★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

レッドクリフ PartⅠ

2008-11-07 19:17:05 | 映画【ら行】

『三国志』には詳しくありませんが、チラホラ知ってはいるので、例によって「諸葛孔明って素敵~的なミーハーな認識程度はあります(照)
で、、、智に長けた孔明を金城君が、そして孔明に勝るとも劣らない知力と仁徳のある周瑜をトニー・レオンが演じるんだもの・・・この私が見逃すはずがないっニカッ

【story】
西暦208年、後の「魏」の曹操(チャン・フォンイー)は、勢力を伸ばして数々の戦いを制し、ついに皇帝から「丞相(現代の首相)」の地位を得て巨大な勢力を握った。
ゆくゆくは自らが天下を掌握する野望のために、残すは劉備(ユウ・ヨン)と孫権(チャン・チェン)の制圧のみ。
若い皇帝を脅して劉備と孫権の征伐に大義名分を得た曹操は、巨大な軍隊を率いて戦いに臨む。
一方、軍師・孔明(金城武)や猛将・関羽(バーサンジャブ)・趙雲(フー・ジュン)・張飛(ザン・ジンシェン)を有する劉備軍は、一旦曹操軍に敗北するも降伏を拒み、孫権軍と同盟を結んで80万の曹操の兵に対して5万の兵で立ち向かおうと決心する。
戦略を練るのは、劉備軍の孔明と孫権軍の司令官・周瑜。
周瑜の妻・小喬(リン・チーリン)に想いを寄せ、彼女を奪わんと密かに企む曹操の私利私欲に塗れた戦いに、結束して知恵と勇気を振り絞る両軍。
所謂『赤壁の戦い』が始まろうとしていた―
    
     周瑜          孔明         孫権         曹操         
    
    小喬      尚香(ヴィッキー・チャオ)  甘興(中村獅童)       趙雲     
            *孫権の妹         *孫権軍の武将        
【comment】
      大興奮~ 
           アジア人の血が騒ぎに騒いじゃった(笑)
いや~普段は西洋かぶれな方で(笑)、アジア物に対してクールな目線でいるんだけど、、、この映画には燃えたっボォー

しょっぱなの劉備軍の戦いからアドレナリンがドクドクで、何だか涙まで滲んじゃってねぇ~
あんな激しい戦いに、何故涙が出たのかよく分からないんだけど(恥)、劉備軍の趙雲の必死の戦いを見ていたら心臓がバクバクで、カッコイイ~趙雲貴方はヒーローよぉ~ってな感じになり、、、
 
関羽の無言で無敵な戦いを見て、その男らしさにグワシッと掴まれ、、、それこそ男だわぁ~関羽その厳しい目で私を叱ってぇ~と、もう何がなんだか分かんなくなっちゃって、、、
 
おまけにホラ、、、孔明が。元々好きな孔明が、徹頭徹尾クールなんだも~んどこでも白い衣装を着ちゃってさぁ~策を練っているんだか、何も考えていないんだか不明ながらも(笑)素敵ぃー
  孔明の隣の劉備もいい味♪
というわけで、最初の戦いから夢中になってしまったわけです、はい(照)
中国お得意の大人数での戦いのみならず、個人の見せ場が素晴らしいのが良かったなぁ~戦いに臨場感がタップリで入り込んじゃったわ~
 
それから、曹操の嫌ったらしさが最高に良かったぁ~ まるで驕る平家みたいなオッサンでねぇ~憎々しさ1000%なんだもの(笑)
  
で、早く来い来いトニーちゃんと待っていると、いよいよ周瑜が登場するわけです。
それが、なかなか全身を写さないでじらすわけですな。真打ち登場のノリで(笑)
で、、、トニーちゃんがハマリ役で、毛利元就の三本の矢みたいなセリフを吐いて徳の高さを見せつけ(三国志にあるエピソードなのかなぁ~)、君主や部下、妻に対する愛の深さも感じさせてくれるわけですよぉ~
 

さて、この映画のいいところは、戦いの『動』だけでなく、そうでない所の『静』の部分もいたって丁寧に描いていて、双方で、有名過ぎる三国志のヒーローたちの特徴を詳らかにしているところです。
三国志オンチな私でも沢山の登場人物の人となりを自分なりに把握出来ました^^・

でも、個人的に感じたマイナス点が一応あって、本作は周瑜が主役で、「赤壁の戦いには、曹操の周瑜の妻に対する執念の横恋慕が関係していた―」という物語展開にしたのだとは分かっていても、ちょっと周瑜&小喬の夫婦愛の描き方がクドカッタなぁ~とは思ったんです。(他にも笛や琴のシーンがクドイとか思っちゃった・汗)
えっと~(汗)もっと詳しく言っちゃうと、夫婦の裸のシーンがクドカッタような気が
 
   (とか言いながら、見つけた写真を張り切って貼る矛盾した私・汗)

本作には少々残酷なシーンもあるけれど、ゲームの『三國無双』などで子ども世代にも馴染み深いお話なので、そこのところがクドクなかったら、、、家の息子にも是非観せたかったなぁ~(だからと言って、それ程いやらしい感じはないと思います。観せちゃおうかな?)
だって、ゲームみたいに槍でバッタバッタと敵を倒していくようなシーンを実写で観たら、子どもも大喜びするはずだわ。
まぁ~ジョン・ウー監督は、『勇気』『友情』『愛』をテーマに作品を完成させたと仰っているので、とっても納得のシーンではありますが。ちょっと愚痴っただけ

 
さてさて、後半にも激しい戦いがありますよ~それがまた「八卦の陣」という戦術でねぇ~迫力はあるし見せ場はタップリだしで大興奮
時々「エキストラの演技が下手っぴだな」とは思ったけど、主要キャストが素晴らしいので気にしないようにしたわ(笑)
物語は、いよいよ本格的な戦いへ―のところで終わるので、もうPartⅡが楽しみで楽しみで、、、4月まで待ち切れません!!『20世紀少年』の時も待ち切れないと思ったけど、それ以上に待ち切れないかも
  

≪余談≫
本編の前に、日本語で『三国志』についての説明がありました。
間違えて吹き替え版に来ちゃったのかと思い、一旦出ようかと思っちゃった(汗)
そして本編には、何度も何度も人物紹介の字幕が出ました。親切は有難いのですが、流石に3度も4度も紹介せんでもいいかなと思いました。
字幕が出ると条件反射で目が行くので、同じ情報に目を向けさせられるよりもちゃんと映像に見入りたかったです。
  ハトも活躍します・笑
この感想を書いた後、2回目劇場鑑賞しちゃった(4.5点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (90)   Trackbacks (164)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲット スマート | TOP | 【本】クラインの壺 »
最近の画像もっと見る

90 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦さシーン、見ごたえあり (おむすび)
2008-11-08 00:04:22
書けそうで書けないような漢字のこの登場人物たちは超有名人?
「読み」の入力で漢字変換するということは、実はとても有名人だったのですね、田中角栄並み?(こんなくだらないことに感心したりして…)。
 
 世の男性たちになぜか大人気の「三国志」ですから、レディスディにも関わらず男性が多かった客席でした(お付き合いで?男女ペアも)。
「三国志」に全く接点なく至っている私ですが、莫大な予算を投じたという戦さのシーンはさすがに見ごたえがあり引き込まれました。
爽やかな風が吹いているごとくの美しい孔明、誠実な空気漂う周瑜、魅力的に登場していますが、人間ドラマがあまり深く描かれていないように感じました。
カッコよかったです~ (Yuhi)
2008-11-08 00:04:47
由香様、こんばんは!TBありがとうございました~。

いや~、趙雲。カッコ良かったですよねー!!私は三国志にはあまり詳しくないので、趙雲のことも知らなかったのですが、この映画で、記憶に強力にインプットされましたよ(笑)。

もちろん、他の方々も素敵でした。歴史ものだし、難しいから分かるかなーと、ちょっと心配していた部分はあるのですが、全然問題なかったですね。

パート2が今からとても楽しみです。

あ、ちなみに、私もラブシーンとか琴のシーンは、ちょっと長すぎるかな?と思っちゃいましたよ(苦笑)。
あはは (miyu)
2008-11-08 00:23:10
由香さんの大興奮のレビュー超面白い(*≧m≦*)ププッ
関羽に叱られたいって~(_≧Д≦)ノ彡☆ばんばん
あたしもちょっとエキストラの下手っぴぶりが可笑しかったなぁ。
なんでそこで(・∀・)ニヤニヤしてんのよっ!とか
そこはそうゆう表情じゃないだろ!ってのが結構あって
ちょっとツッコミ入れてしまいました(´▽`*)アハハ
お久しぶりです~アンチトラバでごめんなさい (よろづ屋TOM)
2008-11-08 01:06:42
オススメの時は『よろ川長TOM』ですが、惜しい映画の時は本名?のハンドルでございます。
私ねえ、どうも人の生き死にをゲーム感覚で描く映画は許せないようでして。戦で人がリアルに殺されるのは大賛成ですが、ゲーム感覚はもちろんのこと、無感覚でそれをやってほしくないんですよね。

もちろん邦画の戦争映画みたいにお涙頂戴中心の演出は間違っています。しかし観客に「戦とはこれほどに惨いものだ」と知らしめるための残酷な描写ならともかく、爽快感を与えているようでは今の無感覚な世の中に迎合しすぎていて別な恐怖を覚えてしまいます。
戦闘を冷静に描くのと、エンタメ感覚で描くのとは絶対に違うと思うんです。

まして敵を完膚無きまで殺し尽くす曹操に反感を持ったことで玄徳に仕えた孔明が(もちろん正史ではなく演義版としてキャラを捉えた場合ですが)、兵士を駒のように扱ってるかのような描写はファンとして納得いかなくて…あれでは兵士はついてきませんよ。逃げ出して戦争は終わります。
───たかが娯楽映画に、くそ真面目に考えすぎですか?
こんばんは^^ (ひろちゃん)
2008-11-08 01:45:18
邦画やアジア映画に冷たい(笑)いえ、クールな由香さんが
この映画にこんなにハマルとは驚きです(@_@)
私は、楽しめた事は楽しめたのですが、時間がちょっと
長いと感じましたし、ラブシーンはいらん!(笑)って
思いました(笑)
まあ、曹操の横恋慕があるので、夫婦愛を描いて
おくことも必要なのだと思うのですが(^^ゞ
しかし、由香さん、よく画像見つけましたね~(笑)
クドイと言いながら、結構お好きなのでは?(笑)

トニー周瑜、金城孔明は言うことなしです!
素敵でした(*^o^*)勿論、他のキャストも良かったです^^

>毛利元就の三本の矢みたいなセリフを吐いて徳の高さを見せつけ(三国志にあるエピソードなのかなぁ~)、

三国志バカ(笑)の長男に聞いたら、ちなみに日本史も好きなのですが、もともと毛利元就の言葉も本当に言った言葉ではなくて、紀元前の中国に、5本の矢がどうたらこうたら
(ハッキリせずにすみません(^^ゞ)と言う言葉?お話が
あるようです。そして、周瑜がそのような言葉を言ったかは
定かではにようです。・・・と結局は、あまりたいした答えに
ならずにすみません(^^ゞ

早くパート2が観たいですね(^_-)-☆
好きです~ (zukka)
2008-11-08 07:20:13
こんにちは。
この映画、完璧に私のツボに・・・。
単純な私は、人数が多いってのは結構わくわく物。
「ベン・ハー」を思い浮かべ。

なんたってトニー・レオンが出演だし。
今回は趙雲(フー・ジュン)が素敵でしたねー!
琴の合奏シーンは結構好きです。
個人的に音楽好きだからってのもありそうですが、
あの合奏でお互いの心が判ったなんて・・・憎いねー。
2度目のときは、何を訴えているのか、じっくり聴いてきました。

私は小喬の包帯巻きシーンが・・・。

私も既に2回劇場鑑賞しちゃいました(笑)

きっと、また行きそう・・です。

トラックバックとリンクさせて貰ってもよろしいですか?
TBありがとうございます (FREE TIME)
2008-11-08 08:57:58
自分も冒頭の日本語による三国志に説明があった時に、吹き替え版と間違えたのかと思ってしまいました。
三国志の魅力が充分に伝わって100億円を投じただけの作品でした。
後編は4月公開ですが、本当に私も待ち遠しいです。
Unknown (にゃむばなな)
2008-11-08 16:02:30
あの説明字幕は本当にジャマでした。
そして冒頭の三国志の説明も蛇足でしたよ。

でも世間は私が思っているほど、みなさん三国志を知らないみたいですね。
私はてっきり日本の戦国時代同様に有名なものだと思っていただけに、非常にショックでした。
私も思った^^ (latifa)
2008-11-08 17:32:43
由香さん~これ、すごく由香さんのツボに来たみたいね~☆
金城君のコウメイさんは、すんごく頭が良い!!って風には・・・確かにちょっと見えなかったかもしれないけど・・ボソボソ・・でもカッコイイので私的には大丈夫だったけど、でも、天才切れ者って風にはみえんぞ!って思う人がいるかも・・・(^^;)

>周瑜&小喬の夫婦の裸のシーンがクドカッタような
私もそれは思ったわ~。むだにHだったわ。
子供と一緒に気楽に見れないじゃないかー!

