピソード
あはは、、、ハリポタの先生コンビでしたよね。あそこは私も何だか好きでしたよ。
人を食うってシュチュエーションがもっと物語にいかされていても良かったと思うなぁ~
あまりいかされるとホラーになっちゃうか(笑)
ノルウェーまだ~むさんへ^-^* (由香)
2010-06-25 14:45:33
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

おお~!!そろそろご帰国ですか?
で、、、飛行機で観る予定だったのね、これ。
あ~んゴメンナサイ~ガックリさせちゃって(汗)
私はね~どうも好みじゃなかったのよ。
でも、デンゼルのアクションはカッコイイよ~♪
こんにちはー (hito)
2010-06-26 11:08:07
突っ込みどころはあるし、意味不明な感あるストーリーだったし、宗教色強いしで終盤までは「あれれ・・」って感じで見ていたのですが。

ラストのオチは好きでしたーこれだけで評価がアップした感じ(笑)

>最後は何で旅するのかイマイチ意味不明でしたが(汗)

そうそう、もう目的ないはずなのに一体どこに向かったんでしょうねー?
キリスト教 (風子)
2010-06-26 14:16:32
キリスト教圏ではない日本では、うけない内容でしたね。

>最後は何で旅するのかイマイチ意味不明でしたが(汗)

たしか、街へ戻るって言ってませんでした?
みすずさんへ^-^* (由香)
2010-06-27 11:09:23
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

みすずさんはラストのビックリが少しお気に召しました?
私も一応ビックリしたんだけど、、、全体的なストーリーがどうも好みじゃなくて(汗)

デンゼルはカッコ良かったですぅ~
物凄く強いんだもの♪
ひろちゃんへ^-^* (由香)
2010-06-27 11:12:39
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

あはは、、、バレました?この映画が苦手だってことが(笑)
ご想像通りの辛口感想になりました~

デンゼルはカッコ良かったですよね!
老人夫婦は面白かったですね♪ハリポタの先生コンビが人肉って・・・(笑)
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2010-06-27 11:15:41
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

ゲイリーの悪役はイマイチ物足りなかったですよね~
ゲイリーはいいんだけど、、、あのキャラがイマイチ。
ただの街のチンピラみたいなものなんだもの・・・ちょっと拍子抜け(汗)
りらさんへ^-^* (由香)
2010-06-27 11:17:38
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

そんなに辛口でもなかったかしら?
良かった・・・(笑)

デンゼルはカッコ良かったのですが、お話がイマイチだったしツッコミどころもいっぱいありましたよねぇ・・・
期待した作品とはちょっと違いました。
hitoさんへ^-^* (由香)
2010-06-27 11:21:12
こんにちは~♪
TB&コメントどうもありがとうございました^^

hitoさんはラストのビックリがお気に召したんですね!
私はそこで一応ビックリはしたけどズッコケました(汗)

あの女の子は確か街に戻るとかは言っていましたが、、、何の目的で何しに行くの?って思っちゃった。
イーライと一緒にいたからって強くなったわけでもあるまいに。
・・・・・それとも力を受け継いだ?
風子さんへ^-^* (由香)
2010-06-27 11:25:49
こんにちは~♪
コメントありがとうございました^^

あまり受け入れにくい世界観でしたねぇ・・・

そうですね、確か街に向かうと言っていました。
でも、その流れが微妙に不自然だと思っちゃって・・・まぁ~突っ込んでも仕方ないですが(笑)
うふふ・・・ (マリー)
2010-06-27 13:35:16
こんにちは~~♪
また由香さんが苦しんでいる・・・
最後は紋次郎になっている。。。(爆)

うん、由香さんの言いたいことは分かるわ~。
なんでイーライが啓示を受けたか、意味分からなかったしね(コンビニ店員がそんなに無敵になったのも不思議)
でも、デンゼルの殺陣はよかったし~荒廃した世界もいい雰囲気だったし。
私は、そこそこ楽しめた(よかった探し得意だし 笑)

