★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア

2009-01-10 17:50:25 | 映画【あ行】

(随分前に・汗)WOWOWで鑑賞―
【story】
ジャーナリストのマロイ(クリスチャン・スレーター)の前に、「吸血鬼だ」と名乗る男ルイ(ブラッド・ピット)が現れる。彼は、自分を吸血鬼にしたヴァンパイア、レスタト(トム・クルーズ)のことを話し出すが―
     監督 : 二ール・ジョーダン 『プルートで朝食を』 『ブレイブ ワン』
     原作・脚本 : アン・ライス 『夜明けのヴァンパイア』

【comment】
本作は1994年の作品だが、当時これを観た時は(と言っても、、、ビデオ鑑賞だったと思う)、イマイチ面白くないなぁ~なんて思った記憶がある。
だけど、久しぶりに観たらドップリとハマリ込んじゃった~
 

舞台は現代のサンフランシスコ―
極端に青白い顔をした美しい青年ルイが、ジャーナリスト相手に淡々とボヤキはじめる。
1791年、24才の時にヴァンパイアになってからのことを―
 
そう、、、この物語は、一人のヴァンパイアの壮大なるボヤキだ。
妻を亡くし、生きる希望をなくし、死ぬことだけを考えていた200年前のルイ。
だが、死を望んだはずの彼はずっと生き続けている。人間としてではなくヴァンパイアとして―
  
彼をヴァンパイアにしたのはレスタト。
奔放で享楽的なレスタトに見込まれたルイは、半強制的にヴァンパイアになった。
  で、、、こ・この、、、この、、、
  血を吸われるブラピが物凄く美しいっ
生唾ゴックン、瞳孔全開、心拍数上昇・・・なのだぁ~

さて、これを言えば、本作の感想の95%は言ったも同然。後は簡単に・・・んなアホな・汗

とにかくルイはヴァンパイアとなり、その時から彼の辛く長い苦悩の日々がはじまった―
  
ルイは人間の血を吸うことがどうしても出来なかった。人間の心を捨てきれなかったのだ。
襲い来る飢えを獣の血で満たしていたルイは、『死の情熱を持った不死、そして人間の魂を持ったヴァンパイア』として生き続けた―
 
そんなルイの前に一人の少女が現れた。
少女の名はクローディア。たった一度の衝動で、ルイによってヴァンパイアになったクローディアは血に対して貪欲だった。
怖いもの知らずで我儘なクローディアをルイもレスタトも愛し、微妙だった二人の関係を決定的に違うものにしてしまう。
クローディアは、レスタトを亡き者にし、ルイと自由な新天地を求めようとしたのだ―
 

う~~~ん、改めて観ると、非常に絢爛豪華な作品だったと思う
内容があるってわけでもないので(汗)、観る者によって、または観る時によって、奥行きが浅くも深くも感じられそうな・・・そんな不思議さもある。
役者さんの演技はどれも魂が籠っていて、作品に対する並々ならぬ情熱が伝わってくるし、ヴァンパイアの世界を描いているのに、原作のせいか文芸的な趣や高級感もある。
原作と言えば、私は、『夜明けのヴァンパイア』と
『ヴァンパイア・レスタト』を読んだことがある。が、アン・ライスの作風があまり得意じゃないせいか、全く内容を覚えていない(汗)ものの見事にスッカラカン♪
  
さて、本作に登場するブラピは果てしなく美しいし、トム・クルーズは、鼻はあくまでもトムだが(笑)スッキリと痩せていて、バッチリとヴァンパイアになり切っていたと思う。流石だ。

だけど、本作で注目したいのは、クローディア役のキルスティン・ダンストだ。
なんて美しいんだろう彼女は時代物がよく似合う。
それに演技がとても上手い。天才子役ってこういう子のことを言うんだろうなぁ~
  
もう一つ特筆したいのは、アントニオ・バンデラスのヴァンパイア。
これが、、、信じられないくらい似合わない(笑)
 
キチンと結論とか結果がある物語ではないので、個人的にスッキリ感はないのだけれど、、、こんなに美しく妖しい世界は、ここ最近の映画ではなかなかお目にかかれないんじゃーないかしら?

