★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワールド・オブ・ライズ

2009-01-04 13:38:55 | 映画【わ行】

2008年最後の劇場鑑賞は12月22日。
かつて最愛だったレオ君の映画でした―(アップ遅っ・汗)
【story】
ヨルダンを拠点に大規模なテロを実行する首謀者の手がかりを得たCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、組織に接触しようと試みる。そのためにCIAのベテラン局員エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)の指示を受け、ヨルダン情報局のトップ、ハニ(マーク・ストロング)の協力を得なければならなかった―
     監督 : リドリー・スコット 『アメリカン・ギャングスター』

【comment】
本来こういう映画は、骨太で見応えのある社会派作品と称するのに相応しいのだろう。
だけど・・・どうなんでしょう?面白いのでしょうか?・爆

中東を扱った映画は、必ずと言っていいほど「何か考えさせられるテーマ」が潜んでいて、のほほん主婦の私でさえ「う~む」と唸ることもしばしばなのですが・・・
ス・スミマセ~ン
実は私、緊迫感タップリのはずの本作で2~3回ウトウトしちゃいました(滝汗の告白)
今回は、レオの魅力をもってしても何故かそれ程引き込まれませんでした。
 
だいたいですね、私は本作に見当違いな期待をしていたようなんです。
まず、『ブラッド・ダイヤモンド』でレオ渾身の演技を見れたので、またスゴイ彼を堪能出来ると思ったこと。
それから、多分予告やチラシで見聞きしたこの言葉ですね~
  ―世界を救うのは、いったい誰のどんな嘘か?
   息もつけない頭脳戦と、一瞬先も読めない熱き闘いを描く―
これを勝手に解釈して、『騙し合いと化かし合いの世界に驚愕!』『二転三転するストーリーとどんでん返しにガチョーン』『まさか?!の巨大な嘘に飲みこまれ呆然とする観客(私)』、、、ってのを勝手に想像していたんですぅ~
だけど、、、どうなんでしょう?
“嘘”をそんなにクローズアップせんでも良かったというか、CIAなら当然つくであろう普通の“嘘”だったような気がして(汗)というか、緻密な脚本なのでしょうが、それ程盛り上がりがなかったような(汗)、、、
 
さて、現場で命を張るフェリスと安全な地で家族サービスをしながら冷酷で無茶な指示を出すホフマンの対比は上手いと思いました。
ホフマンには思わず「事件は会議室で起こっているんじゃない!現場で起こっているんだ!」と青島流に叫びたくなりましたもの。
でもねぇ~ホフマン演じたラッセル・クロウは、役作りのために体重をかなり増やしたようですが、これといって見せ場がなく残念だった気も。
傲慢なホフマンの思考&行動が今のアメリカを象徴していたようにも思えたけど、、、う~ん、もっと彼がキーになると面白かった気がするなぁ~
一方フェリスを演じたレオ君は上手かったです。
だけど『ブラッド・ダイヤモンド』の時の彼の方が良かったかなぁ~今回それ程演技を魅せつけるような役柄ではなかった気がしたもの。
後半でテロリストたちに捕まった時はかなり緊迫感があったし、拷問のシーンは流石の迫力でビビりましたが、、、
どうせなら、折角肝が据わっている有能なフェリスの見せ場なんだから、もっともっと掘り下げて、テロリストのボスとフェリスにどうしても埋まらない溝を露呈するテロ論議でもぶちかまして欲しかったかな。
あっ!あと、フェリスの恋愛っぽいエピソードは個人的には蛇足に思えました。
フェリスの素性や人間性をあまり描くことなく、あくまでも工作員として押していたので、いきなり看護婦に惹かれてもねぇ~「彼女の家族にまで何故会おうとする?危険人物の分際で、自覚が足りんゾ!」なんて思ったな。

そうそう!ヨルダン情報局のトップで、アンディ・ガルシア似のハニは妙に印象的でした。冷酷な面もあるけど、知的で紳士的に見えちゃった♪
 
冒頭で、「これは実話に基づいたフィクションだが、実際に起こっていることである―」なんてテロップが流れたので身を引き締めて観たのですが、、、う~ん、残念ながら「だから何なの?」みたいな気持ちが残りました。
私にとっては今一つな映画だったという事で。

さて、余談ですが、昔ほどではないにしても、今でもレオ君が好きで気になる私としては、彼の本来の魅力を発揮出来るといいなぁ~といつも願っています。
童顔だし、声も甘いし、どんな女優さんと並んでも何故か年下に見えてしまう彼ですが(笑)、凄い演技力を持っていると信じています。
ここ最近の彼は、渋い男臭い役柄ばかり演じていますが、どうしても力が入り過ぎている気がして見ていて辛いし、「俺の演技力を見てくれ~
!」って気張っているようで疲れちゃう。
もっともっと色んな役にチャレンジして、演技派に拘ることを止めれば、素晴らしい俳優さんになれると思うんだけどなぁ~
ということで、『レボリューショナリー・ロード~』には期待しているよ、レオ君
  (3点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (62)   Trackbacks (98)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レッドクリフ脳内メーカー★他... | TOP | インタビュー・ウィズ・ヴァ... »
最近の画像もっと見る

62 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
今年もよろしくお願いします☆ (きらら)
2009-01-04 14:44:05
由香さん、あけましておめでとうございます~♪
今年も楽しい映画記事、まってまーす。
と、思ったら早速、、、なんですね☆
ワタシは緊張感あるストーリーの中
ちょこっとしたラブが安心できるシーンだったのでよかったなぁ~って思っちゃった
あ、ワタシも最初の方はちょこっと退屈しちゃいました。
もうちょっと短い時間なのかと思っていたから余計にー。
評価としてはまぁまぁってトコロでした☆

それでは、今年もどおぞ仲良くしてくださいね。
よろしくお願いしますー♪
あけましておめでとうございます (masktopia)
2009-01-04 15:48:01
TBをありがとうございました。

先日、「タイタニック」のディカプリオを見て
最近は男臭さを前面に押し出しすぎではないかと心配になりました。
「ブラッド・ダイヤモンド」の演技で、それまで嫌いだった彼を
見直したのですが、あの眉間の皺が痛々しく思えるほど
ハードに決めすぎていますね。
若いから仕方ないのかもしれませんが・・・

ハニ・サラームはお得な役回りでしたね(笑)
今年もどうぞよろしくお願いします。
あたしは (miyu)
2009-01-04 19:13:29
レオ君頑張ってたなぁ~と思いました。
だいぶこうゆう骨太な役が板につくようになったと思ったのですが、
由香さんにはイマイチでした?
でも、うん。
「レボリューショナリー・ロード」は評価も高いみたいなので、
楽しみですよね~!
Unknown (Nakaji)
2009-01-04 19:17:26
こんにちは
TBが反映されずすいません(泣)

ギルバート・グレイプでみたときから、いやーーーレオってうまいな~って思う役者です
たしかに最近の彼は力はいりすぎているような気がしますね。

そうそう、ハニがとってもダンディでしたね
みっけ~~!(笑) (ひろちゃん)
2009-01-04 20:12:50
コソッと予定のワールドオブライズのレビュー見いつけた(笑)

由香さんの感想を読んでいるとなるほどと思いました^^
ってなるほどって思っちゃいけないんだった(^^ゞ
私年間ベストに入れてしまったし(笑)

確かにキャッチコピーのような映画ではなかったし
クロウもあんまり見せ場がなかったし、レオもブラッド
ダイヤモンドの時とかぶったしσ(^◇^;)
なんですが、最初から手に汗握って、結構惹き込まれて
見ちゃったんですよねえ。
リドリー監督と相性がいいようです^^

こういう骨太な役が続いたレオ君、2月公開の
『レボリューショナリー・ロード~』はかなり違う役どころ
なので、期待大で、楽しみすね(^_-)-☆

レオ君、由香さんの元カレだったんだ(笑)
私は演技は上手いと思うんですが、顔では
惚れませんでした(笑)
どうでもいいことでした(ーー;)
今年も宜しくです (くまんちゅう)
2009-01-04 21:48:09
まあ映画の宣伝はあまりあてにしてないので
宣伝の嘘には騙されませんでした
こういう話も好きなので結構楽しめましたです
内容に興味ないと辛いですね
ドンデン返しとかそういう作りじゃなかったし
でもレオ君は頑張ってましたよ
それより嫌らしい演技のラッセルがウケました
そのとおり!の感想でした! (おむすび)
2009-01-04 22:52:24
由香さんとまったくおーんなじな感想でした。
私は「ブラッド・ダイアモンド」が多方面からとても気に入って、この年度のお気に入り作品のベスト3に入れていたのです。