基本、アクション好きだからかな~~~?
梅雨はダメなんです。 (オリーブリー)
2010-06-28 00:23:17
体調イマイチで、TB逃げばかりでした。
こちらの作品は同じくダメダメでしたわ(苦笑)
オチが好かんです。
マリーさんへ^-^* (由香)
2010-06-28 17:30:22
こんにちは~♪

紋次郎になっちゃったよ~(笑)
だってさ、何となく時代劇風漫画っぽい雰囲気なかった?
感想を考えているうちにドンドン紋次郎化しちゃったよ(笑)

で、、、お察しの通りにダメだったわ~これ。
デンゼルはカッコ良かったよ。
映像も結構好み。でも話がねぇ・・・

>よかった探し得意だし 笑
うん!いつも尊敬しているよ!マリーさん♪(笑)
最近落ち込みがちだから、いっぱいいいとこ探しして慰めてもらいたいくらいだわ~
オリーブリーさんへ^-^* (由香)
2010-06-28 17:32:12
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

体調不良ですか?大丈夫?お大事にねぇ~
・・・・と、人生不良の私から言われても仕方ないかもしれませんが(涙)

で、、、映画はダメだったの?
同じだぁ~
ストーリー展開が好かんかったです・・・
ほんとに辛口ですね (たまさん)
2010-06-29 00:17:44
由香さん、こんばんは。
いや、おっしゃる通りでございます。
30年の旅の意味も分からず・・・
ウチはこの世界観(北斗)が小さい頃から身についているせいか、アクションについてはわくわくしてしまいました(苦笑)
いろんな過去作のおいしいところをいただいてる感じの作品でもありました。
たまさんへ^-^* (由香)
2010-06-29 10:11:14
こんにちは~♪

はい!辛口になっちゃいました(汗)
お話が好みじゃなくて。
北斗の拳とか座頭市とかの雰囲気は悪くはなかったのですが、、、ちょっとねぇ~陳腐って気がしたわ~
こんばんは! (kenko)
2010-06-30 21:01:00
そうそう、ヒロインのミラ・クニス。
とってもキレイでしたが、キャラクター的にちょっとお嬢ちゃんすぎて気に入らなかったりもして・・・
最後の旅立ちは確かに意味不明でした(笑)

渋い色合いの映像もデンゼルのアクションもかっこよかったんだけど、
本が聖書だと分かったとたん、あんまりノレなくなってしまったのでした。
由香さんは分かってたんですね。

最後、口伝かなーとは思ったけど、座頭市までは読めず
気持ちよく驚かせていただきました!
kenkoさんへ^-^* (由香)
2010-07-01 16:56:27
こんにちは~♪
ヒロインは綺麗でしたね。
アンジーっぽいと言われているらしいですが、確かに目力がある。
最後の旅立ちはヘンテコでしたけど(笑)、妙に強そうになっちゃって。

聖書ですが、、、事前に予想をつけていました~
だってそれしか考えられないし。
でもたった一冊ってのは不自然。どんな状況でも神を捨てない人はいると思うし。

座頭市には驚きましたよね~
でもなぁ~そんなビックリでも冷めちゃった気持ちはどうにもできないのでした(笑)
座頭市・・。 (ひきばっち)
2010-07-01 18:54:27
>「お前はもう死んでいる―」
(笑)!
あの逆光の中での殺陣は、全盛期(ってよく知らないけど(笑)の勝新の「市っつぁん」を思い浮かべてしまいました!
おむすびを持っていれば完璧でしたね(笑)!
ひきばっちさんへ^-^* (由香)
2010-07-02 13:55:21
こんにちは~♪

多くの方が指摘されていますが(笑)、まるで座頭市みたいでしたよねぇ・・・
それから北斗の拳っぽかったし(笑)