 未見の方は是非1度鑑賞をオススメしま~す (4点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (18)   Trackbacks (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワールド・オブ・ライズ | TOP | 【本】イノセント・ゲリラの祝祭 »
最近の画像もっと見る

18 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (エクスカリバー)
2009-01-10 18:18:30
原作は3作目か4作目まで読んでますが、自分の好みじゃなかったですね。
これはやはり女性向けの内容かなぁ。所謂ボーイズラヴ系統だし(苦笑)。

映画版ではやはりキルスティン・ダンストに尽きます。
この時の彼女は可愛いだけでなく、妙な色気があって、小悪魔を通り越して”魔性の女”てな感じがします。
ロリータ趣味のない人にも(笑)、充分アピールしたのではないでしょうか。

そして逆の意味で要注目なのはアントニオ・バンデラスでしょうね。
ブラピもトムクルもコスチュームプレイが思ったほど似合わなかったのは意外でもありましたが(特にブラピ)、バンデラスに至ってはあの白塗りはハッキリ言って不気味です(爆)。
キャスティングに関しては、続編の『クィーン・オブ・ヴァンパイア』の方が成功してるんじゃないかと思いますね。
好き~~ (マリー)
2009-01-11 12:39:53
私、好き好き~この作品。
昔大好きだった少女漫画「ポーの一族」を彷彿とさせるこの世界・・・
出演者は何気に豪華!!
トムちんも頑張ってたね~。ホントはいかついのに(ゴメン)あれだけ繊細に見せるなんて~凄いなぁ。
ブラピも美しい~
キルスティンってやっぱりキレイな子だしね(今は・・・)
ただ、バンちゃんが~~~
バンちゃん登場には苦笑しちゃった。

そういえば、ジョニーが吸血鬼って話があったよね。
噛んでもらいたい!!そして彼と永遠の世界に~~~
初妄想・・・失礼しました。
わたしも~ (なな)
2009-01-12 21:22:44
これ何度リピートしたことか~
記事は書いてないけどね。
だって,トムクルとブラピとバンデラスのコスチュームものですよ~!
これが萌えないでどうする~~!!
お話は結構切なかったですね。特にブラピが可哀想・・・
そうそう,キルスティン,この作品の彼女が一番好きですね。
ちょっと邪悪なアンティークのお人形のような感じで
この役がらにピッタリでした。
彼女もまた可哀想な役でした。
やつれたトムクルもまた美しい~~
あんなヴァンパイアになら襲われてみたいです。
こちらにも (ゆかりん)
2009-01-13 14:36:50
このお話は私には珍しく原作読んだくらい好きですねぇ。
ヴァンパイアものではかなり上位いや一番くらいに美しい~。
今見るとかなり豪華キャストですよねぇ。
当時はレスタトと一緒ならヴァンパイアになってもいいと思っちゃうくらい好きでしたねぇ。トムというよりレスタトにね!
バンデラスのヴァンパイアはちょっと違う感じもしますが好きだからいいやー。
何度みてもうっとりしちゃいますぅ。
こんばんは (ひめ)
2009-01-13 20:44:03
懐かしい~!
結構前に見たので、内容がところどころ忘れちゃいました。
写真を見て、あ~、こんな感じだった!って少し思い出しました。
トムクルーズが美しかったですよねぇ。

キルスティンも可愛くてキレイですね♪
見たときは、これがキルスティンって意識してなかったので
また見直してみたいです♪
ブラッド・ピット (にゃむばなな)
2009-01-14 21:39:28
この作品に出会ってから、私の中ではブラッド・ピットは悲しみの演技ができる人というイメージが強く残ってます。
特に最後にクリスチャン・ベールを追い返すようにインタビューを終えるシーンのブラピが好きですわ~。
エクスカリバーさんへ^-^* (由香)
2009-01-14 21:57:33
こんばんは~エクスカリバーさん^^・
コメント頂きありがとうございました♪
お返事が遅れてしまい、大変申し訳ありません。