同じく眠気に襲われ、見終わってからは悲しいくらいに印象が残っていない…。ただ、ディカプリオがやっぱりうまかったなぁ…程度でした。

ホントに「だから何なの?」でした。
遅ればせながら (Any)
2009-01-05 18:43:31
由香さん♪
あけましておめでとうございます。
昨年は色々と楽しいお話が出来て嬉しかったです^^
今年もどうぞよろしくお願いしま~す
御多忙の中、申し訳ないわぁ~と思いつつ、
やっぱり先に遊びに来ちゃったわん

さてさて本作、ウトウト&今一つでしたか。
「ブラッド・ダイヤモンド」程のドラマ性がなかったものね・・
それでも3点というところに、やっぱ由香さんの優しさを感じます~
終盤のシーンはハラハラドキドキで小心者には大変でした(笑)
最後の最後も「まさか何か起こる?やられる?」とか
勝手にビビッちゃって「早くエンドロールを~!」って
心の中で叫んでましたわ。
次回作はある意味安心して観られそうなので楽しみです!!
出遅れましたー^^; (kira)
2009-01-06 14:27:35
由香さん☆
明けましておめでとうございます
昨年もTBにコメントに、たくさんお世話になり、有難うございました☆

由香さんのところも、まだ冬休み中でしょうか
ウチは一人減り(笑)
少しづつ日常にもどりつつあります。

コチラの作品、由香さん的にはいまいちでしたか~。
私はどっぷり役にはまり込むレオが観れて、うれしかったです(笑)
今月の「レボリューショナリー~」も、平常心を保って(笑)
観にいかなきゃです

今年もいい作品と出会い、
また由香さんともたくさんお話できますように
コンバンワ (キング)
2009-01-07 01:04:21
由香さんはイマイチだったようですね~
でもテロリストに拉致されてビデオカメラの前で頭に袋かぶされたりしてる場面はなんか生々しくて怖いですね~

次回作はタイタニックカップルの復活ですか・・・どうでしょうね~
あけましておめでとうございます (junf)
2009-01-07 18:17:37
またお邪魔します。今年もよろしくお願いします♪

私も由香さんと同じような感想でした。「壮大な嘘のつき合い」を予想してたのに、何か肩すかしだったというか、期待と違ってしまって。

あと、途中怖いシーン(暴力とか拷問とか)に目を細めているうちに、いつのまにかうとうとと……不覚です(^^;)。本当はいろいろ考えさせられなくちゃならなかったんだろうに。

私はどちらかというと、レオよりラッセルファンなので(というより声が好き)なので、とりあえずそれで満足しました。
TBありがとうございました (KGR)
2009-01-07 18:22:36
「どっちの嘘が、世界を救うのか。」のチラシは
全く信用していなかったので、
ラッセル・クロウとデカプリオの嘘合戦だとは
端から思ってませんでした。

宣伝担当は、本編の情報はほとんどなく、
おそらくは、せいぜい予告を見た程度で
チラシを作ったのでしょう。

一緒に見たうちの息子は、一言、
「このチラシ、映画見ずに作ってるね。」

でも私はこの映画の評価は高いです。
「ブラッド・ダイヤモンド」もよかったのですが、
ラストが気に入りませんでした。
同じ中東テロリストものの「キングダム」よりは
ずっと良かったです。
だから何なの? (sakurai)
2009-01-07 20:22:35
と、感じたのは正解だと思いますよ。
リドリーさんに、政治的な映画と言うのは、あり得ませんから。
やっぱ彼の映画は、エンターテイメントですよ。
スパイ使って、思いっきり転がした・・というような。
彼が作りたかったのは、お気に入りのラッセルを、いかに自分流に見せるか!!いかに引きつけるか・・・!!
と言うあたりではないかと。
でも、そこにちゃんと政治的配慮も入れこんで、考えさせて、見せる!!さすがリドリーだなあアと思いましたよ。
睡魔・・・ (なな)
2009-01-07 21:29:34
私も来ましたよ、睡魔。1回だけ。
でもその後はなんとか緊張のどんでん返しについていくことができました~
思うに,これ,邦題が大袈裟よね。
原題は「嘘だらけ」みたいなニュアンスのような気も。
テーマは骨太だけど
単なる「嘘のつきくらべ」のような地味なお話だったんじゃないかと。
「どっちの嘘が世界を救うか」なんて壮大なもんじゃなかったわ。
そこらへん,求めていたものと違ったのかもしれませんね~
レオと彼女のエピソードはあんなに詳しくはいらなかったね。
宣伝文句 (こでまり)
2009-01-07 22:24:06
こんにちは!
宣伝文句が悪かったですかね。
私ももうちょっとスリリングな展開を想像してましたけどぉ。
けどレオ君、良かったと思いますよ~
私はレオ君が男っぽくなってから見直してきたクチだけど、
(若いころはあんま好きじゃなかった・・・ゴメンねっ)
そんなに頑張り過ぎてる印象はなかったです。

あの看護師さんとのエピソードはなくても良かったんじゃないかと私も思いました。
なんかとってつけた様な感じがして、浮いてるような・・・。
あけおめ (佐藤秀)
2009-01-08 11:48:08
一番上↑のスチール写真、アメリカン・ギャングスター のシーン⇒と重なってしまいました。http://blog.livedoor.jp/y0780121/archives/50172731.html
だけど、同じ人物なのに雰囲気が全然違う変身ぶりは凄いですね。
Unknown (ワードライフ)
2009-01-08 19:22:15
ん~「ガリレオの苦悩」の書評を読んだときも思ったのですが、気が合いますね。
私もブラッド・ダイヤモンドくらい重厚感のあるものを想像してたんですが、結構アクションでしたよね。
まあ私自身はうとうとすることもなくとても楽しめたんですが。

とは言えキャッチコピーがあまりにストーリーに合っていないことは私も気になりましたしブログでも書きました。
最近こういうの映画や本が多くて少々食傷気味です。
きららさんへ^-^* (由香)
2009-01-08 20:50:35
きららさ~ん♪
お忙しいのに遊びに来てくれてありがとう~
今年もヨロシクお願いします!
きららさんのところにコメントを残せなくなっちゃうようだけど、時々お話にお付き合い下さいね~

で、、、年のはじめから、ちょっと辛口気味の感想になっちゃいました~
大好きだった(過去形?・笑)レオ君の映画だったのに、睡魔に襲われるなんて、、、不覚ですわん。
イマイチ物語にのれなかったのよねぇ~
多くのブロガーさんがお気に召したようなのに・・・残念
今年はこういう映画の良さも分かる人間になりたいで~す♪
masktopiaさんへ^-^* (由香)
2009-01-08 20:59:34
こんばんは~^^・
いつもお世話になっております♪
今年もどうぞ宜しくお願いします

『男臭さを前面に押し出しすぎではないかと心配になりました。
眉間の皺が痛々しく思えるほどハードに決めすぎていますね』
私も同じように感じています。
私の場合、昔からレオのファンなので、「もしかして、、、気張り過ぎじゃーないの?」って心配になるんですよ。
彼は、ギルバート・グレイプで魅せてくれたように、役柄になり切って演じられる才能があるのに、、、もう少し力を抜けばいいのに、、、と思ってしまいます。

ハニはお得な役柄でしたね~
3人の男の中で一番素敵に見えたかも♪
miyuさんへ^-^* (由香)
2009-01-08 21:03:31
miyuさ~ん♪
今頃どうしていらっしゃるのでしょうか・・・
とにかくお体は大事にされて下さいね~

で、、、miyuさんはレオ君を評価して下さるんですね~嬉しい♪
私はねぇ~イマイチだったのですぅ~
やっぱり昔の美しいレオ君が忘れられないんだな、私(笑)
男くさい役もいいけど、もっと違う何かが見たいのです。
だからケイトとの共演は楽しみ~
Nakajiさんへ^-^* (由香)
2009-01-08 21:07:15
こんばんは~♪
きゃ~~~Nakajiさん!!ギルバート・グレイプで見た時から、私もレオは天才だって思いました~
あとね、意外に『仮面の男』も好きなのよ。あの二役がたまらん!!
それとね、『ロミオ&ジュリエット』もいいなぁ~

ハニはダンディでしたね~
アンディ・ガルシア似のハンサムさんでしたわん♪
弟さんなら (にゃむばなな)
2009-01-08 21:17:35
この映画がもしトニー・スコット監督なら、多分由香さんが想像されたような映画になっていたでしょうね。
でもお兄さんのリドリー・スコット監督はこれまでの作風を見ても、そういう作品は撮ってくれないと思います。

