うさぎの日記

毎日とはいかないけど・・・ぼちぼちと。

桂座音楽賞

2008-06-30 | Weblog
8月、修善寺で開催されるノスタルジックロマン修善寺 桂座コンサート
今年で9回目を迎えます。
地道に地元修善寺の実行委員の皆さん方が
積み重ねてきた、イベントです。
そして、4年前から桂座音楽賞というのを設け、
このコンテストでグランプリを受賞したグループも
このコンサートの舞台を踏む事になりました。
ご縁があって、相方K氏が審査委員長を私も審査委員をさせて頂いています。
その、本選会がありました。
今年は8組の応募が有り、
それぞれ、個性的で真っ向から音楽と向き合っていて
本当に聞き応えが有り、見ごたえが有りました。
レベルが高く、みんな素晴らしく、
審査は本当に苦労いたしました。
K氏が毎回のように言っていますが、
本来、音楽は競ったり、評価したりするものではないのではないかと思っています。
でも、ここで、出会いが生まれたり
何かの発見があったり、
悔しかったり、嬉しかったり、
そういう事が全て力にもなるのではないかと
経験上思ったりもします。

コンテストグランプリ受賞者のステージは8月5日。
昨年のグランプリの方々も登場して、
素晴らしいステージになるのではないかと思います。
私は、8月6日、K氏は6日と7日の二日間。
どうぞコンサートと温泉を楽しみに来て下さいね!!
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

デコ・フィオレンティーノ展

2008-06-26 | Weblog
4月のお船のお仕事でご一緒した
英会話のY先生からデコ・フィオレンティーノ展のご案内を頂き
行って参りました。
Y先生は、こちらも講師をなさっていて、
今回は船に乗っていたのであまり作品は作れなかったとおっしゃっていましたが
それでもたくさんの素敵な作品が飾られていました。
久しぶりにお会いして、いろいろお話をしました。
出会いは、本当に不思議で偶然なもの。
その出会いがこうしてつながっていくことの喜びを感じると共に、
こうした新しい世界に遭遇することが出来るのもうれしいことであります。

デコ・フィオレンティーノとはイタリアのフィレンツェのものという意味。
フィオレンティーノとはイタリア・トスカーナのフィレンツェに伝わる伝統的な金箔工芸なのだそうです。
ジュエリーボックスや鏡、時計、いす、テーブル、チェスト、
写真立て、様々なものを加工します。
ワインの樽を再利用していたり、
材料になりそうなものを見つけるのも楽しみなのだそうです。
特別な黒い液にて、アンティーク調に仕上げる作業なのだそうで、
きらびやかな作品とは裏腹に、制作過程では、
くさいし、手は汚れるし、まさに職人仕事なのだとか。
興味のある方はどうぞ見に行ってみてください。

*デコ・フィオレンティーノ展*
29日まで 11:00~19:00(最終日は16時まで)
銀座清月堂2階ギャラリー 中央区銀座5-9-15
03-3571-2707

(詳しくはホームページでhttp://www.deco-fiorentino.com/indexmain.htm)

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

自由学園明日館

2008-06-25 | Weblog
もうだいぶ前になりますが相方が参加しているファルハのコンサートが
自由学園明日館の講堂でありました。
ちょっと早く行って明日館を見学。
婦人之友社を創設したジャーナリスト羽仁夫妻、
自分の娘のために理想的な学校をと作られたのが自由学園。
キリスト教精神に基づき、いつの時代でも、
どのような場所においても、自ら考えて行動ができる人を育てようとする学校なのだそうです。
大正10(1921)年4月15日に開校しました。
折から帝国ホテルの設計監督のために来日していたアメリカの高名な建築家、フランク・ロイド・ライト設計のユニークで美しい校舎が東京目白の地に誕生し、
この建物は平成9(1997)年5月、国の重要文化財に指定されました。
写真が、その外観です。
池袋からも目白からも歩いていけるくらいの距離に、
こんな静かで、素敵な場所があるのでした。
現在学校はひばりヶ丘に移転。
ここは自由学園明日館として、一般公開され、
コンサートや、様々なワークショップも行われているようでした。