由香さんちのポスターに拍手!!こんな風に色々なバージョンがあるのね?中村しどうさんのまであるのねー。勇なんてカッコイイタイトルだな。
それにしても、チャンチェンの器ってのは、ど~ゆ~意味なんだ・・・?? 
こんばんわ (HIROMI)
2008-11-08 19:05:34
TBありがとうございます。
「中国お得意の大人数での戦いのみならず、個人の見せ場が素晴らしいのが良かったなぁ」同感です。
趙雲が単身子どもを救い出す場面がかっこよかったですね。クールな孔明にも萌え~でした。
こんばんはー☆ (kira)
2008-11-08 19:50:09
いや~ん、由香さんったら、2回目早っ

金城・孔明に萌え~~でした(笑)
あとの感想は、由香さんとま~ったく同じ!
「包帯」も「裸」もいらないと思いました。曹操の執念の横恋慕がキーとしても。
トニーファンへのサービス?かな~

>毛利元就の三本の矢みたいなセリフを吐いて
これも思いましたよ~(笑)
でも、2まで半年空くのはもどかしいですよね~。
前後編4時間ぐらいにして一気に見せて貰いたかったかも~
こんばんわ! (かいこ)
2008-11-08 20:43:28
私も!私もです吹き替えかと思ってやっちまったー!とあせっちゃいましたー!
字幕が出てきて一安心^^;
洋画よりの由香さんがこんなに燃えててなんだかウレシイです~
いやあ塗れ場多かったですよネー
馬の出産や書道のシーンさえ私はもどかしかったデス・・ハハ

もともと金城ファンだしキャストもいうことなしでした!
ものすごいイイトコで終わっていったし、早く続きがみたいデス~~!!
二度見ですかあ♪ (ぷちてん)
2008-11-08 23:39:56
さすがです二回見るのは。
私ももう一度見てもいいかな~~♪
二回目はやや興奮も収まりじっくり見れましたか~?^^)

私も、トニーの濡れ場はいらんのではないかと思いつつ見ておりました。
包帯巻くシーンだけでいいかも~。あれもなかなか色っぽかったですよね~。

そしてエキストラの「私は誰?ここはどこ?」みたいな感じは、違和感ありましたね。
エキストラ集めには何か裏があるのではないか(たとえば北京オリンピックに人を取られたとか)と思わず考えてしまいましたよ(笑)
こんばんわ♪ (エミ)
2008-11-09 05:51:14
なんだか凄く久しぶりな気もしますが・・・(汗)

同じく冒頭の日本語解説で
「え?吹替えと間違って取っちゃった?!」
と焦りました。だって、まさかあんな解説入るとは思ってなかったんだもん(涙)
趙雲人気がどんどん上がってますね~。
『真・三国無双』でも趙雲の阿斗救出ミッションはありますよ。
そして映画同様、槍でバタバタと薙倒していくのでよければチャレンジしてみてくださいと悪魔の囁きをしてみたり(笑)

周瑜&小喬の夫婦の裸のシーンは確かに「このシーン、イラね」と思いました。
って言うかあそこで危うく意識飛びかけてたし。
きっと次回に繋がる壮大な伏線なんだろうと思ってるんですが、期待通りになってくれるかどうか・・・。
とりあえずⅡは字幕がもっとマシになってくれることを祈りたいです。
こんにちは大興奮ですね (くまんちゅう)
2008-11-09 15:51:01
もう2回もみましたか
趙雲カッコ良かったですね~
トニーや金城、以外にも中国歴史ドラマ等で見て
知っている俳優だったので嬉しかったです
三国志色々見てますけど、これは別解釈と言う事で
楽しめました、不満ゼロと言うわけにはいかないですが
迫力のアクションシーンと動く八卦陣に興奮してました
途中の濡れ場シーンは確かにクドかったですけど
我慢してみてました、続きが楽しみです
吹き替えも見たい気になってます
私、★満点で~す♪ (マリー)
2008-11-09 16:31:32
由香さんも大興奮で~~~。よかった!!
私も2回目行っちゃいましたよ~。くすっ

だって元カレ金城さんに再燃しそうなぐらい(笑)孔明、カッコよかったし~
趙雲も素敵だし~勿論、周瑜トニーも!!
みんながみんな素敵な見せ場もあって~本当に萌えました~~~。
チビは関羽が気に入ったそうで~
そういえば、あの濡れ場~私もチビにどうかな~と思ったけど、『マトリックス』でネオとトリニティのがあって~あっちの方が長かったし、今回のはOKかな?と見せちゃいました。
あのシーン意外でも、周瑜&小喬って視線は絡めるは、包帯?巻くのに~妙に手つきが・・・(爆)ってシーンもありで~ちょこっとやりすぎ感が・・・
まぁ“愛”がテーマじゃ仕方ないのかな?

あ~~~4月まで待てない~~~。
鳩が飛んでゆくシーンもゾクゾクしました。
上の孔明&鳩シーンあったっけ?part2のやつ?

mahirose cafe (mahirose)
2008-11-09 23:14:20
日本語の説明を聞いて私もまったく同じように考えました。
自分の記事にも書いていたので、笑ってしまいました^^
映画は非常に良かったですね。
夫婦の濡れ場は私もくどく感じました。
むしろ要らなかったかな~と思いました。
Unknown (斉藤始)
2008-11-09 23:42:42
 いつも、YUKA様の映画の記事を楽しく拝見しております、
初めての書き込みとなります。
 
 ・・・・・・・・・・・小喬と周瑜の恋についての解釈と、
そのコメントへの流れに何故か、かなりの不快感を
覚えました。

 レッドクリフだけでなくアジアや台湾の映画では
ラブコメのシーン、でお互いの気持ちを表すために
琴や歌を唄ったり、包帯ではなくても、
「なんか官能的に見えるシーン」は、
珍しくありません。
 なので皆様にはくどくても、ジョン・ウー監督には普通だった
のではないでしょうか?
 MI2でも、ヒロインとの仲を深く描いていましたので。

 あとパート2で尚香か小喬が活躍するらしい、ので
それの含みもあるかもしれません。
 ノベライズのレッドクリフも最初の1章を使って
小喬と周瑜の出会いを描いており、あそこまで
愛しあっていれば好きな人を護るために戦う、と
思います。

 馬の出産もけっこうコミカルに演出していて、
あれは孔明と周瑜が仲良くなれた、ひとつの原因と
思います。

 「墨攻」みたいに延々と陰湿な戦争を見たいですか?
じゃじゃ馬尚香にしろ、親しみやすい周瑜にしろ、戦争の
息抜きだと思います。
 
 鳩を乾かす孔明や、ひょうひょうとした感じの金城・孔明
も良かったですね。
 周瑜もいかつい感じかな?と思いましたがトニー・レオン
だと、やはり親しみやすい感じですよね♪
 尚香もおてんば、ぶりや気の強そうな感じ、が
笑えて好感が持てました。

 趙雲の人も本当に強そうな人が演じていますね、
30人とケンカしても負けない感じですw
 また、なんか人の良さそうな顔で、ぴったり。

 水軍と騎馬軍団が仲が悪かったり、軍事描写が
細かくリアルなのも好印象でした。

 最初の方はすいませんでしたが、これからもYUKA様の
映画の感想を楽しみにしております。
 がんばってください。
こんにちは (えめきん)
2008-11-10 07:18:17
TB&コメントありがとうございました。

三国志はあまり詳しくないんですが、それでも十分に楽しむ事が出来ました。145分の上映時間もあっという間でしたね。
ジョン・ウーのアクションはやっぱり格好良いです。

>間違えて吹き替え版に来ちゃったのかと思い、一旦出ようかと思っちゃった(汗)
僕は友達と一緒に観に行ったんですが、由香さんと同じく吹き替えと間違えてしまったと思い、「友達にどう言い訳しよう!?」なんて焦ってました(笑)。

PartⅡも楽しみです。PartⅠ以上の規模と迫力を期待します
お邪魔します^^ (ゆう)
2008-11-10 09:11:14
TB、どうもありがとうございました!!

DEEPな武くんファンですが、
趙雲の勇敢さにはちょっとばかし
萌え~~っ!!でした

他の武将たちもみなヒーロー的要素があるので
戦いのシーンではそれぞれのカラーというか
決めのポーズなんかが見られてかなり楽しめました。

武孔明のふわふわとした存在感が
と~~~っても

早くPRAT2が観たいです!!
3歩歩くと… (ともや)
2008-11-10 10:15:27
こんにちは、由香さん♪
TBしてくれてありがと♪なのだ。
でも、結局この映画まだ観てないの…。
ともやはニワトリ頭なんで、今観ると後編までに綺麗さっぱり忘れちゃうから、後編間際にでるだろうDVDを観てから一気に前後編を観ることにいたしますわん。
おほほほほほ~♪
こんにちは! (アイマック)
2008-11-10 12:41:40
こんにちは!
由香さん、大満足ですね。
趙雲はかっこよかったねー。
ハリウッドとはちがうダイナミックさで見応えありました。
戦法もおもしろかったし、ゲームみてるようでもあった。
エキストラのやる気のなさが、逆にリアルだったかも。笑

来年の4月というと、この映画がDVDリリースされる時期かしらね?
楽しみにふえる2部作にしてくれてありがとう、ジョン・ウー!
おむすびさんへ^-^* (由香)
2008-11-10 17:43:09
こんばんは~^^・
こちらも鑑賞されましたか~
おむすびさんが鑑賞された時は男性が多かったですか?
私は2回劇場に足を運びましたが(笑)、中年層の方が多かった気がします。(えっ?私もか?!・大汗)

やはり三国志は昔から人気のあるお話なのですね~
今はゲームなどで若い方にも馴染み深いでしょうし、私の父世代では必ず贔屓の武将がいたりしたのかも・・・

とにかく戦のシーンは見応えがありましたね~
ちょっと残酷でしたが(汗)、関羽などが戦うと興奮しました(照)
『爽やかな風が吹いているごとくの美しい孔明、誠実な空気漂う周瑜』
爽やかな風・・・いい表現ですね~使わせてもらえば良かった(笑)
人間ドラマは深くありませんでしたが、それぞれの人となりはなんとなく把握出来ました。
次回作の伏線も色々あったのでしょうし、4月が待ち遠しいです!
編集すればよかったのに・・ (メビウス)
2008-11-10 20:02:35
由香さんこんばんわ♪TB&コメント有難うございました♪

冒頭の『1分で分かる三国志の世界』の説明をご丁寧に日本語で説明するのは有難いんですけども、色々なブロガーさんが吹き替え版と間違えたという意見が多いので、あそこはやっぱり後から中国語などで編集とかすれば良かったかもしれませんね。自分も違和感を感じて、他に変だと思った人いないのかな?って横をキョロキョロしてましたから(笑

でも自分もゲームの『真・三国無双』で人並に三国志知識を付けたので、その無双と同じように武将達が敵兵をバッタバッタとなぎ倒していくシーンはボルテージ上がりましたね♪
けど『あれ?孔明扇子からビーム発射しないの?』って要求する辺り、まだまだゲーム脳が抜けないわけなのですが・・・(笑
TBありがとうございました。 (sakurai)
2008-11-10 20:11:09
かなりテンション高めで萌えている由香さんの姿が見えるようです。
なんにせよ、いい男というのは体にいいですからねえ。
「三国志」というのは、語りたい人がいっぱいいますから、いろいろ・・・ありますが、我々ミーハーは、純粋に楽しむ!!ということで!
あたし的には、トニーさんは孔明ですわ。
どうしても勇猛果敢な勇者には、ちょーーっと見えないんですよ。
15年来のトニーさんのファンとしては、彼はやっぱ孔明ですわ。
今回は、趙雲でしたね。すんげえ、かっこよかったです。
Yuhiさんへ^-^* (由香)
2008-11-11 15:23:58
こんにちは!
コメントどうもありがとうございました^^・

ラブシーンや琴のシーンは、意図するところは理解出来ますし、大切なシーンなのでしょうが、少々長い気がしましたね~

Yuhiさんも趙雲がカッコイイと思われましたか?
私も三国志には詳しくなく、最近ではゲームで知っているくらいなのですが(恥)、夢中になっちゃいました。
あと関羽も男らしくて素敵だったわ~♪

PartⅡが楽しみですね。いよいよ赤壁の戦いだ!!
miyuさんへ^-^* (由香)
2008-11-11 15:28:15
こんにちは~^^・
えへへ・・・ちょっと大興奮でした。だってスグに2回観ちゃったくらいですから(笑)
忙しい忙しい・・・と言っておきながら、なんとか時間を作って観にいくあたり・・・私的には花マルちゃんの映画だったってことだわん。

『エキストラの下手っぴぶりが可笑しかったなぁ』
これ、、、気になりましたよね?
ニヤニヤした顔がチラホラあったのが残念だったなぁ~
そこのところはCG処理で何とかして欲しかったくらいです。
きっと何度観ても、エキストラの表情や動きに目がいっちゃうんだろうなぁ~
よろづ屋TOMさんへ^-^* (由香)
2008-11-11 16:01:36
こんにちは!
コメントありがとうございました^^・
TBは反映されていないようですが、コチラからは後でお邪魔させて頂きますね♪

『───たかが娯楽映画に、くそ真面目に考えすぎですか?』
いえいえ、そんな事はないと思います。
バッタバッタと人を倒していくシーンで興奮した私がお恥ずかしいくらいです(汗)私もやり過ぎのところはあるなぁ~と思いながら、概ね満足して鑑賞を終えました。

『人の生き死にをゲーム感覚で描く映画は許せないようでして。~無感覚でそれをやってほしくないんですよね。』

『観客に「戦とはこれほどに惨いものだ」と知らしめるための残酷な描写ならともかく、爽快感を与えているようでは今の無感覚な世の中に迎合しすぎていて別な恐怖を覚えてしまいます。
戦闘を冷静に描くのと、エンタメ感覚で描くのとは絶対に違うと思うんです。』

『孔明が、兵士を駒のように扱ってるかのような描写はファンとして納得いかなくて…』

よろづ屋TOMさんの仰って下さったことを、私なりに書きださせて頂きました。趣旨が違ってしまったら申し訳ありません。

まず、語彙力がないもので(汗)、何と書いたら気持ちが伝わるのかよく分からず歯痒いのですが、、、
私は、かなり派手な戦闘で、無駄にグシャグシャ人を刺すシーンが多々あったにも関わらず、それがゲーム感覚だったり無感覚だったりだとは受け取りませんでした。
これは、今尚語り継がれる三国志たちの英雄を実写で蘇らせてくれた素晴らしい作品だと思いました。
圧倒的に不利な状況でも『勇気』を持って立ち向かう武将たちにも、自らが盾となって死にゆく兵士たちにも一種の『愛』を感じました。
私は最初の戦シーンでも、最後の戦でも、観ていて涙が出てしまったのですが、それは、エンタメ性だけではなく、戦いの非情さや無情を感じ取ったからだと勝手に思っています。

原作をよく知らずに何を言っている、、、って感じで申し訳ないのですが、監督さんの描きたかった三国志は、十分心に響いてきたと思っております。後編も楽しみです。

よろづ屋TOMさんの仰って下さったことに、ちっとも答えられなくてすみません。これからも造詣深いご意見を頂けると嬉しいです。
ひろちゃんへ^-^* (由香)
2008-11-11 17:21:02
こんばんは~^^・
三国志がお好きなひろちゃんを差し置いて、2回目鑑賞をしてしまうほどハマった私です(笑)
普段は邦画や中国系の映画に冷たい(笑)のですが、これは気に入りましたよ~♪
周瑜=トニー、金城=孔明も良かったですが、趙雲と関羽にメロメロですぅ~~~
ひろちゃんは少し上映時間が長く感じましたか?
私はまだまだ観ていたかったです!!4時間ぶっ通しの大作でもいいくらい(笑)いや、、、きっと無理でしょうね。お尻が痛くなっちゃうし、トイレに行きたくなっちゃう(笑)
夫婦のシーンは、少しクドク感じました。琴や笛のシーンも・・・
日本でいうところの『わび』『さび』の世界観は大いに感じたのですが、ちょっとだけダレたかなぁ~
あと、勝手ながら、子どもにも見せたい!!って気持ちがあったので、裸さえなければ・・・なんて考えました(笑)

