★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サブウェイ123 激突

2009-09-04 19:01:23 | 映画【さ行】

デンゼル・ワシントンもジョン・トラヴォルタも好きなので観に行きました~
【story】
午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡すると、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男が人質19名の命と引き換えに、残り59分で1,000万ドルを市長に用意させるよう要求してくるが―
     監督 : ト二ー・スコット 『マイ・ボディガード』 『デジャヴ』
     *『サブウェイ・パニック』(1974年)のリメイク作品

【comment】
オリジナルは未見です。
で、、、2大スター競演のノンストップサスペンス物ということで、最後の方までドキドキしながら見入りましたよ~
だから、それなりに楽しめたクチではあるのですが、、、終わってみたら、満足度メーターの針が「イマイチだニャ~」というところで止まってしまいました―

 
ぺラム発1時23分の列車が突然停止し、1車両だけ切り離したことに気が付いた地下鉄運行指令室のガーバーは、無線で運転士に呼びかけるが、応じた相手はライダーと名乗る謎の男で、その男は、車両に乗っている19名を人質に、NY市長に1000万ドルを1時間以内に支払うように要求してくる。  
 
また、ライダーは、指定時間内に金を用意しなければ1分につき人質を1人殺す―という。
すぐに警察が駆けつけたが、ライダーはカモネッティ警部補(ジョン・タートゥーロ)の呼び掛けには応じず、交渉役にはガーバーを指名してくる。
だが、ガーバーは、先頃「賄賂を日本の企業から受け取った―」と告発され、左遷された身であったため、警察から疑惑の目を向けられてしまうが―
 なぜ、自分なのか?
 なぜ1車両だけなのか?
 なぜ、1000万ドルなのか?
 なぜ、59分なのか?
 なぜ、市長なのか?
 本当の狙いとは?
 
ふぅ~最初の方の見せ方は好みだったし、テンポ良く話が進むので、終盤まではかなり引き込まれたんです。
それにデンゼルとトラさんはやっぱり上手いのよねぇ~
特にトラさんが演じるサイコな犯人役って好きなので、『ブロークン・アロー』や『フェイス/オフ』、『ソードフィッシュ』や『パ二ッシャー』なんかを頭に過らせながら観ました~

だけどサ、終わってみれば、あまりにも普通だった気がしたわ。ちょっと古臭い展開のような気もしたし。
そもそもサ、“なぜ、自分なのか?”とか“なぜ、1車両なのか?”・・・ってパンフや宣伝で踊っている謎ふりって、、、意味なくね?
    
私としては、「超~賢く、超~ぶっ飛びキャラのライダーの言動には隠された秘密があるに違いない。彼の真の狙いはどこにあるんだ?!」―って思って鼻孔をおっぴろげていたわけなんだけど、、、ライダー君の目的って肩透かし~~それに詰めも甘~~いってことでガッカリしたわん
で、、、そもそも物凄い大金が目的ならばサ、インテリ君としてはこんなリスクの大きい事件を起こして自らの手を汚さないんじゃーなかろうか?―とも思っちゃったなぁ~
仕組まれた完璧なシナリオとは言い難く、どちらかというと行き当たりバッタリに思えてねぇ~

それから、体重を増やして役作りしたデンゼルなんだけど、、、もしかして、裏の裏の裏の顔~みたいなものがあっても良かったと思うなぁ~彼の人間像も中途半端なんだもん。
私ったら、ネズミが引き金になった銃撃戦、身代金を運ぶ車のカーチェイス―あたりから陳腐さが鼻についてしまったので(汗)、きっと、「えっえ~~?!」的なラストがあるに違いない―と願ったのよ~だけど、クライマックスにイマイチ盛り上がりを感じなかったですぅ~

で、、、ラスト、、、白けてしまったの。
あまりにも最後の落とし所がキッチリしていて、、、嫌だったのよ~
具体的に言うと、“「賄賂のことは私に任せておけー」という市長のセリフ、そして、ビッグサイズの牛乳です―          (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (48)   Trackbacks (97)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦場からの脱出 | TOP | ハイスクール・ミュージカル/... »
最近の画像もっと見る

48 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
犯人 (にゃむばなな)
2009-09-04 20:35:23
最後の最後で犯人のライダーが情に訴えるような行動を取ったのはちょっと残念でしたよ。
ワルは最後までワルでいてほしいです。
そうでないと映画の悪役としては物足りませんから!
体重。 (BC)
2009-09-04 22:28:04
由香さん、お久しぶりです。

デンゼル・ワシントンは役作りの為に体重を増やしたのですね。
デンゼル演じるガーバーの人物像が深く描かれていなかったので
わざわざ体重を増やして役作りする必要はなかったような気もしますね。
Unknown (mig)
2009-09-05 00:41:50
由香さんこばんは、

ありゃ、イマイチだったんですねぇ、、、、
なぜあんな地下鉄職員があそこまでとか
思ったりしたものの、
楽しめちゃったのでヨシです
デンゼルは役作りとはいえ見事な太りっぷり、
トラさんはめちゃ怖くて良かったなー♪
Stylish! (Anderton)
2009-09-05 02:10:36
今晩初日に観てきました。Tony Scottのちょっと青味がかった、かっちょいい映像は大好きで、今作も満足しました。BGMというか効果音も緊迫感があって良かったと思います。
根が真面目な役が多いDenzelと、なんか嘘ついてそうなJohnのやり取りも楽しめました。
NYの地下鉄は線路と車輪に結構遊びがある感じで、快速みたいなのに乗ると、「このスピードは大丈夫?」って思った覚えがあります。
最後に出てきたWaldorf Astoriaは、かれこれ20年前の新婚旅行で泊まったホテルで、当時は大分クラシックなロビーでした。
株価操縦 (佐藤秀)
2009-09-05 08:36:00
何か犯行の手口まで相場師的発想でした。その意味で現代的ではありましたけど。
なんか伝わってくるなあ (pongpong)
2009-09-05 12:11:37
観てすぐ書いたとの事ですが
ちょっと期待してた部分と
前宣伝と配役で期待してました。
由香さんと同じように。
でもいつもと違う文章からも
その残念さが、ひしひしと
伝わってきますね。
・・・どうしようかな観に行くの?
そんな感じがします。あはは
こんにちは♪ (yukarin)
2009-09-05 15:47:13
私も由香さんとやや同じかなー。
結構、緊張感あるしテンポもよくてドキドキしながら観てたんですが、地上に出てからの二人の対決がいまひとつだったのォ。
私も最後何かある!と期待してたんですよねぇ。
でも主演お二人良かったし、ジョン・トラヴォルタの悪役がカッコ良く見えたのでヨシとします^^
こんにちは♪ (SOAR)
2009-09-05 18:10:44
ネズミが文字通り引き金になってしまったのは
あまりに失態ですよね。
警察が主役ではないですが、やはりシラけます。
前宣伝の「なぜ」も余計な物がリストアップされてるような・・・。
主演二人の存在感はすごかったし、交渉シーンの緊迫感もありましたが、
何かもうひとつ欲しかったです。
おおお (KLY)
2009-09-06 00:25:20
↑のSORAさんの「ネズミが文字通り引き金になってしまったのは」って上手いなぁ。あれでうっちゃだめだろって。(笑)