エクスカリバーさんは原作を何作もお読みなんですね~
私も、映画が先か原作が先か忘れてしまいましたが、、、2作読んだ覚えがあります。
でも原作者の作風がイマイチ好きじゃーないので(汗)、あまり印象に残っていません。でも、原作者はボーイズラヴ系統のお話をよく書かれていたような気がします(笑)

『映画版ではやはりキルスティン・ダンスに尽きます』
彼女の演技は素晴らしかったですよね~
今回改めてそう思いました。
実はあまり好きな女優さんではないのですが、彼女が演じたマリー・アントワネットも凄く似合っていました。
そういう時代物がハマるのでしょうねぇ~
そしてコチラでは、まだ幼いというのに、小悪魔的な色気を感じさせましたよね~

ブラピはイマイチ美しくなかったでしょうか?(笑)
私はブラピもトムもなかなか良かったなぁ~と思いました。
でも、バンちゃんはねぇ~ちょっと笑いがこみあげたりして。
白塗りが似合わなかったわ~(笑)
クィーン~は未見なので、今度是非観てみます♪
マリーさんへ^-^* (由香)
2009-01-14 22:05:11
マリーさん♪こんばんは~^^・
マリーさんは、こういう世界観が好きかしら?
私は、昔はイマイチだったんだけど、こんなに妖しく美しく豪華な映画も珍しいかも・・・と今回夢中で観ましたよ~

『トムちんも頑張ってたね~。ホントはいかついのに(ゴメン)あれだけ繊細に見せるなんて~凄いなぁ。』
ホント!!トムは綺麗でした!!レスタトを魅力的に見せていたわ~
『ブラピも美しい~』
私・・・あの・・・ブラピが噛まれるシーンが堪らなく好き!!ドキドキしちゃう♪
『キルスティンってやっぱりキレイな子だしね(今は・・・)』
ふふふ・・・今はねぇ~ああなっちゃったけど(汗)、この時の彼女は綺麗よね~
『ただ、バンちゃんが~~~』
ビックリよね?あの白塗り(笑)髭の濃さが目立っちゃって可笑しくなっちゃったわ~

『そういえば、ジョニーが吸血鬼って話があったよね。』
え?あったっけ?何の映画?
私ったらファン失格よね~スグにピンとこない(涙)
きっと浮気性なせいねぇ~
あっ!マリーさんもアンディに浮気してたっけ(笑)
アンディでも初妄想してねぇ~
ななさんへ^-^* (由香)
2009-01-14 22:15:21
ななさ~ん♪嬉しいよぉ~コメントもらって
今年に入ってから映画館に行っていない身としては、そろそろ寂しくなってきた~
お友達の皆さんとお話したい~だけど眠い~(笑)

ななさん、何度もこの映画を観ているのねぇ~
『トムクルとブラピとバンデラスのコスチュームものですよ~!
これが萌えないでどうする~~!!』
ふふふ・・・そうですよねぇ~
とか言いながら、私は今回で観たのが3回目くらいです。
イマイチお話に面白さを感じなかったのよ。
だけど今回は、『お話は結構切なかった』って思ったわ~記事が書きたくなったもの。
『キルスティン,この作品の彼女が一番好きですね。
ちょっと邪悪なアンティークのお人形のような感じで』
その表現ってドンピシャリだわ!!
邪悪なアンティーク人形・・・邪悪ってのがミソよ。
だからこそ彼女があの役にハマるのよねぇ~

ヴァンパイアの映画って、B級ものでも結構好きなの。
美男に血を吸われるって・・・ちょっと楽しいよね?(笑)いやいや勿論妄想が

ゆかりんさんへ^-^* (由香)
2009-01-16 22:49:24
こんばんは~♪
ゆかりんさんは原作を読むくらいにレスタトにハマったんですね~
私も読んだのですが、、、綺麗さっぱり忘れちゃったなぁ~
今手元に本を持って来て、再読するか悩み中です^^・

