★YUKAの気ままな有閑日記★

とても残念ですが、長期的にお休みします^-^*皆さま素敵な年末年始をお過ごし下さい☆

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バタフライ・エフェクト

2007-09-06 12:41:55 | 映画【は行】

勝手に『時をかける祭』第3弾 レンタルで鑑賞―
【story】
幼い頃、ケイリー(エイミー・スマート)のもとを去る時、エヴァン(アシュトン・カッチャー)は、「君を迎えに来る」と約束する。だが時は流れ、エヴァンとケイリーは全く別の道を歩んでいた―
     監督 : エリック・ブレス J・マッキー・グルーバー  『デッドコースター』


【comment】
*『バタフライ・エフェクト』・・・カオス理論の一つ。『ブラジルでの蝶の羽ばたきは、テキサスでトルネードを引き起こす』という思考実験に由来する―

さて、これは面白い映画だった
よく練られた脚本で、「うっわ~そうくるのかぁ~」と、感心しながら興奮気味に鑑賞した―

物語は、エヴァンが7才の頃からはじまる。
エヴァンの父は、精神的な疾患があり長期に渡って入院治療をしていた。そのため母子家庭で育った彼は、時々原因不明の記憶障害を引き起こしはするが、幼馴染のトミー、ケイリー、レニーと仲良くつるんで過ごしていた。
13才の頃、劣悪な家庭環境からかすっかり悪の素養を芽吹かせてしまったトミーの影響により、エヴァン、ケイリー、レニーは窮地に立つ状況に陥る。そしてエヴァンの母は、環境を変えるためにも引っ越す決意をする。
エヴァンとケイリーは、幼いながらお互いを大切に想い合い、別れ際にエヴァンはケイリーに「迎えにくるよ―」と言い残す―
  この子可愛い~

時は流れ、エヴァンは心理学を専攻する優秀な学生になって人生を謳歌していた。
だがある日、7才の頃から書いていた日記を読み、衝撃的な体験をする。
日記を読むと、その時空に一瞬戻れるのだ―!!
「幼い日の空白の記憶を埋められるかもしれない―」そう考えたエヴァンは、友人に「訳あって封印したかもしれない記憶に無闇に触れるな」と警告されるが聞こうとはしなかった―
 

その頃、エヴァンはケイリーと再会し、ふと幼い頃の話しを持ち出す。だがそれは彼女に悲しい記憶を甦らせ、彼女を死へと追いやってしまう―
ケイリーが死んだショックから、日記の力を借りて過去へ戻り、現在の運命を変えようとするエヴァン。
上手くいったかに思えたが、どうしても誰かの運命に何らかの歪みを起こしてしまう。
果たしてエヴァンはケイリーを救えるのか―


エヴァンが何度過去に戻っても、ど~うしても上手くいかず、誰かが途方もなく不幸せになってしまう―鑑賞しながら、「どうして毎回こうも悲惨になっちゃうわけ?」と地団駄を踏んだ。
まるで過去を変えることは、全ての可能性が悲惨なものに繋がると暗示や警告をしているようにも思えた程だった。
だが、少々過去に手を加え、引き戻ったエヴァンを待っている暫定的現在の描写が非常に上手く、とても惹きつけられるものだった。何種類もの現在を演じた役者さんたちは皆上手かったし、いつも浦島太郎的気分に陥るエヴァンを演じたアシュトンは好演していたと思う。

ただ捻くれ者の私は、ちょっとだけ気になった事があった。
それは、「エヴァンが愛のためにケイリーを救う」というシュチュエーションが、とってつけたように思えたことだ。
確かにケイリーはエヴァンにとって大切な初恋の相手だったのだろうが、大人になっても変わらずに愛していた女性だとは思えなかった。
そもそもエヴァンが最初に過去へ飛んだのは、ケイリーへの愛というよりも、彼女を死へ追いやった事へのショックと自責の念の方が大きかったように思えた。
それはそれで面白いし全然OKなので、「君を救う―」というセリフがでてくると、「そうかなぁ~」という気持ちになってしまった。
で・・・いざ過去を変えると現在も変わり、自分自身やケイリー、友人、母親が予期せぬ状況に陥ってしまい・・・そのために、最早誰のために何をすればいいのか分からなくなっていくエヴァンにこそ見応えがあった。