私は元々スローシャッターとかコマ落しとかデジタル加工したり、カメラワークに動きがあるPV系の映像が大好きなんで、序盤から持ってかれました。^^
ただ由香さんが言うように確かにストーリーは古くさくて、それを現代のガジェットを利用して今風には見せていたけど、内容的には滑ってたなぁって。(笑)
でも総合的には映像と「で、どうなるの?」って常に思いながら観れたんで満足です。ちなみに列車が止まった時点でこの映画派終了、あとはオマケだと思ってます。(爆)
こんにちは (ジョー)
2009-09-06 10:48:29
オリジナルの「サブウェイパニック」は傑作でしたよ。とくにラストのひとことは映画のお手本のような終わり方でした。機会があったらぜひ比較してみてください。
もうひとひねり (PPK)
2009-09-06 13:38:40
どうも最後が納得出来ないのはおいらも同じ。
だいたいデンゼルの発砲部分って、きちんと理解出来ていない気がする。
35年前の映画を見ればわかるのだろうか。
由香さんの言う裏の顔。それそれ!
そ・こ・で・あとひとひねりあっても良かった。
というか、今の時代に即してあるべきだよね。
Unknown (さとうれお)
2009-09-06 16:52:41
CMの煽りが嘘なのが酷いですね。ただのアクション映画だと宣伝してればそんなに怒りはないのですが。
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2009-09-06 16:53:17
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>ワルは最後までワルでいてほしいです
私もそれは思ったなぁ~
何だかライダーの行動とか思考回路とかってチョイ中途半端でしたよね~
トラさんなんだから、もっとスンゴイ悪でもハマったと思います。
BCさんへ^-^* (由香)
2009-09-06 16:56:11
こんにちは~♪BCさん^^
ちょっとご無沙汰しておりました~
お元気ですか?

>デンゼル演じるガーバーの人物像が深く描かれていなかったので
わざわざ体重を増やして役作りする必要はなかったような気もしますね
私もちょっとそういう考えが頭を過りました~
あと、せっかく役作りしたんだからガーバーには裏の顔があるかも?!って変に期待しましたが、、、そうでもなかったですね・爆
migさんへ^-^* (由香)
2009-09-06 16:59:27
こんにちは~♪
migさんは楽しめたんですよね~
私も最後の方までは面白く観ていたのですが、、、ラスト付近で???となっちゃって、、、
2人の共演は観ていて嬉しかったですが、脚本にもうひと捻り欲しかったですぅ~
まったくもって (miyu)
2009-09-06 18:28:10
同感です~!!!
この映画は結構評価が分かれているみたいなのですが、
あたしは由香さんと同じようなことを考えながら
観ていたもんだから、どんどんとトーンダウンしていって
しまいました。つまらないってほどじゃないけど、
ちょっとイマイチだったよね~(;・∀・)
Andertonさんへ^-^* (由香)
2009-09-06 23:38:33
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

Andertonさんは映画を堪能されたようですね~
私も最初の方の映像や音楽などには魅せられました。序盤は「どうなるの?」ってハラハラしたし、、、
ちょっと後半の脚本の練りこみが足りない気がして、終わってみればイマイチに思えちゃったのですが、、、

>最後に出てきたWaldorf Astoriaは、かれこれ20年前の新婚旅行で泊まったホテル
そうですか~
思い出深い場所が見れると嬉しいですね!
佐藤秀さんへ^-^* (由香)
2009-09-06 23:40:05
こんばんは~♪

>犯行の手口まで相場師的発想
う~ん、、、ライダーにはもっと違う顔を期待していたのですが、肩透かしでした。
pongpongさんへ^-^* (由香)
2009-09-06 23:44:04
こんばんは~♪pongpongさん^^
もう寝ちゃったよね?ゴメンナサイ~お返事が遅れて(汗)

配役がいいので期待して観たのですが、、、
で、、、最後の方までなかなか引き込まれたのですが、、、
ちょっとなぁ~イマイチだったんですよ~何だか中途半端で。
残念さが感想から伝わったかしら?(笑)

どうしてもオススメしたい!っていう作品ではないかも(汗)
こんばんは♪ (ひろちゃん)
2009-09-07 00:43:39
由香さん、またしても)(笑)ダメでしたか
(^^;最近意見があいませんなあ(笑)
確かに、由香さんのなぜ?と言うたくさんの疑問わかるなあ・・おっと、また洗脳される
(笑)
私はリメイクと言うことで、過度な期待を
していなかったこともあって、かなり楽しめちゃいました!まあ、デンゼル好きですしね
(笑)
このところイマイチが多い由香さんですが
次回鑑賞のウルヴァリンは★多いと
いいですね(^_-)-☆
トニー・スコットだから (風子)
2009-09-07 08:21:58
リメイクだし、ストーリーは大体いつもこんなもん。(笑)
アクションシーンが本領だから。

オリジナルは私も未見ですが、地下鉄の職員でなく警官だったそうですからね。ガーバーの役は今回作られたものなので、余計になんだかなあという部分ができちゃったのかもしれませんね。

舞台挨拶では、デンゼルはスッキリ体形になっていましたね。とても感じのよい気さくな肩でした。^^
yukarinさんへ^-^* (由香)
2009-09-07 17:52:47
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

yukarinさんも同じような感想を持ちました?
>地上に出てからの二人の対決がいまひとつだったのォ。
そうですよね~ちょっと詰めが甘かったよね、あそこは。
あと、私は人質たちに何故か緊迫感がなかったことやライダーに対して裏がなかったことにも引いたなぁ~
全体としてはチープな作品だったかも・・・
SOARさんへ^-^* (由香)
2009-09-07 17:57:43
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>ネズミが文字通り引き金になってしまったのは
そう!そうなんですぅ~
あそこは物凄く白けました・・・

