★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

メゾン・ド・ヒミコ

2009-07-07 11:23:50 | 映画【ま行】

Movie Plusで鑑賞―
【story】
ゲイである父親(田中泯)を嫌い、その存在を否定して生きてきた沙織(柴崎コウ)は、春彦(オダギリジョー)という若い男から父がガンで余命いくばくもないことを知らされる。春彦は父が営むゲイのための老人ホームで働く、父親の恋人だった―
     監督 : 犬童一心 『ジョゼと虎と魚たち』

【comment】
       オダギリジョーが美しい
 切なげな表情や佇まい&色っぽさに悩殺されたゾ~
 

さて、、、カミングアウトして母と自分を捨てた父をずっと憎んでいた沙織。
彼女の元に父が末期癌で死にかかっている―と告げに来たのは父の恋人、春彦だった。
・・・父の恋人、春彦・・・う~ん、沙織の人生は大変だっただろうなぁ~どんだけ悩んで生きてきたんだろう。
で、、、「あんな奴勝手に死ねばいい―」と言った沙織だけど、卑弥呼と名乗っていた父が営むゲイ専門の老人ホームにアルバイトとして顔を出す決心をする。
 
老人ホーム、メゾン・ド・ヒミコで父と対面した沙織は、頑なな態度を崩さない。
ホームの他の老人にも軽蔑したような眼差しを向け、ブスッとした顔しか見せずにいる。
だけど沙織は何処にいようともスッピンで洒落っ気がなく、無愛想な娘だったのよねぇ~
察するに、彼女は、小さい頃から自分を捨てた父を憎み、父がゲイであることを疎み、もしかして自分の存在自体も嫌っていたのかもしれないなぁ~
そんな沙織を演じた柴咲コウさんは好演だった。彼女の演技はワンパターンだなぁ~なんて失礼なことを思っていたが(汗)、ほとんど化粧っ気のない沙織のちょっとした心の動きを上手く出していたと思う。
 
時を経て、沙織はゲイたちと少しずつ打ち解けていき、、、あまり見せなかった笑顔が自然とこぼれるようにもなっていく。
そして、沙織と春彦はお互いに好意を持ち、キスをするのだが―
 

いやいやいや~あまり起伏のあるお話ではないけれど、好きでしたね~この映画

ゲイの方のための老人ホームが実際にあるのか分からないし、作品テーマとしてゲイの方の抱える問題があるのかもしれないけど、、、私としては、ゲイと括らなくても、メゾン・ド・ヒミコを孤独な魂が集う空間として捉え、人と人との繋がりについて思いを巡らせちゃったなぁ~
 
えっと~右に倣えの人生を送るって楽ですよね。
普通に勉強して、普通に恋愛して、普通に仕事して、普通に結婚して、、、生きていく―
だけど“普通”っていうのはあくまでも統計学上のことで、そのラインから外れていてもダメってわけじゃーない。
人間として、他者に優しく誠実でいて、たとえ不格好でも一生懸命生きていれば必ず理解者はいる。
大切なのはその人の中身であって器じゃーないんだ、、、なぁ~んてことを、映画の趣旨からはズレているかもですが、オダギリジョーに萌え萌えしながら考えちゃったなぁ~
 
それから、さり気ないエピソードにズキューンとくる映画でした~
例えば、沙織と春彦がベッドでことに及ぼうとしたところ(照)
結局二人は結ばれることはないんだけど、その時沙織が春彦に言った言葉が切ない。「触りたいところなんてないんでしょ」
お互いに好意を持っていても、心では惹かれあっていても、それが肉体を求めることにならない―そういう関係って切ない・・・どうにもならない事ってあるのねぇ~

また、メゾン・ド・ヒミコに悪戯ばっかりしていた中学生が、おそらく春彦に惹かれてしまったこと―彼は最初っから自分でも気付かずにホームの住人たちに興味を持っていたんだと思う。
で、、、ある日春彦に凄まれちゃって、、、自分の気持ちに気づいちゃったのね、きっと。

それに、「こんな所嘘だ。ホモのエゴでしかない―」と言う沙織の気持ちも、現実社会では生き難い人たちが自分たちのオアシスを求める気持ちも切ない、、、
その場所が経済的に徐々に追い詰められ、そして一人ずつ死を待つしかない所だと気付いたとしたら、、、それでも彼らは明るく生きていくしかないのだろうなぁ~
 
