うさぎの日記

毎日とはいかないけど・・・ぼちぼちと。

たいちゃん博覧会!その2「ウタウタ」

2015-08-18 | Weblog
「ウタウタ」
メンバーはバイオリン・喜多直毅、ギター・長谷川友二、パーカッション・和田啓 そしてうた・松本泰子
それぞれのうたごころ。静かに、優しく、時に強く激しく。
全員が作詞作曲をする、なかなかないのではないでしょうか?こういうグループ!!



一曲目は「春が来ると」作詞・作曲 喜多直毅。
鬼才・奇才・喜才(これは造語)
研ぎ澄まされたヴァイオリンの音は螺旋を描く。
・・・・・な彼はお茶目で、ウイットに飛び・・・・
「はいはい・・・わかったわかった・・」と私にいなされたりしとります(^o^)
彼の作品は,心をきゅんとさせる歌が多いです。



二曲目は「おちばとおちば」作詞作曲 長谷川友二
ウタウタの大黒柱。あっち、こっちに勝手に行こうとするメンバーに
冷静に「はいはいーこっちです。」と方向を指してくれます。
彼はもともと自身の歌のCDも出しております。
おかげでデュエット出来るようになりました。声が重なることの幸せ。
この歌は、愛にあふれております。


三曲目は「兵隊達の軍歌」作詞・宮澤賢治 作曲・和田啓
この曲は、宮澤賢治の「北守将軍と三人の兄弟医者」という作品をミュージカルにしたときのもの。
宮澤賢治ワールドは本当に面白い。ウタウタなアレンジで。


四曲目は「うたうたいの落ち葉」作詞作曲・松本泰子
大好きな童話作家 安房直子さんの作品集を読んでいたら、浮かんできた詞とメロディー。
だいたいこうして、私の場合は,降ってくる。
だから、滅多に一曲仕上がらない・・・・という・・・(^^;)
もう少し勉強すると、もう少したくさんかけるようになるのかなぁ。


五曲目は「影法師」作詞作曲 喜多直毅。
「春が来ると」とは打って変わって、激しい曲。
こういう歌を力一杯歌うのが大好きです。なんか、ひと運動した感じになります。

「ウタウタ」の世界をどうぞ楽しんで下さい。
それぞれが、それぞれに歌を歌っているのです。
音楽は歌なんだ。というのは乱暴でしょうかね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たいちゃん博覧会!その1「... | トップ | たいちゃん博覧会!その3「wi... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
音楽は歌 (穴水のハイジ)
2015-08-18 14:16:08
泰子先生、私は素人だけど、私も、そう思う。だって、楽器も歌うし、木だって、風だって歌う。
穴水のハイジさん (うさぎ)
2015-08-19 16:36:53
そうそう、木も風も、花も虫も!ね!
そういう声をちゃんと聞いて生きていきたいと思います。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事