>前宣伝の「なぜ」も余計な物がリストアップされてるような・・・
私もそう思いました。
ライダーには何か裏があると思ったの。
それに、ガーバーに何故拘ったのかも、思わせぶりなだけで終わったでしょ?そこにも白けたわ~
もっと脚本を練って欲しかったですぅ~
KLYさんへ^-^* (由香)
2009-09-07 18:02:29
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

私も序盤は「おっ?これって面白いんじゃない?」って思って引きこまれました~
でもなぁ~ちょっとお話がチープだったわん。
ライダーとガーバーの頭脳が激突!って期待していたのに、肩透かしで残念でした~

>列車が止まった時点でこの映画派終了、あとはオマケだと思ってます。(爆)
早っ!(笑)
列車が止まってから人質や犯人、警察も妙にグズグズでしたものね(汗)
ジョーさんへ^-^* (由香)
2009-09-07 18:04:20
こんにちは~♪
コメントありがとうございました^^

>オリジナルの「サブウェイパニック」は傑作でしたよ
そうですか~
オリジナルは評判がいいみたいですね。機会があったら観てみたいです!
PPKさんへ^-^* (由香)
2009-09-07 18:08:53
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

PPKさんもスッキリしない鑑賞だったようですね~
最初の方は結構惹きこまれませんでしたか?
それに結構ドキドキもさせてくれましたよね~

だけど、警察がグズグズだったり、人質に緊迫感がなかったり、ただの地下鉄職員が犯人を追っかけたり、何か裏がありそうな犯人に大した裏もなかったり、、、で、終わってみたら消化不良でした~
せっかくの2大スター競演ですし、もうひと押し欲しかったですね!
Unknown (りら)
2009-09-07 19:42:39
トラボルタとデンゼル・ワシントンは流石の貫禄でしたね~。ライダーがいつ切れるかわかんないのが緊迫感あって、結構怖かった でも、最後はちょっと物足りないような気も……。それに腑に落ちなかったのは最後のガーバーの笑顔。普通の地下鉄職員が犯罪者とはいえ人一人を初めて殺したのに、ああいう笑顔ってどうなの? と、ちょっと不自然な感じがしてしまった。ガーバーのキャラがもっと違ってれば話は別なんだけど…。
さとうれおさんへ^-^* (由香)
2009-09-09 08:46:28
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>CMの煽りが嘘なのが酷いですね
嘘と言うか、、、謎があまり物語には関係がなかったのは肩透かしでしたねぇ~
miyuさんへ^-^* (由香)
2009-09-09 08:50:38
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

miyuさんも同じように感じたようですね~
というか、、、miyuさんの評価が低くて驚きました(笑)

最初は結構ハラハラしたんだけどなぁ~どんどんトーンダウンしましたよねぇ~
ガーバーにもライダーにもあまり魅力を感じなかったのが痛かったですぅ~
ひろちゃんへ^-^* (由香)
2009-09-09 08:55:16
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

20世紀少年に続いてまたまたダメでした~(笑)
ひろちゃんは結構面白く観れたようですね~

私はね、主役の二人にもっと裏の顔が欲しかったのですよ。あとさ、チラシでの煽りにのっちゃったので(汗)ライダーにはもっとスゴイ企みがあるんじゃーないかと思ったの。
で、、、そこらへんでねぇ~シラケチャッタのでした。

ウルヴァリンには期待大です!!金曜日に行きたいな♪
風子さんへ^-^* (由香)
2009-09-09 08:58:22
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

TVでデンゼルを見ましたが、スッキリして素敵でした~良かった、、、痩せて(笑)

>地下鉄の職員でなく警官だったそうですからね
そうでしたか~その方が自然だったかもですね。ガーバーが地上に出て、ライダーを追っかけるのが妙に不自然でしたから(汗)
りらさんへ^-^* (由香)
2009-09-09 09:02:20
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

掴みはOKだったんですけどね~最後には私も物足りなくなっちゃったなぁ~

>普通の地下鉄職員が犯罪者とはいえ人一人を初めて殺したのに、ああいう笑顔ってどうなの?
う~~~ん、ミルクを手に提げてましたしね(汗)ガーバーの家族愛と罪を認めたことで明日へのステップ!みたいなものを表したかったんでしょうけど、、、スベッていましたよね(汗)
目が肥えた観客 (iina)
2009-09-10 10:21:15
観客たちは沢山の映画を観ていて、目が肥えていて、なかなか意表をついた
ドラマにならぬようです。
ましてやリメーク版ですから。

批評しても結果がそれを反映するものですから、世間に任せて、
iinaは映画をたのしむことにします。
おはようございます! (みすず)
2009-09-11 08:15:05
面白かったですね!
最初から最後までスクリーン釘付けで見ちゃった♪
時間が表示されるのも、ドキドキ!

確かに、由香さんが言われるように最後あっけない感じはあったけど^^;

二人が迫力あってかっこよかったから、満足してます~♪

同感、同感。 (真紅)
2009-09-11 23:38:22
由香さん、こんにちは。
私も、あの牛乳は感動どころだとわかってはいるのですが、ちょっと白けてしまいました。
それに、ライダーくらい頭の切れる人間が、あんなことするかなー、というのも根本的に疑問で・・・。
あんまり楽しめなかったな~、あ~あ、損した気分。。
iinaさんへ^-^* (由香)
2009-09-12 15:16:48
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタの共演だし、宣伝で謎ある展開と煽っていましたから、もうちょっとドラマチックな物語を期待してしまいました~
まぁ~中盤まではなかなか引き込まれて面白かったです♪
みすずさんへ^-^* (由香)
2009-09-12 15:19:12
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

みすずさんは楽しめたようですね~
デンゼルとトラさんの共演は嬉しかったですね!
ラストにもう一捻りあることを期待したのですが、、、その辺がちょっと残念でした~
真紅さんへ^-^* (由香)
2009-09-12 15:22:05
こんにちは~♪真紅さん^^
TB&コメントありがとうございました。

