★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Sweet Rain 死神の精度

2008-03-23 17:30:00 | 映画【英・数字】

原作の伊坂幸太郎の小説『死神の精度』はまずまず面白かった。映画はどうかなぁ~
    コチラが本の感想です
【story】
死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに現れ、その人を7日間観察し、その生死を判断することだ。雨男の彼は、7日後に死を迎えるはずの27歳の会社員一恵(小西真奈美)が現れるのを待っていた。やがてメーカーの苦情係として働き、疲れ果てて仕事を終えた彼女が姿を見せ―
     監督 : 筧昌也

【comment】
今年に入って邦画の劇場鑑賞は3本目で~す♪
私は、どう~も邦画の持つテンポが苦手で(スミマセン)、鑑賞をスルーしがちなのですが、只今≪伊坂ワールド≫がマイブームなので張り切って観て来ました。
で・・・やっぱりテンポには少々引いちゃったのですが・・・心地よい余韻が残る優しい映画だなぁ~とは思いました。

それに・・・金城さんの死神はなかなか可愛かったわ~ん(特に天然ボケぶりが

 

まず冒頭で、死神についての基本的な特徴を、死神の千葉&女の子の会話で紹介する件があるのですが、、、そこには少々辟易し、「こういう紹介の仕方は好みではないなぁ~」と生意気にも思っちゃいました。
それをググッと我慢していると、今度は可愛い黒いワンコちゃんが千葉と字幕で会話を始めました(汗)
な・なかなか面白いアイデアだとは思ったのですが(汗)、、、ちょっとテンポがズレてシラケた気分になりました~
もっと上手い方法で見せられないものかなぁ~と思いましたが・・・その後はだんだんと惹き込まれていきました。

原作には、死神千葉のお話が6話ありましたが、映画ではそこから3話を持ってきて、それを上手~く関連付けて一つのお話に纏める・・・という技を見せており、そこはなかなか面白かったんじゃーないかな・・・と思います。
ただ、元々淡々とした空気を持っているお話なので、3つのエピソードにパンチのようなものや感動を呼び起こすものがあまり感じられず、観る方によっては退屈や眠気に誘われるかもしれない・・・とも思いました。

 
≪1985年 メーカーの苦情処理係として働く27才の藤木一恵と千葉のエピソード≫
藤木一恵は、自分の周りの愛する者を次々と失い、何もいい事がない人生を憂えています。
更に自分の事を『醜い』と思っており、、、死を願うこともしばしばです。
そんな彼女の死を『実行』するか『見送る』か決めるのが今回の千葉の仕事でした。
彼は人に対してどこか無関心で、ただミュージックだけをこよなく愛する雨男の死神です。
『死は特別な事じゃない』と思っている千葉は、大概死の判定を『実行』にしていますが、一恵の死に関してはどう判断するのでしょうか―

 
≪2007年 40歳のヤクザ藤田と若いチンピラ阿久津、そして千葉のエピソード≫
ヤクザの藤田の死を判定するために人間界を訪れた千葉は、筋を通すことを何よりも大事にしている藤田とチンピラ阿久津に会い、ヤクザの抗争に巻き込まれます。
どれほどの時を経ても、環境がどうであろうとも、外見が変わろうとも千葉は千葉のままで、飄々としてミュージックを愛し、人間のゴタゴタからはどこか蚊帳の外です。
任侠なヤクザたちの仁義なき抗争は、千葉や他の死神たちの大活躍で思わぬ方向へと向かい、、、そして阿久津には隠された秘密がありました―

 
≪2028年 70歳の美容師(富司純子)と千葉のエピソード≫
美容院を経営するご婦人は、お手伝いロボットと暮らしています。
そして、ヘアカットで店を訪れた千葉を一目で死神と見抜くのです。
彼女は昔から親しい者の死に密接で、千葉のような空気を持つ者を昔見た記憶があると言い、自分が死ぬ前に死神に協力してもらいたいことがあると言い出しますが―

これら3つのエピソードの時代設定は、映画を観ただけでは少々分かり難く、突然お手伝いロボットを出すセンスもイマイチしっくりきませんでした。
そして鑑賞後に、「どれどれ・・・」と思って読んでみた映画チラシが本作をとてもよく纏めてあったので、このチラシでエピソード同士の関係を改めて認識出来たりしました~
このチラシはよく出来ている

 

物語は、死に関して、≪特別なことではないけれど大切なこと≫として描こうとしていたのでは―と思います。
原作よりもその空気はよく醸し出せており、雰囲気が良かった・・・と思いましたが、いかんせん少しお話が淡々としていて・・・ストンとまでは心に響いてきませんでした。
でも、先日鑑賞した『チーム・バチスタの栄光』では、「原作が台無しだぁ~」と思いましたが、コチラは、原作の雰囲気を大切にして、更に原作者の意図をもくみ取って新しい物語を紡いだのではないか・・・と思えたところがありました。
だから、この脚本の作り方は好きで~す
まぁ~映画としての魅力はちょっと弱いかもしれませんが・・・
もしかして、無理矢理3つのエピソードを繋げたので(いや自然ではあったのですが)、本来死神が持っているであろう恒久的な広がりのようなものが妙にこじんまりと感じたのかもしれません。

千葉は、遥か遠い昔から人間の死に関わっている。
そして彼が仕事をする時はいつも雨だった―
最後に
起こった自然の奇跡は、死神千葉にとってどういう意味があったのか―そんな事がもっと胸に沁み入ってくる映画になれたのになぁ~金城さんの魅力を持ってすれば・・・と思って少々勿体ない気はしましたが、鑑賞後の気分は爽やかでした―  

  【告白】昔、金城武さんと竹野内豊さんの区別がつきませんでした・・・
                                     (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (50)   Trackbacks (72)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リトル・チルドレン | TOP | 【本】邪悪な花鳥風月 »
最近の画像もっと見る

50 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
由香さ~ん、お久しぶりっ(^^)/ (kira)
2008-03-23 20:36:55
けっこう前から楽しみだったのですが、ちょっと学習したつもりで(笑)
期待はしないで行きましたよ~

相変わらず、原作未見なのですが、原作では6話あったのですね?
この3話は、コニタンの歌で、繋げやすいストーリーだったのでしょうかね?
午後の回だったからか、初日だったからか、帰りにちらしを探したんですが
GET出来なかったです。由香さんの「よく出来たちらし」観てみたくなりました!

金城くんの死神と同じく怖くない仲間がいっぱいの、
2番目のEPがお気に入りです~
犬に関する字幕の意見は分かれてましたね~
例のおとうさんの声で聞いてみたい気もします(笑)

>昔、金城武さんと竹野内豊さんの区別がつきませんでした
げ~~~;そぅなんだ!
私はどっちも好き♪(照)
とってもよかった!金城さんが・・・ (マリー)
2008-03-23 21:57:13
こんばんは~♪
イマイチ、パンチに欠ける・・・
そっかぁ~私がひっかかっていて、でもいいや。金城さんだし~と自分を納得させていたんだけど~何か足りない。と思ったのはパンチ!だったのね~
由香さんの的確なご意見で納得!!!(気づくの遅っ!)

