★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^−^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

それでも恋するバルセロナ

2009-07-03 14:07:05 | 映画【さ行】

第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―
【story】
バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重なヴィッキーは真面目な彼と婚約中。一方、自由奔放なクリステーナは彼氏と別れたばかり。2人はセクシーな画家フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)と出会う。クリスティーナは一目で彼に惹かれ、最初反発していたヴィッキーまでも彼に惹かれていく―
ところが、フアン・アントニオの元妻マリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)が現われて・・・
     監督 : ウディ・アレン 『マッチポイント』

【comment】
これ、面白かったです どこが好きーって言えないんだけど好みかも。
ここに出てくる人たちの滑稽さを楽しんじゃったわ〜ん

お話のはじまりは、ありがちな“バカンスの恋”ってヤツですね。
ところがドンドンありがちじゃーなくなっていくのよ。チョイ異常な状況に突入しちゃって(笑)
 

さて、バルセロナにやってきたアメリカ娘二人―慎重派のヴィッキー&自由奔放なクリスティーナは、画家のフアン・アントニオに出会います。
 
この男ったら、いきなり二人をナンパ。しかも「セスナで出掛けて3人でエッチッチを楽しもう―」なんて誘うのよ(笑)
「なんて失礼なバカ男」と怒るヴィッキー。一方「私は誘いに乗っちゃうわよ〜」とクリスティーナ。
スッタモンダの挙句、結局フアン・アントニオの飛行機に乗り込んだ二人のその後の運命は、、、皮肉なことになっちゃうんですね〜
やる気満々の(笑)クリスティーナが体調不良でダウンってことで、ヴィッキーが婚約者のいる身でフアン・アントニオとただならぬ仲になっちゃって、、、
 
ところが、ただならぬ仲と思っていたのはヴィッキーばかりだったようで、クリスティーナの体調が万全になったらスグにクリスティーナとただならぬ仲になるフアン・アントニオ、、、
ここで男一人と親友二人っていう三角関係の出来上がり〜
 
で、、、ヴィッキーが悶々としているところへ脳天気な婚約者がやってくる―
そこで、自分の欲しいものを知っていると思っているヴィッキーは、何もなかったことにして婚約者と結婚。
一方、自分の欲しいものがよく分からず、自分探し真っ最中だったクリスティーナは、芸術家の恋人を見つけたことこそ喜びよ〜とばかりに画家の家で一緒に住んじゃってルンルンに―
 
BUTクリスティーナとフアンの甘〜い生活は長くは続かなかった、、、
なぜならフアンの元妻マリアが二人の住む家に一緒に住むことになっちゃったんだも〜ん。
「んな、アホな・・・」の展開だけど、もっと「んな、アホな・・・」だったのはマリアって女の気性だった、、、激情的っていうか何というか、、、日本でいうところの魔性の女ってヤツでしょうか。
さぁ〜て、事態は三角関係、四角関係、、、になりながらありえない方向へ―
 
と言う事で、とってもありがちだったバカンスの恋は、滅多に見られないバカっぽい恋へと成長します(笑)
だけど、妙〜に可笑しくって憎めないのよね〜この人たち。
ありえない恋愛模様にした張本人マリアは、これ以上ないくらい個性的なキャラを披露してくれるし、男女の駆け引きや微妙な心の機微なんかには妙〜に頷かせるところもあってねぇ〜アッチコッチでクスクスと笑えたり、あるあると呟いたりでした〜
 
私はアレン監督の作品をほとんど観ていないので、監督独自の持ち味なんかは分からないんだけれど、コチラの作品が持つ感性にはピピッときました。
ただ残念なのことに、その好きさを言葉で言い表わし難いんだけど、、、

これは、ハマれない方もおいでだと思うけど、役者さんやバルセロナの空気も楽しめる映画なので観て損はないと思いますよ〜

とにかくペネロペは光っていました〜彼女を前にするとスカーレットがチョイ小娘に見えたくらい(それが映画狙いかも?・笑)
ハビエルのプレイボーイも良かったですぅ〜
オカッパ姿と司祭姿が強烈に印象に残っていましたが、普通の(?)プレイボーイもいいじゃーないの〜
                               (4点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (40)   Trackbacks (91)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 時計じかけのオレンジ | TOP | MICHAEL JACKSON KING OF POP JA... »
最近の画像もっと見る

40 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
うんうん (miyu)
2009-07-03 14:57:09
ペネちゃんが本当に光ってましたよね〜。
確かに彼女の横に並んじゃうと、スカちゃんが小娘って
感じがしちゃったなぁ〜。
ハビ様のプレイボーイもやっぱり強烈でしたね〜♪
由香さんへ♪ (mezzotint)
2009-07-03 17:59:44
こんにちは!
いつもTBのみで失礼しております。
先日はひとことブログの方にコメント
ありがとうございました。
「レスラー」はそちらでは上映されない
とのこと・・・。関西にもこない作品、
結構ありますが、何でそちらに来ないのか?
不思議ですね。またひとことの方にも
コメント入れますので、宜しくお願い
します。私もこの作品好みでした!
ぺネロぺ、スカちゃん、良いですよね。
ハビエルさん、色男もなかなか決まって
いました。“ノーカントリー”の殺し屋
のイメージが強かったので、どうなるのか?
と思っていましたが。音楽も良かった!!
妙な展開でしたね… (おむすび)
2009-07-03 20:48:29
ワインをおいしそうに飲むシーンが多かったですね。
豪華なキャストが目当てで観たのですが、こういう展開?っというハードなことになっていきましたね。人生何が起こるかわからない。

フフっ…と笑えるところもあり。
何より音楽がとてもよかった。
いくつかのアコースティックのギターの挿入曲、特に軽快なテンポのメインテーマが今も耳に残っています。
サウンドトラックが欲しいです。
濃かった・・・ (マリー)
2009-07-03 21:49:42
こんばんは〜〜
ハビ様・・・濃い。
>オカッパ姿と司祭姿
それと私は寝たきり姿(海を飛ぶ夢)が強くて〜〜〜