同じ兄弟なのに、兄と弟でこうも作風が違うのも、ほんと不思議なものですよね。
こんばんわ! (かいこ)
2009-01-08 22:21:12
すっかり遅くなっちゃいましたが・・
由香さん、明けましておめでとうございます~
今年もどうかよろしくお願いしますデス^^

「どんでん返しにガチョーン」に受けましたーぷぷ。
おっしゃるとおりサスペンス性もアクションもさほど・・だし、
「どっちの嘘が世界を救うのか」のコピーが大嘘デスヨネー

私はいつの間にかレオ様&ラッセル&ハニの
美男鑑賞に走ってました(滝汗)
ディカプリオ、最近ヒゲ面が板についちゃって。
ラッセル、役のために太ったのにまだ体重戻ってないらしいですよネ・・
ホント頑張って痩せてほしいもんデス^^;
ハニの役はかなりおいしい役でしたー!カッコイイデス~
ひろちゃんへ^-^* (由香)
2009-01-08 22:32:24
こんばんは~^^・
きゃ~~~コソッとアップしましたが、ひろちゃんにTB&コメント頂き感激です

レオは、私の元彼です!!!
それも・・・かなり入れ込みましたよぉ~写真集を買うほどに(笑)
私はレオの顔が好きだったんですよ~可愛い系の男の子が好みなの♪
それでヘタレにもヨロッときちゃう(笑)だから最近はマカヴォイ君がお気に入り~♪

で、、、ひろちゃんはベストに入れるほどお気に召したようですね~
私は残念ながらイマイチで、レオが浚われているのに寝そうになりました(汗)
『リドリー監督と相性がいいようです^^』う~ん、そうかぁ~
という事は、私は相性が悪いのかな?
でも、アメリカン・ギャングスターは面白かったものなぁ~

レオ君の次回作は楽しみですね~
ケイトと共演だし、今からドキドキです!!公開されたらスグに観に行きたいなぁ~
くまんちゅうさんへ^-^* (由香)
2009-01-09 11:15:00
こんにちは~くまんちゅうさん♪
いつもコメントありがとうございます!今年も宜しくお願いします

くまんちゅうさんはお気に召した作品だったようですね~
私は一応レオファンでもありますが(笑)、あまり引きこまれませんでした~
レオのファンであるからこそ、宣伝を何回も見て期待し過ぎていたのかも・・・
かなり緊迫感があったドラマなのに眠気に襲われたなんて、自分でも信じられませ~ん
おむすびさんへ^-^* (由香)
2009-01-09 11:20:35
おむすびさ~ん♪こんにちは^^・
お返事が大幅に遅れて申し訳ありません。
こんな私ですが、今年もどうぞ宜しくお願いしますね~

で、、、同じような感想を持たれましたか~
何というか、、、イマイチ魅力ある物語に思えませんでした。
もうちょっとエンタメ性があった方が好みですし、時間が経てば忘れちゃいそうな映画かも・・・って思いました。
レオとラッセルの共演は良かったですし、二人とも上手かったとは思いましたが、、、

ブラッド・ダイヤモンドは、私の2007年度のベスト1作品でした!レオの演技が凄く良かったですぅ~
・・・・・とか言いながらDVDを買ってから1回も観ていない(汗)
レオは演技が上手い俳優さんだと思いますし、これからも期待しています。とりあえずレボリューショナリー・ロードが楽しみです
由香さん、あけましておめでとうございます。 (アイマック)
2009-01-09 15:10:43
由香さん、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いしますね♪

ふふふ、寝た人そういえばいたような、、
レオは最近、似たような役ばかりでマンネリぎみかしらね。
ハニは印象深かったですよ。

『レボリューショナリー・ロード~』、原作読みました。
夫婦喧嘩ばかりしてる夫婦だった。笑
ケイトとの演技合戦が楽しみです。

今年もいい映画に出会いたいですね。
こんにちは~ (hito)
2009-01-09 17:53:14
由香さん、今年もよろしくお願いします♪

由香さんダメでしたか~
私は結構好きでした。でも『どちらの嘘が世界を救うのか』みたいなコピーは大げさでしたね。
もっと騙し騙されな二転三転ストーリーかと思っていましたもの~(泣)

先日久しぶりに「タイタニック」を観て又深~く感動していたので「レボリューショナリー~」とっても楽しみです!
今年も宜しくお願い致します。 (小米花)
2009-01-09 22:48:36
ご挨拶が遅くなりましたが、今年も宜しくお願い致します。

由香さんが肩透かし食った感じ、よく分かります。
嘘の付き合いは、想像してたよりあっさりしてました(笑)。

私はけっこう楽しめましたが、記事アップしてから
ハタと気付くと、作り手に見事にはめられたのかって
思いました。
役者の作り方。例えばラッセルの嫌味な役は
そのままラッセルの嫌味に思えたり・・・(爆)。
ハニ役に好感持ったり。。。(^_^;)
TBありがとうございます (たまさん)
2009-01-10 13:59:53
こんにちは。ご訪問ありがとうございます~

この映画、面白いかと聞かれれば「む?」ですよね、、
緊迫感はありよかったです。

私もラブ・ストーリー(?)は蛇足に思えました。
ディカプリ男は『ブラッド・ダイヤモンド』の方が冴えてましたね。
Anyさんへ^-^* (由香)
2009-01-10 17:12:16
Anyさ~ん♪こんにちは
すっかりお返事が遅くなりました。ゴメンナサイね~
Anyさんは去年はご多忙だったようですが、それでも時々お話する機会を作って下さって、とっても嬉しかったです♪ありがとう~^^・
それに去年はAnyさんの金城さんの素敵さに遅ればせながら気付いた年でもありました(笑)春にはレッドクリフがあるので、一緒に盛り上がりましょうね~

で、、、映画ですが、イマイチだったかなぁ~と思いました。
レオ君の映画なのにウトウトしちゃったのは『アビエーター』以来かも(笑)
なかなか緊迫感のあるドラマでしたが、あまり惹かれなかったなぁ~残念。
それでも3点なのは、やっぱりレオ君の魅力のせいかなぁ~エへへ
次回作のレボリューショナリーは期待しています。今度は心に響くドラマだといいなぁ~♪
kiraさんへ^-^* (由香)
2009-01-10 17:17:31
kiraさ~ん♪昨年は大変お世話になりました。
今年も宜しくお願いしますkiraさんと沢山お話出来る機会がありますように・・・

新学期は8日から始まりました!!ホッと一息って感じかな(笑)
3連休が過ぎると、いつも通りの生活になるかなぁ~どうだろ?(笑)

kiraさんは満足の鑑賞だったようですね~
私はレオ君の映画にもかかわらず退屈しちゃったかも
もうちょっとエンタメ性があると勝手に思い込んでいたのよねぇ~
次回作のレオは楽しみですね。タイタニックコンビが今度はどんなドラマを見せてくれるかしら?
こんばんは (えめきん)
2009-01-10 21:23:03
TB&コメントありがとうございました。

リドリー・スコット作品は好きなんですが、今回は今一つ乗れませんでした。
主人公のフェリスとホフマンの捜査がなかなか進行せず、無能に見えてしまったことが問題でした。

>「だから何なの?」みたいな気持ち
その点は僕も気になりました。実際に起きているというからには、僕らの生活に何らかの影響がある事態を見せて欲しかったです。
レオくん・・・ (マリー)
2009-01-11 12:33:29
由香さん、こんにちは~~♪

そっかぁ~レオ好きの由香さんにはイマイチでしたか~・・・
そういえば、最近のレオくん、ちょっと力入ってるよね。もう少し肩の力を抜いて~自然体でいてもいいかもね。おばちゃんが癒してあげようか?って余計なお世話?(爆)
彼は七変化できる貴重な役者さんだと思うし~これからも期待したいよね。

私は過度の期待はしてなかったので~とっても楽しめました~(楽しむという表現はヘンかな?)
由香さんの新年初作品は何かな?(私は“チェ”)
キングさんへ^-^* (由香)
2009-01-11 13:39:54
こんにちは~^^・
残念ながらイマイチでした(汗)
『テロリストに拉致されてビデオカメラの前で頭に袋かぶされたりしてる場面はなんか生々しくて怖いですね~』
そうですね~そういうシーンは生々しかったですが、何故か退屈に感じたりして(汗)