それから、エヴァンの父親の位置を気にしてしまった。
父親は病院に入っていたが、「・・・ということは、途中で運命を変えることを止めたのね・・・」と想像出来、その意味深さにそそられた。
そして、エヴァンには父親を救う方法も考えて欲しかったと思う。

 

えらく狭い世界での『バタフライ・エフェクト』を描いており、周りの世界の変貌ぶりも気になるところであるが、これは1度観てしまったら、もう1度観たくなる作品だとは思う。
最初の子ども時代のシーンに全ての意味が集約されており、それを最後の展開まで実に上手く膨らませた脚本の絶品さには舌を巻く。
ラストシーンも好みだった。
特典に収録された別バージョンも観たが、本編の終り方がこの映画の世界観に1番合っていたと思う―

  アシュトンは好みじゃーないけど、ここでの彼は良かったわん  (3.5点)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (32)   Trackbacks (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« デス・プルーフinグラインド... | TOP | バッド・エデュケーション »
最近の画像もっと見る

32 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
由香さん☆ (latifa)
2007-09-06 21:03:21
>それは、「エヴァンが愛のためにケイリーを救う」というシュチュエーションが、とってつけたように思えたことだ。
確かにケイリーはエヴァンにとって大切な初恋の相手だったのだろうが、大人になっても変わらずに愛していた女性だとは思えなかった。

そうそう!!ここ、ここ!!↑私も同じことを思いました。
でも、由香さんの言うとおりに、「ケイリーへの愛というよりも、彼女を死へ追いやった事へのショックと自責の念」
この思いが強かったのよね・・きっと・・・。

私は、この映画は、何度も見ちゃった。アシュトンは私も、あんまり好みのタイプじゃないんだけれど、このドキドキ感は、バックトゥーザフューチャーと似た感じで、楽しいのー!

そういえば、もうすぐ、2が来るらしいけど・・・
見に行かない方が良いかも・・・。レンタルで充分かと思います・・・。1と2と、話が繋がってない様な感じなの・・・キャストも全然違うし・・。
面白い作品です! (JT)
2007-09-06 21:24:10
こんばんは。
時間を巻き戻して、やり直したくなる事ってありますよねー そんな願望を試してくれたような作品でした。でも、なかなか思うようには行かない・・・、どうまとめるのかなと途中で心配になりましたが、私もこの終わり方でよかったと思います。
何度も同じ時間をやり直す作品で、「恋はデジャ・ブ」というのがありましたが、これもなかなか面白かったです。
アシュトンくん・・・ (マリー)
2007-09-06 22:23:21
こんばんは~~
この映画は、私の好きな映画とプロフィールにも載せてます。
最初観た時、衝撃的で~・・・ここまで凄い脚本は見た事がなくて~それは私にとってですが。。。(目が肥えてないもので)

まぁ、元々ちょっと無理がある設定なので~「愛の為に世界を変え~君を救う」というのが、こじつけではあるんですが~それがないと話が出来上がらないので、よしと、しときました。(笑)

お父さまの方は、本当に精神を病んでしまったのかもしれない・・とも思いました。

私はこれでアシュトン君贔屓になったのですが~由香さんはダメなんですね~。。。ざんねん・・・
まぁどちらにしてもデミがいるしね~仲いいんだよね。羨ましい・・・(笑)

そうそう~この映画、子役からオトナへの移行が、ホントに違和感なくて~みんな似てて驚きました。
(アシュトン君も、女の子も似てたし、他の子も結構似てたと思うの)








TBありがとうございます! (Yuhi)
2007-09-06 22:52:27
こんばんは!TBありがとうございました。

私も、エヴァンのケイリーへの想いは、YUKA様の書いていらっしゃるのと同じで、死へ追いやってしまった自責の念という感じがしました。
この辺りが、恋愛物としてみるなら、ちょっと勿体無かったなーという気がしますね。

でもすごく面白かった作品なので、もう一度じっくり観て、あれこれ考えてみたい作品です。

(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・ (miyu)
2007-09-07 01:22:49
どうもやっぱりトラバ上手くいかないみたいです~(^-^;
コレ結構面白かったですよね。
おっしゃるようにこのアシュトン君は良かったなぁ~。
コミカルな彼もマッチョな彼もいいですけどね(´∀`*)ウフフ
後悔 (Any)
2007-09-07 09:33:40
由香さん、おはよ~
『時をかける祭』楽しませてもらってます♪
テーマを決めての鑑賞なんて、サスガだわ~