決して嫌いじゃないんです〜こういう映画。ただ。もっともっと過激なものを期待してたので(どんだけ〜!)もうちょいなんか欲しかった。
ペネロペは光っていたなぁ〜。あのスカちゃんが、喰われるなんて〜びっくりでしたね。
ぺネちゃんが被写体なら、私だっていい写真が撮れそう!なんて思ってしまった〜〜〜。
好きだ〜 (KLY)
2009-07-03 22:49:52
スカーレットとペネロペ観たさで前売り発売と
同時に買って待ってた作品。2人をたっぷり観
れて大満足でした。(笑)
途中の2人のセクシーさにクラクラきてました
が、あれだけフェロモンだしまくっていたの
に、ニューヨークに帰ったらスパッっと割り切
っている2人を見て、やっぱ女性って現実的だ
よなぁと…。^^;
こちらにも〜♪ (ひろちゃん)
2009-07-04 01:53:58
わ〜い、由香さんと何となく同じような
感想で、評価も同じだ〜〜\(^O^)/

私もマッチポイントが好きで、この監督の
作品ってあまり観ていない(3つしか観てなくてっ〜)てところやハビエルのオカッパ姿や
司祭姿じゃなくプレーボーイもいいじゃな〜い、そしてペネロペ光っていたなど、
どこがっていいって言えないなど同じ感想で
私も楽しめちゃいました♪
時間も長くないのも丁度良かったです
よね(^_-)-☆

由香さんは一見ヴィッキータイプで、実は
クリスティーナと思うのですが(笑)
診断やってみました?(笑)
Unknown (keyakiya)
2009-07-04 09:02:53
ペネロピさんの存在感はすごいですね。
映画の雰囲気をがらりと変えてしまいました。

暗室のあの場面にはちょっと息をぐっと飲み込みましたよ。
私生活 (にゃむばなな)
2009-07-04 18:02:34
ペネロペちゃんとバルデムさんのスペイン語と英語を入り混ぜた会話は、実際にこの2人が恋人同士ということもあってか、妙にリアルに見えましたね。

私生活でもあんなことしてるのかな?
はしか (たいむ)
2009-07-04 19:51:13
由香さん、こんにちは。
最初は軽はずみなクリスティーナが苦手〜って思ったのだけど、意外にもサッパリしていて一線を引くのが上手というか、逆に一番共感できそうなヴィッキーがだんだんウザク感じたり、でもお互い「はしか」だったねーなんて感じのラストが良かった!
やっぱペネロペは凄かった。
それに尽きる映画かな?私には(^^)

こんばんわー (かいこ)
2009-07-05 02:35:59
「エッチッチ」に爆笑ですぅ〜!!
由香さんアレンにはまったみたいですね^^
私はまったんだけどはまりきらなかったっていうか、、
いや、面白かったんだけどなぜか長く感じた不思議な映画でした^^;
ペネロペ前だとスカちゃんは小娘でしたねー!

はまりきれなかったけど、アレンにかかると
女優がなんだか光るのはよく分かる気がしました^^

由香さんの診断なんでしょう?
ひろちゃんさんも言ってますが、実はクリスティーナなんじゃないかと・・ぷぷ。
miyuさんへ^−^* (由香)
2009-07-05 15:57:15
こんにちは〜miyuさん♪
ペネロペは綺麗ですねぇ〜
常々スカちゃんって綺麗ーって思っていましたが、ぺネロぺの前だと・・・アワワ
私、ぺネロぺのような小顔のチョイ魔性な女性に憧れているんですぅ〜〜〜
ハビエルのプレイボーイぶりはハマっていましたね〜しょーもない男だけど憎めなかったわん
mezottintさんへ^−^* (由香)
2009-07-05 16:01:44
こんにちは〜♪
こちらこそいつもTBばかりでスミマセン
先日は“ひとこと”にお邪魔させて頂きました〜
レスラーがコチラでは上映されないんですぅ〜
もしかしたら数ヶ月遅れで上映されるかもですが・・・

この映画はなかなか面白かったですよね〜
ちょっと変わった恋愛模様でしたが、キャストもいいせいか楽しめました〜
ハビエルはオカッパ頭とは随分違う役柄でしたね〜(笑)
おむすびさんへ^−^* (由香)
2009-07-05 16:06:32
こんにちは〜♪
こちらにもコメントありがとうございます^^

おむすびさんは映画の雰囲気を堪能されたようですね〜
ワインや音楽、それに風景や建物、、、バルセロナの空気を楽しみながら変わった恋愛も楽しんじゃった感じかな(笑)

私も音楽が好きでした。
それから感想に書き忘れましたが、ナレーションが意外にツボでした。普段なら五月蠅く感じそうですが、この映画には合ってたなぁ〜
お久しぶりです! (ミスターシネマ)
2009-07-05 17:37:13
YUKAさん、お久しぶりです。

実はしばらくの間、gooブログにスパムフィルターにかかっており、トラックバックも送信できませんでした。
事務局に問い合わせて解除してもらったばかりで、再度YUKAさんのブログにトラックバックができてホッとしています。

さて、話の感想ですが、欧米の人は本当に恋愛には開放的ですよね。
明るい三角関係というのは、日本人には到底考えられないことですよね。

3人の中で付き合うとしたら、堅実派のヴィッキーですね!顔のタイプはクリスティーナですけど(笑)
YUKAさんだったら、誰が良いですか?

行きつけの映画館では上映していなかったので、電車を使って行きましたが、期待していた以上に面白かったですね。

港北ニュータウンの町並みもきれいだったので、いろんな意味で行ってよかったと思いましたね!
Unknown (mig)
2009-07-05 18:54:55
こんばんは、コメTBありがとうです。
由香さんも楽しめたみたいでよかった★

けっこうダメだったという人がいるのでちょっと残念だったんですけど
好みの問題かなぁ

この映画のなんとも言えない雰囲気も好きです。

ところで、
「時計じかけのオレンジ」
普通でしたかぁ〜、、、、
わたしはかなりの高評価、満点です★好きな映画にも入ってるし
マリーさんへ^−^* (由香)
2009-07-06 12:38:45
こんにちは〜♪
濃かった?ハビエル(笑)
私は結構ステキかも目線で見ちゃったわ〜変かしら?(笑)

で、、、もっと刺激的なところが見たかったの?マリーさんたら〜ん。もしかして波乱万丈な青春時代を送ってる?(笑)こっそり教えてちょーだいな(笑)