それにしてもトムのレスタトは良かったよね?
私はブラピにも萌えたんだけど

私は結構ヴァンパイア映画が好きなの。
『アンダーワールド』も『ヴァンヘルシング』も『ドラキュリア』も好きだったなぁ~♪
それに『ブレイド』も好きーーー
で、、、色々観たけど、バンちゃんのヴァンパイアだけは似合ってなかったよ~(笑)
ひめさんへ^-^* (由香)
2009-01-16 22:53:25
こんばんは~♪
ひめさんは随分前に鑑賞されましたか~
私も今回久しぶりに観ましたが、トムもブラピも若くて綺麗だったわ~

それにビックリなのはキルスティンです!!
この時の彼女は綺麗だし、物凄く演技が上手なんだもの~
もし今度鑑賞する機会があったら、是非彼女に注目してみて下さいね
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2009-01-16 22:57:06
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^・

『ブラッド・ピットは悲しみの演技ができる人というイメージが強く残ってます』
ブラピって、容姿端麗なだけでなく、演技が上手い俳優さんだと個人的には思っています。
この時のブラピもそうでしたが、『ジョー・ブラック~』でも悲しみの演技を見せてくれたわ~

もうすぐ公開の『ベンジャミン~』が楽しみです!!きっとまた哀しみの演技が見られるのではないかしら?
こんにちは! (アイマック)
2009-01-18 14:23:33
この映画、大好きで何回みたかわからない。
原作を先に読んで、アン・ライスにはまり、ほかのシリーズものを読みまくってたなあ。
今思うと、信じられない豪華なキャストだけど、レスタトを演じたトムはがんばったと思う。
私、永遠に子供でいいからトムとブラピがお兄さんだったらクローディアになりたいと思ったもん。笑
しかし、白塗りのバンデラスはにあわなかったねー。。
ホモくさいのはよく出てたけどね。
おお~~! (しゅぺる&こぼる)
2009-01-21 13:03:10
懐かしいですよね、これ。
これはたまたま深夜にひっそりと放映してて、見るとはなしに観て結局最後まで観てしまうタイプの作品でございます(笑)
>アントニオ・バンデラスのヴァンパイア。
これが、、、信じられないくらい似合わない(笑)
ここに100票投じます(笑)
アイマックさんへ^-^* (由香)
2009-01-22 18:04:13
こんにちは~^^・
アイマックさんは大好きだったのね~この映画♪

『原作を先に読んで、アン・ライスにはまり、ほかのシリーズものを読みまくってたなあ』
おお~!アン・ライスがお好きでしたかぁ~
私はね、イマイチ好きになれなかったんだなぁ~
何でだろう?結構人気のある作家さんなのに。

『私、永遠に子供でいいからトムとブラピがお兄さんだったらクローディアになりたいと思ったもん。笑』
アハハ~何となく分かる、その気持ち(笑)
だけど、私はずっとお兄さんじゃー嫌だなぁ~成長して、ブラピのヴァンパイアの恋人になりたいわん・爆

『白塗りのバンデラスはにあわなかったねー。。』
改めて見たら、かなり不気味だったわ~(笑)
白塗りに濃い髭の跡が、なんとも言えずに変だったかも(笑)
しゅべる&こぼるさんへ^-^* (由香)
2009-01-22 18:31:49
こんばんは~^^・
しゅべる&こぼるさん♪遊びに来てくれてありがとう~
お返事が遅れてゴメンネ♪
風邪をひいちゃってねぇ~しばらくの間くたばっていました(汗)
嫌な風邪が流行っているので、くれぐれも気を付けてね~

『たまたま深夜にひっそりと放映してて、見るとはなしに観て結局最後まで観てしまうタイプの作品でございます(笑)』
ふふふ・・・何となく分かるわ、そのニュアンス(笑)
結構そういう作品に掘り出し物ってあるよね?