ああいうアクションは好きなので、もう少し入り込めるストーリーだと良かったなぁ~
ちょっといろいろと (sakurai)
2010-07-04 20:05:43
忙しい6月だったもんで、立て込んでて「座頭市」見れなかったんですよ。
ロケ地にも行ってきたし、(内容はともかく、ロケ地が見たかった!)見よう、見ようと思いつつ、なかなか見れなかったですよ。
で、やっと見れたんですが、午前に「座頭市」見て、午後からこれだあ!!・・・・と。

これは神の啓示だああ!!と思いながら見てましたよ・・・・。
まあ、30年歩き続けてきてけど、やっぱほらあれだから、なかなか思った通りに進んでなかったのよ・・・ということにしましょう。
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2010-07-05 23:21:55
こんばんは~♪

お忙しかったようですね~
私も何だかんだとバタバタしたり、サッカーをちゃっかり観ちゃったリしていてボーっとした日々が多かったです(汗)

で、、、午前に座頭市、午後にコレですか!!!
それはキツイ!!!(かな?・笑)
私は座頭市は未見ですが、ロケ地は山形だそうですものね~
内容はともかく観に行きますよね~
それにしても、、、絶対神の啓示ですね(笑)
お元気ですか~ (SGA屋伍一)
2010-07-27 07:30:40
由香さん、おはようございます。毎日暑い上にご多忙だそうでお疲れ様です

いやいや、超~辛口だというからどんなだと思えば、それほどでもないじゃないですか(笑) 辛口と言ってもこのくらいにとどめておくのが由香さんの優しいところですね
わたしは普通に楽しみましたが、まあできれば最後はデンゼル氏とゲイリー氏にきちんとバトルで決着をつけてほしかったかなと
あとまあどうでも良いことですが、ジョエル・シルバー氏はサングラスフェチであることがよくわかりました

お返事はいつでもいい、というか場合によってはスルーされてもかまいませんので。それではお体の方気をつけて~

あ、そうそう、わたしも『悪童日記』再読了しました。勢いで『ふたりの証拠』も買っちゃったー
SGA屋伍一さんへ^-^* (由香)
2010-07-29 15:27:32
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

毎日暑いですよね~
今日は雨が降って、ちょっと一息出来ますが・・・

超~辛口のつもりだったのですが、どうも逃げ腰になっちゃったかも?(笑)
いや~~~こういう物語はチョイ苦手ですぅ~
映像の雰囲気などは良かったのですが、展開がねぇ~どうにも不自然に思えて。
大作に似合わないお話だったかも・・・こういう映画はB級仕上がりの方が面白いものが出来た気がします。

ふたりの証拠は読了しましたか?
3部作の感想をお待ちしています~♪(私は書かないかも)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