真紅さんも同じような感想を持ちましたか?
あの牛乳は、、、白けましたよね(汗)ホントはホンワカさせたかったんだろうけど、、、
ライダーもねぇ~もうちょっと違う目的があるのかと思ったら、何とも浅はかでガックリでした。で、、、私もライダーがああいう行動に出たことは根本的に違和感があったなぁ~
Unknown (かめ)
2009-09-14 09:55:07
こんにちは、

デンゼルの体を張った演技、とトラボルタの狂気の男の電話での対決は、大いに楽しませてもらいました。
カーチェイスは、動機に無理があって、とってつけた感が否めませんでしたが。
TBありがとうございました (sakurai)
2009-09-14 13:29:32
そうそうそう、普通って言葉がピッタリでしたわ。
デンゼルさんも、トラちゃんもうまいんだけど、うまいのもわかってるし、想定の範囲内でした。
トニーさんなんで、もうちっと半端ないチェイスとか、痛さとかあるかなと思ったんだけど、肩透かしでした。
中途半端 (たまさん)
2009-09-14 23:11:12
こんばんは~。
そうそう、ライダーには何か絶対ある!
と思ってみていたのですが、あれれ?と(苦笑)
デンゼルももっと何かあるに違いない!と思いつつ・・あれれ?と(苦)
カークラッシュが半端なく目立つワリには
全てが中途半端な作品として終始しました。
かめさんへ^-^* (由香)
2009-09-16 08:06:24
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

かめさんはデンゼルとトラボルトの演技に満足されたようですね~
でもカーチェイスはとってつけた感がありましたか?(笑)私もそう思いました。派手なんだけど観ていて気持ちが盛り上がるようなものじゃーなかったかも。
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2009-09-16 08:08:31
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

ちょっと肩透かしでしたよねぇ・・・
デンゼルとトラさんなので、もっと2人に裏があるんじゃーないかと思ったんだけどなぁ~
普通に終わってしまって・・・
物足りなさを感じてしまったなぁ~
たまさんへ^-^* (由香)
2009-09-16 08:12:10
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

そもそも宣伝文句が良くなかったですよね?(笑)デンゼルにもトラさんにも絶対裏があるって思わせてましたもの~
だから尚更中途半端に感じたんだと思うわん。
主演の二人の演技は良かったんだけど・・・終盤の脚本がお粗末だったかなぁ~
こんにちはー (hito)
2009-09-16 11:32:06
前半は面白かったですよね!
二人の会話もいいし、どう展開していくのかワクワク♪していたのですが・・

お金の受渡しがあって犯人逃げ出してからがもうダメでしたー
なんでただの地下鉄職員犯人を追う?って感じで~終盤イライラしっぱなし(汗)でした。

もうちょっと面白くなりそうだったのに残念ですね!
hitoさんへ^-^* (由香)
2009-09-17 10:46:46
こんにちは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

前半はなかなか面白かったですよね~
デンゼルとトラさんだし、結構ハラハラさせてくれました~
でも、、、私も後半にはガックリ!もう一工夫欲しかったですよね~
終わってみたら古臭いというか普通な映画だと思っちゃったなぁ~残念・・・
トラさん♪ (ともや)
2009-09-17 19:31:49
こんばんは、由香さん♪
トラさんが出てると、ついついキレてぶっ飛んだ過剰な演技を期待しちゃうんですよね~♪(いかんいかん)
衝動的に地下鉄をハイジャックしたんじゃないんだから、何故地下鉄を使ったのか…といった必然性みたいなモノが欲しかったですね。

身代金のカラクリは、前に岡嶋二人の小説で似たようなカラクリのミステリーを読んでいたので、序盤で『あ~、そうやって手に入れるのね』って分かっちゃった(笑)。
ともやさんへ^-^* (由香)
2009-09-21 09:18:05
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>トラさんが出てると、ついついキレてぶっ飛んだ過剰な演技を期待しちゃうんですよね~♪
そうなんですよね~(笑)
私も期待しちゃったみたいで、この映画はちょっと肩透かしだったかなぁ・・・中盤まではなかなか面白かったんだけど。

岡嶋二人の小説で似たようなカラクリがあったの?何ていう小説ですか?