ペネロペは綺麗だったね〜スカちゃんが霞んじゃったもの・・・恐るべし、、、流石は名だたる男を虜にするだけのことはある!!(笑)
KLYさんへ^−^* (由香)
2009-07-06 12:43:23
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございます〜^^

ペネ&スカだもの・・・KLYさんのテンションも高くなりますよね〜
私はジョニー&ベイルの時にはハイテンションだと思います!!今から予告しま〜す(笑)

>ニューヨークに帰ったらスパッっと割り切
っている2人を見て、やっぱ女性って現実的だ
よなぁと…
おほほ・・・女性って妙〜〜〜に現実的なところがありますからね〜
ロマンチックな恋をしていても、その付き合いに未来があるかどうかちゃんと計算してたりして〜〜〜(笑)
あっ!私は純情なのでそんなことはありませんでしたが(笑)
ひろちゃんへ^−^* (由香)
2009-07-06 12:47:29
こんにちは〜ひろちゃん♪
TB&コメントありがとうございます〜

この映画の感想は、ひろちゃんとほぼ同じでしたね〜
どこがいいって言えないんだけど、結構好きでした〜
それからマッチポイントは面白かったよね。あれこそ好きって感じではないけど面白かった映画だわ。

>一見ヴィッキータイプで、実はクリスティーナと思うのですが(笑)
あはは〜何故そう思う?(笑)
私は正真正銘ヴィッキータイプです。
真面目で安定を求めるのよ〜だけど夢は見ちゃう(笑)
keyakiyaさんへ^−^* (由香)
2009-07-06 12:50:20
こんにちは〜♪
コメントどうもありがとうございます〜^^
ペネロペにはビックリでした〜
ホント映画の雰囲気をガラリと変えましたね〜
普段は綺麗なスカちゃんも霞むほど美しかったし・・・

暗室の場面はドキッとしましたね(笑)きっと映画を撮ってた方々もドキドキだったでしょう(笑)
にゃむばななさんへ^−^* (由香)
2009-07-06 13:02:30
こんにちは〜♪

>私生活でもあんなことしてるのかな?

・・・・・・二人が英語とスペイン語混じりの会話をしているってことでしょうか。
それとも三角関係を実践しているってことでしょうか・・・
一瞬後者を想像して、、、楽しくなりました(笑)
たいむさんへ^−^* (由香)
2009-07-07 00:00:20
こんばんは〜たいむさん♪
“はしか”とは上手い事を仰いますね〜(笑)
あれだけ燃えた恋なのに、意外と最後はアッサリでしたね。やっぱりアバンチュールの恋だった?(笑)
ペネロペはインパクトありましたね〜それに綺麗!!スカちゃんがチョイ霞んじゃったかな(笑)
かいこさんへ^−^* (由香)
2009-07-07 00:08:32
こんばんは〜♪
・・・・・コラ〜何で私がクリスティーナなのよ?
どこをどう考えても、真面目&ウジウジなヴィッキーではないですか〜(笑)で、、、診断もヴィッキーでした。ちょっとマリアに憧れたんだけど(照)ダメみたい

マッチポイントもコチラの映画も好みでした。
タロットカードは未見なのよ・・・借りて観るべきかしら?気に入るかな?

かいこさんは今一つハマれなかったようですが、豪華キャストは楽しめましたね〜
ミスターシネマさんへ^−^* (由香)
2009-07-07 00:13:24
こんばんは〜♪
ちょっとご無沙汰しておりました。お元気ですか?
TBでお手数をお掛けしたようですね〜
またスムーズにTB出来るようになって良かったです!

えらく開放的な恋愛模様でしたが(笑)、不思議とドロドロ感もなく何気に楽しめました〜

3人の女性では誰が好きだったかなぁ〜
誰にも共感出来なかったけど(笑)、自分のタイプはヴィッキーだと思います。日本人はヴィッキータイプが多いんじゃーないかしら?

それにしてもハビエルさんは役得ですね〜3人の美女とラブシーンがあるなんて!(笑)
migさんへ^−^* (由香)
2009-07-07 00:16:12
こんばんは〜♪
何だか知らないけど好きでした、この映画(笑)
私はアレン監督の作品を食わず嫌いでいたところがあるのですが、『マッチポイント』も好きだったし、他も観てみようかなぁ〜

『時計じかけ〜』は原作が先になったせいかイマイチ肩透かしだったんですぅ〜
でも、これが公開された当時に観たら、、、きっと強烈だったと思います!
こんばんは (David Gilmour)
2009-07-07 22:44:26
本作は、最近のアレン映画の中で、「マッチポイント」のようにストーリー上の大きな出来事(事件性)もなく、「タロットカード〜」のようにアレン得意なギャグもなく、期待はずれというか、もの足りなさを感じてしまいました。
Thank you! (ミスターシネマ)
2009-07-07 23:26:35
YUKAさん、お返事ありがとうございました!
四角関係なのに、どろどろしないところが欧米らしかったですよね。

>日本人はヴィッキータイプが多いんじゃーないかしら?
確かに、僕もヴィッキーがタイプです(笑)

フアン役のハビエルはうらやましいですね。
いくら仕事とはいえ、3人の美女とラブシーンが出来るなんて!これも役者の特権ですかね(笑)

観光がてらにバルセロナに行きたくなっちゃいました!
こんばんはー^^ (みすず)
2009-07-08 00:24:34
この映画、コメディだったんですねー^^
面白いのは面白かったけど、ガハガハは笑えなかったです^^;

でも、ペネロペは凄いね
迫力ある演技で圧倒されました。
さすが賞を獲るだけある^^

ヴェッキーがもうちょっと絡んでくるのかと思っていたんで、ちょっと印象が違ってました^^
アントニオのたらしぶりは面白かったです^^
David Gilmourさんへ^−^* (由香)
2009-07-08 17:09:10
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

物足りなかったですか〜
私は結構気に入っちゃいました♪
何が良かったのか自分でも分かりませんが(笑)、何だかツボで。
マッチポイントは面白いですよね〜
タロットは未見です。今度観てみます♪
ミスターシネマさんへ^−^* (由香)
2009-07-08 17:15:08
こんにちは〜♪
再訪ありがとうございました^^