64 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
[映画『ザ・ウォーカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われそうだが...
映画「ザ・ウォーカー」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ザ・ウォーカー』を本日鑑賞。本日初日1回目で観客は20名ほど。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら45点。 ざっくりストーリー 世界が一度崩壊した(らしい)近未来。(なぜか)この世に一冊しかない『本』を持って、西に歩き続ける主人公イーライ...
ザ・ウォーカー (LOVE Cinemas 調布)
『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントン主演最新作。戦争で文明が崩壊した世界を歩いて旅する男を描いたSFアクションムービーだ。男がが運ぶこの世にたった一冊の本とは何なのか…。その本を狙う男に『ダークナイト』のゲイリー・オールドマン、他に『マッ...
劇場鑑賞「ザ・ウォーカー」 (日々“是”精進!)
 「ザ・ウォーカー」を鑑賞してきました「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。文明が崩壊した終末世界のアメリカ...
ザ・ウォーカー (そーれりぽーと)
久々の極悪人役を演じたゲイリー・オールドマン目当てで『ザ・ウォーカー』を観てきました。 ★★★ すばらしい! ゲイリー・オールドマンだけが燦然と輝いてる映画でした。 子供が成長しちゃったんでしょうか、一番のはまり役な悪役を演じなくなって久しかったのが、突...
ザ・ウォーカー / The Book of Eli (勝手に映画評)
“何らか”の原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンですか...
「ザ・ウォーカー」感想 (狂人ブログ ~旅立ち~)
 「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ...
ザ・ウォーカー (うろうろ日記)
試写会で見ました。本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。冒頭の森の
ザ・ウォーカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE BOOK OF ELI。アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・デ・ラ・トゥーア、マイケル・ガンボン、トム・ウェイツ...
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
ザ・ウォーカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。
『ザ・ウォーカー』 (ラムの大通り)
※カンの鋭い人は注意。 ※映画の核に触れる 部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:The Book of Eli) 「これはもう珍作。 そう呼ぶしかないね」 ----えっ。それはまた挑発的な…。 デンゼル・ワシントンの超大...
ザ・ウォーカー/ THE BOOK OF ELI (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ゲイリー目当て{/3hearts/} だったけど、最高にカッコよかったのはデンゼルの方{/kaminari/} 期待はしてないまでも、ずーっと楽しみだったから初日に観てきま...
ザ・ウォーカー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
文明が崩壊し、荒廃した世界で、一冊の本を運ぶ孤独な男の物語には、ラストに驚きが隠されている。すべてを失った近未来。イーライはこの世に一冊だけ残る本を運んでいる。彼自身、その旅の目的や到着地を知らないのだが、ひたすら西へと向かうことだけを手がかりに旅を続...
『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に (SOARのパストラーレ♪)
事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京行き確定のB級作品なのだが、そこはデンゼル・ワシント...
「ザウォーカー」 (Con Gas, Sin Hielo)
心眼一刀流師範代が強いのなんの。 宗教観というのは語るのが非常に難しい。 宗教観が違う人とは、もはや次元が違うとしか言いようがないほど相互理解が進まないことがままある。 戦争や紛争の原因の多くが宗教という印象があるが、しかしその一方で、信仰心は時に自...
ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲ...
ザ・ウォーカ―(2010)THE BOOK OF ELI (銅版画制作の日々)
運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。 20日(日)は、MOVXディ。1000円で鑑賞出来るということで行って来ました。観たのは、19日より公開されたこの作品です。アカデミー賞受賞俳優、デンゼル・ワシントンとゲイリー・オールドマンの共演ということで、...
ザ・ウォーカー (風に吹かれて)
30年もかからないでしょう 公式サイト http://www.thewalker.jp製作: ジョエル・シルバー監督: アレン&アルバート・ヒューズ  「フロム・ヘル」大規模な戦争により文明が崩壊した
ザ・ウォーカー/デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン (カノンな日々)
『ハリポタ』でのシリウス・ブラック役もお気に入りですが、やっぱりこの人には強烈な悪役を演じてほしいゲイリー・オールドマンと対照的に正義の味方が似合いそうなオスカー俳優デンゼル・ワシントンによる近未来サスペンス・アクション大作です。 出演はその他に、ミ...
ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニファー・ビールス、フランシス・...
『ザ・ウォーカー』 (The Book of Eli) (Mooovingな日々)
世界崩壊から約30年後の近未来のアメリカ。この世にたった一冊残った本を持って、ひたすら西へ旅をする男イーライ。大地は焼け果て、瓦礫の建物、わずかに生き残った人々、ここにはわずかな希望もない。イーライは本に触れようとする者はためらわず殺す。そして彼は目的...
ザ・ウォーカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がすごい。
「ザ・ウォーカー」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  デンゼル・ワシントン主演。廃墟となったアメリカの荒野を西に向かって歩きつづける男の話。ちょっと苦手なアクション&バイオレンス要素も多分にあったのですが、ストーリーのユニークさ、テーマの興味深さ、凝った撮影と構図…等々、見...
「ザ・ウォーカー」(ネタバレ注意!) (映画鑑賞日記)
評価:★★★☆ ストーリー(Yahoo!映画より) 世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。 本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という 手掛かりだけを頼りに歩き続け...
ザ・ウォーカー (だめ男のだめ日記)
「ザ・ウォーカー」監督アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ出演*デンゼル・ワシントン(イーライ(“ウォーカー”))*ゲイリー・オールドマン(カーネギー)*ミラ・クニス(ソ...
ザ・ウォーカー・・・・・評価額1400円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
最終戦争で人類文明が滅亡した後の世界を舞台に、この世に残されたたった一冊の貴重な本を、ひたすら西へと運ぶ男を描いた、デンゼル・ワシ...
ザ・ウォーカー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウォーカーと名乗る男(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残る本を運び、...
ザ・ウォーカー (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
川崎のチネチッタにて、毎月10日、14日、19日のうち土日祝日に行われる、ポイントカード提示1000円の日に鑑賞。(実施日を見ると何を狙っているかがよくわかりますが。)劇場入り口は...
2010-17『ザ・ウォーカー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-17『ザ・ウォーカー』(更新:2010/06/19) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 今週の映画で期待度ナンバーワンとか。 デンゼル・ワシントンが主役なのだか、現役フットボール選手の息子共...
【映画レビュー】ザ・ウォーカー (Hisa-Bo's Walk)
2010年/アメリカ 監督:ザ・ヒューズ・ブラザーズ 製作:ジョエル・シルヴァー、ブロデリック・ジョンソン、アンドリュー・A・コソーヴ、デヴィッド・ヴァルデス、デンゼル・ワシントン 製作総指揮:スティーヴ・リチャーズ、スーザン・ダウニー、エリック...
ザ・ウォーカー (みすずりんりん放送局)
 『ザ・ウォーカー』を観た。  【ストーリー】  大規模な戦争により、文明が崩壊した世界。  誰が名付けたか“ウォーカー”と呼ば...
★ザ・ウォーカー(2010)★ (CinemaCollection)
THEBOOKOFELI運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/06/19ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12...
『ザ・ウォーカー』 (めでぃあみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレがないのが残念。 ヒューズ・ブラザーズ、ゲイリー・オールドマン、そして爆破魔。この映画...
ザ・ウォーカー (りらの感想日記♪)
【ザ・ウォーカー】 ★★★★ 映画(34) ストーリー イーライ(デンゼル・ワシントン)という名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に
ザ・ウォーカー (りらの感想日記♪)
【ザ・ウォーカー】 ★★★★ 映画(34) ストーリー イーライ(デンゼル・ワシントン)という名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に
◆『ザ・ウォーカー』◆ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ監督、ジョエル・シルバー製作、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、トム・ウェイツ出演。
【ザ・ウォーカー】 (日々のつぶやき)
監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・キュニス 「戦争で地球が焼けたただれ、人口が減ったアメリカをイーライはただ一人旅を続けていた。 途中ある町に立ち寄った。そこで男たちに絡まれたイー
映画「ザ・ウォーカー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/6/23 ユナイテッドシネマ豊洲。 ここは肘置きが各椅子の左右に一つずつついている。 つまり、椅子と椅子の間の肘置きが2つあるので、肘置きの取り合いにならなくて済む。 とはいっても、他の映画館に比べ椅子の間が10cmほど広いだけで、そんなに違和感はない。...