私は、金城さん贔屓なので~点数甘・甘で~す。
彼の異邦人的な雰囲気が、死神にとっても合ってましたね~天然ぶりが嫌味なく・・・

竹野内くんと反町くん、区別つかなかったのは私です(爆)

※選んだ写真の順番が、ほとんど同じで~びっくりしました。由香さんと感性が似てるなんて嬉しいわ~~(嬉)
こんばんわー (かいこ)
2008-03-23 23:12:15
私も原作の雰囲気を大事にしてるナーて感じがしましたー
確かに死神の千葉&女の子の会話は私もちょっと引いちゃいましたが^^;
金城ファンなので金城のコスプレ&おとぼけが観られただけで満足でした~

ただせっかく3話つなげたならもうちょっと膨らませて、
由香さんの言う「パンチ」があったらもっとよかったと思います~
雰囲気は好きな映画でしたデス
Unknown (moviepad)
2008-03-24 20:54:51
由香さん、こんばんわ

僕は今回、はじめて伊坂作品を読んだのですが、正直いうと今イチでした。
この小説、死神のキャラクター設定は面白いんだけど、肝心の物語がどーも鈍い。つまらないとまでは思いませんでしたが、いわゆるpager-tuner(一度読み始めたらやめられない)な小説ではありませんでした(^^;

でも映画は原作のもつ雰囲気をよく生かしていましたね。
とても映画になりそうにない小説をちゃんと映画にしていたのには感心しました。
TVドラマっぽかった「~バチスタ」とは大違い(笑)
映画のインパクトが弱いのは原作がそうですからね~。

かなり俳優の力に助けられている感もあり、出来はそこそこだと思いますが、個人的には原作より映画のほうが好きです。


こんばんは! (パピのママ)
2008-03-24 21:43:50
原作は読んでないのですが、初めは、3つのエピソードがすべて同じ頃に起こったと勘違いしていました(笑う)。
特に未来(2028年)はもうメチャメチャですよね。
人間そっくりな、奥田恵梨華が演じるロボットが登場するかと思えば,車は現代のものですしね。
でも、私の好きな金城武が観られただけで満足しなくちゃね。
死神の服装では、やっぱり黒のスーツ姿が一番決まってました。
こんばんは☆ (ゆかりん)
2008-03-24 22:26:51
私も邦画の独特のテンポがどうも苦手です。
でも金城さんと黒いワンコが気になって観てきました。
やはりテンポが・・・^^;
でも金城さん演じる千葉さんが楽しかったのでまぁいいやというところです(笑)
ワンコとの会話は、字幕でのやりとりか、某CMのように吹き替えでも良かったかなと思いましたねー。
こんばんは♪ (りら)
2008-03-24 22:38:32
由香さ~ん、こんばんは
原作は6つの話で構成されてたのね。
私は読まずに観たせいか、それほど違和感を感じなかったけど、確かに淡々としてたわね~。
でも、金城武演じる死神の千葉がはまり役で、彼のおかげで(笑)結構、楽しむことができました
ツッコミたいこともあるけど(笑)
例えば、あのお手伝いロボット……意味ないですよね~

kiraさんへ^-^* (由香)
2008-03-24 23:55:36
こんばんは!
プチお久しぶりですね~
私も、あまり期待するとガッカリ度が大きくなるので、何も考えないで観に行きました♪
金城さんの死神がハマっていて可愛かったですね~

原作では、一恵さんの話と美容師さんの話で少しだけリンクしている箇所があったんですよ。
映画とは全く違うのですが・・・それでも繋げやすかったのだと思います。上手く纏めたなぁ~と思いました。
ワンちゃんも原作にはないキャラですが、可愛かったですね!
ただ・・・ちょっと字幕の出る間が・・・苦手ではありましたが(汗)
この映画のチラシは綺麗だし分かりやすかったです。
・・・・・というか、映画を観ただけでは分かり難い時代設定の説明がキチンとしてあった、という事なのですが(汗)

何故か金城さんと竹野内さんが同一人物に見えたんですぅ~
日本人の顔がなかなか覚えられない私です(笑)
マリーさんへ^-^* (由香)
2008-03-25 00:03:09
こんばんは!
TB&コメントありがとうです~
で・・・ホントに選んだ写真と並べ方がほぼ一緒でしたね~ビックリしました♪
やっぱり感性が似ているので、イケメン死神に遭遇したら・・・即死ですね(笑)←しつこい?・

これからマリーさんは原作を読まれるのですね?
伊坂さんは独特の感性をお持ちの作家さんなので。。。気にいるかなぁ~どうかなぁ~感想を教えてね♪
でね、これから読むのにこんな事を言うのも何なのですが、元々原作にそれほどパンチがないと思うので、この映画も淡々とした雰囲気が漂ったんだと思うなぁ~
でも、どうやら金城さんは死神役が気に入ったようで・・・うまくすれば再び死神千葉に会えるかも?!
また天然キャラの金城さんが見られるのもいいね
かいこさんへ^-^* (由香)
2008-03-25 09:43:39
こんにちは!
かいこさんも原作を読まれたんですね♪
あの原作をなかなか雰囲気良く映画にしていましたよね~
ちょっと「あれれ?」な部分もありましたが・・・金城君の魅力も手伝ってかイイ感じでした~

女の子との会話が始まった時やお手伝いロボットにはちょっと引きました~でも、金城さんが素敵だったのであまり気にしないようにはしました(そればっかり・笑)

元々の原作にパンチを感じませんでしたから、映画も今一つ盛り上がりに欠けた気がしました。
でも、金城さんが可愛かったので・・・(しつこい!!
こんにちは~ (hito)
2008-03-25 09:52:08
由香さんもやっぱりご覧になりましたね!

原作の雰囲気は出ていたし、映画らしく原作とは違ったリンクで全体違和感なく一つの物語として繋げていたり、上手に仕上がっていたと思います。
「バチスタ~」の二の舞にならず一安心♪

私のイメージではなかった千葉=金城さんも違和感なかったです~

私も、若干物足りなさは残りましたが、綺麗な余韻の残る映画だったと思います。
moviepadさんへ^-^* (由香)
2008-03-25 09:53:30
こんにちは!
伊坂さんの原作に対して、moviepadさんが感じられたお気持ち・・・手に取るように分かりますぅ~
私は、伊坂作品は6作読みましたが、そもそも何と中学生の女の子に薦められた『重力ピエロ』を読んだのがキッカケでした(彼女は伊坂作品を全作読んでいます!)。
それにはビックリしたんですよ~今まで読んだことのない不思議な感覚で・・・面白かったんです。
で・・・その後読み続けたのですが、最近『何かが足りない・・・』と感じるようになりました。
で、今度は『何が足りないと思うのか』が知りたくて読んでいま~す(変な奴・汗)