これ...映画館で見逃しちゃって、とても悔やまれた作品です。
ゴッチャゴチャになりそうな話をうまく纏めてましたね~
アシュトンも守護神より魅力的だったし、子役君も可愛かったですね。
>1度観てしまったら、もう1度観たくなる作品だとは思う
↑同感、同感!!
latifaさんへ^-^* (由香)
2007-09-07 13:44:20
こんにちは!
・・・・・ええっ~~?!2があるんですか?!
全然知らなかった。イマイチなのかな?2番煎じって感じかしら?

私はこの映画は、「もっとも悲しいハッピーエンド」っていう先入観で観てしまったんです。
で・・・エヴァンとケイトの関係にふと疑問を持っちゃったのでしたぁ~
何の先入観もなく観れば、「この2人どうなっちゃうの~?!」と、例によってウルウルしていたかもしれないわ(笑)
2人の関係はともかく、なかなか面白い映画でした。
上手くいくまで何度もやり直すなんてズルかもしれませんが、そんな事はパア~と忘れて、この世界にのめり込んじゃった♪
また観たいなぁ~^^・アシュトンの顔はイマイチ苦手ですが(笑)
JTさんへ^-^* (由香)
2007-09-07 13:49:58
こんにちは!
TB&コメントありがとうございました。
『恋はデジャ・ブ』は聞いた事がありますが未見です。
面白そうですね^^・

やり直したい事って沢山ありますね~
『あの時ああすれば良かった』だらけの人生だわ(笑)

エヴァンは過去をそれほど大きく変えたわけでもないのに、将来に及ぼす影響は甚大でしたね~大袈裟くらいでしたが面白かったです。
最後はあれで良かったのでしょうね。
お互いに別々の道を歩むのが1番幸せだったのでしょう。

 (ともや)
2007-09-07 18:26:16
こんばんは、由香さん♪
「バタフライ・エフェクト2」は10月16日公開ですね~。
アシュトンは出てこないようですが…。
(物語のつながりは無い別物?)

この映画を観たときは衝撃でしたよ。
だってお馬鹿映画に出てるアシュトンしか知らなかったので、こんなに真面目な演技ができるんだ~って(←えっ、失礼?)。
これは大好きな映画です (くまんちゅう)
2007-09-07 20:38:05
2005年のマイベスト作品です。
上手く鏤められた伏線が全部機能していて、ちゃんと回収されていたり、世界が変わるたびに違う演技を見せてくれた4人に拍手でした。
エンディングも劇場公開版が良いと思いました。
マリーさんへ^-^* (由香)
2007-09-07 22:45:59
こんばんは!
マリーさんの大好きな映画なんですね~
すごく練られた脚本で、私も観ていてハラハラしました。
『愛の為に君を救う―』っていうのもロマンチックですが、何度も過去に戻って、自分自身が追い詰められ、まるで精神を病んでいくようなエヴァンに見応えがありました~
自分が5体満足でなかった時のあの衝撃!!
随分残酷な展開でしたね~
多分お父様も同じような経験をして入院するようになったのでしょう。
お父様の死が、エヴァンとの会話によるものだったので、戻ってやり直して欲しいなぁ~って思ちゃったな~

アシュトンは苦手ですぅ~あの顔がダメなの・・・
何でかしら?

子役ちゃんは上手かったし、大人への移行もスムーズでしたね。よく似た子を選んだものですね♪
yuhiさんへ^-^* (由香)
2007-09-07 23:18:28
こんばんは!
yuhiさんも同じように感じられたのですね^^・
エヴァンがケイトへの愛のために・・・という方が、もっとロマンチックで切ない展開になったでしょうね。
とても面白かったのですが、エヴァンが自分の都合で過去を変えてしまったようにも見えて・・・その変は勿体無いと思いました。
でも、是非再見したいような映画です♪
miyuさんへ^-^* (由香)
2007-09-07 23:22:55
こんばんは!
やっぱりTBがうまくいきませんか?
どうしたんでしょうね。まぁ~いつか復活出来るでしょうけど^^・