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

97 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サブウェイ123 激突 (映画君の毎日)
<<ストーリー>>午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。しかも、その電車はなぜか1両だけほかの車両と切り離されて停止していた。胸騒ぎを覚えたガーバーが無線連絡する...
劇場鑑賞「サブウェイ123激突」 (日々“是”精進!)
サブウェイ123激突「サブウェイ123激突」を鑑賞してきましたデンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの豪華2大スターを主演に迎えたクライム・サスペンス。ジョン・ゴーディのベストセラー小説を原作に、1974年の「サブウェイ・パニック」に続いて再映画化。....
サブウェイ123 激突 (勝手に映画評)
1974年の映画『サブウェイ・パニック』のリメイク。ただし、設定は異なっており、ガーバーが、鉄道警察官からMTAの輸送司令になっている。 ガーバーを演じるのは、アカデミー俳優のデンゼル・ワシントン。彼は、わざわざ太って役作りに励んだという。その役作りの成果は...
サブウェイ123 激突 / THE TAKING OF PELHAM 123 (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 1974年の『サブウェイ・パニック』を 『トップガン』他数々の名作&大作を送り出してきた名匠、 トニー・スコット監督(65)がリメイク! (兄はリドリー・スコ...
サブウェイ123 激突 (めでぃあみっくす)
原作の『サブウェイ・パニック』は知的で洒落っ気のある名作だったのに対し、リメイク作はまさにトニー・スコット印の「ザ・ハリウッド」なドンパチ映画でした。知的な面白さが全くないうえに、ラストではテーマが「対決」から「NYに潜む孤独」にすり替えられていたことに...
『サブウェイ123 激突』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
昨日の夜は、新橋・ヤクルトホールでの『サブウェイ123 激突』の試写会に行ってきました。 開場して10分くらいで会場に到着したら、結構席がもう埋まっていて、後ろの方の空き席を探すのが大変でした。 これだけお客さんが入るってことは期待値のあらわれかもしれな...
■『サブウェイ123 激突』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:アメリカ映画、トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ主演。
サブウェイ123 激突 奥さんの云うことはちゃんと聞きなさい! (労組書記長社労士のブログ)
【 44 -10-】 大阪労働大学に行きだしてから、週に2日(たまに3日)が潰れてしまうので、その他の日に仕事や用や飲み会やらが押し込まれてしまってなかなかフリーな日がない。 たまに友人から「飲みに行こうよ、いつが空いてる?」って聞かれて、「えーっと2週間後の・・...
サブウェイ123 激突 (試写会) (風に吹かれて)
[E:subway] オヤジ対決デンゼル・ワシントン vs ジョン・トラボルタデンゼル・ワシントン 
サブウェイ123 激突  ペラム駅1時23分発 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタが、がっぷりと対決するサスペンス大作だ。地下鉄をハイジャックしたトラヴォルタの冷酷で頭の切れる悪人ぶりもいいし、一見さえない地下鉄職員を演じたワシントンの緩急自在の演技もすばらしい。幾重にも隠されたプロットが明...
サブウェイ123 激突 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
名作サスペンス「サブウェイ・パニック」を、トニー・スコット監督がリメイク。デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタという2大スターの競演が魅力的だ。ガーバーはNY地下鉄運行司令部で働いている平凡な地下鉄職員。1台の電車が緊急停車し、1両だけ切り離され...
『サブウェイ123 激突』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日の映画はね、 読み方がちょっと変わっているんだ。 「サブウェイ」のあとの「123」、 これは「ひゃくにじゅうさん」って読むんだって。 「いちにさん」じゃないんだよ。 これ、配給会社からの指定。 どういう意味かって? 「サブウェイ」だから、てっきりその車両...
サブウェイ123 激突 (心のままに映画の風景)
午後2時、ニューヨーク地下鉄運行司令部で働くガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ペラム発1時23分の電車が緊急停止したことに気付く。 1...
「サブウェイ123 激突」オッサン2人…激突! (シネマ親父の“日々是妄言”)
記事投稿日時 2009年8月27日0:30 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ豪華共演!そして監督はトニー・スコット!!何とも豪華な顔合わせだこと。「サブウェイ123 激突」(ソニー・ピクチャーズ ...
映画『サブウェイ123/激突』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
「銃の力」かぁ……。 『サブウェイ123/激突』 "THE TAKING OF PELHAM 1 2 3" 2009年・アメリカ・105分 監督・製作:トニー・スコット 製作:トッド・...
「サブウェイ123 激突」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「サブウェイ123 激突」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ベンガ・アキナベ、ジョン・ベンジ...
サブウェイ123 激突 (LOVE Cinemas 調布)
『アメリカン・ギャングスター』のデンゼル・ワシントンと『ヘアスプレー』のジョン・トラボルタという豪華2大スターが共演!1974年の『サブウェイ・パニック』を監督は『トップ・ガン』のトニー・スコット、脚本を『ボーン・スプレマシー』、『ミスティック・リバ...
サブウェイ123 激突/デンゼル・ワシントン (カノンな日々)
劇場予告編を何度観ても主人公らしき人物がデンゼル・ワシントンだというのが信じられなくて思わず公式サイトに行って確認しちゃいましたけど、ちゃんとデンゼル・ワシントンでした。今までとは髪型がガラリと変わっちゃっってビックリです。この映画は1974年の『サブウェ...
サブウェイ123 激突の試写会行ってきた。 (西麻布でランチとか東京散歩とか。)
中野サンプラザで行われた9/4公開のデンゼル・ワシントン、ジョ・トラボルタ主演サブウェイ123 激突の試写会に行ってきました。 人多すぎ。 公開前の試写会でサンプラザを埋めるような人を集めたら公開初日の観客動員数に影響を与えるんじゃないでしょうか。
サブウェイ123 激突 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE TAKING OF PELHAM 123。トニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ。1974年公開の「サブウェイ・パニック」のリメイク。
映画「サブウェイ123 激突」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『サブウェイ123 激突』を観て来ました。採点は★★★☆☆(5点満点中3点)です。ホントは3.5点。 硬派な男たちのドラマです。デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタの2大スターがオヤジパワー全開で闘います。ハラハラドキドキの地下鉄パニック映画でちゃ...
サブウェイ123 激突 (そーれりぽーと)
公開スケジュールを見てると、この秋以降は超話題作じゃなくてもフライングで金曜に公開されるパターンが増える。 そんな無意味にフライングする最初の映画『サブウェイ123 激突』を観てきました。 ★★★ オリジナルは観てません。 トニー・スコット節炸裂なカッコ...