日本の女性はヴィッキータイプが多いでしょうから、きっと日本の男性もヴィッキータイプをお好みでしょうね〜

ハビエルは3人の女性と絡めてウハウハでしょうね(笑)変な役ばかりで目にするハビエルですが、プレイボーイもハマっていましたね〜

それから、女ったらしのフアンでしたが、3人の女性よりも意外に彼が1番純情だったかも・・・なんて思ったりもします。
彼も将来、お父さんと一緒で世捨て人になるかも・・・

みすずさんへ^−^* (由香)
2009-07-08 17:17:26
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

みすずさんはイマイチだったようですね〜
私も本来イマイチになりそうなものですが、何故か楽し〜く観れちゃいました。
ガハガハ笑えなかったけど、クスクス笑えた感じかな♪

ペネロペは綺麗だったし、あの役はハマリ役でしたね〜ちょっと地かも?!(笑)
こんばんは (えめきん)
2009-07-09 22:35:59
この映画を観ていて「恋愛もいろいろあるんだなぁ」としみじみ思いました。フアン、クリスティーナ、マリアの三角関係なんかは到底理解は出来ませんが、何故だか妙に感心してしまいましたね。

ただ、ちょっと楽しみどころが特殊な内容だったので、ゴールデングローブ賞で作品賞を取るほどではないかな、なんて思ったり。
罪深きリゾートの恋 (クラム)
2009-07-11 08:50:37
J.バルデムとP.クルスが強烈でした。
とても濃くて強引なんだけど、どこか惹かれてしまう。
非日常だからこそ有りの世界なのでしょうけど、
あの二人の持ち味がいかんなく発揮されていておもしろかったですね。

対照的に日常を背負ってやって来たアメリカ人婚約者が
思い切り間抜けに見えていてこっけいでした。
ヴィッキーもクリスティーナも悩みますよね。
それでも理性で(?)日常に戻っていったけど、
後遺症は残ってしまうことでしょう。
ああいう経験、したいようなしたくないような・・・。
えめきんさんへ^−^* (由香)
2009-07-11 13:43:21
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

一人の男と3人の女の恋愛ならば、まぁ〜実際にあるのかもですが、あの4人に関してはかなり特殊でしたね〜(笑)
とにかくハビエルとペネロペの演じたカップルは強烈でした。何故か憎めませんでしたが(笑)

私も作品賞に関してはチョイ疑問です。いくらコメディ部門とはいえ、そういう感じでもないような。
クラムさんへ^−^* (由香)
2009-07-11 23:44:52
こんばんは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

バルデムとペネロぺは濃かったですね〜
それにしてもペネロぺ演じたマリアは凄い性格でした。とても付き合いきれない(笑)
バルデムのフアンは女ったらしなのに何だか純粋な人に見えました。末は彼も父親のように詩人になるかも(笑)

アメリカ組みは皆間抜けに見えちゃった(笑)
愛とは、、、人生とは、、、とか必死になっていてもイマイチ的外れで(笑)
変わった恋愛模様を観ているようで、何だか味わい深い映画でした。
こんにちは♪ (kenko)
2009-07-14 12:02:05
毎日蒸し暑いですねぇー
そろそろ梅雨明けかな?

私もこの映画、たのしかったです♪けっこう笑った(笑)
ウディ・アレンの映画は大して観てないですけど
前回の『タロットカード殺人事件』も良かったですよん。

ペネロペの役は強烈でしたけど、スカちゃんの演じたクリスティーナのキャラクターが気に入りました。なんか可愛くて。
この映画の中ではヴィッキーの夫みたいな男が
ほんとにしょうもなく見えてしまった
kenkoさんへ^−^* (由香)
2009-07-16 09:09:26
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

梅雨が明けましたね〜暑い暑い・・・

kenkoさんもお好きでした?これ。
私も何だか知らないけど気に入っちゃったなぁ〜妙に可笑しくて(笑)
『タロット〜』も面白いですか?DVD借りようかな♪

クリスティーナが気に入りました?(笑)
私は誰がいいってのはなかったですが、しいて言えばフアンが気に入りました。
あの人、自分の心に素直で純真なんだわ、きっと。将来はお父さんのように詩人になるでしょう(笑)

ヴィッキーの夫はねぇ〜ダサかったですね(笑)
残念な結果に (de-nory)
2009-07-23 07:28:17
映画は、何を観てもそれなりに楽しんでしまう私ですが、「いかんかった」です。
ナレーションでの説明が頻繁で、たまらなく気になって…。
de-noryさんへ^−^* (由香)
2009-07-24 10:11:37
こんにちは〜♪
TB&コメントありがとうございました^^

ダメでしたか〜残念ですね。
ナレーションが多かったので、それも気になりましたか・・・

私は思いの外楽しめました!!
どちらかと言うとお気に入りに映画です♪
お久しぶりです。 (hyoutan2005)
2009-10-03 22:47:31
TBありがとうございました。
最初のうちは説明口調のナレーションに馴染めませんでしたが、途中からどんどん惹き込まれてしまいました。
物語も出演者も一筋縄でいかないと言うか、
一癖も二癖もありましたが、
それがまた程よいスパイスになって楽しめました。
由香さんも好みだったのですね。
ところで、TBのお返し、甚だしく遅れてしまってすみませでした(汗
hyoutan2005さんへ^−^* (由香)
2009-10-05 16:27:27
こんにちは〜♪
ご無沙汰しておりました。お元気ですか?

hyoutanさんも楽しまれたようですね〜
ホント一癖も二癖もある物語と登場人物たちでしたが、なんだか面白かった映画でした^^

アレン監督の映画は食わず嫌いなところがあったのですが(汗)、最近になって面白いなぁ〜と思うようになりました。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