ここは、電気をつけず(開校当時は電気がなかったので)、
当時の雰囲気を伝える教室。
けっこう暗いのでした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ほほえましい会話

2008-06-18 | Weblog
先日、駅に向かって歩いていたときのこと。
信号待ちの時、私の横に、
男の子を自転車の後ろに乗せたお母さんがいました。
男の子は5歳くらい。幼稚園位でしょうか。
なのに、まるで大人に話しているような、
お母さんの声が聞こえてきました。
誰か大人がいるのかと思いましたが、そうではないようです。
おかぁさんは、あくまでも男の子に話しかけているようでした。
まるで一方的に聞こえました。
そのうち信号が変わって行ってしまったのですが、
また、駅の改札付近で、一緒になりました。
聞くともなしに、お母さんの声が聞こえてきます(ついよつい(^o^))
「・・・・・。でね、まぁ、言葉をしゃべることの出来る動物って人間だけじゃない?」
「・・・・違うよ、オウム!オウムはしゃべる」
オオ!キミハカシコイ・・・オカアサンハナントコタエルノダロウ?
「んーオウムはしゃべると言っても、意志を伝える訳じゃないからねぇ」
「会話で意志を伝えるのは、人間だけなのよ」
あくまでも、たんたんと。
でも、しっかりとお母さんと息子は言ったり来たりの会話をしているのです。
この子はどんな風に大きくなっていくのだろう?
何年か後に会ってみたい・・・・そんな母子でした。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとうございました

2008-06-16 | Weblog
南洋神楽プロジェクト2008「藪の中」の公演が、
6月13日と14日、中野富士見町のplanbで行われ、
好評のうちに、無事終了いたしました。
両日ともたくさんのお客様においで頂きました。
おいで頂きました皆様、ありがとうございました。
今回の公演で、新たな課題も見えてきました。
こういったことを頭に入れて、
秋に向けて、動き始めます。
南洋神楽プロジェクト2008「龍の棲むまうところ」11月20日~23日
大塚萬劇場です。
どうぞお楽しみに。
写真は、本番前の確認をしている井上氏。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

満開

2008-06-15 | Weblog
我が家の軒先に咲いている紫陽花が
今年も満開になりました。
白い紫陽花は珍しいみたいです。
通りがかった人たちが
「わー白い紫陽花、きれいねぇ」
こんな事を言いながら、立ち止まってくれます。
うれしいです!!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

モンティ2

2008-06-04 | 浅草の美味しいもの
一口にタイ料理といっても
料理人によって、その味はだいぶ変わります。
それと、住んでいたところによっても違うみたいです。
日本だって、関西と関東ではだいぶ違いますし、
となりんちとうちんちも随分違います。
当然といえば当然のこと。
以前の人と全然違う味付けのお料理ですが
それがまたうれしいです。
写真は、新メニュー。
貝好きの私にはうれしいメニューです。
つけだれが、うまい。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

モンティ

2008-06-04 | 浅草の美味しいもの
以前にもご紹介いたしましたが、
銀座線の浅草駅、改札を出て10歩くらい歩いたところにある、
タイ屋台料理、モンティ。
美味しいんです!!と紹介した後
何度となく通っておりましたが、
調理人がやめてしまい、
オーナーがタイまで調理人を探しに行っていたしばらくの間、
お店は閉まっておりました。
妥協を許さないオーナーは、時間をかけて探していたようですが、
私たちからしてみれば、もしや・・・このまま・・・・。
と思いかけていたらば、無事再開。
今度の調理人も腕は確か!美味しいです。辛いです(^o^)
浅草にいらしたら、是非お立寄りください。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

のんべぇだもんで(^^;)

2008-06-01 | Weblog
ほとんど、家から出ないで過ごした日は、
夕方、散歩に出ます。
我が家は、密集地域にありますので、
陽はあたらないし、窓もすべて曇りガラスで外は見えない。
気分転換には、お散歩が一番です。
この日も、相方と二人、夕飯の買い物もかねて散歩に出ましたが
つい匂いに誘われて・・・・・・焼き鳥を購入。。
そういたしますと、もちろん、片手にはビール。
隅田川の堤防の上にえいやっと乗っかって
まだ、明るいのに・・・小宴会です。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加