アシュトンは好演していましたね~
好みじゃーーーないんだけど、ここでの彼は良かったです。
お話も面白かったですよね~
こういう系統の話って結構惹かれちゃいます♪
Anyさんへ^-^* (由香)
2007-09-08 07:57:36
こんにちは!
エヘへ・・・何となくレンタル屋さんでDVDを探していたら・・・『時かけ~』っぽいものばかりになっちゃいました~^^・

この映画は脚本が上手かったですね~
子ども時代にエヴァンを襲った記憶障害が、あんな形になるなんて!!よく考えてるなぁ~と思いました。
何度もエヴァンが戻って、そのたび毎に『何でやねん?!』って感じに演出されているのにもハラハラしました。

私もアシュトンは『守護神』よりもこちらがカッコイイと思ったわ。
でもね・・・彼はイマイチ苦手な部類のルックスなのよ~(汗)

もう一度観たくなっちゃう映画だよね~
で・・・色々考えたり感心させられたりするの(笑)
そういう映画って好きで~す♪
ともやさんへ^-^* (由香)
2007-09-08 08:02:47
こんにちは!
2は10月16日?!近いじゃーないですか!
全然知りませんでした(情報に疎い・汗)
もしかして地味な映画なのかなぁ~
こちらでは上映されないかも・・・・・

アシュトンの映画は『守護神』と『ゲス・フー』しか観ていないなぁ~好みじゃないのであまり観てなかったりして(笑)
エヴァン役は上手かったしハマってましたね。
カッコ良く見えました~(笑)
くまんちゅうさんへ^-^* (由香)
2007-09-08 08:08:29
こんにちは!
くまんちゅうさんの『バタフライ~』にお邪魔させて頂いたのですがTBが出来なかったので、『デス・プルーフ~』の方にさせて頂きました~^^・

2005年のマイベスト作品ですか!
よく練られた面白い脚本でしたものねぇ~
あの子ども時代のエピソードを、ああいう風に繋げるなんて!唸ってしまいました。
役者さんの演技も良かったですね。
特にエミリーの変貌ぶりは凄かったです。
こちらにも (ななな)
2007-09-08 21:38:13
この映画とっても好きです
練りに練られて良くできているし、ドキドキしちゃったり悲しくなったり。
たまにどうしても観たくなっちゃうくらい♪
アシュトンも珍しく??カッコよくはないけどステキに見えたりもするし

あっ、由香さんいっつも古い記事にもTB&コメくれてありがとうです
でも私のほうが前は自分のブログでお返しコメをしてなかったから、今でもなんとなく昔の記事にはお返ししてないんです。
ごめんなさいー。
でもでも絶対目は通しているので、これからもバンバン入れてあげてください♪
なななさんへ^-^* (由香)
2007-09-09 09:22:05
なななちゃんはこの映画がお好きなのね~♪
よく考えられた脚本だよね。
最初は意味のないように思えた事がちゃんと繋がっていて・・・
「ああ~そういう事か・・・で、どうなる?どうなる?」ってハラハラしちゃいました。
アシュトンも素敵に見えたよね(笑)

まぁ~そうだったんですか!
ゴメンナサイね~何だか気を使わせちゃって・・・
今後も以前の記事にもお邪魔しますのでヨロシクね♪
初恋の人 (にゃむばなな)
2007-09-09 12:01:47
男性にとって初恋に人とは永遠に大切に想っておきたい存在なんですよ。
いくら新しい恋に出会おうが初恋こそ純粋な愛みたいなところがあるんですよ。

だからこそエヴァンがケイリーをどうしても守りたいという気持ちは私は理解できましたよ。
落ち着きなさい (せつら)
2007-09-09 19:55:35
こちらもおじゃまします。