さてさて、登場するゲイ役の方々が皆個性的でとても良かったですぅ~
ここでなら誰に遠慮することなく素の自分でいられる―って感じでイキイキしていました。
普通の部類で生きていても素の自分でいるって難しくって、私なんて時々無人島にでも行きたくなることもしばしばで(汗)、、、でも現実問題として、今いることろで今の自分で生きていくしかない―そんな私から見ればメゾン・ド・ヒミコは危なっかしいけど理想郷にも見えちゃった。

それにしても恐るべし、、、オダギリジョー。
これは褒め言葉ですが、彼だけは本物のゲイに見えました。生まれた時からずっとそうで、これから先もそうで、もしかして先日の結婚は偽装か?!って疑うくらいでした(笑)
また、ずっと孤独だったんであろう悩める瞳が、、、美しい
 
さて、ラストはどう受け取ったらいいか、、、私としては、一皮むけたよう見えた春彦と沙織の対面シーンが好きですね。二人ともいい顔していました―
なんとな~
く二人は、卑弥呼と沙織のママのようなことになりそうな予感も・・・
でも、恋愛とは違う人を好きになる気持ちを知ったであろう沙織ならば、上手く生きていけそうな気がします―               (4点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (21)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MICHAEL JACKSON KING OF POP... | TOP | 【本】嗤う伊右衛門 »
最近の画像もっと見る

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいな~~ (けいはは)
2009-07-07 14:12:40
コメントより、トラックバックが多いというところが、由香さんの文章です。お見事
文句のつけようもなく、うんうんとうなずきながら読んできて、私も見た映画であることを報告したくて、コメントします
オダジョーの隠れフアンとしておきます。この方の映画はレンタル屋さんでついつい探してしまいますネ。柴崎コウもオレンジレンジ以来好きですね。

「誰に遠慮することなく素の自分でいられる。」メゾンドヒミコ。

ただ、素の自分はどこにいるのか、見つけた人もまだ見つからない人も、この映画を見て「素の自分」をいとおしく思うのも一考かと感じます。自分の中のもう一人の自分。。。興味あります。
生まれた時から (miyu)
2009-07-07 15:46:10
ゲイっぽいと言うか、なんかもうゲイであって欲しい感じだよねwww
ナニゲにこのぐらいの髪型の方がカッコいいよね~?
きっとそれで由香さんも気に入ったんじゃないかと思うのですが、
どうでしょう?
どうもでーーす。 (sakurai)
2009-07-07 16:01:13
この映画のジョー君はよかったですねえ。
この辺までは、とっても好きだったんだけどなあ。
なんか最近評価が落ちてます・・・。
柴崎コウのしかめっ面が印象深いです。
娘の気持ちに、思いっきり感情移入しながら見てたのを思い出しました。
大分前に観ました。 (hi-lite)
2009-07-07 21:44:55
オダギリジョーが好きで…
って自分ホモじゃないっすからね!(汗)
役者として上手いし存在感があるなぁ~って仮面ライダーの頃から注目してたんだから、いやホント!(んんん、か、書けば書くほど言い訳じみてきた?)
この作品の柴咲コウも可愛いかったしね(^m^:)
けいははさんへ^-^* (由香)
2009-07-08 08:54:28
おはようございます~^^
相変わらずお返事がワンテンポ遅れてスミマセン

けいははさんはオダギリジョーの隠れファンですか?(笑)
私は邦画をあまり観ないので、彼の作品も少ししか観ていませんが、、、素敵な俳優さんですよね~

この映画は地味ではありましたが心に沁みました。
ちょっと的外れかもですが、「素のままの自分」について考えちゃった~
miyuさんへ^-^* (由香)
2009-07-08 08:58:49
こんにちは~♪
うん、オダギリジョーのこの髪型、いいよね?かなり素敵ーそれで私も萌えちゃったかも?!(笑)
それにしても本物のゲイに見えたよね?卑弥呼とのキスシーンにもドキッでした
良いよね~^-^ (latifa)
2009-07-08 10:24:08
由香さん、こんにちは。
あ~この映画、見た直後も良かったと思ったけど、しばらく経って思い出してみても、良い映画だな、好きだな、また見たいな、って思う映画だわ~。
内容も良いし場所や映像も綺麗で、そしてなんといってもオダギリジョーが素敵です☆
ゆれると、この時が、一番美しかった気がする(って!オイオイ、過去形か!?)