私も原作よりは映画の雰囲気の方が好きです♪
何故か評価では原作の方が星の数が多いのですが(汗)
映画は、原作の雰囲気を大事にし、尚且つ淡々とした物語に生を持たせようとしていた気がしました。
で・・・これ以上やっちゃうと伊坂作品でなくなるので、、、ちょうどいい感じだったと思います♪
『チーム・バチスタ~』とは大違い!!(笑)
確かにそっくり~ (ノルウェーまだ~む)
2008-03-25 12:00:19
ぎゃはははは~~
確かに金城武と竹之内豊、今でこそ大物俳優ですが、私もよく勘違いしていました。
チームバチスタは、原作だけ読んだのですが、映画はイマイチだったのですか?
観るのやめよっかなー
こちらの映画は、物足りなさこそあれ、ほんわかした映画でしたよね。原作は読まなくていい?
う~ん (なな)
2008-03-25 15:52:39
監督はきっと力量不足な点もあると思いますよ。
でも,なんともいえない捨てがたい魅力もある作品でした。
ま,原作の死神のキャラと,金城さんのおかげが大きいとは思います。
ところで,1話と3話が繋がってたのはわかりましたが
2話はどう繋がってたの?
もしかして,あの若者は1話のあのひとの息子?
なんか無理があるなあ・・・・。
金城さんって,足ながいですね~(突然ハナシ変わる)
あんなにモデルさんみたいに素敵だったんだ~
日本語を堪能にしゃべる彼をスクリーンで初めて観たので
はじめは日本人が吹き替えてる?と錯覚が。
中国語の金城さんの声と微妙に違うんだもん。
お手伝いロボットはまったく要らないキャラでしたね。
ふざけてんの?と聞きたくなりました。
・・・・・どうみても人間だし。
パピのママさんへ^-^* (由香)
2008-03-25 22:02:25
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
金城さんは素敵でしたね~黒いスーツがとってもお似合いでした♪
ちょっと天然キャラの死神がハマっていて可愛かったですし
私も時代設定がイマイチ把握出来ませんでした~
鑑賞後にチラシで確認したくらいです(汗)
それにしても・・・ロボットは唐突でしたね~原作にはあんなものはありません
イマイチ必要性を感じないキャラでしたね~
ゆかりんさんへ^-^* (由香)
2008-03-25 22:07:58
こんばんは!
ゆかりんさんも邦画のテンポが苦手ですか?私もですぅ~
本作は金城さんの魅力でなかなか雰囲気は良かったですが・・・どう~しても間が気になったりしました(汗)
ワンちゃんは可愛かったですね~字幕で金城さんと会話していましたが・・・吹替えでも面白かったかもしれませんね♪
りらさんへ^-^* (由香)
2008-03-26 17:13:28
こんにちは!
そうなんですよ~原作では短編が6話で構成されていました。
映画は、そのうち3話を上手く繋げたようで・・・結構面白かったですね。
元々淡々としたお話ですので、映画もそんな感じでしたが、金城君がハマリ役で楽しませてくれたわ~
で・・・不評のロボットですが、原作には出てきません(汗)
ついでに言うなら犬もいません~
更に言うなら、冒頭の女の子も創作で~す。
hitoさんへ^-^* (由香)
2008-03-26 17:18:42
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
金城さんの千葉が見たくて行ってきましたが・・・ハマっていましたね♪
ちょっと天然なところが可愛くて似合っていたと思います
ホント、『チーム・バチスタ~』とは大違いで(笑)、全体の雰囲気も良かったし、3話の繋げ方も工夫していたし・・・映画化成功かな?って思いました♪
少々物足りなさはありましたが、爽やかな印象に好感が持てました
雰囲気ありましたか? (たいむ)
2008-03-26 21:53:31
由香さん、こんにちは。
原作は読んでいませんが、予想以上に面白かったです。やはり細かいことが全然気にならないからでしょう(^^)。
映画は、時間の流れをあえてわからないようにしていましたがバレバレでしたね。電話の声も分っちゃったし、やはり原作の方が雰囲気があるのではないかと想像しています。
先日「アヒル・・」でコメントしましたが、両方手を出す場合ならば、やっぱり観るなら映画→原作かな?って思います。でなければ「映画だけ」、「原作だけ」が良いように思います。

天然の千葉君は良かったけれど、今回は映画だけでパスです(^^;

(現在、ココログ不調のため、記事のアップとTBは後ほどに・・)
ノルウェーまだ~むさんへ^-^* (由香)
2008-03-26 22:55:41
こんばんは!
ね?ね?似ているでしょう?(笑)
金城さんと竹野内さん、どっちがどっちか分からなかったんですよ~

まず『チーム・バチスたタ~』ですが、もし原作を楽しまれたのでしたら映画はイマイチに感じられると思います。
私は映画は全然ダメでした。かなり失望しちゃったなぁ~
あっ!でも原作の大ファンなのでそう思うのかもです

で、死神の原作ですが、、、
私は原作よりも映画の雰囲気の方が好きです。
何故か原作の評価の方が高いのですが(汗)、映画の方が金城パワーのせいか好印象です
原作は6話バラバラの短編で、伊坂ワールド全開ですが、ちょっと血の通ってなさは感じました。
でも、面白くないわけではなくて、、、所謂伊坂ワールドですよん
ななさんへ^-^* (由香)
2008-03-26 23:03:19
こんばんは!
ななさん『監督はきっと力量不足な点もある』-それを言っちゃいますか?!
私も実はそこはかとなく感じたのですが・・・あえて触れませんでした(小心者・汗)
もう少し何とかなっただろうに・・・とは思いましたが、嫌いな映画ではありませんでした。
どちらかと言うと・・・好きな雰囲気だった気が・・・でも!!間がねぇ~イマイチしっくりきませんでしたぁ~

2話の阿久津が息子ですよ~ん。
そこを繋げたか・・・と感心しました。
・・・・まぁ~無理矢理の感もありましたが、なかなか工夫していたのではないかと思います。

金城さんはスタイルがいいですね~
好みのタイプではありませんが、チョイ萌えですぅ~
でね、金城さんの『リターナー』を借りてきちゃった♪
久しぶりに観たくなって(十分萌えてる・笑)

ロボットはセンスなかったですね~
何故にロボット?って思いました~
たいむさんへ^-^* (由香)
2008-03-27 00:05:56
こんばんは!
コメント頂きありがとうございました^^・
たいむさんの記事がアップされましたら伺いますね♪

なかなか楽しめましたか?
私も結構好きな雰囲気の映画でした~
原作の良さを活かしていましたし、金城さんの死神がハマリ役だったな・・・と思いました♪

たいむさんは映画→原作派なんですね~
私は基本的には映画と原作はバラバラです(意味が通じませんね・汗)
映画化を知って読んだ本は少ないんですよ。
ブログを始めてからも『香水』と『ハンニバル・ライジング』くらいかなぁ~
最近は原作物の映画が多いので、読んだら映画になっちゃった♪ってパターンが多いかも・・・
映画を観て原作を読みたくなった作品もあります。
登場人物の顔が浮かんで楽しいですよね~^^・
本は本の映画は映画の楽しみ方がありますので、その時々で楽しんでいます♪
TBありがとうございました (sakurai)
2008-03-27 15:25:52
常人離れした役割がぴったりですよね、タケちゃん!
タケちゃんが日本語しゃべってるほうが、違和感あったりして。
映画の雰囲気はよかったですが、パンチはありませんでしたね。
なんか、きれい過ぎて・・。
小西真奈美から「醜いですから~」なんていわれると、「オイオイオイ」と突っ込みたくなりました。
伊坂原作の映画としては、中ぐらいでしょうかね。
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2008-03-27 23:14:48
こんばんは!
金城さんは死神役が合っていましたね~♪
映画の雰囲気も良かったし、なかなか面白かったです。
でも、、、パンチがないんですよね~多分原作がそうだからだと思うのですが・・・
小西さんが醜いっていうのは、ちょっと無理がありますよね~
喧嘩を売られているような気にもなったし(笑)

伊坂作品の映画は初めて観ました。
今度『アヒルと鴨~』も観たいと思います
こんばんわ♪ (読書日和)
2008-03-28 23:25:25
久々にお邪魔致します。
ついに小説の「死神の精度」を読み終わりました。
由香さんは映画のほうもご覧になったようですね
小西真奈美が現実世界でもCDを出したりと、話題になってますよね
小説ではヤクザ藤田の話が面白かったです。
映画ではどんな風に描かれているのか、由香さんのブログで何となく雰囲気がわかりました

あと、小説のラスト、70歳の美容師の話では、短編同士がリンクしていて面白かったです。
藤木一恵がCDを出していたりしましたよね。
映画でもその辺は描かれていたのでしょうか。
私も映画を見たくなってきました

あと、先日通算300記事を達成したのを機に、ハンドルネームを読書日和から「はまかぜ」に改名しました。
以後、はまかぜとしてよろしくお願いします。
はまかぜさんへ^-^* (由香)
2008-03-29 10:04:16
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
改名されたんですね~今後とも宜しくお願い致します