レボリューショナリーは楽しみです♪久しぶりにレオの違う顔が見れそうで♪
junfさんへ^-^* (由香)
2009-01-11 13:46:18
こんにちは~^^・
TB&コメントどうもありがとうございました♪
お返事が遅れて申し訳ありません。

junfさんの感想を読ませて頂きましたが、私も同じように感じたのでビックリしましたよ~
もうちょっと違うドラマを想像しましたよね~
イマイチ盛り上がりに欠けたし、、、不覚にも私もウトウトしました

junfさんはラッセルがお好きですか?
私はレオファンなので、劇場鑑賞したことには満足でした~
レオの次回作がもうすぐ公開なので楽しみにしています♪
KGRさんへ^-^* (由香)
2009-01-11 13:55:02
こんにちは~^^・
コメントどうもありがとうございました♪

私は宣伝文句を真に受けちゃいました~
もうちょっとエンタメ性の高い作品だろうと勝手に思っちゃったんですよね~

『私はこの映画の評価は高いです。
「ブラッド・ダイヤモンド」もよかったのですが、
ラストが気に入りませんでした。』
おお~♪ブラッドダイヤモンドのラストがお気に召しませんでしたか。私はラストはともかく好きな作品でした。去年のベスト1に選びましたもの~
『同じ中東テロリストものの「キングダム」よりは
ずっと良かったです。』
そうですか・・・そう仰る方は他にもいらっしゃいますね~
私はキングダムの方が好きだったかも。ラストにメッセージ性を感じた記憶があります。
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2009-01-11 14:04:11
こんにちは~^^・
コメントどうもありがとうございました♪

流石sakuraiさんですね~
沢山映画を観ていらっしゃる方は、映画の見方がミーハーの私とは全然違うわ~

私はとにかく物語展開に退屈しちゃいました。
もうちょっと派手だと思ったんですよ~
「だから何なの?」系を感じさせる映画は、いつまで経っても好きになれそうにないわ~
ななさんへ^-^* (由香)
2009-01-11 14:18:38
こんにちは~ななさん♪
ななさんも睡魔に襲われた?良かったぁ~(笑)
まさかこういう映画で睡魔がやってくるとは思わなかったわ~
ズンズン話に引き込まれると思っていたのに・・・
『「どっちの嘘が世界を救うか」なんて壮大なもんじゃなかったわ。』
うん、この宣伝が大袈裟だったのよね~
ちょっと地味なお話だったし、個人的には結局なにを言いたかったのかよく分からなかったわん。
というか、、、1回観たら、二度と観なくていい感じの映画かな・爆

今年はまだ映画館に行っていないわ。
チェも行けそうにないかも・・・
007とレボリューショナリーは這ってでも行きたい(笑)
こでまりさんへ^-^* (由香)
2009-01-11 15:04:36
こんにちは~こでまりさん♪
『私はレオ君が男っぽくなってから見直してきたクチだけど、
(若いころはあんま好きじゃなかった・・・ゴメンねっ)』
ふふふ・・・私と逆パターンですね^^・
私は昔の美しいレオが好きだったの。
まぁ~“美しい”というのは全くの主観ですが(笑)
スコセッシとコンビを組むようになってから、イマイチ魅力を感じなくなったんだけど、本来演技力がある俳優さんのはずだから今後も応援したいわん。

この映画には残念ながら退屈したけど(女性とのエピソードもイマイチだったし)、次回作は期待しています♪
佐藤秀さんへ^-^* (由香)
2009-01-11 15:06:57
こんにちは~♪
今年も宜しくお願いします^^・

『一番上↑のスチール写真、アメリカン・ギャングスター のシーン⇒と重なってしまいました』
おお~確かに!!
監督さんはラッセルがお気に入りなんですね~
ラッセルも体重を29kgも増やして頑張っていましたね。
ワードライフさんへ^-^* (由香)
2009-01-11 15:18:02
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございました^^・
お返事が大幅に遅れて申し訳ありません。

「気が合う」と仰って頂けて嬉しいです♪
ワードライフさんとは読む本もかぶりますから、これからも宜しくお願いします!

『キャッチコピーがあまりにストーリーに合っていないことは私も気になりましたしブログでも書きました。』
私はキャッチコピーに惑わされてしまいました(笑)
もう少し違う展開を想像しちゃって・・・
重厚なテーマがあったのでしょうが、どうも物語に乗り切れませんでした。
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2009-01-12 14:03:10
こんにちは~^^・
コメントどうもありがとうございました♪

『トニー・スコット監督なら、多分由香さんが想像されたような映画になっていたでしょうね。
でもお兄さんのリドリー・スコット監督はこれまでの作風を見ても、そういう作品は撮ってくれないと思います。』
う~む。私はそういう知識がないので、予告だけに騙されちゃうんですよね~
ブログをはじめて早2年。いい加減にもう少し知識が身につかないといけませんね(汗)
かいこさんへ^-^* (由香)
2009-01-12 14:11:39
こんにちは~^^・
今年も宜しくお願いします~♪
『「どっちの嘘が世界を救うのか」のコピーが大嘘デスヨネー』
ホント大袈裟でしたよね~(笑)
私は、すっかり別の期待をしてしまいましたよ~

『私はいつの間にかレオ様&ラッセル&ハニの美男鑑賞に走ってました(滝汗)』
・・・・・・・レオとハニは美男でしたが、ラッセルは、、、、ただのデブに見えたかも?!(失言・汗)
一生懸命太ったようですが、痩せるのはもっと大変でしょうね(汗)
ラッセルが元の体重に戻るように祈りましょう(笑)

こんにちは♪ (ゆかりん)
2009-01-13 14:29:07
かつて最愛だった・・・ってところが笑ってしまいました。
事件は会議室で~は気が合いますね(笑)
私もどちらかというと「ブラッド・ダイヤモンド」のほうのレオが好きですねぇ。男臭い役の彼は好き。
もっとハラハラハドキドキするような展開を期待してたのでアレ?って感じではありましたね。
アイマックさんへ^-^* (由香)
2009-01-13 22:35:33
こんばんは~♪
お返事が大幅に遅れました。スミマセン!
こんな調子ですが、今年も宜しくお願いします

私以外でも眠気に誘われた方がいたんですね?良かった~(笑)
『レオは最近、似たような役ばかりでマンネリぎみかしらね』
私もそう思います♪もっと違うレオが見たい。
そういった意味でもレボリューショナリー~は期待しています♪
アイマックさんは原作を読まれたんですよね~
『夫婦喧嘩ばかりしてる夫婦だった。笑』
あらあら・・・どんな映画に仕上がってるか楽しみ~
hitoさんへ^-^* (由香)
2009-01-13 22:40:15
こんばんは♪
私はレオファンにもかかわらず、イマイチ入り込めませんでした~
『どちらの嘘が世界を救うのか』みたいなコピーで、もっと違う展開を勝手に想像していたせいかも・・・
こういう緊迫感のあるドラマは好きなはずなのに残念(涙)

タイタニックは懐かしいですね~
私はDVDを持っているくせに全然観る機会がないんですよ~
だってレオが可哀想で・・・
でも!もうすぐ公開のレボリューショナリーは楽しみで~す^^・
小米花さんへ^-^* (由香)
2009-01-13 22:45:56
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^・
今年も宜しくお願いします~

そうなんですよ~肩透かしって感じでした。
宣伝のせいかなぁ~それともレオが好きなせいか過度の期待をしたのかも。
個人的にはもうちょっと盛り上がるドラマの方が好きです♪

『作り手に見事にはめられたのかって思いました。』
おお~!私も文句を言いながら、意外に嵌められていたかも?!ハニに好感を持ちましたもの(笑)
というか・・・彼はいい男でしたよね~
昔のアンディ・ガルシアっぽくて、、、また別の映画でも是非お会いしたいわん
たまさんへ^-^* (由香)
2009-01-13 22:49:57
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^・
今後とも宜しくお願いします~

『この映画、面白いかと聞かれれば「む?」ですよね、、』
そうなんですよ~
面白いよぉ~って誰かに薦め難い映画だったと思います。
緊迫感はありましたが、あまり盛り上がりがなくて・・・

『私もラブ・ストーリー(?)は蛇足に思えました。』
たまさんもそうお感じになりましたか~
ちょっと、とってつけたようなエピソードでしたよね?(汗)

『ディカプリ男は『ブラッド・ダイヤモンド』の方が冴えてましたね』
私もそう思いました!!レオを見直した映画でした♪
えめきんさんへ^-^* (由香)
2009-01-14 13:16:50
えめきんさん、お忙しい中コメント頂きどうもありがとうございました^^・