91 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
それでも恋するバルセロナ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この恋、想定外』  コチラの「それでも恋するバルセロナ」は、第81回アカデミー賞でペネロぺ・クルスが助演女優賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した6/27公開のウディ・アレン監督のラブコメディなのですが、早速観...
それでも恋するバルセロナ/ハビエル・バルデム (カノンな日々)
だいぶ前から劇場予告編がかかっていたこともあって楽しみにしていました。ペネロペにスカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールという豪華女優陣があのハビエル・バルデムを巡って恋のドラマを繰り広げそうな感じでしたけど、話の中身がまだよくわからない予告編で既に...
それでも恋するバルセロナ ニッショーホール 2009.6.10 (◆JOY◆ 〜つれづれ日記〜)
ペネロペとスカーレットの競演って言うのを聞いて、 是非みたかった作品 試写で観てきました。
それでも恋するバルセロナ♪VICKY CRISTINA BARCELONA (銅版画制作の日々)
Vicky Cristina Barcelona♪ スペインに行きたくなる〜〜!流れる音楽がまたよろしい。バルセロ〜ナハビエルがイケメンに見えるな バルセロナは、私が毎年出品しているミニプリント展が開催される場所です。そんなこともあってぜひ訪ねたい場所なんだけど・・・・・。...
「それでも恋するバルセロナ」成就しない恋はロマンチック (ももたろうサブライ)
監督 ウディ・アレン少しあらすじバルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と親友のヴィッキー(レベッカ・ホール)。奔放なクリスティーナに対して婚約中のヴィッキーは堅実な性格。二人は画家のファン・アントニオ(ハビエル・バルデム...
Vicky Cristina Barcelona / それでも恋するバルセロナ (Akasaka high&low)
Weinstein(ウエインステイン)兄弟の会社で2本目のWoody Allen(ウディ・アレン)作品は久しぶりのロマンス-コメディ。 Vicky Cristina Barcelona(それでも恋するバルセロナ)では珍しいことにウディ・アレン調の「どもり」を一度も聞くことがありません。ストーリーは...
それでも恋するバルセロナ (描きたいアレコレ・やや甘口)
ハビエル・バルデムが楽しそう〜です。(^^) ハビエル・バルデムという人は...『ノーカントリー』でおかっぱ頭でパスパス人を殺してた...
それでも恋するバルセロナ (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本: ウディ・アレン キャスト ファン・アントニオ☆ハビエル・バルデム マリア・エレナ☆ペネロペ・クルス クリスティーナ☆スカーレット・ヨハンソン ヴィッキー☆レベッカ・ホール ジュディー・ナッシュ☆パトリシア・クラークソン マーク・ナッシ...
『それでも恋するバルセロナ』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:VICKYCRISTINABARCELONA監督・脚本:ウディ・アレン出演:スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、パトリシア・クラークソン、レベッカ・ホール鑑賞劇場 : 109シネマズMM横浜公式サイトはこちら。<Story>バカンスでバルセロナ....
【映画評】<!-- それてもこいするはるせろな -->それでも恋するバルセロナ (未完の映画評)
性格が正反対の女ふたりが経験するひと夏のアバンチュール。
【映画評】<!-- それてもこいするはるせろな -->それでも恋するバルセロナ (未完の映画評)
性格が正反対の女ふたりが経験するひと夏のアバンチュール。
それでも恋するバルセロナ (LOVE Cinemas 調布)
ウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。出演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『エレジー』のペネロペ・クルス、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソン、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。特にペネロペは本作でアカデミー賞助演女...
*『それでも恋するバルセロナ』* ※ネタバレ含 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:アメリカ映画、ウディ・アレン脚本&監督、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム共演。
試写会「それでも恋するバルセロナ」 (流れ流れて八丈島)
今日は、これから虎ノ門のニッショーホールで試写会「それでも恋するバルセロナ」を観ます。スカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスが出てるってだけで、観る価値あると思うけど、監督がウディ・アレンだから、作品としてのレベルも高そうですね。ゴールデングローブ...
それでも恋するバルセロナ (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
休暇でバルセロナを訪れたヴィッキーとクリスティーナは似たもの同士の親友ですが、恋愛感だけは正反対。2人は、ヴィッキーの知人宅に滞在し、バルセロナ観光を楽しみます。ある晩、パーティーで出会った画家のファン・アントニオに誘われ、彼が住むオビエドを訪ねること...
★★★★ 『それでも恋するバルセロナ』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/スペイン。"Vicky Cristina Barcelona".   ウディ・アレン監督・脚本。  バカンスでバルセロナを訪れた2人のアメリカ人女性が、そこで出会ったセクシーな画家と繰り広...
映画レビュー「それでも恋するバルセロナ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Vicky Cristina Barcelona [Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆人生は貪欲に楽しむべし。バルセロナの街の魅力を堪能できるアレン流のラブ・コメディーだ。 【65点】 夏のバカンスでバルセロナを訪れた親友同士のヴィッキーとクリスティーナは、セクシーな画...
それでも恋するバルセロナ (こんな映画見ました〜)
『それでも恋するバルセロナ』 ---VICKY CRISTINA BARCELONA--- 2008年(スペイン/アメリカ) 監督:ウディ・アレン 出演: ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリス...
『それでも恋するバルセロナ』 (Vicky Cristina Barcelona) (Mooovingな日々)
ウッディアレン監督、スカーレットヨハンソン、ハビエルバルデム、ペネロペクルス、パトリシアクラークソン、ケヴィンダン、レベッカホール、クリスメッシーナ。 ヴィッキーとクリスティーナは親友同士でヴィッキーは慎重派で堅実な彼と婚約中。 一方クリスティーナは...
それでも恋するバルセロナ (だらだら無気力ブログ)
ウディ・アレン監督がスペイン・バルセロナを舞台に恋愛観が対象的な二人の アメリカ人女性とスペイン人画家とその元妻が織りなす四角関係の恋模様を 描くロマンチック・コメディ。ヴィッキーとクリスティーナは恋愛観は正反対なんだが親友同士。 ヴィッキーは堅実かつ...
『それでも恋するバルセロナ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
