うさぎの日記

毎日とはいかないけど・・・ぼちぼちと。

K2プロジェクト

2011-07-26 | Weblog
南洋神楽プロジェクト打ち合わせを、我が家にて。
南洋神楽プロジェクトは、15年くらい前にバリ島の留学から帰った小谷野と和田が、
日本人として、学んだことをどう活かしていくか????
ということを考えて始めたポタラカが母体。
そのポタラカに、当時まだ亜細亜大学の学生だった、
川村、濱元、山岸(ガムラン研究会のメンバー)などが「
手伝ってみたらどうだろうか?」という誘いのもと、
何をやる??ということも良く解らないまま、
あれやろう、これやろう、演奏もするけど、
出演もして貰うし,影絵もやるし、ムーブメントもやる。
道具も、出来るものは自分たちで作ろうね。
やるからには、ちゃんとね・・・と怒られたり、ほめられたりしつつ、
今日まできたプロジェクトであります(^o^)
そのうち、彼らは大学を卒業し、自分たちの生きていく道を摸索しつつ、確立しつつ
とうとう結婚!!というような歳になりました。
ああ・・・・・・あっという間に月日は流れます。

この日は、この核のメンバーと今年度のK2プロジェクトと1月の南洋神楽プロジェクト2011 「黒白(こくびゃく)」のうち合わせ。

K2プロジェクト?
聞き慣れない言葉ではないかと思いますが、昨年より、始動。
影絵&語りのプロジェクトで、K2(ベタです!)
南洋神楽プロジェクト、変形です。弟みたいなものでしょうか(^o^)
今年の公演は、10月の13日(木)と14日(金)。
場所は、浅草の浅草寺二天門前にあります、アミューズミュージアムです。
演目は、「高野聖」(泉鏡花)に決定いたしました。

詳細は、追ってご案内いたします。
高野聖は、何年か前、坂東玉三郎さんの作品を拝見いたしまして、
坂東玉三郎さんが、美しく、そして、夢かうつつかというような世界を表現していました。

K2プロジェクトが表現するとどのようになるのか?楽しみです。

南洋神楽プロジェクト2011 「黒白(こくびゃく)」は2012年1月12日(木)~15日(日)
場所は、中野テアトルBONBONです。

是非、手帳にチェックしておいてくださいませ。

打ち合わせは2時間ほど。
その後は、久々にみんなで晩ご飯。イカンペペスや、カオ・ガパオ、
最近こっている、梅干し味の煮物(お豆腐、ちくわぶ、大根、ほうれん草,にんじん)
,サラダを大量に作りました。
若者は、食べます、もりもり食べます。
これが嬉しくて、作っちゃうんだなぁ。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ツール・ド・フランス

2011-07-25 | Weblog
昨日、無事21日間、3430.5kmの全行程を終えて、
今年のツール・ド・フランスが終わりました。
今年は、結構時間があったので、毎日テレビにかじりつきました。

優勝は、34歳のカデル・エヴァンス(BMC・レーシングチーム)。
初めて、オーストラリアにマイヨ・ジョーヌ(勝利の黄色いジャージ)を持ち帰るのです。
長い年月を経て、優勝を手にしたエヴァンスの最後の涙はとても素晴らしいものでした。

最終日である昨日は、3430.5kmの果ての、95kmと短い「凱旋」ステージ。
今年は、悪天候やまた、重なる落車、そして難関続きの山岳連戦にも負けず3週間走りきったのは167名の強者。
シャンパンを飲んだり、写真撮影をしたり、しながらシャンゼリゼを目指します。
これが何とも素敵です。

写真は、中央のエヴァンスを2位と3位のアンディとフランクのシュレック兄弟が挟んで。
肩を組んで、写真撮影をさせたり、何ともほのぼのとした光景。
いつか、きっとフランスで、ツールドフランスを見るぞー!!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ほっ!!

2011-07-24 | Weblog
先日の音や金時の「ウタウタ ウ」ライブ。
無事終了。
お出で頂きました皆様、本当に、ありがとうございました。

声は、何とか、通常に近い形ででました(^o^)
多少コントロールがしにくくて、ハラハラしましたが、
でもわーいわーい良かった。

塩谷さんの世界が加わって、
いつもの曲に、
アイルランドの曲や、
ソンドハイムや。

長谷川さんが、ハモってくれるのですが
ずっと一人で歌ってきた私、
どれほど、素敵な瞬間か,今しみじみ感じています。

いやー、言葉で表すならば

後ろから、そっと肩を抱かれる感じですな(^o^)

是非、皆さんも体験しに来て下さい。

次のウタウタは、いつものメンバーで9月22日(木)です!!
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ああ、明日

2011-07-21 | Weblog
喉の調子は、まだいまいちなのですが、明日はライブです。

ウタウタの変形 ウタウタウ
今回は、塩谷博之氏とご一緒します。
いつもの歌、そして塩谷さんと一緒だから!の歌

聴いたことのない私の声が消えるかも!!(やけくそ)
どうぞ、お出かけください。

7月22日(金)
 音や金時  
塩谷博之(クラリネット・ソプラノサックス)
松本泰子(うた) 長谷川友二(Gui.) 和田啓(perc.)