本を読了されたのですか~
ヤクザの話が面白かったですか?
私は洋館に閉じ込められる話と可哀想な片想いの青年の話が好きでした♪
映画は上でも書きましたが、本から3話を持って来て上手く1つのお話に纏めてあります。
本とは違う使われ方ですが、一恵の出したCDが映画の大事なキーポイントになっているんですよ。
金城さんの死神が飄々としていてとてもハマっていましたし、淡々としながらもなかなか面白い映画でした~♪
原作を読んでから映画を観た方がしっくり物語に馴染める気がしますし、、、機会があったら鑑賞されてみて下さいね
おはようございます♪ (耕作)
2008-03-31 06:06:53
映画としてはこんなものなのかな、と。
起伏のない展開は、テーマに対してもアプローチが弱く、
素直に心には入ってきませんでした。
淡々とした雰囲気は好きなのですが、雰囲気だけ?
もっとも、金城武という俳優にあまり興味が無いからかも知れませんが。
やっぱり、原作を読んでいないと駄目なんですかね。
ドキドキしなかったです。

てな感じで、またお邪魔します♪
耕作さんへ^-^* (由香)
2008-04-01 00:14:52
こんばんは!
コメント頂きありがとうございました^^・
『淡々とした雰囲気は好きなのですが、雰囲気だけ?』-仰りといことは分かりますぅ~
私は原作を読んだのですが、元々原作が淡々としているんですよ。
むしろ映画の方が雰囲気がいいと感じたくらいです。
せっかく金城さんが主演したんだし、バラバラなお話を3作繋げたんだから、もっとテーマ性を持たせてもいいとも思いました。
でも、あまりコテコテにすると原作から離れてしまいますし・・・結局これはこれでいい感じだったんだ・・・と納得はしている次第です(汗)
こんばんは (とらねこ)
2008-04-04 21:43:39
由香さん、確かに伊坂がマイブームでいらっしゃいますよね~!
私も、由香さんに釣られて、もー読みたくて読みたくて。
でも仕事で目が疲れすぎて・・・
ブログの時間も、ごく少なめにしか開かないようにしてます、今。

本がなかなか読めなくって・・映画より本の方が昔から好きだったんですが、映画ブログを始めてからついつい映画が主になっちゃうんですよ~。

由香さん、ちょっといまいちだったのですね。
確かに、これ原作よりは映画の方がつまらないのかなあ、とは予想してました。
私は原作読んでないんで、結構面白かったんですが。。
やっと・・・ (ひろちゃん)
2008-04-04 22:17:40
由香さんのところにコメントが書ける!(笑)
邦画が苦手な由香さんも今年3本目とは意外と邦画
多い?(笑)
原作を読んでいないので比較ができないのですが
由香さんから見たら、脚本は中々よくできている
みたいですね^^
邦画が苦手な私も意外と楽しめした。

>最後に起こった自然の奇跡は、死神千葉にとってどういう意味があったのか―そんな事がもっと胸に沁み入ってくる映画になれたのになぁ

そうですね。私も大きな感動までは得られなかったので
由香さんが言われているようなことが描かれていたら
大感動になったのかもしれません。
でも、鑑賞後はさわやかな気持ちになりました^^
これは絶対に原作を読もうと思いました!

>昔、金城武さんと竹野内豊さんの区別が
つきませんでした・・・

オイオイ(ーー;)そんなこと言うとおばちゃんだと思われ
ちゃいますよ~~(笑)
昔だから、今は区別つくんですよね?(笑)
ありがちな説明 (swallow tail)
2008-04-05 22:26:04
由香さん、こんばんは。

>まず冒頭で、死神についての基本的な特徴を、死神の千葉&女の子の会話で紹介する件があるのですが、、、
>そこには少々辟易し
はは(笑)
それそれ!
スワロも同感です!!
いかにも、って感じで紹介&説明してくれるんですよね。
あの傍らにいつもいる犬との会話も同様。
確かに説明がなくちゃわからないこともあるんだけれども、
「えー、そんな会話ないからっ」って突っ込みたくなることもあるんですよねー。
とらねこさんへ^-^* (由香)
2008-04-06 10:07:50
こんにちは!
とらねこさん、目は大丈夫ですか?
お仕事でお疲れでしょうし、もしかしたら花粉症のせいもあるかもですねぇ~ご自愛下さい。
私は少し前に『角膜潰瘍』になって酷い目に合いましたが回復しました~
ただ、今ちょっと忙しいので本を読む時間がなかなかないんですぅ~寂しいな。

映画は雰囲気が好きだったんですよ♪
もしかしたら原作よりも良かったかな・・・と思いました。
小説自体が淡々としていましたが、映画の方がホンワカとした余韻を残してくれました。
まぁ~金城さんの魅力も大きかったと思いますが(笑)
ひろちゃんへ^-^* (由香)
2008-04-06 10:53:25
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
ふふふ・・・似ていません?金城さんと竹野内さんって。
でね・・・微妙に好みなのは竹野内さんなんですぅ~
でも、最近でも間違えそうになるの。外人好きなので日本人の顔は区別がつかないのかも(笑)

今年はもう邦画を3作観ました♪
月に1本ペースなので、今年は10本超えるかも?!

映画は淡々としていましたが、いい感じでしたね~
もう少し感動したかったですが、あまりベタにすると伊坂作品から遠ざかるのでこのくらいでもいいのかな・・・とも思いました。
ひろちゃんは原作にも興味を持たれたようですね~
ますます淡々としていますが、映画にならなかったエピソードで好きなお話があるんですよ。
片想いの青年の話と洋館に閉じ込められたお話です。
ひろちゃんも読んだら感想を教えてね♪
swallow tailさんへ^-^* (由香)
2008-04-06 10:58:26
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました^^・
スワロさんも説明部分に引きましたか~
あそこはねぇ~ちょっとセンスがないなぁ~と思っちゃいました。
犬も、可愛いのですが、何とかならなかったものかと(汗)
少々引くところもありましたが(ロボットも・笑)、全体的な雰囲気は良かったです。
鑑賞後はホンワカしましたから・・・金城さんの力でしょうか(笑)
由香さ~ん♪ (Any)
2008-04-24 09:48:40
おはようございます
わぁ~い!ようやく遊びに来れたわ~

由香さんは、やっぱりこのテンポには引いちゃいましたか?
解ります、解ります~(笑)
私の場合、目的は1つ☆なので、
あのロボット以外は全て水に流しました。

そういえば、由香さんの『リターナー』記事を読ませてもらってから、
調子づいて、家にある金城作品を見まくってるんですよ。
見比べると、リターナーの頃よりお顔が太りましたね~
あっ、竹野内豊さんですが・・・ うちの娘も小さい頃、
「ママのたけしだ!」って、TVで見る度に言ってました(笑)
Anyさんへ^-^* (由香)
2008-04-24 23:47:24
こんばんは!
『ママのたけしだ!』
ふふふ・・・ブフフ・・・へへへ・・・面白い~
このセリフに大笑いしちゃいました~
でも、よく考えると、、、家も『ママのジョニーだ!』って息子が言っています

テンポなんですよね~
どう~も、邦画の持つテンポが苦手だったりするのですが、この映画は金城パワーで結構大丈夫でした(笑)
でも、Anyさんご指摘のように、私もちょっと顔が太ったかな、と思いました。
1番最初に金城さんのアップのシーンを観た時に、『傷だらけ~』の時と顔が違う~~~って思ったの。
まぁ~可愛い死神だったのでいいのですが♪