ザ・ウォーカー (心のままに映画の風景)
世界で一冊だけとなった本を西へ運ぶため、30年間歩いて旅をしているイーライ(デンゼル・ワシントン)は、立ち寄ったある町で独裁者カーネ...
ザ・ウォーカー (Movies 1-800)
The Book of Eli (2010年) 監督:アレン・ヒューズ&アルバート・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス 戦争により文明が崩壊したアメリカを、ある本を携え、西へ向かって歩き続ける男の物語。 その本が聖書であることは早い段階...
ザ・ウォーカー (ルナのシネマ缶)
う~~ん、今回はかなり ネタバレな内容になりそうなので これから、観られる方は どうかご注意ください! ・・・っていうか、 これ、ネタバレなしでは ちょっと何も書けない感じ なんですよねぇ~。 世界が崩壊した近未来、この世に一冊だけ残った本を運び、 ...
ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方...
映画『ザ・ウォーカー』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
この荒廃した世界観はまさに『マッドマックス』や『北斗の拳』であり、冒頭のガスマス
ザ・ウォーカー (ぷち てんてん)
なに見る~?とダンナに聞かれ「アイアンマン2」かなって答えたら、意外にも「ザ・ウォーカー」の方がいいんじゃない?って言うんで、こっちにしてみた。私は単純明快アメコミの世界...
♯33 「ザ・ウォーカー」 (ここはここ)
映画 「ザ・ウォーカー」 THE BOOK OF ELI を観ました       アルバート・ヒューズ / アレン・ヒューズ監督 2010年 アメリカ いつもなら映画を観る前には、できるだけ避けてるネタバレ記事。今回は我慢できずに、ちらっと拾い読みしたのがドーンとネタバレ...
ザ・ウォーカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界はすべてを失った。残されたのは、たった一冊の本!男はそれを抱え、ひたすら歩き続ける。運べ、西へ。その本を__。 男はなぜ、歩むのか?、何が書かれた本なのか?、戦慄の新世紀サスペンス・アクション。 物語:近未来、人類はほぼ滅亡しており、生き長らえた...
ザ・ウォーカー (C note)
デンゼル・ワシントン主演のSFアクション。 少なくとも今よりはテクノロジーが発達
『ザ・ウォーカー』J・シルバーにハズレなし (コナのシネマ・ホリデー)
『ザ・ウォーカー』   PG12       原題:THE BOOK OF ELI                    2009年・アメリカ (118分)               製作...
「ザ・ウォーカー」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「ザ・ウォーカー」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・アレン&アルバート・ヒューズ その名の通り、「歩く」映画でしたな(^^♪。 歩くといっても「夜のピクニック」は一晩だけでしたが(笑)こちらは...
映画「ザ・ウォーカー」 (FREE TIME)
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
ザ・ウォーカー (迷宮映画館)
狙ったわけじゃないんですよ。・・・「座頭市」と続けて見てしまったあたし。
ザ・ウォーカー 評価:★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
映画を観た~ザ・ウォーカー~ (垂直落下式どうでもいい話)
本文はこちら→
「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・ (はらやんの映画徒然草)
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK
西へ旅する者~『ザ・ウォーカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き...
ザ・ウォーカー/THE BOOK OF ELI (いい加減社長の映画日記)
かなり予告編が謎が多くて、期待を煽られた作品。 デンゼル・ワシントン主演ということで、さらに期待も大きくなった「ザ・ウォーカー」を、金曜日の夕方に鑑賞。「UCとしまえん」は、平日の夕方としては、普通かなぁ。 「ザ・ウォーカー」は、大きめのスクリーンで、3...
ご本といえば理由隠さん アルバート・ヒューズ&アレン・ヒューズ 『ザ・ウォーカー』 (SGA屋物語紹介所)
西暦200X年、人類は核の炎に包まれた。だが人類は、まだ滅んではいなかった・・・
ザ・ウォーカー(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
なーんか気になる映画だったので「ザ・ウォーカー」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン 上映時間:118分  世界で1冊だけ残る本を運ぶため30年間も旅を...
ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、...
mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本...
道を歩く (Akira's VOICE)
「ザ・ウォーカー」 「ザ・ロード」 
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ ということで本日2010年12月5日(日曜日)寝る前の更新に引き続き二度目の更新。 以下は映画観賞記録です。...
『ザ・ウォーカー』('11初鑑賞55・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 4月23日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。