チャージ¥2600(ドリンクなど別オーダーになります)
Pm6:30オープン Pm7:30頃1stステージ Pm9:00頃2ndステージ
杉並区西荻北2-2-14 喜志コーポB1
TEL: 03-5382-2020
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

復興書店のイベント、そして観劇、そしてビール!!

2011-07-21 | Weblog
暑い7月の日曜日。
本当に今年は暑くて、外を歩いていると焦げそうになりました。
この日の復興書店のWords&Bondsイベントは市ヶ谷にある、法政大学にて。
ボアソナード・タワー26階 スカイホール
素晴らしく眺めの良い場所でありました。

復興書店というのは作家の島田雅彦さんが店長を務めるネット書店。
震災に辺り、自分たちにできることは・・・・と始められたもので
賛同している作家さん達がご自分の本にサインなどをしてプレミアをつけて
この書店で販売。最小限の管理コストを差し引いた額を寄付するといった活動をされています。
さらにその中にWEBマガジン「Words&Bonds」(いしいしんじ編集)があります。
いしいさんが、「医者は診療する、船乗りは物資を運ぶ、では作家は?
と考えたとき「書く」ことしか思い浮かびませんでした」ということで、
復興書店で呼びかけ、賛同した人たちの作品をネット上で無料で読めるというものです。

この日のイベントは
「震災後の未来デザイン」と題してのシンポジウム
そして作家さん達のリーディング。

出演は、朝吹真理子 いしいしんじ 奥泉光 島田雅彦 高樹のぶ子 中沢けい

最近、いしいしんじさんの、著書そして、ネット上での日記を愛読しており、
ミーハーな私は、いしいさんに会いたい・・・とそれだけで。
作家さんという人たちの話を聞くことはあまりない私にとって、
非常に楽しい時間となりました。

今回の大震災。
言葉で仕事をしていた人が、「書いていいのか?」それ自体を疑問に思う人が多く出てきて、
自分自身もそういう感情があり、「誰も小説を書かなくなったらどうしよう」と思った人。

個の人間の生死と自分が向き合う必要があった。
数が多いと人間は、それをデータとして処理してしまう。
体験を経験化して、発酵して言語化しないといけないと思った人。

現代の日本は情報化社会と言われているが実は、情報が操作されている社会。
背景があって、それに会わせて情報が作られている。そのことに人々が気づくきっかけになったと思った人。

言葉がその事例の言葉としてフィットする。被災地へ行き瓦礫はこれほどまでに瓦礫なのだと思った人。

作家は、アウトサイダーであるわけで、その発言を続けなければいけないと思った人。

6にんの作家さん達のお話は、本当に興味深く、あっという間に時間は過ぎるのでありました。

その後お友達のかおりさんのお芝居「HANA}を観るために、深川江戸資料館へ。

清澄白河の駅の近くに出世天神。


お芝居は、明治から昭和にかけてヨーロッパで活躍した実在の女優「太田ひさ」の物語。
ロダンが彼女をモデルにかなりの数の作品を残していたり、
スタニスフラスキーにも影響を与えている日本人がいたなんて、びっくりです。

かおりさんの役所は、hanaが所属する旅一座の女座長。明るく、元気でぴったりな役所。


終わってからは、一緒に行ったkokeママさんとoliveさんと、kuriさんと、妄想侍君とビールで乾杯。
楽しく、充実した1日。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ううううう・・・・

2011-07-19 | Weblog
ちょっと、汗をかいて、それを冷房で冷やし・・・みたいなことを
何回か繰り返したら、のどの奥が、むずむずかゆかゆ・・・な感じなってきて
変だなぁと思っていたら、なんと今朝起きたら声が・・・・!

がらがらの、ごそごそになってしまいました。
今週は、ライブがあるのにさぁ。
どおしよう(^^;)

とりあえず、黙っていればいいものを
あまり聞いたことのない自分の声が面白くて、
つい、しゃべります。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

レモン!

