うさぎの日記

毎日とはいかないけど・・・ぼちぼちと。

本番

2008-02-24 | Weblog
このブログでも何度か紹介してきた
船橋市での「あなたもミュージシャン」(通称あなミュー)という企画。
とうとう、本番を迎えました。
最後の週は、ほとんど1週間毎日のお稽古。
ほとんど全員が仕事を終えてからのお稽古でしたから、
大変だったことと思います。
それでも誰も弱音を吐くことなく、集中して一つにまとまっていきました。
そして本番。朝からものすごい風が吹いていました。
私たちの乗った京成線も江戸川の橋の手前で止まってしまい!!
「風速30mを越えたのでしばらく停車します」というアナウンス。
え!止まっちゃった!心配いたしましたが、
10分ほどで動き出しました。あー良かった。
2時から、まず谷川賢作チーム。
入りきれないお客様がロビーでスクリーンで中の様子を見ているという、
ものすごい盛況です。
それぞれ、衣装を付け、お化粧をして、
だんだん緊張の顔つきに。
緊張してしまうのはしょうがないこと。
でも、あれだけ練習したんですもの。大丈夫です。
舞台の袖で、みんなで輪になり、手を重ねて、「がんばるぞ!おー!!」
みんな輝いていました。
この日のためにK氏が書き下ろした「海老川」(船橋に流れる川)
素晴らしい演奏だったと思います。
舞台そでにいながら、つい涙が。
始まってしまえば、あっという間の1時間15分。
8月からの半年間、楽しい時間を共有させていただきました。
和田チームの皆さん、お疲れ様でした。


コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

お久しぶりの

2008-02-23 | Weblog
ラビィサリのライブでした!
今年に入って初。
遠くからのお客様や、20年ぶりくらいの友人など
たくさんのお客様に来ていただき楽しい時間でした。
CDには入っているけれどほとんどライブでやっていなかった
「時のかけら」
先日のリハーサルの時にライブバージョンを考えてやろうよ。
とライブバージョンのアレンジを考えました。
久しぶりで、新鮮。
このリハーサルの時から私は常味氏にアラブ音楽の理論などを少しずつ教えてもらっているのですが、
そういったことが取り入れられるといいね・・・・と
でも、ああーーー私だけ崩壊・・・・。ちぃ。
またやらなければならないことが増えました。
そして、大曲「インタ オムリ」
この曲のアラビア語の発音を丁寧に丁寧に教えてくれたシリア人の友人H君が来てくれていたので
実は、とてもどきどきだったのです。
でも、「今日は直すところはなかったよ!」と満面の笑みのHくん。
今日は、甘すぎるけど、お世辞でもうれしい。
さて、次は5月です。
それまで、3人別々に、様々な仕事をしながら
ラビィサリのエネルギーを蓄積して
どんどん新しいラビィサリになっていきます。
どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。
(photo by hitomi)
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

寄り道ライブ

2008-02-21 | Weblog
船橋のきららホールで「ちょっと寄り道ライブ」がありました。
出演は谷川賢作氏(ピアノ)と相方であります。
このブログでも何度か紹介をしてきた「あなたもミュージシャン」という企画の
講師二人のライブなのでした。
このきららホールは、定期的にこの寄り道ライブを企画しています。
おつとめの帰りに、ちょっと寄り道をして音楽を聴いて欲しいという企画で
なんと、無料!!よ!太っ腹。
出演者も洋楽、邦楽、民族音楽とさまざま。
素晴らしいと思います。
相方と谷川氏とはもう随分前からのご縁で
「賢ちゃん」「啓ちゃん」の仲であります。
賢ちゃんは故市川監督の映画音楽をたくさんやっていて、
アカデミー賞の音楽賞を始め、たくさんの賞をとっていらっしゃる才能あふれるピアニストです。
久しぶりの競演でしたが、お互いの曲や、
谷川氏がたくさん持ってきたピアニカや他の楽器とのセッション
さらに、今回は賢ちゃん歌ってました!
賢ちゃんのお父様はあの谷川俊太郎さんです。
俊太郎さんの詩に曲をつけたものを歌ってましたね。
掛け合い漫才のような、二人のライブでした。
またどこかで一緒にやろう!
終わったあと二人で楽しそうに話してました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