息子さんは中国史や日本史にお詳しいようですね~ステキ♪
毛利元就の三本の矢は、本当に言ったセリフではないようですよね。
私は、あまりにも藁の表現が似ていたので、どっちがどっちを引用したんだ?って思ったんです。
三国志発の逸話なのか、、、それとも監督さんが日本史ファンなのか、、、って感じです(笑)時間があったら調べてみようっと♪
zukkaさんへ^-^* (由香)
2008-11-11 17:28:36
こんにちは!
コメント頂きありがとうございました^^・
TBもリンクも大歓迎です♪今後とも宜しくお願いします

zukkaさんももう2回鑑賞されたんですね~
大人数で『ベン・ハー』を思う浮かべるとは、、、懐かしいなぁ~
父親が好きな映画なので、昔テレビで観ました。数年前にWOWOWで再鑑賞しましたが、やはり迫力ある映画ですね~

趙雲はカッコ良かったですね~彼の戦いに涙が滲みました。スゴイんだもん。

『あの合奏でお互いの心が判ったなんて・・・憎いねー。
2度目のときは、何を訴えているのか、じっくり聴いてきました』
私も・・・2度目の時は、琴の音に込められた想いを感じ取ろうとしましたよ~
そういう演出はアジア独特のものだろうし、ちょっと長くは感じましたが、、、必要なシーンだったのでしょうね。
Unknown (ゆかりん)
2008-11-11 17:39:18
こんにちは♪
由香さんの興奮レビュー面白かったです。
「三国志」ファンの方には怒られちゃうほどよく知らないのですが、それはそれでもとても楽しめました。私もミーハー気分で観てしまいました。それに合戦シーンではテンション上がりまくりでした~

>夫婦の裸のシーンがクドカッタような気が
このシーンは別に入れなくても良かったんじゃ・・・と思います。クドカッタですよね。

冒頭の説明は私も焦りました。みなさん同じみたいですね。
夫婦 (こでまり)
2008-11-11 20:53:11
こんばんは!TB&コメントありがとうございました!

あの夫婦のシーンはなくてもよかったんじゃ・・・と思った方が私だけでなくて安心しました。
冒頭シーンもやっぱり吹き替え版に勘違いしちゃいますよね。

由香さんは趙雲と関羽がお気に入りなんですね!
私も趙雲は好きです。
原作ファンにも彼の人気は高いのでは?
続編楽しみですね~~!これ以上に迫力あるシーンが見られますよ、きっと!!
こんばんは! (くろねこ)
2008-11-11 21:44:04
いろんなご意見があって考えさせられますね。
この作品、映像も、戦いの迫力も、頭脳戦も、期待通りでしたが、私もこの戦いの中に決断を下さねばならない上に立つものの孤独。
その思いを受け取り信じているからこそ、恐れることなく、
戦いに身を投じている武将たちの思いを感じ、涙してしまいました。
1とはいえ、満点つけちゃうほど興奮いたしました~(笑)

こんばんはー☆ (きらら)
2008-11-11 21:56:14
由香さん、大興奮の記事ですねー☆
2回目鑑賞うらやましいな♪
ワタシも早くみたいと思いつつなかなか。。。

まーとても見ごたえある作品でしたねー。
早く続きが観たい。。。♪part1であれだけ興奮しちゃう映像たちなんだもん。part2はどーなっちゃうんでしょー?
FREE TIMEさんへ^-^* (由香)
2008-11-11 23:08:38
こんばんは~^^・
コメント頂きありがとうございました♪

FREE TIMEさんも本編が始まる前の日本語の解説に驚かれましたか~(笑)
あれは一瞬「吹き替えなの?」って思わされますよね~
一旦出ようと思ったくらいでした。

三国志の魅力が伝わる迫力ある映画でしたね~見応えがありました。
4月が楽しみですね!
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2008-11-11 23:16:33
こんばんは~^^・
にゃむばななさんは日本語説明と人物紹介に怒っていらっしゃいましたね~
私は、説明は分かりやすくて良かったと思いましたよ。ただ日本語だったので吹き替えかと思って戸惑いましたが(笑)
人物紹介はしつこかったですね。曹操なんて4~5回出ていたような気が・・・分かるッチューの(笑)

三国志だけでなく、日本の戦国時代も興味がなければ知らない方は多いのではないでしょうか。
私は三国志には詳しくありませんが、歴史全般には興味がありますので、映画は面白く鑑賞出来ました♪
趙雲がカッコ良かったし(結局それかい?!・笑)
latifaさんへ^-^* (由香)
2008-11-11 23:26:09
こんばんは~latifaさん♪
死神の精度にもコメントありがとうね~ちょっと遅れますが後日お邪魔しま~す

で、、、ツボでした。
実はそれほど期待はしていなかったのですよ。
勝手な先入観から「何で金城君が孔明よ?」って気もしましたし。ところがBUT!なかなか良いではないの~
賢い!!って感じはしなかったけど(笑)、雰囲気は出ていましたよね?何となく(笑)

夫婦のシーンですが、、、一瞬ラストコーションを思い浮かべちゃった(汗)
必要なシーンだったのだろうけど、あそこまでしなくても夫婦の愛情は伝わった気が・・・・
まぁ~子どもにも見せたい!!って気持ちがあったので尚更そう感じたのかも。

『チャンチェンの器ってのは、ど~ゆ~意味なんだ・・・?? 』
どういう意味でしょうねぇ~
勝手に君主としての器だと理解していましたが。
登場人物それぞれに漢字一字を当てはめるなんて、、、センスいいですよね~
HIROMIさんへ^-^* (由香)
2008-11-11 23:31:10
こんばんは~^^・
コメント頂きありがとうございました♪
HIROMIさんも堪能されたようですね~
趙雲がカッコ良かったですね!最初の彼の戦いぶりに夢中になって見入りました。
何だか涙まで滲んじゃったりして、、、あの戦いでは、沢山の兵士たちが亡くなったでしょう?劉備の奥方もなくなったし・・・興奮しながらも辛くもなりました。

金城さんも素敵でしたね~孔明が驚くほどハマっていたと思いました!
kiraさんへ^-^* (由香)
2008-11-11 23:37:31
こんばんは~^^・
2回目早かったでしょう?(笑)観てから一日置いてまた観ちゃった♪で、、、また行きたい!!時間がないから無理だと思うけど。

夫婦の裸のシーンは少しクドカッタですね~
私は包帯のシーンのような感じで夫婦愛を見せるだけで十分伝わったかもって思いました。
その方が色んな世代で楽しむことが出来たかも・・・

三本の矢みたいなセリフがありましたね~
歴史は三国志の方が断然古いので、コチラがオリジナルなのか?それとも・・・なんて考えてしまいました。

PartⅡも楽しみですね!
こんにちは~ (hito)
2008-11-12 09:39:09
面白かったですね!!
私は本や漫画で三国志何度も挫折しているのですがこれは良かったです♪解りやすかったですし~

冒頭の戦いから私も何故か泣けました!ここからググッと心鷲掴みされちゃいまして、やけに興奮しながらの観賞でした~

アジア映画あまり好みじゃないのですが、これは見て良かったです!かっこよかったですね~
かいこさんへ^-^* (由香)
2008-11-12 18:16:04
こんばんは~^^・
TB&コメントありがとうございました♪
お返事が遅れてゴメンナサイね~

あの説明は吹き替え版か?!って思わせますよね~
多くの方がそう思って一瞬焦ったみたい(笑)
でも、親切な説明だったので、三国志をご存じない方でもすんなり入り込めたかもね♪

濡れ場、、、ちょっと長かったですね~
最初の戦いから大興奮で、子どもも喜びそう!って思ったので、「あ~あ、これがあると子どもにはダメかな・・・」って残念に思っちゃったなぁ~
でも、監督さんはとにかく周瑜と小喬の絆を描きたかったのでしょうねぇ~

金城君はなかなか素敵でしたね~

後編の予告を見た限りでは期待できそう!!楽しみですね!!
ぷちてんさんへ^-^* (由香)
2008-11-12 18:22:55
こんばんは~^^・
コメントどうもありがとうございました♪

実はハンサム・スーツを観ようと思っていたのですが、コチラを観ました!!ハンサム~に行っている場合でない!!レッドクリフだぁ~って感じで(笑)
で、、、ハンサム~には行けなくなっちゃった~楽しそうな映画だったからちょっと残念。

『二回目はやや興奮も収まりじっくり見れましたか~?』
いやいや・・・それが全く逆で(笑)
どこでスゴイ戦いが見れるのか分かっているので、「来た来た来た~~~!!」と大興奮でした(笑)
でも、2回目の時は琴の音に耳を澄ませましたよ~本当に意味が込められているかどうか感じ取りたくて(笑)

エキストラはちょっと気になっちゃった。
2回目の時も、「君のその二ヤケタお顔、、、よくないよ」と説教したくなりました(笑)
エミさんへ^-^* (由香)
2008-11-12 18:29:24
こんばんは~^^・
TB&コメントありがとうございました♪
ちょっとご無沙汰でしたよね~お元気でいらっしゃいますか?

やっぱり説明が日本語で始まった時は、吹き替え?って思いましたよね~

エミさんはゲームをお好きですか?
家にも三国志系のゲームが7種類ほどあって、、、(汗)
孔明が扇からビームを出すのは見ています(笑)
私自身はゲームをしないんですよ~私までゲームをしたら、子どもに「ゲームばっかりしていたらダメよ」って叱れないでしょ?(笑)

周瑜と小喬のシーンがイマイチ、、、と思われた方が多いようですね~
まぁ~必要なシーンだったとしても長過ぎたたかな?と思いました。

PartⅡも楽しみですね~またまた燃えそう!!(笑)
くまんちゅうさんへ^-^* (由香)
2008-11-12 18:44:59
こんばんは~^^・
コメントありがとうございました♪
お返事が遅れて申し訳ありません。

くまんちゅうさんは三国志にお詳しいので、色々ツッコミどころもあったようですが、総合してみると結構評価が良かったようですね♪

私はまたまたミーハー目線で楽しみました(恥)
最初の戦いも最後の戦いも興奮したわ~
最近、忙しいと連呼している私ですが、這いつくばって2回目鑑賞したくらいですから(笑)

続編も楽しみですね~^^・
マリーさんへ^-^* (由香)
2008-11-12 18:53:59
こんばんは~^^・
コメントどうもありがとう
マリーさんは満点だったねぇ~『墨攻』以来の大興奮とか(笑)
なんたって戦いのシーンが良かったわ~
関羽と趙雲がカッコイイのなんのって!!
勿論孔明も素敵だった。戦うシーンはないんだけど雰囲気が涼やかで良かったわ~

で、、、息子さんに見せたのね?
うっわ~~~ドキドキだわん(何故に私が?・笑)
でも、裸のシーンは長かったけどいやらしい感じではなかったよね?なんというか、、、美しいというか、、、でも長かったかなぁ~
マトリックスの裸には参っちゃった覚えが、、、
先に観て、劇場鑑賞はさせませんでした。DVDを持っているけど、チャプターを飛ばして見せた覚えが、、、(笑)

きゃ~~~鳩の写真だけど、↑のシーンはきっとPartⅡね?
間違えた~~~どうしましょう
後で他のと差し替えようかな。ご指摘どうもありがとう!
おかしいなぁ。 (たいむ)
2008-11-12 20:11:35
由香さん、こんにちは!
最近、gooのブログさんでコメントが反映されていないことが度々・・・。由香さんのところには、確かラブシーンについて書いたんだけどなぁ~(^^;なにせ全身画像があるんだもの(笑)

綺麗なラブシーンでしたが、じれったかった包帯を含め、ちょっと長かったですね。でも琴対決は結構気に入ってます。
4月が待ちどおしいですね!
Unknown (エクスカリバー)
2008-11-12 22:36:26
ラブシーンは案外不評なんですねぇ。
まあ自分も「なくてもいいかな」とは思ったクチなのですが(苦笑)、ああでもして小喬をクローズアップさせておかないと、男ばっかで華がない映画になっちゃいそうな気もします。
いや、尚香に不満があるわけじゃないですが・・・(汗)。
mahiroseさんへ^-^* (由香)
2008-11-12 22:48:04
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・
お返事が遅れて申し訳ありません。

mahiroseさんも吹き替えかと思われましたか~
皆さんがあの説明で慌てちゃったようですね(笑)

夫婦の濡れ場も評判が悪いようで(汗)、、、私もクドイと感じました。あってもいいのですが、少し長かったかなぁ~
でも、後編では夫婦の愛が何かの伏線になるのでしょうね~♪
斉藤始さんへ^-^* (由香)
2008-11-12 23:19:31
はじめまして!
コメント頂きありがとうございました^^・
せっかく頂いたコメントにお返事が遅れてしまい申し訳ありません!!
いつも遊びにいらして下さっていたのですか?どうもありがとうございます。
独りよがりの感想でお恥ずかしい限りですが、これからも宜しくお願いします~

『小喬と周瑜の恋についての解釈と、そのコメントへの流れに何故か、かなりの不快感を覚えました。』
大変申し訳ございません!!不快感を与えてしまったことをお詫び申し上げます。
私は考えなしの勝手な感想を書いているので、時々読んで下さる方に不快な思いをさせてしまうんです。ゴメンナサイね~

『アジアや台湾の映画ではラブシーンでお互いの気持ちを表すために琴や歌を唄ったり~皆様にはくどくても、ジョン・ウー監督には普通だったのではないでしょうか?』
きっとそうなのでしょう。監督さんは意図されて官能的なシーンや琴、笛のシーンを入れたんだと思います。
夫婦のシーンはこの映画で描きたい愛情に欠かせないものでしょうし、琴のシーンも友情を示していると思います。笛のシーンも周瑜の人となりを表わしていました。
私がクドイと言ってしまったのは、もう少し短い時間でも良かったかなぁ~というのと、自分の息子(小学生)が三国志を好きなので(本を読んでいます)、是非見せたかったなぁ~と思った時に、裸がネックになったというごく個人的な理由が大きいです。スミマセン(汗)

『馬の出産もけっこうコミカルに演出していて、~
じゃじゃ馬尚香にしろ、親しみやすい周瑜~鳩を乾かす孔明』
映画の冒頭から激しい戦闘シーンが続きましたが、ここのところの『静』の部分の描き方も良かったと思いました。わりとコミカルなシーンがあって笑みがこぼれました。