2011-07-12 | Weblog
いつの間にか、なってました。
レモンの実です。
わーい、わーい。
今年は、お花がひとつしか咲かなかったので、
全く期待しておりませんでしたが、嬉しいです。
今は、親指の爪くらいの大きさです。
どのくらい大きくなってくれるかなぁ。
問題は、実が大きくなった時に耐えられるのか?・・・・というくらい細い枝(^^;)
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

7月と8月のスケジュール

2011-07-10 | Weblog
更新致しました。
気がついたら、6月までしかアップしてないじゃないですか!!
・・・・・・って毎月こんな感じであわてて更新しています。
詳しくはこちらでご覧ください。

あれも、これも、色々ありますが
どうぞよろしくお願い致します。

梅雨もあけてしまいましたし、明けたことは嬉しいような気が致しますが
この暑さがこれから続くと思いますと・・・うううう・・・・・。

毎日、すごく汗をかいています。
昔、会社勤めをしていた頃は、冷房にどっぷりだったので
汗をほとんどかかない毎日でしたが、
今は、冷房を使わない生活をずっとしているので
汗をだらだら流しています。

何度もシャワーを浴びます。

ああ、避暑に行きたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰京して・・・・考えること

2011-07-08 | Weblog
私が、日頃お手伝いをしているパレスチナ子どものキャンペーン。
名前の通り、普段は、パレスチナの子供たちのために活動するNGOであります。
すでに、25年活動を続けています。
今回のこの大災害を受け、今までパレスチナで培ってきた様々なノウハウを
東北で活かすため、そう、今は日本の子供たちのために
3月24日から岩手県の大槌町に入り活動を続けています。
(詳しい活動状況はこちら

被災された方はもちろんですが
早くから現地に入っているボランティアの方々も
本当に心を痛めています。
あるスタッフが言っていましたが、
休暇で東京に何日か戻った時
家が普通に建っていること、
車が走っていること
それを見て、涙が止まらなくなったとか。

子供たちは、ストレスもあり、ボランティアで遊んでくれる大人たちを
ぶったり、蹴ったり、そういった乱暴な行為に出る子どもも多いのだとか。
そういう子供たちを理解し、一緒に遊ぶ大学生や高校生。
だんだんに、信頼関係が生まれ、人気投票されたりして
参っちゃうよ・・・・と話すボランティアスタッフ。

東京で、政治家たちが揚げ足取りをしているあいだに、
一般のたくさんの、本当にたくさんのボランティアの人たちが
必死に、本当に一生懸命に被災者、被災地のために活動している。
被災して、家を流されたり、家族が亡くなったりした人も
町のために,同じ地域の人たちのために
懸命に働いている。

それは、本当にすがすがしく、そして日本という国が信じられる
日本人を誇りに思える事でありました。

3ヶ月以上前から現地に入っているスタッフは、
私に被災地を案内してくれながら
「随分きれいになりましたよ」と言っていました。
でも、私がみると、まだまだ言葉を失うような光景なのです。
時間とともに、必要とされる物や、お手伝いの種類も変化し
その都度、地元の人たちとも話し合い、
必要なことをやっていかなければなりません。

いろいろなことが片づいて、自衛隊も引き上げ
ボランティアも減ってきて
被災した方たちは
「忘れられてしまうのではないか」
という不安にさいなまれているようです。

まだまだ、まだまだ日本中の力が必要で、
忘れるわけには、いかないのだと、心から思います。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

2011-07-03 16:06:46

2011-07-03 | Weblog
大槌中の校庭に電通さんが建てたと言うこのテント、どど-んとでかい!
ここで10日までイベントが開催されてます。大槌中は別の場所で再開されています。
パレスチナ子どものキャンペーンは、アルバム・写真展時のほか、地元の野菜を売りながら
、全国の会員さん達が送ってくれた文具セットを配り中。
マッサージのコーナー、よろず相談のコーナー、町の魚やさん(やっと一件移動販売を始めたのだそうです!!)。
酒屋さん、写真を撮ってくれるコーナー。いろいろあり。
で、急遽せっかくだから歌ってよとのリクエストにより!!!この大きなテントの中央で歌いました。
マイクはなくひとりアカペラで。
不思議とよく響く場所で、遠くで物資を配っている方からも拍手が(^O^)
私にできる最大のことは心を込めて歌を届けること。
今回それができてよかった。
アメージンググレースから秋田大黒舞まで全5曲。
おばちゃん達が一緒に歌ってくれたり、踊ってくれたり。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加