アカデミー賞に絡んだ作品の6月公開作品って今年は異様に多い気がしますね。たいがいGWを狙った上映くらいまでな気もするのに。。。 ということで、ペネロペ・クルスにアカデミー助演女優賞をもたらしたウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』を観ましたー。 ...
★それでも恋するバルセロナ(2008)★ (CinemaCollection)
VICKYCRISTINABARCELONAこの恋、想定外メディア映画上映時間96分製作国スペイン/アメリカ公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2009/06/27ジャンルコメディ/ロマンス【解説】ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリスで3本の作品を手掛けたウディ・ア...
★「それでも恋するバルセロナ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。 ひらりんお気に入りのペネちゃんのオスカー受賞作。 思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめましたが。
「それでも恋するバルセロナ」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「それでも恋するバルセロナ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、レベッカ・ホール、クリス・メッシーナ、フリオ・ペリリャ...
それでも恋するバルセロナ (Memoirs_of_dai)
それでも観ちゃうアレン映画 【Story】 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ...
それでも恋するバルセロナ (Art- Mill)
http://sore-koi.asmik-ace.co.jp/ バルセロから眼を離せなくなりました。中村俊輔がエスパニョールへまさかの電撃移籍。ボクらにとってはものすごい愉しみが増えたんですが、俊輔自身には
それでも恋するバルセロナ (映画どうでしょう)
映画 それでも恋するバルセロナ の感想 ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナ...
「それでも恋するバルセロナ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ウディ・アレン監督、もう、彼も御年73歳ですが、相変わらず、質の高い作品を制作しています。 で、今回の、「それでも恋するバルセロナ」って映画も、彼らしい、「先の読めない展開」は、前作「マッチ・ポイント」と同様に、「どうするの?この彼は?」な、こう言うの...
「それでも恋するバルセロナ」 第12位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 70オープニング土日興収: 2988万円ロードショー22館:
それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona (いい加減社長の映画日記)
ほんとは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観たかったんだけど。 ネットで空席を調べてたら、レイトショーでも、ほぼ満員ww。 無理に観ることもできたけど、とりあえずこちらも観たい「それでも恋するバルセロナ」を選択。 「UCとしまえん」は、エヴァ効果か、か...
それでも恋するバルセロナ (めでぃあみっくす)
「この恋、想定外」の割には「この映画、想定内」でした。まぁウディ・アレン作品なので面白いことは面白いのですが、ちょっと毒の効き方が物足りないというか、パンチが効いていないというか、全体的にあまり印象に残らない映画でした。そしてこの映画を見てもバルセロナ...
「それでも恋するバルセロナ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; ウディ・アレン監督の新作ペネロペ・クルスがオスカーで助演女優賞を受賞した、その評判の演技豪華なキャストの面々楽しみな要素がギュッと詰まった本作がやっと公開されました!期待通り、面白かったです。見どころは、とにかく豪華なキ...
「それでも恋するバルセロナ」みた。 (たいむのひとりごと)
いやぁ〜凡人の私には、女3人、誰の感覚も共感しきれないっつうか、どこか理解不能な恋のおはなし。懲りないひとりのモテ男だけが(一応)トクしちゃってる感じではあるけど、女たちも”ひと夏の情熱”を十分に焦が
それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona (我想一個人映画美的女人blog)
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いて スカーレット・ヨハンソン起用3回目となるウディ・アレン監督の新作{/m_0150/} スカちゃんはウディじいさんの現代のミューズ{/m_0136/} 昨日のウィル・フェレル主演のコメディの他にもう1本 上海で買ってきたDVD...
「それでも恋するバルセロナ」(VICKY CRISTINA BARCELONA) (シネマ・ワンダーランド)
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞...
映画:「それでも恋するバルセロナ」Vicky cristina Barcelona Wアレンの新作 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ヒマがあれば現地で観ておきたかった作品がNY帰りの機内映画だったので、さっそく拝見。
 なかなか評判の良い、ウッディ・アレンの新作である。 ほとんど予備知識なしで鑑賞。 主演はいつものお気に入り、スカーレット・ヨハンソンを中心に。 今回の舞台はタイト...
「それでも恋するバルセロナ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「それでも恋するバルセロナ」公式サイトバルセロナでの四角関係の恋愛を描くロマンチックコメディー。この四角が男女2人ずつじゃなく、男1人に女3人結構面白く観られたのに、96分と短い上映時間が長く感じて結局面白かったのかそうでないのか...
それでも恋するバルセロナ (いとし・こいし 〜いとしいこいしいものごとのおぼえがき〜)
それでも恋するバルセロナ  @ 6/27(土)ユナイテッドシネマとしまえん 原題:Vicky Cristina Barcelona 婚約者もいる真面目なビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家
「それでも恋するバルセロナ」:中葛西五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんなところに欧風の古城が・・・。 {/hiyo_en2/}なんだかんだ言って、みんなヨーロッパには憧れてるからね。 {/kaeru_en4/}とくに日本人の女性はな。 {/hiyo_en2/}アメリカ人でも憧れるんじゃないの? {/kaeru_en4/}ああ、「それでも恋するバルセロナ」な...
それでも恋するバルセロナ (映画とTVとゲームの感想)
縺昴l縺ァ繧よ°縺吶k繝舌Ν繧サ繝ュ繝翫磯籤荀 鄒主・ウ3莠コ縺ィ繝後繝シ縺ィ縺励◆螟冶ヲ九↑縺ョ縺ォ縲√い繝シ繝紊ュケ繝医i縺励>髮ー蝗イ豌励→縲∫岼縺ョH縺輔〒螂ウ諤ァ繧偵翫畉紜縺代k逕キ諤ァ縺ョ繝舌Ν繧サ繝...
それでも恋するバルセロナ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[それでも恋するバルセロナ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:9.0/10点満点 2009年64本目(59作品)です。 クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と、ヴィッキー(レベッカ・ホール)は、スペインのバルセロナでバカンスを取...