あのロボットには引きましたね~
あれはイラナイなぁ~と思いました。ちょっとセンス悪!って思ったな~
TBありがとうございました! (non_0101)
2008-04-26 00:10:42
こんばんは!
観終わった時の余韻が心地よかったですね~!
原作のイメージは割りと冷たい気がしていたので
映画がこんなに優しい雰囲気になったのが意外でした。
やっぱり金城さんが素敵だったせいかな
non_0101さんへ^-^* (由香)
2008-04-26 23:03:22
こんばんは!
nonさんも原作をお読みだったんですね~
私も原作の冷たい感じよりも映画のホンワカとした雰囲気の方が好きでした。
何となく心地良いいい作品でしたね。
大感動まではいきませんでしたが、、、金城君のおかげもあってか楽しめました~♪
原作 (あさこ)
2008-05-15 16:22:05
由香さん、こんにちは!
訪問がたいへん遅くなってごめんなさい。
由香さんは原作をご存知なのですね。
きっと原作を読んでいる方が世界観もつかみやすいのでしょうね。
映画ですが私はあの雨の描写がしつこすぎて
それに気が散って人物たちに感情移入できないままでした。
でも金城くんはステキでした。
あさこさんへ^-^* (由香)
2008-05-16 17:44:29
こんにちは!
お忙しいところ遊びにいらして下さりありがとうございます^^・

まぁ~あさこさんは、しつこい雨がダメでしたか~
千葉は雨男なので、ず~っと雨のシーンでしたからねぇ
でも、金城さんは素敵でしたね。死神がハマっていました♪
原作も面白かったですが、映画の雰囲気の方が好きでした~
なかなか上手く映像化したなぁ~って思いました
こんにちは! (アイマック)
2008-09-03 13:01:34
こんにちは!
DVDリリースされたので観ました。
由香さんは本を読んでるのね。
なかなか斬新な物語でこの作家さん、気になるよ。
金城武、中国映画にでてる彼とはまた違うチャーミングな魅力で、はまり役だったね。
過去、現在、未来の彼も観られて満足。笑
ヤクザの話がよかったなあ。ロボットはドン引き。。
でも独創的なお話、雰囲気、金城武の存在感は大きかったですねー。
アイマックさんへ^-^* (由香)
2008-09-04 15:44:10
こんにちは!
はい♪伊坂さんの作品が最近のお気に入りなので原作を読んでいました~^^・
アイマックさんも伊坂作品が好きなんじゃーないかなぁ~
機会があったら是非読んでみてくださいネ。

この映画は原作を上手く活かしていたなぁ~と思いました。
まぁ~金城さんがハマリ役だったのも大きいでしょうね。
ロボットはドン引きでしたが(汗)、、、なかなか優しい雰囲気があってツボでした!
死神さん (メル)
2008-10-14 09:53:41
って、やっぱりこんな感じで世間に疎く、ちょっと可愛らしかったりもして、つかみどころがなくて・・という風に描かれるものなのかな~・・と感じました。というのも、ブラピの「ジョー・ブラックをよろしく」を思い出したので^^
あの映画のブラピも、ちょっとこんな雰囲気があったですから。
でも、ジョーとは違って、彼の場合、いつもかなり”人間”と
関わってる死神さんだったので、もうちょっと言葉とか
わかってても良かったんじゃない?なんて思いましたけど(^^ゞ

もう少し暗い話しかなと思ったけど、思いがけず爽やかな
気持ちにもなれたし、すっごく良かった!とまでは行かなかったけど(^^ゞちゃんと楽しめました~♪

でも、最初のあの一恵が、あのかずえになるのがちょっと違和感もあったりしました。
風貌じゃなくて、あのしゃべり方が、あそこまで代わってしまうものかなぁ~・・と(^^ゞ

原作は6話あったんですね。
これまた原作にも興味津々です。
いつも映画の後になってしまいますが、私も読んでみたいです^^
メルさんへ^-^* (由香)
2008-10-19 22:03:51
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
お返事が遅れて申し訳ありません!

ジョー・ブラックは大好きな映画です♪
なんたってブラピがとっても美しいですから、、、
時々DVDをとり出してはウットリ見ているんですよ。
金城さんの死神もユニークでしたね~
やはりジョー・ブラックのように世間に疎くて不思議な魅力を醸し出していました。
物語は淡々としていましたが、なかなか楽しめましたよね~
元々の原作が、個人的には無機質に感じたので、ホンワカとした温かさのある映画は好印象でした。
メルさんは原作に興味を持たれましたか?
伊坂さんの重力ピエロという映画が作られていますが、私はそちらの原作の方が面白いかも、、、と思います^^・
やっと見られました (くまんちゅう)
2008-10-22 19:45:20
準新作になってて半額キャンペーンで借りてきました(セコい)
あんまり映画向きじゃないかなと思う作品の映画向きじゃないトコを頑張って映画化したな、
というのが正直な感想です。
緩いドラマでしたので、ちょっと退屈すちゃいました
原作の雰囲気は出てたんですけどね・・・
くまんちゅうさんへ^-^* (由香)
2008-10-23 12:27:30
こんにちは!
鑑賞されましたか~♪
ちょっと退屈されましたか?
う~ん、なんとなく分かります。
これは元々の原作があまり映画向きではないですよね~
でも、私は割合無機質だった原作を、ホンワカと仕上げていて好印象を持ちました。
金城さんが主演だったのもポイント高いかも(笑)
うん・・・・ (latifa)
2008-11-11 11:44:58
由香さん~こんにちは!
これねえ・・・数ヶ月前に見たんだけれど、今更ながら、「陰日向に咲く」と一緒にアップしちゃった。
私も由香さんと同じ感想だったな・・・
なんか・・・退屈というか、、、テンポが悪いというか・・・。
一番良かったのは個人的にポスターかな(爆)

由香さんの陰日向に咲くの原作の感想も拝見させて頂いちゃったよ~。こちらもお笑いの人が書いてるってのもあって、ホームレス・・と同様期待してなかったんだけど、予想外に良かったわ。 由香さんは映画版は見てないんだよね・・? いやぁ~、見なくて良いよ(^^;)
latifaさんへ^-^* (由香)
2008-11-13 17:31:25
こんばんは~^^・
TB&コメントありがとうございました♪
数ヶ月前に鑑賞されたんですか?
・・・・・・・でも、今頃アップっていうことは・・・イマイチだったかしら?
私も実はイマイチだったかなぁ~金城君はいいんだけど、何だかテンポが悪かった気がしたの。

きゃ~~~陰日向に咲くの感想を読んじゃったんですか?
は・恥ずかしい・・・かなり前に書いた感想って消したいくらい恥ずかしいの~~~(汗)
で、、、小説はなかなか良かったよね?劇団ひとり君の才能を感じたわ~
でも映画は観る気がしない・・・やっぱり観なくて正解かしら?(笑)
ロボット談義 (柿の種)
2009-02-04 21:40:59
みなさんどちらかというとロボットに否定的なんでびっくりしました!私は邦画の雰囲気とかテンポが好きな邦画好きだからかもしれませんが、むっちゃ人間じゃんていうあのルーズさと、人間くささのあるロボットにしちゃう感性がむしろ好きです。あのロボットってのは、単に未来だから~ってわけじゃなくて、一恵の"愛する人はみんな死んじゃう"ことへの恐怖や寂しさ、でも誰かと関わってたいという切ない気持ちの表現かなって思いましたが…、どうなんですかね。でも…、1話と3話の一恵が同一人物ってのには違和感覚えました(^^;年輪を重ねるとはやはりすごいことですよね。

最近金城さんの映画にハマっちゃって勢い余って見た死神~でしたが、なんかみなさんの感想見てて参加したくなっちゃってコメントさせていただきました
柿の種さんへ^-^* (由香)
2009-02-07 16:17:53
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました。
お返事が遅れて申し訳ありません!

