たいぴろのきままDiary

四兄弟と家事と仕事と趣味と...たいぴろ家は今日もてんやわんやです。

野菜庫減らし

2017-07-11 10:40:07 | ノンカテゴリ
母の家庭菜園で毎日採れるミニトマト、ナス、キュウリで冷蔵庫の野菜庫が占領され、なおかつ買ってきたキャベツや義姉さんがくれたアスパラや叔母さんがくれた大きいトマト、インゲン豆などもあり、野菜入れ過ぎで冷えなくなっていきそう。

毎日キュウリやトマトは食卓に出すので、息子達は食傷気味で食べなくなってきました。それでも料理して食べなきゃ無くならないし。贅沢な悩みですよね。

母がプランターで育てているナス、正直言ってイマイチです(苦笑)。水やりが少ないのか土が悪いのか毎年硬いんです。焼きなすをやってもトロッとしないし。それでも揚げ浸しにすれば柔らかくなるので、今日も朝から9本使って、夕飯用に冷蔵庫で冷やして さっぱり浸しを作りました。唐辛子を効かせてピリッと。 今日は岡崎で現場仕事の男衆がバテて帰ってきてもさっぱり食べられるかな?

ちなみに次男はナスが大嫌い。どんな風に調理しても奴だけは絶対に食べません・・。

先日懸賞で当たったぬか床にもナスが漬けてあります。


男衆は暑い中外仕事ですが、私はクーラーの効いた店内で施餓鬼の竹を割っています。
施餓鬼(せがき)はお盆近くにある、飢えた餓鬼や無縁仏を供養する行事で、宗派によってやらない所もありますが、禅宗や臨済宗のお寺は大きく法要をやるようで、毎年参拝者にくばるお札の竹を注文してくれます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懸賞当たり | トップ | 西尾祗園祭 »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
豊作ですね (サンキュー)
2017-07-11 17:02:32
我が家のナスやっと1個実が付きました
これだけ有ると食べるのに四苦八苦して
美味しく頂きたいですね
我が家はキュウリとトマトが少しづつ貯まりつつ。
ナスいっぱいね (ルパン)
2017-07-11 17:52:03
ナスも毎日、食べてると飽きますね、
でも、減らさないといけないし・・
ナスは揚げるのが一番って聞いたことが
冷蔵庫が一杯 (定年(諦念)おじさん)
2017-07-11 18:58:36
新鮮野菜が冷蔵庫一杯とは羨ましいですね。ナスを冷蔵庫で冷やして さっぱり浸しにするんですか。美味しそうですねえ。これなら次男君も食べるでしょう。
硬いナス (風)
2017-07-11 23:12:27
わかります~ 硬いナス
何ででしょうね、雨が降らないのが原因かなあ~
みずみずしいナスなら 一夜漬けが最高ですね。

竹が綺麗に割れてますね、何か道具があるのですか?
こんばんは (たいぴろ)
2017-07-11 23:19:34
サンキューさん こんばんは
採れ出すとどんどん収穫できますよ。サンキューさんのナスもそのうちだんだんたまりますね。
キュウリはそろそろ終盤です。

ルパンさん こんばんは
そうそう、ナスは油どおしすると柔らかくなります。この煮びたしも一度油通してあります。
ナス天は母の大好物ですけど、それほど頻繁にはやりませんね。
こんばんは (たいぴろ)
2017-07-11 23:23:53
諦念さん こんばんは
贅沢な悩みですよね。キュウリなんて使い切れずに冷蔵庫の中でしなびています。
あはは、次男はナスであれば、どんな料理でも完全拒否です。

風さん こんばんは
なんだか毎年硬いのですよ。プランターよりは地植えの方が良いとは思うのですけど、場所が狭いのでそうも出来ず。水が少ないのも原因の気がします。
竹は全部ナタで割るのですよ。このくらいの短いものなら私でもまずまずの物が作れるようになりました。
たいぴろさんへ (温泉ドラえもん)
2017-07-12 15:45:22
 毎朝、畑でナスを8~10本とって来ます。
 私はナスが大好きなので、どのような料理でも文句はありませんが、妻は色々料理に変化をもたせるのに苦労しているようです。
こんばんは (たいぴろ)
2017-07-12 23:17:25
温泉ドラえもんさん こんばんは
我が家もそのくらいは採れますね。私もナス料理のレパートリーが少ないです。今日は焼ナスをやりましたけど、食べたのは父母と私だけでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。