面白かったんだけど主人公には落ち着けといいたかったよ
考えなしにとりあえず飛んじゃえでいって行き当たりばったりで
行動するから
全然収拾がつかない、最初の時点でもっと考えて行動してればかなり違う
と思うがね~
でも各人格を演じ分けた俳優さんたちは素晴らしかったですね
にゃむばななさんへ^-^* (由香)
2007-09-09 20:40:02
こんばんは!
TB&コメントありがとうございました。
まぁ~やっぱり女性よりも男性の方がロマンチックなのかもしれないですね~
初恋の人に思い入れがあるなんて・・・
私は現実的なのか、愛のためというよりも、思いもよらぬ方向へいってしまう現在に追い込まれているように思えました(汗)
いづれにしろ面白い脚本でしたね^^・
せつらさんへ^-^* (由香)
2007-09-10 08:17:01
こんにちはー^^・
こちらにもTB&コメントありがとうございました♪

エヴァンは確かに落ち着きはなかったですね~
まぁ~そういうところもこの映画の魅力なんでしょう。
それに綿密な計画を立てたとしても、やはり未来への影響は推し量ることは出来なかったんじゃーないかなぁ~

役者さんたちは好演していましたね~素晴らしかったです。
Unknown (ぴぃち)
2007-09-10 23:53:41
由香さん、こんばんは♪
コメント&TBありがとうございました

本当によく練られた脚本ですよね~。
次に何が起こるか予想ができないので、どきどきしながら観ていた記憶があります
私も切ない余韻を残すラストが好みです。
特典の別バージョンのラストにならなくて良かった・・・(笑)
ぴぃちさんへ^-^* (由香)
2007-09-11 08:12:24
こんにちは!
よく練られていましたよね~
「ああ~子ども時代のアレはこういう事ねぇ~!!」と感心しながら観ました。
それに次々に予測不能な展開になって・・・面白かったです♪
ラストも良かったですね。
別バージョンだと、ちょっと興醒めですものね(笑)
こちらにも・・・ (ミチ)
2007-09-11 22:59:36
なんの予備知識もなく見たので本当にどういう着地点になるのかバクバクしながら見てました。
DVDの別バージョンのラストも見ましたけど、やはり本編のが一番いいですよね。
っていうか、いつも思うんですけど、なんで別バージョンを撮るのかなぁ?
お遊びで撮ってるのか、サービスで撮っているのか分かりませんが、潔くないように思えます。
この映画の中のアシュトン君と「守護神」のアシュトン君が同一人物には見えなかったです(汗)
あ、そうそう、この映画の女優さんって「アドレナリン」の人ですよね?
ミチさんへ^-^* (由香)
2007-09-12 08:51:40
こんにちは!
そうそう、『アドレナリン』の方ですね~
あちらではおバカな女性を演じていましたが、ケイリー役は、何種類も演じ分けていて見事でしたね~

別バージョンは、イマイチ意味が無かった気がします。
もっと驚愕な展開を収録しているのかと思ったら、意外に地味でした。
あれだったら収録しなかった方が良かったかも・・・

守護神のときよりもエヴァン役のアシュトンの方が素敵に見えました。まぁ~好みではありませんが(笑)
TBありがとうございました。 (ひめ)
2008-07-02 23:55:10
こちらにもTBとコメントありがとうございました~。
こういう作品って、見ながら
「え、でも、あそこは・・・」
って矛盾が気になってしょうがないって時があるけど
これはそういうのをほとんど感じませんでした。
うまく作ってありましたよね~。

2の方は私もすごく気になるんですが
評判もイマイチなようで見る勇気がありません(笑)
ひめさんへ^-^* (由香)
2008-07-03 12:42:42
こんにちは!
そうでしたね~ほとんど矛盾を感じないドラマでした。
すごく考えてあった脚本で見応えがあったなぁ~

それに・・・アシュトンが素敵に見えました♪
実は彼のお顔が作りものっぽくて苦手なのですが(汗)、、、この映画では魅力的だったわ~

2の評判はイマイチなようですね。
私も気になりながらも、まだ未見です(笑)
お邪魔します (マーク・レスター)
2009-04-11 11:57:43
レビューを興味深く拝見致しました。

“「エヴァンが愛のためにケイリーを救う」というシュチュエーションが、とってつけたように思えた”

について同感です。
プロットは素晴らしいのですが、ディティールの詰めが甘いと思ってしまいました。

ボクも今作についてのレビューを書いておりますのでトラックバックをさせて下さい。お願い致します。
マーク・レスターさんへ^-^* (由香)
2009-04-11 18:34:02
こんにちは~♪
TB&コメントありがとうございました!
ご訪問下さり嬉しいです。今後とも宜しくお願いします。

これは、かなり引きつけられる映画でした~
でも、もう一歩って感じが残りました。
『プロットは素晴らしいのですが、ディティールの詰めが甘いと思ってしまいました』
マーク・レスターさんもそうお感じになりましたか。でも、役者さんの演技も良かったし、とっても斬新ではありましたよね!

