風極の岬 えりも 法光寺住職の「善き人々に出逢う旅」

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

伊能忠敬に逢った日=えりもの体育館で

2017-01-04 19:12:16 | 日記

 

1745年2月11日(延享2年1月11日)生誕。商人であり、測量家であった伊能忠敬。

1800年から、足掛け17年をかけて全国を測量し、『大日本沿海興地全図』を作成する。

 

勿論北海道も巡ったその足跡が、えりも町の体育館で公開。

大勢の町民が訪れたのでありました。    

千葉の名主の家に生まれた伊能が、何故全国を回る測量の任務についたのか?

函館から、危険をおかしてけもの道を過ぎ、断崖絶壁を渡ったのでしょうか?

いずれにしても、蝦夷地をかなり正確に測量し、確かな記録を残したのです!

                ~終了間際に行ったのですが、充実した展示でした。

                私ども佐野家のルーツは愛知です。祖父はやんちゃ故、この地にまいりました。

                祖母は、函館から、船と馬に乗り、嫁いで来ました。

                そのお蔭で(何の因果か)風極の地に生まれた孫(拙僧)です

                この地に生まれたことを、今は誇りに思い、郷土を愛してます

 それらの事を、改めて感じることが出来ました。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鶏は五更に向かって啼く~丁... | トップ | 曹洞宗『宝暦』について~1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL