鯛の尻尾を奪い取れ

OCNブログから引越してきました、マンホールの蓋ばかりですがよろしく
のんびりやっています

【君の名は。舞台探訪】門入橋を探そう2

2016-10-14 19:40:29 | まち歩き

 (前回のあらすじ)まったく見当違いのローゼ橋を回っていたたいのしっぽは今日も迷走している。

藤の木橋(喬木村) 一番門入橋に近いとされているのがこの藤の木橋、左側のカーブミラーといい左奥の石垣といい雰囲気はそれっぽい。
 ただ残念なことに細部を見ると柱(束柱)の数がやたらに多い、手摺があるなどの相違点があるのだな。
富島橋(蓑輪町)
 さてこちらの富島橋、田圃の多い平野部にある橋だけあって雰囲気はありませんが橋の構造としてはとてもよく似ている、アーチ橋台の間に柱(束柱)が一本だけの所とか、赤いパイプが二本親柱まで通っている所とか、
 門入橋 = 藤の木橋 + 富島橋 でいいのかな?
箕輪橋(箕輪町)
 ここから先は明らかに違うローゼ橋ですのでスルーしてもらってもかまいません。
 ただこの箕輪橋も束柱や赤パイプのあたりが例の橋に似ているのが気になります、三連アーチというところで問題外ですが、
明神橋(南箕輪村)
 これも三連アーチ、アーチ端の形状が異なっている事にそろそろ気付いてもらえましたか?
上島橋(飯田市)
 この橋も、まあなんというか可愛い橋ですね、この橋を肴に酒が飲めるな、
和知川橋(天龍村)
 いやもうこれは山奥過ぎて論外な和知川橋、車のすれ違いも困難な隘路の先にある「かわいそうなはし」、隘路を避けて山越えしようとすると更なる困難に出会えます、まったくお勧めできませんここに行くのは。
 橋自体は悪くないのですけどね。
松木平橋(駒ヶ根市)
 なんで駒ヶ根にまであるんだローゼ橋、まあ雰囲気のいい所ではある事は否めない。というか蓋探索をしていた時から薄々と感じてはいたが、やっぱり駒ヶ根市は広大だわ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聖地巡礼「君の名は。」 | トップ | 池上本門寺のお会式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。