そうそう (くう)
2009-12-17 01:01:40
>この子可愛い~

エヴァンの子役、可愛かった~♪

いや、ストーリーもすごく引き込まれました~。

私が借りたDVDは別バージョンは入ってなかったの。
そちの結末も気になってます~。。。
色々な結末が作れそうな映画でしたね。
くうさんへ^-^* (由香)
2009-12-17 22:54:41
こんばんは~♪
コメントどうもありがとうございました^^

子役の男の子が可愛かったですね!

この映画はなかなか面白い作りでしたね。かなり引き込まれました。

ラストの別バージョンがあったんですよね~
個人的には映画のラストの方が良かった記憶があります。・・・・・忘れちゃった気もするけど(汗)


post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

36 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
バタフライ・エフェクト (mama)
2003年:アメリカ 監督:エリック・ブレス、J・マッキー・グラバー 出演:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、エリック・ストルツ、ウィリアム・リー・スコット 子どもの頃から記憶喪失を患うエヴァンは、精神科医の勧めで治療の一環として日記をつけて...
バタフライ・エフェクト (そーれりぽーと)
“マトリックス以来のオリジナリティー”なんて言われると気になる…。 こんな本格的にタイム・パラドックスを扱った映画も珍しいかなぁと、楽しみにしていた「バタフライ・エフェクト」を観てきました。 ★★★★★ 思っていたのとは違いすぎた…良い意味で。 観る前か...
バタフライ・エフェクト/アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット (カノンな日々)
記憶モノというよりはタイムパラドックスものって感じなんですね。主人公は日記をトリガーにして失われた記憶の中にある「あの時」に戻って、愛する幼なじみの人生を救うため過去を変えようとする。しかし、歴史はそう易々と思い通りに変わらない。愛する人のために時空を...
バタフライ・エフェクト (Big Screen)
バタフライ・エフェクト【The Butterfly Effect】 どんなに前向きな人でも、一度ぐらいは人生をやり直してみたい! なんて思うことがあるのではないでしょうか。 かくゆう私は一度や二度では済まないのですが(笑) と、いうわけで バタフライ・エフェクト を見...
バタフライ・エフェクト 面白かった☆ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
上映中の「バタフライ・エフェクト」、私がこれを見たのは去年飛行機の中ででした。聞いたこともないタイトルだし、つまんなそうなんて思って、でも他に見たい映画がなかったのと、アシュトンカッチャーといえば、あのデ
バタフライ・エフェクト (Yuhiの読書日記+α)
アシュトン・カッチャー主演の映画で、サスペンス物。 記憶喪失ものだと聞いていたので、「メメント」のような話なのかな?と思ってましたが、全然違ってました。 私的には「メメント」より、こっちの方が面白かったかなー。 サスペンス物の中では、久々のヒットでした{/k...
★「バタフライ・エフェクト」 (ひらりん的映画ブログ)
今週公開の「ミリオンダラー・ベイビー」か「オペレッタ狸御殿」を観ようと思ったけど・・・ 時間があわず・・・これを観る事に。 予告見てて、「いずれ観よう」と思ってたので・・・ 2004年度製作のサスペンス・ドラマ、114分もの。 あらすじ 父親から遺伝?で、...
バタフライ・エフェクト (BLACK&WHITE)
【THE BUTTERFLY EFFECT】2004年/アメリカ 監督:エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー   出演:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート なんとも切ない話じゃないですか...
バタフライ・エフェクト (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★   日記でタイムスリップ
バタフライ・エフェクト 今年の213本目 (猫姫じゃ)
バタフライ・エフェクト カオス理論。 マンデルブロなんて、懐かしい。フラクタルね。昔、PCに、計算させなかった??でもアレは、RANDOMだから、PCで作り出せば、カオスじゃないのかな?? カオス理論で、あたしが思い出す映画は、ジュラシック・パーク&nbs...
バタフライ・エフェクト (しーの映画たわごと)
これはゴメンナサイですね。楽しめたかどうかで言うと、最悪の部類です。全然、楽しくなかった。理由は、難しかった(難しく考えすぎた)のと、感情移入度がゼロだったことかな。