私も由香さんと同じに、柴崎さんっていつも似た感じだな・・って思ってたんだけれど、この映画の中の役はとても良かったと思ったわ。
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2009-07-08 16:53:36
こんにちは~♪
最近のオダギリ君よりもこの頃の方が素敵でしたねぇ~
彼は何でもっと自分を美しく見せないのかしら?わざと小汚くしているように見えます(汗)

この映画の柴咲さんは良かったです。
彼女の役柄には感情移入しちゃいましたよね~
かなり悩み多き人生を送ったんだと思うと切ない・・・
hi-liteさんへ^-^* (由香)
2009-07-08 16:58:20
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

そうですか・・・オダギリ君をお好きですか~(笑)
私も仮面ライダーの時の彼には目を付けていました!!あれから仮面ライダーはイケメンの登竜門っぽくなりましたよね?(違う?・笑)

柴咲さんも可愛かったですね~
スッピン&ブスッとした顔でしたが可愛かったです。
latifaさんへ^-^* (由香)
2009-07-08 17:02:04
こんにちは~♪
latifaさん、この映画をお好きだったようですね~
私は、先入観からいったら得意分野でない映画だったのですが(笑)、思いの外気に入りました♪
でね、、、私は未だに『ゆれる』を未見よ~~~(滝汗)何回も観ようと思いながら観てないの。
それに『ジョゼ~』も未見・・・最近邦画慣れしてきたから色々観てみようかな・・・
オダジョー最高! (ノルウェーまだ~む)
2009-07-08 23:03:47
由香さんこんばんわ☆
メゾンドヒミコ最高だよね!!
私の中では最高の映画の中のひとつであり、オダジョーの映画の中では間違いなく最高!だと思います。
本当に美しいオダジョーにうっとりしちゃう。
そして柴崎コウちゃんも可愛い。
話の中で、オダジョーが「男役にも女役にもなれる」のが分かるシーンがあって、「えーっ!?そんなもんなんだ?」とちょっとビックリした記憶があります。
こんにちは♪ (ミチ)
2009-07-09 08:42:37
この映画を見てくださってありがとう~!
とっても難しい題材を扱っているのに、なんだか温かかったり悲しかったりして大好きな作品です。
オダギリジョーの作品の中でもベスト3に入ります。
このころが美しさのピークだったなぁ。
この数年後にはキリストのような風貌(?)になるとは思ってなかったよぅ(泣)
ノルウェーまだ~むさんへ^-^* (由香)
2009-07-09 10:02:58
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございます!
お好きでしたか?この映画^^

噂には聞いていましたが、、、オダギリジョーはかなり素敵でした!!!
映画も淡々としているんだけど何だか好きでした~また観たいな♪

柴咲さんも良かったですね~

>「男役にも女役にもなれる」
アハハ・・・実際はどんなもんなんでしょうかねぇ~よく分からないけれど、この映画のオダギリさんは男性とのキスの方がセクシーに見えちゃった~(笑)
ミチさんへ^-^* (由香)
2009-07-09 10:07:00
こんにちは~♪
観ました~やっと^^以前、この映画のオダギリさんが美しい・・・と教えて下さいましたよね~
あとは『ゆれる』を観なくっちゃ・・・まだ観てない方が変ですよね?(汗)

>数年後にはキリストのような風貌(?)になるとは思ってなかったよぅ(泣)
ふふふ・・・ミチさんもそんなことを思われていたのね~(笑)
いい男なのに、わざと小汚くしているように見えます(汗)何でかな?何か抱えているものでもあるのかしら・・・
きっと好きだなぁ~ (マリー)
2009-07-09 18:42:02
こんばんは~~
オダジョー、美しいのね~~~。
実は気になりつつ、未見なのですが~
由香さんのレビュー読んでたら、私の好きな“匂い”がします!