『実際に起きているというからには、僕らの生活に何らかの影響がある事態を見せて欲しかったです』
そうですよね~
実際に起きているというわりには、エピソードにイマイチ迫ってくるものがありませんでしたし、主人公たちのやっていることも、なんというか・・・箱庭的に感じて退屈しました(汗)
もう少し面白い展開にしてエンタメ性を持たせても良かった気がします。
マリーさんへ^-^* (由香)
2009-01-14 13:21:42
マリーさ~ん♪こんにちは^^・
マリーさんの2009年初鑑賞はチェだったのね。
私は007を観ようと今計画を練っています。先行上映で行きたいの。頑張るぞ~~~

『最近のレオくん、ちょっと力入ってるよね。もう少し肩の力を抜いて~自然体でいてもいいかもね』
マリーさんもそう思う?
私はねぇ~母親的な目線で彼を見ているせいか、彼の力の入り具合が気になってねぇ~
もうちょっとリラックスした方がいい演技が出来ると思うんだけどなぁ~

今度のレボリューショナリーは楽しみだわん。
遅くなっても観に行くつもりです♪
ゆかりんさんへ^-^* (由香)
2009-01-14 13:25:26
こんにちは~♪
『かつて最愛だった・・・ってところが笑ってしまいました。』
エへへ・・・昔のレオが好きだったんですよ~
ビーチ以降は???だったのですが、、、ブラッド・ダイヤモンドでまた気持ちが盛り上がったの。
レオはソチラの映画の方が良かったですよね♪

『事件は会議室で~は気が合いますね(笑)』
ホント、ビックリ~(笑)同じセリフを書いているんだもの。
何回もそういうことがありますよね?
感性が似ているのかなぁ~嬉しい
こんばんは^^ (みすず)
2009-01-17 00:35:14
やっと観賞できました^^

予備知識もなにも観ずに観に行ったので、それなりに楽しめました^^
怖い映画だなぁって思ったけど、時々笑えるところもあったりして・・・^^

でも、レオの拷問シーンは直視出来ませんでした

レオの「レボリューショナリーロード」はわたしもまた観に行くつもりです^^
みすずさんへ^-^* (由香)
2009-01-18 19:50:17
こんばんは~♪
TB&コメントありがとうございました^^・

みすずさんもレボリューショナリー・ロードを観賞される予定ですか?
楽しみですよね~タイタニックコンビだし♪

コチラは、私もそれなりに面白かったのですが、、、想像していた展開とは随分違いましたし、イマイチ引き込まれませんでした。
もう少しエンタメ性が強い物語の方が好きです♪

レオの拷問シーンはリアルでしたね~
ガンガンに痛めつけられて、、、恐ろしかったです。
Unknown (moriyuh)
2009-01-18 22:14:11
由香さま

こんばんは。
こちらのTBもありがとうごうざいました。

>フェリスの恋愛っぽいエピソードは個人的には蛇足に思えました。フェリスの素性や人間性をあまり描くことなく、あくまでも工作員として押していたので、いきなり看護婦に惹かれてもねぇ~「彼女の家族にまで何故会おうとする?危険人物の分際で、自覚が足りんゾ!」なんて思ったな。

まさに…私も同感です。
何もこんなところで…という気がしましたよ~。
だから弱みにつけこまれるんだもん…そんなことわかっているはず?

なぁ~んてね。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

moriyuhさんへ^-^* (由香)
2009-01-21 17:52:46
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^・

moriyuhさんもフェリスの恋愛エピソードに不自然さを感じましたか?
レオだからと言って、別に女性と絡ませなくてもいいのに・・・なんて思いましたよね?(笑)
せっかくハード路線でいっていたのだから、そのままの感じで押していって欲しかったです。

こちらこそ今年も宜しくお願いしますね~
ライズよりライスが好き (SGA屋伍一)
2009-01-27 21:59:21
由香さん、こんばんは
体調がよくないようですが、大丈夫ですか? ・・・って大概遅すぎですよね・・・

んで、こちら由香さんはイマイチだったようですね~ わたしはまんずまんず楽しめました。が、手堅くまとまってる分それほど思いいれもないかなー
やりすぎてどっかぶっ壊れてるような映画が好きなので(笑)

『ブラッド・ダイヤモンド』は確かによか映画でした。『タイタニック』『ロミオ×ジュリエット』もそうだけど、やっぱしレオくんは最後に死ななきゃダメですよね!(え? そうじゃない?)

>いきなり看護婦に惹かれてもねぇ~

男は疲れると優しいナースに癒してもらいたくなるものなのですよ・・・ ふふふ・・・

で、『レボリューショナリー・ロード』の方もイマイチだったのかな? わたしは絶対に見ません(笑)
SGA屋伍一さんへ^-^* (由香)
2009-01-28 22:52:51
こんばんは~♪
元気になりましたよ~食欲モリモリでライスも旨い

で、、、映画はイマイチでしたよ(汗)
写真集を持っているほど好きなレオ君の映画なのに、何度か船こぎましたから~
ちなみに私がレオ君にコロッときたのは『仮面の男』でです♪
その後、彼の全作品を観て(多分)、天才だ~美しい~となったわけです。あっ!どうでも良かった?・汗

『レオくんは最後に死ななきゃダメですよね!』
そうなんですよね~彼って悲劇の俺が好きみたい(笑)
だからディパーテッドでもあんな事に・・・

『男は疲れると優しいナースに癒してもらいたくなるものなのですよ・・・』
ふふふ・・・女は白衣のイケメンに人生を託したくなります(笑)

レボリューションは、ハッキリいって面白くないと思いますぅ~
観なくてもいいのではないでしょうか。
それよりもうスグ公開の20世紀少年が楽しみ~♪
早く観に行きたいんだけど、ちょっと遅くなるかも・・・

ところで!古本屋さんで『迷路館の殺人』と『御手洗潔のダンス』を手に入れました~早く読みたいな
こんばんは (David Gilmour)
2009-09-13 23:28:13
たしかに、この映画は盛り上がりに欠けた面がありましたよね。
それと、ストーリーがけっこう、複雑な感じがしました。おっしゃるように、ラッセル・クロウの役柄はいまひとつパットしないものでしたね。その分、レオ様が頑張ったみたいで。
ぼくも余計だったと思うのは、レオ様が看護師の姉の家を訪れるシーン。あれは不必要だと思いました。
David Gilmourさんへ^-^* (由香)
2009-09-14 10:40:57
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

私はレオのファンなのですが、この映画はイマイチでした~
盛り上がりに欠けましたよねぇ~おかげであまり記憶に残っていません(汗)
ラッセルの立ち位置も微妙でしたし、看護婦は不要だったし、、、もう少し面白くなりそうな題材だったんですけどね~
こんばんは (ひめ)
2009-11-06 00:10:48
たしかにー!!
ブラッド・ダイヤモンドみたいのを期待してしまうと
あれってなってしまいますよね。
私、ちょっとお疲れのときだったので重すぎず難しすぎず
楽しめました。

ラッセル・クロウ、思ったよりも普通な感じだったけど
アンディ・ガルシア似のハニはすごい存在感で良かったですよね~!
ひめさんへ^-^* (由香)
2009-11-06 23:28:50
こんばんは~♪

ブラッド・ダイヤモンドは面白かったですよね~レオ君の演技にも感動したわん。
コチラにも期待したんだけど、、、もうちょっと違う展開を想像しちゃってたなぁ~
もっとスゴイ騙し合いがあるのかなぁ~って思って。

ラッセルは太ったオヤジさんになっていましたね(汗)最近は痩せたようですが、、、

ハニはカッコ良かったですね!先日観たロックンロールでも渋かったです♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