バタフライ・エフェクト☆きみを救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。それは、神にも許されない行為。 (☆お気楽♪電影生活☆)
WOWOWで観ました♪
バタフライ・エフェクト (ネタバレ映画館)
 この映画の記事を書くことによって世界が激変することとなったら・・・とりあえず記憶力をつけるためにブログに書いておこうっと・・・
バタフライ・エフェクト (UkiUkiれいんぼーデイ)
え~っと、面白くなかったっす!(ノ◇`*)ゞ 評判良いみたいですけど、これは個人の感じ方なので判定は覆りません(# ̄ー ̄#) “カオス理論”だかなんだか知りませんがIQ低い私には、 ずーーーっと“夢オチ”が続いてるようで、もううんざりでした(´Д`υ...
バタフライエフェクト / Butterfly Effect (我想一個人映画美的女人blog)
5月に劇場で観て以来、10月末の今現在、この 「バタフライエフェクト」を超えるのはまだ現れていないほど、 今年公開作品の中でmigイチオシ&お気に入りの1本{/heart/} 大好きなアシュトンカッチャー主演ということを差し引いても高得点★ エンディングが違う[ディレ...
バタフライ・エフェクト (映画を観たよ)
「バタフライ・エフェクト」とは"一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が起きる"というカオス理論。 わかるようでよくわかんない!! ちっちゃいことがでっかいことになるのよってことかな? やっばい!!すっごい面白かった!!見入ってしまいましたね。 ドキド...
バタフライ・エフェクト (The Butterfly Effect) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 エリック・ブレス&J・マッキー・グルーバー 主演 アシュトン・カッチャー 2004年 アメリカ映画 114分 SF 採点★★ 人間が授かった最も尊い贈り物は、“忘れる”能力である。 改竄したい記憶は山ほどあるものの、この能力のおかげで私もなんとかやっていけてます...
バタフライ・エフェクト (めでぃあみっくす)
「一匹の蝶が羽ばたいた結果、地球の裏側で竜巻が発生する」という、初期の小さな差異が将来的には予測不可能なくらい大きな違いを生むというカオス理論を効果的に用いた異色作『バタフライ・エフェクト』。もうすぐ公開の『守護神』にも出演しているアシュトン・カッチャ...
『バタフライ・エフェクト』 (La.La.La)
 制作年:2003年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:114分  原作:  配給:ジェネオン・エンターテイメント  監督:エリック・ブレス  主演:アシュトン・カッチャー     エイミー・スマート     エリック・ストルツ ...
バタフライ・エフェクト ~ 自分が周囲や世界に与える影響 ~ (Prototypeシネマレビュー)
関連サイト ≫2003年/アメリカ/サスペンス監督:エリック・ブレス&マッキー・J・グラバー出演:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート ほか(C)MMIV ALL RIGHTS RESERVED. ~ 自分が周囲や世界に与える影響 ~ この作品のタイトル「バタフライ・エフェクト...
バタフライ・エフェクト (八ちゃんの日常空間)
切ないけど、面白い。よく出来たストーリーだと思う。 何も考えないで観ると、ちょっと意味不明かもしれないが、主人公が特注能力を生かして好きな人を救い、上手くいきたいと思っても、そうはいかないジレンマを観ている人に与える。 忘れされれることなく、後々まで「...
バタフライ・エフェクト / The Butterfly Effect (Sapphire)
2003 / アメリカ 監督:エリック・ブレス & J.マッキー・グラバー CAST:アシュトン・カッチャー / エイミー・スマート / エリック・ストルツ / ウィリアム・リー・スコット  幼い頃から度々記憶を失っていたエヴァンは、治療のため日記をつけ始める。13歳の頃、エ....
映画「バタフライ・エフェクト」 (ミチの雑記帳)
映画「バタフライ・エフェクト」 ★★★★ 今日は映画のレディースデイ。 映画館のチケット売り場の列に並びながら急遽見るものを変更して、これにしたんだけど、大当たり~! 結論から言うとすごく面白かった! 冒頭、題名の「バタフライ・エフェクト」(バタフライ効...
■ バタフライ・エフェクト (2005) (MoonDreamWorks)
監督・脚本 : デヴィッド・エリス/J・マッキー・グルーバー主演    : アシュトン・カッチャー / エイミー・スマート/公式HP:http://www.butterflyeffect.jp/ 最近、サスペンス・スリラーの劇場集客率&人気が高いようです。 「シークレット・ウィンドウ」 ...