「サブウェイ123激突」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「サブウェイ123激突」の試写会に行ってきた。原題は"TheTakingofPelham123"。「ペラム発1時23分の乗っ取り」てなとこか?ニューヨークの地下鉄が1両ハイジャックされて、乗客の身代金を要求する犯人(ジョン・トラボルタ)から交渉役に指名された地下鉄職員(デンゼル・ワ...
映画『サブウェイ123 激突 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
チケット買うとき、「サブウェイいち・にー・さん」なのか「ひゃく・にじゅう・さん」
サブウェイ123 激突 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE TAKING OF PELHAM 1 2 3公開:2009/09/04製作国:アメリカ上映時間:105分鑑賞日:2009/09/05監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフ...
試写会「サブウェイ123」 (流れ流れて八丈島)
今晩は、これから虎ノ門ニッショーホールで試写会「サブウェイ123」を観ますトニー・スコット監督、デンゼル・ワシントン&ジョン・トラボルタ主演です。70年代の傑作「サブウェイ・パニック」のリメイク作品だそうです。レビューは、家に帰ってから、また追記しまーす....
サブウェイ123 (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/アメリカ監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン    ジョン・トラボルタトニー・スコットXデンゼル・ワシトンXジョン・トラボルタ!!!
『サブウェイ123 激突』・・・情けないぞNYPD (SOARのパストラーレ♪)
ジョン・トラボルタ演じる地下鉄ジャック犯ライダーと、デンゼル・ワシントン演じる地下鉄職員ガーバーの心理戦。二人の名優のぶつかり合いはそりゃあもう見応えがあった。しかしながら、う~ん、逆に言えば主演がこの二人じゃなかったらあまり記憶に残らない作品のような...
サブウェイ123 激突 (だらだら無気力ブログ)
1974年の『サブウェイ・パニック』をトニー・スコット監督がリメイク。 ニューヨークの地下鉄をハイジャックした犯人と身代金の交渉役を務める ことになった地下鉄職員との緊迫感溢れるやりとりを描く。 ハイジャック犯をジョン・トラヴォルタが、犯人と交渉することに...
[映画『サブウェイ123/激突』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆母親が、<MOVIX昭島>で、アンケートに答えたら郵送されてきたフリーチケットをくれたので、私が行ってきた^^    ◇  物語は、NY地下鉄の管制官ガーバー(デンゼル・ワシントン)が、地下鉄を乗っ取った犯罪者集団と、心ならずも交渉しなくてはならない...
[映画][劇場公開]サブウェイ123 激突 48点 (さとうれおはオレだけか)
佳作なんだろうなぁと評価を知らないで見てきましたが酷い映画でした。 なくてもいい浮いたシーンに金がかかっていましたが中盤はそれすらない。 失笑するようなご都合主義だか適当な流れで話が進んでいき最初から突っ込みどころの多いと知っていれば楽しめたかも。 CMだ...
サブウェイ123 激突 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『123号車、応答せよ─ 要求は何だ? この車両ひとつで、 NYはハイジャックできる。』  コチラの「サブウェイ123 激突」は、1974年にも「サブウェイ・パニック」として映画化されているジョン・ゴーディのベストセラー小説「サブウェイ123」を再映画化した9/4公開...
サブウェイ123 激突/The Taking of Pelham 123 (いい加減社長の映画日記)
平日、特に週末金曜日のレイトショーは、仕事の疲れもあって、よき記憶がなくなるんだけれど^^;眠気を誘わずに見せてくれるかどうか期待しながら、「サブウェイ123 激突」を鑑賞。「UCとしまえん」は、少なめかな(平日のレイトショーなら、こんなもんか?)。「サブウェ...
【98.2Kg】 「サブウェイ123 激突」を観にいきました♪ (街のクマさん 炎のダイエット日記)
さて、昨日(土曜日)の分の更新をしますね♪ {%笑いwebry%}
「サブウェイ123 激突」 (てんびんthe LIFE)
「サブウェイ123 激突」試写会 ニッショーホールで鑑賞 トラボルタ大好きなんです。 すべてに見とれる。 「ナイトフィーバー」してる頃、2枚目だか同課は知らないけど痩せてて青臭いトラボルタなんてどうでもよくて、体系の崩れたあごのえぐれたどう見ても?の...
サブウェイ123 激突 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] いいんだけど、何かが足りない・・・
★サブウェイ123 激突(2009)★ (CinemaCollection)
THETAKINGOFPELHAM123123号車、応答せよ──要求は何だ?この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。メディア映画上映時間105分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)初公開年月2009/09/04ジャンルサスペンス映倫G【解説】デンゼル....
「サブウェイ123 激突」(試写会:ソニーピクチャーズ試写室 虎ノ門) (なつきの日記風(ぽいもの))
JUGEMテーマ:映画 原題:「The Taking of Pelham 1 2 3」 監督:トニー・スコット 製作:トッド・ブラック、トニー・スコット、ジェイソン・ブルメンタル、スティーブ・ティッシュ 製作総指揮:バリー・ウォルドマン、マイケル・コスティガン、ライアン・カ...
『サブウェイ123 激突』 (purebreath★マリーの映画館)
1時23分発列車                     その車両ひとつでNYをジャックする。『サブウェイ123 激突』監督・脚本・・・トニー・スコット脚本・・・ブライアン・ヘルゲランド原作・・・ジョン・ゴーディ出演・・・デンゼル・ワシントン、ジョン・ト...
サブウェイ123激突 (だめ男のだめ日記)
「サブウェイ123激突」監督トニー・スコット出演*デンゼル・ワシントン(ウォルター・ガーバー)*ジョン・トラヴォルタ(ライダー)*ジョン・タートゥーロ(カモネッティ警部補)*ルイス・ガスマン(レイモス)*マイケル・リスポリ(ガーバーの上司ジョンソン)*ジェーム....
サブウェイ123 (りらの感想日記♪)
【サブウェイ123】 ★★★☆ 映画(29) ストーリー ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバー(デンゼル・ワシントン)
サブウェイ123 激突 (Diarydiary!)
《サブウェイ123 激突》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - THE TA
『サブウェイ123 激突』 ('09初鑑賞117・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (5段階評価で 3) 9月5日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:25の回を鑑賞。
どことなくモヤッと感が残る「サブウェイ123 激突」 (固ゆで卵で行こう!)
本日公開の映画、「サブウェイ123 激突」を観てきました。 主演はデンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタ。 そして監督はトニー・スコット。 そのいかにもトニー・スコットな映像は全編に渡って描かれてて堪能(笑)。 堪能し過ぎて、さすがにこの手法にも飽きが...
サブウェイ123 激突☆独り言 (黒猫のうたた寝)
地下鉄を舞台にした地下鉄ジャックの物語・・・とこれを観てまず思いだしたのが『交渉人 真下正義』オリジナルが『サブウェイパニック』だそうですが残念ながら、猫の記憶に残ってない^^;;;その結果がこの連想だったのですが(笑)タイムリミットがある・・・しかも上映...
サブウェイ123 激突 (Akira's VOICE)
安全管理は万全に。  
サブウェイ123 激突 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
本日は「サブウェイ123 激突」を観てきました。あの名作「サブウェイ・パニック」のリメイクでございます。監督はトニー・スコット、犯人役...
サブウェイ123 (もののはじめblog)
