~ それでも世界は希望の糸を紡ぐ ~

早川太海、人と自然から様々な教えを頂きながら
つまずきつつ・・迷いつつ・・
作曲の道を歩いております。


都会の真ん中で

2016-10-15 19:09:43 | 日常
本日は深川不動堂、年に一度の柴燈大護摩供でした。
本来は5月に執り行われる予定が、天候不順の為延期となり
本日厳修される事になったと伺いました。

東日本大震災及び熊本地震の復興・復旧を祈る柴燈大護摩供。
都会の真ん中で行われる屋外の御護摩修行としては、
最大級の規模ではないでしょうか。

晴れ渡る秋の大気を振るわせるのは法螺貝の音。
その響きと共に現れた山伏装束の僧侶の方々が執り行う
古色蒼然たる結界の儀式・壮大なる火炎と猛煙の修法・
そして次々に放たれる水火裂帛の気合いには、
只々圧倒され、また言い知れぬ感動を授かりました。









              






ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犀のような 星のような | トップ | 世界報道写真展2016 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む