うさぎの日記

毎日とはいかないけど・・・ぼちぼちと。

ブンナ 本番

2008-03-23 | Weblog
プラザミュージカル 「ブンナよ木から降りてこい」
無事本番が終わりました。

最後の週にはいってからは毎日のお稽古で
子どもたちは学校との両立で大変だったことと思いますが、
たいした怪我も病気もなく、全員そろって本番に臨むことが出来ました。
興奮してきらきらした子どもたちの顔がとても印象的でした。

稽古期間が2ヶ月(といっても毎日出来るわけでなく)
短い期間の中で、子どもたちはとても頑張ったと思います。
私は歌の指導というより、児童館の先生のようになって
「静かに!」「走らない」「けんかしない!」「集中」
「話を聞きなさい」などなど・・・・・
叫び続けておりました。
本当は、ゆったりとした気持ちで、
子どもの好奇心を満足させ、やる気を引き出し・・・・。
とすすんでいけたら理想的でしたが(^^;)

劇場にはいってから、子どもたちの興奮度はさらに増し、
走っちゃダメ、音を立てない、通ってはダメ、さわってはダメと
注意したことをすべてやる男の子たち。
終いには台本を丸めて頭を一つパコーン!!(あら、私としたことが)
初めての舞台だものねぇ、始めてみる、装置だし、
マイク一つだって珍しいんだよねぇ・・・・今なら客観的に思えますが。

最後に寄せ書きをしてくれた色紙を頂きうるうる。
子どもたちと共に、私にもまた一つ素敵な思い出が増えました。

出演者のみんな、そして、送り迎えをしてくれたご父兄の皆様、
事業団のスタッフの皆様、
演出の伊藤先生、振付けの小粥先生、音楽の和田先生、
その他舞台に関わってくださった大勢の皆様
ありがとうございました。
またいつか、お会いできる日を楽しみにしております(^o^)
コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

鹿の湯

2008-03-21 | Weblog
先日、相方の仕事が西那須野でありました。
古屋和子さんの一人語りに、相方が音をつけます。
会場は、おそば屋さん。
お客様には、一人語りとお蕎麦を楽しんでいただくという趣向です。

その帰りに、鹿の湯へ寄ってきました。
那須湯本温泉は那須で一番古い温泉なのだそうで、
昔、傷を負った鹿がこの湯で傷を癒したところから
「鹿の湯」という名がついたのだそうです。
その名前を受け継ぐのが共同浴場の「鹿の湯」。
女湯には41~46度の5つの湯船があり、
かなり、強い硫黄の匂いがします。
みんな思い思いの温度の湯船にはいっていますが、
46度!!に入って、涼しい顔をしているのは、地元の人でしょうか。
私も41度から順に入って46度に挑戦。
あーーーーーーーっつ!



帰りにアジアンオールドバザールへ寄って、はいポーズの相方。
ここは、アジアの雑貨,衣類、食料など売っている楽しい場所です。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ご要望にお応えして!

2008-03-20 | Weblog
これが、↓頂いたカエルです。
けさくさんのご要望にお応えして、
写真です。
まるでお稽古中の子ガエルのようです。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

うれしいプレゼント

2008-03-16 | Weblog
「ブンナよ木からおりてこい」の稽古は
さいたま市にあるプラザイースト(本番はここのホール)で行われています。
ここは、浦和、もしくは東浦和の駅からバスに乗ります。
今日は、バスで上野まで出て、浦和に行くため、宇都宮線に飛び乗りました。
空いている席にすわって、一息ついて前の座席を見ると
優先席であります。おそるおそる自分の後ろの窓を見ると優先席シール。
「しまったぁ・・・・」と思いつつ、優先すべき人が来たらすぐ変わろう
そう思って座っておりました。
赤羽駅で、おばあさんが乗ってきたので、それっとばかりに席を立ち
「どうぞ」とゆずりました。
その方は、恐縮して「悪いねぇ」を連発。
「いえ、すぐおりますから」
「でもさぁ」
おりるとき、おばあさんは私に手を差し出してます。
「これ!!」
「??」
「これ、私が作った、カエル、無事に帰るのよ!」
そういって、私の手のひらに乗せてくれたのは
貝で作ったきれいなカエル。ちょうどお財布に入れておける大きさです。
ぎゅーっとうれしい思いがこみ上げてきました。
お稽古をしている「ブンナ・・・・」は殿様ガエル。
小さなカエルさん達もたくさん出てきます。
偶然なのだと思いますが、すごい偶然です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

今日のサザエ

2008-03-09 | Weblog
仕事帰りスーパーで買い物
明日の朝ご飯。がんもどき焼こうかなぁ。
大根おろしを添えて。
ニラが安い。この間一束298円だったのに今日は98円
卵が切れているから卵も買っていこう。
夕飯は一人だから、残り物と、あ!!お総菜が20%引き。
レジでお金を払い・・・・・。
かごを持って・・・・・ふんふんふん
そのまま、お店を出て歩き始めてしまったのでした。
みちをわたって・・・あ
エコバックに入れて、かごをおいてこなくちゃいけないのに
最後のその作業をすっかり忘れていたのでした。
なにかんがえてたんだろう?
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

新顔

2008-03-08 | Weblog
我が家の新顔!
南部鉄瓶君です。
いつの間にか相方が購入。
鉄瓶はやはり火鉢で・・・!ということで
ずっとガラスをおいてテーブル代わりにしていた火鉢に
今年火を入れ、鉄瓶をおいております。
・・・・とはいえ、火鉢に火を入れるのも、
鉄瓶を使うのも初めて。
ネットで調べながら四苦八苦です。
鉄瓶は使い始めが肝心なのだそうで
内部の金気止め皮膜を破損しないこと。
早く「湯あか」をつけてしまうこなのだそうです。
ほこりを軽く落としてわかしたらもう飲めると書いてありましたが
最初は金気くさくて飲めませんでした。
火鉢の炭もうまく足していかないと
お湯が沸くまでにいたりません。
火力を強くしすぎるとすぐ空気が汚れて
探知機に怒られます。
「空気が汚れています。換気をしてください」(^^;)

いつになったら美味しいお湯がぁ!!!
約、2週間たった今、美味しいお茶が飲めるようになりました(^o^)
白湯だけでも、おいしいでーす。


コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加