ミズタニシザーズ ブログ

ミズタニシザーズのブログです。美容師のハサミについて書いていこうと思います。

美容シザーズとカットの歴史について

2017-07-03 07:46:44 | ミズタニシザー
いつもありがとうございます。理美容師のハサミを取り扱うミズタニシザーズ専門店エンドレスです。ミズタニシザーやハサミについてのよくある質問をまとめましたので、疑問・質問などございましたらご覧下さい。



エンドレスに新規登録頂いた皆様には会員特価にて販売中です。ご注文、会員価格の表示はこちらからお願い致します。
初めての方 → 会員登録
会員の方 → ログイン

シュコーラムマスター 限定500セットキャンペーン好評発売中です!
シュコーラムマスター キャンペーンセット!

日本の美容はサスゥーンの登場と共にセットからカットの時代に変わりました。シザーズを使ったカットが一般化してきたのは、今から約40年ほど前にサスーンによるカットテクニックが紹介された事が始まりだと言われています。それまでのカットの意味は「セットの時に邪魔な余分な毛を切る」程度のテクニックでしかなく、あくまでも主流はセットでした。日本にもカットをメインに考えたスタイルがなかったわけではなく、「ウルフカット(オオカミヘア)」、ベリーショートの「セシールカット」、映画で有名になった「ヘップバーンカット」など有名なスタイルがありました。しかし、この頃はドライヤーの出力が弱く一般ではロッドを使ったセットが主流でした。

サスゥーンカットの基礎は4.5インチシザー(1インチ約2.54cm)で、カット&ブローがメインになってきたのはやはりサスーンが来日してからではないでしょうか。パネルを引き出して髪の毛に対して垂直に切る「ブラントカット」がサスーンによって作られてきました。この時がカットシザースの始まりと言って良いと思います。当時のカットシザースは4.5インチのメガネタイプでサスゥーンの大きな手の中に隠れてしまうような今で言うところのミニシザーを使っていました。


日本製シザースは当時、床屋さんを対象にハサミを作っており美容師さんのブラントカット用のシザースはドイツのヘンケル社の物を多く使っていたようです。その後、日本のメーカーも本腰を入れてブラントカットシザースを作り出し現在では世界一の技術を誇るまでになりました。(間違いなどあった場合はご了承下さい。)



お読み頂きましてどうもありがとうございます。本日も素敵な1日をお過ごしください。お問い合わせは土日祝祭、随時承っております。ホームページを見たとお申し付け頂けるとスムーズにご対応出来ます。お問い合わせはLINEでも承っておりますので、ご質問・気になる事・不安な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。

友だち追加



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

エンドレスではこの様な方のお力になります。

▼ どんなハサミを買ったらいいか分からないでお悩みの方

▼ プロとして使う道具だから知識のある専門家、専門店でハサミの相談をしたい方

▼ 研磨、カタログをご希望の方

お問い合わせ、ご注文は24時間365日、受け付けております。平日はもちろん、土・日・祝日も対応致しておりますので、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。様々なご相談に対応いたします♪

様々なご相談に対応いたします♪ハサミのご相談ならミズタニシザーズ専門店にお任せ下さい♪

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

□■□■□■□■□□■□■□■
MIZUTANI SCISSORS 正規代理店
(株) シザーズエンドレス 山崎 雅之
ADDRESS: 114-0032 東京都北区中十条2-22-3
TEL : 03-3908-6870
URL : ミズタニ専門店
□■□■□■□■□□■□■□■
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« JAPAN TOUR 2017 FINAL チケ... | トップ | ミズタニシザーズ 色加工につ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。