いつか観たいな。
ただ家でDVDがなかなか観れなくて~大汗。
マリーさんへ^-^* (由香)
2009-07-10 22:10:04
こんばんは~マリーさん^^
コメントどうもサンキューです♪

マリーさんもきっと好きだと思うよ~この映画。
特に何がどうしたってわけじゃーないんだけど、、、何かいいのよ(笑)お気にいりです。
勿論オダジョーは超~~~綺麗だし・・・観てみて~
でもDVDがなかなか観れないか~分かる分かる、、、観る時間がないよね?(涙)
私も借りたいDVDがあっても後回しよ~
Unknown (Ageha)
2009-07-11 13:39:20
パピプちゃんて誰~って思ってたら
由香さんとこのブログペットだったんですね。
これからもよろしく~。

と、いいながらブログペットの記事は
よほど面白くないと残してなかったりして
スイマセンです。(滝汗)

えっと、見たのがだいぶ前なので
細かいとこはもう覚えてないんですが
ヒミコの田中泯さんがえらいかっこよかった事と
スッピンだったかブスメイクだったか
(わわわわわ)
外見も性格もなんだかイケてない
柴咲コウの変わっていくサマを
眺めていた映画でした。(!)
オダジョー目当てに見たのはもちろんですが。(笑)

オダジョー作品を見始めたのは
ミチさんの影響がかなり大なんですが
正直出演作品が個性的でトホホです。
本人はおそらく一番嫌いであろう「SHINOBI」から入ってますし(爆)
「悲夢」はついていけなかったです。
それでもなんていうか
スクリーンでアップになる彼に
釘付けになるミチさんの気持ちは
むっちゃわかる気がします。(洗脳されちゃったよぉ~~~・・・笑)

あ、「ゆれる」はゼヒ。あれは名作ですよん♪
Agehaさんへ^-^* (由香)
2009-07-12 14:34:38
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

パピプってフザケタ名前は私のブログペットで~す(笑)
まぁ~ブログペットに関しては、私もほったらかしですが(汗)

ミチさんの影響でオダジョーを見るようになったんですか~
私は仮面ライダーで目を付けたのですが、邦画が苦手だったので映画は観ませんでした(汗)
きっかけは『東京タワー』です♪あれはなかなか良かった・・・感動しました。

コチラはいい映画でしたよね~
田中さんも柴咲さんも良かったし、オダジョーは美しかった・・・
彼のSHINOBIはTVで観ましたが、ダメでした。何だったんだろう?あの意味のない話(汗)