1974年の『サブウェイ・パニック』を観ているが、ウォルター・マッソー(ニューヨーク市都市交通局警察本部長)とロバート・ショウ(犯人)との掛け合いがどことなくユーモラスでラストが洒落た印象深い映画だったが、本作はまったく違った雰囲気に仕上がっていた。 主役...
サブウェイ123 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日はデンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタが激突するクライム・アクション!「サブウェイ123」を観てきましたよっ!!  NY。  地下鉄指令室のガーバー(デンゼル・ワシントン)はペラム123の列車が不審な動きをしているのに気づきます。  列車に停...
「サブウェイ123 激突 」  THE TAKING OF PELHAM 1 2 3 (俺の明日はどっちだ)
・ 公開前から随分と繰り返し予告編を見せられた1974年に公開された「The Taking of Pelham One Two Three(邦題:サブウェイ・パニック)」のリメイク版。 デンゼル・ワシントンとジョン・トラヴォルタといった顔合わせ、そして監督がトニー・スコットということに加え...
サブウェイ123 激突 (描きたいアレコレ・やや甘口)
1両目に乗ってはいけない デンゼル・ワシントンは11kg増量し、ださメガネ、彼らしくないカッコ悪いキャラに作ってあるんで、似顔絵は当然...
サブウェイ123 激突 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
主導権を握るのはどっちだ!?・・・緊迫の交渉劇、ある言葉が闘いの流れを変える。 物語:大都会ニューヨークのある日の午後2時、地下鉄ハイジャック事件が発生した。 ペラム駅1時23分発の列車“地下鉄(サブウェイ)ペラム123号”の運転室が占拠されたのだ。犯人は...
サブウェイ123 激突 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
主導権を握るのはどっちだ!?・・・緊迫の交渉劇、ある言葉が闘いの流れを変える。 物語:大都会ニューヨークのある日の午後2時、地下鉄ハイジャック事件が発生した。 ペラム駅1時23分発の列車“地下鉄(サブウェイ)ペラム123号”の運転室が占拠されたのだ。犯人は...
『サブウェイ123 激突』:オリジナルは緩急、リメイクは急急(汲々) (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
デンゼル・ワシントンvs.ジョン・トラヴォルタ、監督が細切れカットが得意のトニー・スコットと来れば、オリジナルとは全く別の代物と想像がつく。 で、結果は、期待どおりというか予想どおりというか。
2009-68『サブウェイ 123 激突』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2009-68『サブウェイ 123 激突』(更新:2009/09/06) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 連日、仕事帰りに映画鑑賞しました。 しかし、決して楽になった訳ではないです。 とりあえず、明日は休み...
サブウェイ123激突 (みすずりんりん放送局)
 『サブウェイ123』を観た。  2時00分-ニューヨーク地下鉄運行指令室。  ここで働くウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシン...
サブウェイ・パニック~『サブウェイ123 激突』 (真紅のthinkingdays)
 THE TAKING OF PELHAM 1 2 3  ニューヨーク。地下鉄運行管理官のガーバー(デンゼル・ワシントン)は収賄 容疑で告発され、管理職から降...
サブウェイ123 激突!! (銅版画制作の日々)
 原題:THE TAKING OF PELHAM 123 123号車、応答せよ──要求は何だ?この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。 もたもやリメイクか~~!と呟いてしまった。何と35年前の作品「サブウェイ・パニック」をリドリー・スコットの実弟であるトニー・スコット...
サブウェイ123  (You got a movie)
監督   トニー・スコット キャスト デンゼル・ワシントン      ジョン・トラボルタ      ジョン・タトウーロ ほか  デンゼル・ワシントンとジョン・トラボルタが競演するということで作品のレベルは否が応でも上がっていて期待しつつ鑑賞。しかし残念な...
サブウェイ123 激突 (映画通信みるみる)
ニューヨーク午後2時。ペラム発1時23分の電車が不意に停止。 今、デンゼル・ワシントン対ジョン・トラヴォルタの闘いが始まる! 午後2時...
サブウェイ123 激突 (Movies 1-800)
The Taking of Pelham 1 2 3 (2009年) 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ、ジェームズ・ガンドルフィーニ 1974年作「サブウェイ・パニック」のリメイクで、ニューヨークの地下鉄をジャックした犯人と交渉役と...
サブウェイ123 激突 (映画の話でコーヒーブレイク)
公開後初の週末はやっぱり混みますねぇ。久々に満席の映画館で鑑賞。 でもエンドロールが始まると、直ぐに席を立って退場する方が多かったのでちょっと驚きました。 暗い中、階段を下りるのは危ないよ。 あと5分くらい余韻を楽しんで、明るくなるまで待ちましょうよ~。 ...
サブウェイ123 激突 (夫婦でシネマ)
残念ながら、激突は不発に。
サブウェイ123 を観ました。 (My Favorite Things)
予告編につられて、つい観た1本です。原題VS邦題かも?
サブウェイ123激突 (シネマ日記)
またトニースコット監督とデンゼルワシントンのコンビか~。またどうせ超トニースコットな感じの映画なんだろうなぁ、と思いつつ、最近社会派の映画ばかり見ていて、ちょっとこういう派手めなアクションに飢えていたし、大好きなジョントラボルタが久しぶりの悪役というこ...
サブウェイ123 (迷宮映画館)
トニーさんにしちゃあ、痛さが少なかったような。
サブウェイ123 激突/THE TAKING OF PELHAM 1 2 3 (映画感想つれづれ日記)
「サブウェイ・パニック(74)」といえば、地下鉄を題材にしたパニック映画のフロンティアともいうべき傑作。
【サブウェイ123 激突】 (日々のつぶやき)
監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ 「地下鉄職員のガーバーは変な動きをしている地下鉄に気付いた。無線の呼びかけにも応えない。 その地下鉄は四人の男たちによってジャックされていた。 一両目だけ切
「サブウェイ123 激突」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  デンゼル・ワシントン VS ジョン・トラボルタ“激突”というサブタイトルはこの二人の駆け引きだったともとれる、スリリングなサスペンスでした。トニー・スコット監督とデンゼル・ワシントンの組み合わせは「マイ・ボディガード」「デジ...
★「サブウェイ123 激突」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
いよいよTOHOシネマズのシネマイレージ6000ポイントを使って、 1ヶ月フリーパスをゲット。 1ヶ月間観まくるぞーーーって事で、初日は4本観ちゃいました。 その1本目。
『サブウェイ123 激突』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「サブウェイ123 激突」□監督・脚本 トニー・スコット □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □原作 ジョン・ゴーディ □キャスト デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、ジェーム...
サブウェイ123 激突 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE TAKING OF PELHAM 123) 【2009年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 1973年に刊行されたジョン・ゴーディ原作の同名小説を映像化。 1974年「サブウェイ・パニック」(原題:THE TAKING OF PELHAM ONE TWO THREE)が公開。 1998年にTVムービー「サブウェ...