で、、、これは懐かしいでしょう?
昔はイマイチかなぁ~と思ったんだけど、今回はハマっちゃったの。
こういう絢爛豪華な映画って、最近ありそうでないのよ。
何と言うか・・・お金の掛け方が、最近は何だか違う気がするの。

バンちゃんの白塗りは、、、似合わないよね~(笑)
本人はどう思ったんだろうか?
意外に気に入っていたりして(笑)
妖艶なブラピ (ノルウェーまだ~む)
2009-09-16 19:12:48
由香さん、こんにちは☆
今度ロバート・ダウニーJrがレスタトをやると聞いて、ほったらかしのレビューを書いてみました。
レスタト主役だったんだ??と今回思ったほどブラピの妖艶さに完全ノックアウトだったよぉ。
世界で一番美しいヴァンパイアという割りに、トムちんレスタトはそうでもないじゃん…というのが私の1回目の印象で、内容もやっぱり薄い気がしたので、レビューを放置していたのだけど、私も2度目見たらハマっちゃった♪
なんでだろう?
これをロバートがやるとどうなるのか?楽しみだね~
ノルウェーまだ~むさんへ^-^* (由香)
2009-09-17 10:42:46
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^

>今度ロバート・ダウニーJrがレスタトをやると聞いて
えっえ~~~知らなかった!!ホント?!
いやいやいや~~~ロバート・ダウニーがレスタト?!へぇ~それは興味津々(笑)

コチラの映画はとにかくブラピが綺麗よね・・・ふふふ・・・萌える。
トムちんもなかなか良かったんだけど、個人的にはブラピに軍配かなぁ~

>私も2度目見たらハマっちゃった♪
なんでだろう?
やっぱり?1回目よりも2回目がハマった?何ででしょうねぇ・・・
一つは、最近の映画よりもしっかりと映画作りしているんじゃーないか、って思うせいもあると思いません?この頃の映画の方が映画らしいというか、、、何だか年寄りくさいセリフね(笑)

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

6 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994) (【徒然なるままに・・・】)
自らをヴァンパイアだと名乗る青年ルイは、ジャーナリストにその恐るべき半生を語り始めた。 かつて最愛の妻子を亡くし絶望の渕にあった時に、永遠を生きる伴侶を求めていたヴァンパイアのレスタトによって、同じくヴァンパイアにされてしまったルイ。彼は永遠の若さを手...
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (しーの映画たわごと)
ブラピとトムが出演ってことでのキャスト目当て。他にもバンデラスやクリスチャンスレーターも出ているのでファンにとっちゃ見どころはあるけど・・・ただ、正直ヴァンパイアだとか、このへんの西洋の伝説物は嫌い。
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (映画鑑賞★日記・・・)
【INTERVIEW WITH THE VAMPIRE】1994/12/年公開製作国:アメリカ監督:ニール・ジョーダン原作・脚本:アン・ライス出演:トム・クルーズ、ブラッド・ピット、スティーヴン・レイ、アントニオ・バンデラス、クリスチャン・スレイター、キルステン・ダンスト職業はヴァンパ...
インタビュー・ウィズ・バンパイア (ひめの映画おぼえがき)
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア 監督:ニール・ジョーダン 出演:トム・クルーズ、ブラッド・ピット、スティーヴン・レイ、アトニオ...
インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (めでぃあみっくす)
終わらない心の哀しみがあるからこそ、美しい映画はより美しく見える。そしてその美しさは映像だけでなく、雰囲気や役者陣など全てにおいても同じく。 これまでの怖いヴァンパイア映画とは完全に違う、ヴァンパイアになってしまった人の「心の苦しみ」が悲しく、でもどこ...
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」世にも美しいヴァンパイア (ノルウェー暮らし・イン・London)
世界で最も美しいヴァンパイアと言われたトム・クルーズ主演の『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』から、早くも15年。 なんとその美しいヴァンパイア「レスタト」を、次回作でロバート・ダウニーJrがやるのだと聞いてビックリ! 見たまま放っておいたこの映画、せ...