金城さんの作品にハマっているのですか?
実は私もです!!(笑)
特にリターナーとK-20の金城さんは良かったなぁ~♪感想を書いていますので、もしご意見がありましたら教えて下さいね

死神に出てきたロボットですが、原作を知っているせいか妙に違和感を感じましたが、『一恵の"愛する人はみんな死んじゃう"ことへの恐怖や寂しさ、でも誰かと関わってたいという切ない気持ちの表現』というご意見を聞いて、成程なぁ~と思いました。
そういう思いがあって登場させたロボットだったのかもしれませんね。そう考えるととても優しさを感じます

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

72 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Sweet Rain 死神の精度 (to Heart)
  生き方はお任せします。   最期はお任せください。 製作年度 2007年 製作国・地域 日本 上映時間 113分 原作 伊坂幸太郎 『死神の精度』 脚本 筧昌也/小林弘利 監督 筧昌也 音楽 ゲイリー芦屋 出演 金城武/小西真奈美/光石研/石田卓也/村上淳/奥田恵梨華/吹越...
劇場鑑賞「SweetRain死神の精度」 (日々“是”精進!)
「SweetRain死神の精度」を鑑賞してきました売れっ子人気作家、伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を映画化した、死神を主人公にしたファンタジーであり、基本的には死神目線の人生スケッチ連作ドラマ。7日後に不慮の死を迎える予定の者を観察し生死を決める死神の目を通....
Sweet Rain 死神の精度 (いい加減社長の映画日記)
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」も、ノラ・ジョーンズのキュートさに、ちょっと気にはなったものの。 「死神」という言葉に魅かれて?、「Sweet Rain 死神の精度」を選択。 「UCとしまえん」は、いつものレイトショーよりは、人は多いかな? 「Sweet Rain 死神の精度」...
試写会「Sweet Rain 死神の精度」って・・・(゜◇゜)ガーン (労組書記長社労士のブログ)
 昨日は「Sweet Rain 死神の精度」の試写会のために新大阪メルパルクホールで。 前3列はマスコミ用の席という風に制限掛けてあるし、中央らへんもワーナーマイカルが陣取っている。 テレビカメラも多いし、そういえば入り口ではマスコミ用の受付ブースがあった。 おや?...
Sweet Rain 死神の精度/金城武 (カノンな日々)
ワタシ的に相性が良くて験担ぎでいまだにあえて読んでいない伊坂幸太郎さん原作小説の映画化です。しかもしかも主演が私の好きな金城くんとくればこれは見逃せないってことで初日最優先での鑑賞です。期待値も当然高いんですけど同時に贔屓度も高いかも(笑)。 出演はそ...
劇場鑑賞「SweetRain死神の精度」 (日々“是”精進!)
「SweetRain死神の精度」を鑑賞してきました売れっ子人気作家、伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を映画化した、死神を主人公にしたファンタジーであり、基本的には死神目線の人生スケッチ連作ドラマ。7日後に不慮の死を迎える予定の者を観察し生死を決める死神の目を通....
『SweetRain死神の精度』 (試写会で鑑賞) (purebreath★マリーの映画館)
               君は死ぬことについて どう思う?『SweetRain死神の精度』監督・脚本・・・筧昌也原作・・・伊坂幸太郎脚本・・・小林弘利出演・・・金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満他          ....
「SweetRain死神の精度」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「SweetRain死神の精度」公式サイト金城=死神(千葉)です。どくろでカマもった死神のイメージと 全く違う死神。この話の 死神とは・・仕事:亡くなる予定のヒトを7日間観察し、    実行=死か、見送り=生かすかを判定する。    病死...
「 Sweet Rain  死神の精度 (2008) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【Sweet Rain 死神の精度】2008年3月22日(土)公開 監督 : 筧昌...
「Sweet Rain 死神の精度」不幸に次ぐ不幸の人生も愛する人を想う気持ちが綴られた雨いつか晴れ (オールマイティにコメンテート)
「Sweet Rain 死神の精度」は死神がターゲットにする相手を1週間観察し、その生死を1週間で判定するストーリーである。死神は登場するものの、怖い死神ではなくごく普通の人間として表れ、人生の生き方について観て行く事でその心境が少しずつ変わっていく。
金城くんなら死んでもいいかも【Sweet Rain 死神の精度】 (犬も歩けばBohにあたる!)
伊坂幸太郎のベストセラー小説『死神の精度』が、金城武主演で映画化されました。 原
『Sweet Rain 死神の精度』 (cinema days 『映画な日々』)
 伊坂幸太郎の原作を映画化  ”多国籍俳優”金城武が死神役で6年振りの邦画出演   個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (劇場鑑賞)
Sweet Rain 死神の精度 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年3月22日 公開 死神だけど、ノートは使わないよ~ん! 上手だねぇ~♪ 小西真奈美チャン、歌が!!! はぁ~ん、これはねぇ何と申しましょうか・・・ん~っとねぇ 店主がこだわりのある美味いラーメンを出しそうな店構え...
「Sweet Rain  死神の精度」 (てんびんthe LIFE)
「Sweet Rain  死神の精度」試写会 ニッショーホールで鑑賞 死神ってコトバは怖いですが、この死神さん、天然というか無知というかとぼけております。 私の死神といえばジョー・ブラックなのですが、どこと無く雰囲気が似てるなあなんて思いながらみていました。 ...
「Sweet Rain 死神の精度」「泪壺」映画館レビュー 広がるか世界 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
「泪壺」(瀬々敬久監督)・・・円谷プロダクション企画、万歳(笑) 映画の楽しみ方を知っている人たちが撮った、正真正銘の純愛映画である。
「Sweet Rain 死神の精度」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「Sweet Rain 死神の精度」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満、他 *監督:筧昌也 *原作:伊坂幸太郎『死神の精度』 感想・評価・批評 等、レビューを含む記...
『 Sweet Rain 死神の精度 』 (やっぱり邦画好き…)
「生」か「死」か・・・。死神が下したいつもとちがう判定によって、いま時を越えて運命のリンクが動き出したことを、死神自身も知らなかった・・・・! 注目度No.1のベストセラー作家伊坂幸太郎の同名小説を原作に、金城武が初の死神役に挑んだファンタジーとユーモアに...
Sweet Rain 死神の精度 (映画のメモ帳+α)
Sweet Rain 死神の精度(2007 日本) 監督   筧昌也    原作   伊坂幸太郎 『死神の精度』    脚色   筧昌也  小林弘利       撮影   柴主高秀                   音楽   ゲイリー芦屋 主題歌  藤木一恵 『Sunny ...
Sweet Rain 死神の精度 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
幾千万の命のそばに7日間だけ寄り添う気まぐれなその死神は、あなたの最後の日にもきっと、この世で一番優しい雨を降らせてくれる。 死神=千葉が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。7日間の観察期間の後、「実行」=「死」か「見送り」=「生かす」かを判断す...
■Sweet Rain~死神の精度・金城武主演・筧昌也監督 (AKATUKI DESIGN)
昨日は、友人の写真展に立ち寄った後に新宿のバルト9で映画鑑賞。 待ちに待った「Sweet Rain~死神の精度」を見てきました~。 嫁さんは無類?の金城ファン。 ちょっととぼけた風の金城武が大好きで、この映画の上映を待ちに待っていたようなんですが・・・ 私はこの監...