それでも恋するバルセロナ (Diarydiary!)
《それでも恋するバルセロナ》 2008年 スペイン/アメリカ映画 − 原題 −
『それでも恋するバルセロナ』 (・*・ etoile ・*・)
'09.06.24 『それでも恋するバルセロナ』(試写会)@ユナイテッドシネマ豊洲 これ見たかった! yaplogで当選。いつもありがとうございます。今回はららぽーと豊洲内にあるユナイテッドシネマ豊洲での試写会。稼動しているシネコンなので設備が充実。音響もいいし座席も見...
それでも恋するバルセロナ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
3人の女と1人の男。惹かれあう4人の関係は、予想不可能の怒涛の展開へ! どうなる!?・・・この恋!__青い空の下、最高にセクシーでスリル満点な“バカンスの恋”が始る。あなたもきっと、バルセロナで身を焦がす恋がしたくなる__。 年一作のペースで新作を...
それでも恋するバルセロナ (ルナのシネマ缶)
ウディ・アレンが スペインのバルセロナを舞台に、 三角も四角関係もありの 恋愛を描いた ロマンチック・コメディーです。 ウディ・アレンの演出のせいか 泥沼恋愛なのに、 なんかおしゃれでさらっと しています。 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ...
それでも恋するバルセロナ (2008・スペイン/アメリカ) (白ブタさん)
ウッディ・アレン監督でスカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスの共演ということで、期待していた作品{%流れ星webry%}
それでも恋するバルセロナ (みすずりんりん放送局)
 『それでも恋するバルセロナ』を観た。  ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン )は親友同士...
「それでも恋するバルセロナ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Vicky Cristina Barcelona」 2008 スペイン/USA フアン・アントニオに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「ノーカントリー /2007」「コレラの時代の愛/2007」のハビエル・バルデム。 クリスティーナに「ママの遺したラヴ・ソング/2004」「理想の女/2004」「マッチポ...
それでも恋するバルセロナ (心のままに映画の風景)
クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、ひと夏のバカンスを楽しむためバルセロナにやって来た。...
「それでも恋するバルセロナ」 (みんなシネマいいのに!)
 堅実派と情熱派という互いの恋愛観はまるで正反対の2人のアメリカ人女性が、バカン
情熱の国〜『それでも恋するバルセロナ』 (真紅のthinkingdays)
VICKY CRISTINA BARCELONA  正反対の恋愛観を持つヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカー レット・ヨハンソン)は親友同...
それでも恋するバルセロナ (5125年映画の旅)
ヴィッキーは婚約者との結婚を控えた堅実派の女性。クリスティーナは危険な恋に燃える情熱派。親友同士の二人は、バカンスのためにバルセロナに長期旅行にやって来た。二人はそこで、魅力的な画家のフアン・アントニオと出会い、恋に落ちる。しかしそこに、フアンの元妻...
それでも恋するバルセロナ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
えーーーっと、これってウッディ・アレンの映画なんだよね。観始めてから、冒頭のナレーションでげんなり(爆)『それでも恋するバルセロナ』すっかり忘れてましたよ、、、爺様の作品って、、、実は、ウッディ・アレンの爺様の作品って苦手。。。この告白は、随分前からし...
「それでも恋するバルセロナ」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
わかったつもりは永遠に。自分を確実に成長させるものを慎重に選択するヴィッキーと、奔放だけど自分に必要じゃないものは確実に拒否するクリスティーナ。正反対の価値観を持つと描かれている二人だが、根底に流れるものは実は似ている。二人とも「自分はもう少しのところ...
「それでも恋するバルセロナ」 (古今東西座)
これはウディ・アレン監督作品の記事でいつも書いていることなのだが(『さよなら、さよならハリウッド』『タロットカード殺人事件』の記事参照)、彼が出演していない作品はどうもウディ・アレンの映画を観た気がしなくて困る。特にこの監督に専念した新作『それでも恋す...
【それでも恋するバルセロナ】 (日々のつぶやき)
監督:ウディ・アレン 出演:ハビエル・バルデム、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クスル、パトリシア・クラークソン      この恋、想定外 「バルセロナに休暇で来ているヴィッキーとクリスティーナは親友同士、ヴィッキーの親戚の家に滞在している。
それでも恋するバルセロナ (シネマ日記)
ヴィッキーレベッカホール→故郷にエリートビジネスマンの婚約者を持つ堅実派。恋にも人生にも現実的で、お堅い女性。クリスティーナスカーレットヨハンソン→ヴィッキーの親友ながら、恋愛観はまったく正反対。奔放に恋に飛び込むタイプ。フアンアントニオハビエルバルデ...
それでも恋するバルセロナ (C note)
凡人には一生訪れないであろう愛のカタチを、かるーいノリで疑似体験♪ 愛憎入り乱れ
『それでも恋するバルセロナ』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは真面目で、立派な若者と婚約中。一方のクリスティーナは自由奔放で、情熱的な恋を常に探している。そんな二人は、バルセロナで一夏を過ごすことになる。そこ二人は魅力的な画家、フアン・アントニオと出会う。クリステ...
それでも恋するバルセロナ (映画三昧、活字中毒)
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞それでも恋するバルセロナ/VICKY CRISTINA BARCELONA 2008年/スペイン、アメリカ/96分 監督: ウディ・...
『それでも恋するバルセロナ』:ニューヨーカー in バルセローナ (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
前作『タロットカード殺人事件』のズンダラ振りに、「あ〜、ウディ・アレンもホント歳を喰ったなぁ」と思っていたところ、この新作にはハマリました。
『VICKY CRISTINA BARCELONA』それでも恋するバルセロナ (キマグレなヒトリゴト)
ラテンの青い空は人を開放的にそして懐疑的にさせるのかもね。 ぽちっとプリーズ。 Vicky Cristina BarcelonaJavier Bardem, Penelope Cruz, Scarlett Johansson, Rebecca Hall, Woody AllenThe Weinstein Company 2009-01-27Sales Rank : 82Average Review Entertai...
それでも恋するバルセロナ (2009 映画観てきましたっ!)
早く行かないと 公開終わっちゃう?
それでも恋するバルセロナ (Movies 1-800)
Vicky Cristina Barcelona (2008年) 監督:ウッディ・アレン 出演:レベッカ・ホール、スカーレット・ヨハンソン、ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス スペインのバルセロナへバカンスにやって来た2人のアメリカ人女性が、1人のスペイン人画家と出会い、恋に落ちる...
『それでも恋するバルセロナ』の陽光 (Days of Books, Films)
画面から受ける印象が、いつものウッディ・アレンとずいぶん違うなあ。そう思いながら
それでも恋するバルセロナ (ちこひろ日記)
JUGEMテーマ:映画&nbsp;ウディ・アレンの映画はわりと欠かさず見ている&スカーレット・ヨハンソンが出演している・・ので楽しみにしていた、『それでも恋するバルセロナ』を見に行ってきました。夏休み前・・最後のレディスデーです・・。早いな〜。[あらすじ]慎重...
それでも恋するバルセロナ (墨映画(BOKUEIGA))
私には、苦手な作品だった。 ナレーションで説明が入りすぎ。 「言葉で説明せずに、シーンで見せてくれ。」って思ってしまう。 映画は、それなりに楽しんでしまうところがあるので、観終わった後、「しまった」と思うことは、ほとんど無い。 しかし、年に数作品はどうして...
それでも恋するバルセロナ ▲96 (レザボアCATs)
'08年、アメリカ・スペイン原題:Vicky Cristina Barcelona監督・脚本:ウッディ・アレン製作:レッティ・アロンソン、ギャレス・ワイリー、スティーブン・テネンバウム製作総指揮:ハウメ・ロウレス撮影:ハビエル・アギーレサロベ美術:アラン・バネ編集:アリサ・レプ...
それでも恋するバルセロナ (映画通の部屋)
「それでも恋するバルセロナ」VICKY CRISTINA BARCELONA/製
09-194「それでも恋するバルセロナ」(アメリカ・スペイン) (CINECHANの映画感想)
ロマンチックな街に、夜は甘く香る  親友同士のヴィッキーとクリスティーナだったが、互いの恋愛観はまるで正反対。堅実派のヴィッキーはすでにまじめな青年と婚約中。一方のクリスティーナは、自由奔放に愛を求める情熱家。そんな2人はアメリカを離れ、バルセロナでひ...
それでも恋するバルセロナ (映画の話でコーヒーブレイク)
毎度おはこび、ありがとうございます。 「旅の恥はかき捨て」なんてぇことを申しますが、旅に出ると理性のたがが外れ、 思いもよらない行動に出るというのは洋の東西と問わず起こることのようでございます。 八っあん、熊さんではございませんが、ヴィッキー嬢とクリステ...
『それでも恋するバルセロナ』 (京の昼寝〜♪)
  □作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑...
それでも恋するバルセロナ (ロッタの映画日和)
ウディ・アレンの最新作。監督自信が出ていない映画なので、ちょっとほっとしました(笑) 夏のバカンスにやってきたアメリカ人のヴィッキー...
それでも恋するバルセロナ を観ました。 (My Favorite Things)
チョッと軽めの作品が観たくて…チョイス。
それでも恋するバルセロナ (C'est joli〜ここちいい毎日を〜)
それでも恋するバルセロナ’08:米、スペイン ◆原題:VICKY CRISTINA BARCELONA◆監督: ウディ・アレン「タロットカード殺人事件」「マッチポイント」◆出演: スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、パトリシア・クラークソン、 レベッカ...
恋の行方は予測不可能〜「それでも恋するバルセロナ」 (ひょうたんからこまッ・Part2)
『それでも恋するバルセロナ』 VICKY CRISTINA BARCELONA (2008年・アメリカ・スペイン/96分)
それでも恋するバルセロナ (映画君の毎日)
それでも恋するバルセロナ [DVD]/スカーレット・ヨハンソン,ハビエル・バルデム,ペネロペ・クルス ¥3,990 Amazon.co.jp ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは慎重派で、堅実な彼と婚約中。一方のクリスティーナは恋愛体質な情熱家。2人はアメリカを...
★★★★「それでも恋するバルセロナ」スカーレット・ヨハンソン... (こぶたのベイブウ映画日記)
わはは〜、女性のみなさん、異国情緒あふれる旅先であの画家みたいな男に出会って恋に落ちますか〜?ハビエル・バルデムですよ〜。ルックスの問題でなく、ああいう雰囲気の男がモテモテなのは分かるなぁ〜。私の場合、ヴィッキーの婚約者と恋に落ちることはないけれど、あ...
それでも恋するバルセロナ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『それでも恋するバルセロナ』  (2008) = バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に惹かれていく。 そんな中、彼の元妻のマリ...
それでも恋するバルセロナ (Blossom)
それでも恋するバルセロナ VICKY CRISTINA BARCELONA 監督 ウッディ・アレン 出演 ハビエル・バルデム ペネロペ・クルス     スカーレッ...
「それでも恋するバルセロナ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
バルセロナを堪能いたしました♡
クマに恋する (Akira's VOICE)
「それでも恋するバルセロナ」 「私がクマにキレた理由」 
「それでも恋するバルセロナ」 (或る日の出来事)
つまらん。ウディ・アレンの映画は、たまに好きなものもあるが、これはどうも…。 本作がお好きで、けなされると怒るような方は、以下、読ま...
『それでも恋するバルセロナ』 (『映画な日々』 cinema-days)
それでも恋するバルセロナ 性格の違う親友二人が旅先で 知り合った男性に恋をする... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Vic...
それでも恋するバルセロナ (えいがの感想文)
2008年/スペイン=アメリカ 監督:ウディ・アレン 出演:ハビエル・バルデム    ペネロペ・クルス    スカーレット・ヨハンソン どうもウディ・アレン作品は合わない。 この恋話、リアリティゼロ。 っていうかこれをリアルに受け止められる人は相当...
『それでも恋するバルセロナ』 ('10初鑑賞46・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 3月29日(月) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
それでも恋するバルセロナ (Recommend Movies)
この恋、想定外 【感想】 ハビエル・バルデムの色男ぶりに憧れ、そして羨ましい…♪ でも、お目当てはスカーレット・ヨハンソン! 婚...
それでも恋するバルセロナ (しーの映画たわごと)
スカーレット・ヨハンソンを起用したウディアレンの3作目。「マッチポイント」、「タロットカード殺人事件」と舞台がヨーロッパというのも一貫しているが、作品内容が薄いというのも一貫してて残念。ペネロペがオスカー助演獲得。ゴールデングローブでは作品賞獲得。うー...
mini review 10452「フォース・カインド」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
行方不明者が多発するアラスカ州ノームを舞台に、原因不明の現象の究明に迫る衝撃的な実録スリラー。2000年に起こった凄惨な出来事の渦中にいた心理学者が録画した記録映像の一部を本編に用い、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチがナビゲーターと、心理学者を演...
mini review 10464「それでも恋するバルセロナ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、各々の個性や恋愛観のもとに駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続き...
それでも恋するバルセロナ (Yuhiの読書日記+α)
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。キャストはスカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、レベッカ・ホール他。 <あらすじ> バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(ス....