谷中散歩3

2008-02-13 | Weblog
良い歳をして・・・・・と自分で書いて、がっかりする
こういう書き方はいけませんよね(^o^)
でも、何をしたかといいますと・・・・
私は、ロードレーサーというタイプの自転車に乗っておりまして、
乗るときは専用の靴を履きます。
この靴は、スキーのビンディングのように、
ペダルに、かちっとはまります。
長距離や、上り坂の時
踏み込む力だけでなく、引き上げる力も利用できる訳なのです。
そして、もちろん斜め横に力を入れると外れるのですが、
慣れないと、これがなかなか・・・難しいので
そうです!昨年の夏のブログを読んだ方はお察しかと思います。
最初は、つく足をどっちだっけ?・・と思っている間に
失速、ふえー。左にどたっ。
交差点、信号は赤・・・・なので止まりました。
みんなも止まって、ううう。。。恥ずかしくて顔が上げられず、
次は、つく足をちゃんと外してあったのに
バランスを崩して、右側へ。
「いたいー」
どう考えても、かっこわるい・・・・・・・
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

谷中散歩2

2008-02-12 | Weblog
お昼を食べた「一力」のすぐそばに
「朝倉彫塑館」があります。
もう何年も前から、一度行きたいと思っていた場所でしたので
自転車は電信柱にくくりつけたまま、寄ってみることにしました。
入館料は、400円です。
ここは、朝倉文夫が東京美術学校(現東京芸大)を卒業した年に
居を構えた場所。最初は、小さなアトリエと住居だったそうですが、
その後増築改築を繰り返し、最終的には、
自らの設計による素晴らしいアトリエを作りました。
現在そのアトリエ部分と書斎、3階の朝陽の間、屋上などが公開されています。
もちろん、そこかしこに朝倉氏の作品が置かれております。
素晴らしい建物で、素晴らしい空間で、
彫刻に限らず、こんな空間でものを作り出すことが出来るなら・・・・・。
ため息であります。
そして、書斎に1歩足を踏み入れてまた感動。
三方の壁が書棚になっていて、天井までびっしり本が並べられています。
あこがれなんです。こういう本に囲まれている部屋。
庭をぐるりと囲むように建物が建てられておりますが、
これが自然のわき水を利用して作られているのだそうです。
水をたたえたその庭には大きな石。
これも朝倉氏が設計したそうですが、いろいろ意味があるようです。
そして、屋上には庭園。
季節柄、お花はありませんでしたが、見てください!


オリーブの木です。
何とも贅沢な毎日を過ごしていたんだろうなぁ・・・・・。
気持ちの豊かさがそこここに感じられるのでした。
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

谷中散歩

2008-02-11 | Weblog
今月の初め、相方のおばあちゃんの命日がありました。
長く料亭の女将をして、清元もたしなみ、
おしゃれな、粋なおばあちゃんでした。
お墓が谷中にありますので命日は過ぎちゃったけど・・・・。
久しぶりに自転車で出かけました。
良いお天気でしたが、手が冷たい
お墓参りをすませたあとは、昼食。
「一力」という小さなお店に入りました。
おじいさんと、おばあさんがやっている中華屋さん。
相方はラーメン、私は湯麺を頼みました。
しゃれっ気もなく、何の変哲もないのですが、
丁寧に作られているそれらは、しみじみと美味しかったです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

記憶力

2008-02-10 | Weblog
実は、というほどでもないですが
人の顔を覚えるのは得意です。
あ、あの人知ってる!・・・とは思うのですが、
名前まで・・・というのはなかなかねぇ。
今、さいたまで子どもミュージカルの歌唱指導をしておりますが、
顔と名前がなかなか一致いたしません。
みんな名札をつけておりますが、それも小さくて見づらい
今回は2ヶ月しかないし、覚えられるだろうか・・・・。
最近の記憶力の衰えに不安になるのであります。
男の子は4人。だから覚えやすくて、よびやすい。
Rくん、K助くん、Dごくん、そしてD樹くん
「T樹です」「あ、そうか、ごめんね」
・・・・・・「D樹、こっちにならんで」
「T樹です」「あ・・・そうだったごめん
自分の名前を間違えて呼ばれるのはいやだものねぇ。
私も子どもの頃正しく呼ばれたことはなくて、いやだったなぁ。
ごめん、もう覚えたからねぇ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

夏の夜の獏

2008-02-09 | Weblog


劇団一跡二跳のお芝居を観てきました。
大島弓子さんの同名の漫画が原作。
脚本・演出は古城十忍氏であります。
初演は16年前、今回は2000年以来久しぶりの公演なのだそうです。

主人公の「羽山走次」は小学校3年生。
実年齢は8歳ですが、ある日、
精神年齢だけが異常に発達して20歳になってしまいます。
すると、たちまち世界は一変。走次から見ると、
周りの大人たちがみんな非常に幼いのです。

というお話。
姿形は、そして実年齢は大人であっても
実際は、大人になりきれていない。
アダルトチルドレンという言葉が使われ始めた頃の作品。
・・・・・おお・・・・私は大丈夫であろうか?
なかなか考えさせられるストーリーでありました。

劇団一跡二跳とのは、何年か前にK氏が音楽でお世話になった時からのおつきあい。
先月の「お気に召すまま」も制作を担当してくださり、
役者さんも二人出ていました。
二人とも歌うチームで、
一生懸命私とのお稽古につきあってくれました。
でも解散が決まり次回の公演が最後なのだとか。
残念です。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

梅は~さい~たか♪

2008-02-08 | Weblog
久しぶりに、散歩に出ました。
まずは、待乳山聖天まで行き、お久しぶりです!とお参り。
待乳山聖天は「聖観音宗(しょうかんのんしゅう)」で
 浅草寺一山のお寺のひとつ。本龍院というのが正式な名称なのだそうです。
小高いお山の上にあり、大きな木々に守られていて
観光客はあまり多くなく、
静かでとても好きな場所です。
そして、道を一本渡ると隅田公園。
梅の花がとてもきれいに咲いていました。
赤い梅の花、白い梅の花、たくさんの種類の梅が植えられていています。
梅って、なんていい香りなんでしょう。
甘くて、すがすがしくて、
まだまだ寒いけれど、春が近づいていることを
感じさせてくれます。
一回りをして、途中のパン屋さんで
お昼の調理パンを買って帰宅。
40分くらいのものでしたが、気持ちの良い時間でした。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

イタリアン

2008-02-07 | Weblog
写真は、イタリアンのシェフ落合務さんの
「ブリのソテー ねぎとバルサミコソース」
富山で、雑貨屋さんを営んでいる友人kokeobasanのブログで
紹介されていたのを見て、おいしーと書いてあったのを読んで
作ってみました。
NHKの朝の「ほっとモーニング」という番組でやっていたそうです。
最近、お料理に目覚めた(とご本人がおっしゃっています)kokeobasanは
毎日、美味しそうなものを作ってはブログにアップ。
今夜の献立・・・・・???と迷ったら、
彼女のブログでお知恵を拝借!
ブリは、照り焼きか塩焼きくらいしかしたことがありませんでしたが、
「ブリのソテー ねぎとバルサミコソース」初めての味!!
とても美味しかったです。
カジキとか、豚肉にもあいそうです。



先日ケールを買った広尾のナチュラルフードのお店で
有機栽培のブドウから作ったバルサミコと、レンズ豆をゲット!



これもkokeobasanのブログから
ほうれん草と切り干し大根の和え物。お醤油とお砂糖ちょっと。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加