Sweet Rain 死神の精度 (映画鑑賞★日記・・・)
【Sweet Rain 死神の精度】2008/03/22年公開製作国:日本 監督:筧昌也原作:伊坂幸太郎  『死神の精度』(文藝春秋刊) 出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満 今時の死神は、ミュージック大好き天然イケメン雨男...
キレイにまとめて終わってしまった。『Sweet Rain 死神の精度』 (水曜日のシネマ日記)
7日間で人間の生死を見極める死神と、その対象者たちの物語です。
【Sweet Rain 死神の精度】 (日々のつぶやき)
監督:筧昌也 出演:金城武、小西真奈美、石田卓也、光石研、富司純子、吹越満 「死神の千葉は、担当する人間の不慮の死を『実行』か『見送り』かを判定する。彼は青空を見たことがない、彼が現われる時はいつも雨。 ある日の担当は、電器メーカーの苦情処理係の藤
「Sweet Rain 死神の精度」金城 武はすごい~ (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
なんて書いたらいいのか迷ってしまう・・・・ 金城 武だから、すごい期待しちゃったし。 期待しすぎたからいけないのか、ツメの甘いところがいけないのか・・・・ でも、期待通り金城 武はすごかった。 彼の見せる全く違う様々な人物像に、もうメロメロになってしま...
Sweet Rain 死神の精度 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
人気作家・伊坂幸太郎の同名小説 [E:book] の映画化作品。原作もとても面白く,よくできた連作短編集で6話からなるが,映画ではその中の「死神の精度」・「死神と藤田」・「死神対老女」の3話が描かれていた。 原作でも,映画でも,何より魅力的だったのは,設定され...
Sweet Rain 死神の精度 42点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
サラリーマン死神 公式サイト えんどコイチの名作漫画『死神くん』を彷彿とさせる、伊坂幸太郎の短編連作小説『死神の精度』を映画化。監督は『美女缶』の筧昌也。 上述の『美女缶』や近作ではTVドラマ『ロス:タイム:ライフ』など、現実世界に一つだけ有り得ない...
Sweet Rain 死神の精度 (Diarydiary!)
《Sweet Rain 死神の精度》 2007年 日本映画 ミュージクが大好きな
2008-20『Sweet Rain 死神の精度』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-20『Sweet Rain 死神の精度』(更新:2008/03/26) 生き方はお任せします。最期はお任せ下さい。 評価:★★★☆☆(★★★★☆に近い) 原作は伊坂幸太郎の「死神の精度」です。 原作を読んで...
死神の精度 (Art- Mill  あーとみる)
死神の精度 http://www.shinigaminoseido.jp/ 人気作家の作品の映画化にあたり、製作チームは、イメージをどの方向に広げ、原作にない、あるいは足りない何を加えようとしたのか。 原作
「Sweet Rain 死神の精度」みた。 (たいむのひとりごと)
伊坂幸太郎作品は、「アヒルと鴨のコインロッカー」しか読んでいないのだけど、おそらくこの映画の原作も”騙し”とか”つながり”があるのだろなと、原作はあえて読まずに鑑賞。それは多分正解なのだと思うけれど、
『Sweet Rain 死神の精度』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「Sweet Rain 死神の精度」□監督 筧 昌也□脚本 小林弘利 □原作 伊坂幸太郎(「死神の精度」文藝春秋社刊)□キャスト 金城 武、小西真奈美、富司純子、光石 研、石田卓也、村上 淳、奥田恵梨華、吹越 満 ■鑑賞日 3月23...
映画「Sweet Rain 死神の精度」を観ました!!(2008-08) (馬球1964)
映画「Sweet Rain 死神の精度」を観ました!!2008年の第8作目です
Sweet Rain 死神の精度 (迷宮映画館)
あんなボケてる奴に生死を握られてるんだろうか・・・・。
Sweet Rain 死神の精度 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。伊坂幸太郎原作、筧昌也監督、金城武、小西真奈美、富司純子。不幸な運命を生きる自分を唯一理解し、愛してくれた男性を人生の最後まで拠り所にした女性の半生を描いた悲恋――と表現するよりも、死神を介してカムフラージュしなければ、その悲しみは伝わらな...
Sweet Rain 死神の精度 (せるふぉん☆こだわりの日記)
金城武主演、「Sweet Rain 死神の精度」を観てきました。 初日で2回目の
3/28 「Sweet Rain 死神の精度」 (やっかいな日に限って空は激しく晴れている。)
●本日、新宿にて鑑賞。一応オムニバスの体をなしている作品。二つめのストーリーでオチは分かっちゃうけどね。 変に奇をてらわず、近頃のテレビドラマと違ってキャストも若い人に媚びておらず・・・ものすごい大ヒットとはいかないだろうけど、名作と呼ぶにふさわしい...
「死神の精度」 (読書日和)
今回ご紹介するのは「死神の精度」(著:伊坂幸太郎)です。 -----内容----- ?CDショップに入りびたり ?苗字が町や市の名前であり ?受け答えが微妙にずれていて ?素手で他人に触ろうとしない そんな人物が身近に現れたら、死神かもしれません。 一週間の調査ののち、対象...
Sweet Rain死神の精度 (Sweetパラダイス)
行く末が死神には見えてたかのような不思議な縁思い残すことはない状態まで彼女を生きさせる選択をした死神。彼女の幸せと彼女の望み。最後に希望を叶えたとき本当の青い空を死神も見ることができた。こんなかっこいい死神なら会ってみたいかも黒い犬が死神の上司だったと...
【映画】Sweet Rain 死神の精度 (新!やさぐれ日記)
■動機 石田卓也の様子見に・・・ ■感想 なにやらうまーくまとめ過ぎてちょっと変? ■満足度 ★★★☆☆☆☆ あんまり ■あらすじ 死神の千葉(金城武)の仕事は、不慮の事故で亡くなる予定の人物のところに7日前に現れ、その人を1週間観察し、その生死を判断...
Sweet Rain 死神の精度 (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
上映時間 113分 製作年度 2007年 製作国 日本 初公開年月 2008/03/22 監督 筧昌也 原作 伊坂幸太郎 『死神の精度』(文藝春秋刊) 脚本 筧昌也、小林弘利 音楽 ゲイリー芦屋 主題歌 藤木一恵(小西真奈美) 『Sunny Day』 出演 金城武、小西真奈美、富司純子、...
Sweet Rain 死神の精度 (future world)
金城武が死神の役・・・なので観に行きました。 これ、観るまではてっきり‘完全恋愛もの’だと思ってたけど、そうではないのね。。。 ~不慮の死が近づいた人間の前に現われて7日間で判定を下す・・実行か見送りか。。 その人間が人生を全うできたかどうかが基準...
Sweet Rain 死神の精度 (花ごよみ)
伊坂幸太郎の連作短編集の映画化。 主役の死神は金城武 。 小西真奈美 、富司純子 、 光石研 、石田卓也等が出演。 本は読んでいます。 でも、読んでからかなり経っているので おおまかな内容しか憶えていません。 映画を見て徐々に 記憶が甦ってきました。 死神...
『SweetRain 死神の精度』 (2008) / 日本 (NiceOne!!)
監督:筧昌也原作:伊坂幸太郎出演:金城武、小西真奈美、富司純子、光石研、石田卓也、村上淳、奥田恵梨華、吹越満公式サイトはこちら。<Story>死神(金城武)が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事....
51●Sweet Rain 死神の精度 (レザボアCATs)
『アヒルと鴨のコインロッカー』の原作者、伊坂幸太郎ということで、見たくなったこの作品。金城武の日本語が不得意な感じがとってもキュートなこの作品♪
★SweetRain 死神の精度★ (CinemaCollection)
生き方はお任せします。最期はお任せください。映時間113分製作国日本公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/03/22ジャンルファンタジー/ドラマ【解説】人気ミステリー作家・伊坂幸太郎のベストセラーを金城武主演で映画化したハートフル・ファンタジー。人間の感情....
Sweet Rain 死神の精度 [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★☆☆☆☆ http://www.shinigaminoseido.j