キャストの皆さんはハマっていらっしゃいましたね~
金城さんの孔明も思いの外良かったです。涼やかな雰囲気がありました。
それから私はしつこいですが関羽と趙雲が気に入りました!!(笑)
ありえない程強かったですが、、、あの戦いぶりには痺れました~

『水軍と騎馬軍団が仲が悪かったり、軍事描写が
細かくリアルなのも好印象でした。』
リアルでしたね~八卦の陣では大人数の撮影だったと思いますが、芸術的ですらありました。

『最初の方はすいませんでしたが』
とんでもございません!!貴重なご意見を頂きありがとうございました。
これからもコメント頂けると嬉しいです。
今度は遅れないように頑張ります!!(笑)
えめきんさんへ^-^* (由香)
2008-11-13 19:31:23
こんばんは~^^・
戦におけるアクションがカッコ良かったですね~
武将それぞれの見せ場がしっかりあったので興奮しました!(笑)
私も三国志には詳しくないのですが、夢中になりましたよ~

今日のめざましテレビで言っていたのですが、あの説明は監督さんの許可なく配給会社が勝手に作ったんですってね。
監督さんは最初は驚かれたようです。
・・・・・内心はどう思われたのかしら?「誰も考えたことのないアイデアだ」とは仰っていましたが、、、、本当は面白くなかったりして(テレビで見た監督さんの表情で勝手に想像しただけです)
とにかくPartⅡで十分盛り上がりましたので、続きが早く観たいです!
ゆうさんへ^-^* (由香)
2008-11-13 19:38:35
こんばんは~^^・
コメント頂きありがとうございました♪
私の方でもお伺いしたのですが、何故かコメントが上手く入りません。どうも申し訳ありませんでした

ゆうさんは金城さんおファンなのですね~
金城さんの孔明は、とてもハマっていたと思いました。
戦うシーンはなかったですが、扇をヒラヒラさせる仕草も素敵でした~

他の英雄たちの見せ場もカッコ良かったですね~
私は関羽と趙雲にクギ付けでした!!
PartⅡはますます面白そうですね~楽しみです
ともやさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 16:13:06
こんにちは!
あらら・・・ともやさんは鑑賞予定がないのですか?
残念~~~スッゴク面白かったよぉ~
戦いのシーンに迫力があって大興奮なんだけどなぁ~
もしお時間があったら、是非劇場で!!って言いたいくらいだわん。
DVDで観たら感想を教えてね~
アイマックさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 16:18:22
こんにちは~^^・
えへへ・・・大興奮しちゃった♪
普段はハリウッドの超大作に目がない私ですが(笑)、この映画には燃えました~
戦シーンが面白かったねぇ~
ちょっと残酷な場面もあったけど、趙雲などの見せ場がカッコ良かった!!

『エキストラのやる気のなさが、逆にリアルだったかも。笑』
やる気がなかったですよね?(笑)
ニヤけた顔の方が気になっちゃった~
後編はエキストラもバッチリと決め顔でいて欲しい(笑)

4月が待ち遠しいですね!!
メビウスさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 16:25:22
メビウスさん、こんにちは~^^・
ちょっとご無沙汰しましたが、お元気でいらっしゃいますか?
そちらはもう寒いでしょうからご自愛下さいね!

最初の説明は、皆さんが吹き替えか?!って焦ったようですね~
『あそこはやっぱり後から中国語などで編集とかすれば良かったかもしれませんね』
そうですね~
でも、そもそもあの部分は勝手に配給会社が作ったそうですね。監督さんは最初はとても驚かれたようです。
三国志に馴染みのない方には分かりやすいでしょうが、、、勝手に作るってのは珍しいですよねぇ~

ゲームをご存じなんですね?
私自身はやらないのですが、バッタバッタと敵をなぎ倒すゲームは目のはしでよく見ています。
勿論孔明の扇ビームも(笑)
sakuraiさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 16:30:32
こんにちは!
『なんにせよ、いい男というのは体にいいですからねえ。
我々ミーハーは、純粋に楽しむ!!ということで!』
アハハ!いい男は体にいいってのはsakuraiさんの持論のようですが、私も賛同させて頂きます(笑)
で、、、ミーハーとしては、純粋に楽しむ!!それっきゃないですよね♪

最初はトニーは孔明役でオファーがきたそうですね~
で、周瑜はチョウ・ユンファだったとか。
個人的にはトニー&金城コンビで良かったわん。
だって、、、画面がずっと華やかになったと思うもの~

趙雲はカッコ良かったですね。私は関羽も好きー
ゆかりんさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 16:35:33
こんにちは!
ゆかりんさんも合戦シーンなどをミーハー目線で楽しまれたようで♪
三国志にお詳しい方には色々と言いたいこともあるのでしょうが、、、私は、面白ければヨシ!!の人なので、とことん堪能しました~

裸のシーンは少々長かったですよね~
あのシーンがもう少し地味なら(どういうこと?・笑)、息子たちにも見せたかったなぁ~
家の息子はゲームや本で三国志好きなんです♪

説明はちょっとビックリでしたね~吹き替えだと勘違いしますよね~
こでまりさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 16:43:06
こんにちは~^^・
こでまりさんは原作もお読みなんですよね~凄いわ。
かなり原作とは変えてあるようですが、、、映画としては面白かったですよね?
とにかく戦のシーンに興奮しました!!
一般兵がグシャグシャ刺されるのは見ていて辛かったですが、趙雲や関羽の見せ場にクギ付けでした♪

裸のシーンはこでまりさんもイマイチでしたか?
愛がテーマであるのは分かるのですが、、、もう少し控え目でも良かったですよね?

4月が楽しみですね~♪
私は個人的に周瑜の受けた傷が気になります。もしかして悪化して・・・って流れにするのかなぁ~
くろねこさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 17:27:31
こんにちは~^^・
いつものようにミーハー目線で感想を書いてしまった私ですが、色々なご意見を頂き勉強になりました~(その割には勉強したことがちっとも身につかない・・・汗)

くろねこさんの仰る『信じているからこそ、恐れることなく、
戦いに身を投じている武将たちの思いを感じ、涙してしまいました』ですが、、、私もそうでした!!
最初の戦いで盾となった兵士たちの家族が山に逃げているのかもしれない・・・と思うと尚のこと涙が出ました。
全編にわたって劉備や周瑜の人となりを丁寧に描いてくれていたので、激しい戦いの中にも愛を感じました。
後編も楽しみですね~♪
くろねこさんがまた満点をつけたくなる作品でありますように・・・
きららさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 23:04:36
こんばんは~^^・
えへへ♪早速2回目鑑賞しました~
で、、、ハンサム・スーツはパスしちゃった(汗)
どうしてももう一度観たくなって、、、今年2回鑑賞したのは、これとスウィーニートッドくらいかも!

今回でメチャメチャ興奮したので続編でも盛り上がりそう!!このままのテンションで魅せて欲しいです
hitoさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 23:08:56
こんばんは~^^・
TB&コメントありがとうございました♪

私も三国志はきちんと読んでいないんです。同じく挫折組って感じかな

最初の戦いから引きこまれましたよね~
あまりにも激しい戦いだったので、武将の活躍に心奪われながら涙まで出ました・・・面白かったですね!

私もアジア映画にはピンとこないタイプですが(汗)、コチラは堪能出来ました~続編が楽しみですね!
たいむさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 23:15:13
こんばんは~^^・
すみませ~ん!コメントでお手数をお掛けして。
gooは認証制になったので、時々上手く入らないかも・・・ゴメンナサイね!

全身画像・・・載せちゃいました(笑)
いや~~~気になっちゃったんですよ、あのシーンが(汗)
周瑜と小喬の愛情が映画の核になるとは知りながら、、、ちょっと長かったと思ったので。
包帯のシーンもなかなか色っぽくて、、、(汗)個人的には裸がなくて包帯だけでも良かったかな、って思いました。それで充分夫婦の愛情は伝わった気がします。

それにしても見応えがある映画でしたね!続編も楽しみです♪
エクスカリバーさんへ^-^* (由香)
2008-11-14 23:20:40
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました^^・

ラブシーンですが、ちょっと長いかなぁ~と思ったので勇気を出して感想に書きましたが、そう感じられた方が多いのでホッとしました(笑)
男の戦いと友情だけでなく、女性の愛情もストーリーに盛り込んだので、ああいうシーンがあるのでしょうねぇ~
華があって良かったと思いますが、、、、ちょっとだけ長かったかな?(笑)
尚香も可愛らしかったですね~『少林サッカー』の時から美人さんだなぁ~って思っていました♪
乱戦に参入いたします。 (keyakiya)
2008-11-15 09:02:22
さすがスター登場でいろんな視点で皆さん楽しんでおられるようですね。「三国志」オタクとしては、なんでもいいのです、とにかくこの三国志世界をあのスケールと圧倒的登場人物で、新しい物語として組み立てて魅せてくれたことで充分満足です。しかもツボをしっかりおさえながら。

ボクの視点は、いつも孔明側からの見方ですから、「天下三分の計」によって周瑜を引っ張りだす作戦は御見事。

でもちょっと今回のトニー周瑜は「悩める周瑜」「病み上がりの周瑜」のようでした。眼があまりにも優しすぎ、爽やかさを演出し過ぎかと思い、体調はいかがかと心配するくらいです。

金城の孔明は想像以上で、たぶんパート2では神懸かり的動きで、いっそう輝きを増します。
関羽と趙雲がなんともかっこいい。三国志の華です。

まぁ、これだけ壮大な世界ですから、自分流に物語をつくってたのしみましょう。ふたりの軍師の繋がりをどう描くのか興味津々です。
keyakiyaさんへ^-^* (由香)
2008-11-16 13:42:41
こんにちは~^^・
コメント頂きありがとうございました♪
レッドクリフは想像以上の話題作のようですので色々なご意見を頂きました。
私は三国志に詳しくなく、お好きな方から見ればミーハー極まりない感想でお恥ずかしいですが、それでもご意見を下さる皆さまに感謝です!

『三国志世界をあのスケールと圧倒的登場人物で、新しい物語として組み立てて魅せてくれたことで充分満足です』
私もそう思いました!!ミーハー目線でですが(汗)、三国志をお好きなkeyakiyaさんがそうお考え下さるのは、監督さんにとっては嬉しいことでしょうねぇ~

『トニー周瑜は「悩める周瑜」「病み上がりの周瑜」のようでした』
実は私もそれが気になりました!!
トニーは好きな俳優さんですが、何というか、、、元気がないというか、、、言葉は悪いのですが輝きが薄く思えました。
体調がすぐれないのでしょうか。心配です。

後編も楽しみですね~
関羽、趙雲はもちろん、孔明や周瑜の見せ場がタップリでしょうし、結末をどう描くのか気になります!!
こんにちは^^ (みすず)
2008-11-17 14:55:39
コメントありがとうございました^^

映画、面白かったですねー
もう夢中で見ちゃいました
観る前はトイレが心配だったけど、その心配もする必要もなく、ぐいぐい映画に魅入られて・・・
孔明目当てで見に行ったのですが、金城さんの孔明はもう文句なしにグーでした。

あ、私も夫婦のやりとりはちょっとくどいかと・・・
包帯巻くシーンも・・・いやらしくみえましたわ

パート2がとても楽しみです^^

トラバさせていただきますね
こんばんは (non_0101)
2008-11-18 00:17:53
テンションの高いストーリーでしたね~!
由香さんのテンションも高い~♪
凄い!すぐに2度も観てしまったのですね。
そのうち由香さんのようなリピーターのために
字幕なしのバージョンが出たりして☆
早く続編が観たいですね
みすずさんへ^-^* (由香)
2008-11-19 11:26:06
こんにちは!
面白かったですね~世間でも大ヒットだそうで、、、とっても嬉しいな♪
ちょっと長い映画でしたが、トイレどころじゃーありませんでしたね(笑)私も夢中になって見入りました~

金城さんの孔明はハマリ役でしたね~ステキでした^^・
私が気に入ったのは超雲と関羽です!!(笑)二人の見せ場にメロメロです!

夫婦のシーンは、意図は分かるのですが、少々長く感じましたね。もう少し控え目にしても夫婦の愛は伝わったかなぁ~と思います。

いよいよ赤壁の戦いですね!もっと盛り上がるかしら?楽しみですね!
non_0101さんへ^-^* (由香)
2008-11-19 11:29:14
こんにちは!
やっぱりテンションが高いかしら?私(恥)
で、、、2回目も鑑賞済みで~す♪時間があればもう一度観たい!!(笑)

本編が始まる前の説明や、人物紹介の字幕はちょっとくどかったですが、、、分かりやすいっちゃー分かりやすかったですね。
続編ではどうするのかなぁ~
また字幕が出まくりかしら?(笑)
熱い漢(おとこ)達に燃えました! (GAKU)
2008-11-20 21:25:16
こんばんは。
今更ですが私も観てきました!
冒頭の趙雲と関羽の「1対多数」の攻防はまさに「三国無双」で、「ありえへんやろ」とわかっていながら、反面「カッコイイ」なんて燃えてしまったり(^^)

夫婦愛シーンは確かにくどかったですねf^_^;
ただ、個人的には虎と孫権のシーンなど、普通はカットしてしまいそうなところを丁寧に描いていたのは、登場人物の性格や背景をより印象づけて好感が持てました。
GAKUさんへ^-^* (由香)
2008-11-22 15:48:41
こんにちは!
コメントどうもありがとうございました^^・
関羽と趙雲の見せ場はカッコ良かったですね~私も大いに燃えました!!(笑)

『普通はカットしてしまいそうなところを丁寧に描いていたのは、登場人物の性格や背景をより印象づけて好感が持てました』
私も、この映画は『静』の部分で人物描写を丁寧にしていたなぁ~と思いました。好感が持てましたね~
ちょっとクドイなぁ~と思うシーンもありましたが、、、全体のバランスを思えば必要なシーンだったんでしょうね。
こんばんは (SGA屋伍一)
2008-11-22 21:34:23
三週続けて第一位みたいですね。やはり『三国志』は根強いファンが多いようで。それともエイベックスさんの宣伝効果でしょうか

由香さんは孔明がお好きですか。わたしはかっこいい孔明というとNHK人形劇の孔明が思い浮かびます。声が森本レオでねー(笑) 金城くんの孔明もなかなか良かったです

あとすいませんけど、わたしはトニー・レオンがあまり「美形」には見えませんでして(^^; でもみんなから二枚目と言われてるあたり、「中井貴一」を彷彿とさせます

剣はあまり使わず、盾と槍を中心にした戦闘は『300』にも似てましたねー

>見つけた写真を張り切って貼る矛盾した私

「矛盾」ってこれも中国の故事から出来た言葉でしたよね。狙った?
観ました~ (なな)
2008-11-23 09:33:11
由香さんの誘惑に負けて~
職員旅行をキャンセルしてこっちを観に行きました
わがままな女上司がいて,みんなキャンセルしてたしー
で,とってもよかったわ~ 再見したくなるのもわかります。
私も冒頭の日本語の説明シーンでは「吹き替え?」とあせっちゃった。
三国志を知らない人のための親切だったのね。
劉備軍の武将はカッコよかったね~
私も胡軍さんの趙雲に萌えました
他作品のインタビューで感じたけど,胡軍さんってとっても
知的で真摯で感じのよい方です。まさに趙雲にぴったり。
関羽のアクションもよかったですね~

ラブシーンはいらなかったな~
つうか・・・この物語にオンナは出てくるな!とまで思ったわ。
物語上,重要な役どころだから仕方ないけどさ。
SGA屋伍一さんへ^-^* (由香)
2008-11-24 18:47:33
こんばんは~♪
何だか大ヒットみたいですね、これ。嬉しいなぁ~^^・
3回目も観たいけどお金が勿体ないわん。DVDまで待つ?だけどもう一度劇場で私の趙雲と関羽を見たいわ~どうしよう・・・って悩んでいるのが私だけではないかも(笑)

人形劇は見ていません。孔明を尊敬していたのは、何かの本を読んでです。・・・・・何の本だったけ?

トニー・レオンが美形って件ですが、そちらにコメントした通りです(汗)『傷だらけ~』の時から、彼の美貌が、、、ムニャムニャ(笑)

『矛盾』は意識していませんでしたが、もしかして潜在意識にあったかも?!どうせなら感想にバンバン故事成語を入れればカッコ良かった?(笑)
ななさんへ^-^* (由香)
2008-11-24 18:58:09
こ・こ・こ・こ・・こんにちは。
社員旅行をキャンセルされたとは?!
そこまでする価値があったでしょうか?!
ななさん、お忙しそうですね~これから暮れにかけてますますご多忙では?ご無理なさらないでね♪

で、、、趙雲カッコ良かったですよね~関羽も!!
家に三国志系のゲームが何個もあって、よくゲームを見るのですが、その戦いがちっとも大袈裟じゃーないくらいの活躍で、超~興奮しました!!
それにドラマ部分もしっかり描かれていたと思うなぁ~よく分からんけど(汗)

夫婦の絡みはクドイかなぁ~と思ったのですが、多分続編で活きてきますね。もう楽しみだなぁ~
4月になったら扇を持って観に行っちゃうかも(ミーハー・笑)
金城孔明 (Any)
2008-12-01 10:49:50
由香さん、こんにちは~♪
私も大興奮でした!!見応えありましたね~
コレ、公開直後に観たんですが 
楽しみにしていた分、鑑賞後は燃え尽きちゃって・・・
おまけに皆さんの感想を読ませてもらって
それだけでもう満足しちゃった!・・・で、今頃アップです(汗)
TB送らせてくださいね~

そうそう、早く来い来いトニーちゃんでしたね(笑)
真打ち登場から俄然面白くなりました!
でもね~妻にデレデレの周瑜はちょいマイナスですゎ
そしてお目当ての孔明は・・私の中ではパーフェクトです
趙雲と関羽も良かったね~
PartIで、 (Raku)
2008-12-02 02:13:53
すっかりやられてしまいました。
PartIIを観たら、どうなってしまうのか、
今から心配してるっすw。
Anyさんへ^-^* (由香)
2008-12-02 14:57:05
こんにちは~^^・
TB&コメントありがとう~って、、、あれれ?TBは届いていないかも、、、上手く反映されなかったらゴメンネ。

Anyさんが金城君作品を見逃すはずがないと思っていましたよ~(笑)
カッコ良かったねぇ~
最近、どんどん金城君が素敵に見えてきていて困っています(笑)Anyさんの影響かも~
私がこの映画で心を鷲掴みにされたのは、何たって関羽と趙雲!!カッコ良かった~メチャクチャ!!
ありえない~戦いなんだけど(笑)燃えました。

周瑜はねぇ~賢そうだったよね~
奥さんとラブラブ過ぎだったけど(笑)
きっと二人の愛が続編で活きてくるんだと思うわ~早く観たい!!
Rakuさんへ^-^* (由香)
2008-12-02 14:59:49
こんにちは~^^・
コメントどうもですぅ~
面白かったですね~PartⅠでここまで興奮した私も続編でどうなるか心配です(笑)
でも早く観たい!!
楽しく観れた。 (kino)
2008-12-02 17:26:11
こんにちは。コメントいたします。
中盤のベッドシーンは、なにか場違いな浮いてる感じがするので、
スパッと、なくしてもらった方がよかったかなーと思います。
三国志のいいところをうまく集めて、魅せる映画になってると思います。
小説とか漫画に出てくる人物が、
大スケールの映像で観れるのが、なによりうれしかったです。
kinoさんへ^-^* (由香)
2008-12-03 17:13:11
こんにちは~^^・
TB&コメントありがとうございました♪

魅せてくれましたね~
特に戦いのシーンには燃えました!(笑)
武将達の見せ場がカッコよくって興奮でした!

ベッドシーンはちょっとクドイ気もしましたね。
二人の愛が映画の物語の重要要素だったとしても、あそこまで絡まなくてもいいかな、、、と思ったり(笑)

今度はいよいよ赤壁の戦いですね。早く続編が観たいです♪
Unknown (ケビン)
2008-12-19 00:02:13
こんばんは、由香さん。

本当に見応えあるシーンがいっぱいで感動でした。
私も三国志はさわり程度の知識。
でもけっこうハマってしまそうな雰囲気でしたね!

関羽が特に良かった♪あの登場シーンといい敵(曹操)に対する正々堂々とした心意気などなど、かっこいぃ!
もちろん他にも魅力ある人たちでいっぱいでしたね!でもいつもならこんなにたくさんの登場人物がいると目をくるくるしてしまいがちですが、今回はそうでもなく、わりと落ち着いて観れました。やっぱり同じアジア人東洋人だからかな?

続編も意外とはやい時期に観れそうで楽しみ!でもやっぱり待ち遠しいかも・・・
ケビンさんへ^-^* (由香)
2008-12-20 15:29:34
こんにちは!
面白かったですよね~期待以上でした。
どうやら日本では大ヒットしているみたいだし、続編への期待も高まりますね!

私も関羽がカッコ良かったと思いました。そして趙雲も・・・
沢山の登場人物がいるのに、それぞれの見せ場がしっかりあるのが良かったですね♪
孔明役の金城さんもなかなかハマリ役でしたし、トニーも素敵でした。
今度はいよいよ赤壁の戦いですね!迫力あるシーンが多いんだろうなぁ~
おじゃまします♪ (jester                                                           )
2008-12-23 10:13:39
由香さん、こんにちは。
遅くなりましたが、お邪魔致します。

わ~~~、由香さん、熱いですわ~
映画と同じぐらい燃えてますね♪
うんうんとうなずきながら読んでしまいました。

>ちょっと周瑜&小喬の夫婦愛の描き方がクドカッタなぁ~とは思ったんです。

そうそう、あの包帯ぐるぐる「チマキにする気か」とかねえ・・・
まあ、トニーのチマキは食べたいけど。(殴

趙雲はかっこよかったですね!
これほど男ばっかりたくさん出てるのに、キャラクターがちゃんと書き分けられていて、誰が誰だかちゃんとわかるのもすごいと思いました。

三国志はアンディ・ラウがでる別の映画も公開されるらしく、それも楽しみですが、こちらのpart2も楽しみです♪
jesterさんへ^-^* (由香)
2008-12-24 09:59:16
こんにちは♪
ちょっとご無沙汰でしたね~^^・

で、、、レッドクリフには燃えに燃えました!!(笑)
趙雲や関羽などのキャラクターの描き方がカッコよくって、、、クギ付けでした。思わず年間ベスト10にランクインしましたもの!!(笑)

ちょっと夫婦の描き方がねぇ~クドイかなぁ~と思いました。もう少しアッサリ目でも良かった気が・・・
『あの包帯ぐるぐる「チマキにする気か」とかねえ・・・
まあ、トニーのチマキは食べたいけど。(殴』
ふふふ・・・トニーのチマキは半分ずつ分け合って頂きましょうか?・爆

アンディ・ラウの映画も気になりますね~
PartⅡも待ち切れないし・・・楽しみですね!
TBありがとう^^ (rose_chocolat)
2009-01-04 23:14:30
今頃観てる人も珍しいですよね(笑
自分も趙雲が好きですよ。
かっこいいですもんねっ♪
rose_chocolatさんへ^-^* (由香)
2009-01-06 14:04:11
こんにちは~^^・
ちょっと遅かったようですが(笑)、、、それでも鑑賞されて良かったと思います
Part2もより一層楽しめると思いますもの~

趙雲はカッコ良かったですよね~惚れました(笑)
あと関羽も好きーーー♪男らしいんだもん
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-03-22 18:26:55
TBありがとうございました。
三国志の世界は、小さい頃にアニメでかじった
程度なので先入観もなく、人物象や時代考証など
考えることもなく楽しめました。
しかし、まだ、赤壁の戦いは次回なんですね
80万の軍勢にどう立ち向かうのか
PartⅡが非常に楽しみですね~

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
シムウナさんへ^-^* (由香)
2009-03-25 16:49:25
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました!

もうスグPartⅡですね~楽しみです!!
私も三国志には詳しくありませんが、映画には燃えました!!(笑)
特に戦いのシーンは鳥肌物で、アジア人の血が騒いだわ。
いよいよ決戦!!公開が待ち切れません!!
Unknown (晴雨堂ミカエル)
2009-09-21 23:25:19
こんばんは、映画ブログの晴雨堂ミカエルです。
 
 私は前半より後半の方が面白く見えました。しかし、呉宇森監督は見事にヒロイックファンタジーに作り変えたものだと賛否両方の意味で感心しています。
晴雨堂ミカエルさんへ^-^* (由香)
2009-09-23 16:39:00
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました^^
今後ともヨロシクお願い致します!

私はこの映画の前半からググッと引きつけられました!劉備軍の猛将たちがカッコ良くて(笑)
2は鑑賞されましたか?期待したものとは違ったのですが、、、(汗)
個人的には1が大好きです♪

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Similar Entries

164 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「レッドクリフPartI」 (日々“是”精進!)
「レッドクリフPartI」を鑑賞してきましたゲームやコミックの題材にもなり、日本でも多くのファンがいる「三国志」から、有名な赤壁の戦いをモチーフに、「フェイス/オフ」「M:i-2」でハリウッドでも成功を収めたジョン・ウーが、故郷、中国に戻り、製作費100億円をか....
■『レッドクリフ Part I 』■ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+中国+日本+台湾+韓国合作映画、ジョン・ウー監督、『傷だらけの男たち』のトニー・レオン&金城武主演。
レッドクリフ PartI アジアはハリウッドを超えた!? (労組書記長社労士のブログ)
【38-19-】 公開を心待ちにしていた「レッドクリフ」。 大好きな三国志、しかもそれをジョン・ウー監督が撮るんやから、絶対に期待出来るでしょ{/m_0160/} 比較的早い時期から、予告編は映画館で流れまくっていて、それを見ても、壮大さと美しさが際だっていて、ますます...
レッドクリフ Part I (だらだら無気力ブログ)
ジョン・ウー監督が「三国志」で有名な闘いである赤壁の戦いを全2部作で 描く歴史劇の第一作。西暦208年。後漢王朝の丞相である曹操は、荊州・新野に駐屯している 劉備と江南の孫権を討つべく80万の軍をさし向ける。 太刀うちできない劉備軍は、曹操軍の攻撃を凌ぎ...
レッドクリフ Part1 (Matthewの映画日記?)
『西遊記』と並び、日本で根強い人気のある『三国志』。 小説・ゲーム・アニメ・漫画と、いろいろな媒体で取り上げられています。 何をかくそう自分もNHKの人形劇で好きになった一人です。 つい先日、Wikiで調べて知ったのですが、自分達が良く目にしている『三...
映画感想『レッドクリフ PartI』 差が、、出るだろうね。... (レベル999のマニアな講義)
内容漢帝国の丞相となった曹操は、天下統一の最後の仕上げとして、宿敵である劉備軍、孫権軍に対して攻撃を開始する。先ず向かったのは、『徳』により人民を掌握する劉備軍。その劉備の人徳に導かれるかのように、曹操に追われた多くの民達が劉備は従えていた。だが、実際...
映画 「レッドクリフ」 (ようこそMr.G)
映画 「レッドクリフ」 を観ました。
映画レビュー「レッドクリフ PartI」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
レッドクリフ Part1 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆アクション映画の詩人ジョン・ウーならではの三国志の世界。金城武の諸葛孔明が魅力的だ。 【80点】  3世紀の中国。80万の大軍を率いて天下統一を目論む曹操に対し、民を思う劉備は、曹操に屈しよう...
『レッドクリフ/Part I』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 とりあえず、諸葛孔明が素敵なら、私はそれでいいのだ。 『レッドクリフ/Part I』 "RED CLIFF" "赤壁" 2008年・アメリカ&中国&日本&台湾&韓...
★★★★ 『レッドクリフ Part?』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/中国/日本/台湾/韓国。"RED CLIFF".   ジョン・ウー監督。  世界で1番カッコいい俳優は、トニー・レオンだと信じ...
レッドクリフ PartI (Yuhiの読書日記+α)
かの有名な「三国志」の中でも最も有名な合戦である「赤壁の戦い」を、ジョン・ウー監督の手により映像化。出演は、トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童など。 <あらすじ> 西暦208年。曹操軍に追...
レッドクリフ Part I (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が、今、よみがえる。』  コチラの「レッドクリフ Part I」は、日本でも人気の高い「三国志」の有名なエピソード「赤壁の戦い」を100億円の製作費で映画化した11/1公開のヒストリカル・アクションなのですが、早速観て来ちゃい...
レッドクリフ Part?◆よみがえる「三国志」の世界 (好きな映画だけ見ていたい)
     「レッドクリフ Part?」 (2008年・アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) 中国、後漢末期から100年にわたる群雄割拠の時代を記録した歴史書「三国志」。覇権を争う魏、呉、蜀、三国の興亡を描いた全65巻に及ぶこの史書は後年、説話や講談を取り込みながら歴史通俗小...
『レッド・クリフ(RED CLIFF)』やっぱり“こんなもんかぁ”と思った (ブツクサ徒然ぐさ)
ビックリしましたね。まさか前後編に分かれていたとは。まあ内容的にはそらそーやろーと思います。でも全然そーゆーことってCMでアナウンスしてませんよね?私が知らないだけ?
レッドクリフ (描きたいアレコレ・やや甘口)
張飛の虎ひげや逆立つ眉毛や、関羽の美髭を見ると、嬉しくなるけれど...。 孔明役の金城武が、案外良くてビックリ!この人の映画や演技と...
『レッドクリフ PartI』 (ラムの大通り)
(原題:Red Cliff 赤壁) 「もう、これは大満足。 映画の日にこの作品の初日をもってくるなんて、 配給・興行も憎いことをするね」 ----そうニャンだ。 最初、えいは「『三国志』を知らないし、 分かりにくいかも」と心配していなかった? 「いや、それがね。 映画の前...
★「レッドクリフ Part I」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ TOHOシネマズの1ケ月フリーパスの期限が迫ってるので、 まとめて3本見ちゃいました。 その2本目。
レッドクリフ Part 1/Red Cliff Part 1 (いい加減社長の映画日記)
昨日は、映画サービスデー、ということで、朝一の回で「レッドクリフ Part 1」を鑑賞。 他にも、気になる映画はあるんだけど、絶対観たいというほどでもなく。 そちらは、とりあえずパス。 「UCとしまえん」は、映画サービスデーということもあってか、普通よりは多め...
『レッドクリフ Part ?』('08初鑑賞140・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (5段階評価で 4) 11月1日(土) ファースト・デイで ¥1000  109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:20の回を鑑賞。
★レッドクリフPartI(2008)★ (CinemaCollection)
REDCLIFF赤壁帝国が、襲ってくる。信じる心、残っているか。上映時間145分製作国アメリカ/中国/日本/台湾/韓国公開情報劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント)初公開年月2008/11/01ジャンル歴史劇/アクション/ドラマアジア映画史上最大規模制作費1....
レッドクリフ Part I - Red Criff Part I - (個人的評価:★★★) (尼崎OSよ永遠なれ)
さっそくレッドクリフ Part I を観てきました。 個人的には、「三国志」をあまり知らず、「魏呉蜀の三国時代関連の物語?」くらいの知識し...
「レッドクリフ Part I 」 ~赤壁の戦いへ (cocowacoco)
映画 「レッドクリフ Part I 」 RED CLIFF 赤壁 (日本語吹替版)観ました      ジョン・ウー監督 2008年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国     あー私のバカバカ!時間に遅れて、また日本語吹替えになった~。 でも『三國志』素人な私には反って良かった...
レッドクリフ Part I (eclipse的な独り言)
 昨日に続き歴史の勉強会です。いやあ、本当にためになります。(11月3日 清水M
「レッドクリフ Part ?」 Part?って・・・?聞いてないよ (はらやんの映画徒然草)
試写会っていうのは、日頃自分では観に行かない映画に出会えて、自分の興味が広がった
レッドクリフ Part1 (生まれてから今まで観てきた映画全部)
ご無沙汰してますが、久しぶりに本日映画を観てきました。「レッドクリフ Part1」でございます。これはもうジョン・ウーが三国志をやるとニュ...
[映画『レッド・クリフ PART1』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆最初は、TVゲーム的な画面構成で、時代状況や、英雄の配置を説明されて、「おやおや随分とザックリした映像作りだなあ」と思って見ていた。  でも、そのカンニング的な作りが、すぐに語られる曹操軍や劉備軍の世界にスムーズに移行させてくれて嬉しい。  私は「三...
[Review] レッドクリフ Part I (Diary of Cyber)
赤壁の戦い(中国語:赤壁之戰) 中国の後漢時代(三国時代)の208年、長江の赤壁(現在の湖北省)において曹操軍と孫権・劉備連合軍の間の戦い。 孤立した劉備は長江づたいに南下し、曹操軍の侵攻の難を逃れ、荊州の動向を探りに来た魯粛と面会し、一万人余りの軍勢...
「レッドクリフ Part I」少数精鋭で大軍に挑んだ孔明の周瑜の策略と陣形 (オールマイティにコメンテート)
「レッドクリフ Part I」は1800年前の後漢時代の後期に行われた赤壁の戦いを舞台にし、三国志のワンシーンとして今でも語り継がれる戦いを映画化した作品である。1度でも三国志を読んだ人には見応えのある内容となっており、歴史を知らない人でもその迫力と攻防戦は...
映画「レッドクリフ Part I 」 (FREE TIME)
11月1日のファーストデーに、映画「レッドクリフ Part I 」を鑑賞しました。
クオリティーの高い作品が台無し。『レッドクリフ Part I』 (水曜日のシネマ日記)
中国の英雄伝「三国志」を基に、国をかけて戦う男たちの姿を描いた作品です。
レッドクリフ Part I/トニー・レオン、金城武 (カノンな日々)
大々的な宣伝の効果もあってなんでしょうけど、連休中はかなりお客さんを集めたんじゃないでしょうか。情報はなるべく聞かないようにしてたんだけど巷の評判などんなもんでしょう?TOHO川崎では2回目の上映終了後には映画パンフレットが完売してましたヨ。 出演はその...
レッドクリフ Part1 (Akira's VOICE)
興奮と退屈が,いったりきたり。
「レッドクリフ Part?」 第1位!! (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 545オープニング土日祝興収: 9.6億円これまでのアジア映
レッドクリフ Part1 (A・B・CINEMA)
『レッドクリフ Part1』未来を、愛を、そして友を信じる。西暦208年、中国三国時代。天下統一という野望に燃える曹操は80万もの兵力を率い、怒涛のごとく敵国を攻めていた。そして、誰もが彼らの勢力に圧倒されていた。そんな中、劉備軍の若き天才軍師・諸葛孔明と....
レッドクリフ Part1・・・・・評価額1550円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中国歴史文学の中でも、汎アジア的な人気を誇る「三国志」中の、前半部分のクライマックス「赤壁の戦い」の映画化。 ジョン・ウー監督が長年...
レッドクリフ「赤壁」感想 続きものだったとは・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
三国志を恥ずかしながら良く知りません・・・。知ってから見た方が良いに決まってます・・。以前から三国志を読みたいと思いつつも、壮大な...
レッドクリフPart? (めでぃあみっくす)
男義の世界「三国志」の中で最も有名な「赤壁の戦い」を描いたこの映画は、良くも悪くもジョン・ウー作品であり、呉宇森作品ではない。そんな風に感じました。そしてこれは日本公開版だけなのか、エイベックスの無粋すぎる字幕対応に心底怒りを覚えた映画でもありました。...
レッドクリフ Part? (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年11月1日 公開 異体同心なればなにごとか成就せん すんげぇぇぇー!!! も、ジュン・ウー監督って やっぱすっげぇぇぇえぇぇぇ!!! 鑑賞中、心の中で何度ジョン・ウー監督に拍手を贈ったことでしょう。 全てにおい...
「レッドクリフ」:船堀駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}何でこんなところにあんなタワーがあるの? {/kaeru_en4/}敵が攻めて来たときに見つけやすいようにじゃないか? {/hiyo_en2/}敵? {/kaeru_en4/}洛陽へ進軍した曹操とかさあ。 {/hiyo_en2/}って、いつの時代のどこの国の話してるのよ。 {/kaeru_en4/}三国志...
レッドクリフPart1★★★★ (好きな映画をさがして!)
大半がスペクタクルシーンで、戦闘アクションは見応えが有ります。 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、...
「レッドクリフ」pt1けれん味たっぷり (再出発日記)
ジョン・ウー'S「赤壁」は吉川英治タイプの「三国志」でした。監督・製作・製作総指揮・脚本:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリンけれん味たっぷり。関羽、張飛...
レッドクリフ (シネマ大好き)
昨夜、試写会で「レッドクリフ」を観た。 中国琴の生演奏の後、ジョン・ウー監督、孫権役のチャン・チェン、小喬役のリー・チンが会場に現れ、挨拶と長いインタビュー。豪華な試写会でした。 1800年前の中国、後漢が滅んだあとに興った、魏・呉・蜀の三国時代を描...
レッドクリフ Part I (to Heart)
帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 監...
レッドクリフ Part I (映画通の部屋)
「レッドクリフ Part I」RED CLIFF/製作:2008年、アメリカ=中
「レッドクリフPartI」 (かいコ。の気ままに生活)
「三国志」を基にした歴史アクション大作。「レッドクリフPartI」公式サイト「M:I-2」がびみょうだったので ジョン・ウー監督どうかなあと思ってたんですけど・・単に三国志好きだからか、タダの金城ファンだからか結構楽しかったデス~子供の頃見てた人形劇三国志からこ...
レッドクリフ Part? (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
曹操の大軍80万に義と知略で立ち向かう劉備軍・孫権軍5万の連合軍、勝機は何処に! 物語:西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。 しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、...
レッドクリフ Part1 (Diarydiary!)
《レッドクリフ Part1》 2008年 中国/アメリカ/日本/台湾/韓国映画
レッドクリフ Part? (08’F=8本目) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 久々に観た!三国志に見るアジアの一大叙情詩!
レッドクリフPart1 (ぷち てんてん)
☆レッドクリフ☆(2008)ジョン・ウー監督トニー・レオン金城武ストーリー 西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全....
レッドクリフ (みかんの部屋)
ちょっと、今日はこれを書かなければ寝れませんっ!日曜日、レッドクリフを見に行きましたっ!!わたしは、もともと三国志とか詳しくないし そんなに興味もなかったのですが、、、まさるこに誘われて見に行ってみたら・・・、めちゃくちゃ 面白かった!!てゆーか・・・!金...
レッドクリフ (みかんの部屋)
ちょっと、今日はこれを書かなければ寝れませんっ!日曜日、レッドクリフを見に行きましたっ!!わたしは、もともと三国志とか詳しくないし そんなに興味もなかったのですが、、、まさるこに誘われて見に行ってみたら・・・、めちゃくちゃ 面白かった!!てゆーか・・・!金...
レッドクリフ Part1(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
どうも、『真・三国無双5』よりは『真・三国無双4』のほうが好きなエミです。 最も、ゲーム三国志で一番すきなのは同じKOEIが出してる『三國志』なんですけどね(笑) さて『三国志』と言えば学校図書で唯一置くことが許された横山光輝のマンガを読んでハマる人...
レッドクリフ Part? (スワロが映画を見た)
原題:赤壁/RED CRIFF 製作年度:2008年 製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 上映時間:145分 監督:ジョン・ウー 原作:―― 脚本:ジョン...
映画「レッドクリフ PartI」(2008年、米・中・日・台・韓) (富久亭日乗)
    ★★★☆☆   「三国志」の「赤壁の戦い」を描いた戦争スペクタクル。 監督は呉宇森(John Woo )。 原題は「赤壁」。     ◇  天下統一の野望を抱く魏の曹操(張豊毅)は、 南の蜀に狙いをつける。 蜀の劉備(尤勇)軍の天才軍師、孔明(金城武)は、 敵...
映画『レッドクリフ Part I』 (オタマ・レベルアップ)
映画『レッドクリフ Part I』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 145分 製作国 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国 公開情報 劇場公開(東宝東和=エイベックス・エンタテインメント) 初公開年月 2008/11/01 ジャンル 歴史劇/アクション/ドラマ ...
男の友情、男の嫉妬、男の世界【レッドクリフ Part1・RED CLIFF/赤壁】 (犬も歩けばBohにあたる!)
この映画の公開をどれだけ待ち望んだことか[E:sign03] 構想18年! 制作
レッドクリフ PART1 (映画を見に行きましょう!! )
        レッドクリフ PART1西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁....
赤壁の戦い・前編~『レッドクリフ Part I』 (真紅のthinkingdays)
 RED CLIFF  赤壁  今を遡る事1800年、西暦208年の中国、群雄割拠の時代。80万の兵を率いる 魏の曹操(チャン・フォンイー)は、小国であ...
『レッドクリフ』 (You got a movie)
監督・製作・脚本 ジョン・ウー キャスト     トニー・レオン 金城武 中村獅童 チャン・フォンイー 、          チャン・チェン ヴィッキー・チャオ フー・ジュン リン・チーリン    三国志の有名な戦いのひ...
レッドクリフ (シニカル・ヒストリー・タワー)
「レッドクリフ」  歴史大作ということで大金がかかっているのは一目瞭然。 戦闘シーンも迫力あるし衣装も俳優もなかなか魅力的…。 だけど見ててもあまり入り込めないこの映画、面白いのだろうか? 三国志も中国の歴史も詳しくないの...
レッドクリフ (mahirose cafe)
三国志の「赤壁の戦い」を舞台にした映画。 三国志好きの私としては見に行かないわけにいかないので、映画館に足を運んできました{/グッド/} 冒頭の説明が日本語だったので、誤って吹き替え版を見てしまったのかとあせりましたが・・・ 本編は字幕版でした^^ ...
レッド・クリフ(Part1)/RED CLIFF/赤壁 (我想一個人映画美的女人blog)
ジョン・ウー監督が、構想18年、制作費100億、 更に10億、自らの資産をつぎ込んで創り上げた最新作はなんと三国志{/ee_3/} 中国、香港、台湾、韓国、タイ、シンガポールとアジア各国で7月10日から公開中! のきなみ興行成績の記録を更新するほどの大ヒット。 今年の上...
レッドクリフ PartI (ダイターンクラッシュ!!)
11月9日(日) 16:30~ 日劇1 料金:1250円(有楽町の金券屋チケットフナキで前売り券を購入) プログラム:不明(未確認) 『レッドクリフ PartI』公式サイト ジョン・ウー先生の渾身の三国志。 諸葛孔明しか知らず、劉備を劉邦、関羽を項羽とごちゃ混ぜにしてい...
レッドクリフ Part? (5125年映画の旅)
曹操、劉備、孫権の3つの勢力に分かれた1800年前の中国。曹操は全土を支配下に置くため、劉備軍と孫権軍に攻勢を仕掛ける。劉備軍の天才軍師・孔明は、孫権軍と同盟を結ぶために、孫権が治める呉の国を訪れる。そこで孔明は、孫権軍の司令官・周瑜と出会う。ここ...
『レッドクリフPart1』の感想でぇ~~す!! (武と映画と日常)
お待たせしました!! って誰も待ってないかも知れないけど・・・^^; {{{『レッドクリフ Part1』}}}の感想をばUPいたします^^ 作品詳細は [http://movie.goo.ne.jp/contents/movies/MOVCSTD12528/story.html こちら]です。 公開初日の土曜日(11/...
「レッド・クリフ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画  実はあまり期待していなかったのです。だからかもしれませんが、なかなか面白かったです。ジョン・ウー印が至る所にあって面白い…というのはオマケみたいなものですが、予告編で白い鳩が飛んでいるのを見て、「あの時代の中国に、それは...
レッドクリフ Part I/試写状 (ともやの映画大好きっ!)
本日届いたのは、ジョン・ウー監督が描く三国志映画「レッドクリフ Part I」(原題:赤壁/RED CLIFF)の試写状。 中国の三国時代の歴史を書き留めた「三国志」。 その中でも、長江の赤壁において、曹操軍と孫権・劉備連合軍の間で行われた赤壁の戦いを取り上げた物語...
試写会「レッド・クリフ Part1」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/10/23、文京区春日の文京シビックホールでの開催。 開場については別途詳しく書くが、1、2階合わせて約1800席。 雰囲気は中野サンプラザ。 司会者によれば、今回は東京メトロのサンクスイベントで、 500組1000名の招待、応募倍率は約25倍と言うこと...
レッドクリフ パート1、見てきました! (粉雪の日々是、映画なり)
M.I2、フェイス・オフなどで有名なジョン・ウー監督が手がける、ジョン・ウー版三
レッドクリフ Part I (小部屋日記)
赤壁/RED CLIFF(2008/中国=台湾=韓国=アメリカ=日本)【劇場公開】 監督: ジョン・ウー 出演:トニー・レオン/金城武/リン・チーリン/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/チャン・フォンイー 帝国が、襲ってくる。 信じる心、残って...
『レッドクリフ Part I』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【RED CLIFF/赤壁】 2008年/米・中・日・台・韓/145分 【オフィシャルサイト】 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、ヴィッキー・チャオ、チャン・チェン、中村獅童、チャン・フォンイー、フー・ジュン、リン・チーリン
「RED CLIFF(レッドクリフ)Part1」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
白いハトは今日も元気に”赤壁”の空を舞う。・・ということで、一足先に試写会で鑑賞できて嬉しく思う。字幕作品なのに、いきなり日本語で”三国志”の世界観と”赤壁の戦い”の背景が説明され始めたのには「いった
「レッドクリフ Part?」 (てんびんthe LIFE)
「レッドクリフ Part?」試写会 よみうりホールで鑑賞 この超大作、ジョン・ウーったらあっという間に作ってしまったのね、すごい。 近年、活字離れが激しい私はこの歴史絵巻が上っ面しか分からず、もっと勉強してから行くべきだったと、ちと後悔。 これから Pa...
レッドクリフpart1 (Simple*Life)
レッドクリフパーフェクトガイド 完全解剖!三国志~赤壁の戦い~ (TOKYO NEWS MOOK) レッドクリフ 公式ビジュアルBOOK 小説レッドクリフ(上) を見た。 世界史はとんと疎いのでよくわかりませんけど、 三国志の中の戦いのことをレッドクリフと呼んでるだけなんで...
レッドクリフ Part I (花ごよみ)
監督はジョン・ウー。 「三国志」が原作。 三国とは曹操の魏、孫権の呉、劉備の蜀、 西暦200年以降の中国の勢力分布。 10月にNHKで、 その時歴史が動いた 三国志クライマックス! 激動の英雄たち 3つの「その時」を、 見ていたおかげで 理解しやすかったです。 ...
レッドクリフ Part I (評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ジョン・ウー 【出演】トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ビッキー・チャオ/フー・ジュン/中村獅童/リン・チ...
レッドクリフ Part1 (迷宮映画館)
周瑜と孔明のキャストがなあ・・・。
【映画】 レッドクリフ PartI(2008) (映画、こんなん観ましたけど…)
今回は、映画「レッドクリフ PartI」。 久しぶりの新作です。2丁拳銃ならぬ、2本槍や2本弓はいかが?(2本弓は無理) Flixster - Share Movies い...
映画 『レッドクリフ Part I』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『M:I-2』などの巨匠、ジョン・ウー監督が100億円を投じて作り上げた歴史アクション大作。中国の英雄伝「三国志」を基に、国を賭けて戦う男たちの壮大なロマンと、彼らを陰で支える女性たちの姿も浮き彫りにする。はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操...
映画 【レッドクリフ Part 1 】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レッドクリフ Part 1 」 ジョン・ウー監督が100億円を投じて「三国志」を映画化。 おはなし:今から1800年前の中国。絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔...
レッドクリフ Part I (ルナのシネマ缶)
「三国志」の中でも有名な 「赤壁の戦い」をジョン・ウー監督が 100億!をかけて映画化! たしかに、お金かかてる~って 感じのスケールでした! 2時間半ちかくの長編ですが、 肝心の赤壁の戦いの前までです。 西暦208年、中国で絶大な権力を握る曹操(チャ...
そんなぁ~~~!☆ 『レッドクリフ Part I / RED CLIFF 赤壁』 ☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
20代の頃に夢中になって読んだ三國志。 でもそれからだいぶ時は過ぎ、主要人物の名前はなんとか覚えていたものの、ストーリーについては、ほぼ壊滅状態…(-_-;) 私が知ってる限りでは、近年映画化はされてないはずだしね。 本作『レッドクリフ』にはジョン・ウー監督...
『レッドクリフ Part I』2008・11・3に観ました (映画と秋葉原と日記)
『レッドクリフ Part I』  公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 西暦208年。中国において強大な勢力を有する曹操は、いよいよ劉備、孫権の征討に向け80万の大軍を率いて南侵を開始した。劉備軍はわずか2万人で曹操軍の猛攻に全滅の危機に陥るが。関羽と張飛
レッドクリフ PartI (映画鑑賞★日記・・・)
【RED CLIFF/赤壁】2008/11/01公開(11/01鑑賞)製作国:アメリカ/中国/日本/台湾/韓国監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童 帝国が、襲ってくる。信じる心、残ってい...
レッドクリフ Part I (利用価値のない日々の雑学)
「ワルキューレ」の国内年内公開がなくなり、年頭の筆者の期待度ランキングでは結果的にトップなった作品がいよいよ公開された。というより、ここ数年「スペクタル史劇」の映画作品が大変多く、このブログでも、中国といえばなんといっても「三国志」であることを何度と...
レッドクリフ Part I (さくらの映画スイッチ)
人を治める力 その在り方・・・
●レッドクリフ Part?(78) (映画とワンピースのこでまり日記)
日本語で始まるから吹き替え版と間違えたのかと思っちゃった。
『レッドクリフ Part I』(2008) (【徒然なるままに・・・】)
「レッドクリフ」とカタカナで書かれるとピンとこないが、漢字で書けば「赤壁」。『三国志』中でおそらく最も有名であろう「赤壁の戦い」を、中国のみならず、アメリカ、韓国、台湾、それに日本の合作で、ジョン・ウー監督が映画化した超大作。 『グラディエーター』や『...
RED CLIFF  レッドクリフ Part.1 (★ Shaberiba ★)
 蘇った 1800年前の愛と勇気の伝説・・・。
【レッドクリフ Part1】 (日々のつぶやき)
監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、リン・チーリン、中村獅童 歴史物はあまり得意じゃないし、三国志は何度も挫折しているし・・・ということでパスしようかな~と思っていたのですが、三国志知らなくても楽し
「RED CLIFF(レッドクリフ)Part1」(試写会)みた。 (たいむのひとりごと)
白いハトは今日も元気に”赤壁”の空を舞う。・・ということで、一足先に試写会で鑑賞できて嬉しく思う。字幕作品なのに、いきなり日本語で”三国志”の世界観と”赤壁の戦い”の背景が説明され始めたのには「いった
レッドクリフ part1 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ジョン・ウー節炸裂!エンタメ系・三国志!!  
「レッドクリフ Part I」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「赤壁」 2008 中国/台湾/日本 “三国志”を元に描かれた歴史スペクタクル巨編。 司令官、周瑜に「花様年華/2000」「インファナル・アフェアー/2002」「ラスト、コーション/2007」のトニー・レオン。 軍師、孔明に「ラヴェンダー/2000」「ウインター・ソン...
レッドクリフ/赤壁 Part I (そーれりぽーと)
「あんまり三国志知らないから観ないでおこうかなぁ」と言うと、「え?三国志知らないの?」と返されること数回。 やっぱボキャブラリーとして三国志は知っておいた方がいいのかなぁ。 俺の世代だと、子供の頃から漫画やシミュレーションゲームで人気なんだけど、漫画(横...
レッドクリフ PartI 赤壁 (まてぃの徒然映画+雑記)
まだ序章にすぎなかった。あの呉宇森を監督に迎え、梁朝偉や金城武、張震、趙薇といったアジアの大スターたちをキャスティングした歴史大作。有名な三国志をメインテーマに据え、曹操軍と劉備、孫権の合同軍の赤壁の戦いを空前のスケールで描いた大作の第一部。戦闘の場面...
レッドクリフ見てきたよ♪ (+++turbo addiction+++)
「レッドクリフ」見てきました!! http://redcliff.jp/index.html 混んでたー。 ヽ(`Д´)ノ 一番前の席はやっぱ、目が疲れる。。。 この映画、2部作でした。 次は来年の春・・・。 内容、忘れちゃうよー!! 。・ ゜・。* 。 +゜。・.。* ゜ + 。・゜・(ノД`)
レッドクリフ Part1 (悠雅的生活)
西暦208年 長江 赤壁の戦い。
レッドクリフ Part I (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。ジョン・ウー監督、トニー・レオン、金城武、ヴィッキー・チャオ、チャン・チェン、中村獅童、チャン・フォンイー、フー・ジュン、リン・チーリン(写真)、ユウ・ヨン。「三国志」の赤壁の戦いより。天下統一を名目に1人の女性を奪おうという壮大な傾城譚。ま...
レッドクリフ Part I ( Art- Mill  あーとみる)
レッドクリフ Part I HP http://redcliff.jp/index.html 「三国志」オタクとしては、「よくぞ作っていただきました」と感激。「三国志」の新しい物語がまたひとつ増えた歓びが大きい。 『
レッドクリフ Part I/RED CLIFF (映画感想つれづれ日記)
「レッドクリフ Part?」 (或る日の出来事)
はじめに、舞台となった中国の当時の状況説明(どこの国の誰がどうした、とか)が日本語であったので、一瞬、吹替え版が間違って上映されて...
映画『レッドクリフ PartI』(お薦め度★★★★★) (erabu)
監督、ジョン=ウー。アクション監督、コリー=ユン。脚本、ジョン=ウー、カン=チャ
レッド・クリフ PartI (腹黒い白猫は見た!!)
2008年348本目映画「レッド・クリフ」帝国が、襲ってくる。ストーリー80万人の兵と2000隻の戦艦を率いて、あの男が攻めてくる。降伏を拒み、同盟を組んで立ち向かうのは、〔劉備〕と〔孫権〕のたった5万の軍。陸と水上から攻め入る巨大な帝国の支配者〔曹操〕との圧倒的な...
レッドクリフ Part1 (future world)
三国志をあまり知らずに観ましたが、おもしろかったです。 むしろ知らない分、楽しめたのかもしれません。 公開初日のレイトショー、「映画の日」もあってか満席。 配給がエイベックス?やはり広告・宣伝には抜かりないってこと。 ジョン・ウー監督でトニー・レオ...
レッド・クリフPart1 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  三國志の中の『赤壁の戦い』に焦点を絞って製作された中国の大作映画である。二部構成になっているため、本編では赤壁の海戦が始まる直前までしか描かれていない。 『赤壁の戦い』は、三國志全体からすればほぼ最終章ともいえるため、登場人物も限定的になっ...
映画「レッド・クリフ」感想。 (Beinthedepthsofdespair)
アクションシーンは、ジョン・ウー監督のキレの良いカメラワーク&カット割りで、冒頭の「反射鏡の盾」からなかなか魅せてくれます。三国志って、登場人物も多いし、何処を切って、取り出して、映像化するか? そこで、「赤壁の戦い」=「レッド・クリフ」を持って来たの...
レッドクリフ Part ? (Movies 1-800)
赤壁/Red Cliff (2008年) 監督:ジョン・ウー 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォン・イー、ヴィッキー・チャオ、リン・チーリン 魏・呉・蜀の三国の覇権争いの物語「三国志」の一節で有名な「赤壁の戦い」を描く歴史劇 「三国志」と言えば、様々な媒体を通し...
レッドクリフ PART? (みすずりんりん放送局)
 『レッドクリフ PART?』を観た。    西暦208年。  曹操(チャン・フォンイー)軍に追われる劉備(ユウ・ヨン)軍は孫権(チャン・チ...
【映画】レッドクリフ Part I (新!やさぐれ日記)
▼動機 今月末期限の無料鑑賞券を使うため ▼感想 つみきみほがでてた。 ▼満足度 ------- おいとき ▼あらすじ はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打...
レッドクリフPart1 (ドラ☆カフェ)
  監督・製作・製作総指揮・脚本 ジョン・ウー  製作国 アメリカ、中国、日本、台湾、韓国
レッドクリフ Part1 (映画君の毎日)
あらすじ//はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や...
レッドクリフ PartI(ネタバレ) (RE:ねこのうたたね)
Wanted (2008) Director : John Woo Cast : トニー・レオン, 金城武, チャン・フォンイー Genre : Action | Adventure | Drama Runtime : 145 min 配給 : Beijing Film Studio (日本国内配給:東宝東和、エイベックス・エンタテインメント) 参考リンク → IMDb ...
レッドクリフ (金城武さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆孔明 役の金城武さん(のつもり) 金城武さんは、現在公開中の映画『レッドクリフ Part I』に諸葛亮(孔明)役で出演しています。 昨日、ようやく劇場に観に行くことができました。 ●あらすじと感想
レッドクリフ Part1☆独り言 (黒猫のうたた寝)
誰が誰かはわからなかったけど^^;観ているうちにきっちり敵味方色分けができそういえば、彼が・・・あの人がっと思いだした三国志の物語『レッドクリフ』知らないうちにPart1になっていたのと試写会ですでに鑑賞していらっしゃったblogerサイトで本題の赤壁の戦いの直...
No.091 「レッドクリフ Part I」 (2008年 中/日/台/韓 145分 シネスコ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン     金城武     チャン・フォンイー    いよいよこの秋一番の話題作の登場です。 いつの間にか2部構成になってしまったけど、「三国志」の中での大きな見せ場である赤壁の戦いを描いたこの映画は、三国志ファンを...
レッドクリフPart1 (Sweetパラダイス)
レッドクリフ「赤壁」を見て来ましたPart1、Part2の二部作ですね~私の大好きな三国志のお話二時間半を超えましたが全然飽きなかったです上映時間も長いとは思わず見るのに夢中これは劇場版で見るべきですよね~最初は劉備軍の敗走から。趙雲が劉備の1人息子を助ける所...
レッドクリフ Part? (メルブロ)
レッドクリフ Part? 231本目 2008-37 上映時間 2時間25分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン 中村獅童 会場 TOHOシネマズ府中 評価7点(10点満点)  三国志の「...
レッドクリフ Part? (メルブロ)
レッドクリフ Part? 231本目 2008-37 上映時間 2時間25分 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン 金城武 チャン・フォンイー チャン・チェン ビッキー・チャオ フー・ジュン 中村獅童 会場 TOHOシネマズ府中 評価7点(10点満点)  三国志の「...
【レッドクリフ Part I】鳩も舞う赤壁の戦い (映画@見取り八段)
レッドクリフ ~赤壁~ 監督: ジョン・ウー 出演:  トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 公開: 2008年11月 ...
新赤かべ物語・前編 ジョン・ウー 『レッドクリフ PART1』 (SGA屋物語紹介所)
今を去ること1800年前、中国のグルメ界は熱く燃えていた。権力にものを言わせて、
レッドクリフ Part1 (だめ男のだめ日記)
レッドクリフ Part1監督ジョン・ウー出演*トニー・レオン(周瑜)*金城武(孔明)*チャン・フォンイー(曹操)*チャン・チェン(孫権)*ヴィッキー・チャオ(尚香)*フー・ジュン(趙雲)*中村獅童(甘興)*リン・チーリン(小喬)*ユウ・ヨン(劉備)*ホウ・ヨン[....
レッドクリフ第1部 (充実した毎日を送るための独り言)
・レッドクリフ第1部(11月1日より公開 出演:トニーレオン・金城武出演) 三国志の「赤壁の戦い」をモデルにしており、2部構成で今回は前半部分(後半は来年の4月に公開予定) 「赤壁の戦い」のメイン(船を燃やす)は後半部分となるので、今回はそれを際立たせ...
『レッドクリフ』part1 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
おもしろかったです。会社のおやすみなので、一緒に見に行ったダンナも続きがぜひ見たいといってました。ダンナは最初中国の歴史物ときいて、「途中で寝ちゃうかも」と言ってたのですが、予定外に面白かったようです。  中国の歴史物は、なにしろ名前も地名もみーんな漢...
レッドクリフ Part I (虎猫の気まぐれシネマ日記)
あらすじ: はるか昔の中国で絶大な権力を握る曹操(チャン・フォンイー)は、その兵力にものをいわせて敵国を攻めたてていた。彼の天下統一の野望を打ち砕くため、孔明(金城武)と周瑜(トニー・レオン)はともに協力し、連合軍を結成。だが連合軍の数はわずか6万、片や...
レッドクリフ Part I (マー坊君の映画ぶろぐ)
「レッドクリフ Part I」監督:ジョン・ウー出演:トニー・レオン(『傷だらけの男たち』『インファナル・アフェア』)金城武(『Sweet Rain 死神の精度』『傷だらけの男たち』)チャン・フォンイー(『始皇帝暗殺』)チャン・チェン(『遠くの空に消えた』『グリーン・デ...
【映画評】レッドクリフ Part I (未完の映画評)
巨匠ジョン・ウー監督が三国志の世界をオールスターキャストで映画化した歴史アクション大作。
レッドクリフPart?(アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) (映画でココロの筋トレ)
やっとやっと映画館に行けたよ。 「レッドクリフ」観てきました~。 ( → 公式サイト  ) 出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 上映時間:145分  西暦208年。 帝国を支配する曹操に追い詰められた軍師の孔明は、劉備...
[映画]レッドクリフPart1 (オレメデア)
待望の「レッドクリフPart1」を見てきました。 ひとりの三国志好きとして、赤...
【レッドクリフ Part I 】 (+++ Candy Cinema +++)
【RED CLIFF/赤壁】【監・製・総・脚】  ジョン・ウー 【製作国・地域】  アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  【配給会社】      東宝東和...
レッドクリフ Part I (映画通信みるみる)
趙雲が君主の子を抱き、敵陣をたった一騎で駆け抜けるところからなので、 おー、と、いれこんで観てしまいました。 ちょっと中盤、ラブシ...
レッドクリフ part1 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は三国志の有名エピソード、”赤壁の戦い”を描いたジョン・ウー監督の超大作!(の前編)「レッドクリフ part1」を観てきましたよう!!  西暦208年の中国。  曹操は劉備・孫権を討伐するために大軍を率いて南下。  諸葛亮は劉備に孫権との同盟を築くこと...
レッド・クリフ Part1 赤壁の戦い前夜 (ネット社会、その光と影を追うー)
壬申の乱、応仁から戦国、幕末から明治維新……わが国
『レッドクリフPart1』劇場鑑賞しました! (ANNE'SHOUSE-since1990-)
今春くらいから。。。だったかなぁ?韓国歴史モノをよく観る中『ソドンヨ』あたりからか!?映画で『王妃の紋章』を観たのと。。。あまり関係ないですが、まだ読んだことない『三国志』って読んでみたい!!そんな気持ちからブックオフで“大人買い”(^^;)映画とは関係な....
レッドクリフ Part1 (楽しい株主優待生活)
先日、レディースデイに観てきました{/onpu/} 三国志のストーリーは全く分かっていない私ですが、 内容も分かりやすく面白かったです。 戦力で劣る軍が大軍勢を翻弄する様は見事でした。 相手を挑発して罠に誘いこむところなど、 真田一族やカルタゴのハンニバルみたいで...
レッドクリフ part1 (ネタバレ映画館)
大スクリーン最後の日に慌てて鑑賞。臨場感を味わおうと前の方に着席・・・でかい!とにかく字幕がでかすぎる。
『レッドクリフ Part ?』 (きぶんしだい)
レッドクリフ - RED CLIFF 「予告編」 ジョン・ウー監督作品、トニー・レオン主演『レッドクリフ Part?』をTOHOシネマズ泉北にて鑑賞 ●あらすじ● 西暦208年中国、魏の曹操(チャン・ウォンイー)は、皇帝を操り、天下統一を掲げ、劉備軍に80万の兵士を従え攻め込ん...
赤壁の戦い (パーソナルスペース)
レッドクリフを見てきました。 ※以下ネタばれあり※ 派手なアクションの連続。 しかし、あの亀の甲羅のような盾は本当にあったのかなぁ(´∀`)ないか。あのイガイガみたいなのもあったのかな、ないか(´∀`) なんかPart.2への続きな雰囲気満開な感じ...
『レッドクリフ Part1』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レッドクリフ Part1」□監督 ジョン・ウー □キャスト トニー・レオン、金城武、リン・チーリン、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、チャン・フォンイー ■鑑賞日 12月14日(日)■劇場 チネチッタ...
『レッドクリフ Part I』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
1800年の時を超えて、愛と勇気の伝説が今、よみがえる。 ―世紀のビッグプロジェクト。 ジョン・ウー版「三国志」誕生!―
『レッドクリフの世界』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 そもそも「三国志」とはどういう物語なのか!?私もよくわかっていなかったので、ここで少しおさらいをしていきましょう。  まず、年代で云うと2~3世紀の中国が舞台。約400年続いた漢王朝。天災、人災に絶望した民衆は、長角の広めた宗教・太平道に救いを求め、後...
「レッドクリフ Part?」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
今から30年以上前、偶然手にした一冊の漫画。中国の歴史小説を題材とし、横山光輝氏が手掛けたその作品に、自分はすっかり魅せられたしまった。後漢末期から三国時代にかけての群雄割拠の時代を描いた「三国志」で在る。それ以降、全60巻を買い揃えるに到り、これ迄に...
レッドクリフPart1 <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
 武ちゃんが出てなかったら多分・・・観に行ってない  三国志は難しいし よー分らんから  ってか興味ないけど、旦那が大好きで どーせ観に行くなら 予習しとき~ って 一応はちょぴっと 予備知識を入れてもろーてから観に行ったこれが、観に行ってみたら 結構...
『レッドクリフ PartI』 @新宿ピカデリー (映画な日々。読書な日々。)
西暦208年。曹操軍に追われる劉備軍は孫権軍と同盟を結ぶため、軍師の孔明を孫権のもとに遣わした。しかし孫権軍では曹操に驚異を感じているものの非戦を唱える臣下が多く、同盟は容易に成立しそうもない。そんな中、孔明は赤壁で孫権軍の司令官・周瑜と出会い、そのカリ...
「レッドクリフ Part?」観ないと、次困る! (シネマ親父の“日々是妄言”)
 「三国志」の“赤壁の戦い”を、あのジョン・ウー監督が、完全映画化。「レッドクリフ Part?」(東宝東和/エイベックス・エンタテインメント)。“Part ?”なんですよね。事前の宣材(チラシ、ポスター)には、そんなこと一切書かれてないんですが、オープニング・タイト...
『レッドクリフ Part1』 ジョン・ウー渾身の三国志に、ただ酔いしれる (ketchup 36oz. on the table ~新作映画レビュー)
『レッドクリフ Part1』 監督・製作・製作総指揮・脚本: ジョン・ウー 製作: テレンス・チャン 音楽: 岩代太郎 脚本: カン・チャン / コー・ジェン / シン・ハーユ 美術・衣装デザイン: ティム・イップ アクション監督: コリー・ユン 撮影: リュイ...
『レッドクリフPartI』 (2008)/アメリカ・中国・日本・台湾・韓国 (NiceOne!!)
原題:REDCLIFF:PARTI/赤壁監督・製作・製作総指揮・脚本:ジョン・ウー出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン公式サイトはこちら。<Story>西暦208年。曹操軍に追われる...
レッド・クリフ Part I (映画初日鑑賞妻)
★★★ さあ、これからだーって時に終わるなんてひどいよー。 すごーく消化不良。 トニー・レオンと金城武が琴を弾くところがよかった。 それぞれかっこよくて、どっちがいいか迷っちゃう。
レッドクリフ Part? (オモヒノママニ)
三国志を知らない私でも充分楽しめました。 冒頭の人物説明に大分助けられました。 戦闘シーンが長すぎる感はあったけど、 映像、音、役者の演技、その全てがもの凄い迫力で、スケール感が違います。 国をかけて戦う男達と彼らを支える女達それぞれの姿を描いていて、 ...
レッドクリフPart1 を観ました。 (My Favorite Things)
実は11月の公開初日に観ていたのですが、睡眠不足の日々でおちまくり。
「レッドクリフ Part I」 50億円突破! (映画コンサルタント日記)
「レッドクリフ Part I」、1月28日に累計興収50億円突破! 土日計 前週
レッドクリフ Part I (いやいやえん)
DVDが発売されましたので DVDで再鑑賞し再度あげときます 弟と2人で色々また言い合いながら観てたのですが(姉弟揃って三国志ファンなので)つっこむところと笑うところがやはり同じ~~ >< 何度見ても、ファンとしてはやはりイマイチ盛り上がらない点とストーリ...
レッドクリフ Part I (Addict allcinema 映画レビュー)
信じる心、残っているか。
No.169 レッドクリフ Part? (気ままな映画生活)
ベストセラー「三国志」の存在は知っていたけど 小説も読んでおらず、子供のころに見たアニメと 確か遠い記憶をたどるとNHKで三国志の人形劇を 見ていたぐらいなので…
No.169 レッドクリフ Part? (気ままな映画生活)
ベストセラー「三国志」の存在は知っていたけど 小説も読んでおらず、子供のころに見たアニメと 確か遠い記憶をたどるとNHKで三国志の人形劇を 見ていたぐらいなので…
レッドクリフ Part I (レンタルだけど映画好き)
帝国が、襲ってくる。 信じる心、残っているか。 2008年 アメリカ/中国/日本/台湾/韓国  公開日2008/11/01 レンタル開始日2009/03/11 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン/金城武/チャン・フォンイー/チャン・チェン/ヴィッキー・チャオ/フー・ジュン...
レッドクリフ Part I (しーの映画たわごと)
赤壁やっと観ました。三国志通であれば、誰もがご存じの赤壁の戦い。それをジョン・ウーが映画にすると……まぁ、あまり最初からそんなに期待していませんでした。ただ、とにかく懐かしい思いがあります。三国志にハマっていた時期が高校、大学の頃なので、もう10年以上前...
★★★★「レッドクリフPart1」トニー・レオン、金城武、チャン... (こぶたのベイブウ映画日記)
スケール感ある戦いの中の、三角関係のもつれ。しかも、相手が、あのトニー・レオンときている!トニーったら、何もしなくても、今までの人生に色々あったんだろうってドラマを盛り上げる男なの!曹操は、他人の奥さんに横恋慕するオタク系だし、大川栄策の「さざんかの宿...
レッド・クリフ Part?(テレビ地上波) (ロッタの映画日和)
三国志には何の興味もなかったけど、こんなに面白い映画になったとは~! 男達の戦いって本当にカッコイイ。 西暦208年。曹操軍に追われる...
「レッドクリフ Part1」 (It's a wonderful cinema)
 2008年/アメリカ、中国、日本、台湾、韓国  監督/ジョン・ウー  出演/トニー・レオン      金城 武      チャン・フォンイー  中国の歴史には疎くて、この作品も劇場公開時には食指が動かなかったんだけれど、Part2公開に合わせて早々にTV放映...
映画「レッドクリフPart I」 (<花>の本と映画の感想)
レッドクリフPart I 監督 ジョン・ウー 出演 トニー・レオン, 金城 武, チャン・フォンイー, チャン・チェン, フー・ジュン 2008年 レッ...
レッドクリフ Part I (カオスダイバー漂流中)
ども!高校時代は三国志マニアの異名をとったヒデキチです★(゜∀゜) 三国志を映画化するのは非常に難しいと思うんだよ。 三国時代だけで...
レッドクリフ Part I (こんな映画見ました~)
『レッドクリフ Part I』 ---RED CLIFF: PART I--- 2008年(アメリカ/中国/日本/台湾/韓国) 監督:ジョン・ウー 出演: トニー・レオン、 金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン 、中村獅童 西暦208年。 帝国を支配する曹操(チャン・フォンイー)は、い...
ストレス解消活劇 「レッドクリフ Part I」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「レッドクリフ Part I」 ハリウッド活劇と京劇の融合   【原題】赤壁 【英題】RED CLIFF: PART I 【公開年】2008年  【制作国】米・中...
『レッドクリフ Part I』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 レッドクリフ Part I 』 (2008)  監  督 :ジョン・ウーキャスト :トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、リン・チーリン、中村獅童...