98 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ワールド・オブ・ライズ (Akira's VOICE)
信念で動く人間たちのドラマ。  
ワールド・オブ・ライズ 憎悪の連鎖を断て! (労組書記長社労士のブログ)
【44-21-】 映画館においてあるチラシで観て興味津々。 なんせ『グラディエーター』『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコットが監督で、出演が最近とみに演技派になっているレオナルド・ディカプリオと、そして言うまでもない名優ラッセル・クロウなんやもん...
映画 『ワールド・オブ・ライズ』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像...
ワールド・オブ・ライズ/Body of lies (描きたいアレコレ・やや甘口)
この映画のレオナルド・ディカプリオは髪も目もダークで髭だらけなんですが...『綺麗な人は綺麗に』の管理人のモットーで控えめにしました、...
「ワールド・オブ・ライズ」嘘つきは、泥棒のはじまり…。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
 レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ2大スター競演!そして監督は、リドリー・スコット!「ワールド・オブ・ライズ」(ワーナー・ブラザース)。この豪華な顔合わせ、期待するなって方が無理ですよね。でも事前宣伝何か地味じゃないですか?思ったほど、盛り...
劇場鑑賞「ワールド・オブ・ライズ」 (日々“是”精進!)
「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました今年ラスト!!!「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員たちが仕掛ける、熾烈な情報戦を描き出す。リドリー・スコ...
「ワールド・オブ・ライズ」 (みんなシネマいいのに!)
 危険な現場で活動する凄腕工作員と安全な場所から冷酷に命令を下すベテラン局員。 
ワールド・オブ・ライズ◆あばかれる情報戦の舞台裏 (好きな映画だけ見ていたい)
    画像:「Body of Lies」 David Ignatius 著(ペーパーバック)   「ワールド・オブ・ライズ」 (2008年・アメリカ) 中東を舞台に、アメリカの対テロ戦略を担うCIA工作員の頭脳戦を描いたリドリー・スコット監督の最新作。原作は中東問題に精通した「ワシン...
ワールド・オブ・ライズ (そーれりぽーと)
実際に起きているテロの恐怖と、それに立ち向かうCIA工作員を描くリドリー・スコット最新作の『ワールド・オブ・ライズ』を観てきました。 ★★★★ 本来なら★4つ以上なのかも知れませんが…。 始まる前に日本語テロップで「これは現実に起きている話です」と念を押す...
ワールド・オブ・ライズ(2008年) (勝手に映画評)
もはや定番の、中東モノの映画です。やっぱり、中東の現状が収まらない限りは、映画の舞台となるのは続くのでしょうか・・・。冒頭”この映画はフィクションである”と言う旨のクレジットが出ますが、同時に”現実にもこの様な事は行われている”と言う旨のクレジットも出...
ワールド・オブ・ライズ/Body Of Lies (いい加減社長の映画日記)
直前まで「K-20 怪人二十面相・伝」と迷ったんだけど。 「ブラッディ・マンデイ」の最終回を観てから出かけるとなると、21:45スタートの「ワールド・オブ・ライズ」の方が安全ということで。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな? 「ワールド・オブ・ライズ」...
[映画『ワールド・オブ・ライズ』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆仕事が忙しく、短い更新でゴメンね。  なお、私の本名は「ナカムラ」と言うのだが、来年の元日に「ナカデミー賞」を発表したいので、皆さん、チェケ!!  さあ、作品賞は? 美女賞は? 美少女賞は? 美幼女賞は?    ◇   ◇ 「これはッ!!」と言う、特...
映画三昧 (もののはじめblog)
うちのカミさんが、家にばかりいると太ると云われ、きのうは映画に行くことにした。 じっとしているばかりの映画が運動不足を補うわけはないが、家から映画館まで歩いて20分ばかりが発想の原点。 ことし初見の{/new_color/}映画は、『ワールド・オブ・ライズ』。 ディ...
兵隊の上に胡坐をかく将軍の愚かさ。『ワールド・オブ・ライズ』 (水曜日のシネマ日記)
テロリストのリーダーを捕らえる為、奔走するCIA工作員の物語です。
『ワールド・オブ・ライズ(Body of Lies)』 (CHAOS(カオス))
こういうスパイ合戦みたいのが実際行われてるのかねぇ・・ ディカプリオ扮するフェリスが馴染んでるようには思えなかったけど。。 携帯電話と連動した爆弾テロ、偵察機からの監視、スパイの拷問、ビデオ撮影・・テロとテロリストを描く演出は臨場感があった。(...
「ワールド・オブ・ライズ」 (てんびんthe LIFE)
「ワールド・オブ・ライズ」試写会 東京国際フォーラムホールAで鑑賞 すみません。 ちっともわかりませんでした。 リドリー・スコットらしいといえばそれまでだし、よくあるよね、こんな映画といってもそれまで。 キャストがデイカプリオとラッセル・クロウそし...
ワールド・オブ・ライズ (へでいくっ!)
フトッテルクロウ&ミケンノシワガフカプリオ 最新鋭の武器にばかり目が行ってしまって、その武器で人が死んでいるということが、あまり気にならないのは、恐ろしいことだと思う。アメリカが撤退しないと、この戦争はいつまでたっても終わらないんじゃないの~。 今も継...
ワールド・オブ・ライズ (LOVE Cinemas 調布)
私的にはお正月映画最大の注目作品2つ(もう一つは『ミラーズ』)のうちの1本。レオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウが共演。そして監督はリドリー・スコット。CIA工作員の中東を舞台にした話です。原題は「Body of Lise」。これはどう訳したらいいんでしょう。...
ワールド・オブ・ライズ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 上空からの監視は晴天時は地上から丸見えだった(笑)
ワールド・オブ・ライズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『どっちの嘘が、世界を救うのか。』  コチラの「ワールド・オブ・ライズ」は、12/20公開となるPG-12指定のアクション・サスペンス超大作なのですが、試写会で観て来ちゃいましたぁ~♪アメリカでの興行成績はイマイチぱっとしない感じだったようなので、あまり期待...
「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由 (はらやんの映画徒然草)
最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で
『ワールド・オブ・ライズ』 (ラムの大通り)
(原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったんだけど、 場所を間違えてしまって…。 あわてて渋谷から銀座線で京橋に向ったもの...
★ワールド・オブ・ライズ(2008)★ (CinemaCollection)
BODYOFLIESどっちの嘘が、世界を救うのか。メディア映画上映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/12/20ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説】「ブラックホーク・ダウン」のリドリー・スコット監督、「ディパーテッド」のレオナル...
『ワールド・オブ・ライズ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ワールド・オブ・ライズ」□監督・製作 リドリー・スコット □原作 デヴィッド・イグネイシャス (「Body of Lies」)□脚本 ウィリアム・モナハン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシ...
ワールド・オブ・ライズ (映画を見に行きましょう!! )
             ワールド・オブ・ライズ ロジャー・フェリスはCIAで最高の腕を誇るスパイ。世界中の戦場で常に死と隣り合わせの彼の任務を決めるのは、遠く離れた安全な場所で、時には子供の世話をしながら命令を下すベテラン局員エド・ホフマン。彼らの目的....
★★★★ 『ワールド・オブ・ライズ』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ。"BODY OF LIES".   リドリー・スコット監督。  レオナルド・ディカプリオが出演していなければ、...
[Review] ワールド・オブ・ライズ (Diary of Cyber)
I and the public know What all schoolchildren learn ? Those to whom evil is done Do evil in return. W.H.オーデン『もうひとつの時代』 誰かを傷つけた者は、必ずその復讐を受ける。傷つけられたのと同じ、血をもって贖う復讐を。 人類が文明を築き...
ワールド・オブ・ライズ (だらだら無気力ブログ)
現地で危険な仕事をする工作員と安全な場所から指令を下すだけの局員が あるテロ組織の首謀者を捕獲するため、味方すら欺きながら組織を追跡 するさまを描いたサスペンス。中東でテロ組織などの情報収集等を行い常に死と隣り合わせなCIA工作員の フェリス。一方、彼に指...
『ワールド・オブ・ライズ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:BODYOFLIES監督:リドリー・スコット原作:デイビッド・イグネイシアス脚本:ウィリアム・モナハン出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ試写会場 : 東京国際フォーラム公式サイトはこちら。<Stor...
ワールド・オブ・ライズ (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
ヒゲ面のレオとメタボのクロウ共演のスパイものだが、米国と中東の価値観の違いが面白い。死と隣り合わせのCIA工作員フェリスと、安全な場所から指令を下す上司のエド。彼らの潜入捜査を描く。中東のテロという素材は目新しくないが、敵はおろか味方さえ信じられない状...
映画「ワールド・オブ・ライズ」 (FREE TIME)
映画「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞しました。
「ワールド・オブ・ライズ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ワールド・オブ・ライズ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー、アロン・アブトゥブール、アリ...
「ワールド・オブ・ライズ」ジャパンプレミア (今日という一日。)
「ワールド・オブ・ライズ」の試写会に行ってきました。当初は監督の舞台挨拶の予定があったらしいのですが、体調不良のため急遽来日をキャンセルとのこと。簡単なディカプリオのビデオメッセージのみで上映開始です。 映画はテロリストとCIAとの駆け引きが中心となっ...
ワールド・オブ・ライズ (to Heart)
どっちの嘘が、世界を救うのか。 原題 BODY OF LIES 製作年度 2008年 上映時間 128分 原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊) 脚本 ウィリアム・モナハン 監督 リドリー・スコット 出演 レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/...
ワールド・オブ・ライズ (だめ男のだめ日記)
「ワールド・オブ・ライズ」監督リドリー・スコット原作デイヴィッド・イグネイシアス出演*レオナルド・ディカプリオ(ロジャー・フェリス)*ラッセル・クロウ(エド・ホフマン)*マーク・ストロング(ハニ・サラーム)*ゴルシフテ・ファラハニ(アイシャ)*オスカー・ア....
ワールド・オブ・ライズ (Yuhiの読書日記+α)
デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(ラッセル・クロウ)と現地工作員フェリス(レオナルド・デ...
ワールド・オブ・ライズ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
テロ組織を相手に、熾烈なスパイ戦をくり広げる男たちの偽りに満ちた世界! 世界一の嘘をめぐるアクション・サスペンス超大作! 物語:中東のCIA工作員フェリス (レオナルド・ディカプリオ) はとあるミッションで失敗し、大怪我を負う。 傷の癒えたフェリスはラング...
映画感想『ワールド・オブ・ライズ』 いろいろな意味で面白いで... (レベル999のマニアな講義)
内容CIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、本部のエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)の命令で、世界各地で行われた連続爆破事件の組織の首謀者アル・サリームを追っていた。ある日のこと。現地スタッフの死というダメージを負いながらも、組...
ワールド・オブ・ライズ・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
激動の中東を舞台に、リドリー・スコット監督が、レオナルド・デ・カプリオとラッセル・クロウの二大スター共演で描くスパイサスペンス大作...
No.104 「ワールド・オブ・ライズ」(2008年 米 128分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 リドリー・スコット 出演 レオナルド・ディカプリオ    ラッセル・クロウ    マーク・ストロング いよいよ2008年の映画観賞も今日の2本でおしまいです 年末の日曜ってこともあり大阪のミナミは人でごった返しております ついでに今日は競馬のグラン...
「ワールド・オブ・ライズ」 (cocowacoco)
映画 「ワールド・オブ・ライズ」 BODY OF LIES を観ました        リドリー・スコット監督 2008年 アメリカ 最初に謝罪。 いつもに増して、ハチャメチャあちこち文となってます。 (苦手な文章を、まとめる気力がなし・・・) <ネタバレあり> コン...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」 (ようこそMr.G)
映画 「ワールド・オブ・ライズ」
ワールド・オブ・ライズ 東京国際フォーラム 2008.12.3 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
国際フォーラムで行われたワールド・オブ・ライズの ジャパン・スペシャル・スクリーニングに行ってきました。 (応募した際はレオ様来場!のジャパンプレミアだったのに
映画「ワールド・オブ・ライズ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2009年1月5日、109シネマズ木場。 今年最初の鑑賞は昨年見逃した「ワールド・オブ・ライズ」 *** レオナルド・デカプリオ、ラッセル・クロウ。 中東を中心としたテロ組織に対し、 常に危ない橋を渡るCIAの現地工作員フェリス(レオナルド・デカプリオ...
「ワールド・オブ・ライズ」:浅間神社バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}こういう自動車販売会社もいまは大変よねえ。 {/kaeru_en4/}とくにアメリカのビッグスリーとかは大変らしいぞ。 {/hiyo_en2/}アメリカも自分の国が火の車なんだから、よその国で嘘のつきあいなんてしている場合じゃないわよね。 {/kaeru_en4/}そういう目で観...
ワールド・オブ・ライズ (迷宮映画館)
最近のリドリーさんの趣味が、たっぷり入れこんである。
ワールド・オブ・ライズ (Diarydiary!)
《ワールド・オブ・ライズ》 2008年 アメリカ映画 - 原題 - BODY O
ワールド・オブ・ライズ (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES 2008年/アメリカ/128分 監督: リドリー・スコット 出演: ...
ワールド・オブ・ライズ (虎猫の気まぐれシネマ日記)
いやー,まいった。いかにも密度の濃い,見事な作品だ。リドリー・スコットらしい,ずっしりとした重い手ごたえを感じる作品。対テロという使い古されたテーマだけど,実際に現地で繰り広げられる緊迫感あふれる情報戦が息詰まるほどにスリリング。 「フィクションだけど...
ワールド・オブ・ライズ (ネタバレ映画館)
飛行機は快適だったよ。機内で『タイタニック』も観たし・・・
●ワールド・オブ・ライズ(1) (映画とワンピースのこでまり日記)
どこからがウソか見破れる?
[映画]ワールド・オブ・ライズ (落とし穴には気をつけろ!)
レオナルド・ディカプリオ VS ラッセル・クロウ。なかなかの名勝負ですね テロリストの親玉を捕まえるため、中東で潜入捜査するフェリス(レオ)と、安全なところで冷徹な命令を下すホフマン(クロウ)。フェリスは豪胆さと誠実さとを併せ持っているとても魅力的な人物。...
レオ&ラッセルの「ワールド・オブ・ライズ」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ)
{/映画/}中東の大規模なテロ組織を追跡するCIA。現場で体を張って現地人も使いこなして任務を遂行するフェリス(レオ)と、安全なところから主にモニターで指示する上司のホフマン(ラッセル)。壮絶な情報戦のキーとなるのは「嘘」だった……{/映画/}   一...
ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES (我想一個人映画美的女人blog)
リドリー・スコット監督最新作。 ほんとラッセル・クロウがお気に入りだな~。 名作『グラディエーター』、『プロヴァンスの贈りもの』、 『アメリカンギャングスター』に続いて4回目の起用。 電話一本で遠く離れた場所から、やすやすと指令を出すCIAの上司。 監督に...
ワールド・オブ・ライズ (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。デイビッド・イグネイシアス原作、 リドリー・スコット監督。レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー。原題はBODY OF LIES。訳せば「嘘の塊」ぐらいだろう...
ワールド・オブ・ライズ (えいがの感想文)
2008年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ    ラッセル・クロウ    マーク・ストロング トニー・スコットの「スパイ・ゲーム」と酷似な設定やん。 騙し合いだと「ディパーテッド」にも似てるか。 何となく同監督&...
「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました。 (ワードライフの読書日記)
前々から楽しみな作品だったのですが、期待に違わない傑作でした。 ただ、想像していたものとはちょっと違いましたが。 簡単なストーリー紹介です。 CIA中東担当主任のラッセル・クロウとその部下で同じく上級職のレオナルド・ディカプリオ。ディカプリオはクロウの...
ワールド・オブ・ライズ (めでぃあみっくす)
映画の冒頭、この作品はワシントンポスト紙のジャーナリストによるフィクション小説を映画化したものという注釈が出ますが、それすら「嘘」ではないかと疑うほどノンフィクションに思えるこの映画。とにかくこの映画で描かれていることは今もこの世界のどこかで確実に行わ...
『ワールド・オブ・ライズ』 ('09初鑑賞2・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆--- (5段階評価で 2) 1月2日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:10の回を鑑賞。
「ワールド・オブ・ライズ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「ワールド・オブ・ライズ」公式サイトディカプリオとラッセル・クロウの競演、さらにリドリー・スコット監督!てだけでなんだか期待してました~現場で死と隣り合わせの任務遂行するフェリス(ディカプリオ)最近似たような役多いような気がする...
★「ワールド・オブ・ライズ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。
「ワールド・オブ・ライズ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  リドリー・スコット監督作品。主演のレオナルド・ディカプリオも助演のラッセル・クロウも素晴らしかったです。リドリー・スコット監督の作品はいくつかの作風に分類されると思いますが、個人的にはこの手の硬派なサスペンスがとても好み...
ワールド・オブ・ライズ (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日はレオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ競演の社会派サスペンス「ワールド・オブ・ライズ」を観てきましたよう!  世界中の危険地域を舞台に活動するCIA工作員のフェリス(ディカプリオ)。フェリスの上司で常に本部から指示を出すホフマン(ラッセル...
ワールド・オブ・ライズ (小部屋日記)