Sweet Rain 死神の精度 (スワロが映画を見た)
製作年度:2007年 製作国:日本 上映時間:113分 監督:筧昌也 原作:伊崎幸太郎 脚本:筧昌也/小林弘利 出演:金城武/小西真奈美/光石研/...
『Sweet Rain 死神の精度』:テーマは判るが、映画的歯ごたえがないなぁ:Myムービー掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
足掛け45年にも渡るひとりの女性の生と死を巡る奇妙な物語を、3つの時代のエピソードで繋いでいく構成で、その狂言廻しが死神。 ただし、死神は死をもたらすわけではなく、本人にとって突発的な死に対して、「実行」か「取りやめ」を判断する役割として描かれている...
『Sweet Rain 死神の精度』 @丸の内プラゼール (映画な日々。読書な日々。)
死神が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事だ。楽しみは、CDショップで、“ミュージック”を聴く事である。今日の「ターゲット」は、27歳の一恵。家族を亡くし、恋人にも先立たれた薄幸の女性だ。しかし、ひ...
Sweet Rain 死神の精度 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  止まない雨はない  
●「Sweet Rain 死神の精度」 (月影の舞)
映画「Sweet Rain 死神の精度」を観る。 ややネタバレありの感想を書くので、 未見の人で、真っ白な気持ちで観る予定の人は、 ここから先は読まないでね。 三つの話が、少しずつつながってて、 一つの話となっている構成は好き。 でも、実は過去、...
「Sweet Rain 死神の精度」 演出の意図が見えすぎてもの足りない (はらやんの映画徒然草)
僕は雨男です。 仕事柄、年に何度か広告や商品の撮影があったりするのですが、必ずと
真・映画日記『Sweet Rain 死神の精度』 (          )
JUGEMテーマ:映画 3月28日(金)◆758日目◆ 終業後、お台場に行くことにした。 何故? というのも、前の日にマイミクの青白赤クラブさんから東宝の株主優待券をもらった。 しかし、日比谷界隈で使えるところの作品は全部見てしまっている。 渋谷だと時間...
【Sweet Rain 死神の精度】 (+++ Candy Cinema +++)
監督・脚本/ 筧昌也    原作/ 伊坂幸太郎    製作年度/ 2008年    公開/ 2008年3月22日   上映時間/ 1時間53分   配給/ ワーナー・ブ...
感想/Sweet Rain 死神の精度(試写) (EDITOREAL)
原作がよさそうなのはよくわかった。『Sweet Rain 死神の精度』3月22日公開。死神の千葉は、突発的な死を迎える者の最期の7日間を観察する。死に値する者は「実行」。しかしまだ死ぬべきではないと判断したものには「見送り」を処す。今日、千葉が観察するのは、1985年、2...
Sweet Rain 死神の精度 (とりあえず、コメントです)
伊坂幸太郎さんの『死神の精度』を映画化したファンタジーです。 観終わった後にじんわりと優しさが胸に来るような作品でした。 雨の教会でお葬式が行なわれていた。 遅れて一人の男が犬と共に教会に入ってきた。 彼は離れた席へ座る。そこにはぽつんと一人の女の子が座...
Sweet Rain 死神の精度 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 3回目の鑑賞です...正確に言うと2.5回目の鑑賞な感じ(笑)詳しくは 初日舞台挨拶の日記へ  1回目  2回目伊坂幸太郎さんの原作が60万部突破の売上 内、一冊にワタクシも貢献武ちゃん らぶぅなワタクシですが、そんなワタクシでも 過去、リターナーを...
Sweet Rain 死神の精度 (とっさの絵日記)
また更新さぼりがちになっています。娘が中学入学して親子ともに慣れずに落ち着かない
Sweet Rain 死神の精度 (cinema mix box)
死神は廻る。 ■あらすじ■ 死神が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。7日間
Sweet Rain 死神の精度 (小部屋日記)
(2008/日本)【DVD】 監督・脚本:筧昌也 出演:金城武/小西真奈美/富司純子/光石研/石田卓也/村上淳 雨男、しかも死神。 人間の最期をプロデュースする、それが、死神の仕事です。 原作は、伊坂幸太郎の同名小説。 哲学めいていてコミカル。過去、現在、未来の...
「Sweet Rain 死神の精度」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
不慮の死が予定されている人間のもとに現われ、行動を共にして7日後に、“実行=死”か “見送り=生かす”かを決める死神。その一人、千葉(金城武)は“ミュージック”をこよなく愛する 一風変わった死神。そんな千葉の今回のターゲットは電器メーカーに勤める苦情処理...
「Sweet Rain 死神の精度」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
不慮の死が予定されている人間のもとに現われ、行動を共にして7日後に、“実行=死”か “見送り=生かす”かを決める死神。その一人、千葉(金城武)は“ミュージック”をこよなく愛する 一風変わった死神。そんな千葉の今回のターゲットは電器メーカーに勤める苦情処理...
「死神の精度」「陰日向に咲く」原作比較感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
両方とも小説のイメージよりもカッコイイorカワイイ役者さんが演じてた(^^;) そして人物のリンクの仕方がちょっとタイプが似てるかな~と思い...
DVD『Sweet Rain死神の精度』 (オタマ・レベルアップ)
DVD『Sweet Rain死神の精度』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 113分 製作国 日本 公開情報 劇場公開(ワーナー) 初公開年月 2008/03/22 ジャンル ファンタジー/ドラマ 解説・・・ 人気ミステリー作家・伊坂幸太郎のベストセラーを金...
『死神の精度』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
今まで見えなかったものが見通せるようになった瞬間。いつも雨しか見たことがなかった主人公の死神が、ラストシーンで始めて、晴れた空と太陽を見る。  彼にとっては当たり前の仕事でしかない人の生が、死が。けれど、人間にとっては、一大事なように、自分にとっては、...
「Sweet Rain 死神の精度」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
「Returner リターナー」「ウィンター・ソング」「レッドクリフ Part II」と、 ここんとこ金城武作品を3本観ててミニ特集化してたけど、 その最終回という事で本作を。
「Sweet Rain 死神の精度 」 (雑板屋)
原作は伊坂作品の中でも個人的にかなりのお気に入りで、2006年春の原作読了後の自己書評では大絶賛そのものだった。 そして映画化の本作。正直申し上げると、小奇麗にこじんまりとまとめて、極々普通に終わってる気がする。 可もなく不可もなく・・・やりすぎ感はなく、...
◆DVD・Sweet Rain 死神の精度 (映画大好き☆)
Sweet Rain 死神の精度監督:筧昌也出演者:金城武、 小西真奈美、 富司純子、 石田卓也収録時間:113分レンタル開始日:2008-08-27Story伊坂幸太郎の人気小説を金城武と小西真奈美の共演で描いたファンタジードラマ。人間を7日間観察し、生死の判定を下す役割を担った死...
Sweet Rain 死神の精度 (LOVE Cinemas 調布)
伊坂幸太郎の同名小説をベースに映画化。映画化作品としては本作が4作品目にあたる。主演は今をときめく金城武。共演に役名・藤木一恵で主題かも歌う小西真奈美、富司純子、石田卓也が出演している。監督の筧昌也の作品はこれが初見でした。ずっと映画化を断り続けてきた...
死神を応援 (Akira's VOICE)
「フレフレ少女」 「Sweet Rain 死神の精度」 
Sweet Rain 死神の精度 (単館系)
人間の最期をプロデュースする、それが、死神の仕事です。 この男は、ミュージック大好き、な死神 そして雨男。 物語は大きく3つに分か...
金城武 小西真奈美 石田卓也 / Sweet Rain 死神の精度 (中川ホメオパシー )
ワケもなく公家 毎度です。 ギャグ漫画ゲリラ・中川ホメオパシーの激走!GT担当、ブロッケンです。 伊坂幸太郎原作の映画『Sweet Rain...