ゆれる―は近いうちに必ず観ます!・・・多分(汗)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

21 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヒミコにタッチ (Akira's VOICE)
「タッチ」 「メゾン・ド・ヒミコ」 
『メゾン・ド・ヒミコ』 (京の昼寝~♪)
私を迎えに来たのは、若くて美しい男。彼は、父の恋人だった。 ■監督 犬童一心■脚本 渡辺あや■キャスト オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、歌澤寅右衛門、青山吉良、柳澤愼一、井上博一、森山潤久、洋ちゃん、西島秀俊、高橋昌也、大河内 浩、□オフィシャルHP...
メゾン・ド・ヒミコ (悠雅的生活)
愛すべき住人たち
メゾン・ド・ヒミコ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『私を迎えに来たのは、 若くて美しい男。 彼は、父の恋人だった。』  コチラの「メゾン・ド・ヒミコ」は、こっちゃんのご紹介で、観させていただきましたぁ~♪  ゲイのための老人ホーム"メゾン・ド・ヒミコ"で繰り広げられる人間模様を描いているのですが、美...
やさしい女神たち~『メゾン・ド・ヒミコ』 (真紅のthinkingdays)
 小さな塗装会社に勤める沙織(柴咲コウ)のもとへ、春彦(オダギリジョー)と名 乗る若く美しい男が訪ねて来る。彼は幼い沙織と母を捨て...
メゾン・ド・ヒミコ (迷宮映画館)
塗装会社に勤めるサオリのところに、しつこく訪ねてくる男がいた。(オダギリジョー君に訪ねてこられたら、オバサンは有無を言わずに付いていきますが・・・、そんなことはどうでもよくて)それは父の恋人。一世を風靡したゲイバーのおかみ、ヒミコがサオリの父親。母を捨...
「メゾン・ド・ヒミコ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
メゾン・ド・ヒミコ 通常版アスミックこのアイテムの詳細を見る 塗装会社で事務員として働く24歳の女性、吉田沙織(柴崎コウ)のもとに一人の若い男性が 訪ねてくる。岸本春彦(オダギリジョー)と名乗るその男性は、沙織が幼いときに家を出て いった父、照雄(田中泯)の...
メゾン・ド・ヒミコ/オダギリジョー、柴咲コウ、田中泯、歌澤寅右衛門 (カノンな日々)
これは、もう間違いなく犬童一心監督の作品です。実はこの日この映画を観る前に同監督の「タッチ」を観ています。えぇもうまさしくタッチが違います・・・なんかオヤジギャグっぽい(笑) 「ジョゼと虎と魚たち」では、世間とは隔絶した生活を送る、足の不自由な女の子と...
メゾン・ド・ヒミコ (銅版画制作の日々)
今年になって、初めて観た映画が「メゾン・ド・ヒミコ」です。アンコール上映という事で、どんな映画かなという興味もあり、観にいきました。芝咲コウという女優さんのこともあまり知りませんでしたが・・・いやあなかなか良かった終始不機嫌そうな表情で、凄くブスな女性...
犬童一心監督 「メゾン・ド・ヒミコ」 (映画と読書、そしてタバコは止められましぇ~ん!)
http://himiko-movie.com/ 癌に冒されている父親(舞踏家・田中泯)とその恋人である若い男(オダギリジョー)、そしてゲイである父を嫌う娘(柴咲コウ)がゲイの為の老人ホームを舞台に繰り広げるドラマ いやぁ~この作品で見せる役者さんたちの動きや表情、そして...
『メゾン・ド・ヒミコ』 (ラムの大通り)
(※注:けっこう辛口です。犬童監督や『メゾン・ド・ヒミコ』をお好きな方は お読みにならない方がいいかも) ------今日は、立川のシネマシティ2に行ったんだよね。 映画は『メゾン・ド・ヒミコ』だっけ? おや、なんかイライラしてニャい? 「う~ん。どこから喋ろう...
メゾン・ド・ヒミコ (白ブタさん)
メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)
メゾン・ド・ヒミコ(映画館)   (ひるめし。)
涙はきっと暖かい
メゾンドヒミコ感想とロケ地情報 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
メゾンドヒミコ、待ちに待ってやっと見ました。犬童一心監督の「ジョゼと虎と魚たち」がお気に入りの映画なのと、主役がオダギリジョー、内...
アクセル・ホテルは「メゾン・ド・ヒミコ」なのか (豆酢館)
とりあえず追記終了。 いい映画でした。
メゾン・ド・ヒミコ(オダギリジョー出演) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ゲイ専用の老人ホーム。それだけでも、すでに異例の舞台。しかし、本作が語るのは、優しい愛の物語だ。   ホームのオーナーであり、末期ガンで死が間近に迫るヒミコ、彼を見守る恋人の青年・春彦、そしてヒミコの実の娘・沙織。   3人が織りなす人間関係...
『メゾン・ド・ヒミコ』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 決めた。『タッチ』を観に行くわ、私。 『メゾン・ド・ヒミコ』 参考:メゾン・ド・ヒミコ@映画生活 メゾン・ド・ヒミコ-シネマトゥデ...
映画「メゾン・ド・ヒミコ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「メゾン・ド・ヒミコ」 ★★★★☆ 京都で2度鑑賞。 頭の中を「母が教え給いし歌」が流れ、自分の心の整理が付かず、感想がまとまらない状態。 「メゾン・ド・ヒミコ」はゲイのための老人ホーム。 そこでは時間がゆったりと流れ、静かで、時に騒々しく、...
メゾン・ド・ヒミコ (レンタルだけど映画好き)
私を迎えに来たのは、若くして美しい男。 彼は、父の恋人だった。 2005年 日本 メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)/オダギリジョー 監督 犬童一心 出演 オダギリジョー/柴咲コウ/田中泯/西島秀俊/歌澤寅右衛門/青山吉良/柳澤愼一/井上博一/森山潤...
ピキピキピッキー!~「メゾン・ド・ヒミコ」~ (ペパーミントの魔術師)
いや~~。 正直言うていいですか。 子供のいる前でDVD見るんじゃなかった。(笑) メゾン・ド・ヒミコ 特別版 (初回限定生産)オダギリジョー 犬童一心 柴咲コウ 角川エンタテインメント 2006-03-03売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-Tools ヒミ...
メゾン・ド・ヒミコ (のほほん便り)
ゲイの老人ホームという、とても、不思議ワールド。老い、マイノリティ、親子の確執といろんな要素が描かれてて深いです。 11年前の作品ゆえ、柴咲コウ、オダギリ・ジョー、西島秀俊が若くて美しい! それを愛でるだけでも、鑑賞の価値アリ 柴咲コウが、ブスのオボ...