サブウェイ123 激突 (週末映画!)
映画「サブウェイ123 激突」の感想・評価のまとめ
サブウェイ123 (桜の英語四方山話(時々旅行・芝居・映画))
何でもアリなニューヨーク。「街中で銃撃戦が起ったら」とか「地下鉄ハイジャックなんて事が起ったら」なんて考えていたら生活できないから、当然そんな事考えもしないけれど、あり得そうだから怖い。 サブウェイ123(原題:The Taking of Pelham 123)もそういう意味...
サブウェイ123 激突(映画館) (ひるめし。)
この車両ひとつで、NYはハイジャックできる。
サブウェイ123 激突 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
川崎のチネチッタで、ポイントカードを提示すると1000円で鑑賞できるキャンペーンをやっていたので、1000円で鑑賞。(そのかわりポイントはつきませんが。)サブタイトルはデンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ2大名優の「激突」ということ?ニューヨーク、午後2時....
「サブウエイ123激突」 (再出発日記)
「ニューヨーク、美しい。守るに値する街だ」監督:トニー・スコット出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラボルタ、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ラモン・ロドリゲス、ジェームズ・ガンドルフィーニStory午後2時、ニューヨーク地下鉄運...
サブウェイ123 激突 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年9月21日(月) 19:00~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1250円(チケットフナキで前売り購入) パンフレット:500円(買っていない) 『サブウェイ123 激突』公式サイト 「大地震」「エアポート75」そして本命「タワーリング・インフェルノ」のパニック映画ブーム...
サブウェイ123 激突 (ちこひろ日記)
JUGEMテーマ:映画 久しぶりに見たい映画を映画館で鑑賞~♪「ハラハラドキドキ面白そうじゃないの~!?」ということで本日は『サブウェイ123』を見に行きました。ニューヨーク地下鉄運行司令室に勤務するガーバー(デンゼル・ワシントン)は、ぺラム発1時2...
No.091 「サブウェイ123 激突」(2009年 105分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 トニー・スコット 出演 デンゼル・ワシントン    ジョン・トラヴォルタ    ジョン・タートゥーロ この日の2本目の作品が先程とうって変わって洋画の話題作品です。 癒し系の淡々とした「プール」と違って動きのある「サブウェイ123 激突」という作品です...
「サブウェイ123 激突」プチレビュー (気ままな映画生活)
1974年の「サブウェイパニック」をリメイクした作品。 オリジナルは未観賞ですが、予告編で興味がわき 観賞してきました。
サブウェイ123 激突 - THE TAKING OF PELHAM 123 - (個人的評価:★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
デンゼル・ワシントンがキャスティングされているということとデンゼル・ワシントン対ジョン・トラボルタが「がっぷり四つ」ということで楽...
映画「サブウェイ123 激突」 (FREE TIME)
映画「サブウェイ123 激突」を鑑賞しました。
「サブウェイ123 激突」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Taking of Pelham 1 2 3 」2009 USA/UK    ウォルター・ガーバーに「デジャヴ/2006」「インサイドマン/2006」「アメリカン・ギャングスター/2007」のデンゼル・ワシントン。 ライダーに「ママの遺したラヴ・ソング/2004」「ヘアスプレー/2007」のジョ...
サブウェイ123 激突 (まぁず、なにやってんだか)
友人からもらった9月30日の期限の映画チケットで、昨日「サブウェイ123 激突」を観てきました。 ウォルター・ガーバー(デンゼル・ワシントン)とライダー(ジョン・トラヴォルタ)のやりとりが緊迫していて、とてもよかったです。どうかライダーを怒らせません...
サブウェイ123 激突 (マー坊君の映画ぶろぐ)
「サブウェイ123 激突」監督:トニー・スコット(『デジャヴ』『ジェシー・ジェームズの暗殺』)声の出演:デンゼル・ワシントン(『アメリカン・ギャングスター』『インサイド・マン』)ジョン・トラボルタ(『団塊ボーイズ』『ヘヤスプレー』)ジョン・タトゥーロ(...
09-258「サブウェイ123 激突」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
地下鉄パニック  ニューヨーク、午後2時。地下鉄運行指令室で勤務中のガーバーは、緊急停車したペラム駅1時23分発の列車へ応答を促す。その列車は、19名が乗車した1両目だけを切り離して停車している状態だった。  すると、無線で応答してきたライダーと名乗る男か...
サブウェイ123 激突 (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:トニー・スコッ
サブウェイ123 激突(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告観て観たかった「サブウエェイ123 激突」をやっと観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン 上映時間:105分  ぺラム発1時23分の電車が緊急停止した...
「サブウェイ123 激突」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
トラちゃんとデンゼルのやりとりは迫力ありでした・・
「サブウェイ123 激突」 (シネマ・ワンダーランド)
「トップ・ガン」や「マイ・ボディガード」「デジャヴ」などの作品で知られる英国出身の米アクション映画の鬼才、トニー・スコット監督がメガホンを執ったクライム・サスペンス「サブウェイ123激突」(2009年、米、105分、コロンビア映画配給)。この映画は、ジ...
サブウェイ123 激突 (Recommend Movies)
二人の『頭脳』が激突する 【感想】 トニー・スコット監督×デンゼル・ワシントンのタッグは 『クリムゾン・タイド』、『マイ・ボティー...
サブウェイ123 激突 (こんな映画見ました~)
『サブウェイ123 激突』 ---THE TAKING OF PELHAM 1 2 3--- 2009年(アメリカ) 監督:トニー・スコット 出演:デンゼル・ワシントン、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ ニューヨーク、午後2時。 地下鉄運行指令室で勤務中のガーバー(デンゼル・ワ...
サブウェイ123 激突 (いやいやえん)
ジョン・トラボルタ×デンゼル・ワシントン。そういえばデンゼル・ワシントンさんがでてる作品ってなんか安定してる気がする。 123号線のハイジャックならぬサブウェイジャックですね。目的は金。たまたま管制担当だったデンゼルさん演じるガーバーが犯人との交渉役...
【映画】サブウェイ123 激突…トラボルティング微減 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}九州よりも東京の日没が早いのが違和感{/face_ase1/}{/eq_1/}だったピロEKです。 今週は夜勤週。お仕事は多めです{/ase/} 毎年この時期は少し忙しいらしく{/eq_1/}、去年のこの頃からコメントへの返事が停滞{/face_hekomu/}{/down/}…未だに書けてい無い...
映画『サブウェイ123激突』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-51.サブウェイ123■原題:TheTakingOfPelham123■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:105分■字幕:寺尾次郎■鑑賞日:9月9日、渋東シネタワー(渋谷)スタッフ・キャ...
サブウェイ123 激突 (mama)
THE TAKING OF PELHAM 123 2009年:アメリカ 原作:ジョン・ゴーディ 監督:トニー・スコット 出演:ジョン・トラボルタ、デンゼル・ワシントン、ジョン・タトゥーロ、ルイス・ガズマン ...