バタフライ・エフェクト (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『きみを救うため、ぼくは何度でも過去に戻る。 それは、神にも許されない行為。』  コチラの「バタフライ・エフェクト」もKaz.さんのご紹介で観ましたぁ~♪  この映画のタイトルにもなっている"バタフライ・エフェクト(効果)"とは、「ある場所で蝶が羽ばたく...
アシュトン・カッチャー Ashton Kutcher 俳優特選 (CinemaNotes)
Date of birth (location),7 February 1978,Cedar Rapids, Iowa, USALakeview Terrace (2008) Open Season (2006) (voice) 守護神 The Guardian (2006) ボビー Bobby (2006) "That '70s Show" TV Series "Robot Chicken" TV-Series A Lot Like Love (2005) ...
エイミー・スマート Amy Smart 女優特選 (CinemaNotes)
Date of birth (location),26 March 1976,Topanga Canyon, California, USALife in Flight (2007) "Smith" TV-Series アドレナリン Crank (2006) Peaceful Warrior (2006) Just Friends (2006) The Best Man (2006) 夢見るシラノ・ド・ベルジュラック Bigger Th...
メローラ・ウォルターズ Melora Walters 女優特選 (CinemaNotes)
Date of birth (location),21 October 1968,Riyadh, Saudi ArabiaHurt (2008) Harrison Montgomery (2007) Brothers Three: An American Gothic (2007) "Big Love" TV-Series bgFATldy (2006) CSI:科学捜査班 "CSI: Crime Scene Investigation" TV-Series "Thr...
ウィリアム・リー・スコット William Lee Scott 俳優特選 (CinemaNotes)
Date of birth (location),6 July 1973,Hudson, New York, USAFarmhouse (2008) The Go-Getter (2007) Beautiful Dreamer (2006) Twenty Questions (2006) (TV) The Novice (2004) The Winning Season (2004) (TV) Killer Diller (2004) バタフライ・エフェ...
バタフライ・エフェクト (さくらの映画スイッチ)
ディレクターズカット版の内部整合性が一番高いと思う。でも、公開されたエンディングで十分に面白かった。
バタフライ・エフェクト:映画 (映画レビューブログ:ムービーラボ)
今回紹介する映画は、タイムスリップ系サスペンスの秀作「バタフライ・エフェクト」です。 バタフライ・エフェクト:ストーリー 少年時代、エヴァンは記憶を喪失する“ブラックアウト”を起こすことがしばしばあった。そこで、精神科の医師の勧めに従い日記をつける...
バタフライ・エフェクト (ひめの映画おぼえがき)
バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション 監督:エリック・ブレス 出演:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム...
完成! 「バタフライ・エフェクト」 (ポータブルDVDによる 車内鑑賞レビュー)
     惜しい、  実に 惜しい 。      これが今作を鑑賞し終えたボクの率直な感想でした。 ■ 「 ...
【バタフライ・エフェクト】一匹の蝶のはばたきが未来を変える (映画@見取り八段)
バタフライ・エフェクト~THE BUTTERFLY EFFECT~ 監督: エリック・ブレス&マッキー・J・グラバー    出演: アシュトン・カッチャー、キャ...
バタフライ・エフェクト (Blossom)
バタフライ・エフェクト THE BUTTERFLY EFFECT 監督 エリック・ブレス 出演 アシュトン・カッチャー エイミー・スマート     ウィリアム...
バタフライ・エフェクト (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:バタフライ・エフェクト 制作:2004年・アメリカ 監督:エリック・ブレス、J・マッキー・グルーバー 出演:アシュトン・カッチャー、エイミー・スマート、ウィリアム・リー・スコット、エルデン・ヘンソン、メローラ・ウォルターズ あらすじ: 幼...