Body of Lies(2008/アメリカ)【試写会】 監督・製作:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ/マーク・ストロング/ゴルシフテ・ファラハニ/オスカー・アイザック/サイモン・マクバーニー/アロン・アブトゥブール/アリ・スリマン ...
【ワールド・オブ・ライズ】 (日々のつぶやき)
監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 「CIAの優秀なエージェントのロジャー・フェリスの任務は、爆破テロ組織のリーダーを見つけ捕らえること。危険に囲まれての潜入捜査は
ワールド・オブ・ライズ (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2008年/アメリカ 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ     ラッセル・クロウ    カリス・ファン・ハウテン    ヴィンス・コロシモ マーク・ストロング    オスカー・アイザック    マイケ...
ワールド・オブ・ライズ (心のままに映画の風景)
危険な現場で任務を遂行するCIAの工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)と、 安全なアメリカから指示をするエド・ホフマン...
ワールド・オブ・ライズ (こんな映画見ました~)
『ワールド・オブ・ライズ』 ---BODY OF LIES--- 2008年(アメリカ) 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ 世界中を飛び回り、死と隣り合わせの危険な任務に身を削るCIAの工作員...
ワールド・オブ・ライズ (ルナのシネマ缶)
今年最後の劇場鑑賞作品です。 ワシントン・ポスト紙の コラムニスト、 デヴィッド・イグネイシャス原作の リドリー・スコット作品です。 ディカプリオがCIA工作員として 男臭い演技を好演しています。 中東で対テロ殲滅作戦を展開するCIAの主任ホフマン(ラッ...
ワールド・オブ・ライズ (Movies 1-800)
Body of Lies (2008年) 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング 欧州各地で起きた爆弾テロの首謀者を捕らえるべく策を企てるCIA局員を描くサスペンス・アクション 命がけで前線で活動する者、後方からただ指示...
映画『ワールド・オブ・ライズ BODY OF LIES』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
見たいのは、CIAの諜報活動が如何にして行われているかということ。本部のエリート
ワールド・オブ・ライズ (5125年映画の旅)
中東のテロ組織がヨーロッパ各地で爆破テロを行った。CIA捜査官フェリスは首謀者を逮捕すべく単身イラクに潜入する。そして指揮官のホフマンは、アメリカの本部に留まって指示を出す。二人は時に対立しながらも、内と外からテロ組織を少しずつ追い詰めていく。 リ...
ワールド・オブ・ライズ (レンタルで映画)
 リドリー・スコット、(私の中では)名前だけで映画を観たくなる監督さんの一人。ただ観る映画毎に、好き嫌いの濃淡も強く感じるのですけれど。個人的に大好きなのは「テルマ&ルイーズ」と「プロヴァンスの贈りもの」・・・彼のファンとしては逸脱してるかな??  さ...
ワールド・オブ・ライズ   BODY OF LIES (映画の話でコーヒーブレイク)
今の世の中グーグルアースやストリートビューを使えば、私達のような一般人でも 世界中の場所をかなり詳細に見ることが出来ます。 フィクションである映画の中で個人を特定するくらいの精度ってことは 本物の諜報活動をやっているCIAのような組織は、どの程度まで情報...
「ワールド・オブ・ライズ」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ  監督/リドリー・スコット  出演/レオナルド・ディカプリオ      ラッセル・クロウ  リドリー・スコット監督の作品は映画館のスクリーンで観ると決めています。彼のスケールの大きな作品はDVDよりも、やはり大きなスクリーンで観るべ...
ワールド・オブ・ライズ (週末映画!)
期待値: 80% リドリー・スコット監督の社会派映画 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロ
ワールド・オブ・ライズ (映画鑑賞★日記・・・)
【BODY OF LIES】PG-122008/12/20公開(12/20鑑賞)製作国:アメリカ監督:リドリー・スコット出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニどっちの嘘が、世界を救うのか。
ワールド・オブ・ライズ (ダイターンクラッシュ!!)
1月4日(日) 16:00~ 丸の内ピカデリー1 料金:1300円(プレイガイドで前売りを購入) パンフレット:600円(小さい!買っていない。) 『ワールド・オブ・ライズ』公式サイト テロリストを捕らえようとしているCIAの本部のボス(ラッセル・クロウ)、現場の部...
2008-86『ワールド・オブ・ライズ』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-86『ワールド・オブ・ライズ』(更新:2008/12/10) 評価:★★★★☆ これ、面白いよ。 CIAが世界でやっている活動をほぼ実写で映画化したと言っても良いのかもしれませんね。 テロリストと...
ワールド・オブ・ライズ (すたほ~映画・本の部屋~)
解説: CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督が映像化。テロ組織に...
ワールド・オブ・ライズ (みすずりんりん放送局)
 『ワールド・オブ・ライズ』を観た。  世界中の情報網の中枢に潜入し、命を張るCIA現場工作員ロジャー・フェリス(レオナルド・ディカ...
ワールド・オブ・ライズ を観ました。 (My Favorite Things)
第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。
ワールド・オブ・ライズ を観ました。 (My Favorite Things)
第2弾も話題作…最近骨太系になって気に入り始めたレオの作品。
ワールド・オブ・ライズ (You got a movie)
監督    リドリー・スコット 脚本    ウイリアム・モナハン キャスト  レオナルド・デカプリオ       ラッセル・クロウ       マーク・ストロング  名匠リドリー・スコット監督、レオナルド・デカプリオとラッセル・クロウの2大スターが競演とい...
レオの粉骨砕身~『ワールド・オブ・ライズ』 (真紅のthinkingdays)
 BODY OF LIES  欧米各国では、イスラム原理主義者による爆破テロが頻発。CIA中東局工作 員のフェリス(レオナルド・ディカプリオ)は、...
走れ不正直者 リドリー・スコット 『ワールド・オブ・ライズ』 (SGA屋物語紹介所)
そろそろ公開最終週でしょうか。監督リドリー・スコット、主演レオナルド・ディカプリ
ワールド・オブ・ライズ (ジャスの部屋 -映画とゲーム-)
映画「ワールド・オブ・ライズ」の感想です
映画 「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVD発売! (MOVIE レビュー)
レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ましたが、私の好きな監督さんのリドリー・スコット監督の作品...
ワールド・オブ・ライズ (夫婦でシネマ)
ディカプリオとラッセル・クロウが火花を散らして面白いスパイサスペンス。
「ワールド・オブ・ライズ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
嘘つき合戦・・
『ワールド・オブ・ライズ』 2008-No88 (映画館で観ましょ♪)
「事件は会議室で起きてるんじゃない! 現場で起きてるんだ!」 いえいえ、会議室どころか、 日々の暮らしで、 家庭で、 子供を...
『ワールド・オブ・ライズ』'08・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじCIA工作員のロジャー・フェリス(レオナルド・ディカプリオ)は世界中の情報網の中枢に潜入し、現場を知らない上司にキレながらも、命を張って働く男。彼の上司であるベテラン局員、エド・ホフマン(ラッセル・クロウ)は平和な自宅や安全な本部から電話一本で命令...
【映画】ワールド・オブ・ライズ…看護師には萌えない (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}からお盆のお休みです…四日間だけですけどね。 今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_rain/}は夜勤明けだったという事もあって…午後3時過ぎまで寝てました{/kaeru_night/}。すでに1日無駄使いです{/ase/}{/ase/} 夜は…海峡花火大会に行こう...
「ワールド・オブ・ライズ」(BODY OF LIES) (シネマ・ワンダーランド)
「ブレードランナー」「エイリアン」などの作品で知られる、英国出身の米映画監督リドリー・スコットが2008年にメガホンを執ったスパイ・サスペンス・ドラマ「ワールド・オブ・ライズ」(米、128分、ウィリアム・モナハン脚本、ワーナー映画配給)。この映画は米中...
映画 「ワールド・オブ・ライズ」と リドリー・スコット監督 (英国日記)
国際テロ組織と戦うCIAの話。 中東にもぐりこんで活動するCIA工作員フェリスを レオナルド・ディカプリオが熱演しています。 原作は中東で20年も活躍してきたジャーナリスト、 デヴィッド・イグネイシャス氏によるもので、 実話ではないものの、 中東の様子が忠実...
ワールド・オブ・ライズ (ひめの映画おぼえがき)
ワールド・オブ・ライズ 特別版 [DVD] 監督:リドリー・スコット 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴ...
ワールド・オブ・ライズ Body of Lies (映画!That' s Entertainment)
●「ワールド・オブ・ライズ Body of Lies」 2008 アメリカ Warner Bros.Pictures,Scott Free Productions,De Line Pictrues,128min. 監督:リドリー・スコット 脚本:ウィリアム・モナハン 出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング...
ワールド・オブ・ライズ (oguoguの日々映画見っ放し!)
2008年12月上映 監督:リドリー・スコット 主演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ他 世界一の嘘で、世界を救え!・・・・・・アクションサスペンスとして秀作だぁ!...